2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 

おすすめ記事

嫁が不倫の果てに俺の殺害計画を練っていた
 
何者にもなれないお前たちに旦那の遺言を告げる
 
汚嫁が子育て放棄状態の裏で徹底的に証拠を積み上げ続け、ついに発動の日を迎えた
 
別れた彼女が俺の資産状況を知って復縁を迫ってきた
 
偶然、嫁の本音を聞いてしまった
 
性格が最悪の美人彼女に献身的に尽くして11年耐えてきたが今日別れる形で復讐を果たす
 
1000万円以上を間男に貢ぎ、ハメ撮りまでされたあげく、二股をかけられていた事が発覚した哀れな汚嫁
 
同僚に寝取られた嫁が調教にハマってしまっていた
 
昨夜、同居中の義母とセ○クスしてしまった…
 
元カノにばったり会ったら未亡人になっていた件
 
妹とSEXしてしまいました
 
変わり果ててしまった妻
 
嫁が中出しされ開脚ポーズしながら笑顔でVサインの写真が出てきた
 
中2から中3まで輪姦され続けた思い出を吐き出す
 
山でありえない体験をした話
 
恋人に家からアノ声が。親族会議で文字通りボコボコに。
 
嫁が職場上司と浮気して調教されていたので、徹底的に追い詰めた
 
婚約中の彼女の浮気。他の男とセ●ロスしている所をデジカメにおさめてから彼女が狂うまで
 
幼馴染でもある婚約者の秘密を知ってしまい、俺はある行動に出た
 
軽い気持ちで他人に貸した彼女が凄まじい勢いで調教されていき、遠い存在になりつつある
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

思い出話に付き合ってくれないか?








http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news4viptasu/1628916921/


1 :名も無き被検体774号+:2021/08/14(土) 13:55:21.59 ID:mR9MWEUH0.net
俺、今プロのデザイナーとして絵を描く仕事をしてるんだ。

特に絵を描くことが好きだった訳でもない俺が、絵で食っていく事を決めた高校時代の思い出話を思い出したから良ければ聞いて欲しい。

10年近く昔の話だから、想像も混ぜて思い出しながら書くよ。



2 :名も無き被検体774号+:2021/08/14(土) 14:17:16.47 ID:mR9MWEUH0.net
文章書くのそこまで得意じゃないから見にくかったらごめん。

数人に聞いてもらうだけでいいから、たまにレスしてくれると嬉しいな。



3 :透:2021/08/14(土) 14:33:50.88 ID:AA3eQgL40.net
みてるよ


4 :名も無き被検体774号+:2021/08/14(土) 14:39:28.12 ID:mR9MWEUH0.net
俺は高校時代、美術部だった。

絵を描くことが好きなわけではなかったが美術部くらいしか入る部活がなかったため仕方なく。

俺の高校では夏休みに毎年部活ごとの合宿がある。行先は部活ごとに様々だ。

美術部では地元を離れて東北の方へ毎年行くことになっている。

合宿は民宿を10日間貸し切り、その土地の自然を生かした絵を描くといった趣旨のイベントだった。



5 :名も無き被検体774号+:2021/08/14(土) 14:42:15.29 ID:mR9MWEUH0.net
うちの美術部の顧問 (以下 中嶋先生)は、有名美大を卒業し、色んな賞も取っているような結構有名な先生。

そんな中嶋先生を求め、絵が好きな奴らが集まる…。と言った訳ではなく、大半が運動音痴のもやしっ子。文化部が少ないうちの高校では、運動が苦手な奴らは必然的に美術部に入ってくる。

それでも中嶋先生の指導で絵が好きになるやつは多いが、俺らの代ではそんなやつは少なかった。

特に俺含む男子部員は部活時間には絵はあまり書かず、雑談して下校時刻には帰るようなサボり部員だった。



6 :名も無き被検体774号+:2021/08/14(土) 14:43:00.96 ID:mR9MWEUH0.net
勿論そんな俺らは10日間の合宿なんて遊ぶためにあると思っていた。

特に行きのバスの中ではトランプやカラオケなどで大はしゃぎ。皆テンション爆アゲといった感じ。



7 :名も無き被検体774号+:2021/08/14(土) 14:43:27.22 ID:mR9MWEUH0.net
それにどこからか聞こえてくるギターの音や風鈴の音が混ざってまさにカオス。(そんな俺らにも指導する時は真面目に、遊ぶ時は無邪気に混ざってくれた中嶋先生はガチでいい先生だったと思う。)






9 :名も無き被検体774号+:2021/08/14(土) 14:46:48.79 ID:mR9MWEUH0.net
肝心な合宿での活動内容は、指定された範囲内で各班に分かれ、風景画などを描くというもの。

といっても、サボる以外することの無い男子たちは、女子たちには黙っててもらいそこら辺でぶらぶらと暇つぶしするような感じだったが。



10 :名も無き被検体774号+:2021/08/14(土) 14:48:56.71 ID:mR9MWEUH0.net
俺と同じ班の男子、(以下 樋口)はクラスでは俺と真逆の大人しいタイプ。

(大人しいと言っても、クラスでは静かなだけで部活になると大はしゃぎして俺らと話すような奴だが)

そんなギャップが萌えると美術部の女子たちにはマスコットキャラ的な存在として可愛がられてたのは懐かしいな。

それで、俺と樋口は勿論サボるわけで、バスの中ではサボり計画を立てて楽しんでいた。



11 :名も無き被検体774号+:2021/08/14(土) 14:51:01.23 ID:mR9MWEUH0.net
バスを3時間程走らせて民宿に到着。

民宿は渡り廊下を挟み2階建ての建物が2棟ある。近くに綺麗な川が流れたりしていて、自然に囲まれたいい所。

バスから降りた俺たちは、早速それぞれ10日分の大きな荷物を部屋に運び始める。

民宿周辺は、標高がそこそこ高くて空気が美味しい。夏なのにそこまで暑くない避暑地のような場所。

でも蝉の声や入道雲を見ると夏を感じるなぁ。



13 :金トレーナー:2021/08/14(土) 14:56:24.16 ID:Cybv1UFUM.net
どこの美大いったん(´・ω・`)?


15 :名も無き被検体774号+:2021/08/14(土) 14:57:31.77 ID:mR9MWEUH0.net
>>13
のちのち。

個人情報に関わらない程度で答えるよん



14 :名も無き被検体774号+:2021/08/14(土) 14:56:42.41 ID:mR9MWEUH0.net
俺たちは二年生のため、去年にもこの民宿には来ている。

去年を思い出しながら部屋に荷物を置いたところで、早速一日目の活動が始まった。


軽くミーティングを終え、事故には気をつけて時間内には戻るようにという話を適当に聞き、待ちに待った行動開始。

だが、合宿先は正直言うとめちゃくちゃ田舎。

山ばっかの所であまり遊ぶ場所なんて少なかったが避暑地として観光に来る人も多いらしく、駅周りの繁華街は結構賑わっていた。

民宿からは少し距離があるが、道の駅なんかもあったし。



16 :名も無き被検体774号+:2021/08/14(土) 14:58:06.01 ID:mR9MWEUH0.net
後々書くが、堂々とサボって遊び回ったのはこの初日だけだと思う。だから記憶にも凄く残ってる。

真っ先に近くの小川で水浴びして、近くの農家のおじさんから冷えたスイカを貰って一緒に食べた。

サボらないムードが強かった女子たちも、スイカにつられて一緒に食べる。

ノッてきた女子たちとも水遊びしまくってた。


樋口「おい、水で下着透けるんじゃねwww」

俺「よしwwwwww」



17 :名も無き被検体774号+:2021/08/14(土) 15:00:35.12 ID:mR9MWEUH0.net
その後も出店で買い食いして、昼には民宿のおばさんたちが用意してくれた弁当を食べる。

そして午後も遊び回り……を繰り返してると直ぐに民宿への集合時間が近くなった。

帰りは他班の男子たちとも合流。



18 :名も無き被検体774号+:2021/08/14(土) 15:01:15.49 ID:mR9MWEUH0.net
俺「帰ってお菓子賭けてポーカーすんぞ!」

とか言って、みんなが盛り上がり

「うおおお!俺が一番だわ!」と騒いでたのを覚えてる。


やっぱり夏に友達と馬鹿なことして騒ぐってのは、学生時代にしか出来ない青春だよな。

合宿中でも、俺らが揃えば急に水鉄砲で銃撃戦が始まったりさ。

そんなくだらないことしてる時期ってすごい楽しいもんだよ。



19 :名も無き被検体774号+:2021/08/14(土) 15:03:08.25 ID:mR9MWEUH0.net
そんなことしてるうちに、他班の男子 (以下 佐野 と 吉田)の2人が

佐野「コンビニ寄ってくから、いるもんある?」

吉田「お前エロ本買うつもりだろwww 俺も行くわwww」

とか言ってたから、2人に買い物を任せることに。こいつらもクセ強くて面白い奴らだったから後々紹介するwww



20 :名も無き被検体774号+:2021/08/14(土) 15:04:38.83 ID:mR9MWEUH0.net
2人が買い物で抜けたから、俺と樋口で民宿まで帰ってた。

樋口はどこで買ったかも分からない花火セットを抱えていた。

樋口「イッチ、今度みんなで花火やろうぞwww」

俺「お前それどこで買ったんだよwww デカすぎだろwww」

とか笑い合いながら。

花火が楽しみになってきた、樋口ナイス。



21 :名も無き被検体774号+:2021/08/14(土) 15:06:03.69 ID:mR9MWEUH0.net
夕方になってきて、昼ほどの暑さはないがやっぱり日差しは強い。

日差しに耐えてしばらく歩いていると俺と樋口、とんでもない事に気が付く。

今日、絵を1枚も書いてない。





22 :名も無き被検体774号+:2021/08/14(土) 15:06:18.58 ID:mR9MWEUH0.net
いくらサボれると言っても、民宿に帰った時のミーティングでは最低でも1人1枚は絵を提出しなければならないって決まりがあった。

俺たち大焦り。



23 :名も無き被検体774号+:2021/08/14(土) 15:06:59.07 ID:mR9MWEUH0.net
樋口「終わったでござるwwwwwwwwwwww」

俺「諦めんなwwwまだ数十分あるだろwww」

と言い合い、絵になりそうな場所探しが急遽始まった。

樋口「どうせ佐野と吉田書いてないってwww もう諦めようぞwww」

俺「バカ、それじゃ怒られる人数増えるだけじゃねえかwww」



24 :名も無き被検体774号+:2021/08/14(土) 15:09:29.37 ID:mR9MWEUH0.net
本当はその辺の草とかパっと描いて終わりにしたかったが、変なところで美術部魂が出た。

どうせなら綺麗な景色でも描こうと、その辺を散策し始めた。

民宿に帰るまでの道は、峠道になっていて山に沿って坂が続いている。

だが、この周辺も観光客が多いのだろうか。

景色が綺麗な場所も多かったし、遠くの夜景も見れそうだ。

街灯やトイレ、定食屋や売店などもあった。



25 :名も無き被検体774号+:2021/08/14(土) 15:11:27.65 ID:mR9MWEUH0.net
俺と樋口、焦りながら綺麗な景色を探す。

俺「どうせなら夕日の絵とかにするか!?」

樋口「承った。」

俺「あそこでいいだろ!あの公園の東屋!他にも絵描いてる人いるぞ?」

樋口「OK、マスター」

相変わらずこいつキャラ安定しないなぁと思いつつ、途中にあった結構大きめな公園にある東屋から見える景色を絵に描くことに。



28 :名も無き被検体774号+:2021/08/14(土) 15:27:35.09 ID:mR9MWEUH0.net
田舎の公園だからだろうか、かなり広かった。

芝生に遊具、ベンチなどもあり、しっかりと整備されている立派な公園だった。

これは絵を描いてる人がいてもおかしくないなぁ。と、芝で走り回ってる子供たちの声を聞きながら思った。



29 :名も無き被検体774号+:2021/08/14(土) 15:28:11.01 ID:mR9MWEUH0.net
東屋で絵を描いている人に近づく。一人の女の子だった。俺らと同じくらいの歳かな。

芝生には子供たちがいるものの、東屋近くには人が少なかったためかなり目立った。

しかも長年使ったような立派なイーゼルを立ててまるで画家のような数の沢山の筆で絵を描いていた。

肩までかかるくらいの黒髪と画家姿が良く似合う女の子。さすがにベレー帽は被ってなかったが。



30 :名も無き被検体774号+:2021/08/14(土) 15:28:43.92 ID:mR9MWEUH0.net
俺 樋口「ごめんなさーい!ここ、俺らも使っていいかな?絵を描きたくて。」と話しかける。

女の子は大人しそうな見た目に反して

女の子「君たちも絵を描くの〜?」

と元気に答えた。



31 :名も無き被検体774号+:2021/08/14(土) 15:29:42.28 ID:mR9MWEUH0.net
俺たちは、合宿でここに来た美術部ということ、昼間サボりすぎて今急いで描かないといけないことを伝えると、女の子は笑って

女の子「一緒に描こうよ〜!」

と言ってくれて助かった。



32 :名も無き被検体774号+:2021/08/14(土) 15:31:20.71 ID:mR9MWEUH0.net
俺と樋口は少ない残り時間で急ぎながら、だけど女の子と喋りながら絵を描いた。

ここら辺は夕日が良く見えるんだよ〜、とか

筆は何使ってるの〜、とか、話してた。

女の子が使ってる筆やイーゼルは年季が入っていたが、道具に詳しくない俺らから見てもいい物だと分かった。



33 :名も無き被検体774号+:2021/08/14(土) 15:32:52.13 ID:mR9MWEUH0.net
急いでいるなら普通無言で描くだろうが、ついついこの女の子と話してしまうのは、この子が結構可愛かったからだろう。

そこまでコミュ力が高くない俺らでもついつい話してしまった。

本当はこの子を描いたりしたら絵になるんだろうなぁ…って思ってみたり。



34 :名も無き被検体774号+:2021/08/14(土) 15:36:00.65 ID:mR9MWEUH0.net
すると、話しながらも内心は急いでいたのか

樋口「よし描き終わった!イッチ、あと君!お先に失礼するぞwww」

と樋口が雑に道具を片付けて先に走って民宿へ向かって走り去ってしまった。

時計を見る。

俺を置いて先に帰った裏切り者はギリギリ間に合うだろうが、今から片付けて帰ってもどうせ間に合わない。

女の子と2人きりの状況を作ってくれた樋口に一周まわって感謝しつつ、時間は諦めて絵と女の子との雑談に力を入れることにした。



35 :名も無き被検体774号+:2021/08/14(土) 15:37:28.08 ID:mR9MWEUH0.net
女の子「あの子先帰っちゃったじゃん。君は間に合うの〜?」

俺「もう諦めたよwww どうせならもう少しゆっくりしてくよ」

女の子「暇してたから嬉しいよ〜」





>>次のページへ続く

 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:これはすごい, 感動・泣ける話,
 


 
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

人気記事(7days)

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様

 
20211107081541