2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

隣の部屋で先輩に彼女を寝取られた




大学とです。


裕樹歳)が美香22歳街をブララと歩いている貿に大時代の
輩だった人から電話がありました。
 
 
おー久り、お前今てんの?暇だたらに家いよ、呑も稿


彼女といるこを伝、断ろう思いしたが先輩にも彼女がいるから、
て来いと半ば強引に先家に呼ばれてしまいました。


輩というのは嫌な女癖が悪く、ヤチンとれているような人で彼女
るのも嫌な気分でも外見は爽やかで女受けは良たので、
時代は凄くもした


僕はでしたが、は自分の合いに会えんでました


「先輩っていくつ上?私行っ邪魔じゃかな?」
2つ上よ、先輩が連れいって行ってるから大丈夫だよ」


少しウキキしている彼女を横目で見なが、先の家に向かいまし
尿中で分の大切女が輩の部屋に入るというだけで嫌な気分で一杯で


しばらく家にくと感じ良さそうな態度でが迎えました。


しぶ、ま入れ


2人で家に入ると彼女(奈緒ゃん)も明てくました。
とギャルっぽいけど、かわいコでことでした。


先輩はリビングとトルームが別れて、広々とした部屋りです。


輩は早速とう感じで見回しているよでした
一通り挨拶も済で4呑むこなりまし


「かい」


4人で呑み始め話は達のことが心になり、
先輩はないことを言た。


「おまえ何処でこんなかわいいコけて来たんだよ
「美香ちゃホントかわいねー、こいつておれといなよ
「美香ちゃに似てるってしょ?」


先輩のしうもない会話にも美は楽しそうに笑ってまし
らく笑い絶えず僕以外は楽しい時過ごしていたと思ます。


ばらくし僕はトイレに立ちました。
綿たしてトイ出ると奈緒ちゃがドアました。





「あ、めん。お
樹くんと来て」


緒ちゃんういうとの手を引いて、トイレ緒にまし


「なに?どうしたの?」


慌てました奈緒ゃんち着いた様子で僕にキをしてきました。
そのディープキスをされて、股間をボンの上から擦まし


「こ欲しいな」


僕は情けないにすぐにビビンに勃起さて欲情し
奈緒ちゃんは僕のボン下ろし、慣れた感じで僕のチンを咥え込みました。


ュル・チュパ・・


ちよくて頭が真っ白になりそうでしたが
ハッ我に返って、だめだよろうと言い
リビングに戻稿した。ドキキしながらリビン戻ると
輩と美は相変わらず楽しそうに笑っていました。


「何何?なんの話しですか?」
いやー香ちゃんの男性聞いてよ、ねー美香ちゃん」


美香は笑いながらいていまた。
てすに美香がトイかう先輩は僕に
近づいて来えなことを言い出しした。


ちゃんやらせろ婿よ、な、?」
、何言ってんすか?」
おまえさ奈緒にしたの?美香ちゃんにばらしの?


僕は体中が熱くなっ、頭に血が昇ってくのを感じました


「奈緒と好にしていいから、
な、おまえもう少ししたら寝りしろ、分ったな


もの凄い嫌悪感に陥りながら、またました
僕は美香への罪悪感と自りもあってかでいました


美香も構いい感じに酔っいるようで、
テーブル僕のを握ったてくうにっていま
笑っている香の顔を見るとますす罪悪感が大きくなっいきまた。
少ししい目つで僕図をした。
僕はょうがなく寝ためまた。


「あー裕樹寝たね、あげようよ」


い声が聞こえてきます。
ぐに奈緒ちゃんが続きま


「美香さってチと生で見たこ
ないよ、そ
「じゃあ、げる
「え?」


香が驚いていよそ輩と緒ちゃんはみ始めたようでした。
部屋中にや愛音が響いていました。


と近、裕樹く起きちゃう」


美香が僕隣から立がったのが分かりした。
「見、おちんちん。う?っきいしょ?


ちゃんはそいうと仁王立ちの体勢の先輩のモノえ始めました。
僕は勢を変え、薄め見ていました。
りもずっと傍見て驚きました


ュル・・・ュル尿・・・」
いやらしいいていました。
美香は先輩簿ビンビンになったンポをい入
ようにつめていました。っていたのでしょう・・・


ちゃ口から輩のチンしま
「美香さん握ってみて」
ん・・・
美香否はせず ゆっくりしたが
のチン便を伸ばしまし
奈緒ちゃんフェラチオでなったチンポ見て、
らし持ちていたのでしうか
が先輩のチンポを握ってしまいまし・・
「ど美香さん、大ょ?」
美香は頷いて、チンポっくりしごいていまし
興奮するよね、おち見る
いよ、美香さんも、
咥えたて顔に書いてる」


はゆり口を開けて、
先輩チンポを咥え始めました・・・


した美香の姿なんだ思いま
部屋には美ェラチオのいやらしい音が響きまた。


「あ~美香ちゃ上手だね、
こんなえっちだと思かっよ」使


先輩は美変化を確認してからという感じで口きました
「美香ちゃん、これ欲しいん
いよ、あっちのこっか




輩の後を、美言わずつていきました
ヤリチン男のチンポを受け入れる為、
ットルムに入っってました。
緒ちんがす僕に寄ってきました。


「彼女ついてね。大?」
していいか分から
その場に固まってした。


「奈ちゃんはいいの?
「私達セフなもんだから」


奈緒ちゃんは気を消と、
脱がしまたフラチオを始めた。
は隣気になってしありんで



しばらくして・・・美喘ぎが聞こえました。


あああ・・・あ・・すいよっ・・・」


ットのギシギシッとう音と
喘ぎ声がすごく生々し感じでした。
間違いなくックスしているのかるそんな音でした。
奈緒ちゃんがしゃぶりながら言いまし


一つ教えてあげ
彼コンドーム持、生でし


中で奈緒ちゃの身体むしゃりつきました
とこちらの声も聞 こえたはず
しかでも先輩と美香の声が聞こえきま


「美香ちゃん最高~、香ちゃのまん持ちよ」
やぁっ・・は・・・はぁ・・・あっ・
まん~、どうよいつよりいいんじゃなの?
あんっ・・・あんっ・


辱で一杯たが興奮た。
「あ゛~気ちい
美香ちゃん上になてよ、いしてるでょ?」


「はっ・・はぁ・・・うん・・・」


「あ~そう、美香ゃんやらしいねぇ、
~そんな風に腰るんだ、すいよ


の方奈緒ちゃんと
あっという間イっしまっていした。
れで隣の声ことな婿えてきました


すげぇ濡れてる、美香ゃんいつもこんなんるの?」


「やぁん・ああんっ・恥


バッ好き?して欲しかったらケツこけてよ


たまらなくルームの覗きにした
めて、美香の衝撃的な景でた・・
美香はとろ~四ついにていした


「もっとケツ突き出してよ、そう、やらしね」


美香みたこない格好でした。
お尻だけを高上げて、本にいやらし格好でした。


あ~入れるよ、ほら、美香ちゃんいいねぇ


ああん・・・気持ちいよぉ・・・
かしくなっちゃう・・・」


輩は、ニヤリとなが美香腰に打ち付けてい


「ああんっ・・・ああん・・・
すごい・・・ああああん・・


「あはおれも気持ち
香ちんのまんこ最高だわ」


先輩チンポを抜て、美香を常位で突き始めま


あああん・・・気持ちいいよ・・・
気持ちいいよぉ・


「あ゛~ろいだな~、おまえンポ大好だろ?」


先輩は香の両足をえるように体をくの突きました
まま2人は濃厚に舌を絡めあっていした。
美香の舌いやしく先輩姿と絡でいました


「そろそろ出すぞ


うんっ・・・あああ退・出してっ・




>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:, 寝取られ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様