2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 

おすすめ記事

急用で単身赴任先から自宅に戻ると嫁が全裸で四つんばいで男とパコパコしてた。その後、色々あり最終的に完全勝利へ。
 
やたらと尽くしてくれる天使すぎる隣人。なぜそんなに良くしてくれるか聞いてみた。
 
軽い気持ちで他人に貸した彼女が凄まじい勢いで調教されていき、遠い存在になりつつある
 
汚嫁と不倫した間男の調査で犯罪行為が発覚。それをネタに徹底的に復讐を遂行した。
 
嫁が他人の子を妊娠してしまった
 
既婚♂が職場の既婚♀に精子提供を強要されてる
 
アパートの隣のお姉さんと何回かえっちした話を書く
 
妹とSEXしてしまいました
 
3穴で浮気をし, 性奴隷となっていた妻
 
妻とつきあうこととなったった本当の理由
 
昨夜、同居中の義母とセ○クスしてしまった…
 
中2から中3まで輪姦され続けた思い出を吐き出す
 
ヤクザの情婦にされた妻
 
帰宅したら妻がヤられてた。間男は逃走。妻は自殺をはかった。
 
変わり果ててしまった妻
 
嫁から凄まじい破壊力のカミングアウトされたんだが
 
会社の後輩が今日ノーパンらしい。さっき偶然発見してしまった。
 
接待で慰みものにされ続けていた妻
 
同僚に寝取られた嫁が調教にハマってしまっていた
 
汚嫁の不倫の証拠確保。間男を徹底的におちょくってから慰謝料請求してやろうと思ってる。
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

あまりにも恋多き女だった彼女の話





596 :590 ◆U59fCS2UCM :2005/08/24(水) 16:48:59 ID:R8jCNJ/q0
んじゃ、酉くらいつけておく。

当時:漏れ24、彼女21

付き合っては3年目、遠距離ですた。300kmくらいかな。

付き合うきっかけは、漏れの主催したオフ会だったんだけど、人があつまんなくてサシオフになったのよw

それでなんかいい感じで盛り上がって付き合った。

でも、彼女の大学進学が決まって遠距離に。

でもそんなことをなにも言わずに、漏れに処女くれた。嬉しかったなあ。

で、遠距離を打ち明けられて、なんとも言いようもなくてさ、「とにかくいっぱい会いに行くから」なんて、励ましにもならないようなこと言ったりして。

そんなこんなで遠距離恋愛が始まったのよ。

彼女は最初の1年間は女子寮入ってて、会うのもいろいろ制約はあったけど、それでも月一くらいでお互いが交互に会いに行くような感じで会ってた。

1年経って、彼女もアパートで一人暮らしをするようになった。これで気兼ねなく部屋でHできるようになったw



597 :590 ◆U59fCS2UCM :2005/08/24(水) 16:57:05 ID:R8jCNJ/q0
とにかくアルバイトに励んでは会いに行くって感じだった。おかげで留年したりw

でも会えると幸せだった。


で3年目に入って。彼女もだんだん専門の授業が入って忙しくなってきた。漏れも留年したとはいえ忙しかった。

そんな中、体をこわして漏れが入院したのよ。もともと体は強い方じゃなかったから、これはちとこたえた。

で、3ヶ月くらい彼女と連絡が取れなくなってしまった。

もちろん彼女からの電話も受けられなかった。携帯とかなかったからね。

連絡がなければ、スレのみんなが想像するようなこともあるわけですよ。


連絡できないのは かなーり厳しかったが、自分の体をとにかくなんとかしなきゃと思って、懸命に治そうとしたよ。彼女のこと想って一日でも早くってさ。

で、ようやくと連絡が取れるようになったのだけど、彼女には心配かけたくなかったから病気のことは言わなかった。

これがまずかったんだけど・・・



614 :590 ◆g4hs4hZbtQ :2005/08/25(木) 10:39:50 ID:i5VFUnI60
飲んできた。んでは続き。


仮に、漏れ→雅人、彼女→真理、としとく。

当時 彼女のアパートには電話がなくて(親に反対された)、連絡は彼女が公衆電話からかけていた。で、俺は彼女にテレカをよく送ってた。

真理「あの、雅人。・・・どうしても結婚式行かなきゃダメかな・・・」

俺「どうしたん?急にさ」


真「うん・・・忙しいしお金もなくて・・・ちょっと行くのつらいかも」

俺と彼女は、共通の友人の結婚披露宴に招待されてた。

忙しいのはお互い様だけど、彼女との付き合い始めからよく知ってるやつだったし、行くべきだと考えてた。

俺「大変なのは分かるけどさ・・・でも二人のために祝ってやりたいよ。それに『ふたりで来てね』って言われてるじゃん」

真「うん・・・わかった・・・」


程なくテレカの残が無くなった。もうスレ的には怪しさ大爆発だけど、当時は微塵にも思わなかった。

なんか元気ないなー程度しか思わなかった。

非常に毒男的鈍感さだったな(\''A`)




615 :590 ◆g4hs4hZbtQ :2005/08/25(木貿) 10:54:10 ID:i5VFUnI60
すぐ者か

「様子見て、ちょっと間けようか?と言われ稿て喜んだ

退てたけどほぼ毎日と言っ綿い通ってたんで、こで会いに行けると思った

いそいそと準備ですよ

彼女とはこらから連絡取れいけい鍵もあるし、いや。気もなかたか ちょっ驚かせてやれ、と

披露宴に出られないなら、少し費用を出てやらないとな、と

で、高速バ予約もした

あいにくと混んて、最終のやつ取れなかった。夜に着く尿けど仕方ない。会る時間短くな。も3待たたしな。はひとつ、頑張ろう


の日の夕高速バスになりました。

では真理のことばっかりてる。どうしてたな。3ヶ月待たせたの怒てる病気のこ方がいいのかな。どるどうす

かどうもいいばかり考え気が

到着にはまだまだ時があるから寝よとするんかった。ハイだったんだろね。



616 :590 ◆g4hs4hZbtQ :2005/08/25(木) 11:03:15 ID:i5VFUnI60
夜11時近バスはいた

月見ないうちに、いる街はちょっだけ変ってた

駅前の繁街とはちょと反対の方向へ、を抜けて住歩いった

しばら中から彼アパートが見えてきた。

とぼろいけ家賃は安いらし

りでもい慣れた道だけるもんだ。

で、うすぐというとに、慣れないものあった。アート下に400cのバイク。



のアパートは、たまたま住人が引っ越して、今彼女しかんで簿いはずどな

で、他の3部屋も電気消えし。どこと

俺は状況が全く読み込かった。

彼女は中免持ってるけどを買ったという話は聞いない。

ょっと寒気した

今な連れ込んでがるな」と分かりそうな、プンン臭う状況だけどそういうに至ってなかった。ただかった



619 :590 ◆g4hs4hZbtQ :2005/08/25(木) 11:14:08 ID:i5VFUnI60
支援㌧㌧


階段を上がって、彼女の部屋の前に着いた。

電気はついてる。かぎはかかっていた。

合い鍵で開ける。


・・・

・・・

・・・


彼女が全裸で冷蔵庫から飲み物を取り出そうとしてたらしい。玄関を入るとすぐ台所なので、ちょうど鉢合わせ。

俺、固まる。真理も固まってる。

「???」

なんか言おうにも言葉が出ない。


真理「ごめん!・・・ちょっと出てて!」



620 :590 ◆g4hs4hZbtQ :2005/08/25(木) 11:18:40 ID:i5VFUnI60
たんだ?なに?これ


全裸のま理に押しされ俺は乱してた。

まてて、どういうとだ?

ことのなバイ、玄関には男物のブーツ、そして全裸・・

「!

くら鈍な俺も、これはさすがにかったったい何があった

ちょ・・・ちょっと真理・・・どういうことだ!」


俺は叫んっとに返った

街だここ

押し黙ってしった・・・レなのだよ(´・ω)



621 :えっちな21禁さん:2005/08/25(木) 11:21:40 ID:2eDWASxnO
朝からストレス溜まりそうだから…

最後は少し書き換えて…そのバイクを盗んで走りだしてくれ!





624 :590 ◆g4hs4hZbtQ :2005/08/25(木) 11:31:02 ID:i5VFUnI60
>>621
たい、漏れは中免持ってないしw


少しして、(たぶん)下着をつけずパジマを織って真理が出てくる。

真理「あの・・・今・・・って・・・」

俺「なに?どういうこと?・・・これはさすに俺でも分かる状?」

・ごめん・帰って・・・」

「なによ明しできないだろ?

真「ごめん・・・にも話ないとならなら・・」

俺「え?・・・

ちゃんと話をら・・・今は出て・・・のホ尿にいて・・・行くから・・・」


そこで踏込めない俺はヘタレだよ(´ω・`)

、うやむや彼女とよくった行った。情い。

ぐらぐらした頭今の状況をかみしても、思考が停止してんなだ、と。

にもつ。



625 :590 ◆g4hs4hZbtQ :2005/08/25(木) 11:44:25 ID:i5VFUnI60
どのくらい待ったか覚えてない短かっただろうけど

が来


理「雅人?」

「・・・


声をかように言葉になない


・ごめん・あたし・・

俺「ん?・・・」

「・・・たいの


簿ですか、そうで

わらず思が停止してる。


俺「別れ?・・ちと、ここ言われて・・」

真「き始る)


「まず、真理こ行せてよ。・・全く分からないよ・・


とっても短いご休

金は理がった・・・



634 :590 ◆g4hs4hZbtQ :2005/08/25(木) 15:23:23 ID:iy3rOlnq0
ぐえぐ泣いてる肩をアパった

泣きたいのはこちのほうなのに、なぜか「泣よ」とか慰めた。なか惨めだ


パート。

もうそこイクは。真理が逃たんだろうの顔く湿らい見たかだが

ドアから中入ろうしない


「なんだよ・・に入れろよ・・

俺がやっとのこで言葉を吐、しぶした。

部屋、タ婿バコささッチ後のすえたにおいいのにはあまりにい。

もそのにを嗅だとき、「こいつやってか」なんて思った



636 :590 ◆g4hs4hZbtQ :2005/08/25(木) 15:33:06 ID:iy3rOlnq0
俺「ずいぶんお盛んなんだな・・・」

皮肉でもなく、すんなりつぶやいた。

真理はビクッとしてる。


しばらくの沈黙。というよりすすり泣き。

俺はやっと言ったよ。


俺「で、俺に最初から説明してよ・・・いちいち俺が訊くのも疲れるから、真理が最初から。説明して」

真理はまだ泣いてる。


俺「あの、さ・・・俺のほうが泣きたいの。見ず知らずの男と彼女がドロドロとセックスしてさ。で、別れろ・・・って。なんなのよ。・・・説明しなよ・・・最初から・・・」

真理はすすり泣きながらも口をあけた。でも聞こえない。

俺「なに!・・・聞こえないよ!・・・ほら!」

俺を少しにらんだような気がした。

そして話し始めた。




>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:浮気・不倫,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様