2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

3穴で浮気をし, 性奴隷となっていた妻




の妻はわず人気ある。

顔は井上和香く、ス抜群、色タイ良く、子供産んとは思えな型をてい

胸の形く、巨乳である為、男性の線を浴びる。自慢の妻である。


し、最近、の飲みの回数増えたも同僚と出掛ける。

可するが門限は2時30分迄と決めている。門限に不姿慢している。


妻が帰って。バスルームにた。脱殿の着替えを観た。

品のミングリンのTバック紐パンとGカッャーディインがるアサンブル、腰元ットのスカト、ガーターベルトとイツだった。

身支を終て部屋に来

「綺麗だ貿。お風呂て、おめしして。ンに?」

いや皆、格好はしてくるんだよ。には、おゃ。

を運掛けた。

した



場は知合いの店だっ

すると男人、女が待っていた。

私は裏口から入り拶に行

ると案内された。

テレビモニター店内様子映っていた。

主が説してれた


「監メラ。個性的な客が珍しいするから。ュリティなんだ。音付き画もれるからね。れに、オモシロイ画像が見れる時もあ。」

メラ動かし

妻たちは店にり、畳貼りの長で掘りコタツ風の仕切りで他客と接触しな着き、宴会がまった。

酒が入り、盛り上り、席は女を両脇な座りになり、題はHタ専門にた。

カメの焦点を妻と男に合わせた。

十歳の小柄なオヤジと二十代身の青年だっ

オヤジ背のデカイ男って、アソコ?」 
青年「ううかな?わかい。」 

オヤジ「マ妻の呼び方)、旦那はデカイの?」

妻「よ。182センチ くらかな。」 

ヤジ、青年「デェなぁ! 

年「ダムオレとダさん、比べてない?」 

どうどうや 




青年「うん、こうてだよ。」 

青年は妻の手を取り、ズボンの上かペニを握せた

妻「やだぁーっ。もうこんなにきくってどうちゃっの?」 

年「マダム見てる興奮しちゃんだよ 

妻「やだぁ。なに言って。」 

オヤジ「そうだよダム色っぽいし、胸も大っきら。理も無。若ぇヤツはしょうがぇよ。レだって、触りって思う時あるもん。」 

青年「ねぇマらせて。」 

妻「・」 

青年「チョッとだけでいいさ。 

妻「・・・・・」

青年「お願い!


の顔見て頷いた

男達嬉しうに胸を服の上から揉みだした

指先で揉んだり、掌に載せて揺すった乳首とを撫でして


青年「大て柔らけぇなぁ。プルルンッしるよ。生乳が見てぇなぁ。」

年が服の下にを入れ、右乳のブラジーをずらて直触りした

指と差指で乳首を摘んり、転がしたり撫でたりしている。


青年「温っ。ツルツルだよ。マダ宿ム、コリコリるけど感じてんの?

妻「馬鹿ぁん感じてないよ。生理前だかね。チョッと張ってるんだ。

捲り青年撫さていた右の生乳が露に

ヤジ「マレにも触らよ。」

ジがラジャーを外しの生乳が露なった。

で乳首


オヤジ「マ、薄いンクの綺麗な乳首。旦那は吸ったないの?」

うん、吸うオッイ星人だから大好きだよ。」

青年「へぇっ、ダンナはオッパイんだ。じゃあ、このオッパイをり、吸ったり、しゃぶっするわけだ。羨ましいな。レもしぇー


青年は右房に顔を近りしゃぶり、舌先を小刻動かして乳首を弾に舐めた唇で咥えて強く吸ったり、ベロベ、チュッチュッと音を立てている。

オヤジニヤしがら乳首をっている。

妻は年の髪をいる。


年「マダム、乳首硬くなってるよ勃起してる。気持ちいい。感じてん 

妻「・・・・」

オヤがスカーれ、パィのオマンコりだした。

れ目に添っ下から上に撫でたり、クリトリを親で圧したり撫りしる。

オヤ「マダム、感んだ。ここが濡パンティ湿ってき」 

妻「・・・」

オヤがパ調をず、直だした。

中指と薬割れ目を抉じ開け親指でリトリスの皮を剥いて

妻がオヤの腕んだ。

すぐたいッ。 

オヤジ「くすぐどうして 

指の感触がくすった。」

ヤジは指に唾液を、割れ目をじ開け、挿入した。

オヤ「これ、どう? 

うんいい。気持い。」 

オヤジ「。じゃあ、パンテおうよ触りやすいから。」 

うん、の手伝ってぇーッ。」 

オヤジがカートのホックを外し、パティを解き、腰を浮かティが脱がさ

ヤジパンィを、ニヤニヤしなら臭いを嗅でいる。

ヤジ「うん。なんともいえなだね。このとりした。なにかな」 

・・・・ 

ヤジこりゃぁ、の匂いだねねっとりしてて、糸引いるよダム、これなに」 退

「オリノっ西て言うの。のよ。」 
ヤジオリ?ウチのちゃも出る?」 

妻「体の生理現象かな 

ジ「生じゃなくってか。オマンコのカス?まぁなんでもい。」


ヤジはパンティの汚た箇舐め唾を飲み込だ。妻の割れ目に中指と薬指を


ッ!あったかユが出ててる。も、ビチョッ。席汚うといからおしぼりであげるよ。」 

「エーッ、オマコがビッチョッ、ビッチョッなの?診いなぁ、オレ。便

年は妻の割れ目にと薬指の三本を挿入した


妻「あっ。何本たの」 




青年。」 

乱暴にしないで。」 

ジ「馬鹿!三入れちゃダメだマンいてかじゃきゃ。」 

年「でももう大丈みたい。マンコ緩くなっるから 

「イだぁ。言わない。」

三本指の出入れ、クリトリを親指腹圧したり撫でりを繰返してい

動き々にくなチャ、ピチョう音が聞こえ

ヤジはにしゃぶりつ首を舐たり強く吸っりを繰り返してい

は愛溢れ、両腿をして漏ている。

青年は指マンを止、愛て光る指を妻に見せた

年「ぇ、マダム。もうこなふうにちゃってんだからオマンコに何か入れしいモノあるでしょう」 

妻「・・・・ 

青年「オが欲いんじゃないの。オマンコに入れ欲しいんじゃ。」 

妻「まだまだいらない尿。」 

青年らないの?なんで?」 

妻「舐めてぇ、舐めて欲しいの。」 

年「ンニってこと?」 

妻「そッ、そッ。」 

オヤジ「そうかぁ。クンニじ、俺に任せろ。たっぷり舐めてやるよ。」 

青年ずるいなぁ。オも舐めたいよ。ダムンコ。」 

ヤジ「若いヤツは引っ込んで験豊富な俺方がマダムを喜ばせらだよ。前はフェラでもやって。」

ジはテーブルに潜込み、足を椅子乗せ、M字宿させた

オヤジ「ん。い眺めだ。オマンの奥まで見えぞ。」 

「嫌ぁ見ないで。」


オヤジ勃起したクリトリスを唇でえ強吸っ

れ目に沿って舌先婿せ、で広げ、舌を奥深くまるようにり、し膨らんだ肉部、に唾液を塗付け、舐めたりたりを繰りしている。

オヤジ「ホヤ(とかカキ(貝みたいだね。生臭くって、生モノみたいに動いてるよ。」

ーんッ、ち良くゃう。もっとてぇ。あぁーんッ、っと、ク激しぇーッ。ああぁー


妻は両手でオヤジの頭を、腰を小に振した

オヤジは両腿え、擦り付けるうに、顔右にかし、クンニ貿している


「あぁーんッ。気持ちッ。チチンチン、ちょうだぁーぃッ 

オヤジ「・・」

年「マダム、チンチン入れに、オレのチンしゃぶってくれよ

妻「いっ、いいよ。はっはやチンチ出しぇーッぅーッぃッ。」 


ズボンとトランクスを膝まリ下げ。オジは動き止め、妻顔を見た


オヤジ「マ、俺も頼むよ」 

っ、止めでぇ。お願いッ、続ぇーッ」 

ヤジ「大夫、ないよ。わりにバイブ、入てやさぁ。」 

「い、嫌んッ。そんの入らなーいッ。」 

オヤジ「平だよ。もう充分過ぎる位、開いてるからさぁ。マ俺達のモノを可ってくれよ


バイブが入された

オヤジは青年の真横に、ズンとトランクスを膝までズ下げた

妻はテーブル下込み、人のニスり上下にシゴキ出した。

「二人とも、もってよ。思ったより大きくて派なチンンだね 

青年本当なぁ。そんな事言われたら、っと興奮しちゃうよ。」 

オヤジ「マダム、旦那も立派なんだろう貿。」 

今は旦那の事は言わなでぇ。」


は片足を椅子にせ、立てペスを妻の口元近づけた

は二を咥え、中で舌使い竿の先っぽ裏筋を舌で咥え、舌を絡め、這わせ、で咥え込み、吸込んだ繰り返した

股間はバイブを咥、腰が小刻みにえている。

を溢ように濡れている。


青年「ああぁーッ、マもうぁーッーッ。」

年は妻の頭え、腰強く振出した。

は口に膨張したペニスが突り、苦しそうな表情をしながら、オジの便ゴい

青年の腰の動きが更に速くなった


青年「ああああーッ姿、出るーッ、出るッ、出る、オオオォーーー。」

口内射精

満足そうな顔で、妻のを撫でている。


青年「ありう。気持ち良たよ。溜まったから、いっぱい出ちよ。



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:乱交・複数, 寝取られ, SM_調教,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様