2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

俺の人生が性欲に翻弄されている件

 




1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 14:46:09.82 ID:hXQnptzw0
5歳でエロ本を読んだ、あの時から全ては始まった……



7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 14:50:38.57 ID:hXQnptzw0
俺は5歳の頃に親父の部屋でエロ本を見つけた

エロ漫画雑誌とザ・ベストみたいな雑誌もあった


俺は漫画のほうが好みで、度々親父の部屋に侵入してはエロ本を読み耽った

そして同年、無意識下で床オナを習得した



8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 14:55:03.26 ID:hXQnptzw0
床オナを習得してからというもの、エロ本を読みながらの床オナが日課になった

しかし それは俺だけの秘密


それは俺だけに許された快感だと

子供ながらに理解していた


何人にも侵されない、聖なる時間

それこそが俺の生き甲斐だと…!



10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 14:56:18.99 ID:2sX+gLQe0
床オナニストの鑑


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 14:58:27.28 ID:hXQnptzw0
小学生になると好きな子ができた

向かいに住んでいた女の子


俺のなにかは暴走を始める

彼女の乳首が見たかった

夢にまで出てきた彼女の乳首が見たかったのだ

しかしそれは許されざる行為

それは解っていた

解っていても抑えきれないこの欲望は、かたちを変えて現れた

ある日

俺は彼女の髪の毛をかみちぎった



13 :以下、名無しにりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 14:59:20.24 ID:3fnohe/x0
>>12





15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 15:03:37.48 ID:hXQnptzw0
それは小学校1年生にしては異常とも思える性欲の為せる業であった

彼女を俺のものにできないのなら、彼女の一部を取り込みたいという無意識の選択

しかし教師はそれを「いたずら」或いは「ちょっかい」としか見ていなかった

それゆえ俺は軽い注意を受けただけで のうのうと彼女やクラスの仲間と溶け込んでいった

何ら不自由のない友人関係

成績優秀

活発な小学生に、すでに欲望の悪魔が潜んでいようとは誰も考えなかったのだった


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 15:06:35.13 ID:EB5+N7420
ふむ
続けたまへ


17 :以、名無しにかりまVIPがお送りしま:2011/11/03(木) 15:07:08.47 ID:hXQnptzw0
小学3年と、に好きな子ができ

再び俺なに暴走を始

どうしても彼の胸触りたい

の一心だっ

然だが学3年生に胸う胸ない

ぺったんこある

しそんなこは関なか

乳首のつい、その分に手を触れたかった

そういった無垢な感情だっ



21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 15:11:11.08 ID:ydy6qokC0
パンツ下ろしたほうがいい?


22 :以下、名無しにましVIPがお送りします:2011/11/03(木) 15:11:39.51 ID:3fnohe/x0
>>21
早まるな


23 :以下、名無しにわりましてVIPがりします:2011/11/03(木) 15:12:09.42 ID:hXQnptzw0
俺のちいさな脳みそは日、彼女の胸を触る手段を考えることに大半の稼働を費やし

机と机狭い間を矢理すれうなど、尽てはれはなかか達成されなかっ 

達成ないイラと、募る欲

あからさまな行動をとっとして、そ囲の反応などが気になって

慎重にいかなければなら

れをに、は苦悩した





24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 15:12:47.08 ID:3fnohe/x0
しかし


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 15:17:19.30 ID:u8M4ia7z0
生き急ぎすぎだろ


26 :以下、名無しにかわりましVIPがします:2011/11/03(木) 15:18:28.70 ID:hXQnptzw0
結論ら言うと、俺はの胸を触った

して それは周や本にこといった影響に こ業を成し遂げたのは

ニン

ただのハプグだった

教室に入ろうとた瞬間、彼女が飛び出てきたのだ

そしてそれ意識の防御反応か、それと望で満された俺の脳が選択しか俺っくて両手を胸のあたり挙げたの

してそこのようにの胸飛びんで

たしかに俺は彼女のを触っ

しかも彼女に「ごめん」とまで言


目標を達成したは、婿頂天だった

そしてハプニングを装いさえすれば無限の能性がある ととを尿ったのだ



28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 15:22:41.35 ID:lN7FUlWU0
俺も性欲に翻弄されてよく書道展に行くわ


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 15:23:05.50 ID:hXQnptzw0
小学校6年生

それは徐々に男女の性差を気にし始める時期

そんな折、俺には相変わらずまた別の好きな子がいた

どうしても彼女とキスがしたい

これは再び俺のなにかを目覚めさせることとなった

先に学んだハプニングの法則、そして自慢のエロ頭脳

これをもってすれば不可能ではないと俺は考えた




30 :以下、名無しにましてVIPが送りす:2011/11/03(木) 15:23:29.74 ID:kUdjMdk/0
快楽に仕えすwwwwwwwwwwwwwwwwww


33 :以、名無しにかわりましてVIPが送りす:2011/11/03(木) 15:28:21.38 ID:hXQnptzw0
の頃は、悪友2人パソコンでロ動見ることを覚

いきりの修正

めて確と見る女性

撃のまんぐり返し

どれも魅力的だったが、も俺を誘ったのはープスのシーンだっ

俺はおかしく

ディースの練習を始めたのだ

手は鏡

をなめ回すだである

完全に暴走めた



34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 15:30:58.92 ID:u8M4ia7z0
最初から暴走しっぱなしだろwwwwwwwwwwwwwwww


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 15:32:40.72 ID:hXQnptzw0
鍛え上げたディープキスの腕前

それは俺の密かな自信に繋がった

ハプニングを意図的に起こすことなど俺には容易い

そんな根拠のない自信が俺を大胆にさせた

彼女の顔に自分の顔を近づけたがる

執拗に近づけたがる

その時俺は

ハ プ ニ ン グ で の ディ ー プ キ ス を狙 っ て い る の だ



38 :以下、名無しにかわりましVIPがおします2011/11/03(木) 15:36:30.17 ID:coGUcxK50
>>37
h…


39 :以下、名にかわりましてVIPがお送りします2011/11/03(木) 15:38:33.51 ID:hXQnptzw0
――絶望

いま思えれは絶望的な確

ロに西

、言ってしまえば確率などゼロである

断言できる


しか当時俺は信じていた

愚か教徒ごとく、そ時を待ちけてたの


当然、そは失敗に終

れどころりとの子付きいだてしま

小学付き合って何をすると

にわらないが、とにかく彼女俺のものになることはななってしったので

絶望し、自宅で床オナに耽

で俺 ある日気

的にはオナニーは手でしというこ



40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 15:40:03.65 ID:201zl6WN0
それハプニングとちゃうやん・・・


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 15:42:51.89 ID:u8M4ia7z0
遅いのか早いのかwwwwwwwwwwwwwwww


44 :下、名無しにかわましVIPが送り:2011/11/03(木) 15:42:56.93 ID:hXQnptzw0
こで俺はスイルンジを決心

ちなみにま精通いな

を知ずにスタンジなどおこがましにもがあるが床オナの汎用性の低さは問題った

所で拾ったエロ本をすに1冊所持してい手コ沿ニーの訓練を始

最初はまったくよくかったが、ポイントポイかゆような気持分を徐々に発掘開していった



45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 15:48:56.91 ID:hXQnptzw0
エロ本で見ていた「射精」なるものを体験していなかった

俺はすべてを床オナのせいにして、手コキオナニーを必死で体得した

中学1年生

新しい門出と共に、俺のオナニーも新たなスタートを切る

手 コ キ オ ナ 元 年

俺はイく感覚を掴み始めた

ベッドでひとりオナニーに耽っているとある日、何かが出そうだったのだ

「…くる!!」

なぜかタオルを急いで用意して、込み上げるなにかに備えた

その瞬間

俺は放尿した




>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:青春, 泣ける話,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様