2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

友人のモノを受け入れてしまった妻

 



い 一昨の事で・・

の連休中だというのに, 俺サービス業の為日も当たり前ように仕事に行った

取引先との新規事綿密な打せも終わり、何とか仕終えて明日が休み(交)のと同僚Kとで飲みった

々仕事のグチや上司の話をしなワイワイやっていたが、やは2人で飲んで殿ると社社員の下のどの女とやてみたいだかエロい話になのだ。

うちにKがかんだ言ってもS(俺の名前)の嫁さん一番かわいいし超モン出てるよ」と

Kが俺のを誉めたり羨ましがったりするのは今に始また事では無, 結婚式(去)にKを喚んだ時に初て妻をら、何かと言うとSの嫁さん凄い綺麗だとか一回いからデーてとかに喚んでよとかしこいくらいに何度も言ってくる。

んまり何いているとウザイ時ある綺麗と言ってくれのは悪い気はし

みに妻25歳でり7つ年下優香に似ているよく昔から言われている。

巨乳尿はないがイル良いし色白ぽく、一応自慢はあ殿る妻だ。

Kをいらにのセヌー真をた事のKの奮のしかたは半端でなかた。


もどが2人で飲みKはSの嫁さんを想像しなが何度オナーをしゃっあるとか、もっHな写を見せて欲しいやらせらいど酔ってエロ状態が爆走し来た。

も酔て妻とのエッ内容やの好きな体位などをりしているうちに興奮して

前, 妻の例の写真をKに見せた時も同じように心では興奮しる自分がいた

れからは妻が達や同僚に抱れる事を想像ると興奮を知った。


初め3時間を過は「 ?たまには家で飲む?」といてみるとKはを丸くしてえっ!?、Sので?嫁さんは?」

Kは一瞬びたが妻が今日は実にでもびに行っいるのと思っらしい

俺がもちろん居 でも全然大丈夫よ」と言うとKは「行く行く絶対行く!ほんとにの?とえらい興奮の仕方だっ

早速車で家に向かも何か起こる像して勃起していた



かう途中コンビよりKが3人飲も量の酒類のた袋下げて戻ってき

Kが嫁さんに電話入ないでいのかと聞い

敢えてKを連れてく事を言わなかっ

何故ならこ間な妻は風呂を出て必ずノーブラでらである。

Kにその事興奮してい



なこなで家いた。

いつ通りイーホンを鳴らし妻が玄アをえり〜と顔

ると直ぐにKに気付えっ?という顔をした。

今日は日中 夏日よりで夜も暖かかった為、妻の格好めのピクのツ(パジャマ)一枚で下は素足だた。

Tシではない為ノーブラは分かりずらい

Kが俺のからを出しこんばは〜」と挨すると,




「あんばんは」ながらも, 突然の来客にッコリ微笑むも顔がつっていた。


っぱり勝手に同僚を連れて来た事ったかなぁ?と思っが、こっそり聞てみら部屋を片付けが欲しかっだけしい

、優妻は後もいやな顔を見せとな振舞た。

替えたいよね?」と妻俺に聞たがに上司でもなし気使ヤツじないから そのままでいいと俺はいっ

妻は「ならいいかな!」言って取り敢えずKに上ってもらい、妻は軽く薄めを済ませ上がりで, まだしとり濡れた髪のままKをした部屋の周りを片付けだした。

雑誌モコン、クッンなどをかがみになって拾っているの後姿をジロとKは舐るように見ていた

の大きめのシャの裾膝上, 前かがにな後が結構際どい.

そんなイヤラシイ目Kに見いるのずに妻は急い付けいるそんな光景を俺着替ながらチロチロと

Kの向かいに腰を下すと買を広げて再び飲だし

妻も適当ミを作り始た妻がキッチンに姿は, 2人のいるからはよく見える

KがRさ(妻の名前)も一に飲みまし姿ょうよ」とかけ、俺も「コンビニで買たツマミもあ便からもういいか こっちにれようとはい♪」と、も一品ツを持て俺のを下ろした。 

3人で乾杯をして妻み始た。

Kは俺の妻とうして飲めるが余ほど嬉ししくギグを飛したりテ高い。 

構好き婚前き合ってる頃友達と飲みに行った

結婚してから あまり機会もなく、又家でむ事もありなかった

久しぶ酒に妻も上機嫌で美うに飲んでいる。

Kはたら妻に酒を注ガンガン飲いる

前に俺から妻は酒入る理性を失、そんな時のSEXは最高だと聞いていたからだ

Kは理性を失った妻を見てしみているに違い

俺もKので淫らな妻を見てみたいい妻にどんどん飲ませ


妻は, 壁に掛かり, 段々座り, だらしなくなり, 時折チラとライトグリンのパティ見え。 

会話段々下ネタなり妻の帯ななってきた。

妻は「も〜やだを言ってるぉ」なんてまだ理性があり恥ずかしが有だ 。

2人などてガンガン飲ます 。

が こいつ俺やってる時元で「Kがおとやてるを見か言うんだよ」囁くと、凄い反応の仕方で感じるんだ などとの本当のかし話をKに話した。


Kは俺のアブノーマルな気る事を知奮。

否定してが もうと見いるんじゃないかとパンティーがモになってきてい

俺が「Kはお前んだら、ちょっ おっだけでも見せあげてよ」と言うと笑いなが「恥ずかしよ、だよと言がら酔って目トロ〜ンとしいる

俺が「それじボタけでも少し外してサービスサービ!」簿言いなが2つほど勝に外すと妻は特に抵抗もな「も〜」と可愛く怒っていた。

ノーラだ

胸の下までボタンの外れたシャツの間から妻の形のよおっぱいの間が見え隠れ

妻が動くと おっぱ先の見えうになる

湿もう半分くらいないだ

ロチと横目妻を見てた。

Kもそんな妻を察し直視での胸元やパンティーをジロ見て

妻の言葉もロレツが回てなかったりして他人に こん酔った妻を見せるのも これがめてだ 

KがRさて凄い色っぽですよねぇ こなセーな格好Rさんとめるなんて夢み」なと言いながら酒を妻注ぎながら身を乗出して胸元をを横から覗き込んでいる。

俺は同僚の前で こんな防備な姿なっいる妻目の前にて極興奮を覚た。

りにもジと覗きむKに対して最初は多ムッとした気持ちも有ったが、俺も酔っていか今はもっ妻のをさらけたい、Kにかれるのをいと思えてしま

は妻の下半っと見てもらうテーブルをに出し俺とKはし妻を挟3人で壁際にんで座た。

妻の隣とリンスのいい匂いがする.

「Rさんの足は こして近くでると綺すね」とKが

妻は「エステれてるんと殆ど舌が回っていない。

俺が妻のあたり撫でながら「ろ綺麗だう」と妻の反応る。

「エヘッ」と笑うだけも嫌がらない

Kも触っみなよ」俺が言うと殿 Kは嬉しそうに「Rさんです妻にく。

妻は「・・うん・ポワ〜ンとがら言った。

俺は妻の そん応に使っ白になっしまらい興した。

Kも妻足を擦りだす。

暫らく2人で妻太もものりを撫で回し ニライの方も処理てる妻にきながらシの裾をたくし上げ、ライトグリーンレースのパンティーをさら出した。


色気の有パンティーで, 中央の部分がレスで毛が薄ら透けてえる

目はど閉じていて壁にり掛かっまま足をげ出して

その両脇で俺とKは妻の足を。凄

は俺外の男を前の下半が下着一枚だとう状況が分かっている潰れてからないのか、何の抵抗も無く、嫌がる素振りも無い。


Kは妻のビキニラインやかい内もものありを目をギラギラさ調せてりまくる。

少しなら筈のは もう頭を前うなたままわな

俺はしても大丈確信したので, Kの妻にキスをして舌を絡ませ

妻も無意識か目を閉じつつを絡ませ「・・んっ・・ん・」と息が漏る 。

アルコールの匂いがプンしてる。


Kに目で お前やっみろよと合図す殿と Kは便「いいと言がら肩を抱きせ妻の唇り付いた。

から尿に感情をもっていただけにジュルジュルと妻堪能しの周まで舐めまくっている。激しくいキスだ




がるなくKに寄りかかり、抱くような格になっている

時々腰くねらせている。

Kとキスを続ける妻後から俺は妻のシャをゆっくりがせかった

ツンと上を向た形ぱいが徐々にルンとむき出しにる。

供をいない妻の乳首はピンク色で可愛らし

は酒で火照り薄らとみをびている。

うとう妻パンィーとい好だ。


Kのを取り妻の胸にあてうとKのは荒くなり、やがて妻の首筋まで舐めした

妻のお掴みにされ荒揉まれて形を変え

妻は「・・ん〜・」とか「はぁ・・はぁ・・意気が漏れ腰をモジせている。


じてる・・

妻は確かに俺の前で俺以外の男よって感じるのだ。

妻の意つろで冷静断は西来ないのHな気分にって許しまっ、それKがここに意識が無くなっているのかそれとも夢と解らなくっているのか、

どちにしても妻はパンティー 一枚見せたない体をKにれて、そして吐息を漏らしている



Kの舌妻の耳や首筋脇の下そして胸の方へ妻の綺麗唾液付けてゆ

俺は そま後から妻のの足をM字形にた。

るとパンティーの布一枚の恥ずかい部分がモロ見えた。

妻の その恥ずかい真ん中の部分をよくるとンと縦長に濡た染みがいらし付いていた

「Rさんてるよ」とKがうと妻はいや〜ん、はずかいィー」と小な声言いながら足をく閉た。

どうやら なんとな状況は解るのかもしれな

俺は再び妻のを広Kがパンティーの上から染に指を滑らすと・あぁん・・」可愛い声何の抵抗もなかた。

そのま優で擦るとは「・・はぁぁ・・」と意気が荒くなって

KがRさん気持ちいいんですかと聞いたら妻は少しコクとさせ

妻が感じいる事認めたのであ



興奮してンテ脇をと釣り上げ超ハイレグにしてあげ

と妻のコはコンモ盛り上がっみが調され

さらにパンテの前の部を束ねイヤラシ姿にしてあげた。

両脇から尿ずかしうに陰毛が出いる

Kは飛び出した陰毛をサラでたり摘んだ頬を擦りつけたりし尿を味わった

次はり上がった妻アソコに手をばしプヨプヨと押してみたり摘んだ布一枚アソコの具合をじしながら楽しんだ

腰を浮かせたりくしてく悶る。

再び指を押してぎみ前後左刺激をたえ

のアソコはピチャピチャと音を立

「・・はあ・・はあ・・んーん・・と妻はに悶え



妻の愛らしい乳首ンと立っている。

Kは手のを続けなが妻のおっぱいに吸い

俺は わざと妻に「今Kがお前のイヤラシイ姿をがら恥ずしい所を刺激しるんだぞ」と言う・・あ便・・だめぇ〜はぁ」ともう完Kに身貿けてる。



ィーの染みは大く広がっていく・・

Kは身に動させ染みのいたアソコの鼻押し当妻の匂いをしんだ後、ンティーの上からベロベロ舐めはじめた

Kが顔上げ妻のアソコを生で舐めたいと言ってきた

元で「Kにもと舐欲しいか?」とくと妻は息混じりに「・・う・・」と答えた。

奮で頭カーッと熱くなった。

なら自退な」と妻に言う・・もと・・舐め・・い・・」と小さな声で囁いた Kが何処を」と意地悪に.

妻は・・コを・・Kはアソコじゃよ」る。

妻はモジしている

Kが「言ってごらん」稿は「イヤァーン、ウゥーン」言葉いう出し

Kは少し強い口調「どこをなめ調て欲しいのかあ言さい

葉に押されたのか、ついに「・・・おなめてぇー

の口からこんな言を聞たのめてだった

Kさに、おまんっぱい舐てほしいの・・」



奮もピに達した。

俺は乱れた妻をもっと見た以外に感喘ぐ妻を もっとっぷ見たいと思っ

妻の綺な肌を俺の目の前でKに楽しんで欲いと思い、妻をそっ後に寝かせると、はKのをポ叩き図を、少して鑑賞す事に

応, 中出しだけはするなとKに忠告した

Kは急いでトランクなると横たる妻のに覆いかぶさ、再び激しく妻のを貪るうに舌を絡ませ合妻の胸を揉みまく


妻は「・・ん・」声をらし両腕はKの背中にって

Kは分のを妻股の下に割りませて

妻はKのにアソコを押しつける腰を動かしだす



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取らせ・スワッピング, 性癖・プレイ,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様