2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

小5の時から肉体関係のある彼氏がいた

 




265 :あんコ・・・イシュツかな?:03/07/22 16:45 ID:8rllbmVg
両親が共働きあったため、私は稚園はなく保育園に通っていた。

育園は幼稚と違っまで児を預かる。

そして、給食のあとは2時間どのお昼寝があった

はその頃らませた子どもだっ。まもは、他のどもがわんとなくじるだ。

私は、自分言うもなんだ ませた男達かモテて

「延長保育」と言って、親の仕事等の合によって時間後も園を放する制度があたが、私はそれに該当する園児だった

そして、うな園暗くなり始める時間まで緒にんでいた


266 :あきおくんコピペ・・・ガイシュツかな?:03/07/22 16:45 ID:8rllbmVg
延長保育の時間、私は仲の良い男の子とよく遊んでいた。

女の子の友達は、みんな比較的早く帰宅していたのが理由だ。


ある日、たかしくんという仲の良い男の子がこんなことを言い出した。

「裏のさ、庭に行かない?」

私は快諾した。

裏庭は先生の目があまり届かず、ちょっとスリルを感じた。たかしくんに促されるまま私達は裏庭へ行った。

たかしくんは、私に「ちゅーしていい?」と聞いた。

私は「ちゅー」の意味は分かっていたが、なんとなく恥ずかしかったので「え〜?」と躊躇っていた。

しかし たかしくんは素早く私にキスをした。頭が真っ白になる思いがした。他人のくちびるがあんなにも気持ちいいとは思わなかった。

そして私達はすぐにディープキスを楽しんだ。


それから、たかしくんと私は、先生の目を盗んでは裏庭へ行き、お互いのくちびるの甘さを確かめ合う仲になった。


267 :あきおくコピ・カツかな?:03/07/22 16:46 ID:8rllbmVg
ある日、お昼の時間に私としくんは隣同士の布団寝ることになた。

明しておく園児らは それぞれ自の枕を置いてお、お昼寝の時間の前ると、その日の当番さが枕をンダに布団置いていだ。

そして その日、たたまと私の枕が隣にだのだ。

お昼寝時間は、先生が本を読み聞してくれる

な、すぐに眠につきには生もま一緒にって寝てしまう。

段から あまり昼寝間もけなかった私は、生の読み聞かせるが途絶、教室全体が静まかえった頃も ぱっちりと起きていた。

で寝ているはずたかしく方へ宿手を伸ばしてきた。

いたが、心何処かで喜た。こうなことをいた

私に たかしくいていた宿ようだ、私達けられた布団ので おいの身体あい始めた、パンツの


268 :あきおくんコピペ・・・ガイシュツかな?:03/07/22 16:46 ID:8rllbmVg
セックスについての知識は もちろん無い。

しかし、性器を触ることが いやらしいことであり、またそれが快感をもたらすということを私達は本能的に知っていたのかもしれない。

たかしくんは、私の割れ目を、私は、たかしくんの硬いものを、飽くことなく触りつづけた。

それ以来、たかしくんと私とのどちらかが枕を配る当番さんになると確信犯的に私達の枕を並べた。

もちろん、目的は1つだ。





269 :あきおくんコピペ・・・ガイシュツかな?:03/07/22 16:46 ID:8rllbmVg
そのうち、たかしくんは親の仕事の都合で引越し、もちろん保育園も退園していった。

私は そのことを少しだけ寂しいと思ったが、恋愛していたという訳でもなく、その寂しさは すぐに消えてしまった。

残ったのは、たかしくんとの「あそび」でおぼえてしまった快感への未練であった。

以来、私はそれが「自慰」であるとの自覚なく、オナニーを覚えていった。

毎晩、寝る前に性器を触るのだ。ただ、それだけだった。

やはりセックスの概念がないためか、性器を触るだけで満足していた。


270 :あきおくんコピペ・・・ガイシュツかな?:03/07/22 16:47 ID:8rllbmVg
小学生時代は、その園児時代の体験のせいか、性に関して とても強い関心を持った子どもだった。

そんな私が、セックスというものを初めて目の当たりにしたのは、小学校5年生の頃、友達の家で見たアダルトビデオだった。

友達のお兄さんが持っていたビデオを、面白半分にみんなで再生したのだ。

みんなは「エロ〜い」などと言い、ふざけあっていた。

私も もちろん軽口を叩いたが、内心はとても興奮していた。あんなにいやらしい行為があるのだ、と喜びさえ感じていた。

以来、私のオナニーは ただ漠然と性器を触るというものから、はっきりとセックスを意識したものへと変化していった。

同じ頃、私に初潮が訪れ、身体そのものも大人への変化を始めていた。

胸は、既にCカップあった。


271 :あきおくんコピペ・・・ガイシュツかな?:03/07/22 16:48 ID:8rllbmVg
近所には、毎日のように下校を共にする男の子がいた。

恋愛感情があった訳ではない。ただ、彼―あきおくん―は頭が良く、話も合い、また同じクラスということもあり仲が良かったのだ。

その日も、私達は一緒に帰っていた。

そして あきおくんは こう言い出した。

「俺、家帰ってから おまえんち行っていい?りょうくんと」

りょうくんとは、私が密かに思いを寄せていた、やはり同じクラスの男の子だった。そのりょうくんが、私の家に来る、と思っただけで単純に嬉しかった。

私は「え〜どうしよっかなぁ」と小学生らしい照れを見せながらもOKした。

そして約束通り、あきおくんとりょうくんは うちを訪ねてきた。

私の両親はそのときも やはり共働きだったので、家の中には鍵っ子だった私だけだった。


272 :あきおくんコピペ・・・ガイシュツかな?:03/07/22 16:48 ID:8rllbmVg
私達は、小学生らしく3人でゲームをしたり学校のことを話したり おやつを食べたりしながら時を過ごした。

片思いをしていた りょうくんと一緒にいる、と思っただけで 私はとても楽しかった。

しかし1時間もしないうちに、地域のスポーツクラブに所属していたりょうくんは うちを後にして練習へ行ってしまった。

あきおくんと2人になった私は、少しだけがっかりしながらも、残ったのが りょうくんではなくあきおくんであったことにホッとしていた。

りょうくんと2人だと うまく話せないかもしれないからだ。


コタツに入っていた私達はゲームを続けていた。

するとふいに、正座していた私のモモに、寝転んでいたあきおくんが頭を寄せてきた。

「ひざまくら、楽ちん〜」と言うあきおくんに、私はちょっとドキドキしていた。

男の子にひざまくらなんて、初めてだったからだ。


273 :あきおくんコピペ・・・ガイシュツかな?:03/07/22 16:48 ID:8rllbmVg
そのうち、あきおくんはゲームをする手を止めた。そして、こう言った。

「ねー、エッチなこと、したい」

一瞬、その意味を捉えかねたが、私はすぐにうなずいた。

エッチなこと。

保育園の頃よりは はるかにそのことを分かってはいた。

しかし、どうすればいいかは分からない。戸惑っている私のスカートの中に、あきおくんは手を差し入れてきた。

太ももをなぞり、パンツのゴムに潜り込む手。

私は正座していた足を崩し、絨毯の上に身体を横たえた。

あきおくんは、私のスカートをめくった。


274 :あきくんピペ・・・ガイシュツかな?:03/07/22 16:48 ID:8rllbmVg
「ん…」声が漏れる

、脱ごっか」とあきおくんが言う。

おくんと私こし、いの服に手った

学生のにとっ男の子に自分の身を見るのはとても恥ずかしかっ

し、ずかしさを越えるほど「エこと」へい好奇心が私を突き動かしていた。

ブラジを見たきおくんは、「おまえやっぱブジャー着けてるんだね。男てたからと言

火が出るほど恥ずかしかったがとうなず

裸の胸をられのが恥ずかしかった、下着姿のままコタツ中へ身入れた。

なんせてよ、おまえ、綿スで一番胸大な」

きおんがろから腕を回てくる。

きおくんも半身を露にしていたで、私達の裸の肌が触れ合い、その私の頭を狂わせた

あきが、ブラのホックを外す背中感じた


275 :おくんコ・・・ガイシュツかな:03/07/22 16:49 ID:8rllbmVg
して器用ではないそ手つきが、なんとお

「こうなってるとあきおくんは外しラをじまじと眺めていた。

んまり見いで」と言あきくんはう」と言った

そのとき初めてちびる重ねた。

育園の頃のたかしくん以口づけだったのキスは、すぐに濡れたもなった。舌を入稿れ、を吸い合い、粘膜の味を楽しん


随分長い間、していたように思うらいだったかは分からなとにかく、お互いのくびるを求め合った

そのうち、あきおくんの手私のに置かた。私は何とも言えな喜びをた。

あきくん くちを離し、代わの上腕立伏せをするように身体を起して私の胸におそるおそるづけた。

胸への優しいぐに激しい愛撫へ変わた。





276 :きおくんピペ・・・ガイシュツかな?:03/07/22 16:49 ID:8rllbmVg
ぴちゃぴゃ、音を立て乳首を吸われ、私ますま白になっていく自分感じ

に広が、じんとした。むずと落ち着きなくしていく。

ンツ中へ入れられる手よって、その居心地の悪いむずむずは解消される。

を求めていた。ずっと、誰触られくてがなかっ

性器に触れられるスリと快一緒くたなって私の身体に押せる。

「…ぬるぬるしてる

きおくん寿た。


277 :あきおんコピペ・ガイシュツかな?:03/07/22 16:50 ID:8rllbmVg
パンツを引下げられ、て あきくんも自ンクスをだ。

あきおくん腹部にくっそうなくらに起立しいる、とても 

」と言てあきおんは私の手を自分のそこへ導い

おそる触れると、それは私の手し余るの大きさだた。

しだけてみるとは硬弾力を持っての手に感じられた。

ゆっくと扱いてみた。皮と身との摩擦を私は能的に知てい

きおくんは、「、気持ちいいと吐息した。

お互いにしだ生えてる陰毛をつまんだした

あきくんは、私の愛液を自分のものの先りつけてた。

「そ気持いの?」と「うん、ぬるぬるしている方気持いい」と言た。


278 :あんコピ・・シュツかな?03/07/22 16:50 ID:8rllbmVg
クスは、ペニスを私のあこに入れることである、とは知ってい

しかときは、そのことがじられない思い。あんのこれが、私のここに入るは、も、本当にいやい行為のように思

セック、これを○○ちゃん(私名前)のここに入れることだよね」

あきおくんは言た。あんも知っいた。け、入れてこようとはしない。

ぬるしてたら気持ちいいから、ここ入れたら気持いいよね

私はそんなれて欲しかったれど、アダルトビデにも関らず、どんな格をすればペニスここに入婿か、私はさっぱり見当がつた。

ビデフェラチオしるところもあたのだが、はできなった。だから、入れらい、と思殿


279 :あきおくんコピペ・・・ガイシュツかな?:03/07/22 16:50 ID:8rllbmVg
「入れてもいい?」

あきおくんが訊いてきた。

私はうなずいた。けれどやはり、どうすれば入るのかは分からず、ただ寝転んでいただけだった。

「じゃあ」あきおくんが また身体を起こした。「入れるね?」

あきおくんの膝が、私の両足を割った。

あっ、と思った。「や、恥ずかしい」私は足を閉じた。あきおくんの腰を挟む格好になった。

「だめだよ、入らないじゃん。」

あきおくんは私の足を持ち、開き、膝を折った。あきおくんのものが、私の入り口に触れた。

ああ、そうか、こういう格好すれば入るのか、などと冷静な自分もいたが、私の頭の中は、あきおくんのペニスが触れた快感でいっぱいだった。

びっしょり濡れていた私に、あきおくんは抵抗無く入ってきた。

あきおくんが侵入し、私達の腰がぶつかりあった瞬間、快感は絶頂に達した。

「あ…」お互いのくちびるから声が漏れた。


280 :あきおくんコピペ・・・ガイシュツかな?:03/07/22 16:51 ID:8rllbmVg
何度か、腰をぶつけあった。くちゅん、と音が響いた。ぱん、と肌がぶつかりあう小さな音も。「ん…はっ…」と、声にならない声も。

しかしそれは、3、4度ほどだけだった。あきおくんの動きが止まったのだ。

あきおくんは、私の上に崩れてきた。

「だめ…イっちゃった…」

苦しい息の中、あきおくんはそう言った。

いっちゃったって、どういうこと?私は思ったが、口には出さなかった。

あきおくんは とても気持ちよくて、気持ちよすぎて動けなくなったんだ、と思った。


281 :あきおくんコピペ・・・ガイシュツかな?:03/07/22 16:51 ID:8rllbmVg
私の胸の上で息を上げているあきおくんを愛しく思い、私は あきおくんの背中を抱きしめた。

しばらくそうしていると、あきおくんが私の中からあれを引き抜いた。ちゅっ、と小さな音を立ててそれは私から離れた。

私も身体を起こすと、私の入り口からこぼれるものを感じた。

生理になったのか、とあわてて腰を浮かすと、白濁した液体が太ももをつたった。

「なに、これ?」

悲鳴混じりの声を上げると、あきおくんが「精子だよ」と教えてくれた。「精子って、あの精子?」あきおくんはうなずいた。

精子について、なんとなく知っていた。赤ちゃんができるときに、関係するもの。

けれどそのとき、私は「エッチをすると男の子は精子を出すんだ」という驚きが強く、妊娠の危険性についてはなにも感じなかった。もう生理のある年齢なのに。




>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:青春, 女性視点, 胸キュン,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様