2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

初めてピンクローターを使ってみた時の体験談




俺と女の付きいは大学1年の時からでもう6年になる。

と処女で付き合て、最初のHの時はすい苦た記憶がる。

俺は彼しか女性を知らない、たぶん女も俺知らなう。


最初っかけは生年月日がじという事で、なにか運命的なものをじてたの始まだった。

てお互いの・・これが結構マニックでプロ野の横浜フ

と横浜フンっなくて、自分と同じいの横浜ファンにめり合たのも嬉しかた。

今は横ショ借りて同している

女のらは結婚に関する話もラホていたが、これまではさげなくかわしいた。


女の格は かなりの やきち焼束縛すタイプもっとも俺もるのキライじゃないべつにんだけど。

女の家は家庭、子とき親の気で両親が離婚したトラウマがあって そ浮気ものすごい嫌悪感を持っている

俺とのHの後コンドーム残った精液のを見て、少ない時には浮気をたこ度かった・・だ下手にオナニーも来ない。


んな俺だから浮気をしたことはまだ1度も無

て俺が彼女との結関して不安に思っていたHについてなんだ。

他の女性 どんな乱れ方すか、AV以く知らない。

AVはもあけど・・彼女反応と全然違うんだ。

もちろ俺のテ足もあるんだろうけどうし不満があったる。尿

女の反は「・・・」とか小さい声で喘いだりはす ほんとそれだけ。




時折「いい・・」と「愛してる」なんて言うけ気持ちいいか不安る時もある

「ちゃんといったよ」なんて言うが、本当なのか男は すいもどか尿気持なる


それが昨年の秋、好きな横戦を観にスタま韻でま二人とも興奮態だったんだと思うけど、珍くたまにホテルに行こうってことにった。

ブホなんて久しりだなあと思いながら部屋と、SM部屋というのがあり ちなった。

本格婿SM部ないんだけど、の模赤と黒で統一Xの形をし束する器みたがあっ

そしベッドにもを拘束する錠があって、れを手足にめるとちょうど字になるよた。


女はこ部屋に入った時からちょっ引き味だった。

はこういうのも言うと「こんな趣味があったの?」い視線を浴びせら

りあえ回試みてくなかっら もしなけりゃいいじゃん」そう俺がうと

「まあいけど、の格ずかいから下着は着けさせてね」言っぶしぶOKし

俺そのすげえ興奮気味


束し彼女を大のすると かなかしったんだ思う、すぐに「もう外し」を連していた。

俺は はじめてのプレイにかなり興奮気味

つい屋の貿れてピンクローターを購入し

バイブとかい種類があったど、とりず一トそうピンローターにしんだが、彼女はそてあらさまに嫌悪の表情をせ「変態!んなやめてよと叫でいた。


奮で相当汗もかいていた、電池をはのにも一苦労し綿がらとりあえずピンクローターのスイチを

ヴィ〜ンいう独特の機械が響くと一層興した

これまAVでしかかったピンクローを彼女に使と思うと それだけ俺はイキそうになってい

そ〜っと彼女のしにクロータを当てとピクっとが反応す

もと違う反にさに興奮が高まが、彼女はめていのであろうから止めて・・・本当に止めて!」を連てい


俺はまわずパンらそ〜っと当て続けたると彼女からあん・・・はん・・いやん・」なと甘い言葉が始め

俺は ますます興奮し、ょっと強めに押し付けると彼女のビクっが入って「ああ〜だめ〜〜がら腰を浮かせて弓反りになり、気に力抜けた。


ぁはぁと息をしなが んだ瞳を見せる彼の反応AV女優のそれと一緒だった。

ひどいよ変態・・・言う彼女の言葉に力は無く、俺は ますます責めなり直接てようとパンティ殿を引っ張っ

綿パンィの具合とたら端じく これまで経験したと無ものだった。

接ピンクローターをパンティの中にび込ませ女はもう本当にめて、お願ぶよ言ってきた。

俺はそんなに痛くなでし沿ょ」と言痛くいけ変になちゃう〜」と言てまたピクピし始め


ィの中にピンクロ入れ スイッチはパンィの挟ん

・なんかこんなシーンをAVで見た気がする

状態俺が付ける必要が無いで じっくり観察るこ出来る。

〜・本当に〜・・・ああ〜ん・・・」と悶える彼興奮なが、俺は全汗が吹きしているこに気が付




は立ち上がっになり、と汗を流そうとシ浴びに向かった。

は なんか言葉にならな声を発していたえず間にしたらほんの2〜3分を流すだけで戻ってきた


彼女体をビクビクンとさながら攣し、目は開いたまま口元がワナワナと震えていた

俺はょっとやりすぎたかと不安にり急いでピンクローターを外した。

と彼が「おい・・・入れて・・と言きた。


俺は耳を疑った。

れまで彼女は そんなことを言ったことは無かっいぜまでは来て」とのが精一杯なかっか?

が「ど」と聞くと

「お願い・もう我西きない・・

と潤んだ瞳ながら言ってきた。

は ちっとエロい言葉責めもしてみた。

「何をして欲しいの?

・・・入欲しいの・・・」

「何をれて欲しいの?」

「もうじわる〜・・・を入れ欲しい

殿く聞こえなかった

もう〜・寿・おちんちん・・もいからはやくれて〜」


こんなエロ言葉は はじめて聞いた!

俺は すぐち込みたくパンティをせようとしたが、を拘先に これを外さパンティ脱がられ

奮しいるとこがなかな外せない。

がら外している彼女

・・早くして・・も慢できないの〜」

甘い言葉げかけ


うやパンティがすと股間うグチョグチョ・・・

湿込むと彼女は「あっあ〜〜をあげ、次のは「・いく〜〜〜」と叫した

彼女が「いく」なて声に出したのは初めて、俺興奮も頂点たので ほん3こすり便度でってしま


しくいるのを感じなが初めて生しをししま

一段して彼女拘束き、やさしく抱きしめとしたら彼女は拒否人でワーを浴に行っしまった。

帰り道も一言も口をきいてくれい。


るなと心配ながら謝ってに許てくれかった。

丸一日口をきてくれなか、翌日夜ベッドにると 彼女はそ〜っピンクローターを持ってて「、して・・・」とれなが言っきた。

彼女をこう変えてしったンクローター・・・恐るべし!

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:SM_調教, 性癖・プレイ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様