2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

私が初恋をつらぬいた話

 




1 :名も無き被検体774号+:2012/06/07(木) 14:20:18.54 ID:+beSXCVE0
しずつ去を振り返りなら書溜めたものをお話していこ思います

文章の、少し長くなりますが、き合いして頂ければ幸い

途中、書 制で更新がってしまうもしれせんが、かご了承くさい


2 : 忍法帖【Lv=25,xxxPT】 :2012/06/07(木) 14:21:21.63 ID:h4Vrbzp1i
てる


4 :名も無き被検体774号+:2012/06/07(木) 14:21:53.76 ID:+beSXCVE0
ありがとうございます。

スペック

渚(偽名)…145cm。体重は伏せておきます。偽名の由来は、なんとなく本名と響きと意味が似ているから。

堺先生(偽名)…175cmくらい。少し痩せ型。偽名の由来は、いつもニコニコしていて、俳優の堺雅人さんに似ているから。初めて出会った時、24歳。小学校の音楽教師。


5 :名も無き被検体774号+:2012/06/07(木) 14:24:07.28 ID:+beSXCVE0
私の故郷は一応東京都内なのだが、寂れた田舎町。

クラスも一学年に2クラスあればいい方な、小さな小学校の、当時私は6年生。チビでデブでその上クリックリの天パ。

典型的な虐められっ子だった。

それでも負けず嫌いな性格のお陰か不登校にはならず、だからといって何の楽しみもない憂鬱な学校生活を送っていた。


そんな中、年度の教員入れ替えで新しい音楽科教師として赴任してきたのが、堺先生。

スラリと背が高く、その上 若い堺先生が人気者になるのは、あっという間だった。

とても親切で優しい先生だったから、とくに女子達からの人気は高く、モテモテ。

私はと言うと、誰に対してもニコニコ淡々と敬語で話す先生に少し興味を覚えつつも、取り巻きの女子たちに牽制されて まるで接点が持てない状態だった。





7 :名も無き被検体774号+:2012/06/07(木) 14:26:28.03 ID:+beSXCVE0
堺先生が赴任してきて早数ヶ月の夏休み明け。

秋の校内合唱コンクールに向けて、音楽は歌唱の授業が多くなっていた。

根暗な私には毎年苦痛の行事なのだが、この年の授業内容は さらにその苦痛を上回る内容だった。

まず一人ひとりの歌唱力をみて、ソプラノやアルト等の振り分けを行うことになったのだが、問題はその仕分け方。

ピアノの伴奏に合わせて、クラスの皆が見守る中、一人ずつピアノの脇に立ってサビのワンコーラスを歌うという地獄の様なものだった。

その上声が小さければ もう一度歌い直すというオマケ付き。

虐められている自分が恰好の笑いものにされるのは、目に見えていた。

めげずに学校に通い続けていた私でも、この時ばかりは休めばよかったと本気で後悔した。

緊張で冷や汗ダラダラ、後悔の言葉を心の中でグチャグチャしゃべってる内に、嫌でも自分の番はすぐに回ってきた。

名前を呼ばれてピアノの脇に立つと、もうその瞬間からクスクスと笑い声が聞こえてくる。

途端に息が苦しくなった。

きっとコイツらは私が歌い直しになるのを想像してるんだろうな・・・キモイ歌声で自分たちを笑わせてくれることを期待してるんだろうな・・・

そう思ったら無性に悔しくなって、怒りをバネになのか、羞恥心は軽く吹き飛んだ。

たぶん、あまりの緊張に、キレた状態だったんだと思う。

絶対に歌い直しなんてするもんか!と、声は大きく、歌詞はハキハキと全力で歌い上げた。


8 :名無き被検774号+:2012/06/07(木) 14:28:44.87 ID:+beSXCVE0
何本気で歌ちゃってんの?wwwwwうクラス中の大、一人だけた顔で拍手してくれる人がいた

堺先生だ。

凄い上しまし!素退かった!」

生がそう言うと爆はピタ止み、クラスの女子たは あけにとらた感じえ?え?と、私と生の顔を交互に見比べていた

方の私はぱり爆笑されたという気持ちで顔ら火が出るほ恥ずて、らく下をていた


度その時チャイムが鳴り、音楽の授

乱で どうしていいのかわかないままいで音ら出ようとす、私生にび止められた。

本当した。恥かしがらないで、自信をもっ

調時の事は、今でもハ使リと頭残っている

褒められてしかったのと、めて間近でみ、なかよく解らないで、しばくの間臓の湿収まらなた。


9 :名も無き被検体774号+:2012/06/07(木) 14:28:57.09 ID:L9GcuA1Wi
かっこええ>>1だな


10 :名も無き被検体774号+:2012/06/07(木) 14:30:12.38 ID:L9GcuA1Wi
いい先生だなぁ


11 :名も無き被検体774号+:2012/06/07(木) 14:31:49.89 ID:+beSXCVE0
合唱コンクールも無事?に終わり、月日が流れるのも早いもので、季節はもう卒業シーズン。

音楽室でのソロデビュー(笑)以来、私は堺先生と話す機会が少しだけ増えていた。

本当に一言・二言交わすだけの会話だったが、私を見かけると話しかけてくれる先生がとても嬉しかった。

まぁそのお陰で、女子達の風当たりが更に強くなっていたのは言うまでも無いが・・・


卒業式の予行練習が本格的に始まると、私の心はずーっとザワザワしていた。

この学校を卒業したら、堺先生ともお話できなくなるな・・・とか中学校に入っても同学年のメンバーは殆ど変わらないし、また学校生活がつまらなくなるな・・・とか

ただただ毎日そんな思いが頭中を駆け巡って、常に上の空。パンクしそうだった。

でも その思いの発散の仕方も、なぜ自分の心がそんなグチャグチャになっているのかも解らず、私の小学校生活は あっという間に終わっていった。


12 :名も無被検774号+:2012/06/07(木) 14:34:16.92 ID:+beSXCVE0
学校

められはしたが、れは最初のうだけだった。

きっ当事者達は以外の楽しと興味て、の事構わなくなっだと

それけでも中学生活が過しのだ、一つだけ心にずっと引っかる事があた。

すのが楽しみた堺先生が居

しみ唯一ないけで、虐れてい生時代よも学生活が今楽しないでいた。


ての期末テス終わた頃、まだまだ友達が出来ずに暇だった私は、ふと小学校覗き行ってみようと思いった。

小さな田町だから、中学と小学校転車で5分くら離。

々の校に懐かしさを覚て嬉しなったが、何となくいたって来ただけなで、い。

車場脇に自転、非常階ってく校庭ぼーっめてると、頭上自分の名を呼ぶ声が

見上げると、校舎の3階にる音楽室の窓か堺先生が振っていた

としたと嬉し、でもなだか恥ずかくて、私は小く手を振り返した。

先生はそれを確認すと、スッと窓のに消えていった


思いけず先生のを見た事と、自分の事を覚えてれて嬉しさにのり幸福感を覚えら、また校庭を眺め始め

3階から声をかけるなんて、やぱり先生優しいな

なんなく来たけだと思っていた、もしかした自分は先生に会いたかっのか

な事を色えていると、今度近くから前を呼ばれ私はり向く。

面玄関の方、堺先生が歩いてい





13 :名も無き被検体774号+:2012/06/07(木) 14:37:12.16 ID:L9GcuA1Wi
ドキドキするな


14 :名も無き被検体774号+:2012/06/07(木) 14:37:41.61 ID:+beSXCVE0
こんな所に一人で、何やっるんですか?」

生は私の横にョコンと座るニコニコしながら問をしてくる

特にもしてません、ボーっとしてした。っと思つつも言葉にず、一間をいては逆質問を返た。

「先何してるんですか?」

「姿がえたので、話しにてみました。」

わざ自分話すために降りてき…そう理解した、私は、ギュッと


中学校はどうですか?楽

…思てたよりは楽しく無いす」

活は?」

「…帰宅です


理由のわからな心臓けにクラクラしてただでさえ少ない口数がなくなる

っかく来てくれたのだし先生ともと沢山話いの言葉がラスラ出てこな調

先生は気使って色々と話しけて

れでの間に沈黙流れ始めるにはそう時間はかかかった。


完全に会話便流れが止まってまうと、更に何話せばいいのか解なくな

何か話さなき…このまかなり気ま

頭の中で軽いパニックを起こしなら ふと先生をると、先生はやっニコながら庭を眺めてる。

の顔を見たら、かこのまま沈黙でも構わないんじゃないかとてきて、私もまた校庭始めた。


いつ間にか、胸の締め付けていた

段の日陰通り抜けていく風心地よて、日差しは暑いかな晴れ…なんとなく眺た校庭の景色がまったく別モノに変わった思議な感使する。

先生と心がいい幸せな気分便な…

そこようやく私、今ま先生気持ちは恋心だっただと覚をした。


16 :名も無き被検体774号+:2012/06/07(木) 14:40:54.45 ID:+beSXCVE0
すると この状況がとも恥ずしく感る。

けれど それ上に先が横に居とても嬉い。


このんな間がずっと続くといいな…そん事をえていると、授終了のチャイム鳴った。

「さて、そろそろ戻らな

先生はう言う上がり、小さ伸びをた。

の瞬間、ほどまでの心地よと消えて、私は一気に現実に引き戻され

ここでうならをしたら、はいつ先生に会えるのかな…そうとまた締める。

「じゃあ、また

っと笑って先生は小さく手を振った


校舎に戻っ行く先生見ていた物凄いもどさにれて私は気がたら先生を呼びてい

??っとした顔り返る先生に、急いで駆ける。

の……」

「どうしました?

ドキがら話しかけ、頭の中で一生懸命先生との接を探す。先生との時間作るに私にはコレかない

「……歌を私教えてさい。

先生は驚た顔した。


17 :名も無き被検体774号+:2012/06/07(木) 14:43:05.92 ID:+beSXCVE0
「歌?中学校に音ってませけ?」

「あります。

だったわるより、学校教わった方がいいn…

かける先の言葉を遮る様には話を続けた。

「…私、自分歌を初て褒めてくれたに教わりたいす。もっとっと上なって、自分に自信を持たい

生は向いてしらく考えむと、を思いつたようにまコっとこらをた。

かりまし校長先に事情して、音楽室を使っも良いかいてみましょうか待ってて下さ。」

う言う先生は、りに校舎に戻って尿行った。



が校舎るのを見届けると一杯張いた緊て、の場に どっとがみこだ。

今更になて後悔が寄せてき、心ドキドキが激くなる

分は凄く迷惑ないしてしまったじゃないか…

迷惑だったけどしいだから、断る口実探してるんじゃないか…

そんな考えが沸いては消沸いは消して、心臓のドキドキはいつしかギュッ締め付けわっていた。寿


18 :名も無き被検体774号+:2012/06/07(木) 14:43:57.54 ID:L9GcuA1Wi
やばい先生に惚れそう


19 :も無き被検体774号+:2012/06/07(木) 14:46:04.62 ID:+beSXCVE0
回か深呼をして少し落ち着く私はまた常階段戻り、腰をかけた。


断られた時に少大丈うに、今のうち備をしこう…

んなガティブな考で悶としていると先生は思っよりく戻てき


「校長先生 に許可えましたよ、つ返事でOKで。さて、これからどうう予を立てましょう?」

生はコっと笑う。

いがない返事クリし、ほんしのまっていた

さん?

「あ、えい、りがとういます!」

そんな様子を見と噴きだした先生は寿まだ半分笑った顔のまま話を続け


下校時職員議の日やの時以外なら、音楽室を使っても構わないそす。

はい。」

さすう訳はいかないので、週に1.2回でどでしょう?」

はい

じゃあ毎週日って事にして、そに都合が付ば金曜日っていいです

「は、はい。」

生は堪切れなくなように、今はア声を出してった。

「さっきら はい てなれど、コ本当に大丈夫ですか?」

「は、はい!大丈夫です!…あの…先生は大丈夫か?いんですか

「大丈夫じゃなかっら断ってす。担当しるクラ綿スも無暇だから平気です。」

先生がニコっとして

そこでやっとホっ私は、さっきとは一変、とたんに夢心地なっ

週…はう夏曜日はちょっしいから週だけは曜日時間15時かいいか

「は、わかりました

「一、学で来てくださいね装でくると言ことで。

わかりました。

「じもうと。また来週、さん。




>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:すっきりした話, これはすごい, 胸キュン,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様