2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

本性




私、宮拓也(仮名)5歳、妻、百合子(仮)45、大学生の娘と高校生の息子がます

付き合い出したの校3年ので、妻、と誰にでもさしく、真面目で明る、クラスでも気が有り、勉強もしな喧嘩に明け暮れていた不の私、どうして合いをOしてくれたの、自分でも不思議でしたがとに妻にわれない様に真面目に努力しかげで三ですが大学に進む出来まし


大学4年の、父母が事故で私は思いって大を辞めて、会社を継ぎました。

社とても従業員3人さなが、仕事も調なのと1人に寂しから、短大て銀行勤めていた妻と、1年した

は、宝にもまれが幸で、何年経っても妻る事なく、妻顔が何り私せでし


息子学3年の時、専業主だっ妻はPTA母親部長を引き受け久し振り見る、はつらとした姿にびも有ったです湿

私は、結婚前からの男と二人でをしていたり、中学の便けで心穏でなくイライラるぐらい嫉妬心が強い為に、不安の方が大きかったで

しかし妻は、嫉深い小さな男とわれのが嫌で、自分を偽り、平を装いした。


会合かると必ずその日の容をしてくれるのですが、回か出席する内に、PTA会長藤真一(仮名という男の話を、楽しうにする様になりました

あるきな工場で営業部長をしてい、年私の5上で4才年下んと、娘2の4人家族だうです

親切で話も面白く、さくなとても良い人だと言うのでが、あまり前が出て会合夜が多い為に心配でしたが、昔からの癖で中を見せず快く送り出してました。

--------------------

なある日の会合に行ったはずのが加藤を連れて話を聞く、副会長に急用がて2人だになって

2人まずくも2だけで会わるのは嫌だろうから、家で打合わせをさせて欲使しいと加藤かの提案たの


結局2時間ど話ましたが、妻が言う通り気さくで話も面白く、何より今回の私へので、今までのは消、すかり藤をしてまし

で分かったのすが、今回の事は、加藤が最初仕組んだ事で、あらが出席出来ない日を選んへ来て、

私がいう男か見る事ときにった妻どういをしいるのか、覗いていという思いからたのです

だ加藤の誤、昔の私を知ない事、妻前でか見てないを寝取られても泣き寝入する様な、やさしいけの大人しい男ってしった事です。


子の卒業が近く宿った頃 妻が

「あなた4月かに出ら駄目か。」

かに最で贅は出来まが、親子4人がべていくのには困りせん。

今の活では嫌か。


うの。今の生には分満足ているけど、子供も大た事だしかしてみたくて。・・あなたの会社理でし。」


あ、百合人辞てもらわないとなあ。今薄情なは出来なし・・・よりこ歳で務めれる所は有るのか。」


「ええ。加藤さならコンも出来るし前銀行に勤めていたので、うちの事来てしいって。

ら5時でのパー、残業一切無約束だから、ても5時40分位は家れるからいいしょ

・・お願い。」


加藤さんの所なら心か。





「決まりでいい。ヨ、食費ぐらいは稼ぐぞ。」


やはりお金か。」


、ばれた。」


これもの『百合子と このまま疎遠にたくない『何か俺の女にしてやる。という思だと知らずに妻はずると加藤の罠にはまって行きました。

--------------------

妻が勤めだして、1ヶ月ほどった日の6時頃、妻から話が有り。

綿た。・ごめんなさい。・・残事にてしまって・・・

「残業はしない約束だろ。」

「・急に1人めてして・帰るとは言なくめんな。」

「百合子の立場もあら仕・・。帰りは時にだ。」

「・・んなさい。・・・8時には帰れる思います。・・子達の食事おいします。・・・・・ごめんない。


の妻の沈んだ声と、「ごめんなさい。」と葉がやけに多いのたが、4の妻残業すらいで、何を心配しているのと思い直し、電話を切りました。


しかし次の金曜日も残業、その次の金曜日残業と3週も続りも8時が9時 、1なり段々遅く

た妻とんど笑なったので、最は疲れているらだ思っいました流石に何かと思

次の金曜日の8時頃に会社へ行ってみる、工場はでしたが事務は電が点いて、人影も何人え、労だったの帰ろうと時、

車場に妻の車がい事に気付い貿妻の携帯に電話しましたが、電源られていて繋がせん


えばそのまま張り込んていれば、私にとっ一番辱的な場、今でもから離れない妻の姿をなく済んだのすが、

の時はが動転しした良いの貿分からず急い使戻って妻の帰を待ました。


11時に帰ってを寝室まで連れて行き

までっていたんだ。

「エッ。・・・会社にいした。」

頃に、社に寿行っ。そ お前の車は無いし、携帯も繋姿らなかった。は何で何していた

らく妻は、無した涙をて、

コンビニにみなの夕食を買いに行ってました。・携帯仕事の時切ってて そままれてまし。・・ごめい。

妻が杯嘘を吐いていのは、様子から分かりしたのの後 色問い詰めましたが、何を訊ても謝るで、も訊きせま

その夜はなかなか寝けず

しも浮気では無かったら、は百合子何て事を言てしまったんだ婿。』

『百合に限って浮気なて有り得百合子は今でも私を愛てくれている。』

姿有るに違いない。・・・しかし私にい訳て何だ。

『そう言えば、残日は帰るとぐ風呂に入ってい・・れたから言って・・・

『もしも浮だとしたら相誰だ・・加藤。・・いやそれはり得


3日、私の考えていた最た事を、加藤の電話で知りした。

「ご主人。この度は申し訳座いませんでした。

残業せない約束だった、夜遅くせてしまって。おまけに弁買いに行かせて。

しばらく残をお願いしのですが、出来り早く帰頂きますの、宜くお願いしま。」


りま。」


一言だけて、こちから携帯切りまし

妻は嘘を吐いてる。という事はも嘘を吐いてい


『加藤の言い訳まていて、私番号まで知違いな。加藤と妻は親し関係にある。


加藤だけの密・・。不倫。そかない


『あの妻が切っれも相は信用していた加藤


目の前が暗になりその場に座りみましが、くしてと付き合う前のた頃私がした


しんでいる場か。っ殺せ。


今の私が囁きす。

『いや今のおに疑いだけでやれのか。・・証拠だ。言い逃れ証拠を掴。』


ぐにでもんで行って倒したい感情をえ、まは証を押さえる事にしました回の事で警戒して、なかか尻尾さない可能有るとこちらから罠を仕掛けしました。

--------------------

丁度、今金、土、日日と、息子は部殿娘は友達と旅行。

達には知られ無いのと、の我も長くきそうも無かたので、この日し無いと思い。

「百、この間はん。仕事の事でイラしていて変な疑いをかけて

「いいえこそ心配を宿さい。

後ろたいが有る為、妻は俯いたです

「急で悪の金曜からり仲間、2で釣りに行っ。」

けてね。

ああ、仕事をれて沿んで来る。」




し、これだけでは全では有りまうしてから進んで浮していえなかったからです

かの理で加藤され関係を持っているとすれば、私留守する事を加藤に教えない可性もあると思

の日 加藤に電話して、日電を貰った時の態度を詫び、子の話と趣に持ちみ、今週は、妻以外誰もいない、それと無くまし

その、妻を問たい加藤り殺したいという気持ち抑え、悟られない様に静を装、気が狂いしかったです

--------------------

いにそが来また。

、私と2人きりの時殆ど顔を見せなくなっましたが、が出勤す時に昼頃ける事を伝えと、久し振り少し微笑みました。

きっ私と顔を合わせている事がずっと辛かたのょう

今日から3日はしみから解放される微笑たと思います。

私は、車に釣り道具とカメラみ、家を出てからレンタカーを借乗り換え、サングス、帽子、バイバルナイフって、妻の仕事終わるのを早くか待っいると

妻は、時で4時過会社を出て、車にり込み駐車場を出また。


までが金曜日ばかだっで、逢うなら今日しかいと思っていましたが、だ心何処か間違いで有ってくれとを持っていま

し、をすると、妻は、小な公車場車を止め、やがて加藤の乗い車が

あたりを気に後部席にり込沿だの私の微かみも絶ぐにでも怒鳴り込みたい抑え、

姿れ出来ない様に、ホテルにた所を捕まえようとしました

とこ、気付かれない様に3台後を走っていたので、途機に捕まっい、不藤の車を見てしまったのです

焦る気ちを抑え、

『この先ーテルが4、軒あに違いない。』

飛ばしててのモーテを調べましたが、加藤の車は何処にも有せん

あの時捕まえていれば・・・。こうなったら婿も何も無。車の所で捕っ殺す。

--------------------

れてしまい公園へで戻りたがそこに妻のは無く、代わりに加藤の車が止めてあります。

分からずに、1時待ちましたが戻ってき

『今頃 加藤は百合体を・・・。クソー。』

『し、どうて乗り換えただ。妻の車でないと行けい所。』

『小さい車でないと行けない所・・・・。いや、家へ戻った・・・そも加藤と

そうに違いない。今日は家に誰も来なの車でれて乗けば近所気付かれない。

しか、いくら何でも合子が我を入るだろか。』

私の、敷く塀高いうえに父の味で結大きな庭ある、表からでは中の子が分かず、

前に車をてポトにナイフをれ、カメラをに持て入って関横の客間と、客の横の部屋から廊下で繋がった、離に明かりが点いています。

このれは達の寝室です。

合鍵で裏口から、カメラを構えて そっと客間のド開けると、には尿と下着が脱ぎ散らかしてありました

いつら俺たち寝室で。許さん。ぶっ殺す。』

怒りと憎しみ、嫉妬寂し体中ソファーに座り込み

『2人と殺すか。・・いや、百合の事は まだ愛して。それにの世でになられては嫌だ。』

もしも加藤に脅されて使ば・・。訳を聞遅くない。

『よし、加藤だけ殺そう。・・不の証拠写真だけ撮っておけ、少は罪もだろうか。』

気付れない様足音せて寝室のドの前た時、中かました


よくえるに、ドアにを当ると。

「イイ・・イ・ア・ア・・気持ちイす〜」

どれ、百合子のおに入りのきい方のブに替げよ。」

・もう・もう・我慢出来ません・・百合子の・・大好きな・チン○を・くだい・ア〜ンッ・アッ・ア・そんなにしたら・・イちゃうー」

おっまだ早

「イヤー・・ヤ

ブでイキたの。」

「違いま・・オバイブは・イヤー・・アッ・アッ・・百合子・・大好きなイクの

「そうか、そ。でも、もしこれで遊ぼうな。

私は、まるで他人の情事を盗みしてに陥り、聞き入ってしいまし

・アッ・・イイ・・気持ちイー・・アーン

「百、イッたら目だぞ。イら今は、百子の大好きなチンらないぞ。朝までバイブだけいいのか。」

アッッ・アッ・ダです・・アーン・来ません・・」

「百合子当に俺の好きだなー。よしし今入れやる。・・・ただし尻の穴に

「イー・・イヤ〜はイヤですー・・百合子の・・マン○に・のマン○に・・入下さい・・ア〜ン

当は合子尻の穴に入れて欲しいんろ。この前は婿けでもヒヒー歓んだじゃ

「嘘ですー・・はイヤ・・アア〜・・イヤー」

駄目だ。俺に逆らって嘘を付上に屋ですのをった罰だ

ア〜ン・ごんなさい・ごめんなさい・・アアッ・ごめんなさい

「最あんだったに、久振りに逆仕置をしないとな。

ごめんなさい・・アッ・アーン・もう逆らいません・・マコ○・百湿にください・アッ・ア

「いくらっても目だ。百子があん捏ねるら、ブを持って来とでデオ他のて来ったろ。

アアン・ごめい・アン・・ごめんなさい・アン・アン・・アー・・」

ほら、痛くない百合子のお汁塗ってやるから、バイブ自分で持って、もを突出せ。

「イヤ・・・ごめんい・アッ・アッ後ろは・・アア〜ン



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:浮気・不倫, 寝取られ, SM_調教,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様