2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

隣の部屋で先輩に彼女を寝取られた

 



のことです

僕(裕樹22歳)が彼女沿の(美香22歳)と街ラブラいているところに大学時代の先輩た人から電がありました

おーしぶりお前今何して?暇だったら久しに家いよ、呑もうぜ」

彼女といるこ伝え、断ろう宿と思いまたが先の家にも彼いるれてよと半ば強引に先家に呼ばれてしまいました


の先輩というのタイプで、女癖と呼ばれている彼女を見せるのも嫌な気分でした。

でも外見は爽やかでけはかったので、大学凄くもてていまし

憂鬱でしたが彼女は自の知り合いにえることを喜んで退いまし

輩っていつ上なの?私って邪魔じゃな?」

つ上だよ、先輩れて来ってってる夫だよ」

少しウキしいる彼女を横目で見なが、先輩家にいました。

中で綿は自切な彼女が輩の部屋にというだけで嫌気分一杯でし



しばらくして先輩の家に着くじのうな態度で先が迎えまし

久しり、まー入れよ」

2人でに入と先輩の彼女(奈緒ち)も明るく迎えてくれした。

っとギャぽいど、かわいいコで22歳というでし

先輩の家はリビとベットルームが別れてい、広部屋のつくりです。

輩は速とう感じで美香を見回しているようで

一通り挨拶も済んで4人で呑むことにました

簿ーい

人でめ、会話のこ とが中心にり、くだとを言っていました

「おえ何処でこんなか西わいいコ見つけて来たんだー?」

美香ちゃんホントかわいいねー、いつと別れおれいな

美香ちゃん、戸彩 似てるって言われるでしょ?

輩のしうもい会話にも美は楽に笑っていました。

く笑いも絶ず僕以外楽し時間してと思います。


しばらして僕はトイちまた。

レを出ると奈ちゃんアの外にいました

ごめね。おたせ」

ん。樹くんちょっ来て

奈緒ちゃんはそういうと僕のを引いトイ中に緒にりま

「な?どうした!?




は慌した、奈緒ちゃんは落ち着いた様子でキスをしました

のままディープキスをれて、ズボンの上から擦られました。

れ欲しい

僕は情けことににビンビ勃起て欲情しまし

奈緒ちゃんは僕のズボし、慣僕のチン西咥え込した

「ジュル・・・チ・・・

ちよくて頭がっ白になりそうでしたが僕はハッと我返って、だだよ早く戻ろうと言いリビグに戻りました

ドキキしながらングに戻ると先輩と美香は相わら楽しそに笑っていま

何?なんのしですか?」

「いやー美ちゃんの男性経験いて聞いてんだよ、ねー香ちゃん」

香は笑いながら頷いました。

そしてすぐに美香がイレ向かうと先輩は僕近づいて来てあり姿いことを言出しました。

美香ちゃんやらせろな、いいだ?」

な、何言っんすか!?」

おまえさっき何したの?美香ゃんにばらしていの?

は体中が熱くなって、頭血がいくのを感じ

奈緒と好きにしてい稿からな、少したら寝たりしろかったな」

もの凄い嫌悪感に陥りながら、また4めました。

は美への罪悪感と自分の怒もあってなり呑んでいした。

美香も結構いい綿じに殿ているよ、テルので僕手を握ったりして綿くるうになっていました。

笑っている美香の顔見るとまます感が大きくいきた。



少しして先輩が怖い目きで僕にを送ってきた。

僕はしうがなくたフ始めした

あー裕樹たいだね、寝かといあげよう

先輩の優しが聞こえてきます。

に奈緒んが続ました。

美香西て他人のエッとか生で見たこ尿とあ

?なそんなの」

「じゃあ、見てあげる・・

「え?え?」

香がいているのをよそに、先と奈緒ちゃんは絡み

部屋の中にスや愛撫が響いていました。

「美香んもと近くに来て、裕樹くん起きちゃう」

美香が立ちたのが分かりました

て、んちん。どう?おきいでしょ?」

奈緒ちゃういうと仁王立の体勢の先輩のモノえ始めました

、薄め見てした。

香がったりも見てることに驚きました。

ジュル・・・チュパ・・・」

いやらしい音が響いまた。

美香は先輩のンビになチンポを食いうに見つめていた。

何を思っいたのでしょう・・

奈緒ちんが口から先輩のンポを離しました。

「美香さん握ってて」

え?ん・・

香は拒否は ゆっくりでしたが先輩ンポに手を伸しました

奈緒ちゃフェラチオで大きくなったチンポを見て、いや気持にないたのでか。

が先のチンポを握てしました

「どう?美香さん、大きいでしょ?」

香は頷いて、チンポをゆっくごいて

奮するよね、勃起したおちんちるといよ、美香さん口でしても、えたいって顔に書い

香はっくり口を開け、先のチポを咥え始めた・・・

情した美香の姿だと思した。

香のフェラチオのいやらい音が響きま

あ~美香ちゃん上手だね、こんっち思わなかった

先輩は美変化を確認してからという感じで口開きました

ちゃれ欲でしょ?いいあっちのこっか」

の後、美香は何も言いていきた。

ヤリチン男のチン入れる為、ベットルームに入っててしまいました

緒ちゃんがすぐ僕した

「彼女ついてち

していいか分からずの場固まいました

「奈緒ちゃんはいいの?」




私達ね、セフレみたいなだから

奈緒ちゃん気を消すと、僕脱がしまたフェラ始め

けど僕の様子になってしょうがありませでした。

ばらくして・・・美香のし大きめな喘聞こえてきま

あああん・・・ああんっ・・すっ・・・」

ベットのギギシッという音と声がすご生々しい感じでし

くセッスしているの分かるそでした。

ちゃんがしゃながら言いました

「一教えてあげよっかコンドーム持っていよ、てる」

僕は夢中で奈緒ちゃんの身体にむゃぶりつきた。

もきっとこ聞こえいたです

かし嫌も先輩美香の声が聞こえてます

「美香ちゃん最高~、美香ちゃんのま超気いよ

やぁ・・・・・はぁっ・・・あ・・

「たんねどういつよりいいんじゃないの?」

「ああっ・・・あああんっ・・・

西杯でしたが、興奮していたのも確かでし

「あ゛~気持ちい~、香ちなっつもてるでしょ?

はぁっはぁ・・うん・・

あ~そそう、美香ちゃんやらし~そん風に腰振るんだ、すげぇいいよ」

僕の方は奈緒ちんとのセックっといにイってしまってました。

れでも隣のは止なく聞こえてきました。

「まんぇ濡れてる、美ゃんいつんなんなるの?」

ぁん・・・ああんっ・ずかしいよ・・・

「バ好き?して欲しかっケツこっちにけて

まらて、ベッームの様行きました

初めて見る、美的な光景でした・

香はろ~んし表情で自四つん這いになってました

もっとケツ突き出しそうやらいね」

美香みたことも好でした

けを高く上げて、本当にいやらし好でした。

「あ~入れよ、ほら、美香ちゃん持ちいいねぇ」

「あん・・気よぉ・・・おかしっち・・

先輩は、ニヤリ笑いながら美香の腰に打ち付けてい沿た。

あんっ・・・ああんっ・いよっ・・・ああああんっ調

あはは、おれも気ちい香ちゃんのまんこ

先輩はチンポを抜いて、美香を正常位で突た。

「ああ・・気持ちいいぉ・・よぉ・・・」

「あ゛~えいコな~おま大好きだろ?」

は美香両足を抱えよう身体をくの字にして突した

そのま2人は便に舌絡めあした

美香の舌がやらし舌と絡いました。

そろろ出すぞっ」

んっ・・・あああっ・・っ・・・」

輩は美香の足首を掴で大く広しく突き出しまし


あああ出るっるぞ

ああああ・・すごいよ・すごいよぉっ貿・・・」

輩はイク香のまんこからいて、口に押し込みました。

あああ、気持ちいい出し

そんこと美度もしたことはありませんでした。

美香は様子く先輩精子り取っいまた。

もは自分の知ている美香はありませんでした

僕は放状態でビングに戻りました


少し時間が経って香達はって来ませでしたがは呼びってかも分から待っまし

すると先輩だけに戻ってきました。

おまえ今日泊まってけよ。ちゃんはおま泊まるらいいっさ」

「いや、もうすよ」 

「はあ?ったらおまえだれよ

輩の態度に心ビクビクしていましたが、りました

美香すか

「眠ってよ、起したらかわいそだろ、それおまえだっ奈緒とやれかったろ?

やぁ、でりますよ

あ~鈍い奴だね、香ちゃんはOKしたの、分かる味?」



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様