2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

私が職場の上司と体の関係を持つようになった経緯





179 :ささ:2011/02/14(月) 09:38:01 ID:aevKznV80
私が大学を卒業し、ある会社の人事部に配属されて二年目に入ってすぐの話です。

私は自分の一年後輩の新人導入研修のお手伝いの仕事をしました。

指導するというより、相談に乗ったり緊張をほぐしてあげたりするのが役目でした。

メンバーは私の他には男性社員が二人。同期入社の小倉君と、入社4年目の渡辺先輩でした。

小倉君は普段から仕事の相談をしたり愚痴を聞いてもらったりする仲でしたが、渡辺先輩とはそれまで話をしたことは無かったと思います。

でも場の雰囲気を盛り上げるのが上手で、よく気がつく面倒見の良い人で新人さんにも人気がありました。

研修の最終日には、打ち上げ替わりの新入社員による余興などがあり、人事部長など偉い方もいらっしゃって賑やかに楽しく終了しました。

新入社員は研修センターに泊まりますが、私達はビジネスホテルに泊まっていました。

その研修の最終日、「佐々木(私)、小倉、お疲れ。俺たちも打ち上げしようぜ」と世話好きな渡辺先輩に誘われ、先輩の部屋で飲むことになりました。

ビジネスホテルですので狭いです。ソファに私と小倉君、渡辺先輩はベッドに座っていました。

私は お酒はあまり強くない方ですので、普段はあまりいただきません。

だけど その日は研修が終わった開放感と、はつらつとした新人さんと過ごした楽しかった時間に心が弾み、つい飲みすぎてしまいました。

やばいと気づいたときには頭がくらくらして上半身を支えられなくなっていました。

私は「少し休ませてください」と言って、ソファの肘掛に頭を乗せて身体を横たえました。



180 :ささ:2011/02/14(月) 09:40:40 ID:aevKznV80
「こっちの方が楽になれるよ」という渡辺先輩の声がなんだか遠くに聞こえました。

「佐々ちゃん大丈夫?」と心配する小倉君に支えられて、私はソファから立たされベッドの上に乗せられました。

頭がぐるんぐるんって回っていて、目を開けていると気持悪くなりそうだったので、「すみません飲みすぎたみたいです」と謝りながら目を閉じました。

そのまましばらく眠ったのかもしれません。

次に目を開けたとき、視界には 私のパンツを下ろそうとしている渡辺先輩がいました。

とっさに「やだっ」と言って起き上がろうとしたのですが起きれません。


知らないうちに既に上半身は裸にされ、手首を後ろに回されて浴衣の紐で縛られていたのです。

それでなくても酔いで体のバランスが保てず起きれなかったと思います。

そうやってジタバタしている間にパンツは脱がされてしまいました。


私は全裸にされた恥ずかしさで「人事部長に言いますよ」って小さな声で講義するのが精一杯でした。

そのとき「俺ならここにいるよ」と聞き覚えのある声がしました。

驚いて声のしたほうに顔を向けるとさっき私が座っていたソファに人事部長の姿がありました。

ああ、もうダメなんだと思いました。

なぜなら人事部長はセクハラ相談の責任者だったからです。



181 :ささ:2011/02/14(月) 09:43:16 ID:aevKznV80
は渡辺先にふらつく身起こされ、ろかきかれるように先輩のの間座らされました。

私の前には長と小倉君が

二人は剥きしにされたの胸を見てまし

辺先輩は二人見せつけように私の胸を揉んり、乳首をだりしました。

よじって輩の手婿を逃れようともがくと、後ろで縛られたに先輩の固く物があす。

はこれるこ想像、そも信られかったのです輩の愛撫に感じ始きっりました

渡辺先輩はしばらく胸いじた後、「長いって後ろから自分の足を綿、左右に大きく広げした。

ヤだを閉じる力は酔った私はありまんで西した。

目のにいる部と小倉君の視線を感じ死にそう恥ずかしいの退

渡辺先部長に私のあそこが良く見え、私抱えま お尻をずらし向変えたりしいました

しての正に向かうと、先輩の指が私てきました

「部長、佐々木すれて」って渡辺の声が聞こえました。


気持ち、上司と同僚に裸をみている羞、先輩の撫。

ありえない状況に私はすごく興奮してしったのです

輩は私の溢れた愛液をすくう、それを塗うにクリの上で指を動かした。

私は堪えられず「あっっあっ…」と声を漏らしてしまし

先輩の指動きて何回も殿回も…。

して その度しい愛液静かな部屋に喘ぎ声とくっくちゅっといそして人たの興奮した息遣いだけが続き



182 :ささ:2011/02/14(月) 09:46:18 ID:aevKznV80
「佐々木君がこんなに感じやすい子だとは嬉しい誤算だな」と部長は言いながらベッドに仰向けになり、浴衣の前をはだけました。

私は興奮してさらに酔いが回ったみたいで立つこともできません。

渡辺先輩と小倉君に両脇を支えられて、私は部長の下半身をまたぐように座らされました。

部長は確かめるように私の中に2〜3回指をうずめると、自分のものをあてがい私に腰を下ろさせました。

あそこが大きく押し広げられる感触と、胃のあたりまで来る圧迫感にきっと大きな声をあげてしまったと思います。

部長は上でふらつく私の胸を触りながら、少しずつクリをいじり始めました。それがとても気持ちよくて、私は部長の指を追うようにクリを押し付け腰を振ってしまいました。


動いたらまた深くお酒がまわったのか、気づいたら部長の胸の上に倒れこんでいました。

すると部長は自分に覆いかぶさっている私の背中を撫でながら、渡辺先輩に「それ見せて」と言ったのです。

え?なんだろうと思ってそちらに顔を向けると、先輩の手にはビデオカメラが握られていました。

そして見せられた小さな液晶画面には、いつの間にか手首の拘束を解かれ、部長に胸を揉まれながら腰を振る私が映っていました。

そして画面の中の私は しばらくすると胸を突き出すようにのけぞり、ビクビクッと大きく痙攣して部長の上に倒れこんだのです。

「これ誰が見ても合意のセックスだよね」という部長の言葉の意味はすぐにわかりました。

私は 自分がセックスしているところも、ましてやイクところも見たことありません。

このとき「いやっ」と言って顔をそむけましたが、本当はもう一度みたいくらい自分のいやらしい姿に興奮しました。

たぶん このとき部長には私のそういう気持がわかったのではないかと思います。



183 :ささ:2011/02/14(月) 09:49:18 ID:aevKznV80
部長は私をベッドに仰向けに寝かせ、膝を広げると上からのしかかってきました。

酔いも醒めはじめた私は 部長が奥深く入ってくるたびに押し寄せる快感を隠そうと、部長にしがみついて感じてる顔を隠そうとしました。

そんな私に部長が「見てごらん」と私の顔を横に向けさせました。

そこには股間で手を動かしながら 部長の下で揺れる私を凝視する渡辺先輩と小倉君がいました。

それを見たとき、すごく恥ずかしいという気持と今までで一番大きな快感が押し寄せ、私は中に入ってる部長のものを何度も締め付けながら逝ってしまいました。

たぶん部長も一緒に終わったのでしょう。

ぐったりした私から部長が離れると、急いで渡辺先輩がベッドに上がってきました。

先輩はすぐに私の中に入り動き始めました。部長違って自分勝手な感じです。

だんだんと冷静さを取り戻していた私は早く終わってほしくて、先輩が逝きやすいように素直にいいなりになりました。

先輩の次は小倉君。

「佐々ちゃんごめんねごめんね」と言いながら入ってきて、なぜか2〜3回動いたら終わってしまったようでした。あまりの早さに気まずそうな顔をしていました。


全部終わったあとで、私は部長に部屋まで送ってもらいました。

そして、今日のことは4人の秘密にすることや、会社では今までどおりにすること、見返りに私の待遇に配慮してくれることなど説明されました。

その後は、渡辺先輩は会社でもまったく以前の通り、あんなことなどなかったかのように接してきました。

小倉君は何度も食事に誘ってきて、しつこいので渋々行くと「好きだ」と告られました。 もちろんお断りしました。


部長は、他人に見られると燃えてしまう私に、その後も刺激的な経験をさせてくれました。

私は人見知りなんですが、そういう子に多い性癖だそうです。

部長以外は特に気持ちよくなかったので だいぶ端折ってしまいました。

中途半端でごめんなさい。



184 :なまえを挿れて。:2011/02/14(月) 10:55:35 ID:L93zYuDbP
>>183
良かったよ〜

>その後も刺激的な経験をさせてくれました。
差し支えなければ、この辺もよろしく〜


194 :なまえを挿れて。:2011/02/15(火) 03:36:18 ID:lPL0P2sVO
>>183
女だけど読んで濡れた


188 :なまを挿て。:2011/02/14(月) 14:19:06 ID:jTgJ1VznO
・3回でイッた小倉君貴女よりしかったと思います……


189 :なまえを挿れて。:2011/02/14(月) 14:40:01 ID:aevKznV80
>>188
小倉君は私が渡辺先輩に後ろからされているときに、興奮して私の口に入れようとして

部長に「酒に酔ってるからゲロはかれるぞ。やめとけ」って叱られたのもあって上手くいかなかったみたいです。。


192 :なまえ。:2011/02/14(月) 19:34:13 ID:aevKznV80
お酒がってなかったら泣います。

当時23歳だんですけど婦人科にも行っこと、さらに一人けお付き合いした彼がいたのですが、くして」願いして暗闇でしていたので人に見らはこのとき本当初めてでした。

長に連れられて全然面識のい人に見られがらセックスたことあるんですど、同僚や友人など恋愛感情を持てない身近られるのしいと思いした。



193 :なを挿れて。:2011/02/14(月) 21:04:59 ID:Jz6Ewdn7O
無い人にられたセッにつ詳しく


195 :なまえを挿れて。:2011/02/15(火) 11:22:58 ID:CwlX3xfrO
>>192
確かに知り合いのほうが恥ずかしいかもね。

その中でも一番恥ずかしい行為は何でした?


196 :ささ:2011/02/16(水) 07:52:11 ID:/cVf+H1h0
部長と社外では梅雨どきったので2ヵ月後くらいでょうか

で「食事に誘いたいどう?」当に食事だけなのか こ前みいなことをするのからずのをためらいました。

私にはお婿き合いている宿いな、部長は婚者だし会社の上、そうのっぱりよくないとていました

この間の事は体に深く刻み込まれていて、にかの拍子に思いては身が熱くなっても事寿

さん迷って、私は「ご緒させていたます」と事をました

は しとしととが降しいおで、部長と待合わをしてタ尿ーでお寿司屋さん行き

高級店として有名な そこのお寿司はど味しくて、「値段はしなくていいよ」という部長にすめられままたくさんいた

部長はそ日は茶をみながらお寿司を食べていらっしゃって酒が入って無にご機嫌で色んない話れてした

この間のとなん思い出さくらい殿と時でした。

でタシーで送ってくだというで、お店の前でタシー拾って人で乗り込みました。

ごく味しったです。ごちうさまでした」とにこり笑ってお礼言うに部長はそっと体を近づ沿

佐々木君のここ すごく美味し

スカートからあそこを触りなら言いまた。

そし体を硬くした私肩に手をまわしき寄せると「い?」とれまた。

このまま家に帰りたいとい気持と、部長に体をかせいという持の間で揺れていました。

でも、もも今 部長ついていったらもその次も絶対あと思て「ど殿ようどうしよう」答えられたのを部長はOKだと思ったようで運転さんに行を変するう伝えてしました。



197 :ささ:2011/02/16(水) 07:53:28 ID:/cVf+H1h0
分後、達はホテルの一室にいました。


シャワーを使いたいと「だだ」と言と、抱がら私をつか唇を重ねてまし

ていた唇はすぐにこじ開けられ、あっとう間長の舌が口の中に入ってきました。

逃げようとしてもすぐに追いつか貿、私の舌は簡単に絡め取られてしいました。

だかごくの思考をせます

にか私は息を漏らしながのキスを一心受けいま

部長はキらまる魔法のよう私の服せていきます

そして全部脱すとッドの上に寝かせ自分もスを脱ぎめました。

は もう一度シャワーを浴びたい訴えましたが、「だめだと言れました

部長を待つ間ドで向けに天井が鏡になとに初めて気づきました。

部長尿になる寿なっいた私を起こし、この間の渡辺先輩のよ後ろからを抱きかかえて座りました

思い出す?」と耳元でさやかがかっと熱くした。

長は私の膝を下から掴んで大きくました。

回は前に誰もいないけれど、やりその格かし。「足閉じたらだだよ」と言部長の膝ら手を離し、胸へをのばしました。すかさずを閉じて隠す。

子だ」と言って、もう一度私の足を開き、閉じないように自分の足押さえてしまいまた。

そして左手で胸触りながら手は下におし、中指をの中にうずめてきま。さっきのキスだけに感た私は簡単に長の指を飲み込んでしまいます


そして再び姿をあらわた指はれてキラ光ってい指先とあそこはい糸っていした。

「佐々木君うこなに…って、またそ私の簿

少しやりした指は私中ですぐります。そしては糸引きてくるので

これ以てたら頭がおかしくなそうで、私瞑っました



198 :ささ:2011/02/16(水) 07:54:34 ID:/cVf+H1h0
部長の指は私のあそこを大きく円を描くようになぞり、そしてまた中へ戻っていきます。それをゆっくりずっと続けるのです。

私は一番感じるところを触ってほしくて つい腰を浮かせてしまいます。でも部長は触ってくれません。

たまらず目を開けて後ろを振り向き「部長…」と。

部長はたぶんわかっているのに「どうしたの?」と聞いてきます。

言えずに諦めて前を向くと、また部長は無言で指をうずめ周りをなぞりまた指をゆっくり入れていくのです。

私は耐えられなくて「部長、触ってください」ってお願いしました。

「どこを触ってほしいの?」と聞かれたけど、どうしても言えません。

首を振ると「それじゃあわからない」といじわるなことを言います。

何度も聞かれたけどどうしても言えなくて、とうとう泣きながら自分で触ってしまいました。

部長は私が泣いたことに驚いて「ごめんごめん」って謝り、ちゃんとしてくれました。(あとですごく笑われました)

部長は私をベッドに寝かせると膝を広げて、私のあそこに顔をうずめました。

私は初めての感触に驚いて声を上げてしまいました。

以前付き合っていた人は あっさりしたエッチをする人で、お互い性器に口をつけることはしたことなかったのです。

気持ちはいいのですが、シャワーを浴びさせてもらえなかったし、すごい濡れてたので「汚いです。やめてください」ってお願いしました。

それでも部長は舌を這わせ続けます。

ふと天井を見ると鏡には部長の頭が私の足の間にあるというありえない恥ずかしい姿が…。

私は何も考えられなくなって、部長の頭をふとももで挟んで逝ってしまいました。

気づくと天井には 私に添い寝してくれる部長が映っていました。

頭を撫でながら「大丈夫?」と。

すこしぼんやりしながら「はい」と答えると、部長は膝を割って私の中に入りゆっくり動き始めました。

天井の鏡には部長の腰の横で揺れる私の足とか、ほてった顔、肩にしがみ付く手が映っていて「ああ、あの日これを渡辺先輩と小倉君は見ていたんだ」と思うと たまらなく興奮しました。




>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:乱交・複数, 女性視点,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様