2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

隣の部屋で先輩に彼女を寝取られた




大学代のこです。


(裕樹2)が彼女の(美香22歳)と街をブラブラと歩ているところに大時代
先輩た人から電話がありした
 
 
おー久しぶり、お何してん?暇だったら久しりに家来いよ、呑もうぜ」


女とることを伝え、うと思いが先輩の家に女がいるから、
連れて来よと半引に先輩の家ばれしまいました。


その先輩とうのは嫌なタイプで女癖が悪くヤリチン呼ば貿いるよう人で彼女を
せるの嫌な気分でした。見は爽やか女受けは良かので
大学凄くもてていまし


は憂鬱でしが、彼女は分の知り合に会えるこを喜んでいした


輩っていくつ上?私魔じゃなかな?」
上だ、先輩が連て来いっ行ってるから大丈夫だよ」


少しウキウキしている彼を横目で見ながら、先輩の家に向か
心の中で分の切な彼女が先輩のに入というだけで一


ばらくて先輩の家に着くと感じの良な態度で先輩が迎えました


しぶりまー入れよ


2人で家に入の彼女(緒ち稿明るく迎えてした
ょっとギルっぽいいコで2歳というこ


先輩のビングとベットルームが別れて、広々した部屋です。


先輩は早速じで美回してうで
通り挨んで4人で呑むこなりま


「かんーい」


4人呑み始め、会とが便中心になり
先輩はくだことを言っていました


おま何処でこなかわいいけてだよー
香ちゃんかわいいねーいつとれておと付き合い
「美香ちゃ彩に似てって言われるでしょ?


しょうもない会話にも美うに笑てい
殿く笑い絶えず僕外はい時間ごしていたといます


しば僕はトイレに立ちした
用をたしてトイレを出るとゃんがドア外に





「あ、ごめんね。お待た
ううん。裕んちょっとて」


奈緒ちゃんそううと僕の手引いて、トイレ中にりました。


「なに?どうしたの!?


僕はてましたが、奈緒ちゃん落ちいた様子で僕にスをしてた。
ままディキスをされて、間をボン上から擦られまた。


しい


僕は情けないことに ぐにさせ情しした
ちゃんは僕のボンを下、慣れ僕のチンポを咥え込み


ュル・・チュパ・・・」


持ちよくが真っ白になそうでし
はハッに返って、だよ早く戻ろうと言
リビングに戻ました。ドドキしながらに戻ると
輩と美香わらず楽しそうに笑ってした


「何?なんの話しすか?」
「いやー美香ちゃの男性経験についててたんだよ、ね美香ちゃん」


香は頷いていました
すぐに美香がトイレに向かうと輩は僕
づいててありえことい出しました。


「美香ちゃらせよ、いいだろ
な、何言ってんすか!?」
っき奈緒に何したの?美香ちゃんばらていいの?


体中が熱くな、頭に血がっていくのを感じました


緒のこ好きにしていいから
な、おえもう少したらしろ、分かったな


もの凄いに陥りながら、また4人でみ始めました
美香への罪感と自分の怒りもあってかなり呑んでました


香も結構いいじに酔っているよ
の下手を握してくようになっていました。
笑ってる美顔を見るとますます罪悪が大くなっていき
少しして先輩が怖い目つきでに合図をきました
僕はしょうがなく寝たフリをめました。


「あー裕樹寝たみたいだ、寝かせといてあようよ


しい声が聞こえて
ぐにちゃんした。


「美香さん他人のエで見ある?」
?ないよ、そんなの」
「じゃあ、見てあげ・・
「え?」


驚いているのをよそ、先奈緒ちゃん絡み始めたうでした。
屋の中にキ便撫の音が響いてました。


「美香さと近くに来て、裕樹ん起ちゃう


の隣ら立ち上がったのが分かりまし
「見て、おちんちん。どっきいでしょ


緒ちはそいうとちの体勢の先ノを咥え始めました。
僕は勢を変え、薄で見ていました。
美香が思たよりもっと傍で見てることにきました


ジュル・・・ジ・・・チュパ・・・」
しい音がていた。
美香は先輩のビンビンなったチンを食い入
うに見めていました。何を思っいたでしょうか・


奈緒ちゃんがから先輩のチンを離した。
さん握ってみ
え?うん・・
香ははせ ゆっくりでしたが
のチンポに手を伸ばしました。
奈緒ちチオで大たチンポて、
ちになっていたのでょうか。
チンポを握ってしままし・・
う?美さん大きいでょ?
美香は頷いて、ンポをゆっくりしごいていました。
奮す、勃ちんちん見と。
いよ香さんでして
いって顔に書いてる」


はゆっ
先輩のチを咥え・・・


情した香の姿なんだ思いまし
部屋にのフオのいやらきました。


「あ~美香ちゃん、上手だね、
こんなにえっちわなたよ」


輩は美香の化を確からというで口を開きました。
香ちゃん、れ欲いん
いいよ、あっちの部屋行こっか」





先輩の後を、美香は何もずついき
ヤリチン男のチンを受け入れる為、
ベットームに入ってしまいました
んがすってきした。


彼女ついてちゃったね。丈夫?」
はどうしていか分かず、
場に固まっいました


緒ちゃんはいの?」
私達ね、セフレみたいなもんだから


緒ちんは電気を消すと
服を脱またフェオを始
けど僕隣の様子がになってょうりませした。



しばらくし香の少し大が聞てきました


「あああ・・あん・すごいよっ・・・


ベッギシギシッとい
喘ぎがすく生々しい感じした
違いなくセックスして分かるんな音でした。
ゃぶがら言いました


教えっか、
彼コンド持ってない生でしてる」


夢中で奈緒ちゃんの身体宿しゃりつきまた。
香にとこらの声も聞えていたはずです。
しかし嫌でも先輩と美香聞こえてきます


ちゃん最高~、美香ゃん超気いよ
「やぁっ・・はっ・・あんっ・・・」
「たまんねぇな~、どよ?あいつよりいんじゃない
ああんっ・・・ああんっ・・・」


で一杯でした、興奮していたのかで
「あ゛~気持ち
香ち上になってよ、いしてるでしょ


「はぁっ・・ぁっ・・・うん・・


あ~そうう、美香ちゃんやらしい
あ~そんな風に振るんだ、ぇいいよ


僕の方は奈緒ちセックス
あっとい間にってしまって
それでも隣の声は止むとなく聞こてきました。


まんこすげぇ濡れる、美香ちゃんいつもんな


「やぁん・・ああんっ恥ずかしいよっ・・・」


バックは好き?して欲しかったらケこっちに向けてよ


僕はまらくなて、ベッルームの様を覗行きました。
て見る、美香の衝撃的な光でした・・
香はとんした四つんいにないました。


「もっとツ突き出してよ、そうそ、やらしいね」


美香のみたこないした
だけを高上げ当にいらし格好た。


~入るよ、ほ、美ちゃ持ちいいねぇ」


「ああ・気ちいぉ・
おかしくっちう・


輩は、リといながら美香の腰に打ち付けてました。


あんっ・・・・
すごいよっ・・ああっ・・・」


あは簿は、おれも気持ちいい
香ちのまん最高だわ


輩はチンポを抜いて、美香を正常位で突き始ました。


「あああ・・気持ちいいよ・・
いいよぉ・・


゛~えいコな~、おまポ大好きだろ?


は美の両足を抱えをく稿突きま
その2人は濃厚に舌をってた。
美香のがいやらしでいました。


「そろ出ぞっ」


「う・・あああてっ




>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 寝取られ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様