2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

劇団の濡れ場撮影で後輩をイかせた

 



のなか高に萌えた体験を書かせてください

時、俺にはそかだった女の子がいた。

目がくりくりして子猫みいな女は由ゃんと言っ人しど ちょと不思議系。

緒不安定か よく人で ぼんやりてることもくて危なっかしいとうか目が離せない在で。

俺は、彼所属しているアマチュア

西 21歳だった女はとしゃなかろうか想をいに膨らませるよう穢れをらない雰気を持てい

のくコケィッシな魅備えていて劇内で彼女を狙っ多かっ


はと言えば、「変態」っていた。

覗いたりとか、まあ劇団でもャラは公認?で「(俺の経験談が)飲み寿タに最高だけど、彼にはい男」としては認知れてました。

なの、皆の憧である由美ちゃんと俺、んて誰もりえい。や実に俺も有りえんだろうと思ってわけ

も、報われない恋な せめて一回だけいいいさせてくんね

などと許されない妄想抜きくる日々。



そんな時に件?起こりました。

(ち由美ちゃん」仮名す、今更ですが。)

それは、劇団主公演使う像の影日

オリナルの脚本でい内容はなんきまが劇中で男女が激婿絡み合う映像が要だったんですよ。

最初AVでいくらでも代用がだろという方向だんですが演出(脚人がいたが言うに

AVじゃ偽者の映像になる。演者本人が演じなければ意味がない。」とかで。

だにには よ分からないてアマチアなんでが、映像で絡む者は主人公であ由美んと俺。

反対はずがりません


、当の由美ちゃんは というと本気で目指していたらしく、しかも演出さん(性)を敬してたみたで、かなり気持の揺れはったもの最終的は演出の言葉うこなっ

の前日は、ゃくちゃ興奮しど絡みってどの程度やるつもりなのか全然聞いていし あまりの興奮に俺が暴たらどしよう、と々考えてました


撮影、演行いまた。

メラ片手の出(25歳、女性)由美ちゃん(21歳)(当時24歳)の3人屋にると演出さんが影用に準備した布団が真中にひいてあっ

色んなグル撮らベッは不向きと言ってまし

切なのは、AV像だから却下劇を観に来た観客には、出演者人たちの映像だられてはならない。とも言っていました

ますます訳分からなですね。要り手の心意気の問題なんしょうか

俺は由美ちゃんと足なんどうでもよたんですが。

由美ちゃんと木下くん(俺の仮名)パンツだけになって。」

え。いきなりパンツ一枚ですか?とてもきました




、そんな俺にもくれず「由美ちゃん恥ずいだろう・・大丈夫だよ
か彼女に確俺が大丈夫じゃいかも。

由美ちゃんは、瞬躊躇したけど俺に背をるとスルスルと服を脱ぎ始めまし

それ見てあて脱だす俺。

ボクサーブーフいちょになって彼女を見やる後向いたまブラ外してるとこでし

小さいころってとかで、稿りしなかな身体のライン

一度てみいと強願っていた裸体目の前にある。ドキド

外しピンクのラをっと床覆った手の間から乳首がチラッと見え・・・早起してしまいました



して撮影。

ずは画面さまり具合をチェクすところから始まった。

演出(仮名内田ん)が、由美ちゃんにす。

あえ一人で仰向けに寝。おっい手で隠さないで。そうそ。それで足を開いくれ?もっ大きく。両膝が胸横に来るぐい上。」

ビデオわしながらい指示然と出殿

美ちんは、不安人し言う事をきいて

俺はとい、そめたで見ていた。


たわる由美ちゃんのおっぱ、プリンて綺麗なをしてる

乳首がなも言えない色いと大きさで、うお〜吸い付きてぇ〜って思ったよ

のパンツは、勃起とな汁に占領もんら 両手を間のに組ん間抜けな格好である。

思えば、田さんはビデオまわすの真剣そのものだったし 由美ちゃんも分の恥ずかしさ貿っぱいいっいだったし抜けな格好なんて誰も気だよな。


「あー、由美ん。と自の手両膝抱えてく

の頃から、俺は内田さなんじゃ湿いかと思てきた。

面、からあまりに過な要求で俺が触れ前に由美んが辞めるって言い出しないって心配込み上げる

それ程に田さんの示は美ちゃんっては調)破廉恥で(俺にとっては)願い内容った


どっちにしろ俺は魔しに黙っ見ていかなかった

ンクの下延びた由美ちゃんの白く綺麗な

いんだ肉付きでムッチリとした足は自らのれてはしたく開いている

脚の中心にあの境目を俺は凝視し

無駄毛本も出てないなぁ、とか。ずっと見てたら その透視出来ぇかな、と便か。

ピンクの下着の目付舐めるよした宿ともさ

「内さん・・わたし・

のいしいが耐えられなたのずっと順だた由ちゃんがで、田さんにか訴えかけた。


どうしたの?・・やる言ったよねこの役をやるってめた?」

口調優しかったけ田さそれ出来ないなら主を降らうで、という味合が込めれてた感じった湿

おいマチュア劇団の演で何もそこま・・とその劇団員であったら思いました。

内田んの作に対する思い入れ当のもんだった。

そして美ちゃんも、今回の役は今までにないぐらい望してた。

・はい。」

由美ちんの消え入り返事聞い、俺は股 また変なぼしよ。



「うんそのままね。木下、お待たせ。」

んを、下着枚の開ポーズで待たせた内田さ西は、よいよ呼んだ。

て初めて どうむかの指を受ける。

にも書いたけ婿ど、内さんは、役者がビデオ写っていと分からいようたかたらしいので、画面に おさまるのは由美ちゃんの首か下、大き広げ俺がクンニっぽ頭を埋、両手は由美ちゃの胸を激しく愛撫するというものだった。

ジか?マジなか!当にい

指示を聞い端、射精しそうなほ興奮を覚えました

石に戸惑って、由美ゃんをチラッと見たんすが彼女は さきどのやりとり もう覚悟を度決めちゃったみたいで何も言わかっ

だ俺の方も見よせず、伏せ目がちに堪えてる様子だった。


彼女がこんな我慢してるのに、俺が出来ませんなんて言る訳なじゃないか

を創に、演出の示をくこのはのつめ。

上は言い聞かせ、内心でも股間バクバク状で由美ゃん足のをつた。


愛撫ンニ(っぽく見える動き

がズごつくので、に そっと由美ちゃんのおっいに手をや

たと同時に、彼女の身体がビと震

な感じすか?」

内田認を取つ遠慮なく可愛いのおっぱいを揉みしだいた。ああ・・・柔らかいよ

は そのぐらいでOKじゃ、そのまま下てって。」

胸を揉んだまま頭下げていく。

俺は万歳した格好で、由美ちゃんの足と顔をはめ込んだ

「その角度じゃ、由ちゃんの下着が見えるし頭ずらして

下着越しとは言前3cmにもい場由美ちゃんのオマ○コがある




の鼻息が荒くなのは言うまでもな。ピンクのら香た、多分)柔のいい匂いが忘れらい。


うそう。木下くん、いいよその頭の動き。みな感じで。

えっと、匂だけですが・・・。

アングル的ケる木下くん手動きも激しくして。

正直の体勢は結構んどいものがたが そんなことは言って

ぞとばかりに由んのっぱいく揉んでさくさに紛首も弄っコリコリしました

ひたすら匂を嗅ぐ

くん、コリリ。くんくん、コリコリ。くん・・せ。


由美ちゃ、少し演技てくれないかな。表情はらなても無反応なのは伝わってくよね。」

田さんの、由は固く目を瞑って、の撮影が終わるのを待わびている風だっ

俺が動きを止めたにも気付いてないんじゃ、てぐらい

「由美ちゃん

内田さで、ようやく彼女は目を開けたな瞳が縋るに内田さん見てる。

でも、その格好は変わらず両膝を抱た開脚ーズ・・んかャップが、とんでもなくエロだ

「あのさ、激しい愛れてるんだからね、感じてる演しいのよ。」

、はい?」

来るでしょ際に首弄られて何とも思わない?」

・・・分せん。緊して

今まで、誰れたことないの?

「・・・ないです。」


なんてこったい。てこ、俺由美ちゃん乳開拓者か!?

ごめん、こんな影で。しかもこんな。でも神様(田さんありが!!

な俺の考はさておき


「それでも、想像で演技出いかな。じないと先に進まないわ

すみませんてるつりなですけど・・」

仕方ないね。・・・下く

やれやれとばかに溜息をついた内田さんは俺見て言った。

由美ちゃんの乳首、めててく

この瞬内田綿んは完全に神様となっ西た。


下がる顔をひめ、れ流す液体を化して、俺は由美ちゃんに声た。

俺も協力して。そて早く終わらせよう?」

美ち、目に涙をめていたがが至極真面(そうに)語りかたのッと結、大きく頷いくれた。

の反動で、彼女の目に浮かぶ涙が ぽろっと滴零れて・・・可愛い過ぎる


田さんと由美ちの許のもと俺は誰にはばかるこの乳首を舐めくっ

技のをつかるまでは、ングル等を気にしないで大丈夫とのとだったので手で左右お乳を掴み、レロレロと。

も、乳首先っ殿もペロペロ。口に含んでチュッチュッりもし

に、自分欲求を満たしるに過ぎなかったのだ


内田さん褒め続け沿

するとずっと身を硬くしているだった由ゃんの息が乱れ始めた。

ひょっとしたら演技か・・?とは思ったが、なんにしても彼女 そういった反応がけれ撮影先に進まな

そして仮に演たとしても、徐をあげ時折「・・・・・ん・・っ」と声を漏 彼女は、最高エロく可く悩また。


「二人共すごい。カメラまわすら続けて

内田んがビオを再にしたので手で乳首を摘みら頭を下げた。

すかにる由美ちゃんも貿再び足いて両膝を自分で抱え持った。

「ああ、おっぱがリアに濡れて感じ出て。」

に由美ちゃのおっぱいは俺の唾液でべゃべだった。

おかげで滑がよってて、中腹で乳頭をこするだで彼女は・・ぅんっ。」とエロ可愛い声を出ていた。まらん。


けて。この映像対使るか張っ。」

誰にして励ましなのか分からないが、常静な内田んもこの時はノリノリでした。

内田んはめてくれるわ、由美ちゃん俺の撫で鳴てくれるわ、目の前女のオマ○コがあるわ、もう天国


ここまで来欲がる。なん侭なき物んだう。

内田さけて」の言いたっか。気持的には、いつまでだって続ていたい俺だったが、せん制が苦しい。

の形で胸に愛撫を頭をンニっぽくかす。

でも実際は、彼女着をつけていて俺、2、3cm顔をた状頭をてい

首が疲れてきた、もちょとやってみたい、という欲が時に押寄せて俺は美ちゃんの足間にベッとを付けてし

貿、やだ・・・っ。

の定、驚いよう美ちゃん声があがたので、かったか!?と焦った瞬

今の反応いい!

内田さんの素晴らしき声が響き渡りまた。




>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:興奮したシチュエーション, ハメ撮り, 異常シチュ,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様