2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

裸にされて写真撮られ脅迫されてた彼女




いし、ちは目も当てられないぐらいのDQNだし読んで気分が悪くなるかもません。

風の文が、これは僕の趣が文を書くこだからです。ごなさい

ほとど覗かなからスレいとく分からないけどとりあえ投下


件当時の状況

僕男)20才 大学生

彼女(優美19才 大学

DQN男(ドキュ)21才 大


と彼のラクロスサークル知り合僕が一つ上けどは一浪だから彼とはじ年次で同じサークル

サークルの髪率高かったけど、優美はきれいな黒た黒品の顔立ち、清楚服装優美は、委員やっそうな利発うな美人だった

男から気もくて、僕だけなくての多くの優美にアプかけて

にも美は僕を選ん、僕1年の6月き合い始め


優美は当時一人らしで僕は実家だっだから、僕はよ女の家に泊まり行っ二人楽し時間過ごた。

それも、休日は遊園地り、お弁当持ってピクニック行ったりた。

さなカもしたけど仲直りできたし、僕優美のいは、な大学生らに順調な付き合いだった。

--------------------

付き合い始めて一簿うちのサークルの夏合宿があった。

夏合宿1週間の予だったんだけど、3日ぐらいにから親戚にあったとのこと。仕方なく僕だけ、合宿を先にり上げて帰るこた。


なっのは親戚、顔もよく分からない人だったんだけど、僕は夜葬式にも顔をた。

遠方の親戚ら帰 には、う夏合宿も終わって

は家に戻る美のところ電話した。

っそく優美とデートの約束取り付けようと思ったけど優美は夏合宿で疲れてら ども行きくない

 ゃあ優美家でマタリ過とになっはすに優美の家に行た。


優美の家に行ってみら、優美はすごく元気がなくて、目もっ赤だっ

疲れうよ、失恋した後みたいじだった。

僕がいろろ話けても心こといっ感じ。

普段の優美は、くだジョクでもケラケラ笑っくれるくて屈託のない子だけど、そのとは「フーンとかそうなんだ」、素っ気ない返尿し方ばっかりだ


普段、優美は よく僕に料理を作ってくれる。一人暮らし始めてから一年以経ってるから、優美の料理の腕も大分上てる。

日はやが出ないっから、その日は僕がを作った。僕は、ソウメンとかダとか、疲れてる優美でもれそうな作っ


二人で食めて、優美の箸は全然進まなかった。ボー食卓を眺めてて、と調を動かす程度




ご飯べながらかけても、ら左く感じだった。


「あ食欲ないなら、無理して食べなくてもいいよ。僕もいっだし後で食べよ?」


美は、料理をってもらった手前、無理やり食べてる感だった。だから僕は、優美にそう言った

当はべたかったけど僕がべてると優美も付ゃうら僕美とに食事を中止ることにした。


「ねえ?飲っか

優美は屋でテレを見ながら、食事後片をし僕にしかてきた。

あんまりお酒が好きじい。つも僕が飲んで、優美は それに付き合うって

つもは飲もなんわないの、どうして今日は、優美から酒を誘うんだ?何があったんだろう

心に引っかかのはあたけど細かいこ酒を飲ながらでも聞って、とき何も聞なかっ

は疲たか僕一人で近くのコンビニで酒と氷みを買い出しに行


がコンニかってみたら、優美は泣いた。

「どうしたの?」

はあわてて駆け寄優美に尋ね

ね。ごめんね」を繰り返ばか話にならない。

あ、いい。とりあえずもうよはそれからでいい

う言って僕はコプを出、さっき買っ姿たビールを注いだ。


コップにビーが注がれにそれを飲み干し

今まで、優美がこんな飲み方したことなてなかった。いつも優美、1ビール350ml缶を一空けるようなスースだ。

大酒飲みのは、内心そういうスローペー美をもどかしく思ってさえいた。


僕はいっと酒の飲み干す優っけにとられ見ていた

する僕をよそに、優は自分でコップビールをいで、気に飲み干し


男「ちょっと、どうしたの? 何か悩みでもあるの? あなら僕談してよ


僕は優のすぐ隣に移動して、優美の肩をめながらそうった

美は僕に抱きつてきて「ごね」と繰すばかりだた。

「迷かっちゃうから」言ってなかな話そうい優美ら、2時間かけて話をた。

--------------------

夏合宿会で、優美は早々につぶれてしまったらい。

つぶ貿は、サーク間によっ別室に運れて そこ一人で寝たらし

そこで同サークルのドキュ男が こっそりび込んで、つぶて寝る優を脱がせて携帯で写真撮って、その写真で優を脅してるのことだった。

ュ男の要

「やらやらせかったら写真をバラまく。うな僕男との付いもダメになるうし、サークルでも場所なくなるぞ

といのだっ

ドキュ男は、優に撮った写真を送ってき、優美にプレッシャーをかけてるってことだっ


優美の携帯に送らて来写真を見せてもらっ

スのボタン全部外ブラを上にあげられた殿だった

顔もはっきり映て、確優美だった。

う一、優が下されて、ヘアアップに撮った写真った。



真を見、僕は頭がっ白だった。不思議なことに怒りは沸かなた。

だ、あまり衝撃的な展開に頭着いていかなくて、呆然へたり込むだけだった。

美は、を作ってそな写真せてしまったこと、僕を巻きでしったこと何度謝ってた


あまりのショックで、僕は話をるこえ苦痛になって。視が狭まって、の前が真っにな。目が真っになるって話、たとえ話じゃな本当だった

でも目の前は泣きなが度も謝る優美がいるもう話しない気分だったけど、気立たせて、僕優美を慰め。もう必死にって優美を慰め

もう心配なよ。後は何とかするから安心していい」

たとえドキュ男に何をしても、 僕は美の側にずっといるから

今回この先も、何があって好きだから

サークルの飲みで潰だっ美に責任はい。

(うちサークルは結飲みしい)だからもうらないでよ

ない、そんなことを言ったとう。


優美が言たと

「気にすんなよ。美が粋無純粋培養のだなんて、から誰もいから」と

僕のに顔を埋て泣てた美は、「の慰め方、ちょっとひどい?」とを上げて上目使いに僕を見なが泣き笑いで言った。

その日初て、作り笑いではない優の笑顔をた気した



のまま僕は優美にキスして二人でそのまベットに行った

そのの優は、特激しかった。

美とのセクロのときだは、嫌なこ忘れることができ

美をこの人が本当に好きだって思った




ロスが終わってから、いろ昔話をした本当い思かりの話は尽きなかった

クロスの、優話して肩の荷が下りもの優美らい元気さ取り戻して すごくく喋た。

それが、すうれしかた。

--------------------

翌朝僕は、今日にもドキュ男にいに行ってこの問題をつけと優た。

優美も付来ると言けど、もう分苦しんだから後は僕に任せて。もう何も心配しないで、家でけて待ってるよう

優美は僕一人でせる不安だと言ったけどは納得してれては一人で優美家を出



出てかドキュ男電話した

「どうしても話したいことがあります」とが言ら今バイト中で出ないとこと

ドキュ男はサークルの先輩な、切なるのを必死に抑えを使っ話した

ュ男はどてもダメ。夜ないてるから、そのとき話うとのことだ

ドキュ男のバイト先の人にこのことで迷惑のも悪いから仕方なくの要を呑んで夜会うことにした。



時間と場所はドキュ男が定した。

ュ男が定し所は、喫茶店とかゃなくて、人気のない河原だった。

な予感がしたけど、一度に帰っその後、指の場に一人で行

--------------------

僕は持ちがはやってたから約の時間の20分以上前にいた

夜の河原には誰もいた。しかも高架下車の音もうるさくここなら何されても行人は気づかない思って、怖くった。



束の時間の5分ぐらドキュ男が来た。貿当たって、他に2人男てき

美が写真撮られたこの二人られくなかっから僕はドキ男とけで話をしたいった

ドキュ男は一応先輩だ、そのときも僕怒りを堪えてドキュ男に敬語で話した。


別に4人で話せばいいじゃん。こつら、優美の写真もうてるぜ?なあおまえら?あの女、すげえい体してたろ?


ドキュ男のこ、僕は切れしまった。

唐突沿ュ男につかみかかってボコボコに殴った。

の二人にいぶられたけど、僕の怒りはドに集中してからキュ男を絞っように殴った。

途中、られて意識が飛の後はよく覚えていない

意識りしは僕は、倒れたド男の辺りに、近くにあった大きめのを何度もた。



合いの喧嘩なて、小学校以来だった。

言われて小さい頃か空手を習わてたど、それ少しだけ役に立った

「少しだけ」いたのは手でえた技を使ったのなん相手のきや蹴りをかわすときぐらいで 後はもう、そにあった石を持ってぶん殴ったり、木相手の腹いたもうチャチャの喧嘩ぶたから


キュ男が気絶しなったからりあえずは石顔を叩のを止めた。

ュ男は上の4、5本なか

ドキュ男のをポケッ出しし折っげ捨てた



僕男「これで僕の気は済んだど、まだやりたの? やりたいならおまえらの前歯も全部折るよ

ド友「いや、俺はや。りあえずキュ男を医者にれてく

2「ああ、じゃあ。 俺たちキュ男にばれて来ただけだか、おまえに恨みなないし」

僕男「じゃあ携帯る? 優美の画像消させらうか



外なとに、二人はなり帯を貸れた。

もうちょっと人間なのかと思っら、この二人はュ男ほどクソじゃなかったみたいだ。

二人のデーを確認してそのを去った。



さっッタで、まだやる気たいな言い方たけ、体力的にはもう限界だった。

い運したから立っているのも辛った。り道は、クガクいってうまくけな

人が大人しく引い正直、助った。



優美にはすぐ連絡なかっ

「あーあ、たな

あれだけやちゃったからっと傷害で逮ろうな

退学かな

貿なこなったら、また優美は責任感じちゃうだろうな」

結局 切れて全部滅茶苦茶にって

大学って、真面目ぶってるけど、やっぱ荒っさんの子で、兄さんちの兄弟なんだ


なことを考えなら、とりあえずに向かった。

--------------------

うち、絵に書いたよ低学歴&DQNのだ。そん中で僕だけがまで進学きた。二人ともDQNのエリートコーだ。

僕が度も停ならず高校をし、一浪はしたけど行っとを、父は、鳶鷹を生んだ、すごくれた



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:すっきりした話, これはひどい, ハメ撮り,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様