2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

鬼畜




を飲みな昨年の正月を思ていました。一人で過ごし侘しい正月を。


は結婚して妻の入りま

それが高生の夏に父が急死して、家庭だった為に、妻と妹の経済面を考えての

名字こそ変えなかったけで実婿養子の様な形です、妹も妻とて可愛く、母妻を21産んでいた為に若く父親と兄2の男った私に、居心地の良た。


その2人の子供にも恵ま、妻は子てとパート忙しながらも、明るく元気一の生活送ってのですがの子供が幼稚園の年長にった時出張から帰ると妻は暗元気りません。

「何か有ったのか?」

あなたにの結婚まで助けてらった、あなたに族を背負わせて来言い辛いですけど・・・・・来年・・・・大学を受験してみ


一瞬驚きたが、妻の死によりの事進学を便念して、家計をる為てい就職という緯がります。

「裕子子育やパーて来からは構わないが、お母は何と言っている?

今まで以供達の事を掻けるだろら、りも先ずはお母さんの許可を得けれ


「実は、お母さんには既に了解をているの」


れなら成だ。行けよ。そうは言って験に合格したら話だが」


「本当にいいのあり簿

校のが子供の頃夢だた。

でもお父さんだ時にたはずだっ

パートは辞しま、大学したら、え教師理でも熟の講何でもして返すから


私には趣味だと言って見付けては、勉強を続けていた夢を捨て切れなかったのでしょう。

の日猛勉まり、翌年、妻見事32歳の女子大になです。

高校時に強ばりしていたら、私と付き合うまでびを殆知らず、化粧や服装地味だたの殿が、それは子大生ても変わらただでさえ般の学生よも歳が一回り違う、浮た存在に成ってないか配でした


「友達出来ないか?

たま一緒にお茶を飲むとか、食事をしてくるとか、の付き合たら

れに、も流行の服を着た方がないか。

その位の余裕は有るだろ?」


「友達と言仲間たいな子達は何も出来たけどんな贅沢はできいわ。あやお母さんにも、これ以上迷惑をけたし」姿


このは、の心配をするるとしませんでした

それと湿、2年夏をぎた辺りから、妻の容姿が どどん変わって行っ使です

髪を長く伸ばして明るい色に染め、化粧も派手に成っ為に見た目6歳は若くなりした




も若い娘着ている物に変わりの上、付合いだと言って帰りが遅くなる事も度々で供を母に任せて、日に出掛ける事もありましたが、時にさせた負い目が有るのか、母せん

私もたださえ7歳便更に若くなり、可愛くて方が有りでした。


しかし、3年生に更に派手になっいき、身体のライン調や、にもパンテーが見えそうミニスカートま穿きだに放ってはおけませ

おい、3歳でのスートは短過ぎいか?それ胸のきさを強調した何だ2人の子供の母親なのだぞ」


「そう?スカート今は40代の奥だっ穿いているわよ」


それしても短過ぎるだろ。それでは少んだけで見てしまうぞ。裕子変わたな。寿まるでキャバクラお姉ちみたいだし」


っているとけどなー。それよりキャバクそうだど、行事がの?」


妻はなって青謳歌して様でした

その後も妻はミのコンパなどを由に、帰遅く事がます

そんある日、飲みで遅くなって終電遅れた私がターで帰る途中、家か00メートルほど離れた所に止まっていた、白いスポーツカーから妻が降りてくのを目にしました。


めんさい。教授も交えてゼミの仲間と食事をしいて、が盛り上ってしまて、すっかりが遅くなっいました


「そうか。れでどうて来た」


電に乗り遅れたので、タクシーで帰って来した。贅沢すみません


が平と嘘を吐いが私にはョックでした。

妻に限って浮気など出るはずは無いとていたは、の時は、まだ妻をちな綿無く、だ嘘を吐かれ事に腹を立てていまし


うか。最近ツードアのスポーツタイプーも有るのだな」

う言い残しくと後を追う様にて来た妻の目涙が光っいます。

「ごめん嘘を吐。本はゼ間に送っもらた。」





清水でも変な関係で有りってもらっまたま私が最後になっただけで


本当か?本は2人ルに行っいたして」


は疑てもんでしたが妻の方が男に送っもらった事をていようだで、らかってみると妻は声を荒げて定しました。


ホテルなん行っていませ。彼とはの様な関係では有りません。手を繋だ事も有りせん」


初めて聞激しい調、逆に2人で会ていたのないかと勘りましたが、性格やだとする彼との歳が稿考えれば、変な関係に成る事まではれず2人で会っていたとして遅いを少んだだけだと、大目に見る事にして簿まいま


、その後も回減ったものの、やはり帰宅の遅い日が1週ど経何故か私とはなくなっ会話も減り、と理由を付けスもようなっきま


更に1ヶ月経は、私と同じ部にいる事けるように成ってしまい、私が眠るまで供の部屋にいるので、2人の時間は殆ど有りません。


どうし俺を避ける日毎機嫌そうて。何か不満有ったらはっえよ」


避けてなんかいません。に何不満なんて有りまん。ただお願い・」


妻の願いとは、ゼミで旅行にく事でした。

私がした車の彼も同じゼミだという沿も有り、このを私に言い辛くんでいたのだと また勘違いしい、様な明るい妻にるのなら、教の生徒も一緒2人だけで行く訳では無いのらと許可てします


しかし、旅行から帰っ明るなるどこ、更私をように成しまいました。

くらい私でも、流に何か有では無いか疑いました

(妻有る。気かいやてそ無いそれなら何妻をた俺を嫌いにのだろか?

私のえず葛藤が続き、仕事中もえてしまうようになってしまい、身体の調子が悪い違いした上部下から心たので、の事を はっきりせよ退させて、前に車を止めてしま


に、どうしまし?」


子に尋ねたい事が有る。お母さや子供達には聞かせたくら、今からえないか?」


学校までる事を告げずに言と、妻は何察したらしく、す返事が来ずに沈黙がきます

「実は、ゼミの教授に資料整理を手て欲しいと言われていて、今日少し遅なりす。終り次第帰りから、話は今夜では駄目ですか?


が嘘を吐いてると感じた私は、そ妻が出て来る待っいるいスポータイプが横をきまた。


車のリアウウに婿、見覚えの有る大きなーが貼って有っで、先日の車だとったですが、ウインドウは黒中がせん

もしすると、が助手席乗っているかも知れないと思い、後を追と駅前ファミレスに入って行ったのです反して降りて来たのは真そうな若者1人だけした

綿合わせ

どちにしても普通に車で帰るなら、はここの前の道を通るはずなのでその若者の後ろのってコーーを飲んでいるとら話声がしました。

清水じゃないか日は裕子待ち合わせか?」


「俺は別・・姿・・・・


隠す。清水が付き合っる事は、も知ってい事だ」


付き合なん・・・・・・・」


なって。この間も2人で旅行に行っただろ?偶然高イブインで、水と裕子奥様を見掛けたいるぞ。その夜、いつが貸欲しいCDが有った、携帯に電話したうだが、出な退ったらいな。裕奥様アレの最ったのか?」



するともう者が。

何も知らなかったので、電話してし悪かったな

実はその後、携帯出ないので何か有ったのかと心配で自宅電話してしまた。

袋さ沿が出て、ゼミで旅行に行いると言うじゃか。

同じゼミなのに俺だけ退け物にさたとて、いつに電話たら、ども2のゼミ旅しいと聞いたよ」


は震え血の気が一気に引いて行きました。

今までった事のない程の屈辱感に襲わ、こ清水という若者して殺意すえま

かしそん私の気もない若者達は、更にの底突き落すような話をまし


「裕奥様はどうだ?


どうだって、だよ


「セクスに決ま。あのムムチした身体、2度や逝った位では満足しないだろ?」


・・・・・・・


俺も以前人と付き合っていた、あまりにセックスが激いのでれた。綿い男けて何度でも出来と思っ。人妻は激しい、裕奥様はあの身旅行んか行ったら朝まで寝かせなかっただろ?何回ぐらいさせられた?


「俺達は、・・・・・・


達の仲で隠さくてもいいじゃいか。子奥様のオマンコのり具合


西ッテリとた唇に興味が有るなフェラたら、それだけで度でも出てしまうだ。当然フェもし貰っいるのだ?」


「俺は別に・・・・・」


「ここきてな。噂で水は貞だったたぞが人妻で良じゃな。筆おろしは、にリドして貰る。精々卒業までに、裕子奥様に便々教えてもらえ」


居ても立っても居なくなり彼らの方り向いましが、丁度その時、が入ってきので彼らも一斉入り口を見た為に、私睨んでる事には気付きませ


おっ、裕子様の場だ。今からブホか?そにしても、太腿は堪いな


「あ澄ました顔をしていて、あの時どん出す、今度ゆくり教えてくれ。さて邪魔者は退


2人の若者は妻に軽くげると、厭い目付全身を舐めるよに見ら出て行ました。


「待たせてしまってごめんなさ


メール事な話有るって書いてあったけれど脅でよ」


「実は・・もう2人だは会えない私辛いの。」


「どうして俺の事いになったの


そうじゃない。殿以上主人に嘘を吐いて、切っていいの


妻は私がか感付たと知り、彼の関係清算ようとったのでょう


「俺り旦那の方が好なんだ」


困らせな主人と彰君に対る想違うの。私子供っているし


「駄目だ。何言われ別れなえ嫌と言われて


「違うわ。は彰君が好。でも主人とは別れいの。このだと2人共不になる


妻の言葉は彼の方が好きも子供の為に家庭とると聞こえま

れ以上聞いてれず席を立つと2人のテーブの前立ちまし


「あなた!」

「えっ・・・・・


裕子心配し無くても俺別れる。供達も、俺が育てる便心配す、清水と言ったな俺の家庭をた責任は重いぞ。一生り付いて前をしてやる」


そう言い残し車にると、涙を流しながらする妻振り切て家に帰ましが、彼には負け犬の遠吠えに聞こえかも知西ません


「哲也さん、どうしましたに早く」


母の問い掛けも答えに寝室彼に車で送ってもらったのか、来ま


ごめんなさい。下さ


妻は泣きなたがせるはずが有りませ


許す許せいだろ。帳と印鑑ャッシカードて出


「許して下さい。お願いでて」


まずは俺の言た事を先にしろ」


私は妻出しきた物全ポケットに入れ



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:浮気・不倫, これはひどい,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様