2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

寝取られて得た最高の宝

 



4年くらい前になるだ・・には彼女がた。

名前は楓名)しておきす。

年下で、清もか慢の彼女だっ

ークルで知りい、一目惚てもいかもしれない

けで、かなりモいた


1年くらいの間で結 なり、駄目もで告白しころ、私も前から好きったと言われ、にも昇る気分だった。

2日1回はてデートをした。

した時も最高に幸せで、一生けてこいつを守ろうなんて思っていた。

その反持ちきなった

はりテてたしいつを狙ってるやつなんて腐る程い

そんなな気持ちはかっこ悪いので言えるはずもなたのだが、も楓 わかっくれ、なた稿しか見てなからなんて言われ退、こいつは生ものなんっていた。


 付き合って1年と ちょっとくした頃、ある先輩が いつも楓と話してい

すごく心配で気になって楓の言葉信じ気にしいふりをしていた


 ある日、楓と会う約束をしだが、友風邪をひい調のでお見舞い行くから今度にしよと言われた。

なんの疑いなくわかったと言い、たの達と飲み行った。

友達に会ってから みんを言れ、彼女ばっかり相手にしてんなよ殿

んとに彼女とばかり会てたの達と会う間も作らて思った

 店を出てどこ行くって飲み屋街をみんいていると、前にを組ん歩いいるカプル

女の方姿がごく彼女に似ていた。

まさかそんなはずないとの横がちらっとえた

その いつも楓と話していた先輩だ

までそんなにっていなかに、頭がずきずきしだしき気催し

俺の状に気付いた声をくるが、全く耳にない。鼓動がなる。

だが、その時点ではは見えていなかったのまだ最後れなでいた

間、カップは飲み屋街ホテ入る為に使いた。

紛れもなく彼だった

そのま俺に気付くとなく、仲良さそうにテル中に入っった

が回る湿。足元がふら

の異常なうと言ったが、俺を横に振った殿

飲まずにはいられなかった




 の飲み屋に行き、飲みまくった。

どうしんだとに聞れ、答え

な女捨と みんな口々怒っていた

当に友達だとから思

でも飲飲み足りい。

本来 酒に弱いのにく酔わなかた。

でも第に気分だけは悪くなてきた


 一の友達が気を使ってくれ俗に行言い

は断強引に連かれ、ルスへ皆で行

に着く頃には ふらふらだっ。一人の友達が、調

「ユエ(名前)にこの店一番い着けて」

と店言っ


の店で一の子を着けてもらっ

こういうとこに来るのは初めて宿ったので普通緊張まくるだろうが、酔いもってれは全くなかった。

番人気の子だったらしく、待ち間も長く、友達は先に入ってしまった。

やっと俺の順番が女の子と面した時にはめちゃくちゃ驚いた

ものすごい綺麗


楓も0人いるサークルのアドルったので かなりかわいったがまっくレベルが違っ

こん世のいるのかと思ったほどだ

俺は その時まで楓が界一かわいいんて思ってたりしたものだがりいるんだっ思った思った気持ちも少しになっ



 その子は源氏

ちゃきれいのに取ってな明る。一人気のもうなずけた。

俺も どうせら楽しもと明るく振舞った

話も弾み楽しかった。その矢先にりえ言われ

かあったの?

びっくりした。

分で楽しんでるつもりだった明る

ポーカーイスだったので かなり

初対面なになでわかった・・

「ななく、辛うに見・」

てこの時は思った。

ほへーーっ感じでの顔を見ていると びっくりした表情に・・・と思っ心配そうに近寄ってきてしめられ

うも泣いていらしい。

って自分で気付か出ちゃするんだと思っ

それからは涙止まらずっこ悪ったのだがずっと泣いて

の間、ずと抱きしめてくれいた。簿

女をとに好きだっこと、その子がの男とホテルに入っなど、心中なぜかりに話した

初対面ぜと思う泣きなら話した

少し心りし気がし


そのまま風俗なのに泣き疲れりえに抱きめられながら寝てしされた頃は もう終了時間になっていた

気出して!

言われ、なずき店を出た

「またね」いう言葉に少し引っかかったが、また着てねということだと思った。

友達口々に最悪だっとか、普通だとか風俗の話に花が咲

の子うだったと聞かれ、普通と答えまっ。初めて会ったに そを友達に指名して欲しくなかた。

の中、こま風はまっまうかなぁなん調いをした


 達に「元気出せよ」、別れろ」「紹てや」等言れ、家に帰

一人ると、またあのホテルの前のシーンを出し、へだ。

は彼尿が浮ら即るなんってたが、い降りかかると どうしていいかからなか

たくかった。

に好きだたの


 そん沿もんと考え込んでいると、電話が

携帯取るとには梓(と出いる

おい、な友いねぇぞ?なんで登録されて寿・・

10コーくらい考え込んでる間に切れた。電話帳を見る。

ールドレスっていた。忘れてるだ?悩だ末、折り返しけてみた

「もしーし、元気?・えーーっと・わかますよね?」

「なん知っ。てか携帯登録されてんの。」

嫌だた?心配聞こえた。

「嫌ゃないど・・




よかった。ね、こら遊びによ!

「え?ら??もう2時なです

計は夜中の2時過ぎていた。

今一人なでしょ?」

そうど・・・てか、本名は梓って言うの?」

「そよ。お客さんで本名えたエ君だけだかんね

んとかよ・

信じば!た暗くなってたんで!」

゛・。ババレ?」

「バーレレ!○まで迎え行くから出てきなさい!決定!

の近ントショップ。

店にときにそィスカウントの近くとしていた

「え?もう決まりなの?」

「決だよ後10分いでから!来なった泣いちゃうんね!」

一方的り付けられ、電話を切れた


男に合わせる系のタイプだったので、全く違った性格だった。

年は2歳 梓方が上だったが、のせい引なとこあっ

対面なのに不議と嫌な気はた。



 5分て家を○にうともう梓は着て

そーいなんて言ら彼女に乗

「どしただよ?こんな間に

「んーまた泣いている配になっち

はっり言う女だなつは!

てないし。心配で番号交換たの

「へへ、ね。じゃないけたしさ気するやつってせないんだよね

梓はを追って こっちに来たらしかったすご好きだったらしい。

は うまくたらしいがかして、でも好きで黙っると保証人にされまま とんずらされたい。

はそにた額じゃなかったらしいが、その時はてて手っ取りる行為貿つかず、に入っららい。

それ以男嫌いらしい。


でもり切ってと言った。

だかお客と沿したりしたことは ほんと言っいた。

ゃあんで宿号交換し

「ほっとけたっていうのが本音かな。

本来男嫌いだから心の中では嫌悪感があるんだけど、ユエ君に それなかったの。 ね、あたとリハビリうよ。」

意味がわからなった。

と、俺の心が壊れかけてるから直してあるといった容だ

だから仮にって付き合おう言った。

これには ぶっち


ほんは軽い女じゃないのって感じだった。

って今ったばっかりだよ

でものことはシクの反面悔しさもた。

だかかえし的な気OKをした。

の辺からやっぱり俺の壊れてたんな。



れからは忙しい毎日

楓と梓両と会うわけだから。

きり言ってこれ股なだよねたなこの時の俺。

と会は やっぱりすごく苦かった。

、ポーカフェイスは得意なで いもどうりにしせてた。

Hも楓とはしていた。

最初この前のーンを思い出し、になかったが次からはようになった

心が凍って感じがした。


たなかった浮気を疑ってきたが、元ういタイプゃないので、に疑いは晴た。


ほうはキスしなった

度そうい雰囲気なったがの顔がちらつきできかった

プラトックな関った。

も、本当に楽し

といは楓をれた

そうい関係2ヶ月ほど続いた



ある時、梓と街で飲ブララしているとこの前と全く同じ光景を見た。



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:浮気・不倫, 胸キュン, 純愛,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様