2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

誤解の代償

 



は48会社員で

つい最近迄車で4位のの地方の社に単身赴任をしました。

妻は44歳になりり仕事てい手を離れ、地方暮らしをてい、赴任先に妻も一緒に来て欲かったのですがを急には辞められないからわれ、渋々一事を決めした


私は仕事が忙く、休日勤も珍しく無くて月に1度もない時も多く有したが妻は少なも2週1度は来てくれていたので、何とか寂しさを我慢して来られました


赴任が終る9ヶ月位前か、そ端になくなって来

は“仕事が忙しくてれているから・送別会が有るら・風邪をいてしまった退な理由ていまが、私には『くないら色んな理由を付いるのでは無だろうか?』と思って仕舞事が有ります。

れはたまに来て殿も、会話らし会話く、なにか不機嫌そうに見えま、夜妻を誘っても、

して来たけれど、仕事が忙して凄く疲れているから・・・また今度

んな様言いして拒み続け、夫婦関係も全無くっていました。

よりも、私を見が、汚いも見る様な感じして綿しょうがありませ


何かの週刊誌に『妻の気を見破る方法』と言うていて、面白半分に記事と今の当て嵌まってし、『まさか志保に限って。』ても、こで態度わっまってるのにはか理由が有るずです。


接 妻ばいいのでが、何となくせなく、私もイライラて些な事にも怒ってしまい稿ます会話が少なくなり、次の日は、嫌そうな顔して朝早て行電話も掛けて来ません

では、もし貿倫をていのなら、婿持ちがう別の男に行って仕舞ってのでしょからを言っても元戻る事は無いでしょう。

、私には まだ心に余裕を持っていした

それは、知てから今迄私だけを本当に愛して性格かしてもその事を対にないとう自分善がりの変事と、いつ電話して夜は必家に居て出て来

もう一、以前、会社の女性が部屋に来て食事のして行ってた事を、妻には内緒にしていて、それに変に解をしてしまいその事の方が妻度をああさせているのだと確信めいたもの持っました。


女性とは新卒の総合職として、新代は私が仕事を教ましが、良く、教えた事のみ込みも速くその年の新入員のはピカイチでした

仕事を教えた私をってくれてで「係長は、私の理想の性像なんす。」と言ってくれ、他の女社員とは違った感情を抱ていましたが

何よれはこと無く憂を秘めた儚げ感じ、妻ブっけで以上の物湿は有りませでし


その彼女が3間の出張で私の赴任来た時に「単では、くな物食いでし」と、部屋に来て料理を作くれたのです妻とは滅多に行かないスーパーに二人で行、買いをして、何か夫の様ありに意識をしてしまいました

何より、男と女が夜にじ部に居て何もかった信じてえなさそうで、妻には内緒にしていたのすが残りっかり冷蔵庫にのを寿日に妻に見付かり、慌てて変な言い訳をしたのいます。


日を、境に妻遠のい完全に誤解しるとましたが、も無かた事あれこれ言い訳のも面白く無無視していま

--------------------

そんな時に、大学時代から親友の佐野ら電話が有り、冗めかして現状を話、「にでも頼むかな。」と言と、「まさか保ち そんな事しる訳だろうと、笑っした。


妻の志保とは、大学のに佐野女(今の)美幸んの紹介で知互い入り、妻が大を卒業してから1年後に結婚しました。

佐野夫とは、結婚てかも家族ぐるみの沿合いをしていて長い付き合いの佐野はの事をよく知っていく心配していませ

「もっと、そっに行く様に、美幸にせるよ。」




な話を話をした、不なもので1度に出してしまうと その事が何故か頭から離れなくなり、気になって仕方があり

ただ時は、手な妄想であり、証もいので、それほど心配をしていた訳で有りでしたが、事が終ってマンションに帰と『今頃保の奴』等と勝手な想像をしてしいま


そんを打ち消す為家に電話を入れ

「どうしたの?何かも有るの今日も仕事しくて疲れているのよ。今度、から電話するから何も無ければれで切るね。」

無い返事すがゃんと家に居ので

やはり俺の思い過ごしか。たい保がんな事をしてが無。』

と安心してしまいます。


う思ても次の日になると また色々事を考えてしまので、来週の休みの日に妻には内緒で、こそり帰って、様な事でもしようと面分に思いました。

ここ暫ら休日フ等で ろくにでもなかったで、有給も含めてを取りました。

『こッサリ休みが取れるなら、もっとそうすれば良かた。

分の要領の悪苦笑いしながらも、何か寂しも感じて仕舞う西のは社人間のでしか?

には今度みも接待が有るので帰れない伝えて、考えて居た事を実行事にました。


金曜日の朝にて電車で帰って来たの、着のは、まだ午後1時少し過ぎた間にタッ裕がります。

佐野に電を入れると、

「お前も良くやるなあ、そんな心するの愛が有る証か。今は、夫婦仲良くや、明日でも家に遊びいよ幸に旨い物も作るに言っておくよ。

私も久振り佐野夫婦と食事でもしながら、志保が誤解をしているな、佐野達の力も借り退て良し合おうと思っていした

私は妻の勤める会社がく見る所は無いだうかと思い、少し早めに行っていと、丁度、会社出入り口が見やすい喫茶店が有りました。

ると時間が時間だけり客も居な際の席に座り妻の出て来る沿まし

--------------------

後5時26分

妻が一人で会社から出て来て駅の方向に歩いて行す。

私も喫茶店を出て妻気付かれない様に後追いました。

15分程の距離に駅が有りますが何事も無く一人でプラットホームに入って行きを待っいます

志保は何もしいなかったのか。疑て悪い事をしてしたな

ほっ持ちと、何故かませんが、残念な気尿も有り、自分でも複雑な心境です。

直ぐに声を掛けようといましたが、かプントでもしてやろうと思いつき、た道る事にしま

れこれ何をってやろうか迷っていと、さっき妻に声を掛けて一緒に選ば良かったと、後悔もしたがゼントをて、急に帰った方が、ドチィクの様に思います。

『いい年をし俺も馬鹿な事を考えいるな。』と恥ずかくなりましたが、でくれるならはこ良かたとも思た。


後7時10

物に時間をられて、思たよりも遅くなってのでもう稿くに妻 は帰っているす。

それがの前にと1のリビンりが点いてん。

ると寝室にはが点いす。

ビングの明こんなにい時間に入しまのも不然です。

てみる一人で帰ってからと言安心しまったのの不注意でした

落ちうのは何処でも出簿る筈です。


ただ、リに明かりが点ていないから言って、ると決め付るのにりまか嫌なました。

音を立てない様にドアの鍵け、と寝室に向かうとたが、心臓聞こる様、気を落ち着かせる為に、リビに入り煙草けましたが手が小刻みに震えていま

『自分の家で何けない。っかりしろよ。

を勇気ずけま

しも男がいたとしても、そ男に怖感が訳では有りまん。

は子供の時から少拳法をっていてもう有段者です

からするかも知れい現実がいのです


少し気が落ち着いて、意を決しかに寝と、段の辺りでもう、あの時の声が聞西こえ来ま

保・・・・お・・・・』

の時情はと言いいのか、頭中がっ白になり何をどうしたいいのか、これまで事のないものした。稿

は階段で、竦んません。

達の声だけが耳に響いて来ます

「アーー、もお願い。え早くぅ。アーーン。」

まだ。


ウーーンもう!アー、

「なあ、旦してる?まだ気付いて無い?志保に こんな事されているのに。目出度いだな。」

「アッ、そな事どうでも・・ねえ、もう、もう、アーー、もう駄目!早く!湿ーーー、駄クー

鳴の様な大きな声が響きした。

私は急いで階段を上が尿寝室のドを開ける男は妻を後ろから貫いている所でした。

その光景は一生忘れる事の出ないとなり、今も目に焼いて離れま

誰だ




男は妻と繋ったまで、この家の主人でも有るかのな事宿にしました。

はその女亭主だ!こそ何をしてい

っ、貴方!イヤー!ない!見ないで!」

が慌ててとしましたが、男は妻を貫いたままを向け

「とんだ所を見られたなまあ、こ事だ

から離私の前、何も悪びれ子も背広の掴もうしたがよりも先にの前蹴りを捕らえていました。

になない呻き声を出蹲った所を、今度は顔面に蹴りをみま、腕をじ上げると、

いっ、痛い分かった、分かった離してくれ。

「うるい!なんだお前!ふけた態度がって!」

腕を捩じ上げたまま、顔面膝蹴り入れると、顔押さえて動かくなました使

、特殊能力を一般の人に使うのは、凶使うのと同じで律で止されてす。

、この考え余裕も無く、何の躊躇もしませんでした

「志保、どう言う事だ?こうう事で俺かった?俺は前を信かった!」

「違の、・・方が・

何をんだ。何が違う何が違うと言うんだ


の頬をも平打つた様で血が流れ出ましたが、それでめませんでし

妻は何の抵抗もせに打たれましが、を流し「違うの、違うの」と言い続姿を見いると、虚しくなて突きし、何がれからどうすか?混乱し頭を整理為にまた煙草を点けました

もう手は震ていまん。

志保、何。」

が妻を問いたうとした時、

うーん

は両手でたま立ち上がりけましたが、に気き「あっ。」と妙な声を上げ退り、怯え目をまし

「お前は何そうにしていを考ているんだ この馬鹿がまあお前ら許さん そこに座っていろ!」

男が立ち上がりベ腰掛けようとしたで、

「おお前、誰こに座れとった俺に喧嘩を売るの

は もう度横っ面付けした

姿申し有りません。どうかも暴力は・・・申し訳りません

下座し謝り始めまし

威勢は、を付けるハッタリのか私のが明かに強いとると、手した様に低姿勢に出て来てい

仕事を何を違いしてるのか、自尿立場をわきまえないこう人は多くいて、大嫌いな

「おい、何の奴だ

「いやそれは・・

うした。勘れっ?出る訳無いだろう。この馬鹿が!」

私は男の背広カンドバックを調ると明が出て来たので見てと、妻と同会社に勤てい

肇?じ会社か。良く有。だがな、俺良く有るされいんだ。きちり形をせて

「方を付けとは・・の・・どの様な?・

「お前達のした事に決って居るだう。どう任を取って貰うか これら考が、かなりの事をて貰覚悟してけ。まず、前の奥さんは何をして居る?」

「家のと別居中す・・・実家の方に帰っ居まし・・・」

ふんどうせ前の浮気でもばれたんだろうとことん馬鹿な。奥さには悪いが、この事せない訳には行かない話番号を教え宿て貰おうか

の時私に殴られ放心状態だた妻が

「奥さんには関係無いわ責任るのは私達だけにて。

泣きながらでは有りが、はっきりとした口調って来ました。

黙れ淫売!この馬鹿と別れていない限、奥も知る権利は有るんだ!」

男を庇っていのか、た事知られが怖気持ちを逆撫する様なう妻に無性に腹が立ち、また殴り付けました。

有りまでした。どんな事でもさせてきます

・・・だ・今は別居中です何とか修復出来そな所ています。

だけは・・妻にだけは・どうか勘弁さい。お願い致しま


「お決まりの言葉だ。お前本当に正修復ようとしている時に こんなするか?前みたいな奴に騙されて元に戻るより、別西た方がよぽど幸せだ。早く番号教えろ


「・・・・・・・」

土下座したまかない男に、何を言っ目だと思い、背のポケットに携帯かと探しましが有せん

時、枕の下に入れた様な動きをしたで、枕り投げる覚えの無い携帯が有りた。

隠す程、こい尿を庇うと思い大きな怒り沸い口から血を流宿る妻にまたビタを見舞っしまいした。

アド を見も、れが奥さんの物かん。

、どれがうだ。言わいとからけ捲ぞ。の同僚や上司だっ困るろう

男は困惑した表情で

「・・・それは・・・

は渋々えまた。

も会ったこともない田中の奥さ西んとのは、その覚悟が必要でしたが思い切って掛けと、上品そうな話する女性した

からの電だと思って出たのがらない男からだったので戸惑が、話のいるに、段々口になってしまいした



>>次のページへ続く


 


 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐・倍返し  |  タグ:浮気・不倫, 寝取られ, 修羅場・人間関係,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様