2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

寝取らせ好きの身から出たサビ

 



私もこのサイトで刺激を受けた0歳のサラリーマンです

妻は簿歳になけどとは違って女です。

私のも一応はモテるルなのすが、は禁句といったージせる女です


そんなある晩に抱きな「お前俺以れるなら誰がいいと質問をてみました。

妻は「バカなこと言わでよ!」の返答で

で私「何刺激が欲しいら誰でもから外の男とを想像してオナってくないか?」と続した

妻はとはってもの前でオナニー経験は、何かありましたから玩具を手にってものよに一やりめました。


そこで、「他の男の誰か浮かてくれ!」願いました

と妻は「怒らない?だ、貴方とおりにするわ。」と、そ気になりした

「いいとも!誰だうと、これは架空のことだからね。」と、」妻の気持ちをせてた。


その「貴方、ごめん私は会社のW君が気っているの君に抱かを想像させ・・・」、お酒も助て本音しいです

は「いいよ。なら俺も良く知っから安よ。」と、妻をリラックスさせて上げした。

は、そら集中して「W君・気持ちい!」など絶頂にするかの勢いでした


私はこでこっそり簿ビデオを手撮影しました。

妻もの行に気がつきまたがオナニは止りませんでし

れどこ、Wとの想像のが強みたいで そ果て

勿論、ビありの痴態を撮影できました。

私は、後に妻に内緒で何度かのビデオをら抜いたこを覚えています。



妻は、生命会社勤めていため私の帰宅より遅くるこ多々ありました。

私はの帰前に何度も妻のオナービがらビールをんでいことよくあた。

のビデオを見殿と興奮するともにW君妻の仕場での関気になるよなっきました。

本当に妻は、W君に好を持っているではないのか?

とか、もしかすると既二人はなっるのでは?

と不安とうか妬のなも感じていたことは事実です

日の夜、妻がら「W君とは変な関係なのか?」とに尋ねした。

を見下すうに笑いながら『そんことあけないでしょ!君に彼女いるみたい私なんかおばにはなんかなよ。きそうした

少し安心した気分になった

「もW君前を口説いたらどうするんだ?」と、重ねて問した。

は、浮気なんかしないわ確かにも一緒に事していて感じのいい男性だけど妙な関係なっそれ以、同会社にいられなくなるでしょ?W君はく私なんどういないわ。』リと否定されました。




「それならどうしてこのはオしならW君かべたんだ」のいに

あのが誰でもいいか・・なんて言うから他にんでなかたのよ。

のこの時の会話SEXるのにはマイナスの会話でした。

は白た感じでし

期待ずれ尿感じでしたうしても妻男にかせた気持ちわらた。



そんいを懐きながらヶ月過ぎある日の事でした

の会社僚が退職するというとで会としての飲み会にたのす。

夜中に私が妻をの店で車で迎たのです。

前で妻使帯電話して表でいると先にW君がてきたのです。

君は、以前に何度我が家妻の同仲間の皆さんとびに来ことあっので面識はあり

私が出迎えに乗って行った車は普が乗っているたのでW先で待っいた私に気がつきました。

W君か挨拶をされまして私は「こんわ。W君も今か帰る」と、ねました。

、駅の方にけばタクーがあますか、酔っっている様子調えてくました

妻は、まだら出てこなたので

が送ろ?それかに遊びにい?次会といことで?」

私は何かを期よう誘いました。

でも、○○さんがいって言うどうか分かりんから。」

と、W君は妻を識し事でしたけどその妻がやく店からて来ました

は、かなりていした


そこでWを家ったことを告るとはW君に向かって

「W君、遊びるの?だたら一緒こう!!まだ飲めるょ?

と、強引にWの腕をひいて車に乗ってきした

私は、酔った二人を乗せ家に向かたのです。

中にある作を私の頭中でげましたね。



手席、後座席にW君を乗せて私に向かいました。

様子をる空した

私の問けや妻の話にする普通の感じでした。

に着貿き、も家に上がり早速、妻がビーとグラスを用意した。

して、簡を用意して三人で飲み始めたので

、ここから初めて飲むお酒でした。

二人、た息をつかんばかりの疲れ様子でビール口にし始た。



会話弾み私もほろい気ってきた頃で

分酔たのか、いた洋服が堅苦しいの『私はシャワを浴びてもいかしら』と私達に言ってそそくさとバスルームの方に消えてしまったので

から帰すると直ぐにお風呂に入るのはいつものことたから何の違和ったです。

しかし私はの瞬間を帰りの車の中計算していまた。

も遅い時間でしたので、君に「ビオでもようか?」と、まる映画のオを鑑賞するかのよ誘ったのです。

W君は「何のビデオですか?僕は先、『ラスサムライ』を観てましたよ。」と、当然に話題自慢に語ってきた。


私は便、「それよりも、っと面白いものだよ。きっとWくはずのビデオだよ。妻には内緒だからね。い?」っているに妻のオナニーンのビデオを予告なしで見せてやろうとた行動に走りました。

W君は、酔いるのと私の言った「妻に葉の意味が理きない様子でた頷くでした。

それでも私は、ビデオテプをプレイにして、いきなり妻の裸画像がブラウン管に映し出たのす。


W君は「えっなんで?・・って、○○名前)ですかんで?こんなも・・・?」

時ばかりすがにW君も酔い眠気も醒めた感じで困した様子でした

は平然W君は妻年下だからオバンのオナニーなんか興味ないかな?もね、この妻は凄い事言うんだよ。」と妻の口から出るW君に対すンをっくり待ちまた。

私とは、沈まに妻オナニシーンのビデオをいると、やがて妻の口から

『W君チ○チン欲しアァーッ・・W君・気持ち・・もうだめ〜っW君・イク〜うっ!』

映像と簿声がハッキ目の前に映し出されたのです

妻が果てしまってビデオは切れた。

再びテレビの映像にに私はWをしです。



シャワーを浴びている最中に『妻のオニー稿シーン』デオをWせてした私はW君にある依のです。

は、真面目言い方でWを他の男人に抱かれているたい願望正直

ビデオにったようにW君のことは好感を持ってるようなので是非お願いしいことをまし

W君は、妻の同いう仕事場ではようだったので私依頼には困していした。

依頼に頷ことな妻がお風呂あが調ってきてしいました。



そこから再び、三人で飲むことにり私は二にビールら冷酒を勧めまた。

何杯かのを飲んでいた妻はかなり酔いが廻子でし殿

妻の様子を窺いながら私はもう一「ビデオでも見うか。」と、二人に言いました

W君勿論、そのビデオ内容がなのかは知してるであろど、妻は全く私葉に耳を傾けかんでし

程のビデオテープを巻き戻し再生のボタン思い切って押しまし




ビデオの再同時に妻はトイレに行ってしままし

ーの真っ最中の像とが再びW君した

W君はままで その映像を眺めていした。

そこへトイレか戻ってると『何しんのよーってよ!』と、いきなりったかとうと私の持ってリモコを奪おうとしました。

それを私は、阻止しようりほどきなゃないお前が思い浮べたWに見せてるだけなんだから。」、言返し稿した。

『恥かしからもうやめてとの妻を、押してトレナー上下に着替えていた妻の胸を揉みめたのです。

抗は、なりのものでしたけど、やがて妻を下着だけ姿にするのに成功しました。


の時です

テレビの音声かW君のオチ○チンが欲しい・・・』の声が聞こえ

私はその言葉とは自身のモノを妻の前に出しました

妻の口の前までっていくと妻は観念したのか

『分かったでも、私達ばかりなんて恥ずかしいからWにも服を脱いでもらって

と、間接的に言っました。

「お前がせてあなよ。」妻をかのように指ました。



ブラとンツの妻がW『W君、ごめんなね。こなオンだけど遊んでくれ?』と謙な言葉を言いながらのズボンのベルトとフスナーにをかけ始めました。

清楚な妻メージはく、W君も持ったのだと思ます。

しかし清楚な女である妻が他の男の股間やる姿はとも興られました

君も同僚である妻姿に興奮してボンの外からで膨らんでいるのが分した

あっという間に隠れていたそきなモノが妻の手によさらけになまし

黙っての反りったノを擦だけでたので、私はW君を気持ちよさせげた?」と催促しまた。

のズボンとパンツ、そてシャツを丁寧に脱がえてW君もとうとう素っ裸になりまた。

妻はし抵抗感がある様子でしたけど黙ってW君のモノ遂に頬張った



やっと念願叶ったちで最高興奮爆発状態でした。

になった妻は淑女から枚も枚も皮し感じした。

君の大きくなモノを黙上げて稿ようには

W君も妻の頭撫でブラの上から胸を揉てい貿

なかなかのブとパンツをがせようとしなので、私は妻背後ら妻を抱き寄せて一度、身を起き上らせのブラ外しした。

大きくも小さくもない妻の胸W君の前に露出ました

君は変わらず黙って見てけで



そし、いよいよパンがせ妻の恥ずい部分もW君の前状態で披させました。

私は「W君によ見せてあげよう。をもと開」と言いがら妻の強引かせまし

『ァー恥ずかしいわ。』とさくくように妻はみしめ、横を向たままかしい部分をW君に露わにたのす。

再び妻にW君をばせてあげなさい。


そう指をす、またW君方に行き、今度はW君の唇分のねていました。

『W君は彼女るんだよ?ごめんね、こんなゃって。私を抱くのは嫌

を配た言い方をしてまし


君は「んなとあん。僕は前から○○さことは綺麗な性だと思っていまし、今日は旦那の前だから緊張ししまって・でも、最高。」と妻をもちあげてい

がとう。だったらはW君に何でもわね。貴方もいんしょ?』

と私に問いかけてきた時はしだけ妻に感のようなのを感

私は「いよ。W君を思いっきりせてあげさい。」と、言っ様子窺うけにしました



を深絡ませていた二人はまま横なってW君の上に妻が覆いかぶさっていました。

妻は そのま身体を逆に向けW君チ○に顔を向けたと同時に自分のアソコをW君の顔に向けまし

君はのアソに顔をあてて丁寧に舐め始めまし

の男妻の見られて奮も最高潮でした。

お互する舐めあってると、今度は妻がまた身体反転させてW君のチ○を自分の穴に導き入れました。

既に洪水状態の妻その、簡単に大きノを飲みむようでし



その時です。

妻は『アァッ!持ちW君のオチ○チン本に欲しったの。いつもそう思っのよ。Wうな高よ。』

、妻の口湿が漏した。

、この時言葉は今でもハッキリ覚えています。それほど衝撃な言葉でし

は、W君の上に跨り激腰を上下左右ていまた。

この頃からは、君も気にったか、妻の動きにわせて先程までのとなしいW君ではせんでした

から妻を四つん這させてバックでしたり、横にさせて片足を上げさせながらのピスト運動を繰り返したりしていました。


妻は鳴をあげ乱れっていましたね。

時よりW君、好よー愛しわ。』の言葉は気になましたけど。



がてW君が妻の上になりそこから激しく突きはじめました。



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取らせ・スワッピング, 寝取られ,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様