2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 
 

おすすめ記事

資産の使い込みで愛の巣まで作った汚嫁の不倫に半年前から準備していた制裁が見事にハマった
 
ニート脱出してアメリカの永住権取った話
 
数年前死にそうだった私をある人が助けてくれた話
 
不倫発覚の汚嫁。記念日の行動で再構築するか望みをかけてみた。結果、計画的に無慈悲な復讐を遂行。
 
汚嫁の凄まじい内容の浮気に数ヵ月前から完璧な準備を重ね、仕掛け発動後、高見の見物しながら実況する
 
何者にもなれないお前たちに旦那の遺言を告げる
 
嫁が中出しされ開脚ポーズしながら笑顔でVサインの写真が出てきた
 
3歳の息子がありえない血液型だったのでDNA鑑定したら
 
彼氏の元カノである現役アイドルと修羅場になった
 
昨夜、同居中の義母とセ○クスしてしまった…
 
中2から中3まで輪姦され続けた思い出を吐き出す
 
お嬢様で処女だった彼女を10年かけて調教した結果
 
学年一ブサイク女に恋をした
 
ヤクザの情婦にされた妻
 
妹とSEXしてしまいました
 
嫁から凄まじい破壊力のカミングアウトされたんだが
 
嫁が職場上司と浮気して調教されていたので、徹底的に追い詰めた
 
女性のオーガズムの質問に女性目線で詳しくに答える
 
職場の女上司とセクロスしたけど女性ってなんで外と家とで違うの???
 
汚嫁の不倫発覚、追い詰め最中に最悪の展開が待っていた
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

女子校で事件を起こした話








1 :私事ですが名無しです:2012/05/07(月) 14:55:40.88 ID:pR8bPjgR0
少し前の話ですが書かせてください





2 :私事ですが名無しです:2012/05/07(月) 15:51:59.22 ID:Xb8s7qqUi
代行ありがとうございます。


後味の悪い話になりますが
書き留めしてるので投下していきます。





3 :私事ですが名無しです:2012/05/07(月) 15:53:20.16 ID:Xb8s7qqUi
私は高校入学当初、寮に住んでいました。
女子校の寮です。

中学生と高校生合わせて30人程度の寮で規律が非常に厳しく、
初めのうちはあまりの過酷さに生理が来なくなったりしました。
寮についての質問は特定されない程度に答えるのでどうぞ。





4 :私事ですが名無しです:2012/05/07(月) 16:07:48.54 ID:Xb8s7qqUi
人いませんが話進めます。

私は、権力者であった同輩のAや
中学生の後輩たちに媚を売ることで、
一つの地位を確立することができました。

決して怒らない優しい先輩として
後輩たちから好かれていたと思います。

後輩に何かあると寮母さんが
私を召喚するようになるまでになりました。


計 画 通 り
内心そう思いながら泣いてる後輩と
一緒に泣いて話を聞いてあげたりしていました。

最低でした。私。






5 :私事ですが名無しです:2012/05/07(月) 16:09:23.75 ID:Xb8s7qqUi
そうして何度目かの部屋替え。

一年の終わりの頃、
私は当時中1だったある女の子と同室になるのです。

彼女もまた、私を慕う後輩だったので、
その生活は平和なものでした。

彼女を、Bとします。
Bの家庭は複雑なようで、
休日でも寮に残っている子でした。

彼女の話がどこまで本当か分かりませんが、
その過酷な環境を可哀想だと思いました。
同情もあり、私は普段通り、優しい、
というかただ甘いだけの存在を演じました。






11 :私事ですが名無しです:2012/05/07(月) 16:14:43.52 ID:Xb8s7qqUi
Bと同室になってから、
他の後輩たちがBの悪口を言うようになりました。

もともと悪口とか、
そういうことを話して怒らない先輩が
私くらいだったことも原因かもしれませんが、
寮でも学校でもBが嫌われていました。

Bはよく体調不良を理由に学校を休むようになりました。
たぶん神経痛だったのだと思います。

私はなにも知らないフリをして
「大丈夫?」なんて声をかけるだけでした。






13 :私事ですが名無しです:2012/05/07(月) 16:16:15.94 ID:Xb8s7qqUi
B自身は、私との生活に不満は無かったようで、
二人きりのときには好き勝手やっていたように思います。

毎日後輩がすることになっている
部屋の掃除をしなくなったり、
勉強時間中に話したり、
確実にだらけていたと思います。

私は甘い先輩として、
彼女に付き合っていました。





14 :私事ですが名無しです:2012/05/07(月) 16:17:50.43 ID:Xb8s7qqUi
Bに付き合うことで、
私は決められた勉強時間内では
予習復習が間に合わなくなり、
睡眠時間を削るようになりました。

正直、ウザいと思いました。

私は、困ったことがあるときは
権力者であるAに相談して制裁を加えさせていました。

しかし、Aが絡むと寮全体の空気が
重くなるし それは良くない、
というか面倒だったので寮母さんを通し、
私の口から注意をすることになりました。






15 :私事ですが名無しです:2012/05/07(月) 16:19:17.82 ID:Xb8s7qqUi
私と、他の数人の後輩から、
Bに対して注意をするということで
寮母さんに了解を得ました。

その日の勉強時間に私は言いたいことをメモにまとめました。
そしてお風呂の時間が来たのでBを残して部屋を後にしました。

自分で書いたメモを、教科書やノートと一緒に、
机の上に広げていたことには全く気付きませんでした。





16 :私事ですが名無しです:2012/05/07(月) 16:20:43.42 ID:Xb8s7qqUi
就寝前の自由時間にBを呼び出しました。

私「何で呼び出されたか分かる?」
B「はい、私が1先輩にご迷惑をくぁwせdrftgyhふじこ」

私のメモの内容がずらーっと並び、
ひたすら謝られました。

その後 中学生の後輩が
いくつか注意をしたのですが
あっさり終了し、就寝時間を迎えました。

沈黙でした。

Bの立場になったら、
1先輩は私の話に笑って付き合ってくれてたのに!
と、裏切られた気持ちだったのだと思います。

私が初めから注意しておけば良かったのだと後悔しました。






17 :私事ですが名無しです:2012/05/07(月) 16:22:10.62 ID:Xb8s7qqUi
Bとは全く交流が無くなりましたが、
相変わらず後輩たちはBの悪口を言っていました。

私の言葉遣いやメール、絵文字、
私の好きな芸能人や私の好きなブランドの洋服まで、
Bは真似ていたので
それが他の後輩たちの起爆剤だったようです。






18 :私事ですが名無しです:2012/05/07(月) 16:22:54.36 ID:Xb8s7qqUi
そんなごちゃごちゃした状態のまま、
私は春休みをむかえて高2に進級しました。

新学期を迎えたときも、
私とBは会話をしませんでした。

後々Bからの復讐劇があるとは、
全く予期しませんでした。





19 :私事ですが名無しです:2012/05/07(月) 16:24:24.57 ID:Xb8s7qqUi
当時 私はリアルというのを書いていて、
所謂日記というかツイッター()みたいなものです。

そのリアルに何気なく寮の愚痴を書きました。

寮に戻りたくない、気分が悪い、
嫌なことばかりだ、普通に高校生したい

そう書きました。




次の日から、権力者であるAから
無視されるようになりました。






20 :私事ですが名無しです:2012/05/07(月) 16:27:49.70 ID:Xb8s7qqUi
Aの取り巻き的同輩たちも、
私を まるでいないかのように目も合わせませんでした。

おはようも、いってらっしゃいも、
ただいまも、おやすみも返事が
返されることはありませんでした。

そのうち、私を取り巻く後輩たちと
Aたちは、派閥化していきました。
もちろん、Bは権力者すべてを味方につけ、
私を哀れむように笑っていました。






21 :私事ですが名無しです:2012/05/07(月) 16:30:40.17 ID:???i
一緒に住んでいる以上、
顔を合わせないことはできず、
辛い日々が続きました。

寮生全員の前でも平然と
私はいないもののように扱われました。

私の中に溢れた感情は、後悔でも反省でもなく、ただ憎しみだけ
でした。




22 :私事ですが名無しです:2012/05/07(月) 16:32:42.09 ID:???i
4月も終わりの頃、
高1のときから一緒に入寮して、
今まで仲良くしてきた同輩が退寮することになりました。

寮生活を苦にリタイアすることは珍しくなかったのですが、
みんなの前で泣きながら退寮宣言をする彼女に
私は号泣していました。

解散になってから、彼女に
「1も早くこんなとこ出てJKしよう」
なんて言われました。

去年の今頃はお互いどうだったとか、
そんな話をしているときでした。



A「1、ちょっと話がある」

私はAと、その取り巻きに呼び出されました。





23 :私事ですが名無しです:2012/05/07(月) 16:34:42.34 ID:???i
Aやその取り巻きに囲まれて、
私は一言も話すことができませんでした。

内容は、
私がしてきた性格の悪いことは
すべて知っていて非常に幻滅している、
ということでした。

Bから何か吹き込まれていたようで、
私の知らない話もちらほらありましたが、
私は全身の震えが止まらずにいました。

怖くて怖くて、話が終わって彼女たちが去ったあとも動くことが
できませんでした。





24 :私事ですが名無しです:2012/05/07(月) 16:44:58.89 ID:Xb8s7qqUi
母に退寮したいと伝え、
私は5月末に退寮することになりました。
あと一ヶ月、静かに過ごそうと思いました。

しかし、そうはいきませんでした。

相変わらずAたちには無視されていて、
それに対する憎しみが爆発しそうでたまりませんでした。

一年前まではAたちに優遇されていたことを考えると、
悔しくて、悲しくて、自業自得ながらも苦しかったのです。






>>次のページへ続く




 

 

関連記事

 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:修羅場・人間関係,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:修羅場・人間関係,
 
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

人気記事(7days)

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20121206161151