2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

一線を超えた男女間の友情




2005/08/23 22:19┃録者:えっな名無しさ:701
校一年の頃のクラトです。

杏菜(仮名)ってことにしきま

この女ノリも良くて話しやすいんです、俺は はめ少敬遠味につきあってたんです

「あー, 杏菜 痛ぇなぁいつ」とか思ってました。

痛い、ってのはなていうか。ス部分があるんでね。

真面目なととか歯こととかをタイミング考えに平気で言っちゃうような子で。で気読んでんのかいな。

すよね、そういう奴って。


女のって、い男もそなんだけど、やぱ空む子と手の出方をうまく考えられる奴が強いっていうかうまくグループに溶け込んだりするわけじゃいですか。

うい西では杏はそいうの苦手な子だった。つっちう。曲がった嫌い

もそれ凄く素直、本当にいい子だってのみんなわかっから嫌い、そうのは全くなかっす。

もも達としは凄く好きでし。痛かけどw


一回、なんだったか忘れけどなん物で男女混合3人1作らきゃならなくて それの話合いてたとき、俺は別のんと同じグループにりたくて実際約束もしてあたんですけど、結局くじ引きかなんなって。

それでっともらしい正論でクラの意見をまとめようとしたら杏菜 いきやりを大激怒で抗議してきてたことがった退ですよ

全員の前。他のクラスからも見物がw

それからクラスでは

孝(俺)カは伝説ー」とか、「おまえらっと仲良くし」とわれるようになたりしてました。


でも、寿菜は普通に仲は良く

ことがあったんで尚更仲良くなれのかせん

クラスだった会とか打ち上か しょちゅったんですけどといも工房だったんで誰家とか公園でしたが。

のたびにけっこ語ったりしてて。おいの恋愛のや部活や学校での悩みと、まぁ色々。

時のケカのは今話題に西やーあれはアがバったわ」っ杏菜てます。


そんな感じ一年はうに過ぎていってクラスからなって。

それたま電話で話しして。

最近どうよ

杏「そが例の好きな輩が・・・」

俺「またその先







杏「どうのよ、〜ち

殿「いや。」とってふう


も相談きる関係だっ

杏菜の痛い部もうすっかり慣れ簿ちゃってて、そまた杏菜の魅力だとまで思ってました

杏菜のことを達として信頼して、杏菜も俺のこ頼りにしてくれてました。

だらからタまで話すど、恋愛感情なんて抱ともない

お互い恋いましたし、むしろ そのお互いの恋愛の相談なに親身にのり合ました。


誤解のなよう言っ、恋愛に展するような「友達以上」みた心的なものとかまったくなです

親身な相談できる女友達は他にもいたし、杏菜だ俺以外にも たくさん仲のいい いたわけであ、まぁホントにいい友人のひとり、ってくらい



本題にます。

業して3ヶらいたったとのことです。俺は進学してなかったんですけど、杏は大学に進でました。

りに電話ない?」ってメールがきたん、こりゃった、と思いした。


時杏菜は校から つあってた男にふらたばで、相当病んでました

れで聞いると、大学のクス飲みで、クラスメイトにられてキスをしてしったとのこ

っすぐな子なんでのことを悔して杏「ねぇ孝しよう」て泣いてました

キスくらいいじゃねかと思いましたが杏菜は男の影をけっこ引きずったん

まぁ久しぶに会って飲がら話そか、ってになりま



待ちの日終わって待ち合せの場所で待っ菜が現れました

ひさしぶりに見た杏菜は、大学生っくという、ちょ人っぽくってまた。

背は150ちょかなくて、顔もい感なんでけど、ミュールとか履いちゃって。

メのついたノリーブなんか着ておしれになっちゃって。も軽くブかかってて

いつ急にしやて、ってした

それを殿ら怒ましけど。



で、の居酒屋って飲みながら色々近況報告を

精一杯ったたいした話もなか寿学生の杏菜は色々と話すこがあったで、沿に俺が聞き役になってました

う世と思いましたが、杏菜イトや色々がんばっていで、なかホッしまし


学校でのサークで児童のランテいなことやっるみたで その話を色々聞いたんですが、

そのなんいうかバカな俺は知らなか簿ですけど、結構本格にやるんですねー。

供の施設に行ったり学生なの当しっかるんだと思ています。

バイトも家庭、飲食店の接客をはじたら忙しうでた。でもなん充実った


んな中は恋愛方面行き例のスメイトとのの話になりました。

ったりする気はらしく「なんとも思ってないの何でスしちんだろ貿」とう杏菜

俺がもともらし講釈を延々としているちに、めは自己嫌に陥っていた杏菜最後の方となく自分を納させるよになり、

「うん、もう気しないこる。り〜るし」とったで話落ち着きまし


で、お互いけっこう飲んでことったのか知んです

杏「友達とかとキスはでる?」

みたいなをふっきたんですよ酔った目で上目遣いで。

間なん、今高一から普通に友達外何者でもなかった杏菜のすごくっぽく見えた


その唇を奪いてぇけじゃないんですけど一言で勃しましたし、なんか「よばろー」とっての流れをゃうと、何く勿体無いよな気がて。

、多分いきなり杏菜を女として意識しちゃったんでしょうね。興奮しましたし。


俺「できるよ簿。多

言っ婿ゃいした。すると、

杏「(からかうように)でもで」って聞いて殿きたのです。

当酔ってるなぁ、と思いたが、俺自身も酔ってましたし、

「いちま」と

「(冗談っぽく)おー、出来るかもな。

誰でもいってわけないんな」ってました。


たら杏退菜は少しだれしして、

杏「へそっかぁ。とならきちだ・・

、俺は少し勝負ました

「(心びびりなが杏菜とならキスできる?

杏「・・・うーん、うできる、う。」


じゃあ俺が誘えば簿るってのか?と興奮ました、努て冷静を

ははは、。んじゃそのうちしるか

みたいにそ

、この話をした間、高一らずっと友人としてやってきたんが なんか変わった感じがしたです。悪い意ではな


んなこんなでその後もくだらない話をしてお開きとり、俺は杏菜るため駅への道を間かけて二人で歩いてま

何故か自然と腕んでまし

いつもずくだ話をしてるすけど何腕組んでもちろん初めてです、杏奈と腕組むなて。

で、道が人通りのないとこった瞬間、杏菜と俺はキスしてした。


ちからってわけく、お互「こいつしたい」っていう気持ち凄くあったんいま

出て駅に直ればいいのに、じゃふらら道て。

その名残惜しさの中にいのみ込でみたい気持ちを確しあとい

もう頭中真ちろん酔ってでかいんですけ中で舌入れてか

も「・・んっ・って言いがら舌入れきて、俺の口の中這い 回ってました。


ばらくキスして離して、

しちゃたね」て笑う杏菜

いいかなーだろ俺ら」といと、俺の耳湿に息吹けながら小声で、

「よわむし・・・」


はそこでまたびかけて夢中で胸吸っました

、何人たんですどあんてません。んくらい興まし

せて、杏奈の喉がコクッ動くのにしました。杏菜が俺の唾飲んでる・・」って。

っとお互いの舌を絡は杏菜のを触ていましたし、杏菜も俺の股をさすってました。

「ん・・ん・ッ、。ん・・」。

止まりませんでた。にかく興奮して

でも、この日は実はこれで終わりです。終電が近たし明も俺仕事あっで。

唇離してふと冷になて時計見る時間が

、時丈夫?

「孝仕事でしょ?朝か授業なんだ。うしよ・・・

多分ホテル行こうと思えばけたと思います


かし本チキンなは、友達と一線を越ることの意と感いましたし寿、仕事も杏菜のも省ルに行ってまえ!というだけのことをしていいものかと考え、ろっか」っ言いました。

ると杏菜はちょと複雑そうに、でもホッとしような表べてそうだね」って微笑みまた。そにちょっとドキッとして


ちろんその日はて抜まくりしたw

帰っも少し呆然としました。俺が杏と?たいなのがれんくて。

までうい便うのなかったですから。


それからしばら通に俺は仕事ましし杏菜も大学生活ってたと思います

ちょこールもやりとしたけど、それも普通な感じのメールで、キスこと にはとくに触れるものではなかたで

もなんとなく杏菜がになってるわかました。


誰とあってなかった俺で杏菜して浮上ってことはやっぱかっす。

あくはよき友なんで。それに変わりはません。

ただあのはなんだったんろうなぁーいう漠然とした感覚はありま

毎日あの興奮を思いして抜てたのは事実なんすが


で、ある日なんとなしにメールをして

杏「暇〜、電話しー??o(^-^)o」みたいなメルが入っました。

まぁったんでいいかと思電話かけ、なんだかやっぱり興奮してきてしいます。

はじめは話してたですが、あの時の奮がどうしれず、この前寿ふってみることにしました

がど、とかでなく、ただ奮してる自分ました。


「ししこ前のだ後沿はなったん、何互いめっちゃ興奮してたよな」

杏「ねー・・・ったんだろー」

俺「しお前あれだなスうな!

うるっさい!孝だってりしすぎ!」

俺「胸なんて触っけ?」

「触ったよー、覚えての??


に覚たが、確信犯的リでったと言うと怒り出しそうな

「え・どうだっぁ。とにか興奮してたわー」

と逃げました

俺「杏菜だて触ってくせに」

「何??」

俺「俺の?」

カ!触っんかなよ!

この相当もんすが、もうちょい、なんか杏菜のからるような言き出せないかなと必死でした。


俺「杏菜あの時さ、時間なかっ行かなかっけどあっ確実行ってたなホル」

「うーーん、う、う多分・・行っちゃ宿てたね。あの流れは

奮のボルテージがてきます

俺「菜はあれで行っちゃっも良かっ思う?」

「なんつきあってない人と行くとこなのって思けど、でれはなん

れで行っちも問題ない感じだったよー。て、あぁダメダメ!寿ほんとスケベから!」って言


はじきましたけど杏菜は真面目でまっすぐな子んで、友達とホく、ってことを認めいようなタイプです。ましやヤルなんて。

もそ菜が「俺とルに行ってッちゃってたかもしれない」と言っているんです。

握りめなが湿がクラクラてま

でももう一段階さらに上興奮を。


俺「んゃ、さ。杏菜ならセックスかできる?てと」

杏「。」

俺「つか、この前凄く興奮したん。俺は今まで友達そういうのするとか全然思ったいしりえないとけど(嘘)、この前の流だったら、好きな人とかじなく友達とかでもできるなぁ、って思ったよ?

けっこう必死です

杏「うーん・・。そうどね・・尿

俺「杏とならけどね」


この一言は重要んです。菜はもやちゃうみたい嫌悪するんで恋人じゃない人とセクスすってのは何かイヤなんです。

でも今回、俺も杏もおいに対して興てる。

ための一言で「特別感のは杏菜にとって退んで

「そう。私孝じゃなかったなの絶対ありえないし・・・。ね・して?」


は?何を?ス?


「んと・・。それは俺ると考えていいのか?

杏「ん。う・して、みない??


録音けばかったと思ど興奮しこの会話で何度でも抜けただろうにw

達ですらね。あくで。

互いに でつきあおいな流れは持ち出さない。

でも興奮はしって。それがお互いにわかっ言わない。

その後の会話、完全に言いドだった。二ともw

てしまうことによ、高校一年から築いてき友情をないように。

も体のを持つをしたことに対する言い

電話切っ後、猛な勢いで抜たの言うでも無いな?


束時間使翌日俺の終わった後

抜いた後もなんか妙に業アムなんて見ちゃいました。

で気持らいだらまずいなぁとか思いつつも杏菜写真をなんとな便見たくた。

それは信てもえるかわからど、決してからるものではなく、か改めてそうやって菜を目に ことで、「やっちんだぞ」分に問ようなイメでし

それうようだったらめようとも思いましたが迷い全くなかっ

写真の俺に誰とでも仲良、それでいてちょっと痛いまっすぐな杏菜を思い出さ

しての間た、の性格はそま、少し大人沿びた杏菜、俺とキ菜を思い出しました


そして翌

わせ所に現れ杏菜はやおしで大人っぽくなっててかわいかった

タンクップにぴったりーンズ。な感じだたけど綺麗。

この前と違って酒は飲んでな。もう夏もなんで暗くなりかける頃。

の勢いりるとが姿出来なわけす。

俺「よ、。暑〜」と緊張気味

「う、うん、ゃー・・いこ」とやっぱり緊張気味の杏菜。


んなこんなでホテルも入るまで間かかった。
となく散歩してる感じで「いいかな」と自問基本的にやはりチ

杏菜けっ腹据わって、

杏「え、。孝、このホテ入ろってってきました。


やっとホテルに入り、しばらソファー座っ会話してたんですけど、

杏「孝、シワーびる?」って聞いてきで、

「あー、そだな。浴びるわ」と言て浴室に入りまし

すげーホンにホテル入っゃったよって。こののキスからのれがまだに驚きを感ら。これからまるあろう友人とのセックスにを馳せてまし


続い杏菜がシーを浴びてる間、俺との高校の婿い出がなんとなくかび上がって消えした。

にこれで何わるわけではねぇだろ、なんか特別な感じがしちゃう自分が

年間たくそ感情は抱いていなく、今でも勿論恋感情抱いてない

セックスして仮に杏菜に告られたとても俺は間違なく、「恋人としては考えられい」言っふる。

逆もまた間違いないと思います。俺も仮に間違い起告ったと対ふら

、しか

現に存在するこの況にはど興してした

前回キス事件から、そう感情抑え綿られない互いに興奮してってるこ

あの真面杏菜がんな分をられず「あくまで友の俺を求めてしいること。

俺が今性対象にたことい杏菜とこれらやってしまうってこと。

杏菜が浴室かてきて、消してベッドにべりこんできました

女の有のいがしました。

だよ、こいつだて女だよな、と妙にしたの覚えす。

前なんですけど、なんかに。


そのまま軽くキス。何度か。

フッて息がに。

で、一回見ったらのままディー。一線は確実に越えま

の舌が俺のの中をきまぜてきます。俺もまらず杏の中を嘗め回し

クチュチュ音して

「ん・・ンッ。・フゥん」っ息をもらすんです。

か可愛い感じがて、髪なでながら

俺「杏菜、またキスしちゃっ

「う・・・るしないよー・・。」って言ってま たキスしてきま


ん目がトーンとし

「脱がしちゃお」と言って俺の着た服を脱がしてきます。

俺もたまらず脱がて。

高校の頃っぜん胸ないなて言ってバカにしてたんですけ、少し成長しましたw

Bかいはあっます


唇から首からいろんなとこキスし舐めたらビクッてし

ぃ・・」ってかわ名前呼ん

耳が菜はいみ度にギュしてきます。

杏「あっ、あっ、んー、やだっいいよ。あっ、あ」

俺「とししい?」

「うー。・・」ってって喘いる杏菜にっちゃ興奮。


胸を今度は直にもみまくって乳首にむぶりてました。

獣のよたかもしれ興奮しまくりでし

、孝ぃあっ使、ああ、あん、あ胸いいぃ」

「好きなだしてげる」

杏「うんうん、うんっ、あー、気

杏「あ、あ、・・・よ孝

乳首吸ったく噛んだりして

っ、ダメだよ・・あ、あっ、あっぃ・・」

て声漏らしてました


胸をいなら手マン開始。

したら途で抑気味だっ声をあげて

「あぁぁ沿ェっ、やばいら、やばいか姿いから!!」って。

ホント奮して夢で手動かてました。めっちゃ濡れてて、グチグチてま西

俺「杏菜濡てる

や、だだーっあ、あ、あんっ!んー

・あっ、ん、ん、、あ!ああ!気持ちいいよ!孝、あっっあっ!!ダメ  そんなしたらっ、あ!あ、ん・・あ!!あぁっ!

杏菜がビビクながらあげてるっんで頭がした

です高校一年からずっと仲良くして、こんな杏菜は見こともともなかから

俺にされて喘ぎまくっいる寿の杏菜。

杏菜てこんなふうに喘ぐんー、けっこう〜って思いました奮しまくってました。


杏「あ、ね。孝ダだよう・・あっ!あっ!あぁっ」

杏「ね、あ私も、私もしてあ!んっ

言うので勢を杏菜に

杏菜は俺を仰にさせると、のを触りがら

杏「返し」て言っ口に含みま下の方から舐め上げてきたり、つばさんつけて音たてなが

上げてきり、今思ってもけっこうテシャンだっいかなぁ。

俺「やば気持よすぎだ菜。ますぎない?」と言うと、

杏「(上目遣いでえながらひほいいふふっ」って笑いま

ふと思っです、エロいん杏菜。俺てたよりもはるかに。

基本的に真面な子すかけっこうマじかぁーて思たんですけっこう積極的んです。声し。

フェラもすげぇ気持ちいい。チュパュパてながら強めに吸っ綿舐めり。

が前につき宿てた子の方が見た目はよっぽ遊んる感じしたのに、全然杏の方が上い。そのギャップにまたしま

が俺の咥てるよー、しかもい・

杏「気持ちいい?。」しごきながらてくる菜。

「やばいって。何でこんなうまいだよお前」ってきつめの俺。

杏「へ、なうれしいな。やっぱり気持くしもらうとうれね」

お前、神だな・・。


俺「な杏菜れたい、んけど・。」

「う・・いいよ。あたし、も」

で、杏菜がゴムをけてくれま馴れたもんでしの男にっこう教れたんだ〜と思いした

の子からゴムつけらたのその時はじめだったん。いつも自分でしてたん


俺「い?入れるよ?

いよしていいよ」

もう俺は準備オッケイ

入り口んにあこ何度何度もすりつてたら、杏はだんだん息遣いが荒なってき

ん、孝。お願い。」す。

「何が??」

杏「ん〜寿願いー!!

それで我慢できずに挿入。「!」わせたかったがの理性がたなった

正常位で一気に。


杏「・・ん、んー。、あ、入・・・た」

「うん・・・入た」

ょっと軽く前腰動かだけ

杏「あ!あん。うん、んっ、っ、ん。はー

杏「あんっ、んー、んっ。て反良し。

孝、なんゃったねぇ・あっ!

俺「ん。ね」


杏菜の中はち ょっと狭いんだけど、っち気持ちよかった退

てか、何が気持ちいいうと考えてる余ったです。俺自身んでもない興奮のにいたわけで、とンコ擦り付けて腰ふってキスしもんで、てなん死でした。


いセックスなんかなかっと思います。

完全に自己満でした、己の欲望にまかせて腰ふっ感じで

ただ、杏もそうでした

子はけっこ奥手かったの、杏菜が積極ってきたり喘いだりしるのに興奮しまし

その後に、

「杏菜、乗っって、上位させた時に

杏「いよ、や・あっやだよっ」言った

「や、や、あ!あ!あっいい!気持ち孝!孝あぁ、ん、ん、っあっあ湿んん!!気いいよ!孝、やいっ!ぁっ、っ!やだ、いっちうかも、あんっ、あっあ、あ、んー!」

て顔て腰ふっんです。ベッド思いっきりぎしぎしいわせて

あのまっすぐな杏こんしたようなじ方するなんて俺もう限でした。

俺「杏菜っ気持ちいいよ

杏「あ、あ、あっう、孝ぃ気いいよ?あっあっ!やっ、あ、あん、ん!」

上では杏菜が激しくんでます

「やべ、イキそう!

簿・あっ、見ながらが、んっいい!

そのまま正常位。

回抜いた時の杏菜んあ声が妙かっ

て挿菜はうドロロかっくら、すんな宿

ん・んっ、あっ・・・ん!いいよいよっ!あ、あ!

杏「あっ、あっ!あ、あ、あ、あっ、あ!んっ、あ、んー!

いい稿?」

うんん孝よっ、やばい!」

もう限界です


最後パートで烈に腰を叩きつけて

「やばいういくかもしい!気!」

んっんっん!あぁっ!あっ!ああっ!!あ!あっ」

「いくよ?杏菜!」

杏「ああっ、!ん!っ!うん、孝、いい、あん!ーっ、ん!あっ、いく、い、いく!あい!!ちいい!孝、くーあっっあっ!あ、ああ、、あ、、あぁっ!やだっ!!い!!ヤダぁぁ!!!」

「いくよ!!」


ムにすのやだたんで、急いでゴ取りて胸らへんにぶちま

にかかる度に

「あ、あて杏菜クビッててました。

りゃんでも量で、勢いゃなかったです。枕との方とか、

あごので勢よく飛ん。も二人とも身でハァハ息してました

貿ふきるとそんなんもよくて、ただ体簿えてて。

最後のダぁぁ!」凄く興ってやりえて


の後、時間がまんで、そのまま話と普通に

ぱり「つきあ殿う」とかそういった類の話はまったく湿ず、これで後も関係壊れないといいなぁーっ思ってました。

杏菜の頭のて、天上っぽいプラネタリウをイージた蛍料見ながら「あぁしゃったんだなー、良かっ」っ考えてま

んな俺透かし

孝、気持ちよかった良か」って聞いてきました。

単純に興奮して最高に気ちよった俺は、

俺「りゃもうそれを伝て杏菜とキをしました。

れでもっぱり俺たちは達で


日談ですが、そからもと俺普通に友達係をけてま

論、今も。

ふつうに電話しり飯食い行ったりすともります。

菜は変わらず真目で一本気な子、恋サークルに勉強便がんばっていす。

時には泣いてくる杏を慰めたり俺もや恋でへんだ菜に連絡って話てもたり


、あれかは一度せん。

んな話にな貿っても

杏「あれは回っきり〜」って笑ながら言ってます。

でもない興奮を得るとはでもしれ姿けど俺もでいと思

達なんでもん、そうそやりまてたらの関係もらいかもしれません。

お互いに恋人がいなく、とか酒の勢い、とかなんかいろんタイミあのHを生んだんと思いま。間違った行動とは思せん。

いろんな子Hしし、彼女も何回できけどまだ一番興たHは杏菜とのHなんすよね。

以上です。長々有難御座いした

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春, ほのぼの,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様