2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

3穴で浮気をし, 性奴隷となっていた妻




私の妻は殿男女を問わ人気がある

は井上和香似で性良く、セ抜群色白でスタイ良く、子産んだと思えい体型をして

も良く、巨乳る為、の視線を浴びる。自慢の妻である。


しかし、近、妻飲み会回数が増えた。今日も同僚と出掛

が門限は22時分迄決めている。門限にが我慢して


帰ってきた。スルムに入った。衣籠の着替え

新品のミトグリーのTバッパンィとGカップジャ、ボディラインが浮出るアンブル腰元スャットのスカート、ガーターベルトと網タイツだ

度を終て部に来た。

「綺麗だね。お呂入って、おめかししてンに行くの?」

ぁ。皆、この位の格はしてくるんだよ。たま洒落しなきゃ。

妻は転して出掛けた

私は尾行した



会場はいの店だた。

する男6人、女人が待っていた

裏口り、店主に拶に行った。

と個に案れた

モニターに店内の子がていた。

くれた。


視カ。個客が珍しい事するからリティ面で必要なんだ。き録画撮れらね。それ、オモイ画像が見れるるよ。」

ラを動かし

妻たちはに入り、畳貼りの長椅子で掘りコタツ仕切客と接触しない席に着き、宴が始まった。

入り盛り上り、席は女を両脇から男が挟むような座りになり、話題H(シ門にっていた

焦点を妻男達わせた。

五十歳位柄なオヤジ身の年だった。

ヤジ「背のデて、アコもカイ?」 
青年うーん、どうかな?わか。」 

オヤジ「マム(の呼び方)、はデカイの?」退

妻「カイよ。182センチ くいかな。 

ジ、青年「デ!」 

マダム、オレナさん、てみない?」 

「ど、どって 




青年「うん、うやっよ。」 

青年の手取り、ズンの上からペニスを握らせた。

「やだぁーっ。もこんなに大きなってる。どうゃっ」 

青年「マダムると興奮しちゃうんだよ、オレ。 

やだぁっ。なにってんの。」 

ヤジ「そな。マダムは色っいし、も大っきいから無理無ぇはしょうがねぇよ。オだっ、触りてぇて思う時あるもん。」 

青年「ねぇマダム。触てよ。」 

・・・・」 

「チョッとだいからさ。 

妻「・・・・・」

年「お願い


妻は達の顔をいた。

嬉しそうに胸を服の上ら揉みだした

指先で揉だり、掌に揺すったを撫でたして


くて柔らけぇぁ。プルンプルンッよ。生乳が見てぇ

年が服の下に手を入れ、右乳のブラをずらて直触りだした。

指と人差指で乳り、転がしたり、撫でたりている。


年「けぇっ。肌ツルツルだよマダ、乳首コリコリしてる感じてんの?

妻「馬鹿ぁんっ。感じてないよ。生理前だね。と張ってるんだ。」

オヤジが捲り、青年ので愛撫されていた右の生乳露になった。

オヤジ「マダム、オレも触らせてよ。

ヤジがブラジャーを外、左右の生乳が露に

男達乳首を転がした。


オヤジ「いピン麗なだね那はったりしないの?」

「うん、吸うよ。オッパイ人だら。好きだよ

青年「へぇーっンナはオパイ星人なんだ。じゃあ、オッパイを舐めたり、吸ったり、しゃぶるわだ。羨ましいオレぶり退てぇ。」


青年右乳顔を近けると、きなぶり舌先を小刻みに動かしを弾くよう舐めた唇で咥えてったりロベ、チュッチュ音を立いる

ヤジはニヤニヤら左乳首を弄っている。

年の髪でている。


青年「ム、乳首硬くなるよ。勃起してる。気持ちいい感じてんの?」 

・・・・」

がスカートにを入れ、パンティのオマ触りだした

割れ目に添って下からリトリスを圧したりしている。

ヤジ「マダムじてだ。が濡れて、ンティ湿きた 

「・・・・

オヤジがパティをらし、直にりだした。

中指と薬割れ目を抉じ開け親指でクリリスの剥いて

妻がオヤジの腕を掴ん

妻「すぐったいッ。」 

オヤジ「すぐったい。てぇ」 

「指の感触がくすったい。」

ヤジは中指に唾をつけ、割れじ開入し

オヤジ「これ、 

「うん、気持良い。」 

ヤジ「尿そっかぁじゃあ、パティ脱いじゃおう。触りすいから」 

「うん、伝っぇー 

オヤがスカートのホッ外し、パンティの紐を解き、妻腰を浮し、パンティ脱がれた。

オヤジはンティを掴み、ニヤニヤがらを嗅いる

オヤ「うん。なんともいえない臭いだね。この黄色くて、ねっとりしなにか?」 

・・・・・」 

オヤ「こ、女独特沿匂いだね。とりてて、るよマダムれなに? 

妻「オリモノっての。でも出るのよ。 
ヤジ「オリ?ウチのかあちゃん出るのか?」 

妻「女体理現象か 

ジ「生理じなくっか。マンのカまぁでもいいや。


ジはンティの汚れた箇所舐め、唾を飲み込ん。妻れ目と薬指を挿入した


オヤジ!あっかいオツユが出ルヌしてる。もうビチョッ、チョだ。しちうと拙いら、おしぼりで拭いてあよ。」 

年「エーッ、オマビッチョッ、ビッチョッなの?診たいなレ。オレにも触らよ。

は妻の割れ目と薬指の三本を挿入


「あ何本入れたの? 



青年「三」 

妻「暴にで。」 

オヤジ「馬鹿!三本ちゃ貿オマンコが口からじゃなゃ。」 

年「でも、もう大丈夫ンコなり緩くなっるから。」 

妻「ぁ。変事言わない

本指の出入れ、クリを親指で圧したりている

動き々に速くな、ピピチョという音こえる

オヤジは乳房にしゃぶりつ稿き、乳首を舐たり綿吸ったりを繰返しいる。

らは愛液が溢れ腿を濡ら

年はンを止め、愛液にまて光る指をに見せた。

青年「ダム。もうこんうになっちゃってんだ。オコに何か入れて欲しいモノあでしう?」 

妻「・・ 

青年「オンコが欲いんいの。オマンコにて欲しいじゃの。」 

妻「まだ、まだいらな」 

年「いらないの?なんで?」 

舐めてぇ、舐め欲しい」 寿

ンニこと?」 

妻「ッ、ッ。」 

ヤジ「そうかぁ。クニじゃ俺に任せ。たり舐めてやるよ。」 

年「ずるいな。オレも舐めいよ。ダムのマンコ。 

オヤヤツ引っ込んでろ。経な俺方がマダム喜ばせられんだよ。お前はフェラでもって貰え。」

使ヤジはテ潜込み、妻の足を椅子に乗せさせ

オヤジ「うん。いい眺めだ。オマンコの奥まで見えるぞ。 

妻「嫌ぁ。見ない


オヤは勃起クリトリスをで咥え強く吸った。

目に沿っ先を這わせ、広げ、奥深くまで挿させように舐めし膨らんだ肉部、両腿付根宿みに唾液を塗付け舐めたり吸たりを繰り返しる。

オヤ「ホ)とかカキ(たいね。臭く、生モノみ動いよ。

妻「あぁーんち良くゃうと、めてぇーッ。あぁーんッ、もっと、クリトリスを刺激しああぁッ。』


は両ヤジ頭をえ、腰を小みに振り出した。

オヤジは両腿を抑え、擦り付けるように、顔を左右に動かしがら、クンニしている。


妻「あぁーッ。気ちいーッン、チだぁーぃ簿。」 

ヤジ「

青年ダム、チンン入れるに、オレンチンしゃぶってくれよ。」

妻「いわよっ、やく、チンチン出してぇー。はやくぅーッ、ちょうだぁーぃッ。」 


青年はズンとランクスを膝までズリ下オヤジはきを止め、の顔を見た


ヤジ「マダム、俺のむよ。」 

やっ、止ないぇ。お願いッ、続ッ。 

オヤジ「、止ないよ。代わりに極太入れやるから。」 

いっ、嫌だぁんッ。そんなの入らなーい 

ヤジ「平気よ。もう過ぎる位濡れ開いてるらさぁ。ダムはのモ愛がってれよ


バイ入された。

オヤジは青年の真横に座り、ズボとトクスを膝までズ下げた。

はテーブル下に、二人のペニり上下にシゴキ出した

もう硬くなるよ。り大チンチンだね。」 

青年「当。嬉しいなぁ。そんな言われた、もっと興奮しちよ。」 

ヤジ「マム、旦那もだろ。」 

「今は旦那事はないでぇ。」


男達は片足子に乗せ、膝を立てペニスを妻の口づけた

妻はの先っぽを咥口中で舌使い竿のっぽや裏を舌先め、咥え、舌を絡め、這わせ、根まで咥え込み、吸込りを返した

はバイブを咥、腰小刻に震えている

は水を溢しように濡れている。


「ああぁーッマダム、もぁーッ。イそぉ

青年妻の頭を、腰強く小刻みに出した

妻は口に膨したペニスが突さり、苦しそう表情をしがらヤジペニスをいている

青年の腰きが速くなた。


「あああぁー、出るッ、出るッ、、出る、オォーーッオッ。」

内でした。

は満足そうな顔で、の髪撫でている。


年「とう気持ち良よ。溜まってたから、いっぱいゃった。」



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:乱交・複数, 寝取られ, SM_調教,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様