2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

本性




私、宮本拓也(仮名)45歳、妻、百合子(仮名)45歳、大学生の娘と高校生の息子がいます。

妻と付き合い出したのは高校3年の時で、妻は、とにかく誰にでもやさしく、真面目で明るく、クラスでも人気が有り、勉強もしないで喧嘩に明け暮れていた不良の私に、どうして付き合いをOKしてくれたのか、自分でも不思議でしたが、とにかく妻に嫌われない様に真面目になろうと努力し、妻のおかげで三流ですが大学に進む事も出来ました。


大学4年の時、父母が事故で死に、私は思い切って大学を辞めて、父の会社を継ぎました。

会社といっても従業員3人の小さな問屋ですが、仕事も順調なのと1人になった寂しさから、短大を出て銀行に勤めていた妻と、1年後に結婚しました。

結婚生活は、子宝にも恵まれ毎日が幸せで、何年経っても妻への愛は変わる事なく、妻の笑顔が何より私の幸せでした。


息子が中学3年の時、専業主婦だった妻は、PTAの母親部長を引き受け、久し振りに見る、はつらつとした妻の姿に喜びも有ったのですが、

私は、結婚前から妻が他の男と二人で話をしていたり、中学の同窓会へ行くだけでも、心穏やかでなくイライラするぐらい嫉妬心が強い為に、不安の方が大きかったです。

しかし妻には、嫉妬深い器の小さな男と思われるのが嫌で、自分を偽り、平静を装いました。


妻は、会合から帰ると、必ずその日の内容を話してくれるのですが、何回か出席する内に、PTA会長の加藤真一(仮名)という男の話を、楽しそうにする様になりました。

加藤は隣町にある大きな工場で営業部長をしていて、年は私の5つ上で4才年下の奥さんと、娘2人の4人家族だそうです。

親切で話も面白く、気さくなとても良い人だと妻は言うのですが、あまりにも頻繁に名前が出てくる事と、会合は夜が多い為に心配でしたが、昔からの癖で、心中を見せず快く送り出していました。

--------------------

そんなある日、夜の会合に行ったはずの妻が加藤を連れて戻り、話を聞くと、副会長に急用が出来て2人だけになってしまい、

2人だけでは気まずく、私も2人だけで会われるのは嫌だろうから、家で打ち合わせをさせて欲しいという、加藤からの提案だったのです。


結局2時間ほど話をしましたが、妻が言う通り気さくで話も面白く、何より今回の私への気遣いで、今までの不安は消え、すっかり加藤を信用してしまいました。

後で分かったのですが、今回の事は、加藤が最初から仕組んだ事で、あらかじめ副会長が出席出来ない日を選んで我が家へ来て、

私がどういう男か見極める事と、好きになった妻がどういう生活をしているのか、覗いてみたいという思いからだったのです。

ただ加藤の誤算は、昔の私を知らない事と、妻の前での私しか見ていないので、妻を寝取られても泣き寝入りする様な、やさしいだけの大人しい男と思ってしまった事です。


息子の卒業が近くなった頃 妻が、

「あなた。4月からお勤めに出たら駄目かな。」

確かに最近は不況で贅沢は出来ませんが、親子4人が食べていくのには困りません。

「今の生活では嫌か。」


「違うの。今の生活には十分満足しているけど、子供も大きくなった事だし何かしてみたくて。・・あなたの会社では無理でしょ。」


「ああ、百合子が入ると1人辞めてもらわないとなあ。今そんな薄情な事は出来ないし・・・。それよりこの歳で務められる所は有るのか。」


「ええ。加藤さんが、私ならパソコンも出来るし、以前銀行に勤めていたので、うちの事務に是非来て欲しいって。

9時から5時までのパートで、残業は一切無しの約束だから、遅くても5時40分位には家に帰れるからいいでしょ。

・・お願い。」


「加藤さんの所なら心配ないか。」





「決まりでいい。ヨーシ、食費ぐらいは稼ぐぞ。」


「やはりお金か。」


「あはは、ばれた。」


これも加藤の『百合子と このまま疎遠になりたくない。』『何とか俺の女にしてやる。』という思いからだとは知らずに、妻は ずるずると加藤の罠にはまって行きました。

--------------------

妻が勤めだして、1ヶ月ほど経った金曜日の6時頃、妻から電話が有り。

「あなた。・・ごめんなさい。・・今日・・残業する事になってしまって・・・」

「残業はしない約束だろ。」

「・・急に1人辞めてしまって・・・私だけ帰るとは言えなくて。・・ごめんなさい。」

「百合子の立場もあるから仕方ないか・・・。帰りは何時になるんだ。」

「・・ごめんなさい。・・・8時には帰れると思います。・・子供達の食事お願いします。・・・・・・ごめんなさい。」


この時の妻の沈んだ声と、「ごめんなさい。」という言葉がやけに多いのが気にはなりましたが、43歳の妻が1日残業するぐらいで、何を心配しているのだと思い直し、電話を切りました。


しかし、次の金曜日も残業、その次の金曜日も残業と3週も続き、帰りも8時が9時になり、10時になりと段々遅くなり、

また妻が ほとんど笑顔を見せなくなったので、最初は疲れているからだと思っていましたが、流石に何かあると思い、

次の金曜日の8時頃に会社へ行ってみると、工場は真っ暗でしたが事務所には電気が点いていて、人影も何人か見え、取り越し苦労だったのかと帰ろうとした時、

駐車場に妻の車が無い事に気付いて、妻の携帯に電話しましたが、電源が切られていて繋がりません。


今思えば、そのまま張り込んで決着を付けていれば、私にとって一番屈辱的な場所での、今でも頭から離れない妻の姿を見なくて済んだのですが、

その時は気が動転して、どうしたら良いのか分からずに、急いで家へ戻って妻の帰りを待ちました。


11時に帰って来た妻を寝室まで連れて行き、

「今まで何処に行っていたんだ。」

「エッ。・・・会社にいました。」

「俺は今日8時頃に、お前の会社に行ったんだ。そうしたら お前の車は無いし、携帯も繋がらなかった。おまえは何処で何をしていたんだ。」

しばらく妻は、無言でしたが、目に涙を溜めて、

「コンビニにみんなの夕食を買いに行っていました。・・・携帯も仕事の時は切っていて そのまま忘れていました。・・ごめんなさい。」

妻が精一杯嘘を吐いているのは、様子から分かりましたので、その後 色々問い詰めましたが、何を訊いても ただ謝るだけで、何も訊き出せません。

その夜は、なかなか寝付けず、

『もしも浮気では無かったら、俺は百合子に何て事を言ってしまったんだ。』

『百合子に限って浮気なんて有り得ない。百合子は今でも私を愛してくれている。』

『何か訳が有るに違いない。・・・しかし私に言えない訳って何だ。』

『そう言えば、残業の日は帰ると直ぐ風呂に入っている・・・。夜も疲れたからと言って・・・・。』

『もしも浮気だとしたら相手は誰だ。・・・加藤。・・・・いや、それは有り得ない。』


3日後、私の考えていた最悪の結果だった事を、加藤からの電話で知りました。

「ご主人。この度は申し訳御座いませんでした。

残業は させない約束だったのに、夜遅くまでさせてしまって。おまけに弁当まで買いに行かせて。

しばらく残業をお願いしたいのですが、出来る限り早く帰って頂きますので、宜しくお願いします。」


「分かりました。」


一言だけ返事をして、こちらから携帯を切りました。

『妻は嘘を吐いている。という事は加藤も嘘を吐いている。』


『加藤は弁当の言い訳まで知っていて、私の携帯番号まで知っている。間違いない。加藤と妻は親しい関係にある。』


『妻と加藤だけの秘密・・・。不倫だ。それしかない。』


『あの妻が私を裏切った。それも相手は信用していた加藤。』


私は、目の前が真っ暗になり、その場に座り込みましたが、暫くして、妻と付き合う前の、荒れていた頃の私が囁きました。


『悲しんでいる場合か。復讐だ。ぶっ殺せ。』


今の私が囁きます。

『いや。今のお前に疑いだけでやれるのか。・・・証拠だ。言い逃れ出来ない証拠を掴むんだ。』


直ぐにでも飛んで行って殴り倒したい感情を抑え、まずは証拠を押さえる事にしましたが、今回の事で警戒して、なかなか尻尾を出さない可能性も有ると思い、こちらから罠を仕掛ける事にしました。

--------------------

丁度、今週の金、土、日曜日と、息子は部活の遠征、娘は友達と旅行。

子供達には知られたく無いのと、私の我慢も長く続きそうも無かったので、この日しか無いと思い。

「百合子、この間はごめん。仕事の事でイライラしていて、変な疑いをかけて。」

「いいえ。私こそ心配をかけてごめんなさい。」

後ろめたい事が有る為、妻は俯いたままです。

「急で悪いが、今週の金曜から いつもの釣り仲間と、2泊で釣りに行って来る。」

「気を付けてね。」

「ああ、仕事を忘れて楽しんで来る。」




しかし、これだけでは完全では有りません。どうしても、妻から進んで浮気しているとは思えなかったからです。

何らかの理由で加藤に脅されて関係を持っているとすれば、私が留守にする事を加藤に教えない可能性もあると思い、

次の日 加藤に電話して、昨日電話を貰った時の態度を詫び、子供の話と趣味の話に持ち込み、今週末は、妻以外誰もいない事を、それと無く告げました。

その日まで、妻を問い正したい、加藤を殴り殺したいという気持ちを抑え、悟られない様に平静を装うのが、気が狂いそうな程苦しかったです。

--------------------

ついにその日が来ました。

妻は、私と2人きりの時、殆ど笑顔を見せなくなっていましたが、妻が出勤する時に昼頃 出掛ける事を伝えると、久し振りに少し微笑みました。

きっと私と顔を合わせている事が、ずっと辛かったのでしょう。

今日から3日は、その苦しみから解放される微笑だったと思います。

私は、車に釣り道具とカメラを積み、家を出てからレンタカーを借りて乗り換え、サングラス、帽子、サバイバルナイフを買って、妻の仕事が終わるのを早くから待っていると、

妻は、5時では無く4時過ぎに会社を出て、車に乗り込み駐車場を出ました。


今までが金曜日ばかりだったので、逢うなら今日しかないと思っていましたが、まだ心の何処かで、間違いで有ってくれという望みを持っていました。

しかし、尾行をすると、妻は、小さな公園の駐車場に車を止め、やがて加藤の乗った黒い車が横に止まり、

妻は、あたりを気にしながら後部座席に乗り込んだので、私の微かな望みも絶たれ、直ぐにでも怒鳴り込みたい衝動を抑え、

言い逃れ出来ない様に、ホテルに入った所を捕まえようと尾行しました。

ところが、気付かれない様に3台後ろを走っていたので、途中で信号機に捕まってしまい、不覚にも加藤の車を見失ってしまったのです。

焦る気持ちを抑え、

『この先にはモーテルが4、5軒ある。そこに違いない。』

車を飛ばして、全てのモーテルを調べましたが、加藤の車は何処にも有りません。

『あの時捕まえていれば・・・。こうなったら証拠も何も無い。車の所で捕まえてぶっ殺す。』

--------------------

完全に切れてしまい公園へ急いで戻りましたが、そこに妻の車は無く、代わりに加藤の車が止めてあります。

訳が、分からずに、1時間半程待ちましたが戻ってきません。

『今頃 加藤は百合子の身体を・・・。クソー。』

『しかし、どうして乗り換えたんだ。妻の車でないと行けない所。』

『小さい車でないと行けない所・・・・。いや、家へ戻った・・・それも加藤と。』

『そうに違いない。今日は家に誰も帰って来ない。妻の車で加藤が隠れて乗って行けば近所にも気付かれない。』

『しかし、いくら何でも百合子が我が家へ男を入れるだろうか。』

私の家は かなり古いのですが、敷地が広く塀が高いうえに父の趣味で結構大きな庭木があるので、表からでは中の様子が分からず、

家の前に車を止めてポケットにナイフを入れ、カメラを手に持って入って行くと、玄関横の客間と、客間の横の部屋から廊下で繋がった、離れに明かりが点いています。

この離れは私達の寝室です。

合鍵で裏口から中に入り、カメラを構えて そっと客間のドアを開けると、そこには妻の服と下着が脱ぎ散らかしてありました。

『あいつら俺たちの寝室で。許さん。ぶっ殺す。』

私は、怒りと憎しみ、嫉妬と寂しさで体中が震えて、ソファーに座り込み、

『2人とも殺すのか。・・いや、百合子の事は まだ愛している。それにあの世でも一緒になられては嫌だ。』

『もしも加藤に脅されているとすれば・・・・。訳を聞いてからでも遅くない。』

『よし、加藤だけ殺そう。・・不倫の証拠写真だけでも撮っておけば、少しは罪も軽くなるだろうか。』

気付かれない様に足音を忍ばせて寝室のドアの前まで来た時、中から声が聞こえました。


よく聞こえる様に、ドアに耳を当てると。

「イイ〜・・イイ〜・・アッ・アッ・・気持ちイイです〜」

「どれ、百合子のお気に入りの、大きい方のバイブに替えてあげよう。」

「ヒィー・・もう・もう・我慢出来ません・・百合子の・・大好きな・チン○を・・ください・アア〜ン・・・アッ・アッ・アッ・そんなにしたら・・イッちゃうー」

「おっと。イクのはまだ早いぞ。」

「イヤー・・ヤメないでー」

「何だ、バイブでイキたかったのか。」

「違います・・オバイブは・イヤー・・アッ・アッ・アッ・・百合子は・・大好きなチン○で・・イクのー」

「そうか、そうか。でも、もう少しこれで遊ぼうな。」

私は、まるで他人の情事を盗み聞きしている錯覚に陥り、聞き入ってしまいました。

「アッ・アッ・・イイ・・気持ちイイー・・アーン」

「百合子、イッたら駄目だぞ。イッたら今日は、百合子の大好きなチン○はやらないぞ。朝までバイブだけでいいのか。」

「アッ・アッ・アッ・ダメです・・アーン・・我慢出来ません・・」

「百合子は本当に俺のチン○が好きだなー。よしよし今入れてやる。・・・ただし尻の穴にな。」

「イヤー・・イヤ〜・後ろはイヤですー・・百合子の・・マン○に・百合子のマン○に・・入れて下さい・・ア〜ン」

「本当は百合子も尻の穴に入れて欲しいんだろ。この前は指だけでもヒーヒー言って、歓んだじゃないか。」

「嘘ですー・・後ろはイヤ・・アア〜・・イヤー」

「駄目だ。俺に逆らって嘘を付いた上に、この部屋でするのを嫌がった罰だ。」

「アア〜ン・・ごめんなさい・・ごめんなさい・・アッ・アッ・ごめんなさい」

「最近あんなに従順だったのに、久し振りに逆らったお仕置きをしないとな。」

「ごめんなさい・・アッ・アーン・・もう逆らいません・・マンコ○に・・百合子のマン○にください・アッ・アッ」

「いくら謝っても駄目だ。百合子があんなに駄々を捏ねるから、バイブを持って来るのがやっとで、ビデオや他の道具を持って来れなかっただろ。」

「アア〜ン・ごめんなさい・アアン・・ごめんなさい・アン・アン・・アーン・・」

「ほら、痛くない様に百合子のお汁を塗ってやるから、バイブを自分で持って、もっと尻を突き出せ。」

「イヤ〜・・・ごめんなさい・アッ・・アッ・・後ろは・・アア〜ン」



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:浮気・不倫, 寝取られ, SM_調教,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様