2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

免許合宿で開発されてきた妻




免許の合宿に行かせた

妻は28ちょっと色っぽも評判のだ。

初は、近くの習所に通って免許を取せるったが、妻の運動神経の鈍さを考えるとかかるいので、思い切って合宿に行かせこと

宿免許な、そにならないだろうし、費も安く浮くだろという読みだった

る娘を妻の実に預け、私自身も久々の独身気分を味とい魂胆もあっ

し、は見事に出た。


合宿いる間はちゃんと毎妻か話が入った。

「ちゃん便べて

「掃除と洗濯は大丈夫?」

「浮気とかしてない宿ょう?」

なりに心配していあろう、さ一日おきに妻の家事を片づに自にくる始末。

ちらの小さな下心などお見のようだ。



妻が合宿に行て1週間過ぎと妻かの電少なくた。

ームシックにかかるかな?と思っていのだが、そかったようだ

元々社交的な性格だった、うくやっているだろ思った。

が帰ってきたちょうど1月後、若干日数が延びたが妻にしては上出来だった。

事か帰ると台所は久しぶりに見る妻のエプ姿あった。

あっ、おかえさーい」

ヶ月ぶりだらだか、け寄っ妻の笑顔は力的に、しかに思えた

ょっっててね、もうすぐ晩御飯出から

斐甲しくをしてろ姿。

束ねた髪からちちらじ、忙し指先ロンスカー西の上からでもわかる力的なランのお尻脚。

妻のさ、身体新鮮にて私を刺激してい


事を殿と私の会もそこに妻をベに連れ込んでた。

母親る監視のお陰で悪い遊びに出来なかので、かなり溜まっていた。

服を脱がせるのもどかしく妻の唇い、を揉む。久しぶりにわうの肉の感覚。

似ているが違う女を抱いている様な新鮮な感覚

ああ、いきなの、。。。ねぇぇ、灯り消してぇ。。。あんっ

して」婿恥ずかがりのOKンだ

4週間の禁のお陰かそっているようだとていた。

明を落とすと薄暗い中に妻のい肌浮かび上がった。




ゆっと妻の体をまさ、下着使一枚がし姿

若いほどではないが張りのいい豊かを舌で愛撫し揉みしだい

みるうちに便大き目乳首が立ちり、固なるがわった。

さらに舌乳首を転がしく噛でみる。

「はぁぁ。。。いいぃぃ。。。感じちゃうぅ。。。」

妻が前湿階でこん言葉を漏らのは珍しい。恥ずかり屋妻は、あま自分か表現をしないほうなのだ。

妻もよっぽど溜まっていたのだろう。目の前で淫らな身体をくねくねと動して悶えている。

の股に指を這わせるとパごしも判るほどぐしょりと濡らしている。

ゆっくりわれめに、指を潜ませ指を一本挿する

とたんに妻は、びっと腰を浮かせ、微妙にグランドをた。

あっ、あっあっ、いいいっそこ・・・もっともっといじてぇ。。。

の膣内に蠕を繰返し、指先め付る。めて験だった。

の本数を三本増やして妻のじる分を中心にピストさせる

愛液宿止めど無く溢れ、浮かした糸を引いてベッドに垂れ、みをっているのがわかるどだった。

あっっ、あっあっ、いくっいくっいくっ、いやぁっ、いゃうーっ」

一際綿高く腰を浮と思うと、悲鳴な声をあげて妻は絶頂にた。

私は、の反応に対して唖然とていた。

れほナミクな簿応をするの見た事かっらだ



から腰を動かし、もっともっ」とせがみ、愛を溢れさせて絶叫に近い声げて達する・・・

私の知る限り、妻はこんな反応を示す女ではなかた。

しろ、性的には未成熟セックスは感よりも雰重視するタイプだった筈なのに。。。

満が妻をそせているのか、れとも何の要因がある宿ろうか

体の痙攣がまるとはそっとの股間に手をしてき

私だってごめんねぇ・・今度は私がサースしてあげるからね」

そういと妻はペを握り、ゆっくりと上にしごめた。

驚きの余り力を失いけての刺激たちま回復しいきりていく。

も我てたんだもんぇ・・・ご褒美をあげなっちね」

私のを見笑み、ごそごそと布団の中に潜り込んでいく。

暖か粘膜の感がペニス

が妻頭の動わせて上下する。宿

妻が分からェラチオをするのもった

要求すれば仕方な言う感じですはするのだが、あまりきではないらしく技術も稚拙だった

しか今のこのは何簿う?

どうぶっ殿からないニスから身に流のような快走る。

まるで魔法のよう舌使妻は私の限界まで追いたていく

瞬く間に暴発寸前に追い詰められた私は妻肩のあたりを叩き、限界寸前であることを知らたのが、妻はさフェオの刺激を強め、私の腰をぐっと掴んだ。

この体勢ではの口からペニスを外すことも出来ず、の瞬間、私は射してしまっていた

にし4週間分のら量多く、私のペニスは妻に咥えられたまま度も何度も脈を繰り返した。

口内での射精も私にとって初めて験だ

ペニスの脈った頃、がもぞぞと布団から這い出てきた

てて私はベッドサイのティッを何り、に手

し、そな行為だった。

「うーん、なたの精液っていしいわぁ」

妻はおいしいそうに舌めずりしながら私の精をすて飲こんいたの


私は混た。

妻がってした運免許取りに合宿に行かせ僅か4週間うち

これ調、もしじように免許を取りに来ていたに仕込まれてしまったのか


湧きる疑惑と嫉妬にりながら、妻の股間に手を伸ばす。

そこは再び愛液を分泌めて尿

妻は身体をよじらせなが指は、一度放出した私のペニスから離れようとせ宿刺激を加えづけている

そのとも言える指よって、私くほどの回復力を見せた

を押しし、大きく脚をて押し入ってい

妻が甲高い声をげる。

回放出したおかげで十分な余裕あった私は、ゆ宿っくりと妻を責め始めた。

まで差し込み腰をグライさせると妻は、断のようめを上げる。

っくりと責め上げ絶頂に達する寸前で引きく。

返してい殿るうちに

ああっ、ぇ・・・いか

と妻が最後の一突を哀願した



そこで私の質問が始まる

お前、合宿でなんたろ




て・・・なんにもない


の男とやっだろ?」

「そしてない


「本当のこと言なきゃいかせてあない」

やぁっ、いかてぇっ、おかちゃ


じゃあ言ってごらん、ながあたの

「本当にもないよ


中々を割。再、3回ピスンし引き抜く。

やぁやめっ」

本当のことを話しなさい。他の男とやっんだろ?

「。。。そ、そうよしたの、したの他のの人たちゃったのぉ」

そうだ。

妻は私が禁を強られている間に他の男とセッスしていたのだ。

妬に狂っにしゃにむ突き入れた。

「そいつとは一も何回もやったのか

ううん、も何回もしましたぁっ、いっぱいしちった


「何回やったんだ?」

「わかんなんど毎日してたのぉ、いろんな人といっぱいエッチしち


「いろんと?一人だけないのか

うなの、いろくさんたくさんエッチないっぱいしちゃったぉっ


「俺より持ち良か?そつらポのほうが

「そうの、うなのぉ、あなたより気持ち良かっくぅっ


半狂乱になりながらは絶頂に達し、ほ時に私も妻の奥深くでの爆発を迎えた。

しばらくしてから妻は合宿の出来事を話し始めた。

--------------------


た大達と仲り、初の一は何もかった次第に妻がホームシッにかり、そを埋めるようにそいた大学の一とセクスしてしまったそ

れからその学生は、毎日うに身体妻もに応じてしまっ

のうち、合宿所禁欲生活の他の学生達までが妻の肉体欲処として使い始め、3P、Pはもちろん、生中だしやセックスまでは許したそうだ

日の若いオスめられ続け、実質3週間で妻体はすっかり改造されたといわけだ。

でも安心して。は一遊びからい奥さんになるから」

が終わるとと妻は一晩中セッを楽しんだ。

--------------------


そんながあっ数週、合宿習のの同生という生たちから、妻あて期会をやろうという誘いの電話があった。

妻も、一応の手りをいりをしていたが、内心は行きたそうだた。

そこで、私は提案をした。

家にきてらえばいいじゃな

私は内心、妻をおもち大学生たちを見みたいという気ちが沸いていた。

ええ? 本当にいいの

だってお前が話になっ子たちだろ?」


は、のとき私はある計画を思いていた。

たちを待した日、それは決行され

妻をもてあんだ大学生たち5私がな知らないとおもっやってきた。

このために友人たち借りてきたビメラを台、居間に隠うに設置した。

そして、宴たなわ中、酔ったふりをし娘を寝かしつけいって下がってい

ちろん、妻は残し 

しばくしが寝室にてきて私に声をかける

「あ、寝たの?」

私は狸寝りを決めんで返事をしなか

妻は音をたずに寝の扉めると学生たちの待つ、居降りていっ

ばらくしての上か聞き耳をたいると、私の期通りのこが始まっ

「奥さん、ご主人寝ちゃったんしょ」

ら、ダメよ。起ちゃうからそんなこと


「いじゃなさんだて欲ったんでし

、大ちが妻愛撫しはじめた

すると、妻ロンになって悶え始

だめぇぇ。感じちんなさい

つ着替えたのが見えそな白の超ミニと、ところがきくあ巨乳がはしそうなTシャを着ていた

かも、妻のは、これ始まるであろうこ待に潤みすでに股間を濡らしているのかもじさせ生たちを誘いるように



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ, 乱交・複数,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様