2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

娘の幼稚園の担任とセク●スしてしまった




私は8月に入ると、嫁さんと子供嫁の実家に送って数泊し、その帰りにち寄って私だけ>当嫁公)帰るのが恒例にっていた。


前のこと。

で仕事)暇だったの、いつもより遠回だが良い露天風呂のある温泉地行くことた。運良く宿も取


私は、数種類る露天風から一番離れたろにる「迷わ選ん

そこ脱衣場は別々だがは全くのオープン少岩ある高台ので見晴らしは最高

湯は鉄分を含んでいのでかい(所謂金泉浴剤ゃない>


は独身時代かよくの露天風回っていた混浴があるは必ず混浴にった

別にエッチなことを期待したわけではなしはあるが・・)

このひとの裸付きいや応を人間ウォッチングるのが 楽しいからでる。


夕暮れ食事前に客は夫婦一組、40代位の男性4人、5〜60代のおん3人だった。


私(30代前半)が入ってゆ(湯み着などはつけ)男性のがっかりした応と、さんの刺ような視線が注がれ

いつも通反応な』と思いつつ俺は婦のに座った。

の無い挨拶をして しばらく色を楽しんと、男性が我慢限界だっしく「たまらん、た」といて上がってい

おば便さんちもぼせたか岩掛け隠そ宿もせず手で扇でいる


しばらくて、脱衣で若性のした。

はり私の経験上、若い女性は降に場合いようだ

また、若い女の場合で非常にオープンなタプと羞恥塊みいなタイるようだ。

さっきがった男性陣に同情しながらも、私はてくるを待った

性はオープンなタイプの3人った、一人は然隠そうともずタオル肩に掛けている。それを観て老婦のご主人が愉快そう笑った。


女性たちは何の躊躇くジャボジャ湯に入ってきた湿ちの一人が、私て「ギクッ」とした。

若い一応)男性が居るのてビックたのと思ったので知らん顔をして景を眺め

しか薄暗くてり難いもその女性はずと私を気してるようだ

は多少気悪くした睨みと振り向い。私もクッとなった。


れはの幼稚園の担任ではない・・


直におう、私頭の中は一気にードにてしぜな私はその先生が「寿だったからで


先生)は上の年中のとき人で入ってきて担任の補助としてクラスに来た。婿

PTAのしていたが、からにつのクレーム出たので行った




そのきの担任は あろう事かK先生に責押し付けて知顔をたので、の彼女は泣いてしは狼た。

かし、どうても無いので、逆に担任を撃した。

そのうやK先生に感情入したらい。


生の容姿は顔は非常好みの分れるとこある。

ピィーケイちゃんえが古くて申しない)をくし感じですると10人半数不美人」というかもし。し私のツボにはトンピシャだっ

スタイルは背は低めで胸を除け少年のような、余分な贅肉が一切無い稿のアユのな体型だった。

この春から下の娘の担任になったときは正直嬉しか


のK先生が裸で目の前にいる。そ考えただけで私は湯かられなような身体の変化をきたした。

ん振りか悩んだが、K先私が気いた判ると「なとこでおいするなんックリですね」と無邪気に言ってペコリとを下げた。

はドギマギして「え、えぇ・・」と答えるのっとだた。


が気づいてK先生ごちゃごち言ってる。「ー」「うそー「超マズイ」?「いけいけ」とか色々K先いる。

このたまれなくなって必死で身体の変化ると おばさんが上がるついてげるよ出てしまった。

ろでは、性たの笑い声が響いている、なぜか私はそて、浴結ぶももどかしく宿に帰った



その温泉は所「外湯」で宿施設は数箇る。

何処に泊まってるかくらい聞いとけば・・・。と思が後の祭り

っと考えてい、やはり僅かな可能性にかけてもう一度露天にことにした


時間は10時を少し回っていた。そこの露風呂は一応「風」10時以禁止たが、別に鍵がかかるわけでく自由に入れ

私は露天風までの道中K先生に逢わないとキョロキョロ不審物のようた。

に入ていくと人気配がして「バシャバシ」と慌て子。よく観る中年のカプル(夫婦にい)だった。

気から私が”邪魔”をしたしく女性の方が満そうで男性がなめている女性さっさと出て行き、男性がてい稿


りになった。

はアルコール全然ダなので、温に入時はスポーツ飲料を持っ多いながら半ば諦ていた

の時「○さん意に後ろから声を掛けられた

ックリしてり向く生が立っいる(浴衣のまま)

「さっき歩い部屋から見えたので、もしかしかなってした

は その言葉を聞いて期待UPしたが出来平静にそうなんですかっきは驚きましたく温泉とには来られるですか?さっ はお友達?・・・」

先生には答えず「私も入っていいですか?」

私はあまりの急展開に臓が口から飛びそうったが、やの事で「え、どうぞ、でもいんでか・・た。

すで脱衣場にて歩いた。



しばらくしてK先生先ほどよりらいってタオル縦にして胸とを隠て入ってき

お互いスッポンポンない調

どうするかと思ったが そこでの理性がささきかけた

ちょっと待て!シュチエは最高が相手は子供”担任だ変に期待して行動ししたら取り返しがなるぞ・・・』


K先生は手ばしてギリリ”届ない”距離にった

れを戒」と受け取ったので がっりしが、そうなれば今は悪いイメージ持たれるのでい人」演じなければならない

来るだけ心が相手に見えないように気使った。


代の友達な

温泉会人にめてですけど学生時代あの子達4〜5回きました。

もあの子達に振り回されですけど なんか気うんすよ。

さんいらしゃるんで貿


きは気がつかなかがK先生からがする。方もしたたどしい。

たしも、独身時代から趣もっとも一人旅の貧乏旅行でけどころで、お友達来ないですか?」

私は一応 確認しこうと思った。



「あー、一人は酔いつぶて寝てます

一人は なかカコイ男の子が居るからてさっき出て行きました。

子はい ああなんですよ、きはは

つも人しジが饒に喋のを聞て意外なあるものだと変に感てした。


その時 新しい

暗くてハッキリしないが どうやら若いカッルらい。

私たちの存在気がついだがかまわずに少し離た岩陰の方に行った。

私たちは相変わ以前行ったや幼園のことをしていたが、しして岩陰から微か息遣の荒さが伝わった。


私は正直なぁ〜と思た、この雰囲気に耐えれなら どうしよう・・・。

K先生もってまった。

田舎の山の中温泉、しも夜、辺りはシしている

多少離れていたが聞く気はもその「声は耳に入ってくる。

く感じたが多分10分くらいでその声は山を迎えて止んだ。



からそのカッ゚ルはぐった女性を性が支えるようて行っ

--------

「○さん」K先生が沈を破た。

「はは間抜けな声出した。


「あの〜スミマセンこいあるジュー少し頂いていいです ずっと浸てたら のぼせてまっ気分悪くなしまて・・・」

へ?あぁい、大丈夫ですか?」

私が差し出と、K生はけた瞬いきなり「吐きそうと言い出した

姿に もどされる簿のは まずいと思って横のを指差して「あっちで!」と叫

K先生は「もうだめ」いっえたので 私にK先生の身体を抱えら引き摺りだした。

と同に先出した(食中の人申し訳ない

私にも多少「とばっちりが かかっ今はそれころではない

ーゲやってる先生のを摩りながら分のがる酸っぱさを我慢すが精杯だった。



してちょっ落ち着と私は状況が とんでいことに気づい

オルえ持ってなく目の前に居

もタルは左手に持っいたが前せる状態は無く しも右は背中しにろ直の肌に触れいる

いうでなけば、茶苦茶H状況はないか・・!


やっと事で落ち着いか 先生だ肩で息をしながら顔涙と鼻水ゲロで゙チャグチャは さすがに私でも「引いた」がK先生タオルを絞ってきて拭いてあげた。

K先生は「マセンスミセン」を発して

私はK先生丈夫そうのをみて湯船の岩に腰掛けた

K先生も顔いなが横にった、今度”届かない”距離なかった。


ご迷惑をかてしまって・・・。

生は退ルでえながらということは他は丸見え)いった。

「いええ とんでない収まましたか?

「突クリでしょう

かな飲まれました? 

そぉなんっ払うと大胆になりま、まんなことするなんて・

「はぁ・


「向うは気づいいとすけど、た。結構激しかっですよね

?」

が合わな・・・・

「もしかし××のやつ今のと覚て無かったりして・・」

ぇ!


何の話かと思っ、どうらさっカッ゚ル女性は生のった

夕方以外の顔をる余裕も無かったがオルを掛ていた方だ


は さっきのゲロぎで すっかり身「反応」が収まっいた、K先の言でカプの事をい出し、急激に膨張し始めた。

『ヤバ』とったが どうようもない、両太ももに掛たタオルん中見事に突き出してまった。

あ〜」K先生はたずらっぽく、手を伸ばしてき

私は身を固くしたがK先は直接れず、その突起ようにU字に手を動かしなが

コレはさっきのこ?それとの為ですか?」とて覗き込むように私眼を見つめてから閉じ

は、今ので「父立場」「男の本能りもていた ここに至て聖人に徹っるほど悟りは開いていな

わずかばかりの理飛んでい、思わず唇をねた


酸っい匂いが突いた。

私は舌を絡とを躊躇したので、しばらく中学生ようにどうを ひっつけたままにしていた。

K先生の腕が首にきつてきた、力が入り唇が押しつぶされと同時K先生のが入っきた、はしかったアルコール臭い。

私は むせそうになるを我ながら、このまでは導権」を取られると思っ胸に手をした


K先生の胸体つから観るとかなり飛び出しった感じは内のさん(Cプ)と同じか少し小だった

しかし」は全、嫁さんの熟れた感じもそれれでよだがると押し返れるような、若いかいって「はない感触、

私はれをむように、K先生の二つのふくら弄んだ

生はゥンゥン」犬が鼻を鳴らす出した。

ピンク小さな”ポッチ”に触れるたびにピッピクッという反応が私の興奮高めた。たまく愛しい


湯船のは もたれかかるとろがので一旦船にかりて私K先湿生の乳首を口に含んだ。

K先生仰け反りなら私のを掴み ぎぎゅう自分の胸に押し付けので私はが詰まったが、それも舌乳首をがし続け

K先生行動はったが、反々しかった

「開発」されてないのかいつつ私は手を湯のなか入れていた。


K先生の硬だが面積の小さい掻き、ピッチリと閉いる小陰唇を中指でし開けくと明らかに お湯ではない粘りのあが指先にり付くる

「はぁ〜」とK先生はためついて、私頭部に爪を立てた。

指を屈伸させ何も先生のスジを縦になったがそのメリお湯で洗い流ことは無く奥ら奥からどんどき出してくるようだ

私は先生の「一番部分」に触れた、




>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:興奮したシチュエーション, 野外・露出,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様