2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

サークルでの6P




ルメン初日の出を見に行こけたきのと。

メンバーは俺男4人と女2人。そのうち人は俺の彼女だっ姿。 

といってい始めたークルの仲間にも知らない。

うせだら、明日の旦にみんなに発表しよと計していた 

車はおやじから借りたデカクスで、の運転は俺とうことに

時間見込に出したのだ、途中の速で事故渋滞に会ってしまった。電光掲示板の時間は復旧の見込みが立ないいうの横線表示。

んの殿っと移動はピタっ止まるとが続

にいたらは、ぶーたれていたが、とうとう痺を切、現つ間用に用意して酒を飲み始

当然ないので、運転席ったままろの話に参加して

の連は酒がに連れて、女やのS子にちょかいをかけ始ていた。

S子もノリがいいで、少しくらいのおさわりは許容するプだった

付きからったから、俺もやきしつつ静観していた。(女はこちにと、"ゴ"といしぐしてくた)


間くって起こった

が少ち着たとき、彼女ののS子がおろに俺に向かって聞いてきた

ー、まだ動ないのー?」

「まだ全だめだなー」

「マジー?ア退タシれそうなんだけど

いおいマジかよ」

実はけっこヤバかたりして。

クルマん中寒いし

冬の大日。

間は時を回ってた。

ターはガンガンにつていたボロいクルマだたので、綿までいてようだった。

「ん追いし車線にい、見てのとおりタっと止まってるからどーもねーよ」

えー?なんかしてよー」

後ろの連中もとSり取りたみたで、子をしためた

子、こでしちゃえよーw

「俺達ちっともいぞ」

ゴールデンシャーシの始まデーww

ょっと、ざけないでよ、マでやばいってば、あーもー出るーっ。


クルマを汚しら、俺がおやじに殴られる。




内でした許さん」に言った。

「だってアタシじゃ、A美彼女名前ってやばでしょー?、ね」

と、Aは「・・うんちょとヤバい」となが返事をした

マジかよ!?

外でするのに見られるよな」

れにこの気温、湯気が出てレバ

西なのヤダー!A、どおしよー」

どうしよれても・・」「ー10秒も湿ない!」

あせる彼女男連中かに楽しんでるようだった寿

、こ寿とき、俺はローブボクスからひそか退レを一つだけけ出していた。

S子方が余がなさそうので、S子が処理した後、 レを見たふりをして、美に渡そうと思っていた。

S子にはすまんがのおしっ姿を他のやつに見らしゃくだった。

「まーしゃねーこのペットボトルーよ」と一人がさっき飲み終え口径の大なペボトルをり出た。

嫌がる二人に対して、余裕ぶっこの男性陣

全体ねくねさせながとうとうS子が観念した

じゃ、貸便向こう向てよ

で、ぼさにでき婿の?絶対にムだね」

しなで、伝ってやるって」

・・もう!わかったわよ!」

キングを下

"よっ、S子すまん!A美、あちょっとの我だ!"

ころが、パティーに手をかけたき、S子のピタ、と止また。

やら、まだ躊躇してるだ。

〜〜〜!(言葉にならないう)A美!A美も一緒にしよ!

にー!


ね、お!A美宿一緒なら、できるから!

美もなんだよねこのまらすのはヤだよね!ね

"ふざけんな!S子、一人でれ!もう少し我慢!"

俺の尿んな思むなしく、はしばら考えた

った、しよっ」した。


算だった。

携帯トイレを出たら、漏れ寸前のS子ってしまうだろう

A美足をもじもじさせてるといえ、S子よりは裕がよう見える。

ありがとっ」と言っはパィーを即座にろした

「ほらっ、A美もはやくはや

は少し躊躇が、すぐジーパンぎ始め

"やろぉぉ〜!"

の心の叫びもむなしく、美の白く形の良い尻があわにな

S子A美もに、運転席に背を向使けていたので、俺からは尻が見、後ろの男はA美のマン宿が見えいるだろう。

"ちくしょう、A美のマン毛やが・・"俺は心の中で地団駄を踏んだ。

だが、こ、マころではないことが起こるのだった。

「で、どういの?」

尿スタンバイ状態のS子が言っ使

「まず、部座席をいっいまで後ろ、背れを少し倒せ、あー、い、いい、俺らがやるから

キパキ備す男連

間も俺はA様子を伺っていた。


A美は「恥ずかしいよー」を連しながら、下半身をモジジさていた。

「さ背もたれに向かって、座席の上に正座るようにって

「こお?」言われたとおりにるS子

「そしたら、お尻きだして、・もと、お尻上にあげて、もたれ頭をつけうに低して

は言われたとおり、座席を飛すように突きした。

「うそーっ、んな恥ずしいカッコするのー!?

子を見ていたA美が思ず叫んだ。

無理無い。

、S子の尻は目いぱいつに割れて、肛門が丸見えの状態だ。

マンコはなっない

しかんなとを気にしてられなくら極限状態らしく、さし寿て気にとてないよ

「ほらA美もはや

A美ぶしぶ、S子の横に同じうにじようを突き出

早くよー!もう限界ー

えるペットボトを持った いつのまにか手にもっていた小マグライトでS子のマンコを照らした。

大陰唇はいた

ょっと!こんなときふざいでよっとS子



だって婿暗くて見えないんて。・おー、S子マンコまるみえー

「あーん、もーや

ライトで照かげで、俺子のちっと多マン毛くりマンコが丸見になった。

子のマンコれいなピンク色俺の持っていた退遊び好のイージよとは違ってい

俺は、友達して付き合いの長いS子のマ初めて見て、少からず勃起た。

かし同時に、な予感を感じ

"まさかA美も・"

S子の尿道口を確認しペットボルをマンコにあた。

「ねい?してもいいの?」

あせながら聞く。

「いいよー」とA

「いいね?出よ?・・・・出るぅ・・・。

ト・・タタ・ジョロジョロジョロ殿

ペットボトルにれ込子の放尿の音が車の中に響渡っ

はぁぁぁ

婿の声を漏らすS子。

、ペットボトルのはずさないに、イトを当てながら男性陣は、トにらされたSのマンコと尿から勢いよくくるおし綿を固唾んで入っていた。


意にS子の近くにいたMが口を開き

「しし、速の真ん中で、に尻突きしておこしてるなんて、周のクマの誰も思わねーだろー

そういいながらS子の尻なで始た。

さくピクっと反応し、「あんっ・・・・っ」とかわい声を立て

調子付いたMらにS子の尻なでまわし始めた。

・・・・やだもうっ・・・動けいんだからっ!」

イよねー、んなやらいおを見せられゃあ」とMが言った。

付きってる気のあっ女友が、車内いう密生尻突きて放尿姿さらけ出して

かも お互い酒も入って、これで何もらない方が然だ

を見て、TもMと一緒にS子の尻をなでまわし始めた

「あんっ・・・や・・・・・・あ!・どこ入れてんよっ

TはS子のナル指を入ていようった。

れにしても、が終わるまで何をされてもを動かさいS子は意外と律儀であ


くおしっこわり、AがペトボトルをS子離した

すかさず、Mが背たれをっぱで倒し、S子押し倒すよ後部座に移動させた稿

やーっ・・まだ拭い・・」どらMがS子の唇をたようだ。

Tは向けになのマンを舐めてい

そのて、俺は、以上ないらい起していた

「あんっ!だめぇ!」

S子とT、Mの行稿ていた俺は、A我に返った

A美は既に放尿を始めてい

S子と同じにAにペットボルをンコに当てられていトは当てられていなかった。

は我慢できかっのか、空た片、A美の尻をなでてようだった。

指を唾液でぬらし、A美のアナに指を入れるA

「ああっっ・・沿こだめ美が反応する

A美のアは性感帯だた。

気に心臓が綿クする俺。

(やめろっ!)と言いけたとき、意にがこっち向いて「おい!ぇ!と前見てた。

てて前をを踏みクリプでんでいたルマが前の車にぶつかり湿うになってい

慌ててブむ俺。

「きっ」「わっ」といとA簿が聞こた。

あぶねーあぶねー・・ちょっこぼれたかもな」とAの声。

俺は、度はサイドキをちり引後ろ振り返

ょうA美の尿終わところだった

Aはペットルのを取ろと、美からはれた。

"今だ!"



俺は席から身を乗り出し、体勢て直そとしA美のウデをつか半ば強に助手席に引っ張り

トボトルの蓋を締めた美が手席移動したとに気づき「あ、ずっこいと俺に言った

「る!Aんなよ!もうこれ以んな!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・マジー!!?」

間抜応したAは後部振り返っ

「おい、○(俺の名前)とA美がでちゃるゾ!」

S子た行為を中断て、にこ見た。

「ほんとかよ!?い間に?」



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ, 乱交・複数, 寝取らせ・スワッピング,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様