2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

年上の妻に起こったこと

 



こんにち、僕27歳

と、の妻に起こった出来事を聞てもらたくて書き込みました

ですが、でいただけるいです


大学を卒手のェーンストアDに入社した僕が妻と知り合たの4年前です。

として巨大店舗に寿幹部候補生扱いでしたがまずは、研修から始まります。

1階フア、そこレジ主任として働いてた彼

より3歳年上、スレンダーで化粧っ気も無い静かなのに客さんへ尿は大きくハキリした声でキビキビ応対の人気者でた、僕にしてみらとても大っぽ使性。

でも女には夫がいまし


2年後、僕たちしていま

同じ職場と親しくた彼女悩みは夫ら受ける言葉の暴浮気

思い切っれちゃなよ」

僕の言葉に彼は離婚しました


そして、お互いみをけあっていた僕たいつし然なれで一に住むよなりま

は挙げませんでしたが、入籍をすませ、狭い賃貸ション部屋で寄っていたでし

腕も最高、き調でいつも、常識人でウソが嫌

が大好きた、本当に欠点い人す。


唯一マイトは酒にい事。

の酒で真っ赤になりても陽気になてしまう彼女居酒屋から帰り道、大な声歌をい、腕を振り上くる回ります

タバコの自販機にぶつかり、に謝り始めす。

朝、なにも覚えてないす。

ちょとした酒乱?でこんな事も愛らしいものでした。



妻はスをしてる時も、あまり乱事はありん。

恥ずかいのか必ず照を落正常で僕ちはいつ抱き合いました。

技をす、妻は返しにフェチオしてくれまも、まるでキのよなフェラ

つも途中で恥ずしそうに止めてしまいま。でもは満足。

彼女感じくるとなあぎ声をます。じたままのこもった「うんっ調、う・・」って。

そし絶頂がづくと僕腰に腕を、ぐっ体を自分のき寄せ

快感中でき合っま、とても幸せな気た。も静かな静なセックスでした。



ある秋の日、職場の3人は連れ立っ酒屋酒を酌み交わしていした。

職場の店が閉まるのは夜9時。後けを終え、馴染ょっと一杯。間はもう、11時を過ぎよとしました。

酒のせいで口らかになった先輩達は、をい西いろ聞いて。なせ先輩もみんな妻は職場で元顔見知り、話はつもエロかいます




「なあ、彼女はエッチの時んな声だすんだ?」

「もとも人妻だったんな、いろんなを教えてってるゃないか?

あまり猥談に参たくない僕この日はなぜかノリでした。

は大人しいですよ」

「正位で通のクスしって。」

答えに、

前が下だからだよ」

「お前ンコ小んじゃ無いか?

先輩の容赦ないからいに、ちょが立った僕

彼女はきっとそんにセックが好きじゃないんよ!淫乱じゃあいし!」答えのをいま

のは終電も終った時過した。

「なあ、お前の家ここから近いだろう雑魚でいいから泊てくれよ。

輩の命逆らなかった僕はしぶしぶしました。



入る早速2次会となました。結婚して仕事を辞た妻と、先輩3人もしぶりの会で

ビー湯割りり上がりした

その夜は更け、久しぶに飲みすくなってきました。畳になったまま、自の腕を枕に、いつの間にか寝てしました

りに落妻に目やると、女はっていました。

結構酔っ払ってるな・・」

ちょっ分になりましたが、眠気には勝てなかったようで



枕にしいる手のシビレは目覚ましました。

部屋は静かで、電も点いたま、でも誰の話し声聞こえせん

「みんな寝たのな?」酒で鈍っ頭で考えました

目だけを動かし、そっと部屋の中を見回しました

「ん?なんだ?

真っ白なケツが見ましでした

な格好した、上半身はワイャツにネク

下半身は素っも靴下ています


「???」僕は混した

動かく目を凝らして貿、僕はとしました

先輩2人下半身裸でひざちします。

そしソファに仰向で寝妻。

身はロシャツのまま、下身だけっ裸のようで

して、先輩2人はひざ立ちのまま西黒いニスを、妻から2本押していました。

瞬にして目が覚めた僕は

湿寝ていいたずらしいるか?」と考えました。

た。

かし、上がってぶうと考えた、次映った光景は信じられい物でた。


は、2本のスを自分から手に取ったです

して、代わるる口に含みた。

根元深々と咥え、をへませ吸い、ゃぶす。

からと、舌を突き出しカリの回りを丁寧に舐めとります

もう一人の妻の足元ました。

のひざを立てさせ、性を突じゃり」と妻の陰を舌め上げ音が聞こえした


けませんでしたしょ?立ち飛びかかり、ぶん殴やりたかった

3人とも刺し殺てやりたいくらいだに・・。

僕はぶせのま綿見てまし

泣きながら見てました。


がて輩2人共フェラ飽き、1人は妻のロシツをくり上げ、ブラをずらし乳首を始めました。

もう1人は妻の下身へ移しました


っきか拗にのクリトリス辺りを舐め続けてた先輩に加わり、下半身攻め始めた先を妻に入でした

クチュ、クチ

「じゃり、じゃり」

静かな綿猥な音だ


くと卑猥な加え、音が始めていました。

んっ・・あん・・・。」

妻のあえぎた。

声を聞い先輩は、妻にあからさに見指3本を差出すと、そのま3本のの膣く差込み、激しくピストン動を始めました。

チュッ、クチュ・・」

卑猥音のペース上がると、妻あえぎ声きくなりまた。いつもの口閉じた、控えめな喘ぎでありません。

と、まるでサカリのついオスようなでした

が初めてく声でした。


そして卑猥なピストン音のペースが一層速宿なるとられない声げたのです

ああ〜ん、気持ちいい・・・もっと早く・早くう




妻は自分手で自身の両ももをつか、自からM字型に大きく開いたす。

先輩たに、開きせつけながら、妻

「気持ちいっ!気持ちいいっ!・・」

言のよう繰り返していまた。

て自腰を持ち絶頂を

は白目をむいてれを流していた。


気づかれいよう泣いいました。

つぶせのま、パンツには勝手射精していまた。

今までに経験した事無いようない長い射でした



絶頂に達静かになった妻の足を抱え、一番やた先常位ペニを挿入しようとました

しばらく妻の腹の上でモゾモゾと動いていましたが、すぐにしまいました。うやら立たなったようです


次に2番先輩が赤黒いペニスをつかみ、グッとまし

膣にペニス瞬間、妻は「ううっと喘ぎを漏らしまた。

も2番目先輩、1分も持たずにイッてしまいました。ピトンも大して出来なかっの上に精液をしました


感じた様子無く、僕は「早く終わってくれ、終わ」と念じていまは「感じるんじゃない簿、そのままマグロのようていろ」と念



の先輩、妻の太ももをち、足を大きく広た。

番背の先輩でした

短いわりに芋の自身のペニスをつかむと妻の膣に挿入しまし

るで、機械のよピストン運でした。、確実に妻の性器を挿し貫きまいつまでもい、正確な腰のきはきました

そして、うとう妻の口かが漏れました、泣きのような喘ぎでした。

時に妻の腰も上下に動ました。

先輩陰嚢が、妻の性に当たり沿パン、パと音を立まし

先輩ペニスは、妻の愛液でテラテラと光りながら、確なペースで膣を出入りしてました。

に太いペニスで、妻の膣はきっと今までいくらい押し広いるのでしょう、妻は、泣きそうな顔のままぎ続けてました。

やが、先輩のピスまり始めした。絶頂近づいてきたです。

先輩とがぶよりいっそう部めまた。

妻は、また
「あっ・・ちいいっ」

うわように繰り返し始め


そして妻は、いつもにすように先輩の腰にし、グッと自分に引きせました

先輩も、妻の図を感じたく、妻の中に手互いかりと抱つく格好した

そのままの好での子宮を壊かのとくい勢いでを突き始めまた。

妻は隣近に聞こえる程の大を出めまた。

「来!来っ!!ああ〜ん!突いてええっ

すると然先輩は絶頂に達したらしく、急いでペニス引き外に放出としました。

、なと妻は、輩の背回した手をより一層引き寄せたのです。

そして、こんなに開殿驚くほど大きく股を開き、先からめ、と抱きつき、先輩の精液を自の膣の吐き出させようとしたのです

先輩はそのまま、妻意思にまるかのように、力いっぱペニ突きたて妻の宮奥深くに射精た。

二人はお互い力一杯抱きしめあっていまし

口から西
してえっ!出して!・・熱いい!出てるう・・び声した。


先輩ちは、僕起こさないうにえたのか、静かに服をて妻の器をティッシで拭きパンティをチノパンを元様に履かと、こそこそと家から出て行した。

もうの時間でし


僕も起き上がも無かったようなイビキをかいて寝いる妻のそば座りました。

スをまし液のにおいがしました

の体に寄り添って泣きま

いていまし



ふとを覚ました、いつにか寝ていました

に寄りかかまま、僕体にオルケットが掛ていました

味噌汁のがしました

酒とツマミも片付けられ。妻は台所でごはん作っした。

「おはよう、は飲みすぎたみたいたいもん」、妻で言いた。

少し寝いたまます。

「先輩達、いつ?知らた」と妻けま

しかして記憶無い尋ねと、、途中で寝ちゃったみたいるく答した。

、何も言せん

先輩にもなにも言いまんでした。

は、明るく元気で

は、いものように乱れることなく、静かセックスをます。

知っいま僕に女の面をってる事を・・。

、いのです

今の妻も、あの夜の妻両方も本当の妻の姿だから

まに、トイレでとオーをします。あの夜のを思い出しながナニをしす。

射精いつより長、長く、そしてちょっと寂しが残る射です。


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ, 乱交・複数,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様