2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 
 

おすすめ記事

ヤリコンで大学生喰いをしていた汚嫁だったが、他に絶対に言えない本命がいた事が発覚
 
友達の親父に喧嘩売った話
 
中2から中3まで輪姦され続けた思い出を吐き出す
 
大好きな嫁が輪姦願望から元AV女優だった事が発覚、出演作品で2穴プレイも
 
嫁から凄まじい破壊力のカミングアウトされたんだが
 
別れた彼女が俺の資産状況を知って復縁を迫ってきた
 
嫁が中出しされ開脚ポーズしながら笑顔でVサインの写真が出てきた
 
興信所には依頼済みだ。明日の報告が待ち遠しい。待ってろよ、地獄を見せてやるから。
 
昨夜、同居中の義母とセ○クスしてしまった…
 
彼女がコピペになるほどのビッチだったことがわかった
 
お嬢様で処女だった彼女を10年かけて調教した結果
 
妹とSEXしてしまいました
 
嫁が職場上司と浮気して調教されていたので、徹底的に追い詰めた
 
婚約者の卑猥な浮気の証拠写真をGET。留守を狙って家財道具ごと姿を消した。
 
女性のオーガズムの質問に女性目線で詳しくに答える
 
とある人妻を快楽堕ちさせた
 
嫁が他人の子を妊娠してしまった
 
やたらと尽くしてくれる天使すぎる隣人。なぜそんなに良くしてくれるか聞いてみた。
 
嫁が期間限定で調教されてたけど露出やアナル開発どころか中出しや輪姦までされてた
 
嫁がどうやら深刻なセックス依存症みたいなんだが
 
 
 

Pickup

 
 
 
 

誤解の代償







私は48歳になる会社員です。

つい最近迄、車で4時間位の距離の地方の支社に単身赴任をしていました。

妻は44歳になり、やはり仕事を持っていて、一人娘も手を離れ、地方で一人暮らしを始めていたので、赴任先に妻も一緒に来て欲しかったのですが

「仕事を急には辞められないから。」と言われ、渋々一人で行く事を決めました。


私は仕事が忙しく、休日出勤も珍しく無くて月に1度も帰れない時も多く有りましたが、妻は少なくても2週間に1度は来てくれていたので、何とか寂しさを我慢して来られました。

それが赴任が終る9ヶ月位前から、その回数が極端に少なくなって来ました。

妻は“仕事が忙しくて疲れているから・送別会が有るから・風邪を引いてしまった”等色々な理由を付けていますが、私には『来たくないら、色んな理由を付けているのでは無いだろうか?』と思って仕舞う事が有ります。

それは、たまに来ても、会話らしい会話もなく、なにか不機嫌そうに見えますし、夜妻を誘っても、

「今日は無理して来たけれど、仕事が忙しくて凄く疲れているから・・・また今度にして。」

そんな様な言い訳をして拒み続け、夫婦関係も全然無くなっていました。

何よりも、私を見る妻の目が、汚い物でも見る様な感じがして、しょうがありません。

以前、何かの週刊誌に『妻の浮気を見破る方法』と言うのが載っていて、面白半分に読んだ記事と今の妻の行動が殆ど当て嵌まってしまい、『まさか志保に限って。』とは思っても、ここまで態度が変わってしまっているのには何か理由が有るはずです。

直接妻に聞けばいいのですが、何となく言い出せなく、私もイライラして些細な事にも怒ってしまい、ますます会話が少なくなり、次の日は、不機嫌そうな顔をして朝早く帰って行き電話も掛けて来ません。

あの態度では、もし不倫をしているのなら、気持ちがもう別の男に行って仕舞っているのでしょうから、何を言っても元に戻る事は無いでしょう。

でも、私にはまだ心に余裕を持っていました。

それは、知り合ってから今迄、妻は私だけを本当に愛してくれていて、性格からしても、その様な事を、絶対にしないと言う自分善がりの変な自信を持っていた事と、いつ電話しても、夜は必ず家に居て出て来る事、

もう一つ、以前、会社のある女性が部屋に来て食事の用意をして行ってくれた事を、妻には内緒にしていて、それに気付き、変に誤解をしてしまい、その事の方が妻の態度をああさせてしまっているのだと確信めいたものを持っていました。


その女性とは、新卒の総合職として入社し、新人時代は私が仕事を教えていましたが、頭が良くて、教えた事の飲み込みも速く、その年の新入社員の中ではピカイチでした。

仕事を教えた私を慕ってくれている様で「係長は、私の理想の男性像なんです。」等と言ってくれる彼女に、他の女子社員とは違った感情を抱いていましたが、何よりそれは、どこと無く憂いを秘めた儚げな感じが、妻とダブっただけでそれ以上の物では有りませんでした。

その彼女が3日間の出張で私の赴任先に来た時に「単身赴任では、ろくな物食べていないでしょう?」と、部屋に来て料理を作ってくれたのですが、妻とは滅多に行かないスーパーに二人で行き、買い物をしていると、何か夫婦の様であり変に意識をしてしまいました。

何より、男と女が夜に同じ部屋に居て何も無かったとは信じて貰えなさそうで、妻には内緒にしていたのですが、残り物をうっかり冷蔵庫に入れて置いたのを、次の日に来た妻に見付かり、慌てて変な言い訳をしたのを覚えています。

その日を、境に妻の足が遠のいたので、これは完全に誤解していると思いましたが、何も無かった事をあれこれ言い訳するのも面白く無くて無視していました。

--------------------

そんな時に、大学時代からの親友の佐野から電話が有り、冗談めかして現状を話し、「興信所にでも頼むかな。」と言うと、「まさか志保ちゃんがそんな事している訳ないだろう。」と、笑っていました。

妻の志保とは、大学の時に佐野の彼女(今の奥さん)美幸さんの紹介で知り合い、お互いに気に入り、妻が大学を卒業してから1年後に結婚しました。

佐野夫婦とは、結婚してからも家族ぐるみの付き合いをしていて、長い付き合いの佐野は志保の事をよく知っているので全く心配していません。

「もっと、そっちに行く様に、美幸に言わせるよ。」

そんな話をして電話を切りましたが、不思議なもので1度口に出してしまうとその事が何故か頭から離れなくなり、気になって仕方がありません。

ただこの時は、私の勝手な妄想であり、何の確証も無いので、それほど心配をしていた訳では有りませんでしたが、仕事が終ってマンションに帰って来ると『今頃 志保の奴』等と勝手な想像をしてしまいます。

そんな妄想を打ち消す為に家に電話を入れると、

「どうしたの?何か用事でも有るの?今日も仕事が忙しくて疲れているのよ。今度、私から電話するから何も無ければこれで切るね。」

愛想の無い返事ですが、ちゃんと家に居るので

『やはり俺の思い過ごしか。だいたい志保がそんな事をしている筈が無いな。』

と安心してしまいます。


そう思っても次の日になるとまた色々な事を考えてしまうので、来週の休みの日に妻には内緒で、こっそり帰って、探偵の様な事でもしてみようと面白半分に思っていました。

ここ暫らく休日も接待ゴルフ等でろくに休んでも居なかったので、有給も含めて3連休を取りました。

『こんなにアッサリ休みが取れるなら、もっと早くそうすれば良かった。』

自分の要領の悪さに苦笑いしながらも、何か寂しさも感じて仕舞うのは会社人間の証拠でしょうか?

妻には、今度の休みも接待が有るので帰れないと伝えて、考えて居た事を実行する事にしました。

金曜日の朝に出て電車で帰って来たので、着いたのは、まだ午後1時を少し過ぎた位で時間にはタップリ余裕が有ります。

佐野に電話を入れると、

「お前も良くやるな。まあ、そんな心配をするのも愛が有る証か。今日は、夫婦仲良くやって、明日でも家に遊びに来いよ。美幸に旨い物でも作る様に言っておくよ。」

私も久振りに佐野夫婦と食事でもしながら、志保が誤解をしているなら、佐野達の力も借りて良く話し合おうと思っていました。

私は妻の勤める会社が良く見える所は無いだろうかと思い、少し早めに行って物色していると、丁度、会社の出入り口が見やすい喫茶店が有りました。

入ってみると時間が時間なだけに余り客も居なく、窓際の席に座り妻の出て来るのを待ちました。


--------------------


午後5時26分

妻が一人で会社から出て来て駅の方向に歩いて行きます。

私も喫茶店を出て妻に気付かれない様に後を追いました。

15分程の距離に駅が有りますが、何事も無く一人でプラットホームに入って行き、電車を待っています。

『やはり志保は何もしていなかったのか。疑って悪い事をしてしまったな。』

ほっとした気持ちと、何故か分かりませんが、残念な気持ちも有り、自分でも複雑な心境です。

私は直ぐに声を掛けようと思いましたが、何かプレゼントでもしてやろうと思いつき、今来た道を戻る事にしました。

あれこれ何を買ってやろうか迷っていると、さっき妻に声を掛けて一緒に選べば良かったと、後悔もしましたが、プレゼントを持て、急に帰った方が、ドラマチィクの様に思います。

『いい年をして俺も馬鹿な事を考えているな。』と気恥ずかしくなりましたが、妻が喜んでくれるなら、これはこれで良かったとも思いました。


午後7時10分

買い物に時間を取られて、思ったよりも遅くなっていたので、もうとっくに妻は帰っている筈です。

それが家の前に立つと1階のリビングに明かりが点いていません。

2階を見ると寝室には明かりが点いています。

リビングの明かりを消して、こんなに早い時間に寝室に入ってしまうのも不自然です。

考えてみると、妻が一人で帰って行ったからと言って安心してしまったのは、私の不注意でした。

落ち合うのは何処でも出来る筈です。

ただ、リビングに明かりが点いていないからと言って、不倫をしていると決め付けるのには無理が有りますが、何か嫌な予感がしました。

音を立てない様にドアの鍵を開け、そっと寝室に向かおうとしましたが、心臓の音が聞こえる様で、気を落ち着かせる為に、リビングに入り煙草に火を点けましたが、手が小刻みに震えています。

『自分の家で何を情けない。しっかりしろよ。』

自分を勇気ずけました。

もしも男がいたとしても、その男に恐怖感が有る訳では有りません。

私は子供の時から少林寺拳法を習っていてもう有段者です。

これから遭遇するかも知れない現実が怖いのです。

少し気が落ち着いて来たので、意を決して、静かに寝室に向かうと、階段の辺りでもう、あの時の声が聞こえて来ました。

『志保・・・・お前・・・・・』

この時の感情は何と言っていいのか、頭も中が真っ白になり何をどうしたらいいのか、これまで感じた事のないものでした。

私は階段で、足が竦んで動けません。

妻達の声だけが耳に響いて来ます。

「アーー、もうお願い。ねえ早くぅ。アーーン。」

「まだまだ。」


「ウーーン、もう駄目!アー、堪忍して!」

「なあ、旦那どうしてる?まだ気付いて無いのか?志保は俺にこんな事されているのに。目出度い奴だな。」

「アッ、そんな事は・・どうでも・・アーー、ねえ、もう、もう、アーー、もう駄目!早く!アーーー、駄目イクーー」

悲鳴の様な大きな声が響きました。

私は急いで階段を上がり、寝室のドアを開けると、男は妻を後ろから貫いている所でした。

その光景は一生忘れる事の出来ないものとなり、今も目に焼き付いて離れません。

「誰だ!」

男は妻と繋がったままで、この家の主人でも有るかの様な事を口にしました。

「俺はその女の亭主だ!お前こそ何をしている。」

「あっ、貴方!イヤー!見ないで!見ないで!」

妻が慌てて離れ様としましたが、男は妻を貫いたまま、挑発的な視線を向けて来ます。

「とんだ所を見られたな。まあ、こう言う事だ。」

妻から離れ私の前に立ち、何も悪びれた様子も無く背広の襟を掴もうとしましたが、それよりも先に私の前蹴りが鳩尾を捕らえていました。

声にならない呻き声を出し蹲った所を、今度は顔面に蹴りをみまい、腕を捩じ上げると、

「いっ、痛い!分かった、分かったから離してくれ。」

「うるさい!何なんだお前!ふざけた態度とりやがって!」

腕を捩じ上げたまま、顔面に膝蹴りを入れると、顔を押さえて動かなくなりました。

拳法等、特殊能力を一般の人に使うのは、凶器を使うのと同じで法律で禁止されています。

しかし、この時はそんな事を考え余裕も無く、何の躊躇もしませんでした。

「志保、どう言う事だ?こう言う事で俺の所に来なかったのか?俺は、お前を信じたかった!」

「違うの、違うの。私・・貴方が・・・」

「何を言ってるんだ。何が違うんだ!これの何が、何が違うと言うんだ!」

私は、妻の頬を何回も平手で打つと、口の中が切れた様で血が流れ出ましたが、それでも止めませんでした。

妻は何の抵抗もせずに打たれていましたが、涙を流し「違うの、違うの。」と言い続ける姿を見ていると、虚しくなって来て突き放し、何が違うのか?これからどうするか?混乱した頭を整理する為にまた煙草に火を点けました。

もう手は震えていません。

「志保、何が違うんだ。」

私が妻を問いただそうそうとした時、

「うーん」

男は両手で顔を覆ったまま立ち上がりかけましたが、私に気が付き「あっ。」と妙な声を上げて後退り、怯えた目をしました。

「お前は何を偉そうにしていた?何を考えているんだこの馬鹿が!まあ、お前ら許さんからそこに座っていろ!」

男が立ち上がりベッドに腰掛けようとしたので、

「おい、お前、誰がそこに座れと言った!まだ俺に喧嘩を売るのか?」

私はもう1度横っ面を殴り付けました。

「申し訳有りません。どうかもう暴力は・・・、申し訳有りません。」

男は土下座して謝り始めました。

初めの威勢は、妻に格好を付ける為のハッタリだったのか、私の方が明かに強いと観ると、手の平を返した様に低姿勢に出て来ています。

仕事をしていても、何を勘違いしているのか、自分の立場をわきまえないこう言う人間は多くいて、大嫌いなタイプです。

「おい、お前、何処の奴だ。」

「いやそれは・・・」

「どうした。勘弁してくれってか?出来る訳無いだろう。この馬鹿が!」

私は男の背広とセカンドバックを調べると、身分証明が出て来たので見てみると、妻と同じ会社に勤めています。

「田中肇?同じ会社か。良く有る話だな。だがな、俺には良く有る話では済まされ無いんだ。きっちり形を付けさせて貰うからな!」

「方を付けるとは・・・あの・・どの様な?・・・」

「お前達のした事に決まって居るだろう。どう責任を取って貰うかはこれから考えるが、かなりの事をさせて貰うから覚悟しておけ。まず、お前の奥さんは何をして居る?」

「家のとは今別居中です・・・実家の方に帰って居まして・・・」

「ふん、どうせお前の浮気でもばれたんだろう?とことん馬鹿な奴だ。奥さんには悪いが、この事を知らせない訳には行かないな。電話番号を教えて貰おうか。」

その時、私に殴られ放心状態だった妻が、

「奥さんには関係無いわ。責任を取るのは私達だけにして。」

泣きながらでは有りますが、はっきりとした口調で言って来ました。

「黙れ淫売!この馬鹿と別れていない限り、奥さんにも知る権利は有るんだ!」

男を庇っているのか、自分のした事を知られるのが怖いのか、私の気持ちを逆撫でする様な事を言う妻に無性に腹が立ち、また殴り付けました。

「申し訳有りませんでした。どんな事でもさせて頂きます。

・・・ただ・・今は別居中ですが、何とか修復出来そうな所迄来ています。

妻にだけは・・妻にだけは・・どうか勘弁して下さい。お願い致します。」


「お決まりの言葉だな。お前本当に正気か?修復しようとしている時にこんな事するか?お前みたいな奴に騙されて元に戻るより、別れた方がよっぽど幸せだ。早く番号を教えろ!」


「・・・・・・・」

土下座したまま動かない男に、何を言っても駄目だと思い、背広のポッケトに携帯は無いかと探しましたが有りません。

その時、妻が何かを枕の下に入れた様な動きをしたので、枕を放り投げると、見覚えの無い携帯が有りました。

男の携帯を隠す程、こいつを庇うのかと思い大きな怒りが沸いて来て、口から血を流している妻にまたビンタを見舞ってしまいました。

携帯のアドレスを見ても、どれが奥さんの物か分かりません。

「おい、どれがそうだ。言わないと片っ端から掛け捲るぞ。会社の同僚や上司だったら困るだろう?」

男は困惑した表情で、

「・・・・それは・・・」

男は渋々教えました。

私も会ったこともない田中の奥さんと話すのは、それなりの覚悟が必要でしたが思い切って掛けると、上品そうな話方をする女性でした。

田中からの電話だと思って出たのが、知らない男からだったので初めは戸惑い気味でしたが、話の内容を聞いている内に、段々無口になってしまいました。

「分かりました。そちらの話が終りましたら、こちらに寄る様に伝えて頂けますでしょうか。」

毅然とした態度で答えましたが、怒りが伝わって来るものでした。

男に代わるかどうか聞きましたが、

「それは結構です。」と冷淡な声で言い、この夫婦は、また元に戻る事が有るのだろうか?恐らくは駄目だろうと、自分の所を棚に上げ余計な事を思ってしまいましたが、すぐに現実に引き戻されます。

「俺が入って来た時の偉そうな態度は何を考えてだ?」

「・・・私は昔から喧嘩をしても負けたことが有りません・・・。それでつい・・。もしもご主人を黙らせる事が出来たら、志保にも良い所を見せられると思って・・・。うわっ。」

私は男を殴りつけていました。

「40面下げて何をガキみたいな事を言っているんだ。お前みたいなのが勤めていられる会社は中身が知れるな。それとな、他人の妻を呼び捨てにするなよ!」

「申し訳有りません、申し訳有りません。つい何時もの習慣で。」

田中の名刺に課長と言う役職が書いて有り、恐らくは私よりも年下であろうこの男は、あの規模の会社では間違い無くエリートなのでしょう。

仕事も出来るのでしょうが、それだけに自分を過大評価してしまっているのでは無いかと思います。

だから、自分には何でも出来る様な錯覚に陥り、私が寝室に入って行った時に、あの様な態度が取れたのではのでは無いでしょうか?

それならば大人としての考え方を、しっかりと教えなければなりません。

「お前の家庭は、これからどうなるのかな?



>>次のページへ続く




 

 

関連記事

 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ, 修羅場・人間関係,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:, 浮気・不倫, 寝取られ, 修羅場・人間関係,
 
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

人気記事(7days)

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080702053927