2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

寝取られて得た最高の宝




もう4年く前になるうか・・・俺には彼女がいた

名前は)としておきす。

一つ年下で、清楚で明るく、わいく、慢の彼女た。

学のサークで知り、一目惚れと言ってもいいかもしれない

んなで、かりモテていた


1年らいの間り、駄目もとで告白したところ、私もら好きだたと言れ、天にも昇る気分だった。

2日に1回は会ートをし

初めてエッチをた時も最幸せで、一けていつを守うなん思っていた。

その反面、心配も尽なかった

やはりモたし、こいつをてるやんて腐る程い

んな不安持ちいので言えるはずもなかっのだが、そんな気持ちさは わか私は あなたし見てからんて言われ、こつは一生もなんて思っいた。


 付き合って1年ょっとくらいした頃、ある輩が いつも楓と話していた。

心配気になってたが、楓の言葉を信じて気ないふりをしてた。


 ある日、楓と束をしていたのだが風をひので見舞いにくから今度にしよれた

なん疑いなくかっ言い、だったの友達とた。

簿てからは みんな文句を言われ女ばっ相手にしてんなよ怒ら

とに彼女とばかり会ってたので友達と会間もとってたものだ。

 出て、さぁ次どこ行って飲み屋街をんな歩いと、前に組んで歩いるカッルが見えた。

は後姿が す彼女いた

まさかんなはと思っていと男の横がちらっと見えた。

の男は いつも楓と貿話してい

それまでそんなに酔っ姿なかった、頭きしだし、吐気を催した。

俺の状態に気いた友達が声をかけてくる、全く耳に入ない鼓動がはやくなる

だが、そ時点の顔は見えてので、まだ後の希望てきれない

の瞬間、カップルは飲み屋街のホテルへ入る為を向いた。

紛れもなく彼女だった。

のまま俺に気くこと、仲良さそうにホテルの中に入っていっ

。足元く。

の異常な状態に友はおきにしよと言たがは首を横った。

飲まずにはいられなかった




 次飲み屋に行、飲みまくった。

どうしたんと友達寿に聞かれえた。

そんな女捨ててしまと みんな口々に

本当にだと心かった。

も飲んも飲み足りない

に弱いのに全く酔わかった。

も次第に気貿は悪なってきた


 一人友達がを使ってく風俗行こうとた。

断った、強引れて行かれ、トヘルスへ皆で行

く頃にらふらだた。一達が

ユエ(俺の名にこ一番いい子を着

と店に言った。


その店で一番のを着けてもらた。

うところに来るのは初たので、普通緊張しくるろうが、いも手伝って それは全くなかった。

人気の子だったらしく、待ち時間も長く、友達は先入ってしまった

やっと俺の順番が来て、の子とした時にはめちゃくいた

ものごい綺麗だった。


楓も人はいークルのアイのでなりかわいかったが、まったくレベルが違った

世のかと思ったほどだ。

俺は その時までが世界一かわいいなて思ってたいる人はいるだって思った。そ退ったら気持少し楽にった



 その子は源氏名をりえった

ちゃくちゃれいなに気ってく、明るった番人気なのもなずた。

俺も どうせならしもうと明るく舞った

話も弾み、本当楽しかった矢先にりえに

「何った?」

俺はびくり

ではんでるつもりった。明るくしてい

ーカーフェイ は得意だなり驚いた。

初対なのになんわかたのか・・・

なく、辛そ見えたから・・・

プロ

へーーっえのを見てい びっくりした・・と思ったら心配そうに近寄ってきて抱きしめられた。

も泣らしい。

涙っ自分で気付に出ゃったりするんだと思った。

れからは涙が止まらず、かっこ悪かったのだがっと泣いてた。

の間と抱きしめてれてい

彼女を ほんとに好きだたこと、そのが他の男ルに入っていところど、心なぜかり話し

対面のにぜと思うが、てをながら話した。

少しがすりした気


そのまま風俗なのに泣き疲れてりえに抱きしめられながら寝てし起こた頃には もう終了時なっていた

「元気出して!また!」

と言わうなず店を出た。

「またねう言葉に少しっかか、また店に着てねということ思っ

と口々最悪だったとか普通だっか風俗の話花が咲いた。

俺の子ったかれ、普通とえてしまった。初ったに その子を友達に指名してしくなかっ

で、このま風俗にはまっちまうかぁなんて苦笑いをした


 友達元気よ」、「別れ」、「紹介してやる言われ、湿に帰った

人になると、またあホテ前のーン思い出し、へこん

彼女が浮気したら即効別れなんて言ってたがいざ自に降りかかるとしていいかわからかっ

別れたく

ほんとに好きだっだ。


 そん風にもんもんと考え込でい電話がった

携帯を取と画には梓(仮名)と出ている。

、そんなねぇぞなんで登録されてだ・・・

10ルくで考んでる間に切れた。電話帳を見

メールアレスもってた。忘れてるだけかな?悩んだ末、り返かけみた。

もー、元気でたぁ?・・えーーと・・・わかりよね?

なんで番ってんの。てか、俺の帯にも登され。」

嫌だった?」心配な声が聞こえた。

「嫌ゃなけど・。



「よった。ら遊びに行こうよ!

え?れから?う2んでど・・・」

時計は夜中の2時を過ぎて

人なんでしょ?」

だけど・・、本名て言うの

だよ。お客さん本名教えたのだけかんね。簿

「ほんと・・・

ってば!暗くなっんでょ!

う゛・。バレレ?」

「バーレバレ!○○まで迎に行くから出てなさい!決定!」

○○は俺の近のデ スカウンショッ

店にたときにのディトシップくと話ていた。

「え?もう決まりの?

「決まだよ後10分くらいくから!来かった泣いち

一方的に約束を取られ、電話をられ


楓は男に合わイプだっので、全くた性だった。

年は2歳 梓方が年っただが、そのせいか強引なところ多々った。

なぜか初気はしなかった。



 5分位してを出て、○○にかうもう梓は着ていた。

おそーいなんて言ら彼の車にった。

どしたんだよ?こん

ーま泣いていと心配になゃって

はっきう女だなこいつ

いてないし。心配で寿号交換してた?」

「へそれだけじゃないけど。あたし浮気するやつって許せないんだよ便。」

梓は彼氏を追って こっちに来たらた。すごく好きだったらし

のほうは うまくいってたら、浮気とかしだでも好きで黙ってると保証人にされたまま とんずらされしい。

はそなにいした額ゃなかっらしいが、時はあわてて、手っり早くぐには体売る行為し思いかず、風俗に入ったらい。

それ男嫌いらい。


でも俗は割と言った。

だか番号交たりこと ほんとにだと言っていた。

とは稿換し

っとけなかったってうのが本音かな。

男嫌いだからでは嫌悪感んだけど、ユ君には そがな稿った、あたしハビリようよ。」

意味わからなかった。

聞くと、俺の心壊れ直してあげるといった容だった

からてこで付おうよ と言った

れに ぶっ引いた。


とは軽いないの?って感じだっ

て今ったばっかり

も、楓のこはショックの反面悔さもあ

からし的な気持ちOKを出し

あ この辺やっぱり俺心は壊てた



それからは忙しい日だった。

と梓両方とうわけだら。

きりてこれ二股んだよね。最低だっなこの時の俺。

楓と会う時はっぱりすく苦しかった。

も、ポーカーフェイスは得意なので いつどうりにして見た。

Hも楓としていた

はこ前のシーンを思出しになって たたなかったが次からは できるようなった。

心がっていく感じがした。


楓は立たなかったことで浮気を疑っが、元は そういうタじゃなすぐに疑いは晴れ


梓のほはキスもなかった

一度ういう雰囲気になったが、楓の顔がちらつきできなかった

プラトニックな係だった。

も、本当にしかった

といる時だけは楓を忘れた。

った係が2ヶ月ほど続い



梓とブラブラしていとこの前と全く同景を



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:浮気・不倫, 胸キュン, 純愛,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様