2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

24歳の時にセフレ達に奴隷として調教された話





153 :fusianasan:2008/03/09(日) 17:48:56
私は24歳、セフレが二人います。

一人は50歳で、妻帯者、私を奴隷として調教しています。

そうした仲間がいるらしく ある日は


彼 「今日は、友達にも犯してもらうから、おとなしく言う通りにするんだ。」

私 「え?何人ですか?」

彼 「二人の予定だが、もう一人増えるかもしれない痛い思いはさせないし、私が見ていてあげるから可愛がってもらうといい」


彼は そう言うと、私を彼の部屋(彼がセフレ用に借りている)へ連れて行きました。

彼 「全部脱いで、その椅子に座りなさい シャワーは浴びなくていいから」

私は、言われた通り、全裸になり、彼がそれ用に買った 大きなひじ掛けのついた一人用のソファに座りました。

彼 「目隠しをしてあげるから、彼らには君が誰か解らないから、安心して…」


そう言うと、スカーフで目隠しし、後ろ手に紐で縛りました。そうして、両足を開かせ、閉じられないように ひじ掛け部分に乗せ 紐で縛りました。


私 「不安です…どんな人達ですか?あの…明るすぎませんか?」

彼 「だめだよ、君の身体を全て見てもらうんだ おや?濡れてるのか? いやらしいな…ヌメヌメと光ってるぞ…フフ」


彼はそういうと、クリトリスを、指で愛撫するように撫で回しました。

私は、うめき声を上げました。

チャイムが鳴りました。



156 :fusianasan:2008/03/09(日) 18:04:44
は、二人のよです


男A 「んばは、〇さん今日お招に預かりまして… なるほど…いい

男B 「〇さんが自慢するけありすな…らし身体をしているお マンコの具合も良さ

男A 「舐めたり、ラは良いんですな アナルは

「舐ようくわえさようが、…アナは開発中な挿入下さい」


男B 「バイブは使って良いかな?ターにしとくか」

彼 「、傷つけなければ自由では座て見ています さぁ、どぞ可がってやって下さい



158 :fusianasan:2008/03/09(日) 18:21:08
私は、期待と不安で震えました。

一人は、両足に手をかけて覗き込んでいるようです

吐く息を感じました

男A 「シャワーを浴びてないんだな…おマンコの匂いがするぞ、いい匂いだ どれ、味あわせてもらうかな」


そう言うと、ピチャピチャ舐め始めました

男B 「Aさん、しっかり舐めないとバイブは使えませんぞ… 私は…舐めてもらうかな」

男Bは、そう言うと、顔の横に立ち、髪を掴み、顔を横に向けさせると、くわえさせようとしました。

私は、口を閉じ、イヤイヤをしたのですが…鼻をつままれ、苦しくて、口を開けた途端、おチンチンを押し込まれました。

私 「あぅっ、うぐぅ」






160 :fusianasan:2008/03/09(日) 18:39:35
Aは、クスを突いたり、オマンコを入れ、ヒチャピチャ舐めながら指をナルに挿入しました

B 「あ、いい気持ちだ…〇よく仕込みましたね


Bは、私舐めさ片手は乳首を摘まんだり引っ張ったりしました。

Aのクンのテ二度ほどイキました

男A 「やおや、感じ体だ。まだだ楽ませてもらうよ バイブとローターを使って舐めたらどう」 

男Aは、オマンコに゙イ゙、アナルーターをし、スイッチを入たのです

Bは、両手でを挟み、腰を使い、喉を突きます

私 「ぐぇーっ ぐっ

苦し下半身に与え宿れる、頭が真なりまし



162 :fusianasan:2008/03/09(日) 18:46:32
楽しんでいただいてます?

実話ですよ



163 :fusianasan:2008/03/09(日) 18:51:48
>>162
から早く続き


164 :fusianasan:2008/03/09(日) 18:59:17
男B 「ああ、いい…だ、出させてもらうよ」

生暖かい物が、喉の奥に放出されました

私「ゴホッ、ゲホッ」

私は、咳き込みながら、涙を流しました

口の中の物を、吐こうとした途端、彼の叱責が飛びました

彼 「飲みなさい!君を良い気持ちにして下さってるんだよ 君のいやらしい身体を犯していただけるんだ、感謝して、もうお一人にもご奉仕しなさい」 

私は、あわてて飲み込みました。

バイブとローターは容赦なく、私を責め立てて、私は、あえぎながら、何度目かの絶頂を迎えたのです



166 :fusianasan:2008/03/09(日) 19:15:04
男B 「どれ今度は、Aさんが飲んらうといい。 私は、アナルェチで、楽しませてもらうよ、後ろを向いても」 

そう言うと、手と、足の縛を解き、今度はソファの背で 前にれて両足は 開いて両肘にかけた不定な形で固定されま

バイブーターも挿入されたまま

度は、男Aの、口に押込ままし

男Bは、ータの入っ貿を夢中始めたのです。

左手、アナを広げ右手でトリス弄んます。

び、苦しさと、快感で気を失そうでした。






168 :fusianasan:2008/03/09(日) 19:32:02
男Aが、腰を使い、苦しさで喘ぐ私の口に、放出しました。

ぐったりする間もなく、許しを乞う私の言葉は 聞き入れられず、アナル、オマンコ、クリトリスへの責めは続きます。

いつの間にか、気を失ったようでした 


男B 「〇〇さん、私達は、出したばかりだから、少し休んで入れさせてもらうよ

〇〇さん、挿入してやったらどうだ? ビショビショで欲しがってるんじゃないか?」

彼「そうですね…まだまだ時間はあるし、じゃ、お先に犯させてもらいます」

彼は、バイブを引き抜くと、バックから、挿入しました。 抜いたバイブは、クリトリスに当てたのです。

私は、三点責めで、すぐイキました。

何度イッたか、わかりません。



169 :fusianasan:2008/03/09(日) 19:48:54
ぐったりした身体を 彼に揺すられ、長い責めは続きました。

男達は、じっと見ているようでした。



彼が果てて、ようやく縛りは解かれ、お風呂に入る事を許されました。

お風呂は 彼と二人で入り、彼が優しく洗ってくれました。

男たちに舐められた性器を、彼は清めるようにやさしく舐め上げてくれました。


でも お風呂から出れば 男たちの凌辱が待っています。

私は、泣きながら彼に男たちを帰すように頼みました。

彼 「今さら出来ないよ、それに、君が私の奴隷になるための試練と思いなさい 喘ぐ君の顔は、一番美しいよ」

そう言って、身体を拭いてくれました。

私を抱き上げ、ベッドに連れて行ってくれたのです。

男たちが、待っていました。



173 :fusianasan:2008/03/09(日) 21:23:16
今日は、時間があるので、一気に書いてしまいます。

お風呂場で、目隠しをされたので、男たちの表情はわかりませんが、ベッドに横たえられた私を覗き込んでいるようでした。

両手を前で縛られ、そのまま 上にあげ、壁のフックに引っ掛けて、バンザイの形にされ、足は、膝を曲げた状態で縛られ、腰には、クッションを敷かれて、M字型開脚の腰を高くした、これ以上恥ずかしい姿はないという、格好をされました。 



181 :fusianasan:2008/03/09(日) 22:10:56
男A 「じゃ、入れさせてもらうか、そ前に、してきゃ

そういうと、舐め始めま。男Bは、乳首、脇を舐めています。

身、男たちの唾液で汚さようで、屈辱簿でいぱいでした

男A「もう、いいな」

うい一気に挿入されま身体中、激しく揺ら、胸刺激も、まって、一気に昇りつめます

男B 「、よく見えるぞ…クリにはバイブ当てろうな

は、声にない悲鳴をげました。男に、交互に犯され、気を失い、失禁もたようでした稿

れから、定期的り、何度も犯さていますが心待している分がます。

長々、ありがとうございました。



 

 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:乱交・複数, SM_調教, 女性視点,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様