2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 

お知らせ

URLが変更になりました。 今後ともeasterEggをよろしくお願いいたします!
(旧)http://eegg.dip.jp   → (新)http://eegg.fun
 
 

おすすめ記事

怪我で早めに仕事から帰宅したら、裸エプロンで間男に飯をよそっている嫁の姿が、、、
 
彼女が押入れから出てこない
 
彼女の部屋で見たことのないコンドーム(使用済み)の箱を発見し、しばらく泳がせていたが
 
究極のラリ状態の汚物嫁に夜逃げ制裁を実行
 
俺が姉の子だと判明した
 
とある人妻を快楽堕ちさせた
 
彼女を寝取った間男を気絶するまでボコボコにして逮捕された
 
帰宅したら妻がヤられてた。間男は逃走。妻は自殺をはかった。
 
40代の独身女だけど風俗利用してる
 
嫁の誕生日にサプライズパーティーを企画しクラッカーをもって子供と隠れてたんだけど
 
汚嫁が最終的に逮捕された寝取られ騒動の顛末
 
お嬢様で処女だった彼女を10年かけて調教した結果
 
妹とSEXしてしまいました
 
やたらと尽くしてくれる天使すぎる隣人。なぜそんなに良くしてくれるか聞いてみた。
 
嫁が期間限定で調教されてたけど露出やアナル開発どころか中出しや輪姦までされてた
 
全裸の女を拾った
 
彼女を寝取った職場上司に無慈悲な社会的制裁を与える為に行動を開始した
 
帰ったら、俺の部屋で彼女が男と立ちバックしてた
 
俺の血のつながってない姉ちゃんの話
 
汚嫁が乱交パーティに参加していることが発覚した
 
 
 
 

DQNだった俺を更正させた女の話をする








http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1362433815/


1 :代行:2013/03/05(火) 06:50:15.15 ID:OFmV++9f0 ?2BP(1001)
たったら書きます。





11 :名も無き被検体774号+:2013/03/05(火) 08:57:55.33 ID:obmrmgVy0
はじめてだから不備あったら指摘してください。

俺は中学の頃、典型的なヤンキーだった。
喧嘩したり、授業もろくに受けず居眠りするのに律儀に
学校に通う。
しかも中学生にしては背が高かったこともあり、
リーダー格だったんだ。
自分でいうのすごい恥ずかしいけどwww





13 :名も無き被検体774号+:2013/03/05(火) 09:11:21.69 ID:FZEfAGZw0
一年の後半同じクラスのある女子と仲良くなった
きっかけは俺がちょっかいを出したこと
そいつは、気が強い感じで中学生にしては
落ち着いている雰囲気
そんな近寄り難い女子にちょっかい出せる俺
かっけーとかいうノリだったと思う。





15 :名も無き被検体774号+:2013/03/05(火) 09:17:00.57 ID:FZEfAGZw0
それからしばらくして俺はその子に告白した。
ちょうど2年に上がった頃のことだった。
付き合うことを友達に話すと、
意外だとか似合わないだとか散々言われた 。
多分彼女の方もそう言われたと思う
先生に呼び出されて付き合うのやめろっ
ていわれたくらいだったwww






17 :名も無き被検体774号+:2013/03/05(火) 09:19:09.19 ID:FZEfAGZw0
支援ありがと。仕事なんでまた昼きます。






26 :名も無き被検体774号+:2013/03/05(火) 12:43:00.46 ID:2T6hDCtX0
やっと昼休みだ。
じゃぁ続きを

明らかにタイプの違う2人だったけど、
仲は良かった まだ子供で金もなくて、
デートと言っても公園 いったりとか、
地元のお祭り行ったりとかだったけど十分楽しかった。





27 :名も無き被検体774号+:2013/03/05(火) 12:47:58.05 ID:2T6hDCtX0
4ヶ月後くらいかな学校でも、
放課後でもほとんどずっと一緒にいた。

けど手を一回つないだだけで、
後はなにも無かった。
それが俺には物足りなかった。

好きだったし、楽しかったけど
周りの奴等が童貞をどんどん捨ててるなかで
俺は焦ってたんだな。
今考えると浅ましくて餓鬼だった、
ほんとに。ま、実際子供だったしなww

その後俺はその子を振った
結局半年も経たずに別れてしまった。
一週間後には中1の前半に付き合っていた
他校のギャルとよりを戻すことになった。
その女は他中でどヤンキー。
学校もサボりがちでほっつき歩く
ある意味本当にたちの悪い不良だった





36 :名も無き被検体774号+:2013/03/06(水) 00:16:49.31 ID:xNfKxnJw0
>>27の続き

そいつと無事初体験をすませ元カノとは違いベタベタして
くる可愛い彼女と学校もサボり、いつも一緒にいた。
気づけば週に1回位しか学校に行かなくなっていた。
健全な付き合いとは程遠かった。

中3になろうとする時期もそれは変わらない。
それどころか、徐々に受験モードになっていく学校に、
居場所がなくなっていくのをひしひしと感じた。

先輩はもちろん高校になんて進学できず、
良くて定時制高校それすらしばらくするとやめていった。
そんな先輩を見て、
俺もこうなるんだろうなと漠然と思っていた。




37 :名も無き被検体774号+:2013/03/06(水) 00:19:04.30 ID:xNfKxnJw0
そんな中で元カノから連絡があった。

元カノ「なんで学校こないの?」
俺「だるいから」

元カノ「怠いからで許されるもんじゃないから」
俺「なんなの?お前関係ないだろ」

元カノ「関係あるよ元カノだから!元カレがそんなんじゃ恥ずかしい!」
俺「俺高校行かないで働くし、関係ない」

元カノ「絶対高校だけは行ってもらう。明日から図書館に来い」

そんなこんなで俺は元カノに勉強を見てもらうことになった。

断らなかったのはきっと心の何処かで先輩のようになりたくないって
思ってたから。ほんとは不安で不安でしょうがなかったんだよ

将来自分たちみたいのがどうなるかは散々見て来たから




38 :名も無き被検体774号+:2013/03/06(水) 00:21:06.27 ID:xNfKxnJw0
時間がなかった。
いままでろくに勉強をしてこなかったのを二学期分の時間で
取り戻さなくてはいけない。
元カノは元の頭がいいのか塾には通ってなかった。
だから、土日以外のほぼ毎日図書館の中の談話室で勉強した。

俺も心のどっかで最後のチャンスだって分かってたんだろう
仲間になんと言われようとやめなかった。
その時付き合っていた彼女とも自然消滅した

徐々に成績は上がって行ったし、
公立の過去問題も解けるようになった。
ただ、内申が悪い。
高校に送る内申は三年のだけだったから、
三年になってからはほとんど学校に行った。

元カノはどん底まで悪かった成績の方が努力点で上がりやすい
からちゃんと先生に媚び売れとアドバイスをくれた。




39 :名も無き被検体774号+:2013/03/06(水) 00:23:19.28 ID:xNfKxnJw0
数学と国語は過去問でも比較的高い点数を取れるようになった。
ただ、暗記科目である理科と社会の点数がなかなか上がらない
積み上げが全くないゼロからのスタートだったからね。
そんな時元カノは語呂合わせを教えてくれた
青いミッキーアル中さとか
リンゴ酸
とかとにかく俺のために試行錯誤を繰り返し、教えてくれたんだ。

たまに図書館の自販で買った紙パックのジュースを奢ってくれた。
今ではあんまり見ないけど、
あの紙パックの甘ったるいジュースは俺の思い出の味で
たまに急によみがえってすごく切なくなる。




40 :名も無き被検体774号+:2013/03/06(水) 00:26:03.09 ID:xNfKxnJw0
元カノは推薦で公立に受かった。
その時初めて泣いている彼女を見た。
先生や友達に泣き笑いしながら報告する姿を見て庇護欲が
すごいそそられた。
でも、いまの俺は彼女には守ってもらっている立場だと
思っていたから、彼女に思いを伝えることは出来なかった。

その後俺は公立の一般試験を受けた。
思ったより手応えがあって自分でもびっくりした。
母子家庭だったから私立にいくことは出来なくて、
公立一本だった。

もうちょいレベル上げてもいけるよ!
という元カノの意見に大反対して、
地元で1番頭の悪い高校を受けた。
落ちるのがとにかく恐かった
高校に落ちるのが怖いなんて次元の高い話するとは思わなかったよ、
しばらく前は




41 :名も無き被検体774号+:2013/03/06(水) 00:28:20.72 ID:xNfKxnJw0
結果は見事合格
後日答え合わせしたら後二、三個高いところでも
受かってたっぽくて、
2人でやっぱりもっと高いところ志望すればよかったね
と笑いあった。

高校に入ってからも親交は続いた。
共に困難を乗り越えたから他のどんな奴より仲が良かった。
同じ中学で仲の良かった奴等は軒並み鳶職か塗装屋さんになっていて、
俺は本当に元カノに感謝してもしきれなかった。

高校でもヤンキーはいたけど、
見た目がやんちゃなだけで暴力沙汰とかも数える程だったし、
いじめもなかった。

本物の不良は二年に入る前にやめて行ったから
それ以降は平和そのものだった。
俺もちょっと真面目になって、
成績はよくなくても真ん中あたりをキープしていた




42 :名も無き被検体774号+:2013/03/06(水) 00:30:36.20 ID:xNfKxnJw0
そんな中で元カノとカラオケに行った時、
元カノが鞄からクリアファイルを取り出してこういった。
俺くんにはこの専門学校に行ってもらう!
クリアファイルにはその専門学校の資料が大量に入っていた。
それだけじゃなくて、奨学金だの具体的な資料もあった。

何が何だかわからなくて元カノに話を聞くとこう説明された。




43 :名も無き被検体774号+:2013/03/06(水) 00:32:49.43 ID:xNfKxnJw0
元カノ
「俺くんは中学の時成績に1がつく位のポンコツだったのに、
ちゃんと高校に入れたよね?
しかも成績も今のところ普通で赤点もない。
だったらもっともっと高みを目指して欲しい。
本当は大学を進めたかったけど、
俺くんは家庭に負担をかけたくないって強く思ってる
みたいだからやめた

この専門学校は奨学金も充実してるし、
資格を取る環境も整ってる。
資格が取れれば就職に困ることもない。
手に職な仕事だから高校卒業したら働こうなんて思わないで!」




44 :名も無き被検体774号+:2013/03/06(水) 00:35:08.73 ID:xNfKxnJw0
正直、高校出たら働こうっていうのは図星だった。
もうこれ以上親に負担をかけたくなかった。
それは周りに中卒で働いて親にお金を渡してる友達が
いたせいもあると思う。

俺はもらった資料を読んだ。
その専門学校は医療系の資格を取るための学校だった。




45 :名も無き被検体774号+:2013/03/06(水) 00:37:20.99 ID:xNfKxnJw0
元カノに勧められた進学先に決めるなんておかしいかもしれないけど、
俺は元カノに絶対的信頼をおいていて、
それ以外の道に進むなんて頭になかった。

また勉強の日々が始まる
前と違うのはまだ高校二年生で時間はたっぷりあること。
そんな中でも奨学金を受けるには努力が必要でとにかく
勉強するしかなかった。




46 :名も無き被検体774号+:2013/03/06(水) 00:39:33.05 ID:xNfKxnJw0
元カノは中学の時から心理学を勉強したいって思っていたらしく、
行きたい大学への指定校推薦枠が多い高校を選んだ。
その指定校推薦枠を取るため塾にも行き始めたから
俺に勉強を教えられる時間は減った。
俺もいつまでも元カノに頼っていられないから頑張った。

俺は塾には行けなかったから、
放課後に高校の先生を捕まえて勉強を教えてもらうという
テクニックも覚えて、がむしゃらに頑張った。




47 :名も無き被検体774号+:2013/03/06(水) 00:42:13.58 ID:xNfKxnJw0
元カノも俺がここまで頑張るとは思っていなかったらしいけど、
専門は奨学金を貰える推薦入試枠で合格。
彼女よりはやい進路決定だった
お前も早く合格しろよって言ったら調子乗るなよって鼻をつままれた。

彼女も3枠しかなかった指定校推薦に入って合格
元カノは「私ろくに受験したことないから、
就職のときやばいかもー打たれ弱くなってそうー」
とかいってた。




49 :名も無き被検体774号+:2013/03/06(水) 00:44:36.05 ID:xNfKxnJw0
まあこの枠を取るために高校のレベル落としてたし取れるのは
当然のことだったんじゃないかなと俺は思う。
そんだけ未来を見据えてるというかずっと先のことまで
頭に入ってるどことなく余裕のある人だった。

専門に入ると忙しすぎて遊んでる暇なんてほとんどなかった。
大学にも学科があるような分野を専門では更に短い期間で
学ばなくてはいけない。
朝から夜近くまで授業があってバイトもするとなると
俺は毎日クタクタで、今同じことをやれって言われたら無理だと思う。


俺はこれが終わって資格をとったら元カノに告白しようと思っていた





>>次のページへ続く




 

 

関連記事

 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:青春, 純愛,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:青春, 純愛,
 


 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20130306200509