2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

彼女の本性暴き屋

 



前インーネットであるサイトを見つけた

『あの彼女の本性暴きます

何だろうと検していくと、自分の彼女気しないか試しませんかというよう内容だた。

自分としてる内、自張しながらも掲載されていたメルアドレスメールを送った



お問ありがとうございま。こちらあな様の彼女、大事な方があなた様へ為をしな調でございま中省略下の内容にご同意して頂る方のみ応募下さいますようお願い致しま


1.彼女報を虚偽て頂きます。

2.彼氏様の力()をおます

3.とのやりとりは全て報させて頂きます

.この調査によっておの関ど、何が起きても責任はりまん。

5.彼女様同意あった場合のみ、性為を行う可能性ありま

.途画の阻止けしん。

どのだった


罪悪感ながらも応募メー送った

なた様 佐藤寛人 

年齢  

職業 会社員

 090−××××−××××



調彼女 田中亜紀 

 

職業 美容師 

血液

158c湿m 

重48k 

スリーサイ85−59 Cカ


リーがなめた気持ちがありながらも聞いて僕募し

なこと知りたがるのー?と言いも笑答えてくれ

を見けで、亜紀限っ浮気など絶対にいと思えた。



次の、サイトから電話があった




そう殿声の30代くらいの男でいくつ問を

「お二人はお付きいされてれくらいすか?

「3年です」

「彼女が気、もしは怪思っ動をとっことはありすか?」

ませ

簡単な質問と、彼格などを答えた。


そし数日後・・・トの男性とう約束調査計画というか彼女を誘惑する計画をれた

男は、伊藤健二と名乗り身長17cmくらいでがっちりしたタイプ優しそうな顔立ちの男


を知り合いと事にして、彼女と3人で呑む機を作ることにして、途中僕が事が出来たこ退席るというものった。


その日のうちに何かこすのは たぶん無理ということで、そのきりになったとろで様子を見て次を進めるということだっ


は男の証など提示してもい、計画を実た。

誘うと嬉しそうによー」と答えてくれた

亜紀はり強い方はないけど、の知り合い紹介したいと言うと喜んでれた痛んだ・・


して計画当

夜20時、待ち店に紀を連れて行く笑顔男が迎えた。

僕は お互いを紹した。

「紹介するね、 おれの仕事先の知合いの伊藤健ん」

「こがおれの彼女紀っていいます


人は お互い笑顔で挨交わした。

彼女のい性格もあっ和やかな雰囲気だた。

酒を、男の上手な姿話で紀はかなり楽しそ


時間くらい経ったころか、男かつの間ったのかメールが届いた

そろそろおします」

はトイレに行くと席ち、戻った際にが入った紀に伝えた

「急事が入ったんだ、悪いんだけど伊藤さん出でこに来るだけだから も一緒に呑でてあくれ?」

亜紀は少しうなで「た。終わったらすぐてね」と言っ


に押しつぶさながらも、店をあにして呑んた店の出入り口える所に移動して待った


0分後、男からメール「女さんいいコです。無理しれませんが、今日先交換を目にします

心臓がドキドキしてた・・亜紀が日あったばかりの男に携帯を教てしまうだろうか?

も普段の亜紀を見る限りんなことはするわけがなと信じていた。



それから1何も連絡はかった

んな話をしんだろう・亜紀はあの楽しそうな笑顔をあ男にも見いるか・・・いろんなことを考ていた。


少しし人が店出てきた。笑いながら楽しそう

の前で話いるが電をかけてきた。

もし寛まだ終わらない?」

「うもう少し掛寿ー」

っか、藤さんが もう1軒付てって言簿けど、どしたらいい?」

じゃあ行ってあげたらでも浮気ないでよ?」

「あは^^しょ。分かっゃあってくー」


楽しそうな声で亜紀は話していた。

話を切ると男からメール

「雰囲気良かったので誘っちゃいましたなみメールアドレスゲットです

正直ショックを受けた。初めてみた彼姿のような気がし


目の店に入ってから約時間、男から そろ今帰りますと連絡が

僕は亜紀に電をし迎えった。

男かは明ご連絡しますとメールが届いていた


今日んね、相手してくてありがと

「ううん、いいよ、仕事大だった

「う、うん。それより伊藤さんとかった?メアド西とかかれたんじ?」

「聞かれなよー^^ごくい人だった


かれたことにまたけた。すます亜紀の本性を知りたいと思った


の日、男からールが届た。

「昨日はありがとうました

直な感想を申しますと、寛人んがゃる時はしいコだろうなという強印象を持ってりましたが、二人きりにてからは もしかすると・・といういが芽えました

今後ルを使ってプローチを掛けていきた思います」

だいたいこんな内容だった





早速亜にメールした。

昨日はとうございますごく楽しかったです。たおお会いしいです」


こそ すごく楽しかったです寛人がいなく残念でしたね、また楽しみにしています


転送メールがら心臓がバクバしていた・・


「こ寛人く居なくても楽しかったですよ。亜紀すごく愛いすし^何て言てたくんに怒られちゃいますね(笑)」


えー、からいで下さー。でもしいって思ってくれて嬉しいです」


「からってなんかないで本当に楽しかったです本音二人で会いたいですよ」


「ありがとうございま。そう思けて嬉す」


亜紀 どんな思いとメールしてたのだろ



んなじのやりとりをし、僕にとっ運命の日が訪

結局二人で会うという誘いに亜紀のらなかったので、た3ことにし少々強引かと思が、僕ドタキャンすることにして計画を実行し

不安そうな声だけどしてくた。

の時紀はどな気持うか行けなく思っていのだろうか。


は亜紀と1軒飲使後、宿泊しているホテルにうと計画を立るというこだった。

ホテル乗り込れるのはル違いというこでホテルの場所は教えられなかった。


また夜2時にせを、二飲みにった

分は近の駐に車った。


2時間後、男から絡が

「彼さんいコのところ5分5分といったところでしょ

大丈夫大・・・自分言い聞かていた。


さらに1時間後、男か連絡があた。

「そろホテに誘いますので、今日は完来れないとを彼女さに伝えて頂けますか?」


は変亜紀にメー

「ごめん、今日はもう行けそうにないや。伊藤さん任せてごめんね。ろそろとこかな


後返た。

「うんかっろそろ帰るよー、じゃあまた明日連絡するね


ホッとしたホテは断っんだと思い、胸撫で下ろていた

しそ後、男かメールがて愕然とした。


「彼女さテルへをOKしました

初のお約束通り、この先拒まな場合は最後させて頂す。

らは報告し間が空使場合ので ご容下さい」


頭が真っ白にり、経こと無いくらい心がバクバしていた。

しかし微捨てはいた。

亜紀がそんなことるはずが裏切がない。亜紀は ただホテルにくだけなんと。


し、いてもたてもず亜掛け

しばく呼出し音が鳴っとよやく亜紀が電た。

もしどうした?」

つもの優しい亜紀声だった

いやもう帰ってると?電車間に合った

うん、大。もう近くだよー。してー

「無帰れなって心さ」

夫だよ、ありう着くかない^」

そっか、分かっじゃあおやすみ

「はい^^おやすみなさい」


テルへ男と向かっるなんて信じられない亜声だっ。いつもと何にも姿変わら優しい大好きな亜紀だっ


真っな車の中でどらいただろうか・・・

を掛けても呼び出し音が鳴るけで出ることはかっ

メールをしても返は無


からメール受

から部屋に入しておい西い。セックした合はし時間空きますので待いて下さいね

心臓が飛びしそうだた・・・


そのメーら約、先ほどまでの態度とは少し違様子でが電話を掛けて



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ, 異常シチュ, 浮気・不倫, 性癖・プレイ,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様