2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

免許合宿で開発されてきた妻




妻を運免許宿に行かせた

寿28才、ちょぽい近所でも評判の美だ。

最初は、教習所に通て免許を取らせるつ運動神経の鈍さを考えるとヶ月かかるかわかので、い切って合宿に行かせるこした。

宿免なら、そう長らないだろうし、費用も安く浮くだうというった。

4歳になる娘妻の預け、私自身も久々の独身気分を味わおうという魂胆もあった。

しかし、それは見事に裏目に出た


宿に行っている間んと電話が入った

「ちと食べてる?」

「掃除とか洗濯は大

「浮気とかしていでょう

妻なりに心配いるのであうが、さらに一きに妻の母親が家事を片づけに宅にくる始末。

るで、こちらのさな下心な見通しのだ。



が、合宿に行って1週間も過ぎると、やと妻からの話はなくなった

ムシッにかかるかな?と思っていが、そ心配はかっ

元々な性格だし、尿くやってるのだろうとた。

妻が帰ってきたのは、ょう月後、若日数びたが妻にしては出来だ

ら帰ると所には久ぶりに見る妻エプ姿あっ

「あっ、おかえりーい

だからろうか、駆け寄って妻の顔は前より魅的に、しかもに思えた

ょっ待っててね、もうすぐ晩御出来るから

甲斐しく支度をしている妻の後ろ姿

後ろねた髪からちらちら覗うなじく動ロングスカーの上かでも魅力尻と脚

妻のし綿ぐさ、身体全て鮮に感じて私を刺激していた。


食事を終えると私は夫婦会話そこに妻をベに連れ込んでいた

母親による監視のお陰で悪いびも満に出なかったのでかなりまって

がせのも唇を吸い、乳房をむ。久しぶに味わう妻の肉体姿覚。

良くるが違う女を抱い様な新鮮な感覚

「ああん、いきななのぉ。。。ねぇぇ、灯り消してぇ。。。あんっ」

て」は恥ずしがの妻ンだ。

も4週間の禁欲のお陰かその気になっているようだと思った。

すと薄い中にの白上がった。




ゆっくりの体をまぐり、下着を枚一枚脱

ほどはな張りのい豊かの乳首を舌でし揉みしだ

みるみる目の乳首が立ち上がり、固簿くなるのがかっ

らに舌先で乳首を転がし噛んでる。

ぁ。。いぃぃ。。感じちゃうぅぅ。。。」

が前で、こんな言葉を漏らすのは珍しかしがり屋の妻は、あまり自分からそ表現をしなうなだ。

ぽど溜まっていたのだろう目の前妻が淫らなをくねと動かしてえてい

股間に指を這わせるとパンテ判るほどぐっしょりしてい

っくわれに、を潜り込せて指を本挿入す使

たんに妻はびくっと腰を妙にライ便を始

「あ、あっあっ、いいっいいっいいっ、・・・もっともっといじめてぇ。。。

の膣内は微妙にを繰り返し、指先を締付けてくる。初ての験だった。

指のを二本三本と増して妻の感じ稿分を中心にトンせる。

液は止めど無く婿腰から糸を引いてベッドに垂、染みを作っていのがわかるほどだっ

あっあっ、あっあいくっいくっいくっ、いやぁっ、いっちゃうーっ」

際高く腰を浮かせたかと思うと、悲鳴のようをあげて妻はに達

私は、妻の反応して唖然としいた。

ほど妻がダイックな反をすた事たか



自分から腰を動かし、「もっともっと」とせがみ、を溢れさて絶近い声をあげて達

私の知いる限り、んな反応を示す女ではなかった。

むしろ、性で、クス尿りも雰囲気を重視するタプだった筈なに。。。。

求不満が妻をそうさせていのかとも別の要因があるのろうか

肉体の痙が収と、はそっと私のに手を伸してき湿

私だけいっちゃってごめねぇ・・・今度はービスしてあげね」

そううとはペニを握ゆっくりと上下にしごき始

驚き沿余り、を失いけていニスの刺激にたちまち回復しいり立

「4週間も我慢しねぇ・・・ご姿美をげなくっちゃね」

妻は私の顔を見てそごそと布団の中に潜りでいく

かな舌と粘の感覚ペニ寿スを包んだ。

の頭の動きに合わせて上下する。

妻が自分からフェラオをのもてだった。

れば仕方ないとですることはるのだが好きではないらしく技術拙だった

しかし、今のこの快婿は何だろ

ゃぶっているのかわないが、から全身に電流のようなが走る。

るでのような舌使いで妻は私を我慢の界まで追いたていく

く間寸前追い詰は妻ののあたり綿を叩、限界寸前であことを知らたのだ妻はさらフェラチを強の腰をぐ湿だ。

この体勢西では妻の口からニスを外すことも次の間、稿私は内深くに噴射してしまっていた。

にしろ週間分の精液ら量多く、私のペ妻に咥えられたまま度も何度も脈動を繰り返した

妻の口内での射精も私って初めての経った

ペニ退尿動がまっ頃、妻がもぞも布団ら這い出て

慌てて私はベッドサイティュを妻に手した。

、それは全くな行だった。

ーん、あなたの液とってもおわぁ

、おいしそう舌なめずりをながら私の液をすべ飲みこんでいたのだ。


私は混いた。

わっしまった運転免許を取りに合宿に行た僅4週間うちに。

、もしかして同じよ免許をりに来ていた男まっ


湧き上が疑惑と嫉妬に燃え上ながら、妻の股間にを伸ば

こは再び愛液を分泌し始めていた

妻は身体をよじらせな喘ぎ、の指、一したペニスから離ようとせず、軽い刺激を加えつづけてい

その絶妙指技てか、私のペニスは驚くどの回復見せた。

私は、妻押し、大き脚をて押しってく。

妻が甲高い声を上る。

出したおかげでな余のあった私は、ゆっりと妻を責め

奥まで差し込腰をグラインせる続的に泣き声のようなうめきを上げる

っくりと責め上げ妻が絶に達する寸前で引抜く

繰り返してちに

「ああっもうだめぇ・てお願いっ」

が最後のきを哀願した



そこで私の質が始

「お前、合宿でなんかあったろ?」



「なんかって・・・なんにもないよぉ」


嘘つけ、他の男とった

そんなことしてない


本当のこきゃせてあげ

いやぁっ、いてぇっしくっち


「じゃあごらん、なにがあったの?

本当になんにもないよ


中々口を割らない。再び、3回ピストンし引き抜宿

「いやぁっめちゃいやぁ

じゃあしなの男とやっただろ

「。。そ、うよ、したの、たのよ、の男の人たちとしちゃのぉ

ぱりそうだ

は私欲を強いられている間に男とセクスしたのだ。

嫉妬に狂った私は妻の股間にゃにむ突き入れた

「そいつとは一回だけ?それのか?

ううんしたぁっ、いっぱいしちゃったの


「何回った沿んだ?」

「わかんない、ほ日して、いろんな人っぱいエたのっ」


いろんな人と?一人だけゃなか?」

うなの、んなくさん、たエッなこといっぱいしちゃったのぉっ


俺より気持ち良かたのか?そつらのチンほうが?」

そうそうなたより気のよぉっ・・・いくぅっ


半狂乱になりながら妻は頂にほぼ時に妻の奥くで2回の爆迎えた

らくしから妻は合宿中の出事を話した。

--------------------


同時に入校した大学生達と仲良くなり、最週間は何なかたのだホームシクにかかり、の隙間めるようた大学の一人とセックスしまったそうだ。

から、そ学生は、毎日のように身体を求め、妻きれずにじてしまっ

うち合宿禁欲生の他の学達まが妻の肉体を性欲処理の道として使いめ、3P、4Pはもちろん、生中だしアナセックスで妻はたそうだ。

日のように若いオス達にめられ続け、実質3週間妻の肉体は改造さたというだ。

「でも安心して。あれはび、これからいいになるから

話が終わると妻は中セクスを楽しんだ

--------------------


んな事があった数週間後、合宿習の時の同期生う学生たら、てにうといいのあった。

妻も、りをいれるふりていた、内心は行きたそうだった

そこはある案をした。

が家きてもらえいか」

私は内心、をおもちした学生たいう気持ちがいていた

「ええっ? 本当にい?」

ああっ、だってお世話になった子たち?」


は、そのときある計画宿を思いつてい 

大学生たち待した日、それは行さた。

妻をもて大学生たち5、私も知らないおもっやってきた

私は、こ日のため人たちから借りビデオカラを台、居間に隠うに設置した。

して、宴たけなわの最酔っふりを娘を寝かしつるといって、室へ下がっていった

もちろん、は残して。

しばくして妻が寝室に貿ってきて私に声をかける。

なた、寝たの?」

狸寝入め込んで返事をしなた。

妻は音をたてずに寝室のを閉めると大学生たちの待つ、居間へ降りていった

ばらくして階段の上から聞き耳をた簿ててると居間私の期待通りのこが始まった。

「奥ん、ご主寝ちんでしょ」

「あら、ダメよ。起うから、そんなこと


いいじゃさんって欲かったんでしょ」

そういっ、大学生た妻をめた

すると、トロンとした顔つきになって悶え始めた

んっぇ。じち姿 ごめ

いつ着替えか、パティが見えそな白超ミニと、のとろがいて巨み出そうな白のTシャツ着て

しかも、妻の目、これから始まろうこと期待潤み間を濡している、体じもさせ大学たちを誘っているようにえた



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ, 乱交・複数,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様