2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

忘れられない元カノの話





1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/10(水) 00:17:16.47 ID:x2Jh4GS20
書きだめとかしてないから遅いけども。

まあ平日の夜中だしいいよな。独り言なつもりで書く。


俺が元カノと出会ったのは高校2年のときだった。(仮名マリコとする)

話すようになったのはお互いの親友同士が付き合っていたから。

特に恋愛対象として意識してなかったんだけど、夏休みにマリコが髪を茶色くしてんのみて「わーかわいいなー」と思い始めた。


5 :1:2011/08/10(水) 00:22:07.81 ID:x2Jh4GS20
夏休みが終わっても、別に接点は無いし、そんなに話す機会もなかったんだが、お互いの親友同士が付き合ってるということもあって、4人でダブルデートみたいな感じで遊びいったり、放課後の教室で4人でしゃべったりする程度だった(4人とも帰宅部)


んで、文化祭が終わって暇になったからマリコとちょいちょいメールするようになって、ついにデートにさそってみることにしたんだ。

場所は下北沢。


田舎者の俺には下北が当時すげえおしゃれな町に見えてたんだ。

もちろん下北のどこに何があるなんて知らないまま、雰囲気でなんとかなるだろうと思って当日を迎えた。



6 :12011/08/10(水) 00:29:01.35 ID:x2Jh4GS20
当時の装はどかた。

今でえてる。

赤チェックのフド付きのシャツに、来たねえダボジーパンベーュのニ

マリコはワンースにレギンスとかったかな。

ゃれだなー」思ったことが残ってる。

、北口で待ち合わせして、ラブラ歩きけど、なん調俺はってまった

なんか雑貨屋とかチャ屋とかあっども金もないし、西からスルー

局、散みたいな感になて、公園ンチで話したりか小川(沿いをただ歩くみたいなになった

俺がごめんなこんな歩かせて」というと

マリコ散歩好だから全然平気だよ」と言ってくれた。

分こときくからコをきに始めてたんと思う。



7 :1:2011/08/10(水) 00:31:57.87 ID:x2Jh4GS20
下北デートでは結局渋谷まで歩いたんだよなー。

デニーズで飯食って帰った。



その日から、ちょいちょい放課後に二人で帰るようになった。

そんである日の帰り道に聞かれたんだ。

「俺君って好きな人いる?」

フラグが立ったと俺は思った。


案の定、その一週間くらいあとに告白された。




8 :1:2011/08/10(水) 00:37:48.76 ID:x2Jh4GS20
合い始めてか生活はまさ充のみだった。


毎日チャリ二人乗して帰って、

は肉まったりして、

サイゼで夜中で居座ったり、

無駄に制服でいろなところいった。

まで2時いかてチリで送ってた



とにかく性格てたなー

笑いのも一緒で、観察とかしてるときの、変な人発見した時のツッコミも


あ、そうだ。

コは時処だったんだがそれに関しお台場ったの笑えるピソがある。



9 :1:2011/08/10(水) 00:43:20.70 ID:x2Jh4GS20
つきあってから初めて行ったデートがお台場だったんだが、昼はふつうにデートして、夜に観覧車に乗ろうってことに。

もう観覧車でカップルがすることなんて一個しか無い。

マリコとの初キスはお台場で決まりだぜとか思いながら意気揚々と乗り込んだ。


俺「わーキレーだねー(キリ」

マ「すげー!」


とか言いながら頂上近くになったところで俺はマリコに体を寄せた。

そんで顔を近づけた瞬間

マリコは「すげー!」といって俺から顔をそらして窓の外を見つめる。


俺「えっ」


自慢じゃないが俺は高校2年にして

経験人数二人という中途半端な経験から、根拠の無い自信を持っていた。

それがそのとき何か揺らいだ気がした。



10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/10(水) 00:44:43.38 ID:/7yyKmDa0
ほうほう



12 :1:2011/08/10(水) 00:49:50.50 ID:x2Jh4GS20
まあリコファーストスにちょっと張しぎてつい逃げてしまっ

でも俺は、の口が臭かったかと、本当は俺と好じゃないんだろうかとか、チャラい野郎思われたんじゃねえかとか、変に考

そしてしばらウブなは悩んだ。



日の学校の帰、なんで俺とキスしてくれないのか聞た。


したらマリは笑ってら、あとこし困ったような顔をして

「ごめん。から少し張し

といった。



その屋でマリコからキてく

それも、俺コに膝枕て貰ってるときに、上から。



14 :1:2011/08/10(水) 00:57:28.12 ID:x2Jh4GS20
その後は早かった。

初エッチは俺のが全部入らなかったけども、最後は口でしてくれた(途中歯が当たって血が出た。しばらくオナニーできなかったのは良すぎる思い出)


高校のときって、わざわざ毎月の記念日も祝うだろ?

そんときは決まって高校の近くの汚いもんじゃ屋でもんじゃ食べた。

それからも毎日土手をニケツして帰って、警官に怒られたり、芝生に二人で夜まで寝転がってたり、修学旅行(沖縄)では、自由時間の全部をビーチで二人ですごしたり、

エロ系では学校でエッチしたり、ニケツしながらテマソしたり、電話セックスしたり、

本当に楽しい日々が続いた。



そんでそのまま三年になって、本格的な受験シーズンがやってきた。




17 :1:2011/08/10(水) 01:03:20.92 ID:x2Jh4GS20
ってた高校味に進校だっ

俺んちは金がなかったから、親には国立を目指と言れ、私立は早以外と言われしてた。

一方コは保さんを目指していたたに、比較的俺よりは楽(といっ失礼だが)環境あっ

俺は日夜まで図室に籠るようになったが、マリコは図書室の雰囲苦手だといって教室強してた

えばこあたりかかすれ違うようにいった



19 :1:2011/08/10(水) 01:09:42.57 ID:x2Jh4GS20
トの数も極に減た。(もんじゃ毎月行てたけど、その程度)

電話もメールも減った。


ちゃ高校三年ときの思い出はほとんど無い。

俺は実力ストの績が上がらことに苛ってし、親や先生の期けて相当なプレッシャーを感じて

だんん俺は友達とあんまり話さな休み時間授業の簿や単語をえるに費やし、昼休みはパン一個食べたらぐに図書室る、放書室。


いう俺一番てたリコだった

頑張ってか「応援してとかの容のールをくれたの寿逆に俺はいうメに腹が立って視したり、時にはマリコ強く当たったてしま




20 :1:2011/08/10(水) 01:15:24.70 ID:x2Jh4GS20
して、なんか微妙関係まんま冬来た

ンター試験はボロボロ


ター以後、俺はさら食も細くなり、一日一だけ食べて、コードブ夜中まで勉強して、体重は二年の時から10キロくらい落ちた。

そんな俺を見てマリコ不安にならいは

話をしたら逆に邪魔にる。

けどってかけたいいか分からない


マリコもそうとう悩んでいたはずなのに俺はそれに気づかなくて、自分のこと杯だった

そんで日的に最後だ宿た本命私大(偏差値70くらい試が終


結果合格だ



22 :1:2011/08/10(水) 01:18:58.17 ID:x2Jh4GS20
の時点で俺マリことてなかったんと思

合格に一んでくれたはマリコったに、俺持ちはでに憧のキャンパスライフ向いていた

もが名前って大学だ。

ークル、合コン、酒席。

っと地獄から抜けせた。くなずだ





卒業式使日、


俺はマリコに別れよと言った。




23 :1:2011/08/10(水) 01:24:14.29 ID:x2Jh4GS20
マリコは泣きながら承諾した。

そして卒業式が終わり、俺は教室の隅で泣いているマリコを見つけて、見ないふりをした。

そして俺が友達の卒アルにメッセージ的なやつを書いていると、マリコがやってきて、友達の目の前で「もういらない!」と、俺が今までマリコにプレゼントしてきたものを全て投げつけられた。(シーモのマタアイマショウのPV状態)

最悪の状況で高校生活は終わり、俺を待っていたのは、

地獄のようなキャンパスライフだった。



25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/10(水) 01:26:52.08 ID:/7yyKmDa0
マリコかわいそすぎワロエン



26 :1:2011/08/10(水) 01:27:35.89 ID:x2Jh4GS20
ちょっと休憩。

泣けてきた&ここらへん思い出すと罪悪感で死にそうになる。あはは。

読んでる人まだいるかなー。いなかったらしょうがないけど

高校卒業したのはいまから約三年前の話なんだ。

できればその三年間もいろいろあったので吐き出したいから、落ちない程度に保守してくれるとありがたい。


27 :以下無しかわしてVIPがおりします:2011/08/10(水) 01:30:55.67 ID:PuGktrQs0
うなんだかんてる



31 ::2011/08/10(水) 01:38:50.93 ID:x2Jh4GS20
っす



学生活は俺の想像を絶していた。

んながみんな姿苦した。

俺は結ルにも入らず、クラの友達は出来たものの、プライベートで遊ぶ人間はほとんなかった

ん、みん大好きボッチ君の誕生である

当然彼女も出来ない。

女の子と話さなくて久しい時期が続いた


大学に入ってらもマリらはちょくちょくメールが来ていた大学うだ、遊びこうとか。

俺は地と罪悪感かられをスルーしてき

なん、会っら会ったでた傷つてしまいったし、俺は なんとしても大欲しったから早を忘れたかった。




>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様