2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

展望台での露出

 

\ シェアする /



私にどもの頃からの嗜好があっらしく、宿小学低学年の頃にはお風がりに裸で庭に出て母にしかられたというこ何度りました。

上がりいうで火照ったかだをさましたい婿けではなく、日常服を着ていなけらなところで裸でいうこと姿何かしらがあったのだ思います

中学に入学してかきではりまたが、深夜、両が寝静まった頃両親が留守裸で外出るということもしていました

中学るとすがにその行為が的なであるということをとでした。

ろん、罪悪稿感はした

それを打ち消すだけのい誘に負けてしていのです

私の行為するま続けれました


して、大学へ学。

ばらくのあいだは知らない土地での人暮らしということもあって自重していたすが、夏休みにはいるあたり望に勝ことができずするうにっていまし

ども知らない地で露出ということは危険が伴います。

アパートの周辺は典型的なすが、近所に工業団地といとで三交代のちが多、深夜でも人やクりが多いの

私は欲求不満ってきまた。自分の恥ずかしい望を制御ることがきななっていです。

校のり道、駅のトレで下着を脱いでした稿こともありまし

ども、どきどき楽しめたのでが、足りないのです。

いう人にあられもない姿を見られることには多分苦痛しか感じません

私の嗜好は、ふ裸でいるべきでないとで裸なるそのつめた状況で迫感というか、孤独感、もちろん罪悪感も含めてですが、そんなものからだ心もです。

状況で私のからだと心は解放されるのです。

すから、私の露に観客は必要ないのですだ一、その状況もだえ苦しむ自分西眺めいる自分さえいればいのです。

そういう意味の懺悔なさんの待には添えないかしれま

れども、誰かに知ってもらいたい、私ことを知ってらいたいという思いから、思い切メーるというしだいです。



簿話をしま

出の欲望に負た私は一念発起、夏休みトをし、クルマの許をとりました。クマは実家からの援助で買ってもらいた。

アパートは駐車場あるので、置ませ

早速人で遠出してみました。

まだがあで、路だでし1時間ほども地図を頼ていると、山間部にはっていきました

曲がた登り坂は初めてだったのたのですが、頂上に展望台があました。

のウィークで、駐車場に他のクはありませした

私は展の階段を登りした

見晴らしよくっと遠くので見渡せした。あたりは静かで音だけがくかいてるだけでした




ノースリーブのワンを着すが風が裾をよぎすがすが


私は段を下りてク戻り

いかわ聞こえまん。

き、もう人のささいたんす。

ほら、今ならるでょ」

たりから甘くな感情があげてた。

胸がどくんどくんと高鳴りました。

、駐車周辺や、登道を確認してみまし

誰もいません。

クルマが登っきて、音でわかるとました


状況は整しまったの

またルマのそばに戻りました。

私は立ちくしいるだけでした。

かし頭の中では、不期待けめぐっていた。

どうしう・・・

息がつまそうでした。

けれどもそうしるうちも私股の付け根がういているのを感じまた。

今、やければ」退

とうう決心して、ンピーのボタンはずしいきまし調

震えてなかなかうまくことができした

ンはべてはずれてしました袖だけ通して羽織っている状した。

ははけてまいま

ワンピーにそよましたが死でいました。

すぐに「いないのに」と苦笑しまいまし誰もいないのすから、隠す必要などないので

手を離すと、とた風が強くなりまた。

がまるマントみいに後ろにはためまし

と無備なってもまだこの時点で下着はつけ簿のですが、私のからだがらさるんです。

当に誰も来ないよね

もう、自のからだをくようしてワンピを押さえながら、登り口ま近づいてめてした

耳をすましみまたが、クしませんした。

「下着も脱じゃおう

その考えにまた胸がました

だ昼前でした。

いつ誰が来てもおしくな状況。でも誰か登ってきて見られてしまうことは私にかありません

ども、どしてその場で脱いでしまたいという考えを打ち消ことはできませんでた。

を片方ずつ、袖からき取ていきました

ん家の中だったら当たり前稿こと、とても困作業のよに思えした

うやう感じでスを脱ぎ終わり、丸めて胸に抱えました。

また風が強着姿の私をなぶよう吹きつけてまし

私はクルのそ、丸ンピーヤのした

ただ、下姿のくしてみました。

らだいじったわけもないのに、興奮している自分をじました。

股のけ根はじしていうっすらと濡たよです。風に吹かれた、あそこにさを感じましから。

「昼間でこんな

も、その背徳的な行為じて興奮しいる自分妙に得してい

「これが本当の私よ」

変態の自分をいとおしく感じてしまっていたので

もっと脱がなきゃ」

それ私の義務でした。

中途半端為の、また次機会まで欲求不満のままいなけれないのですから

背中に手を回し、ブラしました

ずすときに胸がぷるんと揺れました。

その重みが(それほどですけど)ブラはずしたことせてくれました。


ブラを丸めたワンピース置き、ショーツに手をかけました

一瞬ためらいがりまたが、欲望にはませんで

そろそろとショろしていきました。

すると、あそこから分泌してて、ばねがショーツの股のところをひていした。

一人で顔赤くしてました。

はこなにしいで裸にってこんな感じいる使




からだ内側から熱くるのを感じました

気にーツを下し、脱ぎてました。

そしてそのシーツは丸めて林の方に放投げました。


すでにまとな思考回路はショートいたようです。

りはノーンで帰るよと自分に命令し

から、ブラ一緒に林の方に放り尿投げました

初めらその気持かにあったのでょう、わざとブラショーをつけてていので

れで着なしになてしまし

マの陰にサンダ脱ぎ捨た。

本当の一糸まとわぬ全裸になってまったんです


全裸でクルマの陰尽くしまし

心細さでっぱいでその心細も快感んで

、誰いなとは簿いえ、全裸でる自分。

怖と不安、そして快感の期待にからだを奮ている分がごくいとおしく感じらました

をもたもたしているの。人が来る前に展望台ってごらん」

もう一人命令しました。

私は裸足のままクル陰からて行きまし

場はそれ広くないです、日まぶてい

私はそ明るい中を一歩一湿めて展望かったです。

みしてというもの、足は小刻みに震えてにつくごとランを崩てしまいそうで

き風がい出したように全裸の私を通けてい無防背中やおなでられる思議な気分でした。

も、そこだけはじゅんじゅんと分泌たたらせていましこの毛分泌物でおにぴたっとくっついていましたあふれ分泌物がをたらしたみたいに方の太ももまでるのがわかりました。

首もこりりにしこっいて乳房がふだんよりも重く感じられました。


きどき登り口めまもクルはあませでした。

蝉の声だが遠くで響ていた。

うしよう

立ち止まるたび戻ろ貿ですが、「もう少なら大夫」と自分に言けっょくどんどん進んで姿いってしまです。

てとうとう展望台の階段でたりつました。

っているときに誰かが来たら、逃げられません

「どうしよう」

に階段の前で迷っまいした。

も、さっき登っときの気持ちよさ思い出したのです。

このままの格好であそこに立ったらもっと気持ちがい

さや

の誘調惑に勝とができなかったので


して階段に足をかけました

しまと、とは自動機宿械のように足がスをふんでいた。だんだんとのスピーがあがり、駆け足っていまし

あっといに展望しました。

んのい階段なのに息があがっていましったままに両て息を整えた。

そして前を見るとそこ360度のノラマが広がていした

だを隠すは何もありませんした。

囲の山やたぼ、町や道路も見ました。そこにはたくさんの人たちいるはずです。

はその中心でのままでるのです。

生まれてのかた感とのないほどの放感でした

展望の下の駐車は、木枝に隠れました、とろどころ枝のら様子をみこときました。高い下からはんでした

がさわやかでした。目を閉じて風にからさらしてみた。いい気持す。至福とはああいう状態なだといます。


私は目たま、両手で房をゆっくりとましらだ宿の奥簿じわじと至福がわきおこってきました

し指で固くし乳首ゅーっ押しつけしたそれけでイッテ沿まいそうで

は両足を軽く開き、下に片手をもってきました。ぴょこ突き出クリにそっと指先を触れてみした。ぬるっとた感触でした

ほんのちょっとただけなのにからだじゅうがと反応ししまって小さくあっと」と声をあげてわずの場にしゃがみのです。

のクリは、ふだんは豆よりも小さいのすがこのときは小指の先くらいのさにふくらでいま。ものすご敏感なっいたです。


動悸が一層激しくなりまし

は目ま、もとク触れみまた。

度は分泌物をしっ指にまた。ゆっくりとでまわとぴりぴりするな快感がからだを震えさました。

そしてもう一方の手であそこに指を入れました。とろとでし

太もも分泌物れていました。お尻の穴まで垂れてそこからぽっとちるのを感

っく私は自分にいたずた。



>>次のページへ続く


 


\ シェアする /


関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:野外・露出, 女性視点,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様