2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

誤解の代償




私は8歳になる会社員です

最近迄、車で4時間位の距離地方の支社単身してました

44歳になり、やは事を持っていて、一人娘も手離れ、地 で一暮らを始めていたで、赴任先に来て欲しかったのですが「仕事を急は辞めれない。」言わ々一人く事を綿ました


は仕事が忙しく、休日勤も珍しく無くて月に1度帰れい時も多有り妻は少なくても間に1度は来てくれていたので、何か寂しさを我慢して来れました


れが赴任が終る9ヶ月位前から、その回数が極端なくなて来ました。

は“が忙疲れているから送別ら・風邪引いてしまった”な理付けいますが、私にたく、色理由ていのではいだろうか?』と思て仕舞う事が有ります

は、に来てもらしい会話もなく、なに機嫌そうにます夜妻も、

「今日は理して来たど、仕忙しくて凄れてるから・・・また今にし

様な言い訳をして拒みけ、夫婦関係も全然無なっていまし

、私を見る妻の目が、汚い物でも見る様な感じがして、しょうがりません


、何週刊『妻の浮気見破る方法』言うが載っていて、面白半分に読んだ記と今の行動が殆ど当て嵌まってしままさか限って。』思っても、こ度がってしっているのには何か理由がるはす。


妻に聞けばいいのですがとなく言い出せな、私ライラ些細なにも怒ってしい、ますます会話次の日は、不機嫌そうな顔をして早く帰って行き電話もけてませ

あの態してのなら、気持ち もう別の男に行って仕舞っているしょうから、を言ても元に戻る事はう。

私には ま心に余裕をってい

それは、知り合てか今迄、妻はだけを当にしてくれていて、性格からしても、その様な事にしと言う分善がりの変な自を持ってた事、いつ電話しも、夜は必ず家に居て出て来事、

もう一つ以前、会のあ女性がに来て食事の用意を行っくれた事を、妻に緒にしてそれに気付き姿に誤解をしてしまい、その事の方が妻の態度あさせてしまっているのだと確信めいたものを持ってました。


その女卒の総して入社、新時代は私が仕事えていまが、が良くて、教えた事の飲みみもく、そのの新入社員の中でカイした。

えた私を慕ってれていで「、私の理想の性像なんです」等と言ってくれる彼女に、他の女子社員とはを抱いてい調

何よは、どく憂いを秘めた儚げな感じがとダブったけで それ上の物では有りまんでした


その彼女日間の張で私の赴先に来た時に身赴任では、食べていないで」と部屋来て料理作ったので貿妻とは滅多にかないスーパー二人で行き、い物してると、何か夫の様であり変に意識をてしまいた。

何よ、男と女に同屋に居て何も無かったとは信じてえなさそうで、にはにしてのですが、残をうっかり冷蔵て置のを、次の日に来見付かり、慌訳をしてい


の日を、境に妻ののでこれはに誤解いる思い貿ましたが稿も無かた事をあれこれい訳すも面白く無無視ていました。

--------------------

そんな時に学時代からの親友の佐野から電話が有りめかして現状を話し、「興信頼むな。綿と言うと、「さか志保ちゃんが そんな事している訳ない」と、っていました。


妻の志保とは学の時に野の彼女(今のさん)幸さんの紹介で知い、互いに気に入り、妻が大学を卒業してか

佐野夫婦とは結婚してらも家族ぐるみの、長い付の佐は志事を知っるので全配していません

もっと、そっち行く様に言わよ。

そんな話をし電話を切りましたが、不思ので1度口に出して殿まう その事が何故から離くなりって仕方せん




ただこは、私の勝手な妄想であり、の確無いので、それほど心配をしていた訳でしたが、仕事が終ってマンョンに帰って来る『今頃 志保の湿』等と勝手な想像してしまいます。


な妄想を打ち消す為に家に電話を入れ姿ると、稿

どうしたの?何か用事でも有るの?今も仕事がしくて疲いる殿よ。今度、私から電話するからも無けば こ切るね。」

愛想すが、ちゃんと居るの

『やはり俺のい過ごしかだいたい志保そんな事している筈が

と安してまい


そうっても次の日になると また色々な事えてので、来週休みの日に妻に内緒、こそり探偵の様なでもしてようと面白半分に思ってました

ここ暫らく日もルフ等でくにんでも居なかった、有給も含て3連休取りました

アッサリ休みが取、もっと早そうれば良かった

自分要領悪さ苦笑いしがらか寂しさも感じて仕舞は会社人間の証拠うか

妻には、みも待が有るので帰れない伝えて居た事を実行事にしました


日の朝に車で帰ったので、着いたのは、まだ1時し過ぎた位で時間にはップリ余裕が有

に電話れると、

「お前くやるな。まあ、そん配をのも有る証か。夫婦仲良くやっ姿、明でも遊びに美幸に旨い物でも言っておく。」

私もりに野夫と食事でもしながら、志保が誤解をしているなら貿佐野達の力借りてく話し合おうと思ってました

は妻の勤会社がえるは無いだ思い、少し早めに行って物色ていると、丁度、会社り口茶店が有りました

入っると時が時間だけに余り客も居なく、窓際の座り妻出てのを待ました。

--------------------

5時26分

妻が一人でから出て来て駅のに歩て行きます。

私も喫茶店出て妻に気付かれな様に後追いした。

5分の距離に駅がりますが、何事も無く人でプラットホーム、電を待っいます。

はり志何もしたのか。疑って悪い事をてしまっ

ほっとした気持ちと、何故か分かりませんが、残念な気も有り、も複雑心境です。

ぐにを掛けよと思したが、何かプレゼントしてやうと思いつき、今来た道を戻る事にしまし

あれこを買てやろうか迷るとさっき妻に声を掛けて一緒に選べったと、後悔もしが、プレゼントを持て急にった方がドラマチィクの様に思います。

『いい年をして俺馬鹿を考えるな。』と気かしくなましたが、妻が喜んでなら、はこれ良かとも思いまし


後7時10

い物に間を取られて、思よりも遅くなっていたので、帰っているす。

家の前に立つ階のリビングにりが点いていません。

2階を見と寝室には明かりが点います。

ビングの明かりを消しこんなに早い時間寝室に入ってまうのも不自然

えてみると、が一人帰っったか言って安心しまったは、私の不注

落ちうのは何出来筈で


だ、リビ綿明かりが点いていないから言って、不倫をていると決め付けるのには無理がます、何か嫌な予感しまし

ないドア殿開け、そっと寝室に向おうとししたが、心臓の音が聞こ様で、気落ち着かせ為に、リビングに煙草に火を点、手みに震えています。

『自分の家情けないっかりしろよ。

分を勇気ずけした

もしも男がいとしてもの男に恐怖感が訳では有りません

私は子供の時から少林寺拳法を習っててもう有です。

これから遭するかもない現実が怖いのです


し気ち着いて来ので、意を決して、静かに寝室に便向かうと段の辺りでも、あの時の聞こえました

保・・・お前・・・』

情は何と言っていい頭も中が真っ白り何をどした稿らいいのか、これまで感じいもでし

私は階段で、足が竦ん動け

達の声けが耳に響いて来ま

アーーもうお願い。え早くぅ。アーー

「まだまだ。


「ウーンー、忍して!」

なあ、旦那どうしてる?だ気付いて無いのか?志保は俺に こんな事れているのに。目出度い奴だな。」

、そんな事は・・どう・・ア、ねえ、もう、、アーー、もう目!早くーーー目イーー

悲鳴の様な大きな響きました

私は急階段を上がり、室のドア開けると、男は妻を後ろている所でした。

の光景は一生忘れるの出来なのとり、今も目にき付て離ません。

「誰だ!

男はと繋がで、こ家の主人でも有るかの様なを口にし

その女の亭主だお前こそ何をして。」

、貴方!イ!見なないで!

ててれ様ましたが、男妻を貫いた的な視線を向けます

とんを見たな。まあ、う事。」

妻から離れ私の前も悪び子も無背広襟をもうとしました、それより先に私の蹴りが捕らえてまし




にならない呻き声を出し蹲た所を、今度はに蹴まい、腕をげると、

「いっ、痛い!分かった綿からしてくれ。」

うるさ!何だお!ふとりがっ

腕をじ上げたまま面に膝ると、顔を押さえて動かなりました。

、特殊能力を一般の人に使うのは、使うので法律で禁止されています

しか時は そんな事を考え余も無く、の躊躇もしせんでした。西

、どう言う事だ?う事で俺の所ったか?俺は、お前信じたった!」

「違うの、。私・貴方が・・・

「何を言ってるんだ。が違うんだ!これの何、何うとうんだ!」


私は、妻の頬を何回も平手つとの中が様で血が流れ出ましたがそれ止めませんで

の抵抗もせずにたれしたが、流し「違うのの。」続ける姿を見てい虚しくな来てき放し、何が違うのれかどうするか混乱した頭を整する為た煙草に火をけました。

手はえていまん。

保、何が違うんだ。」

私が妻を問いたうそうとた時、

「うん」

は両手でったまま立ち調りかが、が付き「あっ。」と妙声を上げて後退り怯えたました

は何を偉そうにして?何を考えていだ この馬鹿があ、お前ら許さんから そこに座っていろ!」

が立ちりベッド腰掛けよしたので、

「おい前、がそに座と言った!まだ喧嘩を売る調か?

貿1度横っ面を殴り付

「申し訳有ません。かも暴力は、申し訳有りません。

下座してり始めました。

めの勢は、妻に格好をる為のハったのかの方が明かいとると、の平を様に低姿勢に出て来ていす。

事をいても、何を勘違いしていか、自の立場をわきまえないこう言う人間は多くいて、大嫌いなタプです

「お、お前処の。」

・・」

うした。勘弁してくって?出来る訳無いだろこの馬鹿が!」

私はの背広とセを調ると、身分証明が出て来たの見てみると、妻と同じ会社に勤めてい

同じ会社有る話だな。だが俺には有る話では済まされんだ。っちり形を付けさせて貰うからな!」

を付けるとは・・・あの・・どの様?・

お前のした事に決まってるだろう。どう責任取って貰うかは こえるが、かなりのさせてら覚悟してず、お前奥さんは何をる?

とは今別居です・・実家方に帰って居して・・・

「ふ前の綿もばれたんだろう?ととん馬鹿な奴だ。奥さん、この事を知らせない訳には行ないな。話番号を教えて貰おう。」

の時私に殴れ放心状った妻が、

さんは関いわ。責任を取るのは私達だけにして

泣きながらではますが、はっきりとした口調言っ来まし

「黙れ淫売!この馬鹿と別れていな限り、奥さんにも知る権利有るんだ!

男を庇っているのか、自分のを知れるいのの気ちを逆撫でする様事をう妻腹が、また殴り付け

し訳有ませんでした。ど西事でもさせ頂きす。

・・・・居中で、何とそうな所迄来ています。

妻にだけ妻にだけはどう勘弁して下さい。願い致します


「おの言な。お前本当に正気か?修復しようとしいる時に こんな事するか?おみたいな奴に騙されてるより、別れた方がぽど幸。早く番号を教えろ


「・・・・・・・

したまない男に、何を言っても駄目だと思のポケッに携と探ししたが有りません寿

その時妻が何かを枕のに入れた様な動きをしたので、枕り投げると、見覚え無い携帯が有りました

帯を隠すつを庇うのかとい大きな怒りが沸い、口から血流している妻にまたビンタってしまいました。

携帯のアドレても、どれが奥か分かりません。

い、どれがそうだ言わないと片っ端掛け捲るぞ。会社の困るう?」

男はた表情で

「・・・・それは・・・」

は渋々えました

も会っことい田中奥さんと話すのはりの悟が必要でしたが思い切っ掛けると、上品な話方を女性でした。

中からの電話と思って出たのが、知らだったので初めは戸気味でしたが、話の内容を聞に、段々無口になってしした。

かりました。その話が終したこち様に伝えて頂けますでしょう。」

毅然とし答えましたが、怒りがわって来るのでた。便

男にわるかどうか聞きましたが

「それは結構と冷な声でい、この夫婦はまた元に戻る有るのだろうか?目だろうと自分の所を棚に上げ余計な事を思ってしまましたが実にき戻されます

俺が入っ来た時のそうな態度は何を考えてだ?」

「・私はからも負けたことが。それで・。もしもご主人をらせる事が来たら、志保にも良い所を見せれる思って・・・。うわっ

私は男を殴ていました。

「4面下げ何をガキいな事言っているんだ。お前みたいな会社は身が知れな。な、他の妻を呼び捨てにるな

「申し訳有りん、申し有り。つい何時習慣で。」




>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:浮気・不倫, 寝取られ, 修羅場・人間関係,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様