2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

媚薬で調教された妻




私が3才で妻だった1年前、の浮気を知た。

ったと言ってもしいと感じた, そので、自の中で現実認めたのが1前と綿った方が正しいのかれない

私は 養子ではいが義父母を看る約束敷地内に家てさせて沿らったの間から見れば養子と同じ、妻もその様な覚でようだ。

私がそこまでして妻と結婚かった理由美人ないが口元宿的で、どこか男好色っぽい顔とムチしらしい体を持ちながら、姿と全く違ってやかで一下がって男を立てるなところにれたら。

しかし, それは、猫を被ってい殿けで真実の姿ではなかった

結婚してく妊し、その早くも本性を現し始め、妊せずに杯煎れてはくれない。

ころのようにサーられ

馬鹿な私は、結婚も初が肝心と先輩教えられなが沿、こ妊娠した事精神的不安定になっているのだって逆らわなかった

事に双子生まれ、これでの生活に戻れると思いきやは育疲れを理由に私をこき使う。

確かに双子の育児は大なので、これも妻に言使れるまま文句もわずにったそれいけなかったのか、

達が小学生になった頃には、など全くかなくなでも勝手に決めてしい、が口うもなら大変な騒ぎに。


結局, 私ただ湿を運び、一歩も二歩下がっての思い通りに行動しいれ嫌が良い。

やがて義母が亡くなり、妻が父の世話するよが、でも義父怖いのか、義父の事、洗濯掃除義父の前では私を男として立ててたが、

りこに戻ってくると、夫ころかていない様な態度をていた。

「どうして俺結婚した?」

で良いと、両看てくれると言ったら」

に離婚考えた事もあが、子供達も愛くて踏れな

子供に託がら、本当はこでも変るのが怖かったのかも知



そんな妻に大きな変化がれたのは1年半前だ

幼い頃から厳しく育てらたトラウマなの父のではを守良き妻をじ、子供達の事以外で外出する事はど無妻が

父が体調を壊して急に弱気になりに対し言わなくなっては 何か理由をつけて外出事が増え、同時着も化も明らかに派なった。


にもなウエーブかけ、一見安いクラのようだ。

特に義入院してらは、それまで押さえ付けられ石も取れて、出掛けると午前様になることも度々で、

子供達には義の病にいたと説明していたがの病全看程の事り、え家族も夜時に室かれる

気を疑って、最初は相手調て叩してやるとさったぐに そのよな熱い持ちも醒貿めてまい、冷静になればなるほど、うでなってしまった。

それ言うのも 妻はセッスが使きで、大喧嘩でもセックスだけは別だとばかに迫ってくる。


が中学生にから室の外では鬼のようなをして文句ばかりても

寝室入る晩のように猫撫でてくるようになり、妻が満足する何度でもしてらなと、わっ後に「夫の勤果たせなと罵倒さた。


れは私でいくら疲れていよとも変わらず、断わろうもなら口利かなくなって翌日食卓には嫌がらせのようにばかり並ぶ。





それが、外出がえてからは迫られが急にり、次第にセックス状態になっていた

普通の旦 ここで不満を漏らし、妻を追及のだろ、私それったのだ。

な内面をってしまっては、くら色気があってエッで迫って来てもが湧かない

行為中に あれこれ注文られたらを維持するのも一苦労。

死にお気にりの女子社員や近所のなどを思いべて、何たせて態だった。

かし, そんな私てのプラドは殿、妻にされていると分かれ放ってはおけなくなる

それ自分の中で妻の浮を否定して、気付いていなていたのだ状は軽いされていた父がしてからで他界し49日の法要があった昨年の今頃

妻の妹夫が泊まりで来ていたにも拘らず、夜にな友達と食事束があると言って赤いワン着替え掛けたで、浮気をえと指摘てしった。

てしえば、気されていても何えない情けい夫だと思れるのが嫌で放ってもお、自分でも疑惑を持る事を認めざるなってしまう

自分で認めてしまうと、あんでも心穏やかはなくなって興信に頼んだよくよくえてみれ気された悔よりも調べて得る事で、調に対して強い立場に立てるかも知れないという思いがった。

結局 嫉妬心は余り無く、そ事で揉めて最悪離婚なっても構わな調とさえのだ。

証拠指定しその日にれたが、興信所は証拠を確実な物にする、もう少し続け調べさせ言う。

ラブホ夜の時に入り、出て来たのが午前1時。

入りの真もあって顔や車のナンまではっきり写っているのに、こ以上何が必要のだ。が裸でセックスしている写も撮れると言のか

初日証拠が取れと正直に言ってきただけ、良心的な興信なのかれないが。


て、相手男は誰なのか一目で

それもそのはず、私の直属の部北村いうだ。

は妊娠中だいていたので、セッ男が浮気し稿時期

送ってきてくた事のである。

若い上に, 大学までサッカーをやていてかにも体力には信が有りそうだからあの激の相も勤まるのだろう。

帰り道、妻に一番ックを与えるは、どのようなやり方なるが, 妙案が浮かばい。


それで、まずは2人のがどの程度のものなのか知ろうと、今で興味も無った妻の携帯覗くことにす

に帰ると妻は携を握りていのでと指て取り上げて見ると一応ロックは掛かってたが私め切ってのか、暗番号は自の誕日そのままだ。

しか そんな大雑把な妻にしては珍しく、はこまめに削除しているようでたのはが興所の人と会る間にやりされた、メーだけだった


「課長は帰っ来たか?」

まだです今日遅くなると電話がりました』沿

「それならゆっくりメールが出切る。それにしても昨日の真美は凄かっ

て、んなのたら。もうあん使わな。』

「嫌だったか?本当に嫌だったのか?気持ちよただろ?正直にてみろ」

気持ちよかっです。でら嫌分が分かちゃうから

んな事を言当は思いして濡らているのだろ?触って確かめみろ

『そん事無い。濡らてな

。淫乱な真美はしているに決まってる。正直に言わな、もうってやらいぞ」

言いますから明日逢て。濡らしていす。あなたを思ってい、濡れてきてしまいまた』

「正直に言ったから明日てやるが、逢う尿いいの?してしいのだろ?して欲しいのな明日マンコして下さい

、オマンコして下さい』

午前中に真美家にから意してってろ」

『もうは嫌逢ってラブホ抱いて欲しい』

「明貿日の夜は用が有し、明後友達に会う約をしの次の日の夜からは妻の実行くから、それなら暫く我てもらうしかなな」

『分かました。明日意し待ってい姿

それりも婿まで慢出るか?待ち切今夜長とセックス。約を破ったら、もう抱らなぞ」

『しません。あたに禁れて一度もかれいません』

「本当か今まで抱ていないの信じるがかららして、今夜辺いな

信じあなに言便れた通り、オナもしていん』

そうか、偉いぞ簿でも今ない、一度だけ逝かせうか

『オナニーしいい?』

。今電話を掛け、携バイブにしてか剥いて当逝けたらメールで報告しろ

ました

やけに早いな。帯のバイブクリに当てただは無くて自分でオコも触ただろ?オナニーは禁止してあっに、これでは簿ーと同だ」

『ごめん

「明仕置だな」


私は目を疑った。

んな従順妻ではだ。

こんな受、下手にばかりる妻では無いはずだ

私とり合っのように、また猫を被っているのか


私はすぐに告湿のをやめて、2人の行為をてみくな

翌日、北村の予定を見と、に大事なだけ、後は挨先しか入れてい。

村は出社業にたの私も理由を寿社をる。


た場所に置いて自宅に向かうと、案の定会社の名前が入った車あった。

先を知っている近所の人は、は私が帰ってい思って疑わなかったとだろう。便

この家の主であるはずの私がで泥棒のように音ずにを開殿ドアるのも1秒以上の時間を掛入って行った、何処にも人気配は無い





隣の父が住んでいた家に入ろうとした、玄は鍵掛かっていてスペアキーもっていな退裏口にまわる。

この家は古くて、裏口の鍵が壊たままなっているのをてい

また足音を心の注意払いながら摺ってくと、は私の苦労もらずドタドタとって行っても気かな大きな声西風呂キャキャと騒いた。


キャーめて、下着れちゃったわ

「うさい!うせ違うお汁で濡らしているく稿。俺方が嫌ならて帰るぞ?

急に妻のトーンがる。

めんなさい。真美が悪かたです」

あのが1才も年下の若造に怒られ、ないで素直に謝ってる。

それころ供のように、事を可く真美と呼ぶ。

当然 妻が奴に迫、上司の妻だという利用してを続けさせてたとっていたが、会話を聞く限稿りそうではなだ。

セックスあったように、行為我侭な妻主むとていたがそうでは無いで、嫉妬よりもそ事が不思で堪らな込んでくのを、もう様子を見よう姿と思った


ほらこのもオマンコもて見え、裸よりもっと厭らしぞ」

「今は下着のままの?」

ああっとローションを垂らして、く始めろ

急にが聞なったので付いて耳を澄ますと、ヌチチャという音聞こえてきたので、妻が何をさせられているのか想像はついた。

今日間がいか西ら、もう洗い流して次に移れ」

ここにはシャワがないのでおを汲んでかける音がして、の音がむとチュパチパと棒の付いた飴も舐めているが聞こえてる。

を溜めてく・・・・もっ奥までれろ」

「ウグッ・大きいから・・これ以上は入い」


その後グチュグチュより大きな音が聞こえ

「ウ・一度出処にせばいい?このまま口か

・・・・・・・・・」

「真は何めにピを飲いる?」

「あなたに・・・自由に使てもらえように・・・・いつ好きな中で出もらえる・・・・・・・

それ何処に

・・美の・・・

「聞えない!」

美のオマンコに

よし。布団は敷いてあるだろう

「えっ・・・またの部屋で?あそこ。お願い、ここで・・」

「駄目だ。昨止してったナニーを沿部屋で 待て!のおきだ

「許して。におを敷いてきます。部屋もいいから、お仕置許して」


れたっ赤な下着を着まま、身体をび出のでに身を隠したが、妻の慌てようを見て"待て!のお仕置き" と何なのか気になって仕方ない

久し振りにる下着の張り付た妻の裸見といると、パンツを穿い村が出てきたがにサッカーをやってだけて、太腿とはぎさがを惹く

奴は気に歌を歌いながらに消えて行ったが、そこ十畳の間だ

は私にとっては都合。

こなら障子の下がガラスにないて、縁側廊下十分

遅れて近付くと、妻の鬼気迫が聞こえた。

「お薬イヤ・・・・・・を使うのはて」

薬とは穏やかはなので慌て目だけをて覗いた妻は部屋の真んに敷かれの上、四つん這の格好でじ動かず、後ろにを掻いて座ってい北村に、小さなビンに入った液体をオマンコに込めいた。

「どだ?こ使に効いるだ

い・アッ・アッ・アッ・・触って熱いの・・・・」


尻をてせがみ出し、北村はビンの蓋を閉めがらっている


「も触ってもいに、くるぞ」

の・・・アッ・アッ・・いの・・・ょうだい・・・く・ょうだい

てやるが真美はイクなよ。昨オナニーした罰として待て!だ。いいな?」


北村に後ろから入れたが私は他人の情事を覗い尿かのようるのも忘れて股間を硬くしてい

の行為を引いて媚薬と思われる薬が効ているのか分からないが、北村が数回し入しただけで、妻は早くも登りめよとす

アッッ・・ッ・・・・イク・イ・イ

まだ待て!

「イキたい・・て!は・イヤ・・ー・願い

仕方ない奴だそれならこののように、お父さ謝ってらイ。ち謝ってからならイクのをてやる


言われるを向いて、仏壇義父の写真た。

「アッ・さんゴメンナサ・・アアー・・・んな娘で・メンナサイ美は・イ・・・・アアーン・・父さんに見ら・・す」

北村は これをさせたくてこの屋にしたのか

れにても謝るなら義父でて、どうて夫に謝らないの、そ下らない事を考え


い?・・ったから・・・イッてもいい?・・・イク・

ら!まだクな。湿してらっているの、お父さ報告するてい

「ア・アッ・・・・真美は・・おんの前なに・・太い・・入れてもらっいます・・・・ら・・アー・・・太いオチンチンで・・エッ?・・・イ・・イヤ・イヤー」



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:浮気・不倫, SM_調教, 寝取られ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様