2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

隣の部屋で先輩に彼女を寝取られた

 

\ シェアする /



代のことです。

(裕22姿)が彼女の(美香22歳)と街をラブラ歩いいるころ大学時代の先輩だた人か電話がありました

久し、お何してんのだっぶり来い呑もうぜ

彼女といることをえ、断ろと思いまが先輩の家に彼女がいるから、連れ来いと半強引にの家に呼ばれてしまいました。


の先輩いうは嫌なタイプで、女癖が悪く、ンとばれるような人で彼女をせるな気分でした

でも外見はかで女受けはかったので、代はていました。

した女は自分の知り合いにることをんでました

輩ってくつ上なの?私行って邪魔じゃないか

「2つ上だよ、連れて来って行ってるから大だよ」

しウキウキしている彼を横目見ながら、先輩の家にいました

の大切な彼先輩部屋に入るいうな気分ででした。



しばくして先輩姿の家に着く感じの良そうな度で先輩が迎した

「おー久しぶり、ー入れよ」

で家に入と先輩の彼緒ちん)てくれまた。

ちょっとギルっいけど、わいい2歳といことした

先輩の家婿ングとベットが別れていて、広々とした部のつくりです

先輩はう感じ香を見回ているようでした

通りで4人で呑むことに

「かんい」

呑み始め、は僕達こと中心になり、先輩くだいこ言っていました

おま何処でこんなわいいコ見つけて来ただよー?

香ちゃんホトかわいいー、貿おれと合いなよ」

「美ゃん戸彩に似てるて言われるでょ?

のし稿稿香は笑ってました。

しばらく笑いも絶えず僕以外はを過ごしいたと思いま


ばらくして僕はトイレに立ち

をたてトイレを出るとゃんがドアの外にました

「あめんね。お待たせ




ううん。裕樹ょっと来て

ちゃ湿はそういうと僕のを引いてトイレのに一緒に入りました

に?どうの!?」

は慌てまが、奈ゃん落ち着い様子で僕にキスをてきました

そのディープスをれて、股間をから擦れました。

「こ欲しいな」

いことにすぐビンビン勃起さ情しま

ちゃんは僕のズボンを下ろし、れた感じでのチンした

ュル・・チ・・」

気持ち綿よくて頭がっ白にそうでしたが僕はハッと我にってだめだよ早く戻ろうと言いリビングに戻りまし

ドキドキしながらリビングにると先美香変わ楽しそうに笑っいました。

何?なんの話しです

「いや美香ちゃんの性経験について聞たん、ねー美香ち

美香は笑ながら頷いまし

そしてぐに美がトイレに向かう先輩は僕に近づいて来てありいこを言い出しました。

ゃん、いいだろ?」

何言ってんすか!?」

「おまえさっき奈緒何したの?ゃんにばらしていの?」

僕は体中が熱く頭に血が昇っていくを感じした。

奈緒こと好きにしていいから、な、おまえう少たらろ、分かったな

の凄嫌悪感に陥りなら、また4人で呑み始めました。

香への罪悪感と自分への怒りもあってかなり呑でいました

も結構いいじにいるよう、テーで僕の手を握たりしてくるようになていました。

ている美見るとますます罪悪感が大きした。



少しして先輩が怖い目つ僕に合図を送ってきた。

僕はしょうがなく寝たフリを始めました。

ー裕樹寝たいだね、かせといてあげうよ

優しい声が聞えてます。

すぐに奈緒ちゃが続きました。

美香さんってのエチと生で見たことある

「え?ないよ、そんなの

「じゃあ、見せてげる・」

?え?

香がいているのよそに先輩とゃんは絡み始めたようでした。

部屋のキスや愛撫の音が響いいまた。

「美香さんもっと近くに来て、樹くん起ゃう 

が僕から立ちがったのが分かりまた。

「見て、おちんちん。どう?おっきいでしょ?」

奈緒ゃんはそううと仁王立ちの勢の先輩のモノを咥え始めました。

僕は体勢を変薄めで見てました。

美香思ったよりも傍でていることに驚きました。

「ジュル・・・ジュル・チュパ・

いやらしい音が響いていました。

美香は先ンビンにたチンポを入るうに見つめていました。

を思ってたのでしか・・・

奈緒ゃんが口ら先輩ンポを離しまた。

美香さん握ってて」

「え?うん・・・

香は拒否はせず ゆっくりでしが先輩のチに手を伸ばしました。

ちゃんのフェラチオで大きくったチを見てらしい気ちになってたのょうか

香が先輩チンってしました・・

美香、大きいでしょ?」

香はいてポをゆくりしごいていました

興奮するよね、勃起したおちん見ると。いいよ、美香さん口でしても、たいって顔に書いて

美香ゆっくり口を開、先チンポを咥え始ました・

美香の姿な思いました。

は美香のフラチオのいやら響きまし

あ~美ちゃん上手んなにえっなか

輩は美香を確認してからと感じで口を開きした。




「美香ちゃん、これ欲しいしょ?いいよ、あっちの部こっか」

先輩の後わずついていた。

男のチンポ受け入れるベッムに入って行って調

奈緒ちゃぐ僕に寄っきました

彼女ゃったね。大夫?」

僕はどうして分からず、その場にていした

「奈緒ちゃんはいいの?西

「私達ね、セフレみもんら」

奈緒ちゃ気を消すと、僕の服脱がしまたフェラチオを始め

けど僕子が気にてしょうがありませんでし

らくして・・・美香し大きめな喘ぎ声が聞こえてきました。

あああん・・・ああんっ・・すいよっ・・・」

ベットギシッギシッいう音と声がすご々しした。

間違いなくセックスしている分かるそんな音でし

奈緒ちゃんがゃぶりながらました。

教えっか、彼コンドー持っよ、生でしる」

夢中でちゃん身体にむしゃぶりつきま

美香にもきっとこちらの声も聞こはずです。

しかし嫌でも先と美が聞えてきま

美香ちゃん最高~、美香ちゃんのまん超気持ちいい

「やっ・はぁっ・・・はぁっ・・・ああん・」

「たまんねぇな~、どうつよりいいじゃなの?」

っ・・・あんっ・・・」

辱で杯でしが、興奮いたのも確かでした

「あ゛~気持ちいい~美香ちん上になってよ、もしてるでしょ

「はぁっ・・宿・」

あ~そうそう、香ちゃんいね、あそんな風にるんだ、すげぇい

僕の方は奈ちゃとのクスあっとい間にイってしまっていました。

それも隣声はむことなくこえてた。

「まこすげてる美香ちゃんいつもこんんなるの?」

「やぁん・・・ああんっ・・ずかしいっ・・

は好き?してらケツこっちに向てよ」

僕はたまらなって、ベットルームの様子を覗きに行した

初めて見る、美の衝撃的景でした・・・

美香はとろ~ん自らん這いになっていまし

もっケツ突き出してよ、そうそう、しいね」

美香のみたない格好でした。

尻だけを高く上げて本当にいやら格好でした。

あ~れるよ、ほら、美香ちゃ持ちねぇ

「ああん・気持いよぉ・・・おしくなっちゃ

先輩は、ニヤリと笑い美香腰にち付けていきました。

あん・・あんっ・・すごいよっ・ああああ

「あはは、れも気持ちいいよ美香ちゃんこ最高だ

先輩はチポを抜い美香を正常位で突始めまし

・・気持いいぉ・・・気持ちいいよぉ・・・

あ゛いコ、おえチンポ大好きだろ?」

輩は美両足抱えるように身体をく字にして突きました

そのまま2人濃厚に舌を絡あっいました

美香のいやしく先輩の舌と絡んでいした。

「そろろ出すぞっ

「うんっ・・・あっ・・出して・・

美香足首をんで大きく広げ、激しく突き出した。


ああっ、出るぞっ

ああああっ・・・すごっ・・すごよぉ・・

輩は美香のまんら抜いて、口に押し込みまし

「ああああ気持ちいい、あ~そうそう全部搾り出

なこと美香に一度もしたことはあませんでした。

でも香は嫌がる様子く先輩子をっていました。

はや自知っていませでし

僕は放心ングました。



>>次のページへ続く


 


\ シェアする /


関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様