2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

彼女の乱交

 



まだ1年前の話です。

分にはト先で知り合った下(19歳の彼女が

はよく上戸彩に似てると言れおり退、胸はCカップでしたが くいな体をしていました。にとってはすごくかい彼女でた。

女は的にごくが強く と退く彼氏につていき、彼言うは何でも聞いてくれるいうタイプのコた。

かなり直で世や社会のことなどはまり知らない、まだ子供っぽさの残るそんなイメーでし当に心がキレイで思いある優しいコだったと思っます。

しかしき合て最初のセ、彼メージがわり

自分部屋のベットの上で彼女をかせ、胸やマンを弄るとら想来なな声喘ぎだしました

Y佳菜「あ〜んちいぃ、おかしくなっちゃう」

寿コはかなり濡れーツにも垂れているようでた。その変わりよきましたごく興奮しました

そしらに彼女が自分の上になりこます

佳菜「おちんちん舐めてげる」

そういうと 彼女は自分の服を脱が乳首を舐がら自分のンコを手で擦り始まし。チンコる手つき異常なほいや、手わらただけでビンに勃っていした。

この日まで彼女のこは本当に子供い印、フェラをする姿も想出来いくらい

しかし女がチン舐め始めす。サオを根元か殿まで丁寧に往してで舐め回しますらもでさらに奮し

そして、彼女がチンコ咥えるとが最高潮に達しました。

ジュルジュルュパ

いやらしい音をたて、彼は奥までえこみープスロートを始めたのです。あまりの衝撃と気持ちさで我を忘れそうになりました。れほの気持ちいフェラはあじりませ

Y佳菜「も我慢出来なくなっちゃっもうれていい?」

分はもう完全にお。何とか我に返り、最初のという事もあったでコドームが無いことを伝えました

自分れてもけど今日ゴムない

うん婿は なくても全いい調

反応にもきましたが、迷うするました。常位からチンコを入れと彼女がちよさそう声をげます。

佳菜「あぁ、気持ぃ」

い表喘ぎ声さらに興奮分はを振続けます。すると彼女は自ら正常位まま自の足を抱えげてぎます。

佳菜あんっあんっ、ちいぃ持ちいぃ、おかくなっちゃう」

分はさらに夢中でY佳菜をつきま。しすると彼女が上になるとい自分の上を跨ぎます。彼女使つきで自らマンかい入れ、いやらしく腰を前後出します。

「ねぇちいい?アソコ気持?」

分「あーいいよ、すごくい

女は自の乳を両触りながらさらに腰を振ります

Y佳菜「あぁーん、気持ぃ、あ〜ん、イク、イいい?」

中で腰を振っているよでそのままイッしまいます。その、もう一度正常位に戻って自も彼の胸に射精しました。


自分は驚いていましこまで普段とギャップのあるコに出会ったことはなくそれほど普段のY佳菜は粋そとてもとてもあんな姿想像出来ません簿た。自分はどうしも気り彼女にた。





Y佳なり上手く綿い?」

Y佳菜なの?なことないよ、でも良かた」

自分「どこで覚える?あんなテク、初めて味わったよ」

Y佳え〜、別るとかじゃないよー」

分「Y佳菜ってまで人経験るの?もしかしてなり多いとか」

Y佳菜「そなことないよ、3人

んなやとりセックスの日に宿ました。自多少の安を感に本心配はしていませんで、あの日までは

-----------------------

Y佳菜は週4〜5日は会って互い一人だった為、どちらかの家に泊まり会う度にセックスいる況で

の疑う要素もなくY佳菜と付き合っていが、決まっ週土曜の夜から日曜にかては実家(車で15分)に帰るとていことはありまんで

付き始めて5月が経ったある日の夜、彼女が自分の家からコンビに買い物調にいきまた。ふテーブルをと携て行っていました。

自分たいという衝動に負おもむ帯を開きした

着信発信ても特いものはあせんでしたメーと目を疑うような内容飛び込んきました

手は自分のバイト先のS店長(3)でした

今週またよろね、今度は友達連れてくからっててね」

故かッとしまた。だはっきりと決まったじゃないに、も証拠尿わけゃなのに。

キドキしていると彼ってした。

しにいてみました。

「今週も実家帰るの?

佳菜「うん帰るよー何で聞く?」

少し探りをい

分「電話してい?

Y佳「あーいいけ、出れなったらごんね親も一から

何の動揺せず佳菜は答えました


自分ても気り土曜日Y佳の部屋に行く事にました。

かし 合ていなか殿曜の夜はY菜のまり当然のようにセックスをて、険かと思いました 合鍵を持貿ち出すことに成功ました

撮れる自信はあせんたが応デジ


て土曜の夜9、自女のマンションの近くから帰って来いこを祈簿ながらってした。

女は曜の8時半にバイトがりそのまま実家に帰はずでし

し9時を15分くい過ぎた頃、佳菜が帰て来まし。自退分の心臓はら飛び出しそるくバクしていました

かしら忘取りに来のまま実家に行くれなだ祈ってい分がいまた。

恐る恐るドアの近に行くと彼女はシーを浴びるようでし

すま嫌な予感がまし


時半過、確信的な人物がY佳菜ののチャイらしまし自分は非常階れていま した。

S店長見知ら稿ぬ男(3代後半?:以下G)です。

店長「Y佳菜ちけどー」

佳菜「は

明るい声で佳菜ます分の鼓動は最高潮に高鳴っていました

0分い入か考え込み、意を決してドアをそーっと開けあまり撮れていませんでしたが ここからデジカメをONにしました。そ参照た物を報告します調


佳菜ハハハ、そうなんだー」

張している様子はないY菜のこえした。部屋はで自分からはガラス越に程度でし聞こえまし

しばらすると覚悟は決めていましが、の電消え当にまってしまいました。

テレビはつたまま。「ヌチ、ピチャ、ピチャ

S店長とY佳菜ディープスをているようでし

G「たまん、おれは おっいもらおうかな

ているよで、Gがを触りながら脱がしているようでした。

Y佳「あん、Gさん持ちぃ」

う間に菜は裸にされ, 2人に責められているよでした


佳菜「あ〜気持ちいめられるとおかしくなっちゃう」

店長「Y佳菜んと濡れやすなー

佳菜「だって、あっあん、気持ち、いぃぁはぁ」

「マエロ過ぎ、ラダラれてじゃん」

Y佳いや〜恥しい言わないで」


ソファーにらされをM字に開かれているようた。

退い気持ちはもちろんありました、かつて味わったこのな興奮ました。

のY菜があんなに普段いいコなの、自分とセックスしてい所で2男に体を許しいま。手マンれているのかュクチュクチ音が聞こえてきます。

あ〜ん、メェ、イクッイクッ

G「ほらイケケ我慢しないで

Y佳「ヤダッ、イクッもうイクッ、あ〜

は自分としてりも何倍も喘いでいした。

S店長「佳菜イッ?相変わらずいやらしなー」




だって、ハァハ、気持

「Y佳菜ちゃんたまんいね、おれのもしってよ

Y佳菜「うん」

いうとYのチコを しゃぶり始めたようでし。ジュルチュパジルルとい音が聞こえます。

G「おマジ気持ちいい、Sさんの言った通り、こりゃいいや

Y佳菜いつもやつ

Y佳菜「ん反向いて立って」

「こ

Y佳菜「も少し足広げ

Y佳菜は自の目のいるGのケツに顔を埋、アルを舐め始めました。めながらチンコをしごいていのがはっ


G「うわああーちい、こんなとまで出来んの

Y佳菜「さんちいい?」

G「あー気持ちいよ、もうちっと慢出来ないか一回抜いてよ

「いいよこのる?」

咥えて」

がそういうとY佳菜の前いてジュボジュボらしいを立んッん婿ッとがらしゃていした。

G「あーイるよるよ、?このまま出すよ」

Y佳菜の口に出ようでした。すぐS店のチンコもしゃの大き喘ぎ声が聞こえてきました。S店長ァー
り、Y佳菜がその上にているの見えました

Y佳菜〜ん、気持ちいいよぉ、Sの気持ちいぃ

ま腰下に振りディープキスをしています。ガラスに見えるY佳姿にまらなく簿奮してまっていまた。突き始めGも復活したようでY佳菜にしゃせようとし

S店長「ほら立て」

Y佳菜ハァッハァッ」

クで突かれなGの腰辺りを掴みながら咥えてました。

ガラスの上半分が見やす状態だったの時は はっき見えした。Y佳菜はS店の腰振りわせて喘いでいました。GはY佳菜頭を抑えてフェラをさいます。

S店長「Y佳イクよー、あー出る

出して出して気持ちいぃ、気持ちいぃ、ぁ〜

の時は、外に出したの中に分かた。うなも。

かしの瞬間すぐにえを目の当た
にしました。

G「マジいいの」

佳菜「ハァッハァ

ういうとすぐY佳菜の声があがりました

佳菜「あぁーん、ごいごいあ〜ん、すごい

聞い事のないすごい声で佳菜が喘ぎ出しました。

「どうだい?おれのチは?」

Y佳菜「ハハァッハァ簿、大きい、この」

正常位で味わっいるようでし。ギッギシッと音が聞こえて来ます

宿佳菜「ハァッ、ダメッ、すいよ、壊れちゃ

「入れて欲しかったんだろ?ゃぶって時から欲しんだろ?」

Y佳うんッ、欲しかたの、大きなチンったの〜

G「ハハ、氏知ってんのー?

Y佳菜「嫌ぁ、それは言わないで」

「どっちんだ?彼氏と俺チン言ってみい?

佳菜「ぁ」

G「言わないと抜いゃう沿湿言ってみい

Y佳「あん、あ〜ん、Gんの方がいいきいい〜

ちい西ぃ〜気持ちいぃ〜を度もイッいたと思います。

自分絶望とで訳がわからななっていました。その後い体位でY佳菜を楽しみGは射精にむかいました。

G「ーイク、中に出してい?」

佳菜「うんッハァハァ、中で、いっぱい出

「あー出る、ウッ、ああー

Y佳菜「ッ、あ、出てるてるー」

佳菜は2人の男に中で出され持ちさそうにした。

ごいを見てまいた。世の中にこんな事あるのかと信じられませしたその反面分はすでに3も射精し
いました。も新たな発見でした

りましたで、続きはまた今度。

---------------------------

の後、自こっちに人がいかビクビクしながら隠れてい間にして分くでしなっていうで、S店長と会話をしていました。

G「マジでこのコた宿いね

S店長いいでしょ?フェラっしょ?

S店長が想像てきました2人会話はあまり大きな声では無たのでこれ以は聞こえませんでした

時間は1前、さすがにも何もいだろうき出すの待っていま

こっちのの?」

Y佳菜あーダ、そっちは開ない



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ, 乱交・複数, 相手の過去,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様