2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

彼女の態度が社員旅行以降おかしい

 

\ シェアする /




290 :山梨旅館 ◆onIGYCI0cc :04/01/26 01:06 ID:VFert/7X
一応トリップ付けてみました。

4年前の話。

おれが会社に入社して5年目の時、短大を卒業したばかりの由紀子がうちの課に配属された。

まだ二十歳そこそこの由紀子は、男ばかりの職場にとって花のような存在だった。

顔は普通よりちょっとかわいいくらいだったが、スタイルが抜群によかった。

特に大きい胸と、くびれたウエストのギャップがたまらなかった。



291 :山旅館 ◆onIGYCI0cc :04/01/26 01:08 ID:VFert/7X
当然女はチされ争率はったが、れは猛にアタックした

の甲斐あって、2ヶ月ほしておれ由紀子は合うことなった。


だ、一つだ由紀子には心配な事があっ

というも、は酔うと場れや質だったのだ

本人も「飲Hな気分になる」と言っていた

めて由紀抱いた時、二で飲みに行りだた。

もちろん本人もこれじゃいけないと覚しているら「信用でき飲ま言っ

際会飲み会でも、酒は一口にかった。



292 :梨旅館 ◆onIGYCI0cc :04/01/26 01:09 ID:VFert/7X
に由紀子体は像以上だっ

て白い肌、仰向なのに形崩れな乳房。

かも由紀子は感度もよかったまあ酒と思う

ばらるとと由紀子は内で公認の仲となっ。隠すもなかったし、なによりもおれが心しかった

結婚お互いにえてた。仕事も顧いてきたし、何もかもが当にいっていたそう思ていた。



293 :山梨旅館 ◆onIGYCI0cc :04/01/26 01:11 ID:VFert/7X
というのも、この頃からうち課の木沢部長が、由紀子に対してセクハラまがいの行為をしていたのだ。(木沢はがっちりとした体躯に浅黒い肌をしていた。

昔、柔道をしていたらしい。

そして、42歳という若さにして部長職に就くほどのやり手だった。)

当然おれはこの事を知らなかった。

まあセクハラと言っても、せいぜい肩に手を置いたりする程度で、あとは「食事にでも行かないか?」ぐらいのものだったから、由紀子も油断をしていたらしい。



294 :梨旅館 ◆onIGYCI0cc :04/01/26 01:12 ID:VFert/7X
便紀子が入て、半がたった秋。

の事件がおきた。

それ社員旅行で山梨の泉に行った時のこと

旅行当、3台の観光バス 向かった。

抜けたようなめぐりると旅館でお約束の宴会が待っいた

総勢60人ほどのったで、も騒がした。

に入ると、子の姿さがした。

(お由紀子は別々のバスに乗り込ら、まだほとんどしていなかったの




295 :山梨旅館 ◆onIGYCI0cc :04/01/26 01:13 ID:VFert/7X
すぐに末席にいる由紀子を見つけ衣姿が色ぽかった

しかは困ったよしていた。周りで騒ぐ男連中が原因だろ

それを見て一瞬騒ぎをおぼえたが、その連中、由紀子とおれが付き合っている事そして彼女が酒を飲めな事を知ていたので、無理にすすめる奴はいないだろと思っていた

れも酒を注がれて忙しく、なか由の方に行けなかっ

そうこするうちに疲れ伝いという間に酔いがまってぶれ



296 :山梨館 ◆onIGYCI0cc :04/01/26 01:14 ID:VFert/7X
おれは気くとていた。時計ると1時を回っていた

まだ頭がグラグラしていた

ばで僚が麻雀をしてい

おーたか」声をかけら、断った沿

まましていると、ふ由紀子のを思い出し

由紀かもう寝たのかな?」

同僚に聞くと

「ん由紀子?そういえば途中で気持が悪くなたといた。」

しく飲んでたからな。と返っきた。



297 :山梨旅館 ◆onIGYCI0cc :04/01/26 01:15 ID:VFert/7X
、酒飲んでたの

ドキリとした。


もその後、旅、普会うことのない課の女子事務員がいるからき合いでちょっ んだろうと考えた。

が一応配になたおれ、由紀子の部屋向かた。(うちは女子事員が少ないので、彼女たは一人部屋与えられた。)

屋に着くと、鍵られてい尿

っぱり寝のか・・・思った

がこの時、ょっとムラムラしてたおれ

こしてやゃおうかな

と思い、しばらくを続てい

すると、隣屋のアがガャリ開いた。

そこのは沢だった。



298 :山梨旅館 ◆onIGYCI0cc :04/01/26 01:16 ID:VFert/7X
「何時だと思ってんだ?うるせーぞ」と怒られた。

そして「もう由紀子寝てんだろうし、お前も寝ろ」と言われた。

さすがにバツが悪かったおれは、謝ったあと部屋に戻り、やる事もないのでそのまま寝た。

もし、木沢が由紀子にセクハラをしてると知っていたならば、無理やりにでも木沢の部屋に入っただろう。

だがこの時はそんな事思いもよらなかった。

部長だから一人部屋なのもおかしくないし、それが由紀子の部屋の隣だとしてもたまたまだろう。

この時のおれは、まさかその部屋に、由紀子がいたとは夢にも思わなかったのだ。



299 :山 ◆onIGYCI0cc :04/01/26 01:17 ID:VFert/7X
次の日から子の様がおかしかっ

話しかても生事だ、すぐに他の事務員ろに行ってしま。なんかよそた。

それでもの時は、「昨日ロクもしなったしるのかな?にしか思殿なかった。



300 :山梨旅館 ◆onIGYCI0cc :04/01/26 01:19 ID:VFert/7X
だが、旅行が終わったあともその態度は続いた。

それはよそよそしいというか、ハッキリ言えば避けられている様な感じだった。

食事に誘っても断られ、仕事以外の事は一切話さない。

そんな状態が一週間も続いた。



301 :山梨旅館 ◆onIGYCI0cc :04/01/26 01:20 ID:VFert/7X
いよかしいと思ったおれは、

子おかしい?今日の夜、おまえんち行くから。ろよ

ば強約束をし

らくの間があっ

・分かった」

と由紀子が返事した。



302 :梨旅館onIGYCI0cc :04/01/26 01:22 ID:VFert/7X
夜、おれ引先か自分の家に直帰し度をし由紀子の部貿屋に向かった

頃つ、由子の部屋はかりがついた。チャイムを押紀子がきた

やはり様子が変た。

とりあえ部屋入ると殿単刀直入いた。

「・・あのさ、んかあ?」


すると、思いない事を言た。

・・わを、フッてください。」


して子はペタ座って泣き出




303 :山梨旅館 ◆onIGYCI0cc :04/01/26 01:23 ID:VFert/7X
まったく意味が分からなかったおれは、「なに言ってんだよ?」「全然意味わからねーよ」と言った。

由紀子は「わたし、あなたの彼女の資格、ないです」「別れてください」と泣きじゃくるだけだった。



304 :山梨旅館 ◆onIGYCI0cc :04/01/26 01:30 ID:VFert/7X
この時のおれは、最悪な事を想像していた。いや、実はうすうす気づいていた。

最近の様子を見て、たぶんあの日、由紀子の身に何か起きたのだろうと。

おれは何があっても動揺しないよう自分に言い聞かせた。



305 :山梨旅館 ◆onIGYCI0cc :04/01/26 01:31 ID:VFert/7X
小一時間もすると、由紀子はポツリポツリと話し始めた。

それは、あの旅行の晩、木沢にされてしまったという内容だった。

覚悟していたとはいえ、相当ショックを受けた。

おれの由紀子が?あの木沢に?凄まじい怒りがこみ上げてきたが、由紀子の手前、ぐっと堪えた。



306 :山梨旅館 ◆onIGYCI0cc :04/01/26 01:32 ID:VFert/7X
そのあとおれは、「由紀子を愛してるし、結婚もしたいと思ってる。この気持ちはどんな事があっても変わらない。」「だから、どうしてそうなったか全部聞かせてほしい。」と言った。

何度も何度も「一回だけの過ちなら、気にしない。」と繰り返した。

気にしないというのは嘘だけど、由紀子を失いたくないと言う気持ちは本当だった。



307 :山梨旅館 ◆onIGYCI0cc :04/01/26 01:33 ID:VFert/7X
最初は首を振るだけだった由紀子が「木沢が知っていておれが知らないというのが我慢できないんだ」「おれの事を好きだと思っているなら、教えてほしい」「・・・覚悟はできている」と言うおれの言葉に、徐々にだが、あの晩のいきさつを話し始めた。

それは要領を得ないしゃべり方だったが、詳細をまとめると以下のようになった。

(最初に断っておくと、書かれている内容の半分以上はこの日ではなく、後日聞きだした。)



308 :山梨旅館 ◆onIGYCI0cc :04/01/26 01:34 ID:VFert/7X
の日、宴会でくさお酒飲まされた。特に部長がすめてきた

らくすると気が悪く。部屋ろうとすると長がた。

いている、さらに酔いがまわってき部屋に着くとトイレで吐いた。

長が中をさすら「大丈夫か?」ませ悪かったな」かけ

吐き終わる、今度は頭がクラクラしてきて、ベットにだ。

く覚えてないけどベットまでは部長が運んでくがする。



309 :山梨旅館 ◆onIGYCI0cc :04/01/26 01:37 ID:VFert/7X
「苦しくないか?苦しくないか?」としきりに聞く部長に「大丈夫です、大丈夫です」と答えてた。

気づくと浴衣の前がはだけていて、オッパイがでていた。

Tシャツとブラがいつのまにか上にずらされていた。「こうしたほうが苦しくないだろ?」と部長に言われた。

とっさにそれを隠そうとすると、押さえつけられた。

そして無理やりキスをされた。

頭がぼーっとしてたから分からなかったけど、しばらくして裸にされてた。

自分でも信じられなかった。



310 :山梨旅館 ◆onIGYCI0cc :04/01/26 01:40 ID:VFert/7X
部長がしつこくオッパイを揉んできた。形が変るくらい強くされて、痛かった。

いつのまにか下のほうを指で愛撫されてた。

すごく抵抗すると、またキスされて、もっといじくられた。 

部長が足首を掴んできて、むりやり足を広げられた。そしてアソコを舐めてきた。

抵抗したけれど 力では全然敵わなかった。

ずっと舐められてるうちに、頭がボーっとしてきて、何がなんだか分からなくなってきた。




>>次のページへ続く


 


\ シェアする /


関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様