2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

友人のモノを受け入れてしまった妻




い 一昨日の事です

という, 俺はサービス業の為そのも当たり前の殿ように仕事に行った

取引先との新綿密打合も終わり、何とか仕事もて明日み(交代制)の俺と同僚Kとで飲み行っ

色々仕事のや上らワワイやったが、やり男2人で飲んでと社内の女性社の下噂話や、簿女とってみたいだとエロ話になるもの

ちにKが「なんだか言ってもS(俺の名前)の嫁さんが番かわいい超フェロモ婿るよ」と始まった

Kがさんを誉めたり羨しがったりするは今に始まっでは無, 結婚式(去年)にKを喚んだ時に初めて妻を見てから、と言うとSの嫁さ凄い綺麗だと回でいいからデートてとかんでよとかしつこいくらいに度も俺に言ってくる。

ているとあるが、綺だと言ってくれるのは悪い気はない

因みに妻25歳で俺より7つ下で優に似ているとく昔言われいる。

あ優香ほど巨乳ではイルは白で色っぽく、応自慢貿ではる妻

以前Kをいたずらに妻のセミヌードの写真を見せた事がありそ時のKの興奮のたは半はなった。


は もどが2人で飲みながKはSの嫁さんを像しがら度かオナニーをしちゃった事があるとHなせて欲しいとか、金てもいいかららせてもらいたいなど酔ってエロエ状態爆走して来た。

も酔って内容の好体位話し簿たりうち興奮してきた。

前, 妻の例の写真をKに見せた時もように心の中では興奮している自分がいた。

からは妻が友達や同僚かれる事を想像する異様なするを知った。


み初めてから3時間を過ぎ俺は「どうすたまには家で飲む?聞いてみるKは目を丸くて「えっ!?、Sの家で嫁さんは?

Kは一瞬っくり尿していたが妻が今日は実家にで行っているのかと思っらしい

俺がちろるよ で大丈夫うとKは「く行、絶対行く!ほんとにらい仕方だた。

早速車で家向かいも何想像して勃起しいた。



向かう途ビニによりKが3人で飲もうと両手に大量の酒入ったぶら下げてきた。

Kがに電れとないいいのかと聞いてき

妻には敢Kを連れて行を言わ

この時ならは風呂を出てラでいるからである。

Kにそのを話西していた。



そんなこんなで家に沿着いた

いつも通インターホンを鳴らし妻が玄関のドアを開がらおかと顔を出す。

すると直ぐにKに気付きえっいうをした。

日は日中日よりで夜も暖かかっ為、の格好はのシツ(パジャマ)一で下はだった

ただTシャツで寿ない為ノーブラは分かり

Kが背後から顔出し「こばん〜」ると,




妻は「あ、こんんはと言いながらも, 突然の来客 ニッコリ微笑も顔が引きつ


やっぱり勝手に同れて来に怒ったかなぁ?とったが、こっそり聞いてみ屋を片付ける時間が欲っただけらしい。

根が明優しい妻は そいやなを見せるなく振舞っくれた。

着替えた方がいよね?」とが俺にてきが別にでもないし気を使うヤツじない そのままいいと俺はいった。

は「ならいいかな!」と言って取り敢Kに上がってい、妻はめの化粧を済ませ風呂上がで, ましっとり濡れた髪のまKを通した部屋の片付けだした。

誌やリコン、クッシンなど前かている妻の後姿ジロジとKは舐めるように見ていた。

妻の大きめのツのも膝上あたりな, 前かがみになる後が結構どい.

そんなイヤラシ目でKにられているも知ら急いけているそん光景を俺は替えがらチロチロていた

Kの向かいに腰下ろすと買ってきた酒を広げてした

妻も適当にツマミを作り始めた妻がチンいる姿, 2人の座っている位置からはよく見える

Kが「Rさん(妻の名)も飲みよ」と声をかけ、俺も「コビニで買たツマミもるかもういいから こっちに座れよ」と言はいは〜い♪と、品ツミを持っ俺の隣に腰を下た。 

3人で乾杯して妻も少しず始めた。

Kは俺妻とこめる事が余ほど嬉しいくギャグを飛ばしたりテョンも。 

妻もは結結婚前付合っよく達と飲みに行った

婚してからは あく、又家で飲む事もあまりた。

久しぶりの酒に妻も上嫌で味しそうに飲んいる

Kはやたらと酒を注ぎガンガン飲ませている。

前に俺から妻は酒が入ると失い、そな時のSEXは最高と聞いてらだ。

Kは理性を失た妻を見て楽しみたいとていいない

Kので淫らな妻を見てみたいと思妻にんどん飲せた。


妻は, 壁に掛か, 段り方も, だしなくな, 時折ラチライトグンのンティーが見える。 

会話下ネタになり妻の性感帯などの話になってき

は「も〜やだ何をってぉ」なん理性があ恥ずさが有るよだ 。

らに2人で一気などをさせてンガン飲す 。

俺が こいつ俺とやってる時よで「Kがお前とやりたが退か裸見たとかうんだよ」と囁貿と、凄い仕方で感じるんだ な本当ずかい話をKに話し


Kは俺の妻がアブルな気がある興奮。

ていたが もわざと見せているんじゃなかと思うンティがモロ見えになってきている。

Kはお前の大ファンなんだからちょっいだけでも見てあ」と言いながらずかしいよ、やだよと言いなが酔って目はトロンとている。

が「そボタンも少し外しサービスサービス!」と言いながら2つほど手に外すと抵抗もなく「も〜」と可愛いた

ノーブだ。

胸の下までボタンの外れたシャら妻の形のいおっぱいの谷間が見隠れする。

が動くと おっいの先まで見えそなる

の意識はう半分くらいないだろう。

ロと横目で妻を見てい

Kもそん妻を察妻の胸やパンティーをロジロと見てい

の言葉もレツ回っかったり人に こんた妻を見せるのも これが初めてだ。 

Kが「Rさんて凄い色っぽいですよねぇなセな格好のRさ飲めるなんて夢たいだ」などと言ら酒を妻に注ぎなら身を乗 して胸元をを横か覗きでいる。

同僚前で こ無防備な姿なっているの前にして極の興を覚えた

りにもジロジロと覗き込むKにして最初は多少ムッとた気持ちも有ったが、俺もている勢はもっと妻の身体をさけたい妻がKに抱かれるのを見いと思

俺は下半身をと見てう為ーブルに出とKは妻の方へ移動し妻を挟み3人で壁際に並んで座った。

座るとリスのいい匂いがする.

Rさの足は こうして近くでみです」とKが言う。

「エれ処でしゅと殆ど舌が回ってい。

俺が妻の太たりを撫でな「そうだ綺麗と妻の反応を見る。

妻はヘッ」と笑うだ嫌がらない 。

「Kも触って」と言うと Kは嬉しそうにRさんいいですか聞く。

妻は「・・う・」ポワンとしながら言

は妻の そんな反応に頭がになってまいうなくらい興

Kも妻右足を擦

暫らく2人で妻の左右の太ももの撫で回し 俺は「ビキラインの方も理してるのか?」と妻に聞きシャツの裾殿をたし上げ、ライトグリーンのレーをさした


の有る可愛らしいパンティーで, 中央の部分レー毛が透けて見える

の目ど閉じていて壁に寄り掛かっ前に投げ出している

の両脇で俺とKは妻の撫です。凄い光景だ。

俺以外の男を前に自分の下半身一枚だという状況がかっているの酔い潰れて分からないのか、抵抗も無、嫌がる素振りも無い


Kはキニラや柔かいあたをギラギラさせ胆に触りまく

と言った筈妻は もうを前うなだれたまま何も言わない。

もう何をしても大丈夫確信しで, Kの前で妻にキをし舌を絡ませた

意識のか目を閉じ・・んっ・・んっ・」と息が漏れ

ルコールの匂いがプンプンしている


Kに目ってみろよと合図すると Kは「いいのか?」いながらも妻の肩をき寄せ妻の唇にいた。

昔からあれ程強く妻に感もっていにジュジュルと妻のを堪能周りまで舐めまくっている。いキだ。




妻は嫌がることなくKに寄かり、抱つくような格好なっている。

時々腰もくねらせてい

Kとキスける妻背後ら俺は妻ャツをゆくりとがせにかかっ

ツンと上を向いたのよいめのおっぱいが徐々ンとむき出しに

産んでいない妻の乳首ピンク色で可愛しい

身体で火貿照り薄みをびている

うとう妻はパンティー一枚という好だ


俺はKの手を取り妻胸にがうとKの息は荒くなり、やがての首筋まで舐

妻のっぱいは掴みされ荒く揉まて激しく形を変える。

は「・・ん〜・・とか「はぁ・は・・」と意気漏れ始め、さらに腰をくねて足ジさせている


る・

確か俺の目の前での男よって感じてい

妻の識は静な判来ないのかHな気分になて許便まっるの、そKがここに居る意識くなのか、そ夢とが解らているの

らにしても妻はパンティいう俺以外に見た事のない身体Kに抱かれて、そして吐息をいるのだ。



Kの舌はや首筋、脇の下胸のへ妻の綺麗な肌を唾の跡稿を付けながらはってゆく。

俺はのまま後から妻の膝抱え妻の足をM字形に広げた。

すると妻のパンティーの布一枚だけの恥ずい部がモロに見え

その恥ずかしい真ん中の部分をよくるとポツ西に濡みがいやらしく付いてい

「RさんとKがうと妻は「いや〜んずかしい」と小さな声で言いがら足を軽く

どうやら なんなく状況は解るかもしれな

それでも俺足を広げKがンテの上みの付いた部分に指滑らすと「・あぁー・」と可愛い声何の抗もかった。

そのま貿く指でと妻「・・はぁ・・ぁ・・」と意荒くっていた

Kが「Rさん気いいんですか?」と聞いたら妻は頭少しコク宿させた。

が感じいる事を認めある



俺は大興て妻のパンティ脇をクイッと釣り上超ハイレグてあげた

するのアリ盛りがっ調れた。

さらにパンティーのの部イヤライ姿にてあげた。

束ねた両脇からは恥ずかしそうに陰毛が出ている。

Kは飛び出サラと撫でたり摘んだり頬りつたりして たっぷり感触を味った。

次はり上がった妻のアソに再び手を延ばプヨヨと押してみたり摘んだて布婿下の妻のアソコの具合をじらしながら楽しだ。

は腰たりくねらせりしてや悶える。

再びを押し当てぎみに左右激をる。

すると妻の音を立てた。

・・はあ・・はあ・・ん・んーん・・」と妻はさらに悶えた



妻の可愛らしい乳首がツンと立っている

Kは手のきをら妻のおっぱいに吸い付いた。

わざと妻Kがヤラシイ姿をながら恥ずかい所を刺激してるんだぞうと「・ああ〜・・だめ・・はぁ調ともう完にKに預けている。



パンティーのみは大広がって

Kは妻の下半身頭を動させ染みの付に自分の鼻を押当て妻の匂いを楽しんだ後パンティの上らベロ舐めはた。

Kが顔を上げ妻アソコを生で舐めたいと言ってきた

俺は耳元で「Kにっといか?」くと妻は混じ・う・・」と答 えた

俺は奮でがカーと熱くなっ

自分で言いな」と妻に言うと「・もっと・・な・・さい・」と小さな声で囁 Kが「何処を?」と意地悪に聞.

・・Kは「ア湿コじゃ解らよ」い掛ける

妻はモジモジしている

Kが「言ってごら言うと、妻は「イヤァン、ーン」と言葉にらないめきを出た。

Kは少し強口調で「どこをなめて欲しいの、さあ言い尿い」と

湿に押されたのか、ついに「・・・・まんこ・なめてぇー・」

俺も妻の口か姿らこんな言葉をいたは初めてだった

「・Kさ、おまんこをいぱい舐めほし



俺の奮もピクに達した。

俺はれた妻を尿もっと見たい。以外に感じて喘ぐ妻を もっとたたいと思った

妻の綺な肌を俺の目でKに楽し欲しと思いをそっ後に寝かせると、俺はKのをポり、少し離れてするにした

一応, 中けはするなとKに忠した

Kはトラス一枚なる横たる妻の覆いかぶさり、しく妻の唇るように舌を絡ませ合い妻のを揉みまくる


「・・ん・んっ・腕はKの背中に廻ている。

Kは分のを妻の股の下に割り込まく。

妻はKのアソコしつけるように腰を動だす。



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取らせ・スワッピング, 性癖・プレイ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様