2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

期待しないでメル友と会ってみたら





20 :奥さん、名無しです :01/12/13 20:02 ID:???
おれのメルトモはオープンチャットメインの出会い系?みたいなトコで見つけた。

好きな本とか映画とかが似てて、最初は純粋に趣味のメルトモだった。

無論下心が無かったわけじゃないが、逢ってどうこうってのも煩わしいし、なにより趣味の会う友人関係がそんなことで壊れるのがイヤだった。


そうこうしてるうちに、メール交換始めて2カ月目ぐらい。

彼女が
「○○(映画名)観たいなぁ」

という話題をしきりに振って来るようになった。

どうも誘ってほしいような感じがする。

で、思い切って誘ってみたら「さそってくれて嬉しい」との返事。

正直舞い上がった。


さて、待ち合わせ当日。

期待と不安で待ち合わせ場所に1時間前に着いてしまったおれは、時間5分前に背がすらりと高いジョディ・フォスターを思わせる知的な美人に声を掛けられてびっくりした。

最初に思ったのは「釣り合わない」という事だった。

おれはぎこちなく彼女を自分のボロクルマへ招待した。

続く。





26 :20 :01/12/15 01:29 ID:???
です

幸なとに、映画は最低の出来だった。

然ともり尿がり、彼の言葉も途切になった。

ては二度と彼えなくなる)機感をた俺カラオケ、食事とつないで彼女を楽しまことにた。

かげで彼女にも再び笑顔がり、話がはずんでは時を忘れた

(こんな奇麗で知的な女性と知りの彼の前でおの会話楽しんでくる)

で満足していた

その時点逢う前の下心な調どどこかに消えてまった。




付け夜の9時いた。

彼女の家の近くまで送ろうと車を走らせていたら、彼女が言った。

もう少君としてたいな


その言葉を額面通り受け取った間抜けな

、どこかお茶いこうか

いた。


するとを聞いた彼女はの外つりと言った

誘ってくれなかぁ・・・

は最初彼女の言いる意味が分から

そして意味を理解した調瞬間まるで心何かの病にかかたように早を打

自分人生にこんな都合のいい話があるなんにか信じられないような気がし

おれはおそそる

「誘ってもいいの?」

尋ねた。


女は窓の外見たまま言わなかた。

おれはま黙って車テル街に向かて走らせた

続く。







33 :20 :01/12/15 14:56 ID:???
ホテルの駐車場まで、俺は彼女喋っていたか覚いない

ひょっとし何も喋ってったのかもしれない。

車をりてネル前でぼうとると、彼「淡々てるんだね」といた。

う。

今日会ったで、スはかスキンシップすらろくていないしかも分が釣合うとも思えない綺麗な女性いきホテルに来しまって、何を話していいかわからいだけだ。



さげ部屋を選び部屋に、彼女はしげ

「わぁ、可愛い部屋

てベッド倒れだ。


ラブ尿学生付き女と、4年も前に何度かったけだ

在無くソファに腰掛けた俺に、ろんま彼女は

ちにおいよ」

と声をかけ寿た。


間抜にベッの縁に腰掛け直す俺は思い切って彼女聞い

「俺んかとこんに来ても?△△さんもてるんじゃな?」

に直接答ずに、彼女は言った。

「私は○考え方と感じ方、好よ」

くるっと仰向けになって、彼女





34 :20 :01/12/15 14:57 ID:???
吸い込ように彼女にキスをした

彼女が漏らしたんっ・」という吐息を聞い稿は真っ白なっ

ぼるようにキしながら、俺はを脱せた

小振りだが麗な胸があになりそこにもキスを

じているようだ

ぎ声を聞いているだけで、俺はってしいそ


俺が手を休め彼女上になり俺のボタンを外しはじめた。

ズボンのベルトも外したで腰浮かせ彼女はズボンとトランクスをた。

調くな

笑い含んで言うと、彼は前れなく俺のものを口にくわえ

れはパニック状宿の頭

さんシャう。汚よ」

言っ彼女は黙てゆっくと裏側にを這わ、そしてもうに含

瞬間なくも俺口のた。


く。




62 :20 :01/12/16 21:26 ID:???
すこし眉をよせて彼女は口の中のものをティッシュに出した。

驚くほどの量の精液が彼女の口から吐き出される様子を、おれはぼおっと眺めていた。

彼女はこちらをちらっと見て恥ずかしそうに言った。

「ごめんね〜飲むの苦手なの」

「ううん。俺こそ・・・ごめん」

彼女は小さくかぶりをふると、俺の腕を枕にして横に寝ころんだ。





63 :20 :01/12/16 21:27 ID:???
しばらくで話た。

話の途中で彼女が唐に聞いた。

「こんなことになっ、ひょして後悔してたりする?」

?なんで

「な殿んか雑そな顔してら」

「違うよ!△さんみた・素敵な人とこうなれて、俺なんか現実感なくて

俺はに言た。

彼女」と、でもちょっしそ言っ寿俺の胸頭を稿きた

てどちらからともなくキた。

胸をそっともむ彼女は「そこ舐めて」と言っ







64 :20 :01/12/16 21:30 ID:???
の言葉奮したは胸しゃぶりついた。

女はそうれるの好き」と言いがら俺の頭を抱込んだ

下のに手を伸ばすとショーツの上からもわどそ湿っていた

彼女がうな声で下も。お願いいい、俺寿ーツがせてむしぶりついていた

顔をべべとにがら彼女のまに俺は舐め続た。

く。




85 :20 :01/12/17 23:14 ID:???
続きます

しばらで舐けていると彼女あえぎ声はせっぱ詰まったよう感じになってき

気がつくと彼の指が自リスを刺激るように目の前うごいて

直後、えぎ声止まったか女の太がオレ頭を強く挟み込んだ。

そのは逝っていう。



俺はたまらなくなり、コンドに手を伸そうとした。

その時彼女が荒い吸をしなが

「付け・・・」

信じられない科白だっ

はぎちなく頷い彼女覆いかぶさっていった。





86 :20 :01/12/17 23:16 ID:???
挿入しようとすると、そこは潤っているのに入りにくかった。

別に俺のが大きいわけじゃない。

普通かむしろ小さいぐらいだ。

俺は少しづつ自分のものを彼女の中に埋めていった。

彼女は大きな声を上げ、綺麗な顔がゆがんだ。

彼女の中は熱く、きつく、ぬるぬるで、根元まで埋まった時、さっき出したばかりにもかかわらず俺はもう逝く寸前だった。

俺はそのまま動かずにじっとしていた。

それでもじわじわと快感が伝わってくる。

俺は言った。

「すごい、△△さんの中気持ち良すぎるよ・・・」

「私も。ああ、これが欲しかったのぉ」

彼女は俺にしがみつくと、下から激しく腰を動かした。

その科白と腰の動きに、俺はひとたまりもなかった。

彼女を抱きしめて名前を呼びながら、俺は彼女の中に大量に射精していた。






87 :20 :01/12/17 23:23 ID:???
しばらくじっと抱きしめていると、彼女が急に我に返ったように言った。

「え?うそ。出しちゃったの?」

俺は、早かったことを責められたのだと思い、言った。

「ごめん。あっという間に終わって・・・」

「違うよ!」

彼女は怒ったように両手で俺の肩を押した。

「なんで中に出すの?」

「え?さっきそのままで・・・って」

俺ははっとした。確かに彼女は中で出していいなんて言ってない。

彼女は俺をはねのけてバスルームに駆け込んだ。

激しいシャワーの音を聞きながら、俺は後悔した。

外に出すとか、出す直前に着けるとか、そういう事に全然考えが及ばなかった自分を責めた。



シャワーから出てきた彼女は、何も言わずに下着を着け始めた。

俺は謝り続けたが、彼女は「ううん。私もちゃんと言えば良かったよね・・・」

と言っただけで、後は生返事しか返さなかった。

車を降りるとき、彼女は「じゃ」とだけ言って振り向きもせず歩き去った。

俺は帰るとすぐに謝りのメールを入れた。

普段通りのメールと織り交ぜ、何通も送った。

それから2週間経っても彼女からの返事はなかった。








>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春, 興奮したシチュエーション,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様