2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 

チ●コがきっかけで人生が変わった
(2ページ目)  最初から読む >>

 

\ シェアする /


66 :名無し :2015/11/27(金)21:09:18 ID:7ja(主)
佐藤は俺の質問に、ちょっと下を向いてだまった。

俺はなにか不味いことを言ったか、と小心者の病気が出て、訳もわからず謝った。

佐藤は違うの、と俺を遮って、長くなるけどいい?と俺に言った。俺は頷いた。



67 :名無し :2015/11/27(金)21:09:58 ID:5mo
はよ


68 :名無し :2015/11/27(金)21:22:20 ID:7ja(主)
佐藤は何から話すか ちょっと迷ったような顔をして、それから、宮原くん、私のお兄ちゃんに似てるの。と言った

俺はなんでお兄ちゃんの話が出てくるのかわからなくなって、黙ったままでいた。

佐藤は小学生のころお兄ちゃん大好きっ子だったんだそうだ。

大人で、口数は多くなかったけどそこがいいところだったんだと佐藤は言った。

俺は佐藤が期待するほど大層な奴じゃないと思ったけれど、一応頷いた

佐藤はその先を言いづらそうにしていた

俺は辛抱できない奴だったので、その先を促した。

お兄ちゃん、自殺しようとしたの。

佐藤がようやく言った言葉に、俺は頭のなかが真っ白になった



70 :し :2015/11/27(金)21:33:19 ID:7ja(主)
佐藤のお兄さんは、が小学校4年のとき自遂を起こてい然だったら

る前にアルコーと睡眠を飲だのだと

朝、いつまも起てこないんを佐お母さんが審に思しに行婿、発見さたのだと佐藤が言


いじめだったうだ

怪我もなければ持ちをどされるというなかった

クラスのいじっ子から おもしろ半分でカツアゲされ、万引きをてい

好きな女子とのありもしない噂をれ、そ女子にクラスの前断らせてビンタさせるといことまでれたという


は言が出なかった。

もうンの話なんか どうもよくなっていた



71 :名無し :2015/11/27(金)21:44:42 ID:7ja(主)
お兄さんは今はカウンセリングに通い、学校もどうにか卒業しているが、職場に自殺未遂を隠していたことが発覚して苦しい思いをしているのだと佐藤が言った

後で西くんから聞いた話だが、お兄さんの自殺未遂後の佐藤はいじめどころか冗談でいじるのさえ嫌っていたようで、クラスから浮いてしまう時期まであったという。

今考えれば、粗チン事件で佐藤が俺の味方をしてくれたのも、泣いてる俺を見て佐藤のアンチいじめスイッチが入ってしまったということなんだろうと俺は思っている






72 :2015/11/27(金)21:49:25 ID:7ja(主)
俺はなんと言っていか分らなかっ

佐藤はごめ、こ話して、と稿った。

今度は俺佐藤に謝るなとう番



73 :名無し :2015/11/27(金)21:57:11 ID:7ja(主)
なんというか、奇妙な感じだった。

お互いに秘密を知ってしまうと、距離がぐっと縮まってしまったようで彼女の二文字を意識せざるを得ないような、多分中学生でなくともそうなるんじゃないだろうか

ごちゃごちゃと考えていたときに、佐藤が小さな声で、聞いてもいい?と言ってきた

俺は頷いた。佐藤はじわっと顔を赤くして、言った。

小さいのって、やっぱり気になるの?

俺も顔がかーっと熱くなった。



74 :名無し :2015/11/27(金)22:08:27 ID:7ja(主)
佐藤がそんなこと言うと思わなくて、俺は もうみっともないレベルで動揺したと思う。

冗談ならまだよかったかもしれないのに、どうあがいてもそんな軽い雰囲気ではなくてでも佐藤は真面目だった。

俺はどうしていいか分からなくなって、心臓がドキドキした。顔だって真っ赤だったと思う

俺はしばらく死ぬほど迷ったけど、とうとう言った。

気になる。と


佐藤は真っ赤な顔のまま、何も言わなかった。

俺はますます恥ずかしくなって、何か言えよ。と小さな声で言った。

そもそも大きさなんて関係ないと言ったのは佐藤だったし



75 :名無し :2015/11/27(金)22:20:21 ID:7ja(主)
佐藤は何か言おうとして、俺は恥ずかしさに耐えられなくて佐藤をせかした。

佐藤は、どうして小さいと嫌なの?と聞いてきた。

俺は今度こそ答えられなくなった。

そんな話をこんな雰囲気のなかで女子にするなんてこと考えられなかった



76 :名無し :2015/11/27(金)22:35:09 ID:7ja(主)
本当に今考えても妙な雰囲気だったと思う

率直に言えばものすごくエロかった。

佐藤もあの時すごくいやらしい気持ちだったとずっと後で言った。


俺はもう恥ずかしさで死にそうになりながら、ちょっと今は説明できないけれど、何かに書いて渡すと、佐藤に言った。

(何を言ってんだ)

佐藤は、いいの。と頭を横に振って、変なことを聞いてごめん。と謝った。


そのあと、ぎこちないまま佐藤にさよならを言って、俺はまた逃げるように家に帰った。


その夜、俺は佐藤との会話を思い出すたびに机の上で悶絶した。

そもそも俺が佐藤に、なんで味方してくれたのか聞かなければ良かったわけで。それを後悔してみたりもした。

そして、佐藤に、なぜ粗チンを気にするのか、と聞かれたことも思い出した。

死ぬほど恥ずかしかったけれど、自分でも、なんで気にするんだっけ?と思った。

不思議と、粗チン事件が起きてから、少しずつ俺は粗チンのことが気にならなくなっていた。



77 :名無し :2015/11/27(金)22:44:07 ID:7ja(主)
次の日、数学の補修のあとに、俺は帰ろうとする佐藤に声をかけた。

佐藤に、昨日のことなんだけど、と言うと、佐藤は昨日みたいに顔を赤くした。

俺は、覚悟を決めて、佐藤に全部話した。

小学校で粗チンが発覚して、それからずっと隠してきたこと、平均までいかないとなぜ悪いのか、死ぬほど恥ずかしかったけれど、頑張って佐藤に話した。

佐藤は真っ赤になって、でも、真剣な顔で、頷きながら聞いてくれた



78 :名無し :2015/11/27(金)22:54:39 ID:7ja(主)
一通り話しおわった後、俺は小心者で、やっぱり言わなきゃ良かった。とか、そもそも佐藤だって言わなくていいって言ったじゃないか、とか余計なことを考えていた

小さいのって辛いことだったんだ、私知らなかった。と、佐藤は言った。真っ赤な顔のまま、そのまま少し黙っていた。

それから佐藤は、小さな声で、じゃあ、もうひとつお願いあるんだけど、いい?と聞いてきた

俺は、またか!?となんだか嫌な予感がしつつ頷いた

佐藤は、ちょっと耳かして。と言って、俺にそっと耳打ちした。


宮原くんのおちん○ん、見せてくれない?


佐藤が何を言っているのか、一瞬分からなかった。



102 :名無し :2015/11/28(土)20:40:59 ID:WlI(主)
何がどうなっ、おちせて。な

俺はもう真っ顔で下向いてしまっていたと

は、お願い、と真剣に言っふざけていると思なかっ

は佐き返した。どうてそんなにチンコなんか見たのかと

佐藤は困ったよう顔をし

だって。と言て言葉につまって、それか、だっ味あんだもんと困り顔のままった。



103 :名無し :2015/11/28(土)20:43:33 ID:WlI(主)
興味あるっていうのは、後々聞いた話、佐藤はその頃性嫌悪の傾向があって、セックスなんて汚いと思っていたふしがあったらしい

けれど、俺の粗チンの一件で、急に興味が湧いたのだという。

よくわからんけど、俺の粗チンはそういうところで役にたったらしい






104 :名無し :2015/11/28(土)20:46:20 ID:WlI(主)
佐藤になんて言い返すか、言葉が出てこなかった。

修学旅行のあの夜から、佐藤は友達と言うにはあまりにも近くなりすぎていた

近くなったことで異性としての魅力も少しずつ見つかっていて、正直に言えば、佐藤が俺のチンコを見たいと言ってくれたことにすごく興奮していた。



105 :名無し :2015/11/28(土)20:50:18 ID:WlI(主)
は、さんざん迷ったあげく、

、ないだろ。と言

ーケーって言ったった。


藤は、来日、学校休める?と言った私の家、その日は誰もいないか。と

俺は胆さ心底ビっ。佐は普段大人しいとうか、そう目立つほうではから、そんないやら言うなて想像てなかった



106 :名無し :2015/11/28(土)20:53:47 ID:WlI(主)
俺はまた迷って、粗チンを人にみせることが堪らなく不安なくせに、でも中学生特有の性欲に勝てなくて、わかった。と言ってしまった

佐藤は真っ赤になったまま、じっと俺を見つめていた。

二人とも黙って、そしてお互いに気まずさに耐えられなくなって、曖昧に笑った。



107 :名無し :2015/11/28(土)20:59:08 ID:WlI(主)
そして、次の月曜日

学校を休むことは出来なかった。

あの場の勢いで言ってしまったけれど、親がそんなことを許すはずがなかった

代わりに俺は気分が悪いと言って学校を早退した。保険の先生は不審がっていたと思う。でももうそんなこと気にならないくらいだった



108 :名無し :2015/11/28(土)21:05:04 ID:WlI(主)
学校を早退したあと、俺は佐藤の家に向かった、

早く行きたいような、もう帰ってしまいたいような気分だった。

佐藤の家はまだ新築だった。

ドキドキしながらインターホンを押すと、中から佐藤が出てきた。

待ってたよ、と少しふくれたように言う姿がとてもかわいかった。



109 :名2015/11/28(土)21:09:17 ID:WlI(主)
俺は、どうぞ。とに促されてのな稿新しい木においがし

藤はをあって二階の自分の部屋に案内してくれた

後をつていく俺は、死ぬほど緊張していた。

校では気なかた、ほんり甘いのにおいがした。



111 :名無し :2015/11/28(土)21:16:53 ID:WlI(主)
佐藤の部屋は女の子らしいかわいい部屋だった。

緊張している俺を見て、佐藤は、大丈夫?と聞いてきた

大丈夫な訳なかったけれど、俺はほとんど意地を張って、大丈夫、と言った。

それから、佐藤と俺は少しの間、世間話をしたような気がする、あの越智君のことを好きな女子がいるとか、西くんは小学校のとき超背が小さかったとか

そして、ふと、会話がとまって、俺は佐藤を見て、佐藤も俺をじっと見つめ返した。

佐藤が、いい?と聞いた。頬が赤かった。

俺は頷いた。俺もたぶん真っ赤だった。



112 :名無し :2015/11/28(土)21:29:33 ID:WlI(主)
佐藤がベッドに座って、隣をぽんぽんと叩いた。

座って、と合図していた

俺はぎこちなく佐藤の隣に腰かけた。


じゃあ、いい?と佐藤が言った。


俺はとうとうこの時が来てしまったか、と思いながら、制服のベルトを外そうとした。

手が震えて全然外せなくて、佐藤はいいよと言ってくれたけれど、情けなくて仕方なかった

ようやくベルトを外して、学生ズボンをおろした。


俺の粗チンは、もうこの状況に我慢できないとばかりに勃起していて、パンツを小さく押し上げていた。

俺は心臓のドキドキで目眩を起こしそうだった。





>>次のページへ続く





\ シェアする /


関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春, ほのぼの,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様