2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

忘れられない元カノの話

 




1 :、名にかましてVIPがおりします:2011/08/10(水) 00:17:16.47 ID:x2Jh4GS20
書きだめとかてなからけども。

あ平夜中だしいいよな。独りつもりでく。


が元カノ出会ったのは高校2年ときだった。名マリとする)

話すようったのはお互いの親士が付き合

特に恋愛象として識してかったんだけど、夏休みマリが髪色くしてんのーかわいー」とい始め


5 :1:2011/08/10(水) 00:22:07.81 ID:x2Jh4GS20
夏休みが終わっても、別に接点は無いし、そんなに話す機会もなかったんだが、お互いの親友同士が付き合ってるということもあって、4人でダブルデートみたいな感じで遊びいったり、放課後の教室で4人でしゃべったりする程度だった(4人とも帰宅部)


んで、文化祭が終わって暇になったからマリコとちょいちょいメールするようになって、ついにデートにさそってみることにしたんだ。

場所は下北沢。


田舎者の俺には下北が当時すげえおしゃれな町に見えてたんだ。

もちろん下北のどこに何があるなんて知らないまま、雰囲気でなんとかなるだろうと思って当日を迎えた。



6 :1:2011/08/10(水) 00:29:01.35 ID:x2Jh4GS20
当時の俺の服装はひどかった。

今でも覚えてる。

赤チェックのフード付きのシャツに、来たねえダボジーパン、ベージュのニット帽。

マリコはワンピースにレギンスとかだったかな。

「わーおしゃれだなー」と思ったことが印象に残ってる。

んで、北口で待ち合わせして、ブラブラ歩き始めるんだけど、なんも下調べしてない俺は速攻で迷ってしまった。

なんか雑貨屋とかチャリ屋とかあったけども金もないし、なんか緊張するからスルー。

結局、散歩みたいな感じになって、公園のベンチで話したりとか小川(?)沿いをただ歩くみたいなだけになった。

俺が「ごめんなこんな歩かせて」というと

マリコは「散歩好きだから全然平気だよー」と言ってくれた。

多分このときくらいから、俺はマリコを好きになり始めてたんだと思う。



7 :1:2011/08/10(水) 00:31:57.87 ID:x2Jh4GS20
下北デートでは結局渋谷まで歩いたんだよなー。

デニーズで飯食って帰った。



その日から、ちょいちょい放課後に二人で帰るようになった。

そんである日の帰り道に聞かれたんだ。

「俺君って好きな人いる?」

フラグが立ったと俺は思った。


案の定、その一週間くらいあとに告白された。




8 :1:2011/08/10(水) 00:37:48.76 ID:x2Jh4GS20
合いめての高校生活はさにリア充の極みだった。


チャ二人乗りして帰っ

は肉まん食ったりし

ゼで夜まで座ったり

無駄に制服でいろんなところ退いった。

はマリコの家で2時間いかけてャリで送って



にかく性格が似てたなー。

ボも一緒でしてるとき人を発時のコミじで


、そうだ

マリコは当時処女だっだが、それにてお台場にた時の笑えるエピドがあ



9 :2011/08/10(水) 00:43:20.70 ID:x2Jh4GS20
ってら初めて行っデーがお台場だったんだが、ふつうにデート 夜に観覧車乗ろうっことに。

もう観覧車でがすことなんて一しか無

マリコとスは場でまりか思いながら意気揚々と乗り込んだ。


「わーキねー (キリ

マ「すげ


とか言いなが上近くになったところで俺はコに体を寄せた

そんで顔近づけ瞬間

マリコは「げー」といっ顔をそらして窓の外を見つめる


俺「えっ」


自慢じゃない俺は高校2年にし

経験人数二人という中途半端な験から拠の自信を持っていた。

れがそき何からいがし



10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/10(水) 00:44:43.38 ID:/7yyKmDa0
ほうほう



12 :1:2011/08/10(水) 00:49:50.50 ID:x2Jh4GS20
まあ単純に、マリコはファーストキスにちょっと緊張しすぎてつい逃げてしまったらしい。

でも俺は、俺の口が臭かったからかとか、本当は俺のこと好きじゃないんだろうかとか、チャラい野郎だと思われたんじゃねえかとか、変に考えすぎた。

そしてしばらく、ウブな俺は悩んだ。



んである日の学校の帰り道、なんで俺とキスしてくれないのか聞いた。


そしたらマリコは笑ってから、そのあとすこし困ったような顔をして

「ごめん。初めてだから少し緊張した」

といった。



その後、俺の部屋でマリコからキスしてくれた。

それも、俺がマリコに膝枕して貰ってるときに、上から。



14 :1:2011/08/10(水) 00:57:28.12 ID:x2Jh4GS20
その後は早かった。

初エッチは俺のが全部入らなかったけども、最後は口でしてくれた(途中歯が当たって血が出た。しばらくオナニーできなかったのは良すぎる思い出)


高校のときって、わざわざ毎月の記念日も祝うだろ?

そんときは決まって高校の近くの汚いもんじゃ屋でもんじゃ食べた。

それからも毎日土手をニケツして帰って、警官に怒られたり、芝生に二人で夜まで寝転がってたり、修学旅行(沖縄)では、自由時間の全部をビーチで二人ですごしたり、

エロ系では学校でエッチしたり、ニケツしながらテマソしたり、電話セックスしたり、

本当に楽しい日々が続いた。



そんでそのまま三年になって、本格的な受験シーズンがやってきた。




17 :12011/08/10(水) 01:03:20.92 ID:x2Jh4GS20
俺の通った高校は地味に進学校だった。

なかったから、親は国立を目指と言われ、は早慶以金は出さない言わ

一方マリコは保母さんを目指ていために、比較的俺りは楽(といったら失礼だが)な環ではあった。

は毎寿夜まで図書るようにったが、マコは図書室の雰囲気湿が苦手だいっ教室勉強し

思えばこりから何か西れ違うようにないった



19 :1:2011/08/10(水) 01:09:42.57 ID:x2Jh4GS20
デート回数も極端った。んじは毎行ったけど、その程

電話もメールも減った


ゃけ、高校年のとのマリコの思出はほとんど

は実ストのが上がらないこ苛立ってた、親や先生から期待を受なプレッャー

んだん俺友達ともあんま話さくなって、休み業の習や単語覚えるのに費やし、ン一個食べすぐに室にこもる夜まで図書室。


そういう俺を見番心宿のはった。

頑張とか「応援してる」とかの内容のメールをくたのに、そうに腹したり、にはマに強く当たっりしてしまった




20 :1:2011/08/10(水) 01:15:24.70 ID:x2Jh4GS20
そうして、なんか微妙な関係のまんま冬が来た。

センター試験はボロボロだった。


センター以後、俺はさらに荒んで、食も細くなり、一日一食だけ食べて、コーヒーとレッドブルで夜中まで勉強して、体重は二年の時から10キロくらい落ちた。

そんな俺を見てマリコが不安にならないはずもない。

でも俺にメールや電話をしたら逆に邪魔になる。

心配だけどどうやって声をかけたらいいのか分からない。


マリコもそうとう悩んでいたはずなのに、俺はそれに気づかなくて、自分のことで精一杯だった。

そんで日程的に最後だった本命私大(偏差値70くらい)の入試が終わった。


結果は合格だった。



22 :12011/08/10(水) 01:18:58.17 ID:x2Jh4GS20
の時点で俺はマリコのことが見えなかんだと思綿う。

合格に一番喜んでくのはマリコだったのに、俺のはすでに憧れのキャスライフ向い

名前知ってる大学

サークル、合コ酒の

やっら抜け出。きっと毎日しくはずだ。





業式前


俺はマリコに別れようと言っ




23 :12011/08/10(水) 01:24:14.29 ID:x2Jh4GS20
ながら承諾した。

そして業式が俺は教室のいるマリ稿コを見つけて見ないふりをした

して俺卒アルッセージなやつを書いているマリコがってきて、友達の前もうらない!」と、今までマリコントしを全けられた(シーモのマタアイマシウのPV状態)

悪の状況高校生沿わり、待っいたの

地獄のようなキャンパスラフだ



25 :下、無しにかわりまてVIPがお送りします:2011/08/10(水) 01:26:52.08 ID:/7yyKmDa0
コかわいロエン



26 :1:2011/08/10(水) 01:27:35.89 ID:x2Jh4GS20
ょっと休憩

てきた&こん思い出すと罪悪感でうにな殿る。はは。

読んでる人まいるなー。いなかったらしょうがないけ

校卒業したのはいまから約三年前の話なんだ。

できればの三年もいろいろあたのき出したいら、落ちない程度に保守してくれるあり


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/10(水) 01:30:55.67 ID:PuGktrQs0
おうなんだかんだ聞いてるぞ



31 :1:2011/08/10(水) 01:38:50.93 ID:x2Jh4GS20
あざっす。



大学生活は俺の想像を絶していた。

みんながみんな元気で暑苦しかった。

俺は結局サークルにも入らず、クラスの友達は出来たものの、プライベートで遊ぶ人間はほとんどいなかった。

うん、みんな大好きボッチ君の誕生である。

当然彼女も出来ない。

女の子と話さなくなって久しい時期が続いた。


大学に入ってからもマリコからはちょくちょくメールが来ていた。大学はどうだとか、遊びにいこうとか。

俺は意地と罪悪感から、それをスルーしてきた。

なんか、会ったら会ったでまた傷つけてしまいそうだったし、俺は なんとしても大学で彼女が欲しかったから早くマリコを忘れたかった。




>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様