2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

ささやかなこの人生

 



ラスに人か二人すね貧乏な家


ゃんがでした。

さな工を潰し、夜逃げした両親に代わり、おばちゃんと弟らしました。

使われなったバラックのような自治館かして


績も悪く達もいなようでしたが平和舎町なのどいイジメ’とかたで

H子古ぼけたピンクジャンパーに小のスカートさがう靴下、つもこ格好でした。

たまに一日中、操服とブ)日がありその日が洗濯だったのでしね。

いつ人で壁てしゃがみんでま

僕はートの中の紺この2種類のみの毛ツを見るのが密かな尿しみしたマの日は残

たまに毛のパンツかしている白い生パ思い出しながら家で覚えたてのオナニーにふけってました。

エロ本をオカズにするよちゃん想像してする方が、激しるような気がし

女の貧臭いートをくったり、毛のパンツに手たいな事考えるようになまし



秋の席変えでの隣りなりた。

近くると彼女は想像以上にでし

僕が話し掛けるいないH子最初は少した様子

すぐ嬉しそうにし出しました。

い声でしたが意外とテンポよく話す表情は、地味だけどそうをしていまし

小豆ボロス貿がとも白くてかそうに見えました。


良くた僕らは休み時ずっとしゃべりをする様になったのです

H子は僕の方を足を開いたまま向き夢中おしゃりをしてきま

毛糸のパンツも毛玉だらボロっちいでしたがれ無いように盗みるのがとても楽なったのです


ある日の休み時いつもの様に小豆色のスカートを盗み見るとピ ク色の糸のが見えました

色と赤持ってないといたのでちょと驚きした。

でもとて新品には見えずしかも少し大きめなじがしました


がにH子は僕の視気づ「え〜」とを閉じた。

顔を赤ら「見もしょうないでしょ?」とかなり恥かしそうにい、うつむきま

僕「い、カワイイねピンク。また見せて」

子「・ばか」 

僕「でも少いね」




H子「・うん」「ちゃんおさがり・・貧乏だから・・ね」

女におんがいるのを初めりまた。両親側らしうです


田舎だったので 小生の男女が二人で下校するなど恥かしくて出来ませんでたが、り道が途中まで同じだっで ある小さな神社で待ち合わせをすになったので


ジュースを一本だけとお菓し持、社の縁側に座り薄暗なるでおをしてした。

本当は二本買う程度の金はあり使したH子ス’をしたくてわざと一本持ってったのです。

嫌がかな、と思いましたがH子は「いね」とそうに飲した

ジュース人で飲む’行為がなんか大人のプル様でドキドキしていました。

はH子に激しい妄くようにないたのです。


手に術の縫傷があるのですがある日H子痛くないの?、も平気?聞いてきました。

「ウン、平気だよ」とうとはそ触ってきまし

子のとても冷じま


ね、おなに縫い傷があ全然ないんだいながら左手をさすっ撫でたりしました

僕はドドキし「おなかに?見ていい」とくとH子赤ら「えッ今ここで?・・・」無言になりた。

寒い言いながらH子の簿体にり添うと、彼寿恥ずかしに「うん・・W君なら・見せてもいよ」「恥ずいか絶対秘密だ薄汚色のスカートを自分で捲上げたです。

んのおがりののパ僕のに、至近距離でれた瞬間、ビリビ衝撃が走りした。


H子はピクの毛糸のパンツ太もまで下げました。

つも白だと思っていたHのパンティは水玉模様でした

も洗濯しく模様せて、あそこの部分少し黄ばんでいした。

僕はンティの黄ば気が付かないをしうと決た。

かし太ももまで下げた毛糸のパンツ、やりボロっパンの白い足とおなか’に僕大変興奮してンのではチンコがカチンに固くなっておりま

恥ずかしいな」と言いがらも少し下げたです

病気なのか怪我なかわかりまんがH子のし下に10センチ位があり

いおなかにピンク色の傷がとも目だました。

ってもい?」H子はとうなき僕から目をそらしました。

指で傷口便をドキドキしながらました


「今でもね、寒くると少痛いね」とH子が言うので僕は手のひで傷部分を触り「うすと暖かいだろ?」と言いがら指はパンティの中に入れた

「うん・・あったかい・

H子は僕の左の傷り、僕はH子のおなかの傷手をて(指はしっかパンティに入れ)ばら沿く無言でいした。


指をパティの奥へ少しるとH子もをキュと締め身体を固くしまた。

「そそろ帰ろうよ」

うなずH子

僕は彼女の毛糸のパンツを上げました。

「W君、やさんだね

薄暗い神段をを繋ぎながら降りまし


に帰H子のボロっチイ下着や、柔かいおなかの感を思ながしくオナニーました。

地味で貧乏いH子の薄い洋服、毛玉だらけの毛糸のンツ、そしてすぎで色あせた あそこだパンティに異常な興味を持ちめていました。

れから神社でデートではH子が僕の腕のをなぞり女のおの傷を触り(パンツに手を入れ)しゃべりをするのがみになり


借金に追われ家族バラバになった、お高2で婿退し靴の工場で働くうになっ事、洋服ろん、パン稿ィやスリップも お姉さんのおさがり’で何年も品を買ってもら事など、H子はなんました


日はチ、誰もいないんだ」H子が言っした。

両親ゃん弟が泊りく’みたい内容でした僕にはウチにこない?’と言っている様にも聞こまし

ひどく興奮しH子の下着類を見たり、もっとエな事があるかも?・妄想状態。

りに寄ってい婿は寒いし」と平装い貿たが鳴ってました。

うん、ききて。」と顔を赤ながら嬉しそうにいました。

僕はH子を好きになってましたが、れ以上に彼女の貧しさ’洋服、下着な薄汚さ着してです。

はりクラんな知らいので、H子が先僕が後から行く事しました。

使なった自治は古く戦争画に出て病院の様です

なぜかH子は裏口から出てきて僕を家に招き入れまた。

金取りが来た時、関を止めしたそうです。


H子学園女子ソフトボと刺繍してあるボロっちいジャージで「ね、おがりなんだ」と言いながらタンスから集めてました

ースってくる’チャリでH子けました。

古くてオンボ屋でしたがキチンと片付ておりスしていまし

僕は先程のタンスの下引出しがてい

「あの中・H子下着妄想超特急す。

僕は家に誰もいない事をう一度確認すとタンスの引出に手をかけ

一番やはりボィ、服などでした。

ら二を引くとH子の下着現れ僕の胸高鳴りま

操服ブルマ、毛糸のパンツ、スリップとンテが4枚。

そしてなぜか黒湿ツがありまた。




ンティはも履古したもで、白地に地味なプリントが花柄や水玉模様は色あせてた。

「いけい事をしる。僕は変ながスリップやブルマもに取り、感触しみました。

くば盗もとも思いましたが、あにも数少ないのでやめま

がてコーとお子を持てH子が帰ってきました。

事もなに僕が「おかえ綿り、寒いだろ?」と言うとH子は横にピタっとり寄り添って来ました

抱き合って不馴れなをした。

すぐ唇を離H子のクが少し垂れてました。

ぐキをし、僕はH子のヨダレを吸た。

H子は嬉しそうな泣きそ、何といえない表で、「W君ダレ・舐め汚いよ

僕「Hちのなら平気

「・・好きよ」

小学こちキスでし


下腹は、くなるくらい勃起ていました

ャージを脱がそうとすH子は何も抵抗しませでした

リッ西プと毛パン姿のしく興奮し、抱いて何度もキした。

ブラをすませんがH子の少しんだ胸が、自分のらかく感じとました。

・僕は射精してまいした。

ズボンのを抑え「うう

とうくまると「うし?・・おなか痛?平

僕「うん・・ちょっね。何とよ」

H子「婿出ちゃっ?」

えっ?」

僕はH子が射精’を知ている驚いのです。

みれば校生のお姉さんがのです。

の手の本ど家ってH子も盗みていたそうです

H子は恥しそうに「あしもね、エッチなえるとンツ濡るよ

うん・そうらしいね女は」

僕は精した事恥ずかしくてH子のが見れでした。

ふたレ笑しながら、またき合ってキスをしました。


「中っても仲良

ん・・



、スリッ殿姿のまま裏口でくれた。

中学いった毎日チュウして」オンロの家の出口薄汚い下着姿でニているH子しくてたまりませんでした。

クラメートにH子との関係がバレないいな’思ってま

髪型乱れたコケよう味な顔、薄汚い洋、ビい成、何パッしない彼女と仲良している事を知れたりませんでした。

は、無抵抗なのをい事に、H子にイヤラシイ行為をける分がたまらなくでし

しかし二人き おしゃべりをしすると必ずと言っていいほどキスをしたり毛ンツに手を入れたりていた。

H子もそれをまっているかの様でし

スカー捲らせず真っ赤顔でされるがました。



卒業の日教室H子をみつた。

は新品のセラーでし

運動も新品で黒タイツを履いてました

ちょっぴり大人っく見えるH子に僕は何とも言えない淋しを感じたのす。

後で分ったのすが保護で文房どが、市ら支給されたそう

セーー服で麗に見えるH子に多少の淋しさをおぼえましたが黒いタイツ’とゆなアイテムに僕の急行は全速力でした。


たいつな業式をると、校トイでH子と話た。

こかへ行こう’

舎の駅のホームに少れてH子きました

タイ新品の運動靴(クーガー。知ってます)以外はイジャパー小豆色のスカと、いつものルにかホッとしたです。

タイツの下は

ディール列車の内でもそんなばかり考えまし


無料場出来るで市の動物園にきました。

あ公園に動物がいるだけ’っ感じのシボイが。

園内には高校生はもちん、中学生カップルも数組おり、は何となく気楽にりました。

H子との関係、不思えていたからで


トそののは新中、手をつないでクマやライオンを見たり低い覧車に乗り、ヤキソバ食べ りと平凡すが楽し足そた。

しか視線はHの黒タイツに集中し頭の中は青いエっぱいでした。


「タイツ、たかそうだね」

H子「うん、お姉ちのパッてきたw」「あたし、早く中学生になりたか。制があれば・・洋服を気にしいし・・」 




>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春, ちょっといい話, 胸キュン,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様