2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

外国帰りのババアに付きまとわれた話





1 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ :2017/08/25(金) 06:35:05.90 ID:KlS1Zf900.net
俺が大学生の時の話

その頃は周りから見てもマジで普通の一般人だったと思う

周りにあわせてカッコよさそうだからつって髪の毛染めたりピアス開けたりと まぁ今で言うウェーイだった

ある時 臨時講師として外国で数々の経験をしてるらしいババアの講義があった

俺的には何にも興味がなかったけど友達が外国大好きで色々話聞きたいって事で そのババア含めて居酒屋で飲むことになった(ババアは毎回こういう事してたらしい)

参加者は俺、友達、女、女2、男1

最初はババアも俺達も落ち着いてたけど酒が回るにつれて話が変な方に向かっていった



3 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ :2017/08/25(金) 06:38:05.44 ID:KlS1Zf900.net
友達だけはハンドルキーパーで飲まなかったけどババア含めて それ以外の奴らは飲んでた


俺の話になるけど俺は権力に弱かった

別にそのババアが特段権力を持っているって訳でも無かったんだけど、当時 大学生の俺からすれば海外でいろんな経験してるババアは やっぱり強い人間に映った

だから俺は いつもみたいに呼吸するみたいにババアにごまをすった

「ババア若いですね〜30代でも通用しますよ〜」

実際は五十台のババアだったし綺麗でもなんでもなかった どっちかって言うと汚かった



4 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ :2017/08/25(金) 06:42:34.55 ID:KlS1Zf900.net
でも酒もあるし生まれついての弱者の立場もあってか俺の口から出てくる褒め言葉は とどまるところを知らなかった

ババアも最初は お世辞言って〜って感じだった、実際お世辞でも友達が言うには途中からはババアは割と本気に受け止めてたらしい

俺は対してコネクションを作るためでもないお世辞をひと通り吐いたあと居酒屋をあとにした

解散になった時に友達と二人でどっかで飲み直そうや〜って言う話しになってどこ行く?ってなった時ババアが「私もついていこうかしら」なんて言い出した

俺は来てくださいよ〜とまた心にもないことを言ったんだが友達が「いや僕ら家で飲むんでwwwまた今度www」て言ったからババアは付いてこなかった



5 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ :2017/08/25(金) 06:44:42.84 ID:KlS1Zf900.net
んで結局友達の車で そいつの家に向かった

友達は飲めてなかったから俺は友達にビールを出した

友達は終始ちょっと微妙な顔をしてた

俺が「どうした?飲むんじゃないの?」って聞いたら友達は「飲むけど待て、お前 あんまりあの人にゴマするな」みたいなことを言いだした



6 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ :2017/08/25(金) 06:47:02.02 ID:KlS1Zf900.net
「なんで?」って聞くと「あの人途中から めちゃくちゃ本気にしてたぞ」ってことらしい

俺は友達に「お前は俺の性格わかってるだろ、あんなのお世辞に決まってんじゃん」みたいなことを言ったら また微妙な顔をしてた黙り込んだ


その日は結局 飲み明かした

でも友達の説教がうっとおしくて あまりうまい酒じゃなかったことを覚えてる





7 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ :2017/08/25(金) 06:50:28.92 ID:KlS1Zf900.net
二日後の朝(次の日は飲みすぎて二人共寝坊した)

大学に着くなり女が駆け寄ってきた

なんか割と慌ててた

聞けばババアが俺の連絡先を女にしつこく聞いてきたらしい

何でも俺の学習に対する姿勢に関心を持って色々セッションをしたいだとかなんとか

俺は「そんな姿勢何一つ見せてないんだけどなぁ」って思いながらも頭に一つ考えが浮かんだ

その名もババアコネクション計画だった



8 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ :2017/08/25(金) 06:53:00.00 ID:KlS1Zf900.net
大学生、というか大人になりきれてない大人って言うのは自分より強い人間と仲が良くなると、自分が強くなった気がすると思う

みんながどうかは知らんが俺はその口だった

俺より人生経験もあるだろうそのババアと何らかの関わりを持っとけば有利になりこそすれ 不利な状況に陥ることはないだろうと考えた

そこで俺は女にババアの連絡先を聞いた



9 :名も体774号+@\(^o^)/ :2017/08/25(金) 06:56:35.09 ID:KlS1Zf900.net
講義終わ家に着くなり俺はババに連絡った

友達さそうなで この事については何も話さなった

バアは数コー後に電話に出

割とした口調「あら〜くん!しぶりね!殿

か俺に用事あるったんすけど何ですか?」いた

容は女のョンどうたらだっ

ッシンにつてはどもがなれど、アコネクショために興味風な感装った



10 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ :2017/08/25(金) 06:57:07.57 ID:KlS1Zf900.net
二日後にババアが俺の家来るとにった



11 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ :2017/08/25(金) 06:58:28.57 ID:KlS1Zf900.net
ババアだし異性とも見てないけど一応は客人だろうってことで家を片付けたことは覚えてる

そんなこんなで二日が経ってババアがやってきた

あの日のババアとは何もかもが違った、濃ゆい化粧と体の太い線を隠すドレス、

今思えばどう見ても「勝負に来てますよ」って感じだった



12 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ :2017/08/25(金) 07:00:32.64 ID:KlS1Zf900.net
まずババアは根掘り葉掘り俺について色々聞いてきた

俺がなにか質問に答えるたびにババアが褒めてきたり感心したりするから俺も嬉しくなって色々答えていた

なんだ何だ答えてるうちにババアは とうとうあの質問をぶつけてきた

「お付き合いしてる人はいるの?」

友達の警告が頭をよぎった俺は咄嗟に「居ます!」と答えた



13 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ :2017/08/25(金) 07:04:04.54 ID:KlS1Zf900.net
俺の話になる、ちょっとうっとおしいだろうけど聞いててほしい



まず俺は前にも述べた通り自分より上の人間に物凄いごまをする

そして、俺は ものすごい臆病だった

ちょっとでも怖いこととか恥ずかしいことがあると割とあとまで引きずったりするタイプだった

そういう性格もあってか強いものには逆らわない、なんなら味方にしてやろうというヘボい生き方が染み付いてしまった

この時 俺の脳内は「このままババアと関わりを持つか?」それとも「このやばいかもしれないババアを拒絶するか?」その二つで埋まってた



14 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ :2017/08/25(金) 07:06:15.85 ID:KlS1Zf900.net
そんな時ババアが すいっとケーキを出してきた

手土産だった

こんな手土産を出してくるババアが危険なわけがないなと安易に信じた俺はババアと関わることに決めた

なに、どう考えても世間話程度だろ、俺に彼女がいようがいまいがババアには関係あるまい

俺は美味しくいただいた



16 :名き被検774号+@\(^o^)/ :2017/08/25(金) 07:08:31.79 ID:KlS1Zf900.net
そこから俺の日常にバアの影が見えれすようになてきた

まず一番それに気がついたの大学の講師レポートを出

お前◯さん々教わってるてな、心でいい事だ」みたいなことを言われだっ

は「別にに言うことじゃえだろバア」わないでも



17 :774号+@(^o^)/ :2017/08/25(金) 07:10:39.39 ID:KlS1Zf900.net
えてみてしい

大学の奴がバアとっと関わりを持っていたとこが気になだろ、誰も気にしない

なのに俺のりの講師や輩は口を揃え「◯んに教わってるんだな、熱心な」みたいなことを言う

は「一しかってないし対した話してませんよ」も面倒なのであ〜って感じでって流してた




18 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ :2017/08/25(金) 07:14:04.09 ID:KlS1Zf900.net
そうして、そのちょっと不気味な感覚にも慣れてた頃、多分ババアに会ってから2週間くらいの時

俺は いつものように友達と くだらない話をしてた(先輩をモンハンのモンスターに例えるとかそんなの)


そしたら校門にババコンガが立ってたんだ、否、言うまでもなくババアだった

ババアは俺を見るなり「俺くん、お話したいからちょっと車で」みたいなことを言い出した

ババアについて友達になんにも話してなかったから友達は「え?」みたいな顔をしてた

勿論 俺も おなじような かおをしてた



19 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ :2017/08/25(金) 07:16:55.84 ID:KlS1Zf900.net
友達は多分「こいつ忠告したのに このババアと関わり持ってんの?」って思いだったに違いない

俺は「何してんだ このババア頭おかしいんじゃねえか?」って感じだった


でも俺は断るわけにも行かなかった、なぜならゴマすり野郎だったから

どうしようか考えあぐねていると友達が「すいませんこいつ今から俺と遊びに行くんすよー」と助け舟を出してくれた

俺も その話に合わせるとババアは「じゃあいつなら会える?」とまるで恋人同士のようなセリフを吐いた

俺は「また連絡しますわ〜」とだけ伝え友達とカラオケに行った



20 :名も無き検体774号+@\(^o^)/ :2017/08/25(金) 07:19:27.28 ID:KlS1Zf900.net
ラオケで友達は「お前マジでめとけ、あはどう見ても惚れてる」と恐ろしいことをした

30以も上のバられわけがなと思ってた俺は「そんなけなだろと流していた

またも妙な空気が流れた

らないケを終えて帰りとババアからールが来てた

て覚ないが内容は今度いつ会〜?」だった

んどくかったから「りb」って返した



21 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ :2017/08/25(金) 07:21:36.87 ID:KlS1Zf900.net
そうして とうとう恐れていたことが起きた

俺はババアを講師として呼んだ講師に呼び出された

開口一番講師は「お前はババアとは付き合ってるのか?」と聞いてきた

「は?」

マジで意味不明なことを言われるとは?しか声が出なくなると この時知った



22 :名も無き被検体774号+@(^o^)/ :2017/08/25(金) 07:23:32.25 ID:KlS1Zf900.net
で俺がババアと付んですかて聞いたら「御本人言ってる」とのこと

たと付きたとしても そ人にいうか?そ もそもの言葉を信宿るか

き合てまとだけ答えて出てった

関心ない奴に向けられる好意俺は持ちて仕方がなかった、ましバア



23 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ :2017/08/25(金) 07:26:17.29 ID:KlS1Zf900.net
次の日大学へ行くと俺がババアと付き合ってるという噂で持ち切りだった

ババアは周りから固めるタイプだった


俺は今までにないんじゃないかという怒りがこみ上げてきた

友達は「だからいったじゃん、自業自得だぞ」と言ってきた


ここまで書いてわかっただろうけど俺はクズだ

俺は友達に「うるせぇよ!黙ってろ!」と言って授業も受けずに家に帰った

家の前には見覚えのある車もといババアの車があった



24 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ :2017/08/25(金) 07:27:54.48 ID:KlS1Zf900.net
不気味さよりも怒りが先に言った俺はババアの車に詰め寄った

ババア笑顔だった

俺は「みんなに何言ったんですか?わけわからん事言われてるんですけど」と聞いた

ババアは「私と俺くんがお付き合いしてるということを伝えた」と言った

俺は掴みかかった、マジで殺してしまおうかと思った



25 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/ :2017/08/25(金) 07:32:09.17 ID:KlS1Zf900.net
俺が掴みかかった瞬間ババアは「でもいいじゃない」とだけ言った

俺は理解した

このババア、自分のとっている方法が まともではないことに気が付いてると俺は悟った

俺の想像だけど大抵こういう手合いは頭がおかしいから自分勝手に恋人認定してストーキングを行う

でもババアは違った

ババアは開き直っていた

俺のババアコネクション計画は、ババアにとって若い恋人獲得計画だったのだ

遂に怒りに不気味さが追いついた



26 :名き被検体774号+@\(^o^)/2017/08/25(金) 07:33:51.58 ID:KlS1Zf900.net
本気で気持ち悪くなっ俺は逃げ

情けないけど逆切れて怒た友達に電話をか

ババアがおってくる気配はなったけれど、それでも走ってないと怖った

電話に出るり友達は「は来い」とった

かもし訳ない気持ちで いぱいだったを覚えて





>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:面白, 常識の通じない人達, 修羅場・人間関係,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様