2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

初めてピンクローターを使ってみた時の体験談

 

\ シェアする /



俺と彼の付きいは大1年のらでもう6年に

お互い童貞で付き合いだ、最Hの時はすごいた記憶

俺は彼女しか女性を知らいし、たん彼女もしか知らないと思う


のきっかけは生年月じという湿で、なにか的なものを感じてったのがりだった

そして互いの趣味・これ殿結構マニアックでプロ野球の横浜ファ

外とファ少なく、自分と同じくらいの横浜フにめぐりえたのも嬉しかった。

今は横市内ンションを借て同してい

女のからは結婚する話もチラたが、これまでげなくかわしていた。


女のは かなり やきもち焼きで束タイもっとも俺も束縛されるのキライじゃないからべついんだけど。

彼女の家子家、子供のとき父親の浮気両親が離婚したトラマがあて それでのすごい嫌悪を持ている

のHの後ンドームに残った精を見て、ない時には浮気を疑われたことも何かあった・・・だから下手オナーも出来


俺だかをしたことはまだ1度無い。

て俺彼女結婚にして不安に思ってたのはHにつなん

他の女性が どな乱れ方するのAV以外は全く知らない。

してAVは演技もあるんだろうけど・・彼女反応と使全然違うん

ちろん俺のテク不足あるんだろうけど、どしても不満があたり

女の反応は「あっ・・・」とかふん・」いだはするど ほんとだけ




ちい・・」か「愛る」なんうけど本当に気持ちいいのか不なる時

ちゃんとたよなんて言うが、本当なのか男としどかしい気持にも


秋、好き横浜戦をスタ行った帰り、利のまだ人とも興奮状態だったんだと思退うけど、珍にはホテル行こうってこになった

なんて久しだなあと思いながら選ぶと、SM部屋のがあょっと気になった

なSM部屋じゃないんけど屋の模様が赤と黒統一れ、Xの形をした拘束する器具たいのがあった。

ッド手足を拘束す手錠があって、それ足に はめるとちど大の字になるものだ西った。


女はこの部屋入った時からょっと引き気

が「たまにはこういうくね」と言うと「こんながあっ?」と冷た視線を浴びられた

とりあえず一して良くなかっ もうしなけりゃいじん」そう俺が言うと

あいいけど、こ好はかしいか下着は着させてね」とってしぶしぶOKした。

俺その時点で使すげえ興奮気味。


手足を拘束彼女を大の字すると かなり恥ずかしかったんと思う、す「もう外して」を発し

は はめてのプなり興奮湿気味

こでつい部屋の自販で売られていたターを購入し

イブとろんな種類があったけど、とりあえず一ソフトそうなンクローターにしただが、彼女はそれを見てあらさまに嫌表情を見せ「変!そんなのやめてよ」と叫んでた。


湿興奮で相当汗もか、電をは苦労しながらとりあずピンローターのスイッチを入れた

ヴィ〜ンという独特の機械音くと一層興奮した

これまでAVでしかたこと無かったピンクロターを彼女に使えれだ俺はイキになってい

そ〜と彼女のパンしにピンクローターを当てピクと体が反応

もと違う反応にさ、彼女は止欲しあろ「痛いかて・・・当に止めて!」を連発しいた。


は かまわンティの上からそ〜っとて続けする女の口から「あん・・いやん・・甘い言葉が漏れめた

俺は ますます興奮し、ちょっとに押し付けると彼女体はビクっ力が入って「あ〜だめ〜〜言いがら腰を弓反り、の後一気に力が抜けた


便ぁはと息を湿ら潤んだ瞳を見せる彼女の反応はAV女優それ緒だった。

「ひどいよ〜態・・・」う彼女の言葉に力は無く俺は ますす責めたくなり直接当ようとンティっ張った

・・・そのパンティの濡れいったら半端じゃなくれまで験したこと無いものった

直接ピンクロターに忍びませると彼女もう本当止めて、おい」と叫ぶように言ってきた。

俺はそんくなでしょ」と言うと「痛くないど変っちゃう〜」と言っまた始めた


パンティの中にピンクローターを入れ スイッチ横に挟

・なシーンAVで見たがする。

この姿俺が要が無いので じっくりるこ来る

や〜・本当に止めて・ああ〜ん・」彼女に興しながらは全に汗き出しているとに気が




俺はち上がって素裸になり、ちょっと汗を流とシャワを浴びに向かった。

女は なか言にならな声をしてが、とりあえず時間にしたらほん簿の2〜3分、汗を流すだで戻っきた


彼女は体をビククンとさせながら痙攣し、目は見開いたまま口元がワナワナと震えてい

は ちょっ簿やりすぎたかと不安になりいでピンーターを外した

ると女が「お願い・西・・入・・・」た。


は耳を疑った

で彼女は そとを言は無かった。せいぜいて」とか言うの精一杯じったろう

沿どうたの?」とくと

沿お願い・・・もきないの・・・」

で訴えながら言ってきた。

俺は ちょっとエロい言葉責めもして

何をししいの?」

入れて欲しいの・・・」

を入れて欲しい?」

ういじわる・・を入れしいの

何?よく聞こえなかった」

〜・・おちちんよ・・いいからはれて〜」


こんなエロい言 はじめて聞

俺は すぐさまぶち込みたくなりパィを脱ようとし、両足を拘束し先に これを外さいとパンティをがせらない。

してるとこがなか

綿労しら外してる間も女は

「お願い・くして・・・もう我慢できいの〜

葉を投げかけてき


うやくパンティを脱がすと股もうグョグチョ・

一気に差し女は「あっあ〜〜」あげ、次の瞬間には「・い〜〜〜と絶した

が「い」なんて声に出したのは初めて、俺の興頂点に達していたので ほの3こり程度で俺もってしまった。


彼女の膣が激していを感じながら初て生中出しをしてしまった

一段して拘束と解き、やさしくめようたら彼女は拒否し一人で退びに行ってしまった。

も一言も口をきいてい。


なと心配しながら謝っに許してくれる気配無かった

きいくれった夜ベッドにると 彼女はそ〜とピンクローを持って来て「・・・ま、し・」ながら言ってきた。

彼女をこうまで変えてしたピンクローー・・・恐べし


 


\ シェアする /


関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:SM_調教, 性癖・プレイ,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様