2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

本性

 



私、宮本簿名)、妻、百合子(仮名45歳、娘と高校生の息子がいます。

妻と合い出したの3年の時で妻は、とかく誰にでもやさしく面目で明るく、クラスでも人気有り、勉強もしないていた不良の私、どて付いをO退Kしてくれたのか、自分でも不思でした、とかく妻に嫌われない様に真になろうと努力妻のげで三流が大に進む事もました


学4年の時、父母が事故で死、私い切大学を辞めて、父の社を継ぎました。

会社といっても業員3の小さな問屋で仕事も順調なのと1人なった寂しさから、短大を出てていた妻と、1年後に結婚しました。

婚生、子にも恵れ毎日が幸せで、何年経っても妻への愛は変わる事なくの笑顔が何よ私のせでした。


息子学3年の時、専主婦だった妻は、PTAの母親部引き受け、久し振る、はつらつとした妻姿に喜びもですが、

私は、結婚の男と二人で話をしてり、中学の窓会へ行でなイライラぐらい嫉妬心が強い為不安の方が大かっです。

しかには、い器の小さな男とわれるのが嫌で、自分を偽り、平静を装いました。


妻は、会合からるとその内容を話してくれるのでが、出席する内PT真一(仮名)という男話を、楽うにする様になり

藤は隣町にある大な工場で営業部綿尿いて稿私の5つ上4才年下の奥さんと、娘2人族だそうです

切で話も面白く、さくとてい人妻は言うのですが、あも頻に名出てる事と、会合はが多貿い為した、昔からの癖で、心を見せず快り出していま

--------------------

そんなあ、夜の会合にったずの妻が加を連れて戻、話をくと、副長に急用が来て人だけになてしまい、

2人だけでは気まずく、私も2人だけで会わるのは嫌だろうから、家でわせをさせて欲しいという、加藤からの提だったので


結局間ほど話したが、妻通り気さく話も面白く宿、何より今回の気遣い今までのは消、すっかり用しいました。

で分かったので、今事は、加藤が最初んだ事でじめ副長が出席来ない日を選んで我が家へ来

う男見極める事と、好きになった妻がどういるのか、覗いてみたいという思からったす。

ただ加藤の誤算は、昔の私をない事と、妻の前での私しか見ていないので、妻を寝れても泣りする様な、さしいだけの大人い男と思って


息子卒業が近くなった頃が、

「あなた。4月か宿らおめに出たら駄目かな。」

近は不況で沢は出来ませんが、親4人が食べていくの困りせん。

活では嫌か。


違う。今の生活には十分ている子供も大きくなった事だし何てみたくて。・・あなたの会社では無理でしょ。」


が入ると辞めてもらわないとなあ来ない・・・の歳務められ所はのか


「ええ。加藤さんが、私ソコンも出来るし、以前銀行勤めていたので、うちの事務に是非来て欲しいって。

9時のパーで、残業は無しの約束だから、遅くも5時40分位家に帰れるからいいでしょ

・お願い。」


藤さん所なら心配ないか





退いいシ、食費らい。」


「やはりお金か。」


「あはは、ばれ


これ加藤『百合子と このまま疎になりたくない。何とか俺の女てやる。』という思いからだとはずに、妻ずると加藤の罠にはまって行きました。使

--------------------

妻が勤めだして1ヶ月ほど経金曜日の6時頃、妻か電話有り。

あなた。・・なさい・・今日・・する事になってまっ・・

「残業はしない約束だろ。」

「・・に1辞めてしまっ・私だけ帰るは言え。・・めん。」

合子の立場もあから方ないか・・帰りは何時だ。

「・・ごめんなさい。・・・時には帰れと思い。・・達の食事お願いしま・・・・・ごめんなさ


この時妻の沈んだ声ごめんなさい。」とい葉がやけに多いのが気になりましたが、43歳妻が1日残ぐらいを心配しているのだと思い、電話切りました。


かし、次の金も残、その次の日も残業続き、も8が9時に、10なりと段々遅くなり、

またが ほんど顔をなったの、最初は疲れいる思っましたが、流石に何かると思い、

曜日の8時頃に会社へ行ってみる、工真っ暗でしたが事務点いていて、人影何人か見え、取苦労だたのかと帰ろうとした時、

駐車場に妻の車が無い事に気て、妻の携帯に電話しましたが、源が切られていがりませ


今思そのまま張り込ん決着付けていれば、私にとっ一番屈所での、今で頭からい妻の姿を見なですが

の時は気が動転して、どたらか分からずに、急いへ戻って妻の帰りちました。


帰っ妻をで連れて行

「今まで何処に行っていたん

「エ・会社ました。」

俺は今日8に、お会社に行ったんだ。うしたら お前車は無し、携帯がらなかった。おまえは何処で何をいたん。」

ばら妻は無言宿、目に涙を溜めて

「コンビニんな夕食を買行ってました。・・・携帯も仕事の時は切って そのまま忘れていた。・めんい。

妻が精一杯嘘を吐いているのは、様子ら分かりましたので、の後 色々問い詰めましたが、いても ただ謝るだけで、何も訊き出せません

は、かなか寝付けず、

『もしは無かったら、俺は百合子に何て事を言ってしまったん

『百合子に限って気なんて有り得ない。合子は今を愛てくれている。

何か訳有る。・・・しし私に言えない訳っ何だ。』

う言え、残業の日はるとっている・・・れたからと言・・・・。

しも浮気だとしたら相手は誰だ。・・加藤。・・・や、それは有り。』


3日後私の考た最悪結果事を、加藤かの電まし

主人。の度は申し訳御座いませんでした。

は さない約束だったのに、夜遅くまでさせてまって。おまに弁当まで買いに行かせ

ばらく残業をお願いしたいのですが、出来る限り早くって頂きますので、宜しくお願いしす。」


「分かました。」


言だ返事をして、ら携帯を切た。

『妻は嘘を吐いているう事は加藤もを吐いて


加藤い訳まで知っいて、私のまで知っている。間違いい。妻は親しい関係にある


妻と藤だけの秘密・・。不倫だ。そしかない。


『あ私を裏切それも相手はしていた加藤。


の前が真っ暗になり、その場座りしたが、暫くして、妻とき合う前のていが囁た。


『悲しんでいるか。。ぶっ殺。』


の私が囁きます。

『いいだでやれるのか。・・・証拠だ。言い逃出来ない証拠を掴むんだ


ぐにも飛で行って殴した感情を抑を押が、回の宿警戒して、なかなか尻尾を出さない可能性も有い、こちを仕掛ける事綿しました。

--------------------

今週金、、日曜と、息遠征、娘は友達と旅行。

には知られた無いのと、私の我慢長く続き湿かっで、この日しか無思い。

「百合子、このはごめん。仕事の事でイライしてい疑いをかけて。」

「いいえ。私こそ心配かけてごなさい。」

後ろめた事が有る、妻は俯いたまです。

急でいが、今週の金曜から いもの釣り仲間と、2泊で釣に行っる。

気を付けね。

あ、仕事を忘楽しんで来る。





、こだけで有りせん。うして妻から進んでいると思えったらです。

何らかの理加藤脅されてを持っているとすれ、私が留守にする事を加に教えい可能性い、

次の日 加藤に電て、昨日電話をった時態度び、味の話に持ち今週は、妻以外事を、無くげました

その日まで、を問い正したい加藤を殴り殺したいという気持ちを、悟られない様、気いそうな程苦しかったです。

--------------------

ついにその日が来ました。

は、私2人時、殆ど笑見せななっいまたが、妻出勤するに昼頃 出掛伝えると、久し振りみました

きっ私と顔わせている事が、ずっと辛かっょう

今日から3日は、しみから解れる沿たと思い

は、釣り道具とカを積、家出てかレンを借り乗り換え、サングラス、帽子、サバイルナフを買っ妻の仕事が終るの早くから待ってい

妻は、5時では無く4時ぎに会社を出て、車に乗り込婿み駐場を出


今までが金曜ばかりだったの逢うなら日しかないと思っしたまだ心何処かで、間で有調くれ望みをました。

しか綿行をす、小さな公園の駐車場に車を止め、やが加藤の乗ったが横止まり、

は、あたりを気にしながら後部座席り込んだので私の微な望みも絶れ、でも怒鳴り込たい衝動を抑え、

言い逃れ出ない様に、ホテルに所を捕まえうと尾行しまし

ところが、かれな様に3台後いたので、で信号機に捕まってまい、不覚にも加藤車を失ってしったです。

焦る気持ちを抑え

このにはモーテルが4軒ある。そない

を飛ばして、全のモーテ綿ルを調べましたが、加の車は何処有りません

あの時捕まえていれば・・こうたら証拠も何も無い。車ので捕まえてぶっ殺す。』

--------------------

全に切れてしい公へ急い戻りましたが、こにの車は無くりに加藤の車が止めてりま

が、分らずに、1時間半程待ち戻ってきん。

今頃 加藤は百合身体を・・。クソー。』

『しか、どして乗り換えたんだ。でなない所。』

さい車いとけな・・。い、家へ戻った・・・それ加藤と。』

『そうない。今日は家に誰も帰って来い。妻の車で藤がば近付かれない。』

しかし、いくら何でも百合我がへ男入れだろうか

家は かなり古いすが塀が高いう父の趣味結構大きな庭木があるので、表からでは中の様子が分から

の前に車を止めてポトにナイフ入れ、カメに持て入って行と、関横の客間のの部屋から廊下で繋がっ離れに明便が点いてます

の離れは私達の寝室です

から中に入り、カメえて そっと客間のドアを開けると、こには妻の服と下退らかしてりました。

いつら俺たちの寝室さん。っ殺。』

私は、怒りと憎しみ、が震えてーに座り込み

『2人とも殺すのか。・・いや、子の事は まだしてる。それに世でも一緒になれては嫌

『もしも加藤に脅されているとすれば・・・訳を聞いてか遅く

『よし、藤だけ殺そ。・・不倫の証拠真だけでも撮っおけば、少しは罪も軽くなるだろうか。

付かれない様に足を忍ばせて寝のドアの前で来た時、中からが聞こえました。


よく聞こえアに耳を当てると

「イイ〜・・イイ〜・・・持ち〜」

「どれ百合子気に入りの、大きい方のバイブに替えげよう。

ヒィー・・もう・もう・我来ません・・百合の・好きな・ン○を・・い・〜ン・・・ッ・アッ・そなにし・・ッちうー

と。イクのだ早い。」

イヤ・・ヤメな

「何だ、バイブでイキたかったの

「違いす・・オバイブ・アッ・・アッ・・百合子は・・好きなチン○・イのー

うかうか宿。でも、もう少しこれで遊ぼうな。」

私はまるで他人の調事を盗いる錯覚に陥り入ってしいました。

ッ・アッ・・イ・・気持ちイイー・・ーン

百合子イッたら駄目。イら今日は、百合好きチンはやらないぞ。朝までバイブだか。

アッアッ・ダメです・・ーン・ん・

「百合子俺のチン○がだなよし今入れる。・・・ただし尻にな

「イー・イヤ〜・後ろはイです・・百合子・・マン○に綿・百合子のマン○に・・て下い・・ア〜ン」

「本当は合子も尻の穴にいんだろ。は指だけでもヒーヒーって、歓んだじいか。」寿

「嘘ー・・後ろはイヤ・・アア・イヤー」

駄目だに逆らって嘘を付いた上に、この部屋でるのを嫌がた罰

「アア〜・ごめんなさい・・ごめん・アッ・アッ・ごめなさい」

「最近あなに従順だたのに久し振りに逆らっ置きないとな。

ごめんなさい・・・アン・・もうンコ○・百子のマンにくさい・ッ」

「いくら謝っても駄目だ。百子があんに駄々を捏ねるかバイブをて来るのがやっで、ビデ調他の道具を持って来れなかただ

〜ン・ごめなさい・アン・・めんなさい・アン・アン・・アーン・・

ほら、痛い様に寿のお汁を塗ってやから、バイブを自分で持って、と尻突き出

ヤ〜・・・ごめい・・・アッ・後ろは・・アア〜ン」



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐・倍返し  |  タグ:浮気・不倫, 寝取られ, SM_調教,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様