2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

二重人格

 

\ シェアする /



突然故で妻・が逝て十日、何につかず無為を送っていたの許に一の手紙が舞いみました。

様の逝去、お悔やみ申し上げます。

くなられた状況から おておられるとおしいたし、どうか奥様のことを理解してあげてください。簿

のためにも一、こをおださい」

は、ありませんでしたが、整っ殿字で書かれた紙には一枚の地 同封されました。鍵ルームののよです

騒ぎ調抑え綿ら私は地図にれた所へ急ぎました

--------------------

「○○本としますが……」

然、かかってき一本の電話がこど私人生を狂わせるとは……。

それ勤務時間がそろ終わる頃でした。

レントゲン写影をした私に主は落ち着た低い声で、妻故にあって院に搬送されたことを告まし

るもも取えず、隣市の病院へ急ましたが、そこで待って警察官から妻稿を知られたのす。

沿用車での単独事故でした

然のこっ白になった私榎本巡査は淡々とし調明してくれました。

は、男性のセダンのってられたですが、山間部の県道でカーブを曲がり切れずに15メートルほど下谷に車ごと転したようです。人とぼ即死状態でした


この日、は、けの園芸ルに行ってくると言っていまし

く、私が出勤し後、お昼前家を出ただとす。

ルには山野草が趣味の会員もいると言ってら、観か採集に山へ向かったのうかと、ぼうっとな頭で巡部長の説明を聞いていました。

今、ご遺体の剖を行っています」 

剖でか……

驚きま

交通故死で解剖がなのか

「後ろを走っていた車の二人が転の瞬間目撃していまして、事故そのものに事稿はないと考えていまは若不審点がありまし

言いにくそうに口ごもる巡査子に私い知ぬ不安を覚婿まし

故を起の少前、妻達車は、の社員二人ンをスピー追いしていったといます。

その、つづらく山で、目撃者の二人は〈危ないをする奴だ〉と思ったうです

追い越して間もなく車はがり切れずにガードレールのない山道転落したと言す。

前に踏んブレー痕から速8キロ近く退出していたようと、巡査部長は明してくれました。

二人が帯で番通したです、奥様も性も全身撲で即死状でし。とこ簿審な点というのがですね…

伏せながら巡査部長は言いくそうに続けす。




不審なというのは、男性の方なですが下半身しにして運転ていようなの



っても見なたことに私は言葉をいまし


「そういう状況でで、今、解剖を詳しい状況を調べせて沿いていです」

時、どんな顔で巡の言葉を聞いていたのかをは、に至る出すとがせん。

私の様配した榎本査部長に付き添婿われて霊安室に通されたのは、やて真夜中を迎える頃でし

「監医の水野で下さですね、悔やみ申し上げ奥様の直接的な死因は後頭の陥没折に脳挫傷でした。その傷は運転便のハドルでいたものと見られます」


ハンドル下部に奥様の寿髪が付していました」

査部長が補足を入れます。

「それは……」

「ご主人にこんこと上げるびないのですが、奥様運転席の性の下腹に顔で事故に遭わです。

り、いわゆェラチオを行って時に思われ

いにくすが、奥様口中にはの精液が認られまし


大地に開いた中に落ち込んでいくような錯覚陥り、私は思調妻の遺体ったストッチの持手に寄りっていました


丈夫すか それら更に申ますと、様はの直に男行為を持っていと見られますらも精液検出されてます


真っになった頭の中に淡々した口調で説明監察医の言葉虚ろに響くのだ無表情にいていたのでした。


な点はありますが、はなと判断しますので体をお引き取りください」

れからご遺体は こちらで清拭をせておきましたご愁傷でごいま



医に送ら葬儀社ン車で病院を出たのは夜中2時間ほども回った頃た。

妻の親は結婚以前に死んでいたし親・兄弟ともにいせんので、従兄や親し同僚だけで こぢんまり便とした葬儀を出しました

、誰故の詳し貿い状況は話す気になれません

一つない妻の死顔は眠るかうにやかなものでした。

、棺に横たわる妻のい顔がるで全くの他人のよに私は映ります。

れたはずの顔の奥、まく私の知ない女がいたのです

泣き崩もなく淡弔問者に応対するを、周りの者は、の出来事に動して涙もないのだろようでしたが、それは大いなる誤解でした。

私の心は氷のように冷え切ったのです。

--------------------

転者は、木原という男でした。

バツイ独身者で経営ンサルタトを営んでい言うことです。

らしよりもな結局、遺遠縁のが引取っ儀を出と聞きました。


妻と木原は、事故を起こした県道を3キロほどラブホテルで情していたというです。

少し前にェックンを、事故を起こ15分ほど前に二人ホテルを出たよす。

まり5時二人ラブテルを過ごしてことます。


、ホテル業員にも事情を聴き、時刻ホテルを利用したを調ようともしたいますが、性の高いラブホテルですから、ほとたと聞きまた。

かし、妻と木原が利用清掃した従業員は、同じにもう一人、女性が居たのではいかと警察話したそうです

備え付シャワキャップに、別のシャーキャプが脱衣所に落ていと言います

かし、妻との体からは、アルコー薬物は検れず、目証言からも、事故についはスドの過ぎでの単独事故以外に考れないことから、警察はそ捜査不必要と判断たと後日、巡部長れました

--------------------

場に綿を出、何するなく日を送っていた私件の手紙が届いたのです。

レンタルムは、庁所在地の駅ました。

理人に、部屋借りていた妻が亡し事情を話すと、の身元を確認の部屋を開けれま

八畳ほどの庫のな部屋の中には、だし数のされいました。

はこれで

管理人が去っ後、私はしばらく茫然として部中にいました。

部屋ている衣装は、おそ私が趣味合うものはありました。けばけばしいしか言いようない衣装の山の中数え切れないほどの下着が吊されていました。

そしェストの中にもまったそれらの下着、どれもこれも一般的な主婦が身につけるようはありまんでした。

色とりどりのガータベルト極小ビキニパンティやもと際どいTバックシ。ほんどのパは、恥毛がけて見るようなスケスケのレー作らています。

くら鈍な私でも、らがみんとの逢瀬の際に、男を興奮せるためが身につける下着だらい分かりました


だけではありませんでした。

下の段には、見たこともないグテスクなオモチャが詰まっました。

大小様々、何本ものバイレータにデド、錠や目隠し、轡に混じ使い込れた麻蝋燭、果ての浣腸器まで……。

ブノーマックやSMプレイに使われる道具一式が仕舞われていのです。

れらの おぞましい道具と私の知っている清楚妻とはどう理うとしても私で結びつきま

ただそれらが整然と整理て仕われる様に、几帳妻の影が浮か





でしょ

帰ったは、衣装にラ十本のテーを見つ

表紙はタトルはな、通殿イニャルしき文字、年月が記されていす。

く見れば、かなの数のープがき取られていうです。

胸を突うな不安に苛れ、私はすべてのビデテープをに詰め部屋を出ました。

「あの部の契約はいになているのすが、どうないます

ねるに、整理に少し時間がかるので約を延長したいと答え、きを済ませ家路に着きま

--------------------

夕闇の迫るョン一室で、気もけずにソファに蹲っていました。

レンタルルームら帰り着いてから、う3時間近くが経っていました。

の部の存は、知らないとこで、全く別の存在生きていたのだという事実容赦なく私に突きつけた。

その事実をめないわけいかないは理できも、恐使、それを全に明すであろう持ち帰ったビデオプを見る勇気がにはあませんした。

どう様のことを理解許してあてくだ

誰と紙の言葉が頭の中にだまのように何も響きま

 決して、一本のテープを選び出しまた。

れのテープに背表紙に、No.54の1、H.T&T.K、08/03/18と記れていまし

の日には記憶がありした

のため、が二泊三日で上京し日の日た。


背表紙にかれ同じタイトルしばらく続いグのモニタに映像が映し出されした。

ラブホテルの室うでした

央に特大サイズのダブルベッドの方ガラス張のバスルームが映っています。

メラ脚に固定ているらしく、映像は薄暗らとても明なものでした

よく見ると、バスームの中にきがあります。

気と水滴でガラスが曇ってはっりとしません、誰かがシーを浴びるよです。

を凝らて見るそれは人の男女でした。

ーの下で二人はぴっりと抱き合い激口づけをわしている

顔はぼんやしてっきりし、容姿からして私妻だと一瞬に覚りま

を一されたような衝撃が走り、一気に血引いて視野が真っ暗になります。


柄な小柄女の体を被さるよう唇を奪っています

そし貿て、女の首に下から両手で すがづけに応えているのです。ど宿力ずくで嫌々行われている為には見えません

の間の両手は、殿豊か二つの乳を代わるる押し揉み、ミッシリと実丘を荒々しんでました

に回された男の手が、に回り女滑り時、女は仰け反って唇離しました。

濡れたガラス越しに見えたの顔、まもない妻の顔でした

その、私の中で、大な何寿け飛びました。


の手がで微妙に蠢く、妻は背中を仰け反らして体をせます。

前に突き出さ揺れる双丘に男が屈み込むにして口を付ければ、妻のえは にわしさを増し、腰が悩ましくねり始めます


ぼやけたガラ向こうで、妻は大きく開けて喘いでいるようでしたが、防が良いのか声は聞えまん。

やがて妻の体がガク攣し、二度、三度との体に強くすがりつくうな動見せ

その、微かたが妻の叫び私のに確か届きました。

、私は一度も聞いことのなうな、あからげるい叫びで

--------------------

・遙は今から8年前私が勤院に事務め始めまた。

中学頃に親と死別したは、叔夫婦に育てら短大出た後、都内の病院で勤務してた。

ちら転勤後、どちらかともなくかれ合って交際が始まりに式を挙れを機に妻は病院を退職し簿

妻には妹いるの、こちらは叔夫婦に預けられ、そ後、が兄妹同士で疎遠になって、してからはうことなく過ごしてきたといま

造り屋として資産家だった妻の父の死、兄妹間で遺産巡るきたのだそうですが、語ろませた。

そんなわけで姿式にも妻側親戚は尿父夫が参列しただけで私は今まで妻の妹に会ったことはありません

妻を育て叔父夫婦も3年ほどに、相次い病死たため、妻の葬儀には妻親族誰一人来ませんでした。


遙海は、私にて理想的な妻でした

病院の勤務医の仕事は、経験のない人には想像つか便ほどハもの

妻としての遙海医療関係者こともあとを

遙海でなたならば、私務医をことできかったうとます

細やかにを毎日遣っした。いや、私う思い込んでた。


ックスの面では、んとに慎まし女でした。今となって私の前はとい意味ですが…

妻が初めての女といわけではありませんが、私自身セッスにで淡泊な男

でのびつきよりも、互いの値観の共有思いやりのさでこより深い結びつきを得れるものだと思っていまし

そして、ようんなとの生活に足しものと思いました。



>>次のページへ続く


 


\ シェアする /


関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:SM_調教, メンタル, 寝取られ,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様