2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

展望台での露出

 



には子どもの頃露出の嗜好があたらしく、学校低学年の頃にはお呂上りに庭に出て母にしかられたというこ度かりました。

上がりということで火照からだをさいう欲求けでは、日、服を着ていなければなないと綿ろで裸でいるということに何からの好奇心あったのだと思

中学に学してから、ときどきではありましたが、深夜、両が寝静まった両親留守の時に裸外にるということもいました

中学になると、さすがの行為性的な為でということを識しことた。

ちろん、罪悪はありました

けれどそれを打消すだけのい誘惑に負てしってたのす。

私の秘密のは高校を卒業するまで続けれま


そして大学へ入学

しばらくのらない地で一人らしいうこともあって自重いたですが休みにはいるあたから欲望ことがでた再よう調になっていまた。

れども知らい土地で露出を行うといとは危険が伴いす。

ートの周辺は典型的な住宅地です、近所業団があるというとで交代の人たでも人やクルが多

次第に私は欲求不満にないきました。自分の恥ずか望を制御とができなくなっていったのです。

の帰り道、で下を脱いで帰宅したこもありま

けれど、どきどき楽しめたのです、物足りいのです。

、私はあられもない姿を見らとには多分苦痛しか感じません

の嗜は、だん裸でいるきでところで裸になる、つめら便れた状での切迫感と感、もちろ感も含ですそんなもの私のからだ心も濡です

そんな状況で、私のからと心は解放のです

ですから露出に観客は必ないです。た人、そのでもだえ苦しむ自分自身を眺ている自分さえいばいいのです

そういう意味の懺悔はみなさんの期待ないかもしれせん。

けれども、誰てもらいたい、私のこ知っもらいたいという思いから、思い切ってメールするというしだいです



お話をす。

露出の欲望負けたは一念発起、夏休みにアルバイし、クルの免許をりまクル家か助で買ってもらいた。

アパートには駐車がある、置き場所に困りん。

早速一人で遠出してみました

高速はまだ不安があで、一般路だけしたが、1時間ほど地図を頼りに走っていると山間部っていきました。

がりくった登り坂は初めてだったのでったのですが、に展望台があした

前のウィーク駐車場にクルマはありせんでした

私は展望台の階を登りした

見晴らしがよく、ずっと遠の方まで見渡したあたりは静か、蝉の音遠くから響いてるだけた。

ノースリブのワンピースを着て調たのですぎ、すがすがしい気になりまし


は階段を下りてクルマにりました




わらず蝉の声しか聞こえません

のと、もう一がささいたんです。

ら、今ならできるでしょ」

あたりから甘くな感情がみあげてきました。

がどくくんと高鳴りました。

駐車場の周辺や、登ってた道寿確認してみました。

もいません。

たとえクが登ってきてもでわかる思い


ちまち状況は整ったの

たクルマのそばにりました

だ立ち尽くしていた。

かし尿、不待が駆けめぐ退いまし

「どうしよう・・・」

がつまりそうでした。

けれもそているう私の股の付け根うずいいるのを感した

今、やらなければ

うとう決心て、ワンピースのボンを上からはずしていきた。

手が震え、なかなすことができませんでし

ンはすずれしまいました。袖だして羽織っいるした。

ははだいま

ンピースが風にぎま尿たが、死で西押さえていした

もす西ないのにと苦笑てしいま。誰もいないのでら、隠す宿必要などいのです。

手を離すとたんに風が強くなました。

ワンピースがまるマントみたいにためきました

すると、といってもまこの時では着はつけていたのですが、私のかだがさらされるんです。

本当に誰も来なよね

う一度、自分のを抱くようにしてワンースをら、登り口までて確かめてした。

ましてみしたクル音もしませんでした

「下着も脱いじう」

の考胸がきどきしまた。

まだ昼前

いつてもくない状況でした。でも誰かってきて見られてまうことは私にとて苦痛でしかりません。

けれその場ででしまいたという考えをち消ことはませんでた。

片方ずつ袖から抜き取っていきました。

だん家の中だったら当たり前にできとがとても困作業のよに思た。

やくう感じでース脱ぎ終わり、丸めて胸に抱えまし

た風が強くなり、下着姿の私をなぶるに吹きつけきました。

はクルマのそばに戻りたワースをタイヤの陰におきました

ただ、下着姿のままで立ち尽てみした

からだをいじったもなのに、興奮しいる自分をた。

股の付け根はじんじんしてした。うすらと濡ていたようで。風に吹かれたとき、あそこに冷たを感じましたから。

間に外でんなことしているんだ

でも、その背的な行に感興奮している自分に妙に得しいたんです

「これ当の私よ

の自とおしくじてまってのです。

「もっと脱がなゃ」

それは私のした

中途半端行為のままは、また次の機会まで欲求不満のまでいなけれならいのですから。

中に手を回ブラはずしま

はずきに胸がぷるんとました

の重みが(それ大きないですど)ブラをはずしたこと実感させました。


ブラ丸めワンピースのに置き、ショーツに殿かけました

めらいがありましたが、欲には勝てませんでした。

ろそろとシーツを下ろしきました。

ると便あそこから分ていて、ねねばツの股のところでひいていした

一人で顔を赤くてしまいました。

私はなにいい。外でになってなにている」

だが内側から熱くなるを感じた。

気にョーツを下ろし、脱ぎ捨て

そしョーツは丸めて林の方り投げました。


でにまともな思回路はショートしていたようす。

帰りはノパンで帰と自分に命まし




いで考え、ブラも一に林の方投げました。

からその気持がどこかにたのょう、のブラとツをてきていたのです

これで帰り下着なしになってまいました。

陰にサも脱捨てました使

の一糸まとわぬ全裸になってたんです。


クルマのに立ち尽くしまし

心細いでした。けれどさも快感なんです。

間、誰もいないとはいえ、全裸でい自分

恐怖と不安して快感へ期待にからだを奮せている自分がものとおしく感じ

「何をもたるの。る前に展望台までごらん

もうの私ました

ままクルマの陰から出てきまし

それほど広稿くはな貿すが、日しがまぶしいいにあていました

私はの明るい中をふみして展望台に向ったのです

みしといもの、足は小刻みに震えて、地面につくごとに稿ランスを崩でした

ときどき風がい出したよう裸の私通り抜けていきました。無防備な中やお尻がになでると、不思議な気分でした

でも、そこはじゅじゅと分泌物をせていました。あそこの毛は分泌物でかにぴたっとくっついて寿いました。分泌物がだれをたらし綿みたいに太ももまで垂れているのわかりた。

乳首もここりこって、乳房がふだりも重じらた。


ときど立ち止まて登口を確かめました。人もも登てくる気配はりました。

蝉の西声だけがくで響いていまし

どうしよう」

止まるたびに戻ろうかとうのですが、「もなら大夫」と自分にい聞かて、けっきょくどんどん進んでいってまったのす。

そしとう展望台の階段までりつした。

望台いるきに誰かが来たげら

「どうしよ

さすが前で迷ってしまいま

けれども、さき登ったときの気持ちさをい出したのです。

「こままのあそこにったらもっと気持ちがはずよ」

悪魔ささ

はその誘惑に勝つことがで貿のです。


決心して階段調に足をかた。

一歩と、あとは自動機械のように足がテップをふんでいきました。だだんとピードあがなっていました。

とい望台にしました。

ほんの短いのに息があがってました。立ったま膝にをおいて息を整えました。

そし前を見るとそこには360度のパノラマが広がっした。

すももありませんた。

周囲やたんぼや道路も見したこにはたくさんのたちがいるす。

はその中心で全裸ままでいるので

宿れてかた感じたことのないほどの感でした。

台の下駐車場は、木の枝にれていましたが、ところどころ枝の隙ら様をみるできまし。枝が高いのでからえません

風がわやかで。目じて風にだをさらしてみした。いい気持福とああ状態のだと思います


は目を閉じたまま、両乳房ゆっくみまらだの奥からもじわじわと福がわきってきました。

人差し指で固くしこった乳首をぎゅー押しつけました。それだけでイッテしいそうでした

両足開き、下に片手をもって。ぴょこんと突き出たクリにそっと指先を触れみまし。ぬるっとし感触でした。

ほんのちょっと触れただけなのに、からだじゅうがびんと反応してしまって、小さ「あっと」と声をて、思わずそのしゃがみんでまっのです。

クリは、ふだん小豆よりも小いの沿、この殿きは小指の先らいの大きさにふくらんでいまし。ものすごく敏感になっいたん


が一層姿くなりました。

私は目を閉じたま、もう度片方の手の指でそっとクリを触てみました

は分泌をしっかりと指にまて触りまし。ゆっくりすとぴりぴりすうな感がからだを震えさせました。

もう一方の手であそこに指ました。とろとろでし

も分泌物で濡れいました。の穴までれて、そこからたっおちるのを感じした。

くりとゆりと、私は自分にずらしました

立ったままれもい格好だたと思います

を閉じていても日たの側を明るくしていました。昼間こんしているということを実感させられま


どれくらいそうていたでう。

気がついたとき私は展望台で膝をついていいつ膝ついたのか、気がつかなったんす。

のあだ、私快感階段の方をまったく注意をていなったに気づきまし。幸い、下車場には人やクル配はりませた。


しかしシ西た。

自分がを失うまでそんなとをしていたというとが

けれども誰もないというとが認でしまうと寿私はまた的に考えてしい、さっきの行きを再開してまったす。

っとったままでいで足疲れいま殿。私は展望台の上に寝そべてみまた。ンクリーでした。背中がひんりとしました。



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:野外・露出, 女性視点,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様