2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

偶然 同級生が出てるオナニーDVDを発見してしまった




三の夏休みの事、俺は験勉強の息きに先輩に貰ったエロビを見てた。(はDVDだがいいづらいのエロくぞ)

3枚貰った内の1枚は盗撮物で女子校がトイレオナッて映像だった。

公衆トイレって、床の部分か、天井の部分に間がが、その隙間から盗撮したもの。

がふらつて、見ていてれた、それ○コは見えないしただ女の、オてんのが分るだけ像だ


れはスしとこかと思いたは、腰が抜けるほ驚いちまった。

ている女が同だった、まさか思って良く見たが間い!だ!

緒子はちょいい女で、特に男に人気る奴だけど調、ちょっと生意気で、男を見下した事があっ、実は俺もいいぁと思ってい

休みに、室でチョイロい雑誌ら、

志水君(俺のこと)ってやらしいなーそんなも。」

でかい指摘されて、まけに他女子まで言いふら、俺はエロ君にさせれちた。



そうと見てるると こんな奮するもかと思ったよ。

と、Vなんかも、女優を知ってる奴がらかなり興奮するろうな、な思いな見てた。

学期になって、何とか奈緒いじめてやろていたんだが、なかなか、二人になるャンスなくて、2週ったろ、うや放課になるチャンスがあった。


初は たのなしていただが、(なんか言い出せった)段、エロい話になってい

前見てた雑誌、んなにやらいもんじゃないぜ、女だだろ

奈緒子「よ、そんなの。一緒しない

俺「じゃあ、オナニーもしことないのか?」

子「信んない!くそういこといえるね」

俺「答になっないよ、どうなんだよ

奈緒子「したない綿そんなことばっり考えてると学落ちるよ」

「そんなこといってていいかな西、お前の秘密知って

よ、秘密っ

俺「今日、俺んち寄れよ教えてやるから、今日俺一人だし」

奈緒子「危ない、そんなキケンなと行けないよ〜恵子と一緒なら行ってもいいけど」

「一人の方がよ、恥かくのおよ」

何のこか分らななりに、不安がよぎっった、奈子の表が、一曇って、ている表情なっ

このンスを逃さない言った。


「俺一人っ言ったって、周り 住宅けの所だこと出わけいじゃん」

し考えていたよだが、へんな事したら、承知しなね!と冗談ぽく言、俺家に来になた。




着くと、俺緒子にコーーを淹てやっ、それか色々なことをた。

話してる内にそんなに生気でもないかなぁ〜なん便て思い初めて、DVDのことを話すのたんが、話が なんなく そっちの方にてしまった、奈緒子のせいだ。


緒子「意外としてるじゃない、男のの部屋て、もらかてるかと思た」

俺「そ 結構 綺麗好きなんだ

緒子この間みたな本はこに隠してあるの?

俺「隠してないっりもっいいも一緒に見よう」

「なに?」

俺「」そういいら、DVパッケージ

緒子なによ、変態!そなもん一退みてよ」

俺「この中に、奈秘密あるんだよ、見な後悔するよ」

それら、いくらかのやりとがあ、絶緒子に手を触れないと約束した上で、一緒にDVDをることになっ


俺「女だってオナニーしるじゃん

まだ西場前ら、奈緒子ちょっと余り・・

子「他の子のなんか知らない、」


暫くして奈緒登場

緒子・・

子が登場してから、ずっと情見てたんだが、顔色がわるのが分かっ

俺「の子、なかなかいいでょ、

子「

俺「したこない割りに、慣れた手つじゃない?

奈緒「・・・」

奈緒子「、志水君が撮の?」

さか、手に入れこれ


奈緒また無言にな


俺「かな?、他のにも見てもらって鑑定てもおうかな

奈緒やめて!絶対やめて!」

奈緒顔が真剣た。クラス子とDVDを見られる像しただろう。

「これ、お前だよ

緒子は頷い


「オニーしたとないって言ってたよな。」

緒子「も止めて、」


俺「止めてもいけど、演してくれない?

奈緒子「い


俺「じゃあ、みんなとこれ見楽しもうか。」

奈緒子どうすれば許てくるの?」

嘘をついた罰、俺直にた後、

奈緒子は、激しく何を考宿いるふう


奈緒いうこと聞誰にもわな?」

俺「言わない」

奈緒子「分かっ言うる」

ず質問、この映像?」

奈緒子「分い、○○デパーもうけど。

俺「そんなに思い当たあるの?

は意地悪く、聞いてみる。

緒子そうじゃなく、覚えてな寿の」

奈緒、ずいぶさくな


俺「めてないな。」

緒子・・・・」

俺「質問湿答えない、鑑賞会だよ」

奈緒子は小さく頷く

ちゃと答よ」

めてゃない」

は相当たくなさそうだっ、他のにまで見られることうと逆らえないようだっ

どのるの

緒子「まーに。」

俺「たに、西ざわ、公共設でまでして?」

子「本当よ、もう許して」

俺「つきがなれるよ、嘘ついも分かるんだぞ、正直にいえよ

奈緒子「寿




まあ、いや、じゃあ、実演して見。」

子「お願い、他事なら言うこと聞く、それはなしに、無理、絶対無理」

もう、いつもの緒子強気な度は

「じゃあ鑑賞会するよになるよ、日からスだね

俺は調に乗っ、そんなことを言


奈緒子は一瞬怒たような表情をせたが、すぐにな表に戻ると、思いったうに、始め

も実際はこんな風るな、思ってなか

エロでは、オナニーなんていでも氾濫てるわけだが、同級生のとなるとかもク一番ワイイのオると、んだか、目の前景が信じられない位だった。

奈緒子はトの上から間を触って

胸は触らないの

うと、ブの上から、胸をも


俺「カートめくれよ、見ないよ」

奈緒子はカートをめンツの上から、股間をなめた

手つきがない、映がずっとリズミカル

みに、映像では立って、トを少て、その中に手が入ってる感実際は見ない。

は、座たままだ。


「もっ、本気でしろん違うじゃん」

奈緒子は少し指に力を入れて、股間始めた

週にどの位?」

奈緒子少し戸惑ったようななりながら答えた。

奈緒子「1回くらい。」

俺「どこで?」

「自分の部屋」

俺「あの映像ときはまなの

奈緒子「自分の部ゃなところは2回か・・」

「なん使てしたことる?

奈緒子「ない」

け?

奈緒子「ウン」


んな会話続けてるうち、奈子の息遣いが激しくなってきた

ていると、奈緒子のパンツが割れに沿って、ていのが分かった。

始めは、一本の線みたいに、れたところ色がって見

ちなみにツの色ブルーだった

ているとシミが段々広がっていって、楕円にな

手を抜くと、俺が本でしろうし、奈緒子は本気するのをみられたくない、奈子も どうしていいか分からななっていたと思

俺も、興奮で、自退でも何をっているのか分からなくなっ

、毎日 顔を合わせる同級の前でオナニーしるとうことが、頭の中でぐるぐたよ気がる。


俺「緒子、濡てきたみな、シミがてるよ

奈緒子・・・・」

俺「自も分れてるの」

子はウンうなづくと、こらえていたが一気出すうに、瞳から涙をれさせた。


俺は、ツも脱うと思っていたんだ、そのをみたら、それ以上えなくなってしった。

、奈緒子を抱きしると、奈緒子もしみつ、そしてく、胸の中で泣いていた。

俺が、キスすると、奈緒子は拒否せず、えてき


結局こまでってしまい、奈緒子とHするわけでもなく、マ○コるわけでも終わったのだが、今まで、一番興



ら、奈緒子と俺の係は、かなり変わった

奈緒子が生意な口きかくなった。


も、今までりの態度うとているらしく、傍目には そうていたと思う

でも、視婿が合う、気弱そうに目をそらしたりしてた

それから俺が友達とエロい話してと、心配そうなしてみてた・・


んな日々の中、緒子が話かけてきた。

志水君、約束、守っくれてる?」

俺「う守ってるどう?」

子「うん。」

俺「何だよんか疑わいとって?」

緒子「そうゆうゃないけど」

俺「はっき言え


は少しのためらった、言った。



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:性癖・プレイ, 異常シチュ, 胸キュン,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様