2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

友人のモノを受け入れてしまった妻




一昨日の事です・

久々の連休中だというに, 俺サービス業のの日も当たり前ように事に行っ

引先との新規事業の綿密な打合せわり、何とか仕明日み(交)の俺と同僚Kとで飲みに行った。

色々事のグチや司の話をしならワイワイやていたが、やはり2人いる社内性社員のの噂話や、どやっみたいだとかロい話になるのだ

そのうちにKが「んだかんだもS(俺の名前)の嫁さん一番かわいいし超フェロモンてるよと始まっ

Kが俺の嫁さを誉羨またりのは今にでは無, 結婚式(去年)にKをんだ時に初めて妻を見てから、何かとSの嫁さんとか一回でいからデトさせてとか喚んでよとかしつこいくらいに何に言ってくる。

あんまり何いるザイ時もある綺麗だと言っるのは悪い気はしない。

因みに妻は25歳より7つで優香に似てとよく昔から言わている。

あ優香ほ巨乳ではないがタイルはいし色色っぽく、一自慢ではある妻だ。

以前Kをいらに妻のセミヌドのを見せた事がありその時のKの興のしたは半端でかった


沿は もどるが2人で飲み調ながらKはSの嫁さん像しながら何度ナニーをしちゃっるとかもっとHな写真を見せて欲しか、払ってもいからせてもらいたいなど酔ってエロエロ状態が爆走してた。

俺も酔っ妻とのッチの内容や妻の好きなど婿話したりしるうちに奮してきた。

以前, 妻の例の写真をKに見せも同じようにの中では興奮している自分がいた。

それから友達や同僚抱かれる事像す様な興奮する知った。


飲みめてか3時ぎ俺は「る?たは家で飲む?」と聞いてみKは目丸くて「え!?、Sの?嫁さんは?」

Kは瞬びっくていたが妻にでも遊び行っているのかとったらしい

もちん居るよ でも全大丈夫」ととKは「行く行く、絶対行!ほんといい」とらい興奮の仕方だった。

で家に向か起こる事を想像勃起しいた。



う途中コビニによりKが3人飲もうと両手に大量の酒類のた袋をぶらげて戻ってき

Kがさん話入れとかないでいいのかと聞いてきた。

には敢えKを連れて行く事を言わなかっ

故ならこの時間なら風呂ラでいるかる。

Kにその事と大興奮してい沿



なこんなで家に着いた

も通りイン調ーホ関のド開けながらおかえと顔す。

ると直ぐにKに気付き?とう顔をした。

は日暖かかっ為、妻の格好は大めのピンクャツ(パジャマ)一枚で下は素足だった。

ただTシャツではい為ノーブラかりずらい

Kがの背後を出し「んばんは〜」挨拶すると,




は「あっ、こんばいながらも, 突然の来客に ニッリ微笑むもが引きてい貿


り勝に同僚を連れて来事に怒たか退ぁ?と思っが、こっそり聞いてみたら部屋を片間が欲しかったけらい。

明るく、優しい後もいるこなく振ってれた。

「着替えた方がいいよね?」と妻が俺にてきた別に上もな気を使うヤツじゃないかでいいよと俺た。

妻はいいかな」と言って敢えKに上がってもらい、は軽く薄めの化粧を風呂上がりで, まだしっと寿のままKを通したりを片付けだた。

リモコンクッョンなどを前かがみになっている妻の後姿をジロジロとKは舐めるようにていた。

妻のめの膝上あので, 前かみになる後が結構際どい使.

そんなヤライ目でKに見られてのも知らずは急い片付けているんな光景を俺はながらロチロと見て

俺もKの向かいに腰湿ろす買ってき酒を広げ再びみだし

も適当にツマミを作り始め妻がキチンに立っている姿は, 2人座っている位置からはよく

Kが「Rさん(妻の前)も一緒に飲みましょよ」と声をかけ、俺もコンニで買っツマミもあるか貿らもういいか座れよ」と言うと「はいは〜い♪もうツマミを持っての隣に腰を下ろし 

改めて3人で乾杯をして妻も少しつ飲み始めた。

Kは俺の妻とうして飲める事ほど嬉しいらしギャグを飛ばたりテンションも高い。 

妻も酒結構好結婚前付き合っている頃はよくや友達と飲みにた。

結婚してかは あまりもなく、又家で事もまりなかっ

久しぶりの酒に妻も上機嫌で美味しそんでい

Kはやたら妻に酒を注ぎガガン飲ませている。

前に俺からは酒がると理性を失い、そな時SEXはだよと聞いていたからだ

Kはった妻をみたいと思っいるに

俺もKので淫らな妻を見てみと思い妻にどんどんた。


妻は, 壁に寄かり, 段り方も, だなくなり, 時折チラチラとライトグリーンのンティーが見える 

々下ネなり妻の性などの話なっ

「もやだ何をのぉ」てまだがあり恥さが有るようだ 。

らに2人気などをさせてガンガン飲ま

俺が こいとやってる時よく耳元で「Kがお前尿やりたがっるとか裸を見たいとか言だよ姿くと凄い反応の仕方で感じる などと妻の本の恥ずかしい話をKに話し


Kは俺の妻アブ気がある事を知り大興奮

定してい もう見せていんじいかう程ンティがモロ見えになってている

俺がKはお前の大ァンなんだか、ちょっぱいだけでも見せ」とうと笑いなら「恥かしいよ、やだよ〜」と がら酔って目はト調ロ〜ンとして

それじゃボタンだけでし外サービスサービス!」と言いながら2つほどに外すと妻は特もなく「も〜」とく怒ていた。

ノーブラだ。

胸の下までボタンの外れたャツの間からぱいの谷間が見え隠れする

が動くっぱいの先まで見えそうになる 。

識はもう半分くらいろう

チロロとで妻見てい

Kもそんな妻を察し直視での胸元やンテーをジロと見ている

の言葉もロレが回っなかったりして こんなにった妻を見せるのもれがてだ 

Kが「Rさんて凄い色っぽいですよねぇ こんなクシRさ飲めて夢みたいだ」などと言いなが酒をに注ぎなら身を乗して横かき込んでいる

は同僚の前で こんな無防備な姿になっている目の前して極の興覚えた

き込むKに対て最初は多少ムッとした気持も有ったが、俺もっているか今はの身体をさらけたい、妻がKに抱かれのを見たいと思えてし

は妻の身をもっと見てう為テーブを前に出し俺とKは移動し妻をみ3人で壁際に並んで座った。

妻の隣に座るとリンスのいい匂いが.

Rさんの足は こして近くでると綺麗です」とKが言う

妻は「エスんでゅ」と殆ど舌が回

俺が妻の太もりを撫がら「そうだろ綺だろうと妻の反応を見る

妻はッ」と笑うだけで何も嫌がらない

「Kも触ってみよ」と言う Kはそうに「Rさんいいです?」と妻に聞

妻は・う」と〜ンとがら言った。

は妻の そん反応に頭が真っ白なってしまいくらい奮した。

Kも妻の右足

く2人で妻の左右の太ものを撫で回し ビキニライの方も理してるのか?」妻に聞きャツの裾をたくし上、ライトグリーンースパンティーをさらけ出した宿


色気のる可愛パンティーで, 中央の部がレースでが薄けてえる。

目は殆ど閉じて壁に寄り掛かったままげ出している。

その両脇で俺Kは妻ので回す。凄い光景

妻は俺外の男を前に自分の下半身がという状況分かっているのか、酔い潰れて分いのか、何の抵抗も無く、嫌がる素振りも無い。


Kは妻キニライ柔らかい内もたり目をギせて胆に触りまくる。

しならと言った筈のは もう頭をうなれたまま何も言わない。

もう何をしても大丈夫だしたので, Kの前で妻スをしてを絡せた

も無殿閉じつつ舌を絡ませ「・っ・んっ・・」息がれる 。

アルコールいがンプンしている。


Kに目でろよ合図すると Kはいいの?」と言いながら妻の肩を抱き妻の唇貪り付いた

らあれ程強く妻に感情をもっだけにジュルジュルとの唾液を堪し唇の周まで舐めている。激し長い



妻は嫌がるくKに寄りかかり、つくような格好になっている。

時々腰せてい

Kとキけるの背後から俺は妻ャツをゆっくりと脱がせにかかた 。

と上を向いたい大きめのおっぱいが徐々にプルる。

子供を産んない妻乳首はピンク色で可愛らい。

の身照りらと赤みを帯びている

うとう妻はパティー一枚という好だ


はKの取り妻簿胸にあがうとKのは荒くなり、やが妻の首筋で舐めだした

ぱいみにさ荒く揉まれて激しく形を変

・ん〜・・」とか「はぁ・はぁ・気がれ始、さらをくねらせて足もモジモジさせている


感じている・・

は確かに俺の目ので俺以外のよって感じている

意識 うつろで冷静簿判断ないのかHな気分になっしてしま宿いるのか、もKがここに居無くなっているのかそれとも現実が解らくなているか、

ちらにしても妻はンテー 一枚という俺以見せた事のい身Kに抱かれて、て吐息漏らしいる



Kのは妻の耳や首筋、脇の下、そして胸妻の綺肌を唾液の跡を付がらって

俺はのまま後から妻の膝え妻の足をM字形に広げた

すると妻のパティーの布一だけの恥ずかい部分がモロに見えた

妻の その恥ずかん中寿の部分をよく見ンと縦れたがいらしいていた。

Rさん濡れてるよKが言うとや〜んはずかいィー」と小さな声で言いながら足を軽くじた。

どうやらんとなく状かもしれない 。

れで簿も俺再び妻の足を広げKがパンティーの上から染みの付いた部分に指を滑らすと「・・と可愛い声をだし何の抵しな

のましく指で擦るぁ・」と荒くなっていた

Kが「Rさん持ちいんか?いたら妻は頭をコクッとさせ

が感じているを認めたのである。



は大奮して妻のパンテの両脇をクイッげ超ハイレグにしてあげた。

すると妻のアソコはコリ盛りて染みが強調された。

パンティーの前部分束ねイヤイ姿にしげた

束ねた両脇からずかしそに陰ている。

Kは飛びした陰をサラと撫たり摘を擦りりして たっぷり感触を味わった。

上がった妻のアに再び手を延ばしヨプヨと押みた摘んりして布一枚下ののアソコの具合をじらしなが楽しんだ

妻は腰を浮たりくねく悶える。

び指押し当てぎに前右にをある。

るとのアソピチャチャと音を立てた

はあ・・はあ・・ん・んー・」と妻に悶えた。



妻のらしい首がいる

Kは手きを続けなら妻のおっに吸

俺は わざと妻に「今Kがお前のイラシ姿を見ながら恥ずかい所を刺激してるんだ」と言と「・・ああ〜・・だめぇ〜・・〜ん」とも全にKに身を預けている。



ティの染は大きく広がいく・

Kは妻の下半身に頭を移動させみの付いたソコ分の鼻を押当て妻の匂い楽しだ後、パンティーの上からベロベロめはじめ

Kが顔を妻のコを舐めたいと言ってきた。

耳元「Kにもっと舐めて欲か?聞くと妻は吐息混じりに・・ん・・」とえた

俺は興奮で頭がカーッと熱なった。

「な自分で言いな」とと「・なめて・・さいと小な声で囁いた Kが「何処を?地悪に聞く.

妻は・を・Kは「コじゃ解ないよ」と問いける

はモジモジしいる。

Kがって」と言うと、妻は「ーン、ウゥー」と言ならないうき声出し

Kは少い口調でこをなめて欲しいのか、さあ言いな」と言った。

妻は言葉に押されたのか、ついお・・おまこ・なめ」。

妻の口からな言葉を聞いたのは初めてだった

・Kさんに、おまんこをいっぱい舐ほしの・



の興奮もピークに

俺はをもっと見たい。俺以外のに感じ喘ぐ妻を もっとたっぷり見たと思った

妻の麗な肌を俺の目の前Kにで欲しいと妻をそっ後に寝せる、俺はKのンと叩き目で合図を送りし離れて鑑賞る事にした

応, 中出しだはすKに忠告した。

Kは急いでトランクス一わる上に覆かぶ、再び激しく妻の唇を貪るように絡ませ合いの胸を揉みまくる


妻は・・んっ・んっ」と声を漏らし両腕はKの背中に廻ってる。

Kは自分の膝を妻の使股の下り込いく

はKの足ソコ押しけるよに腰動かしだす



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取らせ・スワッピング, 性癖・プレイ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様