2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

一生ぶん泣いた恋から一年が経った

 



http://ex16.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1160584735/


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/12(木) 01:38:55.91 ID:fEg4GrKE0
つまらん話だが暇なやつだけ聞いてくれ。

いろいろあった恋からようやく一年が経って、気持ちの整理をつけたい思いから

なんとなく書いてみる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大学を卒業して、東京に来てもう俺も今年で26になった。

なんだかんだでバイトを転々としながら ようやく とある小さな会社の正社員になった。

社員は少ない、給料も安いが社会人になれた事がモチベーションになり なんとか頑張れていた。

そんな中、仕事の出張で ちょうど実家のほうに帰る案件が出てきた。

6月、空がそろそろ梅雨の表情を呈してきた時期だった。

実家に寄って、知り合いにも会いたかったから少し余裕を持って2日程早く帰った。

空港の小さなロビーを出て、取り敢えず実家に向かおうと思ってバス停に向かおうと足を進めた。


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/12(木) 01:40:01.99 ID:fEg4GrKE0
「すみません、人違いだったらすみません。XX君、じゃない?」

全く聞き覚えの無い声で振り向くと、ちょうど俺と同じくらい(170cm)の背丈の女の人が立っていた。

誰だろう…正直、覚えていなかった。

昔から知り合いは多いし、物覚えは良いほうだったんだが、この人は記憶の中に思い当たらなかった。


「はい、そう、ですけど。」

女「あ、やっぱりそう!!XX君、○○高校のXX君でしょ?あたしKだよ。K。覚えてる?」


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/12(木) 01:40:31.94 ID:g6faWeVS0
ほうほうそれでそれで


9 :以下、名無しにかわり稿してVIPがお送す:2006/10/12(木) 01:41:14.36 ID:fEg4GrKE0
K…辿ってみる。

。確かたいた。同クラスはなった事はなかったが、同じ高のすご可愛子だった。

っぽくて当時から同生のでも評判だった。

ほらおまいらく同級生と話したろ。「○組の△、すげーな」って。そんな感じの子だよ。

よく喋明るい、便などではチアリ調る活発な子だった


、確に そんな子はいが目の前の似ても似つかい大寿てい

もしかして、K○○(フルネーム)ん?





16 :以下、無しにかわましてVIPがおりします:2006/10/12(木) 01:46:00.99 ID:fEg4GrKE0
K「そうう!!覚えててくんだ☆ 何し寿てるの?仕事?」

「えあ。うそそ。ちょうどちで出張あっそれで帰省したん

K「へすご人っぽじゃん」

「一応、正れたからねww Kさんは何やっ湿てる

K「、…えと、うん。社会人だよ。っちで勤め先見つかってね。」


話をしているうだんだん当時(えくぼとか)が憶にってて、ああ、このかにKだってた。西

本人んだら当たり前なけど


22 :以下、無しかわりましてVIPが送りします2006/10/12(木) 01:50:47.35 ID:fEg4GrKE0
うこうしうちにバスがた。

K「XX君はらすぐ仕事

、余て帰ってきたから取敢えウチでも帰ろうかな、って感

K「ホント?じゃあさ、バス次のに乗ってさ、ご飯に食べ

「うん。


つも友時のいノ俺たは次のバスそれまで高時のとめも無話を続けて


街で事をしがら時の事とか、いるかとか話した

俺は(皆そなのれんが)本当に仲の良かった連中とも 少しずつ疎になってったから あまり同の事は知らったが、彼はもっと何らないうだった。

「Kさは結構 皆と仲よかったじゃ。連絡とっない殿


25 :無しにかりまてVIPがお送りします:2006/10/12(木) 01:53:36.89 ID:YL+UvxZaO
( ;∀;)イハナ


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/12(木) 01:54:59.97 ID:fEg4GrKE0
>>25
泣きフラグは おまいの中で どこに立ったのか説明汁wwww


K「…んー、そう、だね。うん」

なんかよく分からんが聞いちゃまずかった事でもあったかと思ったんで、適当に話題を切り替えて話を続けた。


んで時間も経ったし、飯も食ったし そろそろ出よう、って事になってKが

K「XX君、帰ってきたところ悪いんだけどさ、しばらくこっちにいる?」

俺「一週間くらいはいるよ。取引先とは3日しか会わないんだけどねww」

K「ホント?聞いてて なんだけど仕事サボりになるんじゃない、それ??」

俺「まあ、そうだけどwwウチの会社は営業には意外と目向けてないから」

K「あはは、そうなんだww でさ、唐突でアレなんだけど、また会えないかな?


29 :無しにかわりまVIPがお送り2006/10/12(木) 01:59:02.34 ID:fEg4GrKE0
唐突過ぎ

これなんてエロゲ?とか何フラグとかそんばっか頭に浮かん勢いで


「いいよたら連絡よ」


て携帯換して別れた。

今思うと素直に忙しいっ言っておいたほう良かったし、これで良かっかもしないと宿う。よく分


ースてスマナスorz


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/12(木) 02:10:18.40 ID:BOos9M6rO
>>39
なんで実家に泊まらなかったんだ?


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/12(木) 02:14:47.89 ID:fEg4GrKE0
>>44
実家はネット引いてないんだ

俺くらいしかいじらないし、金の無駄って事で俺が大学入ってから解約されたorz

ホテルなら回線引っ張ってるとこあったし、仕事でPC使うから已む無くホテルってわけです


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/12(木) 02:05:13.55 ID:1kw0HHyT0
これ最近の話ってことでいいのか




39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/12(木) 02:07:28.39 ID:fEg4GrKE0
>>36
1年前だ。


んで、次の日から仕事でレンタカー乗って仕事に奔走した。3日かける予定が色々あって1日で駄目になった。

帰ったら どやされるのは明らかだったが、会社に電話したら部長に

「なんとか言い訳してやっからゆっくりしてこい。実家、久々なんだろ?」

って言ってもらえた。

今でも感謝している ありがとう部長。これで酒癖悪くなけりゃ最高の上司なんだがww


んで、仕事もひと段落したし、その日は家族とも飯食ってゆっくりした。

ホテルに帰ってシャワー浴びて、ベッドに横になってから何となく、本当に何となくな気持ちでKにメールをした。


49 :以下、名無しにかわりまてVIPがします:2006/10/12(木) 02:14:47.89 ID:fEg4GrKE0
仕事が予定よ早くいたから時来たよ

て内った。

夜中2時くいだったのにぐにり、返信メーかと思って携帯開いたらKからの着信た。


俺「もしもし」

K「、ゴ、寝て?」

俺「や、ゃんwきてるよwww」

K「そっか、そねwwwへ

俺「元気いいらず。俺うこそ起こし殿ん」

K「大丈沿夜型姿から☆」

俺「っかww俺も寝る時間遅いんだよいつも」

K「お互い社ですなー

俺「うるせーよww」


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/12(木) 02:21:13.07 ID:fEg4GrKE0
内容の無い話で1時間近く話したかな、一瞬会話が途切れて沈黙になったときにKが

「ね、今から会おっか?」

と一言。

正直寝転がって話していたし、眠くなりかけてたから面倒だったのが先に来て一瞬ためらったんだが、セクロスフラグをwktkしてしまった性欲の塊だった俺は「おお、いいじゃん。支度するよ」と口にしていた。


68 :以下、名無しにわりしてVIPがお送りします2006/10/12(木) 02:28:16.57 ID:fEg4GrKE0
1時い経って、Kの家にレンタカーで迎え行っ

ーンに赤いTシャツで、首にマグかスカーたいのを巻いててれと同じ柄のカってた。


K「わざわざありがと、これ自の車?

「レだよンタww京からてこれないってww」

元は九州で


二人先は適当いっか、って事になっコンビニにみ物と食べる物た。

だかなかったがKは3本を買人で手席で飲でた


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/12(木) 02:31:32.36 ID:fEg4GrKE0
しばらく走った。

地元の人間ならしょっちゅう通る道で、まっすぐだからドライブになんとか適している道を走ってるときに、鼻をすする音が聞こえた。

Kだった。


K「あ、ごめん。大丈夫だから」

俺「クーラー寒すぎた?消そうか?」

K「その冗談ダサくね??wwwホントに大丈夫、ありがと」


冗談のつもりはなかったんだが…orz


けっこう遠くまで走って街ふたつ越えるくらいまで来た。

駐車場の異常に広いコンビニがあったんで そこでちょっと休憩しようと思って車を止めた。


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/12(木) 02:35:59.45 ID:fEg4GrKE0
Kは、泣いていた。

何かあったのかな…とは思ったんだが正直ファビョってしまって こういう時にかける言葉が見つからない。

一瞬Kを見たんだが黙って何も言えなかった。


K「ごめん、ちょっと色々思い出しちゃって。。。びっくりしたよね、ごめんね」

俺「いや、俺はいいんだけどさ。大丈夫?」

K「うん、なんか整理ついてなくて話すには まとまらないんだけど。でも大丈夫。ここ駐車場広いね!!田舎の醍醐味だねww」

俺「だよなーww」

なんか無理矢理明るくつとめようとしているKがちょっと見てて切なかった。


90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/12(木) 02:43:05.16 ID:fEg4GrKE0
俺「なんかさ、お互い大人だから色々あるよな」

なんか一生懸命ごまかそう、ごまかそうとして必死だった希ガス。


K「そうだねー、もう20代後半に差し掛かっちゃったもんねー。四捨五入すると30ですよww」

俺「やめれwwww若さのかけらもねぇwww」


深くため息をついて背伸びをするK。

涙はまだ出てたんだが笑顔がだいぶ戻っていた。


K「あのさ、XX君―」

俺「うん?」


K「しよっか?」




>>次のページへ続く


 


 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:泣ける話,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様