2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

免許合宿で開発されてきた妻

 



妻を宿に行かた。

は28才、ちょっとっぽい近でも評判美人だ。

は、近く教習所に通って免許を取らるつもりだっが、妻経の鈍さをえるかかるかわからないので、思て合宿に行かせことにした。

合宿免許な期間らな、費安く浮くだろうという読みだった

4歳になる娘を妻の実家にけ、私自身の独分を味わおいう魂胆もあっ

しかし、れは見事裏目に出た。


合宿っている間ちゃと毎から電話がった

「ちゃんと食べてる?」

掃除とか洗丈夫?

浮気してないしょ

妻なに心配しているので、さ一日に妻母親事を片づけに自宅にくる始末。

るで、こちらの小さな下心どお見通しようだ。



妻が合宿にって1間も過ぎると、やっと妻からの電話は少なくなった。

ホームシックにかるかっていだが、その心配は無かったようだ

元々社交的な性格だったし、うまくってるのだろうと思っいた

帰ってきたちょうど1ヶ、若数がびたが妻にして上出来だった。

仕事ら帰ると台簿にはしぶ見る妻のエプロン姿がた。

「あっ、おかえりさーい」

りだからだろうかけ寄ってくる妻の笑顔は前より魅力的に、かも艶に思えた。

「ちょっと待っててねうすぐ晩御飯出来るら」

斐し支度している妻の後ろ姿。

後ろで束髪かちらちら覗くうなしく動先、カートからもわかる魅ラインのお尻と脚。

妻のしぐさ、妻の身体の全てが新鮮にじて私を刺激していた。


食事を終私は夫婦の会そこそこに妻をベッドに連れ込んでいた。

による監視のお陰で遊びも足に来なったので、かなり溜まっいた

服を脱がるのもどかしく妻の唇吸い、乳を揉わう妻の肉体の感

似ているが違う女を抱いて様な新鮮な感

「あん、いきりなのぉ、。ねぇぇ、灯消してぇ。。あっ」

して」は恥ずかしがりのKサ

妻も4間の禁欲のお陰かその気なっているようだと思ってい

とすと薄暗いの白い肌が浮かび上がっ




ゆっくりと妻の体をまさぐり、下着を一枚脱がしていく。

ほどではな張りのいい豊乳の乳首愛撫し揉みだいた。

みるうちに大き目の乳立ち上くなるのがかった。

さらにで乳首を転がし優しく噛んでみる。

「はぁぁ。。。いぃぃ。。。感じうぅぅ。。。」

が前戯の段階で、こんを漏らす。恥ずか屋の妻は、まり自分からそういう表しなだ。

もよぽどまっいただろう。目の前で妻が淫らな身体をくくね動かして悶

の股間に指を這わせるとパンティごしも判るほぐっしょりとらしている。

ゆっくりとわれめに指をせて一本挿する

、びっとを浮か、微妙にを始めた

「あっ、ああっ、いいっいい、そこ・・・っともっとい。。

妻の膣内は妙に蠕動を繰り返し、指先を締付けてくる。初ての体験

指の本、三本と増の感じる部分を中心にトンさ

愛液無く溢した腰から糸を引いてベッに垂染みをているのがわかるほどだった。

あっあっ、あっっ、いくっいくっいやぁ、いちゃうー

を浮かと思うと、悲鳴のような声をあげて妻頂にした

私は、応に対然といた

これど妻がダイナクな反をするのがなかったから



自分から腰を動か、「もっともっと」がみ、愛液を溢れさせて絶叫使声をあ達する・

私の知っている限こんな反応す女なかった

むしろ、性には未で、セックスは快感よりも雰囲気を重視イプだっのに。。

欲求不満が妻をそさせているのか、の要あるのだろうか?

体の痙攣収まると、そっとに手を伸ばして

だけっちゃってごめんねぇ・・今私がービスしてあげるかね」

そういうとスを握り締め、ゆっくと上下にしごき始め

きの余り、失いかけていた私のペスは妻の刺激にたちまち回復しいきり立てい稿

「4週も我慢してたんだもんねぇ・・・ご褒美をあげなくっちゃ

の顔見て微笑み、ごそごそと団のに潜り込んでいく。

暖かな粘膜の感がペニス包んだ。

妻の動きに合わする

妻がからフェラチオをするのめてだた。

私が要求すれば仕方な言う感じですることするだが、あり好きはないらしく技術も稚拙

しかし、今何だ

どうしゃぶているのかわからが、ペニスから全身に電流のよな快感る。

まるで魔うな舌使いで妻を我慢の限界ま追いたてていく。

瞬く間に暴発寸前に追い詰めらた私は妻の肩あたを叩き、限界寸前であことを知らせたのだが、妻はさらラチオの刺激を強私の腰をぐっんだ。

の体勢口からペニスを綿ことも出来次の瞬間私は妻の口内深に噴射ししまっていた。

なにしろ4週間の精液だ量も私のペニスに咥たまま何度も何度も脈動を繰り返した。

妻の口での射精私にとって初めての験だった。

ペニスの脈動がった頃妻がもぞら這調

てて私はッドサイティッシュを何枚かとり妻に手渡した

しかし全く無駄な行為だった。

うーん、あなた液とってもいしいわ

妻は、おいしいそうなめずりをしながら私の精すべて飲こんでいた


私は混していた。

てしまった運許を取りに宿に行かせか4週間うちに。

は、もかしじように免許に来ててしたの


貿上がる疑惑と嫉妬に燃えがり、妻の股間に手を伸

そこは再び愛液泌し始めていた

妻は身体をよじらせなら喘ぎ、の指は、一度放出した私のペニから離れようとせず、い刺えつづけている

妙と言える指技によってか、私の驚くほどの回復力せた。

は、妻を押倒しきくを広げて押し入いく

甲高い声を上

一回放出し宿おかげで十分な余裕のあった私は、を責め始た。

奥まで差し込インドさせる妻は、続的に泣き声のよめきをげる

じっりと責め上げ妻がする寸前でく。

何度か繰り返しているうち

「ああっ、もだめぇ・・いせてお願いっ」

が最後の一突きを願し



そこで私の質問が始まる。

「お前、合宿んかあったろ?」




「なんかって・・・なもないよぉ


つけ、他男とただろ?」

「そんなことしてい」


本当のこわなきゃせてげな

いやぁっ、かせてぇっ、おかしくなっちゃ


「じゃってごらん、ながあった?」

本当になんにもないよ


中々口を割ら再び2、3ストンして引き抜く。

「いやぁっ、やめちやぁっ

本当とをしな他の男とっただろ

。そ、うよ、したの、したの人たちとしちゃったぉ」

ぱりそうだ

は私欲を強いられてい間に他の男とセックスしていのだ

嫉妬にった私は妻の股間にしゃにに突き入れた。

とは一回だけか?それとも回もやっか?」

「ううん何回も何回もしましたぁっ、っぱいしちゃったっ」


「何回やったんだ?」

「わかんない、ほとんど日してたのぉ、いろんな人といエチしちゃたのぉっ」


ろんと?人だけじのか?」

「そなの、いんな人とたくさん、たさんエッチなぱいしゃったの


俺より気持ちったか?そいつのチンポのほうが?

そうの、ぉ、あなたより気持ち良かったのよぉっ・・・いくっ」


になりながら妻は絶頂に達し、時に私調妻の深くで2目の爆発をえた

しばらくしてから妻は合宿退の出事を話し始

--------------------


同時に入校した大学生達と仲良くなり、最初の何もなかたのだが次第妻がホームシッにかかり埋めるいた大尿生の一人とセックスしてしったそうだ。

それら、ように妻の身体を、妻も断きれずに応じてしまった。

のうち、合宿所禁欲活中の他の生達妻の肉体を性道具使め、3P、Pはもちろん、生中だしやアナルセッ許し

毎日うに若い責めらけ、実質3週間で妻の肉体はっかり改されたといわけ

「でも安心して。れは一夏の遊び、こらはいい奥さんになるから」

話が 終わると私と妻は一晩中を楽んだ。

--------------------


事が週間宿教習の時貿いう生たちから、妻あてに同期会やろういう誘いの電話があった

も、応私の手前、断りをいれるりをていたが内心きたそう

こで、私ある案をした。

我が家にてもばいいじないか」

は内おもゃにた大学生たち見てみたいとう気持ちが沸いていた。

「えっ? 本当にいいの?」

「ああ、だお前になった子たちだ


実は、のとき私は計画をいていた。

たちを招待た日、そは決れた。

妻をもて宿そんだ大学生は、私がなにも知らないとおってやってきた。

は、この日のめに友人たりてきたビデオカメラ数台居間にすように設置した

て、けなわの最中、酔ったふりて娘かしつけるとい寝室って西った

妻は残て。

しばらくて、妻が室に入って声をかける

なた、寝の?」

私は狸寝入りを決め込んで返事をしなかった。

音をたに寝の扉を閉ると大学生たちの待つ、居間ていった

しばらくて階段ら聞き耳をたていると、間で私期待通りまった。

「奥さご主ちゃったんで

使ダメよ起きちゃうから、んなと」


いいゃない、だっ欲したんでしょ」

そういって妻を5人ではじめた

ると、妻はした顔きになって悶え始めた

「あんっ、だうぅ。ごめんさい

は、着替えた、パンティがえそうな白ののとこくあいて巨乳がはみ出しな白シャツを着ていた

しかも、妻の目は始まるであろうことの期待に潤み、すで間を濡らしいるのか、体をじもじさせて学生たちるように



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ, 乱交・複数,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様