2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

男女間の修羅場を経験した話を書きますよ

 




1 :バース ◆H0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:10:45.19 ID:KLGvIiLq0
誰も居ない部屋で独り、ボーっとしてると、あんなこともあったなぁ……

なんて懐かしい昔の記憶が蘇ってきました。

だから、なんとなく書いてみようかなと思った次第です。

昔のことなので、脳内で都合のいいように変換されているかもしれませんが、とりあえず書いていきたいと思います。

よかったら、お付き合い下さい。



2 :バース ◆H0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:11:45.20 ID:KLGvIiLq0
スペックです。

ボクは、山下ユーサク(仮名)当時は公立高校の一年。

成績は普通、運動神経も普通、外見も普通、つまり特徴がないことが特徴で他人からは「何度会っても顔と名前が一致しない奴」とか言われてました。

当然、先生にも名前を覚えてもらえないわけで、授業中に指名される回数が明らかにボクだけ少なかったような記憶があります。基本的にヘタレです。



3 :バース ◆H0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:12:16.51 ID:KLGvIiLq0
彼女の名前は、山本ミドリ(仮名)同級生です。

長身で活発な子。ルックスは美しいスポーツ少女系。今の流行でいうとヤングなでしこといった感じでしょうか。

中学二年の時に彼女が転校してきてから、ずっと同じクラス。


しかも 名簿も近いことから席はいつもボクが前、彼女が後ろでした。

だから彼女はボクのことを名前で呼んでくれる数少ない(というか唯一の)女友達でした。



4 :ース ◆H0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:15:29.88 ID:KLGvIiLq0
転校第一印象は 「大子だなぁ」したね(笑

たぶんは彼女方が背が高かったと綿綿す。

そして 次に「ワイイかになるわけです。

のせ婿か、っと影のある感じありまけどね

理由は覚せんが、ちょうどボクの後ろの席がそこにまり、ボク内心「キー貿」とか思ってま



5 :バース ◆H0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:16:25.54 ID:KLGvIiLq0
十分に地の利を活かして、ボクは彼女と親しくなりましたね。

運よく気も合ったので、ボクは彼女とは同性の友達と接するように自然に接することができました。それは彼女も同じだったと思います。たぶん。


半年もすると幼馴染みたいになり、そのうち彼女からは、普通に恋の相談のようなものも受けるくらいにまでなってましたよ。

この辺は想定外でした。仲良くなり過ぎましたね。友達として。



6 :バ ◆H0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:17:43.87 ID:KLGvIiLq0
そんな彼に「性の見が聞きたい姿言われ宿は、いて恋愛系のハナシでした。

ボクのは“多きりに病でが甘くしな女”とでもいうのでしょうかね、

と「あの子がキ!」言うくせ局は、誰とも付き合たりできなかっ たよです


この話高校に入初めてから「意見が聞きい」言わとから始ま動を、思ら書いき




7 :バース ◆H0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:19:07.72 ID:KLGvIiLq0
人が居ないかな?

書き溜めがあるんで、今度にしようかな?



8 :バース ◆H0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:21:58.26 ID:KLGvIiLq0
とりあえず、折れずに行けるところまで行っちゃいます。



9 :バース ◆H0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:22:43.18 ID:KLGvIiLq0
―― 第一部 修羅場 ――

いつものように慌しい朝のホームルーム前でした。

ボクは友人達と昨日のサッカーについて、あーだこーだと批評家よろしくやってました。

ボクは、一応サッカー部所属です。ベンチ外ですけど。


いつもは、そんな話に混じってくるミドリが珍しくひとりで席に座ってました。

様子がおかしいかも? とは思ったんですが、女の子ですからね。

下手に構うと真剣にウザがられたりするんで放置してました。

でも、その日は一日中そんな感じだったんで、終礼後に声をかけてみたんです。



11 :バースH0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:23:42.14 ID:KLGvIiLq0
「熱?」

「ない……と思……かも」

んとも珍妙な回するミドリ。

(ななんだ、それ?)

彼女虚ろな線が、ちっと気になったものですから数ヶ月ぶり彼女をみました。

「今、部活だろ 終なん行こうか」



12 :バース ◆H0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:25:10.46 ID:KLGvIiLq0
別に下心があったわけではないですよ。

家が近所で方向が一緒なので、中学の頃は部活終了の時間さえ合えば一緒に帰ることが結構あったんですよ。

高校に入学してからは、初めてでしたけど。

「……わかった。じゃ校門で待ってる」

力なく答える彼女でした。



14 :バース ◆H0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:26:09.10 ID:KLGvIiLq0
女はバレーです。身長があるんで中エースアタッカー

校で試合があるに何応援った、体が大きいせいもありななか迫力がありま

スポーツ少女に見合わない綺麗な長い髪も立ってましし、れになんというか……

揺れるんすよね(



15 :バス ◆H0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:28:11.62 ID:KLGvIiLq0
彼女、ボクの合を応援してくれたこもありました。

スタイムにゴー決めた時には、汗と泥まみボクと抱きって喜んでくれ

そんなこで周、完全に二人は付きてると思れてたよです。

残念なら違うんでけど。



16 :バース ◆H0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:29:14.65 ID:KLGvIiLq0
だから、彼女は非常に目立つ存在にもかかわらず、寄ってくる男は少なかったようです。

詳しくは知りませんがね。

もしそれがボクのせいだったなら今さらですが謝っておきます。すいません。

ちなみにボクに寄ってくる女性は皆無でしたよ。

それは決して彼女のせいではなかったと思います。ドンマイ!



18 :バース ◆H0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:30:21.60 ID:KLGvIiLq0
さて夕暮れの迫った校門。

彼女が壁にもたれかかり、ボクを待ってました。

アンニュイな雰囲気で可憐さが一層引き立ち、なんかこうゾクゾクっとしたことを覚えてます。

「ごめんごめん。顧問の説教が長くてさ」

さっきのゾクゾク感を誤魔化すように言うボク。

「いい……さっき来たとこだから」



19 :バース ◆H0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:31:18.31 ID:KLGvIiLq0
もし、これが初対面だったなら、即落ちで一目惚れしてたかもしれません。

どうやらボクは憂いを含む女性の表情に弱いようです(笑)

でも、数年間の彼女との時間がボクと彼女の関係を“友達”に固定してしまっていましたね。



20 :バース ◆H0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:32:13.12 ID:KLGvIiLq0
ボクは自転車を押しながら坂を下ります。彼女はボクの斜め後ろを黙ってついて来ます。

これは誰か好きな男ができたんだろうなと思いましたね。過去にも似たようなことが何度かありましたから。

嫉妬心とかそういうものは、まったく感じなかったですよ。同性の友達が誰かに惚れたとか聞いても何も思わないのと同じです。

ボクの中での彼女は そんな感じだったんです。




21 :バース ◆H0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:33:09.88 ID:KLGvIiLq0
ファーストフード店に着くと端の方の席を陣取り、ポテトと飲み物だけでじっくり話を聞くことにしました。

ボクは もう答えはわかっていたんですが、とりあえず通過儀礼として尋ねることにします。

「で、どうしたんだ?」

ストローの袋をコネコネしながら、ちょっと拗ねたように俯き加減で視線を合わさず、とんがった口で呟きます。

「……男性の意見が聞きたい……」



22 :バース ◆H0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:34:10.00 ID:KLGvIiLq0
(ほらきた)見覚えのある光景です。毎度のことですが同じ仕草で同じ内容を言うんですよ。コイツは。

とりあえずボクは、いつも同じ反応をするしかありません。

ここで、何か違った反応(どんなだ?)でもすれば、ボク達の関係が変わったりしたんでしょうかね?

その時はそんなことは、考えもしませんでしたけど。

「それで、今度の相手は誰なんよ?」

「……サッカー部のキャプテン」

「え――っ! 早川先輩(仮名)かよ」



23 :バース ◆H0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:35:05.70 ID:KLGvIiLq0
した。身近年の先輩ですか

や、驚いた理由はそれだけじいんですよ

の先輩にがいらです

りがちんですが年のマージャさんちょっと派手目ですけど、り綺な人です。たいです。

ボクは迷い貿の事実を今ここで伝えべきかどうか…



24 :バース ◆H0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:36:24.98 ID:KLGvIiLq0
数秒間の熟考の結果、今日のところは先輩に彼女がいることは伝えないことにしました。

今日はミドリを元気づけるために来たわけですからね。明日でいいや、とか思ったんですよ。

それに、話を聞いてやれば少しは落ち着くだろうし それからでも遅くはないと考えたからです。



27 :バース ◆H0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:37:08.90 ID:KLGvIiLq0
案の定、先輩のどこがカッコいいかを力説しながらミドリは、どんどん元気になってきました。

ボクとしては他の男のカッコよさなんて聞かされても あんまり面白くなかったんですけどね。



29 :バース ◆H0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:38:16.71 ID:KLGvIiLq0
まあ、先輩は普通にカッコいい人ですし、サッカーもボクなんかよりも随分上手いです。

ただねぇ……女性とのアレコレを自慢げに話すタイプなところがねぇ〜

聞く方は楽しいんですよ。ソノ手の話は、こっちも興味津々ですから。

でも、その話を聞いた後では、気まずくなるんですわ。



28 :名も無き被検体774号+:2012/10/03(水) 23:37:24.11 ID:eF6+KPLD0
>>1さん
文章からするとけっこうなお年ですね


30 :名も無き被検体774号+:2012/10/03(水) 23:40:44.22 ID:KLGvIiLq0
>>28氏
そうですね。30代ですよ。

モノを書くことが多い仕事なので、回りくどい文章になってますかね。

恐縮です。
――

マネージャーさんを見ると もう妄想全開になっちゃって……

あんな綺麗な人がそんなコトをするなんて……

ついパンツを押さえてしまいますよ(笑)

ボクは、ひょっとして この先いつかミドリと先輩のアレコレを聞くことになるのか?とか考えてちょっと困ったような気になったことを覚えてます。



31 :バース ◆H0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:43:20.78 ID:KLGvIiLq0
結局、ミドリには小一時間ほど話につきあいましたね。

もう飲み物の氷が溶けるだけじゃなく、紙コップまでユルユルになった頃にやっと解散となりました。



32 :バス ◆H0fjJ5ft/U :2012/10/03(水) 23:45:20.40 ID:KLGvIiLq0
それからのボク、結しかったすよ。

ミドリからは先のアドレを教えろと、今後の試合スケジュールを教えろ弁当をりたいかべ物の好き嫌いを教えろとか色々とわれから

なんかスゴーく盛り上ってるで、つがいることをずにいたんす。

つーか輩とジャ沿ーさんのり取を注簿意して見てりゃふつー綿づくハズなですけど、コイツは気づか

ひょっと当ニブイのか?




>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春, すっきりした話,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様