2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

劇団の濡れ場撮影で後輩をイかせた




のなかで最高えた書かてくださ綿

時、俺 ひそかに好きだったた。

がくりみたい彼女美ちて、大人しいど ちょっと不思議系。

に情緒なのく一やりしてることもて危なっかしいというか、目が離ない存在

は、彼女も所属アマチュアの劇団員だった。

その 21歳た彼女は ひょっして処女じゃなろうという男のをおおいせるようなれを知らな雰囲を持

そのくコケティッシュな力を兼ね備えて劇団内で彼を狙ってる奴もかっ


俺はとえばってた。姿

風呂いたりと、まあ色々と劇団内で俺のキラは公認?談がみ会のネタには最高だけど、彼にはしたくなとして使陣に認知されいま

なの皆の憧れである由美ちんと俺、な誰もりえい。いや実際に俺も有りえんだろうと思ってたわけ

でも報われない恋ならばめて回だでもいい思いさせてくんね

どとされない妄抜きまる日



んな時に沿事件?が起こりました

みに「由美ちん」は仮名です、今更ですが。

れは、劇自主演で使映像の撮影日

オリジナル、詳しい内容はアなんで省きます劇中で、男女がしく絡合う映像が必要だったんでよ。

AVいくらでも代用だろうというだっ宿すが演出脚本もこのが書いが言

の映演者本人が演じなけれ意味」とで。

いま俺には よくらない理屈(だってアュア)ですが、映像で絡む役者人公ある由んと俺。

反対するはりませ


、当の由美ちゃんは といで女優さん目指ていたらしく、しかさん(女)をから尊敬ていたみたいで、かなり持ちの揺はあっの最終的には演出の言葉従うこになった。

撮影日はちゃくちゃ興奮しけど絡っての程度やつもりなのいし あま興奮に暴発したらどうしか色々考えてました


は、演で行た。

片手の演出(25歳、女)とちゃ21、俺(当時243人けで屋にると演出さんが撮影用準備し団が真中いてあった。

なアングル撮りいからベッ向きか言てました

切なのは、AVは却下したのの劇観に、出演者本人た映像だと知はならない。とも言っていした

ますます訳分からないでね。は作り手の心意気の問でしょうか。

俺は由美ちんと絡めれば満足んでどうでよかんですが。

、由美ちゃんと木下くん(俺の仮名)パンツだけになって。

ンツ一枚すか?とてもきました




出さな俺にはくれず「由美ちゃ恥ずかだろうけど・・・丈夫だよね?
か彼女に確認。夫じゃないかも。

由美ちんは、一瞬躊躇しけど俺に背を向けスル服を脱始め

それを見てあわてて脱ぎだす俺。

ボクーブリーフいっちなっを見やると後向いたまブラを外しるとこでした。

さいころかバレエってかで、予想通りしなやな身体のライ

度は見ていと強く願ってい裸体が目の前にる。キドキした

外したピンク そっと床にくとき覆の間かと見えて・・早速勃起してしました。



して撮

まずは画面のおさまり具チェックるとこら始た。

出(仮名内田さん)、由ちゃに指示を出す。

「とりあえず一人で向けに寝て。ぱい手で隠さないで。調うそ足をいてくる?もっ大きく。両膝が胸のに来るぐらい上げて。」

ビデオをまわしながら、凄い指示然と田さん。

美ちゃん、不安な情だが大人しく言う事をきいてい

俺はというと、その様子り詰た股間で見守った。


わるちゃのおっぱいンと麗なてる。

がなんとも言ない色と大うお〜吸い付きてぇって思

俺のパンツは、勃起と変な汁に占領されてたもんだから手をの前に組だ間抜けなである。

でも、今思えば、内田さんはビまわの真剣そのものった美ちゃんも自分の恥ずかしさでいいっぱいだっしで 俺の間抜けな格好んても気に止てなか殿たんだよな


「あ、由美ちゃん。ちょっと分の手膝抱えてくれ

この頃か、俺は内田さんが神様なんじないと思てき

反面最初で、俺が触に由美ちゃんて言いやしかって心配も込み上げる。

それ程内田さんの指由美ゃんにとっては)破恥で俺にっては)願っもない内だった。


どっちにしろ俺邪魔しなうにって見ているしかなかった。

ンクの下着から延びた由美ちんの白く綺麗西な足

いんだど、絶妙な肉付ムッチリとした足は、自ら手に支えれてしたな開いている

開脚の中心にる下の境視した

無駄毛が一本もてなぁ、とかずっとら そのうち透視出来ねぇかな、とか。

ンク下着の縫目付近を舐めるように見ましたとも

「内・・たし・・・

いやしい線が耐えらたのっと順だったちゃんが泣きそうな声で、内田んに何訴えかけた。


どうたの?・・・やるっよね。この役をるって決めたよね

調は優ったけど、れは出来ないなら降りてまでが込められていた感じだった。

おいおチュア団の公演で何もそこまで・・とその劇団員であった俺ですら思い

、内田さんの作に対る思い入れは相当もんだっ

そして由美ちゃんも、今回の役今までにないぐらい渇望していた

「・・・は。」

由美ちゃんの消返事をて、俺は股間た変汁をたよ



「うん。そのままね木下くん、待た

由美ちゃを、下着一枚の開脚ポーズ寿で待田さんは、いよいよ俺をんだ。

初めてう絡むか指示を受ける。

前にも書いたけど、内田さんは、役者人がオに写っると分からような映像にたかったらしいの面に おは由美ちゃんの首から下、きく広げた足、その間宿ニしてるぽく埋めて、両手由美を激しく愛撫するといのだ

マジか?か!?本当にいいのか!

を聞た途端、精しそうなどの奮を覚え

石に戸って、由美ちゃんをチと見すが彼女は さきほどのやとりでう覚程度決めちゃっみたいで何も言わかった

の方も見うせず、せ目がちに堪え様子


彼女がこん我慢してるのに、俺がんなんる訳ないじゃ

作品を創ために示をなすのは役者のつとめ。

、建前はそう言聞かせ、内心ではも股間クバク状態で由美ちゃ足の間膝をついた。


胸を愛撫ながらクンぽく見える動き

照準がズレた まごくの、始めに そっと由美ちゃんのぱいに手をやった

触れたと同時に、彼女身体がビクッと震える

こ、こんな感

内田さん確認を取つ、俺は遠慮なくい夢のおぱいを揉みしだい・・ぅ。

「最初は そのらいじゃ、そのまに顔持って

手は胸を揉んだまを下げて

俺はた格好で、由美ゃんの足の間へ顔をんだ

「その角度じゃ、美ちゃんのが見えるからもし頭して。」

越しは言えcmにい場所に、由んのオマがある。




俺の息が荒くったのは言うまでもい。ンクの下着から香った、(柔軟材いいいがられない。


ん、いいよーそのき。小刻みな

えっ、匂い嗅いただけですが・・。

し、グル的にはケる。木下くん手の動きもしくてみ。」

直、この体勢は結いもがあったが そんなこは言ってい。

ここぞとばかりに由ちゃんのおっぱいを激しく揉で どさくさに紛れて乳も弄ってコリコリました

で、ひたすら匂いを嗅ぐ

、コリ。くんくん、コリリ。くんくああ・・・幸せ


由美ちゃん、少し演れないか表情写らなくて無反応伝わっくるだよね。」

んの言葉に、ちゃんを見上げるとは固くって、一撮影が終わるのを待ちわびてる風だった。

が動き止めたのにもいてないゃ、ってらい

美ちん?

内田さの呼けで、ようや女は目を開け無垢な瞳が縋うに田さんをる。

格好は変わらずを抱えた開脚ポーズで・・・んかギャップが、とでもなくエロだ。

「あのさ、激しい愛撫さてるね、る演技をして欲しよ。

はい・・・?」

「出るでしょ?に乳弄られて何とも思い?

・・分かません。してて。

今ま誰にたこいの?」

「・・・ないです。」


なんてこったい。てこ、俺んの乳開拓者ですか!

ごめんよ、こんな撮しかもこんな男で。(内さん)ありがとう

なんて、自分勝手な俺の思考はおき。


それも、で演技出来ななー。じゃないに進まないわよ?」

ません、頑てるもりなんすけど・・・」

「仕方ないわね。・・・木下く

やれやれとばかり息をいた田さは俺を見て言った。

由美ちゃん乳首てみてくれる?」

瞬間、内田んは完全様となった。


脂下をひきしめ、垂れ流体を誤魔化して、は由美ちゃんに声掛けた

「俺も頑ら、協力して。してく終せよう?」

美ち、目に涙を溜めていたが、俺が稿極真面目うに)りかけたのでキュ結ん、大きくいてくれた

その反動で彼女の目にかぶ涙が ぽろっと一れて・・・可愛ぎる


内田さの指示と由美ちゃ可のもと誰にはばかることなく彼女の乳首を舐めった。

ちゃんが演のコツをつかるまカメラアングルしないで大丈夫ととだったので、両右の乳を、レロロと。

輪も、乳首の先ょもロペロ。調口にんでチュッュッったもした。

単に、自分の欲求を満たしているに過ぎなかったのだが


さんは俺を褒める。

すると、ずっと身を硬くし退ていだけだった由美ちんの息が乱れ始めた。

ひょとしたら技か尿・・?とは思っが、なんにも彼 そうい応がなければ撮影はに進まな

して仮にったてもげ時「・・・ふ・・・ん・・・っ」とす彼エロく可く悩かっ


人共ごくいい。カメラまら続けて。

さんがビデオを再にしたので、俺は両乳首を摘ら頭を下げた。

かに喘い美ちゃんも、再を開いてを自分で抱え持

ああ、おいがリアル濡れ感じ出てるわ。

確かに美ちゃんのおっいは俺の唾液べちゃべちゃだった

おかげでがよくな腹で乳頭するだけで彼女は「・・・ぅん」とエロ可愛い声を出していた。たまらん。


続けて。この映像絶対使えるから頑張って。」

対しましか分からないが、常に冷静な内田さんもこのノリノリ

内田さん褒めてくれるわ、由美ゃんは愛撫で鳴いてくれわ、目の前には彼女マ○があるわ天国


だけど、ここま出る。人て、なんて我がなん婿ろう。

田さけて」のら どれくらたったのか。持ち的には、いつまでだって続け貿いたい俺だったが、いかん体制が苦しい

万歳形で切れない頭をクンニっぽく動かす。

でも実際は彼女つけていて俺も、2、3cm顔を離した状態で頭をいる

首が疲れきたのと、もちょとやってみたい、という欲が時に押し寄せ俺は思わず由美ちゃんの足間にベ顔を付けてし

やだ・・。」

、驚ような由美ち声があがったので、ヤバかか!?と瞬間

「由ゃん、今の反応いい!

さんしき神の声が響き渡りま




>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:興奮したシチュエーション, ハメ撮り, 異常シチュ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様