2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

ずっと自分を好きでいてくれた幼馴染が他人のものになった

 




651 えっちな18禁さん 2010/11/29(月) 00:40:31 ID:o6hqWNzS0
盛り上がってるところすまんが少し思い出を書きながらせてくれ

最初に言っとくがエロ描写はそんなに無い

俺の名前は浩二。ぶっちゃけ本名だ。漢字は違うけど。

本当は偽名使ったほうが良いんだろうけど、ちょっと名前が重要な話なんで変えれなかった。

俺には幼馴染の女の子が居た。というか居る。

親同士が仲良くて物心が着いた時から一緒に居た。記憶には無いけど一緒にお風呂にも入ってたらしい。

小さい頃のアルバムは殆ど彼女と一緒に写ってる。

家が隣で朝起こしにくる。なんてことは無かったけど、それでも家はほぼ真向かい。



653 えっちな18禁ん 2010/11/29(月) 00:54:53 ID:o6hqWNzS0
正直可愛い方ではない決して工でも無いとは思

100人にたら、90くらいは「まぁ……言う感じ。

そばもあ、眉毛も太眼鏡暮ったい地味女の子だっ

その所為で実二重なちりした存在はイマチ知られていた。


の名 にどうでも良いや。

子にておく。

子は昔から俺に「こーちゃんこーちん」と言は、まとわりついてくる奴った

稚園くらいまは妹たいでなり可愛がってた記憶る。

小学校の低学年こら、まぁ番の展開。

「女子と遊んでる〜稿鹿される嫌で、小学校時代は それしづ疎遠になてった。


緒に帰ろうと誘ってくる恵子に、邪険な態度を取る

肩を突飛ばして「あち行け!」か。

の度恵子「何で?」言いくっ

でも毎日「こー帰ろ?懲りずに誘ってきた



655 えっちな18禁さん 2010/11/29(月) 01:08:36 ID:ML6bUvfrO
あだち充的展開だなw


656 えっちな18禁さん 2010/11/29(月) 01:09:48 ID:o6hqWNzS0
流石に小学校高学年になるころには、人前では寄ってこなくなった。


週末なんかは必ずお互いの部屋を行き来して、二人で遊んだりもしてたけど、この頃には もう無かった気がする。

それでも互いの家族同士で旅行に行ってたりはしてたけど。

そんな感じになっても、恵子は毎年俺の誕生日、クリスマス、そしてバレンタインには、必ず手作りで何かくれてた。マフラーやチョコ。

いつも不器用で下手糞の出来だったけど、毎年少しづつ上手くなっていくのが手に取るようにわかったし、そして何より技術の拙さを手紙や包装なんかの懲りようでカバーしようと、一生懸命作ってる恵子の姿がありありとわかるものばかりだった。

俺は親に言われて仕方なく、小遣いを渡されて適当に買って渡してた。

高学年になると、買って渡したと嘘をついて、その小遣いを自分のにするようになった。




657 えっちな18禁さん 2010/11/29(月) 01:20:48 ID:o6hqWNzS0
それでも恵子は何も口にはしなかったけど、誕生日なんかは ちらちらと寂しそうにこっちを見る視線は感じてた。

小学5年くらいだったか。

バレンタインのチョコをいつもどおり、放課後、家の前で貰った。

恥ずかしいから絶対学校でそういうの渡すなよって言ってあったから。


恵子は俺のそういう勝手な言い分も、寂しそうな笑顔で了承してくれてた、

それでその時は、偶然クラスメイトが遠くの曲がり角に見えた。

別にこっちを見ていた確証は無かったけど、俺は咄嗟に手を突き出し「いらない」とだけ言って帰ろうとした。

恵子は「え?なんで?」と悲しそうに目を潤わしたけど、俺は逃げるように家に帰っていった。

部屋に戻って外を見ると、まだ元の場所に突っ立ったまま、泣いている恵子がいた。



659 え18禁さん 2010/11/29(月) 01:32:53 ID:o6hqWNzS0
の日 当然女子つるし上げにされ

恵子はずっと俺をかばくれ、とある女の一言

恵子ちゃ二君婚したいってだよ

勿論小戯言けど幼稚園ろは、恵子からそういう事を直く言われたとをえてる

でもう小学5年生で、そんを休み時間に教室でわれて男冷やた俺は逆上した。

「うっせーブと恵子に向って態をつくと、恵は膝から崩れ落ちてせび泣いた。


当然から疎遠に退た。

親も、それを聞いたんだろう。


その同士の合いもなくなった。

別に親同士の仲が悪くなっわけゃないし、俺が恵子の親から嫌わけないが。



661 えっちな18禁さん 2010/11/29(月) 01:52:35 ID:o6hqWNzS0
中学の3年間は、一度も口を利かなかった。

毎朝登校時、必ずといっていいほど家の前で顔を合わせたが、気まずそうにお互い視線を逸らしていた。

高校も一緒になった。

しかも一年の時一緒のクラスになり、そこで漸く数年ぶりに言葉を交わした。

掃除の班が一緒になり、たまたま二人でゴミを出しにいかなければならなくなった。

気まずい雰囲気の中、俺はずんずんと歩いていった。

後ろからは恵子がとてとてと一生懸命ついてくる足音が聞こえていた。

ゴミ捨て場について、ゴミ捨てて、そんでさっさと帰ろうと踵を返すと、「ごめんね」と後ろから声がかかった。



662 えっちな18禁 2010/11/29(月) 01:59:44 ID:o6hqWNzS0
け振り返って、でも線は合わ

「は?何?」


「こちゃんここ受けるらなかったか


「別にの許可ろ」


…本当?じゃあまた話かけたりしてもいい?


「別


そん会話の後、恵子泣いていたの時だけっちゃかた頃に戻ったじ。

頭撫水拭いてやった

っと罪悪感ていた。なんて幼稚だったんだろう

仲直のきっかけ調めなかった嫌わてる思ってたか


から話て、視さるのっと怖かった

も恵子は、そんなのしょうもない虚勢を張ったい対応も、泣いて喜んでくれた



663 えっちな18禁さん 2010/11/29(月) 02:00:38 ID:o6hqWNzS0
ごめんなさい

眠くて仕方ないので続きはまた仕事から帰ってきてから書きます



664 えっちな18禁さん 2010/11/29(月) 02:04:53 ID:jJfseb/j0
よろしく




673 えっちな18禁さん 2010/11/29(月) 19:39:56 ID:o6hqWNzS0
続き書きます


それからの俺と恵子の高校生活は、周りの友人から「付き合ってるんでしょ?」といつも言われるようなものだった。

といってもお互いの都合が合えば、ときどき一緒に登下校する程度だったけど、それでも誕生日やクリスマスのプレゼント交換も復活した。

テスト前には互いの部屋で一緒に勉強する。

そんな程度。


恵子の見た目は相変わらず野暮ったかったけど、それとなく指摘すると、徐々に変化していった。

それも眉毛を整えたり、白の無地の靴下から紺のハイソックスに変えたりとかその程度だけど。



674 えっちな18禁さん 2010/11/29(月) 19:54:12 ID:o6hqWNzS0
それでもやはり素材は決して悪くはなかったんだろう。

2年になるころには 結構男子とかに話しかけられるようになって、

さらにはバイト先では他校の男子に生まれて初めて告白されたと俺に相談してきた。


一人で街にいるとナンパもされるようになったと、いちいち俺に報告してきた。

そういうのを聞くたびに、俺は興味無い感じで「ふーん。良かったじゃん」と流していたが、本当は内心危機感でいっぱいだった。


その頃には、俺は恵子が好きになりかけていた。

それは昔の行いによる罪悪感も手伝ったのかもしれない。

それでも俺は、いつの間にかその地味で野暮ったい女の子が、本当に少しづつだったけど、女性になる様子を一番間近で見ていき、そして幼馴染を異性として意識していった。


出来れば恵子のことをそう思いたくなかった。

妹同然の存在だったから。

クラスメートの男子から「恵子ちゃんって彼氏いんの?」と聞かれる度に焦燥感が湧き上がり、やがて俺は恵子が好きなんだと自覚した。



677 えっちな18禁さん 2010/11/29(月) 20:07:00 ID:o6hqWNzS0
でも俺はそれを恵子に伝えることが出来ずにいた。

今更…という気持ちと、今の関係を壊したくないと打算があったから。

でも自惚れとかではなくて、恵子も俺の事をそういう風に見てくれてたと思う。

告白なんかは全部断っていたし、恵子の友人なんかからも、「早く付き合ってあげなよ」みたいな事をよく言われた。


一度恵子からも「こーちゃんは好きな人とかいないの?」と聞かれた。

恵子の部屋で、恵子が作ってくれたお菓子を食べてたと思う。

恵子は見てて気の毒なくらい顔が真っ赤だった。


俺はどうにも照れてしまい「そんなん興味ないから」と硬派ぶってしまった。

恵子はどちらかというとほっと安心したように「そっか」と笑っていた。

しつこいくらい「こーちゃんはモテるからいつでも彼女できるよ」とも言ってきた。

実際これっぽっちもモテてなどなかったが。


一応補足しておくと、会話は照れてぶっきらぼうだったけど、恵子のことをちゃんと大切にしていた。

初めてのバイトの給料は、恵子に高いオルゴールをプレゼントした。

渡した時ずっとぽろぽろ泣いてたのを今でもはっきり憶えてる。



681 えっちな18禁さん 2010/11/29(月) 20:15:41 ID:o6hqWNzS0
なまじっかそんな感じだったもんだから、俺は特に焦らず その内自然に付き合えるようになるだろうと、タカを括っていた。


大学も一緒のとこに進学した。

どちらからともなく進路を相談しあい、ごくごく自然に一緒のところに行こう、と約束して実際そうなった。

大学でも一緒のサークルに入った。

同級生は勿論、先輩達にも「付き合ってるんじゃないの?」と冷やかされた。

俺が「旦那」で、恵子が「嫁」とあだ名をつけられた。

あくまで付き合ってはいなかったけど。



683 えっちな18禁さん 2010/11/29(月) 20:25:42 ID:o6hqWNzS0
入学して半年ほど経ったころだろうか、サークルで飲み会があった。

俺と恵子がいたサークルは珍しく(?)他人に酒を無理強いする雰囲気が一切ない飲み会をするサークルだった。

俺と恵子はそれまで酒なんて飲んだ事が無かったので助かっていた。

流石に二十歳まで飲むのは控えよう、なんて考えていたわけじゃない。

ただ二人とも好奇心が旺盛があまりない、保守的な性格だったってだけ。


ただ その日は、少しくらい飲んでみようか、と二人で話していた。

別に理由は無い。なんとなく。

誤算だった。


初めてだったって事もあったと思う。

俺と恵子は、ものすごく酒に弱かった。

いや一口飲めば卒倒するくらいの弱さなら、逆に良かったんだろう。

怖がりながらチビチビ飲んで、少し気が大きくなってっていうのを繰り返し、限界がわからずチビチビチビチビ飲み続けていた。



686 えっちな18禁さん 2010/11/29(月) 20:33:37 ID:o6hqWNzS0
俺は気がついたら先輩の家で寝ていた。

見事に潰れていたらしい。


恵子はどうなったかを聞くと、別の先輩が介抱してたとのこと。

携帯を見ると、恵子の家から何度も留守電が入っており、家に帰ってこないと心配する声だった。

俺はその旨を伝えようと電話すると、すでに帰ってきたとの事。


後日、恵子はすごい怒られたと言っていた。

女の先輩の家に泊められたと言っていた。

俺はその言葉を何も疑わず日常に戻っていた。


ある日、その女の先輩にふとお礼を言った。

「そういえばあの時恵子を泊めてくれてありがとうございます」って。

でも先輩は不思議そうに「え?あたし知らないよ?」と言った。




>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:寝取られ, 青春,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様