2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

浪人生の俺が図書館で声をかけた女の子のこと

 




1 :名も無き被検体774号+:2012/10/13(土) 15:18:59.13 ID:xb55BC3Y0
立ったら書く


3 :名も無き被検体774号+:2012/10/13(土) 15:21:47.01 ID:xb55BC3Y0
2chは初めてだから、粗相があったらごめん。

需要あるのかな?取り敢えずスペックいる?


4 :名も無き被検体774号+:2012/10/13(土) 15:24:38.46 ID:xb55BC3Y0
あるのかな?まあいや。



年齢20代

た目170cmくい。中肉

ン(だと思いた

今は社員仕事の出来ない能サラーマン。

上司の罵詈雑言を浴びるため会社にい

ニメ、にどっぷりのタクが当タクにもず、ポ根も嫌いで、帰宅部、読書好きネラ非モ変人校生だった。

ろん彼女いない歴=年齢の童貞だった。


6 :タクロウ:2012/10/13(土) 15:28:29.73 ID:xb55BC3Y0
余談だが、当時のケータイはモノクロ液晶が当たり前でクラスの半分くらいしか持っていなかった。

当然、俺は持ってなかった。

話は俺の大学受験浪人時代の話だ。

昔話だが続けて良い?取り敢えず、プロローグ的に浪人までの経緯を書く。


7 :名も無き被検体774号+:2012/10/13(土) 15:30:52.48 ID:EEjzcl3e0
同世代だな
支援


10 :タクロウ:2012/10/13(土) 15:34:33.68 ID:xb55BC3Y0
>>7
ありレ立てて結構緊張するな





8 :タクロ:2012/10/13(土) 15:31:19.45 ID:xb55BC3Y0
しまなん


年3月大学受験に失敗し

まあ、本一本絞り 滑り止め尿単なる自信過だが当時はれがカッコイイと思ていた。

惨敗したわ

受験失敗した高校生3月な当にやるこい。

ーッと遊ぶ気にもなないし予備校探稿すの気が重

予備のパフレ見ながらロと遊んでたわだ。毎日。


9 :ロウ:2012/10/13(土) 15:33:24.94 ID:xb55BC3Y0
高校時代「耳」みたい恋愛に憧れ恋がれたにも関わらず全く浮いた噂も、クラスの女子からの評

「俺君て・・・いいお父さんにりそうよね!(苦笑)だった。

自転車りして帰る同級生カプルのパラをするの毎日だった

時は女の子て後ろに乗る流行ってて制服のスカートがよくめくれてた


12 :タクロウ:2012/10/13(土) 15:36:30.74 ID:xb55BC3Y0
話を戻す。

暇でゴロゴロ遊んでた卒業式までの試験休み。

電話が鳴った。もちろん家の電話だ。

「もしもし。俺です。」

「あ、俺君?」

声を聞いて混乱した。

電話の主は高校2年の時にラブレターを渡して撃沈したクラスメイト・・・

能年玲奈に似てるから玲奈としとこう。


13 :タクロウ:2012/10/13(土) 15:37:07.24 ID:xb55BC3Y0
俺:「はあ、母なら出かけてますが・・・」

玲奈:「いや、お母さんに用じゃなくて(笑)」

俺:「はあ?」

玲奈:「俺君元気?」

俺:「ん?ああ、まあ元気だよ。浪人決定したからルンルンってわけじゃないけど」

玲奈:「私も全滅だよ〜一緒に浪人だね!」

俺:(一緒?ええ?なに?)「予備校とか決めなきゃな・・・今年はまったく遊べないな」

玲奈:「そうだね。予備校パンフレットすごい来てる。まあ、私は自宅浪人でもいいかな〜って思ってる。」

俺:「ああ、宅浪?ま、結局勉強するのは自分だしな。」


14 :タクロウ:2012/10/13(土) 15:38:10.47 ID:xb55BC3Y0
こんな他愛もない会話は それからも数回続いた。

で、卒業式から数日たったある日、俺は彼女を映画に誘い 生まれて初めてデートをして、玲奈からの連絡は それ以来なくなった。

ま、この上なくダサくて残念なデートだったことだけ書いておく。甘酸っぱい思い出だ。


16 :タクロウ:2012/10/13(土) 15:39:53.23 ID:xb55BC3Y0
だが、それ以来 俺の頭には「自宅浪人」という言葉が頭に こびりついて離れなくなっていた。

なんだか玲奈も自宅で頑張ってるんだって思いたかった。

予備校のパンフレットを見ながら母に言った。

「俺、予備校行かないわ。宅浪する。」

これが間違いの始まりだった。

4月から俺は朝図書館に行き、閉館時間まで勉強して自宅に帰る生活が始まった。


17 :名も無き被検体774号+:2012/10/13(土) 15:41:36.34 ID:P+9Swrrm0
ふんふん


18 :タクロウ:2012/10/13(土) 15:41:44.52 ID:xb55BC3Y0
家と図書館の往復をする毎日。

親以外の誰とも話をしない毎日。

たった3ヶ月で俺の心は折れた。


宅浪の大変さは受験テクニックが身につかないとかの話じゃないって すぐに気がついた。

孤独感。疎外感。閉塞感。焦燥感。

高校の倫理の授業で「人間は社会的な存在」とか言われた言葉が脳裏に蘇った。

そう、人生で初めて どこの組織にも属さないという体験だった。


19 :タクロウ2012/10/13(土) 15:42:45.09 ID:xb55BC3Y0
今考えれば浪人て大とない。

だが当時にとてこの塞感と焦り凄まじか

夜中に何度受験会場で白紙の答案を提出するを見ては飛きた

めるが止なかた。誰と話した

友達付きなんて煩わしいさ思ったこともある。

なこするなん、自分も信れなかっ


20 :タクロウ:2012/10/13(土) 15:43:59.62 ID:xb55BC3Y0
昼間の図書館は寂しい人間で溢れている。

寂しい人間は他人を攻撃することで寂しさを埋める。

図書館の職員に因縁つけるホームレスの男や誰彼かまわず話しかける婆さんを見るにつけ、「俺がああなるのも、時間の問題だ」と思い、逃げるように問題を解いた。


22 :タクロウ:2012/10/13(土) 15:45:27.10 ID:xb55BC3Y0
そんな時だった。


俺は一人の女の子と出会った。

彼女は同じ高校の同学生で、クラスは違ったが話はしたことがある程度の仲だった。

彼女が俺を覚えているかは正直疑問だったが。





24 :タクロウ:2012/10/13(土) 15:47:10.73 ID:xb55BC3Y0
彼女は歴史コーナーで本を探しているようだった。

時計を見ると昼をちょっと回ったくらいだった。

(ああ、大学生か。レポートのための調べ物かな?いいね〜大学生は昼間っからいいご身分で)

と内心嫌味たっぷり毒づいた後、さり気なさを装い声をかけた。


25 :クロウ:2012/10/13(土) 15:48:29.51 ID:xb55BC3Y0
彼女名前・チサトとしておこう


チサは身長160cくらい身で華奢な体型。

は黒くらいまでストレトロング。

宿井咲に似る感じ。

校では制服姿しか見たことはなかったが、私服姿チサ印良品の広告みたいなカジュアルなった。


27 :タクロウ:2012/10/13(土) 15:49:53.66 ID:xb55BC3Y0
俺:「やあ、久しぶり。」

チサト:「あ。俺君。久しぶり。」

俺:「なんか調べ物?」

チサト:「まあ、そんな感じかな?」

俺:「なにそれ?大学の課題かなんか?」

チサト:「ってわけでもないけど・・・俺君は何してるの?」

俺:「いや〜。浪人中でね。宅浪ってやつ?でも家で勉強しなくてさ・・・それでさ・・・・」

久しぶりに他人と話した快感で喋り出したら止まらなくなってついに図書館の職員に注意された。


28 :タクロウ:2012/10/13(土) 15:51:33.21 ID:xb55BC3Y0
なんとなく居づらくて二図書館ののベンチに座った。一度話し、まだまだ話していた尿くて

俺:「ああ、ちょっみ物買ってくるわ、なん要る

チサト:「いや大丈夫。俺勉強に戻らなくていいいの?

、俺大丈夫。ごめね。これどっ行くとこだった?」

:「まあ、どこっいうのもいんだ湿どね。


29 :タクロウ:2012/10/13(土) 15:52:44.69 ID:xb55BC3Y0
なんかココまでの会話で引っかかるものを感じていた。

質問への答えがいつも曖昧なのだ。


だが、この時の俺はそれに気づかなかった。

いや、気づかないことにしたのだ。

目の前に話し相手になってくれる絶好のチャンスがあったから。

俺:「じゃあ、ちょっと話していこうよ。」

チサト:「(クスクス笑いながら)うん。まあ、今日はけっこう暇だし。」


30 :タクロウ:2012/10/13(土) 15:53:22.03 ID:xb55BC3Y0
それから夢中で喋った気がする。何を話をしたかはハッキリ覚えてないけど、

高校時代のクラスメイトのうわさ話とか、行事の思い出とか話題はいくらでもあった。

とにかく俺は会話に飢えていた。

気がつくと周りはすっかり日が落ちて図書館には閉館の曲が流れていた。


31 :タクロウ:2012/10/13(土) 15:54:47.71 ID:xb55BC3Y0
りに行くと彼女は訳なさそう

「ごんね。勉魔しちゃっな?と聞いてきた。

俺:「いや、んなと話せたの初めだよ。あそうう。の図書館来る

また、がしいって思ったんだ。


32 :タクロウ:2012/10/13(土) 15:55:36.48 ID:xb55BC3Y0
チサト:「うん。最近よく来るかな。そういう時期だし。」

なんか今ひとつ理解できなかったが、彼女がこれからも図書館に来る可能性があることに俺は狂喜した。

その日は家に帰ってからも何だか嬉しくて眠れなかった。


次の日、俺は期待して図書館に出かけたが彼女はいなかった。

勉強を15分おきぐらいに中断しては図書館中を徘徊して彼女を探した。

いない。


33 :タクロウ:2012/10/13(土) 15:57:23.54 ID:xb55BC3Y0
それから2週間ほど経ったある日の夕方いつもの用に徘徊していた俺は彼女を見つけた。

俺:「おお、また会ったね。」

チサト:「俺君、本当に図書館に毎日来てるんだね。」

俺:「他に行くとこないしな。」

チサト:「あたしも似たようなものかも・・・」

俺:「え?」

チサト:「ああ、にしないで」

その頃からだ。

何か彼女の影を感じ始めたのは。

会話の端々に現れる違和感。


35 :タロウ2012/10/13(土) 15:59:09.21 ID:xb55BC3Y0
後のチサト

、気に

した。ごめんなさい。




>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春, 相手の過去,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様