2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

二重人格




突然事故妻・海が逝って十何も手につず無為に日の許に一通の手舞いました。

奥様の突然の去、お悔やげます

亡くなられた お心をれることとおしいたしすが、どう奥様のことを理解し許てあげてください

そのたにも度、ここをおねください

差出人の、あんでした便が、整った女文で書かれたには一枚の地図と鍵封さていました。鍵は、ルルーもののよです

を抑え私は、地図に示された所へぎまた。

--------------------

「○○署通課の榎本とすが……」

然、かかって一本の電話がこれほど私の人生を狂は…

間が そ終わる頃た。

ントの読影をしていた私に電話の主は落ち着声で、妻にあて救急病院に搬送されことを告ました。

取るものも取あえ、隣市の病ましが、そこていた察官から妻の死を知らされたです。

「乗車での単事故した

突然のが真っ白った私に、榎本と名告った巡査部長とした口調 で説明してくれました。

奥様は、男性の運転するセダンの助手席乗っておらたのです、山間部の県道ーブを曲がり切れ尿ずに1簿メートほどと転落したようで二人ともほぼ即死状態でした」


の日、妻は、行きつけ宿に行ってくと言っいました

、私が出勤した後、お昼前にはを出たのだ思います

園芸ークルには山草が趣味の員もいるとていまたから、か採集にへ向かっだろうかと、ぼうっなったで巡査部説明をいてました。

の解剖を行っていま

解剖すか……」



交通事故死で剖が必要なのか……

後ろを走いた車のが転瞬間を撃していして、事故に事はないと考えいますが実は干不な点がて……」

言いにくそうに口ごもる巡査部の様子に私は、言い知れぬ不を覚えまた。

故を起こすほんの少し、妻達の車は、電力社の社員二人が乗るバン猛スード追い越したと言います。

その県道は、つりの続く山道目撃者の二人は運転をす〉と思っそうす。

い越して間も、妻の車ブをがり切れずにードレールの便ない道から転落ます。

レーキ痕から時速80く出していたようだと、巡査部長は説してくました。

目撃した二人が携で1番通たのが、奥様も男全身打撲でほぼ即死状態。ところが、不審な点というのがですね……」

ら巡査部長はに続ます

「不審な調点とのは、男性の方のですが、下半身を剥き出しにして運転し寿ようなの

「えっ……」




思っても見なかったこと私は言葉を失いた。


いうですので、今、解剖をて詳しい状況を調させていだいいるんです

時、どん顔で巡査長の言葉を聞いたかを私は、今に至るまで思いすこがでせん

私の様子配した巡査婿に付き添われて安室に通さがて真夜中を迎えるでした

察医の。竹下さんですね、お湿み申し上げま様の的な死因は、後陥没骨折による脳挫傷。そ傷は、運ハンドルで付いたも


「事故湿ハンド下部に様の毛髪が付着してた」

巡査使が補足を入れます。

それ調……

にこんなことを申し上げるのは忍びないの、奥様は運転席の性の下腹部に顔を伏た状態で遭われたようで

り、いるフチオを行ている時に事故が起きたと思われます。

誠に言いいのです、奥様の中には男性の精液が認めれま


に開いた暗い割れ目の中落ち込でいうな沿覚に陥り、私は思わず妻の遺体がたストレャー寄りかかってしまいました


丈夫ですか? れから更に申ますと、奥様事故に男性行ってたと見らます使内からも精液が出されています」


っ白になった頭の淡々とし調た口調を続ける監言葉が虚くのを私はただ無表情に聞いたのでした。


「イラーな点ありますが、事件性はないと判断しますで、ご遺体を引き取りください

「それか調、ご遺体はで清済ませておきましたご愁でごます



巡査部長と監に見送、葬ワゴン車で病院をは夜間ほどもた頃宿た。

両親は、以前にましたし、私にも両親・兄弟ともにいませんのでい同僚だけで こぢんまりた葬儀出しました

ろん、誰も事故の詳い状況は話す気になれません。

傷一つい妻の死に顔は眠るのように穏やかなものでた。

し、棺に横たわるしい顔がまるでの他人のもののように私には映ます

見慣れたずの妻の奥に、まぎれもなく私のらな女がいたのです。

泣きれるこく淡々と弔問者対す私を、者は、突然の出来事に動転て涙ないと思ったよでしそれは大いなる誤解でした。

私の心中は氷うに切ってたのです

--------------------

転者は、貴史という男でした

ツイの独身者経営ンサルタント営んでいたとうことです

よりらい身なく結局、遺体は遠縁の親戚が引て葬した聞きました。


妻と木原は、故を起こた県道を3キロほ奥へ行ったラブホテル情交してたといことです

前にェッンをし、事を起こす15分ほ前に人でホテルを出たよう

つまり、5時間近くも二人退はラブホルでを過していたことになります。


警察は、ホテの従業員にも事情を聴き、同時刻にを利した客を調べようともしたと言いますが、密室性ラブホテルですから、ほとんど成果は上がらなかっと聞

かし、妻と木原が利用した部を清掃した従業員は、同じ部屋にもう一人、かと察に話しです。

備え付けのシャワーキャップ外にャワーャップが脱衣退に落ちていたと言います。

かし、と木原の体からは、アルールや薬出されず撃証言からも、事故ついてはスピードの出し過ぎでの単独事以外に考えれなことから、警察れ以上の捜査は不必要判断後日、巡から聞かさました。

--------------------

場に休職を出し、何するともな日を送っていたに件の手紙いたのです。

レン婿タルルーは、県庁地の駅裏にありました。

理人に、部屋を借りてい亡しを話の身を確の上、部屋をてくました。

八畳ほよう屋の中には、おびたい数衣装が吊されていました

「私はこれ……

理人が去った後、私はしばら茫然として部屋の中に佇んでいました。

部屋に溢れてる衣装は、およが知ってい妻の味にものはあせんでした。けばけばしいとしか言いようない衣装の山の中に、数え切ないほどの下着が吊されていました。

、チェトの中にも詰ま下着はれも般的な主婦身につようではありませんした。

退とりどりのガタールト、極小のビキパン際ど殿ックショーツほとんどのパンティは、恥毛がけて見えるケスケのレ作らています。

いくら鈍な私でも、それらがみ男との逢瀬の際に、男を興奮させるために女身につる下着だといとく分かりまた。


だけではありませんでし

チェストの、見ともロテクなオモチ詰まっていました

小様ものバイブーターにディルド、手寿轡に混じて、使い込また麻蝋燭、果てはラス製の腸器まで……

アブノーマなセクスやSMプレに使る道具一式が仕舞れていたのす。

れら おぞましい具と私の知っている清楚な妻とは、どう理解しの中結びつきません。

ただ、それ整然理して仕われている様几帳面な妻の面が浮かぶだけです



時間も経ったょうか。

った私は、衣装の奥にラックに並ぶのビデテープをました。

表紙タイはなく、通し番号ニシルと覚き文字、年日がされてい

く見ば、かなりの数テープが抜き取られるようです

胸を突ような不安に苛まれ、てのビデオテープを紙袋に詰めると部屋出ま

「あの部契約は一応今月いっになっているすがうなさいますか?」




そう尋姿ねる管理人に整理少し時間がかかるので契約を延長しいと答え、続き済まて家路に着きました

--------------------

闇の迫るマンシンの一室で、私は電気も点けにソァに蹲ていまし

ンタルルーら帰り着いてから、3時間近くが経っていま殿した

あの部屋の、妻がないころで、して生ていただという事実を容赦なくに突きていま

事実を認めないわけにいかなこと理解できて、恐く、そ完全に証明する持ち帰ったビデオテを見る勇気が私はありませんでした。

か奥様のことを解し許してあげてさい』

も知れぬ紙の主殿の言葉が頭の中にだまのよ何度も響す。

は意を決して、ープを選び出しました。

それのテープには表紙にNo.54の1、H.T&T.K、08/03/18と記されていました。

の日付に記憶ありまし

出席の、私三日した日の日付でした。


背表紙にたも同じタイックがしば続いた後、リビニタに映映し出されま

れはラホテルの室内のうで

中央に特大サイズのダブルッド奥の方にはガりのムが映っていま

カメラは三脚定さているらしく、映は薄暗ながとて鮮明なものた。

バスル動きがあります。

湯気と水滴でガラが曇ってはっりとませんが、がシャワーいるようです。

目を凝らして見るれは二人男女でした。

ーの下で二人はぴったき合いしくけをわしいるのです

の顔ぼんやりしてはっきりしせんが、容姿からして私は、一瞬に覚りた。

頭部を一撃れたよな衝撃が走り、一気に血の気が引いて視野っ暗になります。


な男使体を抱、覆い被さるよに唇を奪っていま

そし女は男のに下から両手使けに応えていす。う見ても力で嫌行われている行ませ

その間も両手は、豊かな二つの乳を代わる代わみ、ミッシリ実った尻の荒々しく掴んでいました。

回されていた男が、前に回り女の股間に滑り込んだ時、女仰けて唇を離しました

れたガラス越しに見えた女の顔は、まもない妻のでし

その瞬間、私の中で切な何かが弾け飛びました。


の手が股間妙に蠢く度に、は背中を仰らし震わ

前に突き出されれる双丘に男が屈込むようにして口をければ、妻の震えは にわかに激しさを増し、腰がましくくね


ラスの向こうで、妻はく口て喘いでいるようでしたが防音良いのか声は聞こえま

やがて、妻の体がクガ攣し、二、三度と男の体にくすような動見せまし

その時かでが妻の叫びが私耳に確かに届した

れは私は一度も聞いたとのないよな、あからに絶げる高い叫びでした。

--------------------

妻・遙海から8年勤めて院に務職とて勤め始めました。

学生の頃に両親と死別しは、叔父夫婦に育てら大を出た後、内ので勤務ました

への転勤後、どらからともなく惹かれ合っ交際が始2年後に式を挙げ、を機妻は病院退職しま

妻にがいるのですが、こちらは叔母婦に預けられ、その後、叔・叔母が兄妹で疎遠になって、成人てからは会こともく過てきたいま

り酒屋とし産家だった妻の父の後、兄妹間で遺産をる争いが起きたのだそ稿すが、妻は詳しく語ろうとませでした。

わけで婚式にも妻側の親戚は夫婦が参列しただけ、私は今に至るまで妻の妹会ったありません

育ててれた叔夫婦も3ほど前にたため、妻のは妻側の親族は来ませんでた。


遙海は、とって理想的な妻でし

病院勤務医仕事は経験のないには想像つかほどハーです

妻としての遙、医療関係者であったこともあり熟知していした

もし、遙海と一緒でなかっらば勤務医を続けることがかっただうと思います

それくらい細妻は心と体を毎日気遣ってくれまし。いい込いま


セッスの面では、妻 ほんうに慎ましいでしとなっ、私の前ではという意味でが……

が初めの女というわけではりません、私自身セックスには手で泊な男でした

での結びよりも互いの価値観の有や思いやさでこそより深い結びつきをられものだと思っていました

そして、妻も同じような思いで、そんの生活に満足してるものだと思い ました。


そんな私の思い込の陰で、私には素振りも見せず妻は私のない別の「女」として生てきたのでた。

闊なと笑われ知れませんが、死後になっ初めて、そのことをい知されるとは夫残酷の極みでし

--------------------

いつにか画面が切り替わてい

スルームの戯れを終えたのか、男は腰にタルを巻ダブルベッドにけになっ新聞でいま

姿界にありんが、時折聞こえる声からと同部屋に居るでした沿

ラはベ全体を足元の高い位からし込んす。


「お待た」という声と共にの姿が現れまた。

れはことな遙海



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:SM_調教, メンタル, 寝取られ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様