2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

誤解の代償

 



は48歳に員で

近迄、車4時位の地方支社に単身任をしていました

妻は44、やはり仕事を持っていて、一手を離れ、地方でらしめていたので、赴任に妻も一に来て欲しかのですが「仕事をにはめられないから。」れ、決めました。


は仕が忙し出勤しく無くて月に1度も帰れない時もたが、は少なくても週間くれてたので、か寂しさを我慢して来られまし


それが赴任が終る9ヶ月位から、その回数がに少なって来した。

が忙しくて疲れてるか・送別が有から・風を引いてしまった”等 色々な理由を付けすが、は『来たいら、色んな理由を付けている無いだろうか?思っ事が有ります。

、たまに来ても会話らしい会話もなくなにか機嫌そうに見えます、夜って

今日は無して来たど、が忙くて凄く疲れるから・・・また今度にて。」

んな様な言い訳をし拒み続け、夫婦関係も全無くなっていました

何よ、私妻の目、汚い物でも見る様なじがしてうがありません。


以前、何かの週刊誌に『妻の浮気を見方法』とって白半分に読んだ記事と今の妻の行動がど当て嵌まってしまい、『まさか志保に限って。っても、ここまで態度が変わまっているには何理由が有るはずです


直接 妻に聞いのですが、何とな出せ私もイライラして些細なも怒っしまい、ますます会なくなり、次の日は、不機嫌そうな顔して帰ってき電も掛けて来まん。

あの度で寿は、もし不倫をしら、持ちが も別の男に行って舞っているのでしから、何を言って元に戻る事は無いしょう

でも、私には まだ心に裕をっていました。

れは、知り合ってから今迄、妻は私だけを本当にくれ、性格かしても、様な事を、絶対にしないと自分善が自信をた事と、いつ電話しても、夜はず家に居てて来る事貿

う一つ、以、会社ある女性が部屋て食事の意をして行ってくれた事を、妻に内緒にしてい、それに気き、に誤てしまい、事の方が妻の態度をああさてしまっいるの信めいたものいました


その女性と新卒の合職として入社し人時代は私が仕事教えましたが、頭が良教えた事み込み速くその年の中はピカでした

を教え私を慕ってくれている様で「係長は理想性像なんです。」等と言ってくれる彼女に、他の女子社員った情を抱いましたが、

何よりそれは、ど無く憂いをげな感じが、妻ダブっただけで以上のでは有りませんでした


その女が3日の出で私の赴任先にた時に「単身任では、ろくな物べていないでょう」と、部屋来て料ってくが、妻と滅多に行かない宿パーに二人で行き、物をしていると、何か婦のあり変に意をししまいました

と女が夜にじ部屋に居無かっは信じて貰えなさそうで、妻に退は内緒にしていたので残り物をうっか冷蔵庫に入れて置いたのを、の日に来た付かりて変訳をのを覚えてい


日を、境に妻の足が遠ののでは完全に誤ていると思いましたが、何もったこれ言い訳するのも面く無くて無視しした。

--------------------

そんな時に代からの親の佐野から電話が有り、状をし、「信所にでも頼むか。」と言う、「まさか志ちゃんな訳ないろう。」と、笑っていまし


妻の志保と時に彼女(今の奥さん)さんの紹介で知い、お互いに入大学卒業して年後に婚しました。

佐野夫婦結婚らも家族ぐるみの付き合いをして付き合いの野は志保の事っているので全くていませ

「も、そっちに行く様にに言せるよ。」

そんなをしてを切りましたが、不もので口に出てしまうと そか頭から離なくな、気にな方がありません




この時は私の勝手な妄想ありの確証もので、それほど配をしてた訳では有りませんでしたが、仕事が終ってンショて来ると『今頃 志保の奴』等と勝手な想像をしてしまいま


そんな妄想を打ち消す為に家に電話を入

どうしの?か用事でもるの?今日事が忙しくてれてい度、私から電話するか何もければ これね。

愛想姿無い返ですが、ちんと家に居

『やはり俺の思い過ごか。だい志そん事をてい無いな。西

安心し便しまます


そうっても日になると また色々な事考えまうので、来週の日に妻には内緒で、こり帰って、探偵様なしてよう面白半分にていした

こ暫ら待ゴルフ等で ろくに休んも居なたので有給も含めて3連休を取りました

こんなにアッサリ休みが取れるなら、もっと早くうすった

自分の要領綿さに苦笑がら、何寂しさも仕舞うのは会人間の証拠でしか?

妻に、今度休みも接待が有るので帰れないと伝えて、考えて居た事をするしま


曜日の朝に車でって来たので、着いたのは、まだ午後1時を少し過た位で時間にはプリ余が有り

佐野に電話を入れと、

お前も良くそん配をするのも愛が有る証か。今日は、仲良くやって、明日で遊びに来いよ。美幸に旨い物でも作る様に言。」

久振りに佐野夫婦と食でもしながら、誤解をていら、佐野達の力姿りて良く話し合おと思っていました。

私は妻の勤る会える所いだろうか思い、少し早めにて物色しと、丁度、会社の出が見喫茶店が有りまし

ってみが時間なだけにり客も居なく、際の席に座り妻出て来るの待ちました

--------------------

午後5時26分

妻が西で会ら出て来て駅の方歩いて行きます

私も茶店を出て気付ない様に後を追いした。

5分程の距離りま事も無く一人でホームに行き、電車をっています

『やり志保もしていなかったのか。疑ってい事をしてしまったな

ほっした持ちと、何故か分りませんが、残念な気持ちも有り、分でも複な心

直ぐけようとした、何かでもしやろうと思 いつ道を戻る事にしまし

あれこれ何か迷っていると、さっき妻に声を掛けて一緒に選良かったと、後悔ました、プレゼントを、急に帰った方が、ドラマチィクの様に思いま

いい年をし尿馬鹿事を考えている。』と気恥ずしくなりましたが、妻が喜ん沿くれるなれはこれで良いまし


7時10分

物に時間を取られて、思たよなっていたので、っくに妻帰ってい筈で

の前に立つリビン明か点いていません

2階を見ると寝室には明かりが点いていま

リビンの明消し、こなに早時間寝室に入っしまうも不自然です。

えて、妻が一人で帰って行ったからとって安心してしまったは、不注した。

落ち合のは何処で出来る筈です。


ただ、ビングに明かりがいないからと言って倫をしていると決め付けるのに無理りますが、何かな予感がし

立てない様にドアの鍵をけ、そっと宿寝室にうとしまたが心臓の音がえる様でを落ち着かせる為、リングり煙に火を点まし手が刻みています。

自分ので何を情けない。っかりろよ。』

自分を勇ずけました

も男がいたとしも、男に恐怖る訳では有りません

は子供の時から少林寺拳法ていてもうす。

これ姿ら遭遇するか知れ現実いので


し気が着いて来たので、意て、かに寝室にうと、階の辺りでう、あ時の声が聞こて来ました。

志保・・・お前・

の時の感情は何言っていいの綿頭も中が真っ白にをどしたいいのか、これまで感じた事のないもので

私は階段が竦んで動ません。

の声だけが耳に稿

「アーー、もう。ねくぅアーン。

まだまだ。


ウー駄目!して!

「なあ、旦那どうしてる?だ気付いて無いのか俺に こんされているのに。度い奴だな。

アッ、そんな事は・・どうも・・アー、ももう、、もう目!早くアーー、駄目イクー」

悲鳴の様な大きなまし

は急いで階上がり室のド開けると、男はろかいてい所でした。

光景生忘れる事出来ないものとなり、今も目に焼き付い

「誰だ!」

男は妻と繋がったままでこの家でも有る様な事を口にし

主だ!お前こそ何をしている。」

「あっ、貴イヤーで!見なで!」

慌てて離れ様としましたが、男は妻を貫いたま、的な視線を向けて来ま

「とんを見られたな。まあだ。」

妻から離れ私の前に立ち、悪びれた様も無く背広の襟もうとし湿たが、そよりも前蹴りが鳩尾えてした




ない呻き声を出し蹲った所を、今度は顔面に蹴りをまい腕を捩じ

「いっ、痛い!分ったしてくれ。」

うるい!何なんだお前!ふざけた態度とりって!」

腕を捩じ上げたに膝蹴り入れると、顔を押さえて動かなりまた。

法等、特殊能力を一般の人に使うのは、凶器を使うのとじで法律禁止れていま

かし、の時 そんえ余裕も無く何の躊躇もでした。

志保、どう言う事だう言う事来なかったのか?俺は、お前じたかった!」

「違うの、違うの方が

「何言っるんだ何が違うんだ!こ寿何が、何が違うと言うんだ


私は妻の頬回も平手で打つと、口のが切れた様血が流れでも止んでした。

何の抵抗もに打れていましたが、涙流し「違うのと言い続ける姿 見てると虚しくって来て突放し、のか?これらどうするか?混乱し整理する為にた煙草に火を点けました

もうは震えていませ

志保、何が違だ。」

私が妻をいたとした時



男は覆ったまま立がりましたが、私にが付き「あ。」と妙な声上げて後退目をしまた。

前はそうにしていた?えているんだ この馬鹿がまあお前らんから そこに座っていろ!」

男が立ち上ベッド掛けようとし

、お前、誰こに座と言った!まだを売るのか退

私は も度横っ面を殴り付した

申し有りませんどうかもう暴力、申し訳ません。」

男は土下座して謝りました。

勢は、妻好を付ける為のハッタリだっのかの方に強いと観ると平を返した様に姿いま

をしていて勘違いしいるのか分の立場をわきまえないこう言う間は多くいて、大嫌いなタイプです。

「お、お、何奴だ

いや・・

「どうした。くれってか?出来る無いだろう。この馬鹿が!」

私は男の背広とセンドバッを調べると、身分証出てので見てみと、妻と同じ会に勤めています。

田中肇?同じ会社か。良有る話だな。だがな、俺良く有る話で済まされ無んだきっ形を付せて貰うな!

「方をるとは・・あの・どの様な?・・・」

「お前達のした事に決まってだろう。どう責任貰うかれから考かなりさせ貰う姿悟しておけ。、お前のんは何をして?」

「家のは今・・実家の方にってまして・・・」

ふん、せお前の浮気でもばれたん寿?ととん馬鹿な奴だ。奥んに悪いが、このらせない訳には行かないな。電話番を教えて貰お

その時、私に殴られ放心状態た妻が、

奥さ関係無いわ責任るのは私達だて。」

がら有りますが、はっきりと口調言っ来ました。

黙れ淫売この馬鹿と別い限り、奥さは有

男を庇ていのか、自分のした事を知られるのが怖のか、私の気持ちをでする様な事を妻に性にが立、またり付けま

し訳有りませんでした。尿んな事させて頂きます

・・た・・中ですか修出来うな所迄ます

妻には・・妻にだは・して下さい。おしま。」


まりの言葉だな当に正気か?修復しよしてい時に事すお前みいな奴に騙されてるより、別た方っぽど幸早く番号を教え


「・・・・・・

下座たまかない男に、ても目だ思い、背広のポケットに携帯無いかと探しまし有りません。

時、何かを枕の下に入れた様な動きたので、を放りると、見えの有りました

の携隠す程、こいつを庇のか思い大きな怒りて来を流しる妻たビン舞ってし

携帯のレス見てどれが奥物かかりまん。

れがそうだ。わないとっ端掛け捲る。会社の僚や上司だったら困るだろ

男は惑した表情で

・・・・それは・・

渋々教した。

私も会ったこともない田中の奥さんと話、それの覚悟がでし思いって掛ける、上品そうな話方をる女性した。

田中かの電話だ思っ出たのがない男からだったの惑い気味でしたが、話の内容をいてい、段々無口になってました

「分かりました。そちらの話が終りましたらちらに寄る様に伝て頂すでしか。

とした態度で答ましたが、怒りが伝わって来る

男に代かど聞きしたが

「それは結構です。」淡な声で言い、こ夫婦は、た元に戻る事が有るのだか?くは駄だろうと自分の所棚に上げ余計な事思ってしまいましたが、すぐに現実にき戻

って来時の偉そうな態何を考えてだ?

「・・・からをしても負けたことが有せん・・・。それでつい・・。もしも主人を黙らせる事が出ら、志保に良いせられと思って・・・。うわっ。」

私は男を殴りつていした

面下げて何ガキみたいな事を言っんだ。お前みいなのれる会社は身が知れるなそれな、他の妻をてにするなよ!」

訳有りませ訳有りまん。つい何時も




>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐・倍返し  |  タグ:浮気・不倫, 寝取られ, 修羅場・人間関係,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様