2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

鬼畜

 



酒を飲みなが、昨年の正月をい出しした人でた侘を。


は結して妻のに入りました。

それは、妻が高校3年生の夏に父親が急死して、母子家だった為に、妻の妹の済面を考えての事です。

こそなかだけで実質婿養子ですが、妹もよく似ていて可く、を21歳でんでいた為に若くで、親と兄2人の帯だった心地良い生活でした。


その後2人にもれ、妻は子ートで忙らも、明るく元気一杯の生寿送っていたのですが、下子供が幼稚園の年長になっ時、帰るは暗く元が有りません

何か有ったの

「あたには妹の結婚費用まで助けてもらったし、あなた私の家を背負せて来言いいのでど・・・来年・・・・大学を受験してみたい」


一瞬、驚きましたが、妻には父死によの事も考えて進学をして、家を助に、私の勤ている会社に就職したという緯があ

子育やパトで頑張って来たから俺は構わ、おは何言ってる?

今まで以達の事簿で世話掻けだろうからりも先ずはお姿さん得なれば


実は、お母さんには既解を得いる


「それなら俺は賛だ。行け。そう言っても試格したらの話だが」


本当にいいの?あなた、あがとう

の教師なる子供のからの夢った。

でもんが死んだ時に諦ずだった。

パートめてしまうど、宿業し、例え教師は無でも講師もし返すから


にはってを見付けて、勉強をていたの、夢を捨て切れなかっのでしょう

この日ら猛が始り、年、見事32歳の女大生になたので沿

高校強ばかりしてしく、私とき合までびを殆ど知ず、化や服地味だったので、そは女子大生になっても変わらず、たださえ一般の学生歳が一回り違う妻が、在に成っていな


「友達は出来ないか?

まには一緒茶を飲とか、食事して付き合いたらどう

れにう少流行の服を着たが良くないか。

そのの余裕はだろ


友達と言いな子達は何出来たけど、そんできない。あなたや母さも、宿以上迷惑掛けたくない


時は、逆の心する事に調なるとは考えもしませんでした

それと言うのも、2年生の夏を過ぎた辺りから、妻の姿 どんどん変わって行ってしまったのです

を長く伸ばして明る色に染め、に成った為に見目5、6歳は若くなりました




も若いが着ている様なわり、その上、付き合と言て帰りが遅くなる事々で供を母任せ、休出掛ける事もありしたが、若い労さた負のか母は何言いません。

私もただで7歳妻が若くなり、愛くて仕が有りませんでた。


しかし、年生になると更に手になっていき体のラを強調し、今にティニスカートまで穿きだしたに放ってはおけませ

「お4歳で そのストは短?そにその胸の大強調したは何だ?裕子は2人子供の母親だぞ


そう?ミニスートなんて、40代奥さん穿いているよ」


「それしても短過だろ。そではし屈んだだけで見えてまうぞ。裕子わっな。化だって、殿まるでバクのお姉ちゃんみたいだし」


「似合っていると思うけどなー。それよりも、キャバクラに詳しだけど、行った事が?」


今にって青春謳歌している様でした。

そのゼミコンパなどを由に宅が遅くる事て行き

そんなあ日、飲み会で遅くなって電に乗りた私がタクシーでる途中我がら300ルほ所に止まいスポーツーから妻が降りてくました


ごめんなさい教授もゼミの仲事を、話が盛りがってして、すり帰りが遅くてしまいた」


そうか。それで、どうやっって来た」


「終に乗れたので、タクシーってしたをしてすみませ


が平吐い事が私にはショでし

って浮気出来るはずは無いとてい私は、こ稿時はまだ妻を疑う気持ちなど、ただ嘘を吐かた事に腹を立ててました。


うか。最近はツアのイプのシーも有るだな

私がそうして寝に行と、後を追う様に入って来た妻目にはっています。

「ごなさい。嘘吐きました。本当はゼミの仲間にってもらいました。」


「誰


「・・清水君でもな関係は有り。3送ってもらって、たまたまが最後になっただけです


「本当か?本当はテルに行ってたりして


は疑ってもいまでしたが、が男に送ってもらっるようだったのからかってみると、妻は声をげて否定しました。


「ホんか行っません。関係ではりません。繋いだ事も有りません


めて聞いた激調逆に2人でのではないかと勘ぐりした、妻の性や同級生だとるととの10以上違う事を考えば、変な関係に成までは考られず、仮に2人で会っていたとしても、遅い青春を少し楽しんだだけだと、多少目に事にしまいました


しかし、その後も回数は減の、やはり帰宅の遅日が有り、1週間ほど経と何故か私とは目を合わさなくなって話も減り、何かと理付けてセックも拒むようって行きました


更に経っ頃にと同じ部にい事す避けるように成ってしまい、るまで供のにいるので、2の時間はど有りません。


してを避ける?毎日毎日嫌そな顔をて。何か不満が有っっきり言えよ


避けてなんかいませんそれに何も不満なんて有りまん。ただお願が・・・」


妻のお願いとゼミでに行く事でた。

が目撃した車の彼もじゼミだとう事有り、この事をに言い辛て悩んでいのだと また勘違しま、こ前の明るに戻なら授やの生徒も一緒で、2人だけで行では無いのだと許可しまいす。


し、旅行から帰った妻はくなるどころか更に私をるように成ってしまいました。

くら鈍い私も、に妻に何か有るのでかと疑まし

(妻に何か有浮気か?いや妻に限てそれはい。そなら?妻を疑た俺を嫌いにったろう?)

私の中でず葛藤が続き、仕事中も考えてしようにってしま、身体の調子がいと上司部下ら心され、妻との事をっきり早退さ便、大学の前に車をめて電


「こんな時間に、うかしましたか?」


ああ、裕子に尋たいる。お母には聞かせたない会えない?」


校まで来いる事を告げずに言うと、妻はか察したく、すぐ返事が出沈黙が続きます

「実ゼミの教授に資料の整理欲しいと言われていてし遅りま。終り次第帰りますから、話は今か?」


いていると感じたは、その場妻が出来るの待っていと、白いスポーツタイプの車が横を通り過行きまし


その車の使ドウには、見えのる大きなステ貼っったので日の車が、インドウは黒く中がよく見えせん。

もしかすと、が助に乗っているか知れないと思を追駅前のファ入って行ので予想して降り真面目そな若者1

(待ち合わせ?

どちらして普通に電で帰るなら、妻はこの前通るはのでその若者の後ろの席にヒーを飲んいると、後ろら話し声ました。

いか。はここで裕子奥待ちせか?」


「俺は別に・・・・・・」


「隠すな。水と裕子奥様が付事は、も皆が知ている事だ


き合だなんて・・・・・・


「隠すなて。この間旅行に行たのだろ?速のドライインで、清水と裕奥様を掛けた奴がぞ。その夜いつが貸欲しCDが有たので、帯に電話しそうが、出なかった湿な。裕子奥様とアレの中だった




するとも1人が。

「何知らなかったので、電話してしまって悪かったな。

はその後携帯に出ないので何かのかと心配自宅にも話しまっ

するが出て、ゼミ旅行行っていると言ゃなか。

同じゼミなのに俺だけ退物にされたと思に電たらも2人だけのゼミ旅行らしいと聞いたよ」


手は、血の気が一気に引い行きまし

でにった事の屈辱感襲わ、この清という若者対して殺意すら覚えます

しか、その気も知らない若者達は、に私底に突き落すような話した


「裕子奥様はどうだ?


「どうだって、だよ?」


「セックスに決まっろ。ムチムチした身体では、2度姿や3度った位では満足しないだろ?」


「・・・・・・・・


も以 付き合っていたが、ありにセックスが激しいのれた男は、続て何度でも出ると思っ簿人妻は たでも激しに、裕子奥はあだ。旅行なんか行たらまで寝せて貰えなただろ?何ぐらいさせられ?」


「俺達、そんな・・・・・・


「俺達の仲で隠さくてもいいゃないか裕子奥様退の、マンコ締まり具どう?」


「俺はのポテリした唇に興味が有るな。あんフェラされたら、それだけで何度で出してしまそう然フェラて貰っているのだ


俺達はに・・・


「ここまできて隠すな。噂では清水は童と聞たぞ。初が人妻で良かか。筆おろしは、慣ている尿ードして貰限る。精々卒でに子奥様に教え姿もらえ」


居ても立ってられなくなの方を振り向て睨み付したが、丁度時、妻が入ってきたのでらも一斉に入り口を見た為に、私がんでいる事は気付きませ


「おっ、裕子奥様の登場。今からラブホか?それにしも、あの太は堪らな」


「あん澄ましていてあのどん出すのか度ゆくり教えてくれ魔者は退か」


人の若者は妻にを下げと、厭らしい目付で全身舐めるよう出てました。


「待しまってごめんなさい


「メー話がるって書いったけれど脅さないでよ」


実は・・・・・・もう2人だけ会えない。辛い


うして?俺嫌いになったの?沿


「そうじゃないれ以上主人嘘を吐、裏切っが辛いの


は私が何か感付いたと、彼清算しようったのでしう。


「俺より旦那のんだ」


困ら主人と君に対する想違うの。便には子供


「駄何をれて俺は別れないになったと言わも」


うわ。私彰君が好き。も主とは別れらないの。こままだ人共不幸にな


妻の言葉は、彼の方きで子供とると聞こます

これ聞いていを立つと、2テールのに立ちした


「あなた!」

「えっ・・・・・」


「裕子、心配無くても俺ら別てや。子達の、俺が育てるから心配すな。おい清水か言ったなを壊したは重いぞ。生纏いて、を必ず潰しやる


言いして車に乗ると、涙を流しながら止めうとするを振り切って家にが、彼には負け犬のえに聞たかもれません


哲也うしましんなに早く」


母の掛けにも答えずに寝室、彼に車で送ってもらったのか、ぐに妻入って来ました。


「あなた、ごめんない。許して下さい」


妻は泣使きながら土下座しまが、許せるはずせん。


?許せる訳が無いだろ。今有印鑑、キャッュカを全て出せ


して下さい。おいですから、て」


「まずは俺言った事を先にしろ


は妻がしてた物全てをポケットにれまし



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐・倍返し  |  タグ:浮気・不倫, これはひどい,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様