2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 

おすすめ記事

汚嫁の浮気から発覚した計画が、もはや犯罪レベルの内容だった
 
罰ゲームで女の子が急接近してくるようになった
 
1000万円以上を間男に貢ぎ、ハメ撮りまでされたあげく、二股をかけられていた事が発覚した哀れな汚嫁
 
彼女にアポなして会いにいったら3Pの真っ最中だった
 
別れた彼女が俺の資産状況を知って復縁を迫ってきた
 
山でありえない体験をした話
 
離婚届を置いて汚嫁の前から姿を消した。これから反撃するぞ。
 
嫁が媚薬で寝取られ、密かに4年間も関係が続いていた。あげくに3度の堕胎まで。
 
3穴で浮気をし, 性奴隷となっていた妻
 
ビデオの中で他人にハメ撮りをさせていた彼女
 
昨夜、同居中の義母とセ○クスしてしまった…
 
妹とSEXしてしまいました
 
不倫発覚の汚嫁。記念日の行動で再構築するか望みをかけてみた。結果、計画的に無慈悲な復讐を遂行。
 
やたらと尽くしてくれる天使すぎる隣人。なぜそんなに良くしてくれるか聞いてみた。
 
中2から中3まで輪姦され続けた思い出を吐き出す
 
ヤクザの情婦にされた妻
 
嫁から凄まじい破壊力のカミングアウトされたんだが
 
接待で慰みものにされ続けていた妻
 
嫁が他人の子を妊娠してしまった
 
変わり果ててしまった妻
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

彼女の浮気疑惑である復讐を決意した





456 :えっちな18禁さん:2009/02/08(日) 12:56:30 ID:xqI6QP120
NRTとは少し違うかもしれないけど、俺も書いてみてもいいかな?


彼女とは、俺が大学三年の時にサークルのコンパで知り合った。

名前を仮に咲とさせて下さい。

咲は新入の一回生でとにかく抜群に可愛くて、男性陣の猛アタックを受けていた。

俺は当時(つっても今もだけど)背が低いもやし君で自分に自信がなく、まさか後に彼女と付き合う事になるなんて夢にも思ってなかった。

話が逸れるので馴れ初めは端折るけど、コンパから三ヶ月後正式に俺と咲は付き合うことになったんだ。

それから三年間完全に咲一筋だった。

就活とか大変な時期も咲は俺の支えになってくれたし、俺も彼女に尽した。

今思い出しても夢のような三年間だったと思う。


さて、ここからが本文。


あの日、俺は上司の運転手役として酒の席に参加していた。会も無事終わり、上司を送るとたまたまだが咲のマンションまで車で15分ほどの場所だった。

(咲は、三年になった時に親の説得に成功して念願の一人暮らしをはじめていた。親と同居の俺は、週末はほとんど咲の部屋に行っていた事もあり家賃の半分以上だしてやっていた)


時間は十時半を少し回っていたと思う。

俺は、ほんのいたずら心で咲の部屋に突然の訪問をする事にしたんだ。

ドキドキワクワクしながら部屋のインターホンを押す、・・・反応なし。

もう一回、・・・・・・反応なし。



あれ?今日なんか予定あったかな?

なんて思いながら路駐してある車に戻り電話しようと携帯とると、咲からメールがはいった。

正確には覚えてないけど、

「まだお仕事中かな?いつもおつかれさまです☆今日はなんたらかんたらで実家にいるよ、少し早いけどもう寝るね。週末が待ちどうしいよ、おやすみ☆」

みたいな内容だった。

実家に帰ってるのか、残念。なんて思いながら即電話、しかし出ない。

全く疑うことを知らない俺は消沈して車をだした。

でもすぐの信号待ちで信じられないものを見てしまう。



咲だ。男と歩いている。どう見ても部屋に帰る方向だ。

知らない男だ。誰だ?

つーか実家で寝るんじゃないのか?嘘をついたのか?何故?

少し混乱したが、信号が変わり車を出す。そして次の信号でUターン。

「見間違いだ!」自分に言い聞かせて戻る。

マンションの前は一通になっていて車だと回り込む必要がある。途中、信号につかまってイライラする。

マンションに付いた時はもう人通りはなかった。

中に入ったのか?まだなのか?なんて考えながら車の中にいると電話が鳴った。咲だ。

「電話くれたよね?ごめん充電してて聞こえなかった」

俺は、かなり動揺したが、それをなんとか隠した。

聞かなければならない事があった。

俺「今日、実家なの?」

咲「そうなんだよ、用事たのまれてねー」


そして、いつもの他愛もない会話。

俺は今から帰るところだと伝えた。

咲「遅くまでごくろうさまです。土曜日楽しみにしてるよ」

なんて言って電話を切った。

電話の周りの音は静かだった。外を歩いている感じではなかった。

部屋にいる。どこの部屋だ?実家か?それとも此処か?

車から降りてマンションに入る。

エレベーターに乗り五階の咲に部屋に向かう。

さっきのドキドキとは全く違う鼓動がする。

部屋の前に立つがインターホンが押せない。

迷う必要などないはずなのに怖い。

部屋にいるかいないか確認するだけでいいんだ。そう思いドアの郵便受けをそっと押し上げる。

内側も受け口になっているから中の様子は見えない。が灯りがついている事はわかった。

いるじゃん・・・。いや、でも一人のはずだ・・・。

耳を押しあてて中の様子を伺う。




463 :っちな18禁さ2009/02/08(日) 14:06:11 ID:xqI6QP120
の音と男の声聞こえる。会話までは聞きれな

だ、間違なく男に声がる。

もう完全トだよ。恋人に嘘ついて男を部屋にれてるんだもん。

平日よ。学だろうなどんな奴だ・・・。

なんて考ていると、バタバタと足音が聞た。めっちゃ焦った、思わずエレベーで逃

したらボッゴーーッて給湯機がき出

だったけど台所でお湯使ゃな感で風呂だって気付いた

部屋は入てすぐ左手になキッチ、右手に扉がって洗面、トレ、風呂のユットバスになっ。正面にがあっ、奥が8ほどのワンルームだ

ゆっくりとドアの前に戻また郵便から中の様子を

ワー沿今度結構はっきりと声が聞こえる

つーか、っしに入っやが のくそ狭い風呂に!俺だってあんりいしょに入ったことてなに!


シャ綿ワー共にえるそうな笑い。そして

あはは、、まめだってぇ、

「も、あっ!んっ!まで、がってら、ねっ」

だ、まえだけど・・。風呂ではがった・・


じフロの人に見かっ違いなく報されそう格好SEX盗み聞きする俺・・・。

多分すげかいていたと思。吐や眩暈がす。訳が分から

でも、そんなオレのんて当然関く、風呂から喘ぎ声がえてき・・。

あっっあっあぁ!!あっあっ!」っ

は、結構声出す方だ腰の動きに合わな喘ぎ方をする。

俺はこの好きだった。まかこんくことになるんて思ってなかっけど・・・。



何分位そうて聞いていただろう? 

風呂からは変わらず咲の喘ぎが聞こえている。

狭い、でき体位なたかが知れてる

なんてていたら、れないとに起したそれビンに。

かもう、自分嫌にった気持かっ。どもよくなった。

廊下じゃなかっここオナニーをしていたかもない


とドアを離れてエレベーを呼ぶ、到着を待つ間にうしようもない感われて突発的咲の部屋の前に戻りおもっきりドアを蹴った

の痛みでててエベーターり込ションを出た。



どのルートで帰たかなんてえてい

った風呂入って思いきり泣いた。大な声槽に調いた。

一睡もせずに仕事に行た。



466 :えちな18禁さん:2009/02/08(日) 14:42:57 ID:xqI6QP120
まん。一旦止まります

この話まだ序盤なんで、暇なとききを書かせてい。

実話です



-------------------------


475 :456:2009/02/09(月) 23:53:57 ID:XqRIhkdM0
まん。>>456です。

実は、通の時にでも書き込もうと携帯に書きたのに貿どうやら俺の帯からココへは書きめないしい。

段ロムだからそんなことも知た俺は、結構書き蓄た反動でょっが折した。申しないで

間がどちと書きま




から俺咲のメとんど返信稿しなったできかっ

電話の対応も我と思う

末の土曜日い物にき合う約束があったけど体調不良メールで断った。


そしら、日曜にお見舞宿に来るなんて言い出したら日曜には会わざるを得なくなてしま

の家にわざわざ来らるのたんでいつも通り俺が迎にいって外で飯だけ食て帰ってのデーる事にだ。


、咲とあっも至っ普通に対応したつもりだった。

いかにも上がりっと疲れてますーみな演技していた。

ここ数日飯まともに通らなかったし少し痩 て疲いたから俺なりにの演だったと思う。


かし咲はそんな俺の違和感をじとっていて、らね誤解で俺に対し不信感を募らた。

そして、その日後、俺に告白する

が終わりいつに電話で話している時た。

 、もしかしてあたしのちょっと避けたりする

俺 「そ、そんなわけな

俺は動揺まい方が固くなったんだう。


 稿わかりやいなぁ」


なん言われ俺はてて取り繕た。

事はうして言いかった。

そして咲は信じられないセリフを言ったん


「そっか、気でもしたんじゃなってっちゃった胸の奧をなにかでぎゅっと握り潰され気持ちにった

前がそ言っって携帯持つ手が震えたよ。


浮気なんて絶対にしい。れん咲がいるりもずっと君の沿だ」

った、思”なん自分を褒めてやりたくなったよ

ちなみに最後のくさいセリフは、「愛して」がどうてもうまく言えない俺の常套句だった、ょっとした喧嘩をた時でも、咲はのこと沿ばを聞にゃ〜便と照俺に絡み付いたりした。

「そっか、そだよね、ごめんね、疑ったり。」

俺「いいよ、俺もごめん仕事ばっかで構ってれなくてうだ、明日んと早めに終わらせから少し会?」


別に意したわけじゃなくに流れを誘ってしまった

誘いはあっさり断



咲「めんい、○子束があるの」

てのは咲の親の一人で俺もよくしっているコだった。

最近恋人とうまくいっていないらく、その愚痴を聞てやんだだ。


咲「ウチにからも夜の話はちゃんとして 

俺「そうんわか

じでその日の電話は終った

も、と無く違和感感じただ。



あの流れで俺のいをか?

ら俺だよくってるし晩飯食べるで位ないたってよくね?

考える違和感一気にに変そうだ水曜あの夜丁度週間だ。


の一週間咲の俺への対応にいもとまった使った。とも浮気をているなんて信じら簿た。

そう考えると、あの男係はこそ長いんじゃないって思え


手帳を眺める、平仕事のしか書いていない。水曜のか?毎週水曜日に会うようにしているのか

惑はて、そして明日会いに行てみうと決めた。

-------------------------

の日、結構頑張っ調は8時を回ってしま姿。前たい社用車は使ないから電車で行く必要があった

えなかもり、軽く一半はかかる。

当然アしでくつもったら、もし留守たら? 嘘て付いくて子とだったら?

が重くなっ


かも、って時に咲からメールがはいった。

は、子と家

○子氏に呼ばれて局帰った

構残っていら、もに終わるなら食べにこないってった

んだゃ、っ簿ったよ。

夜中ま悩んいたのはなったんだって

けど、いまさも馬鹿らしいし会社のってもらえる事にし「飛んで行寿と返信した。

こうなっら、あのちゃんと話さきゃ、とえて


面と向かうと、とてり出かった

飯はうまし、あな事言ったか咲はもよりなんかやさいし、普通に幸せをしまた。

ら、俺は少し計画を変更することにしたんだ

俺が、どんなに咲をているか、必死に伝えた。


事が忙しくてさせて事を詫びた。

咲の卒業後剣に考えいる事を伝えた。

の方咲も目でてくれた

当然、心にいたおもった

れで浮気を止めるなら全た事にしよう

そう思った

 



き合っ宿スをした

エロい雰囲気調ったど、電車で帰るには時30分でには部屋をちゃならなくそのずに帰ることにしただ。

マンョンの下まで咲見送りに来てく

「今週末はぶりにどこかでお泊りをう」

そんをし別れた。

俺の気ちは伝ったてい


-------------------------


マンションをた時、道の反側の自販機の男が立って

帯をいじっている風たけど間違いなくこっちを見ていた。

一瞬、目がった。

間違えたりんてしなあの男だ口元が笑っいる気が

あのとき、、知らないふ尿たなと思う

 前で見送ていた筈だけど度も振られなかった。

を曲った所で立ち止ま影から覗く。

咲の姿はうな男がマンションに入ていくとこった

どうゆうとだ? 

今日、っていたは○子じゃなくてやっぱりあの男だったのか 

俺を呼んだのはあの男指示か? 

、ずっと当然本命は、だとていた。

の男そ浮手だと、ちとした手だとっていた。

あの男は咲にう男がいるとを知っているはずだ、あの日、は俺屋から電話をかけている、そ時あいは隣にだ。

なんだうことだ?


-------------------------

分、このとき俺はちょっ壊れたんと思

どうか少し悩んだんだけど、トの事だからちゃんと書く


屋には行かなかった。

家に帰っれて初めて最初で最後「自傷」ってやつした

にあっカッターで腕の外側をシて。

この感情を忘れないために。

この日決た事いために。

いっぱ血がでてビった。

くてあれ?」なんてったど後からめちゃめちゃ痛く後悔した

モいすまんね。




、分からないらけだ調た。

分からないうより納がいかないて方が正いかも

でも色に妄するのは、る事しただ。

兎に角、最悪の状態なん思う事にした



一わかっているのは、俺が“知事を二人は気付いていないだろて事だけだた。

どう理由がかさっぱり分からないけど、この時階では、 俺と咲は人同士、普にSEXだてできるだろ

それ仮にあのが咲許可を出ているだとしても構わない

り訳もわからずマシだ。

このいつ続くかも分からない。

たらギリギリまでされてやろうこっちでやう。


その為に俺は、咲を吹る必があった。

決して情に流れる事がないよに。

心を揺らすのないように

居をすに。


-------------------------

ず俺は、あの男の事が知りたかっ

っちもも知らないんじゃ同じ土俵には立てないと思っ

介のサラリーマの俺じゃどうにもならないなく信所に頼んだ。

頼内容は

婚約者の浮気相手身元調査」。

実はこれ、普の浮気調査よりったけど、そうゆうもの俺、ボられた?まぁい

取り敢えの夜だけ狙付けて四張りついても事になっ

バッチリ1日目でヒットした

ぱり水曜日っていみたいだった。

り敢えず中間報て事で、ずか間ほ報告書が出来た。

告っ事だったけど、最頼したは全まっていた。マジ興信所こえぇ思ったよ



一番ョックだったのが、あの男、咲と同い年で、 まなん身分だだ。

は学生だと殿は思っけどんな非常識な事がにで寿、少なくとも俺より年上の経験豊富ななんだとい込いた

かもこいつ、女とてた。ゆうか女の家に転がり込でいる状だった。

くこんな状の名前や実家の住所まで間で調たなぁ、なんてた。

興信所は、事とか奴の実の収入と調ますか?て聞きた、全りこがそのま、報告書っ事になた。

と、所の人は色助言をてくれた

か、警告にかっけど

まぁく言ば、この調査犯罪に使うなよ。って事だっ

守秘務がるけど、裁判所とか警察なんから開示依頼あればウチ全面的に協力する

とか、え本突発的なトラブルしても、こうコた以上かの画性があて言われてえないよ? 

、法的な段階踏まずに金銭の要求をしら犯罪だよ。

とか、相手の不益になるような情報を流す駄目だよ。

とか、そんな感じ。


ど俺こうう事をしに見えるんだなぁと感じた。

しかしたら咲をときに、むしろ俺そがストーカーかなんかじゃないかと思われたのかもしれい。

実際“約者”っての半分嘘みたいなものだし、仕方がないは思ったけどね。



にかくこれで、 俺はあの男を知るこきた味、咲よ詳しいもしれない

正直俺は、に少なから恐怖ていたんだ

基本的に俺はのもし君だか、喧たらボコボにさるのは方でいない

けど 相手年下の学生寿なんてわっただけでも、分気分が楽た。

るかも”なんて、咲を取られる時点でう完全綿ど思ようになって


-------------------------


さて、話は方に戻。 

の「自傷」から後俺は、しぶりにデトらしいデーた。

俺がしたースだった。遊園地で遊んで学生の頃よくった公園を歩た。

、 ちゃんとしたホをとっちょっとお高いディナー食べた。

人で沢て沢山笑

は、分でもびっくりる位、 普通に振舞えた

完全吹っ切で完事ができた。悲しいけ、俺はこう事が出来間なと知た。


SEXをした。実は安だったけど俺はいつもと決定的に違したんだ

全然大ではないだけど俺にとては重要な第一歩だった。


実は、俺咲とゴけずにしった。必ず使用した。どして無いきは我慢した。

「大丈夫だよ」と言っても頑拒否して

男側の最低限のマナーだとじてたし、そんな自分に少し酔ていた所もある

でも、あの夜はじめて着けなかっんだ



日の事はホンよくる。

正常位だった。いれた、咲はい顔でいよね」っ

俺は「いだ。か?」と聞いただ。

したこり微笑んいよ」って答え貿そしてし体をき寄せて好き」って言った

“萌え死てのうゆう事を言ゃない位クラクきた。

稿なるど、俺自、 五年以上り位の感覚だたは

に多分一週間以上己処理をしていた事なによりめての咲の本当の体温めちくちゃ興したんだう。

ホントちゃったん十秒ももなかったと思

イってなて慌て出ちゃった、みいな

二人でを丸く「えう?」ってって爆笑しよく覚えている。


その、朝方何度も何た。

これ、純粋問なけど。ゴムをするとしないでは、性側も感は違うものなのかな方は然違う、そかるんけど…。 

ぁ、とにかくあ夜の咲はいつより凄く乱れた。

何度俺にしが、「大好き

押しけて、全身をわせった

俺がめれば何も応えてくれた。

くさい方だけど、三年間で番熱い退ったと思う。



でも、そんな最も左腕を識すば、の感情に取使事ができた。

胸の奧のずっとい所か黒てドドロした部分あの日いつもいふざけるな」って睨みいる感じ。

この覚が湧き出るたびに俺は、「そう。ふざけんなよ、くそ女心のんでいた


局、奇妙な関係は、こか五か月続く。

次のの三月頭、俺はとにる。

-------------------------


この頃から12月の頃までは、週末は全て咲ってる。

の逆平日は殆ど会っいな、意識してそうしていた。

えば必ずSEXをした。そして俺は、を少ずつエスカートさせていった。

エスカレート、なて書くとし大袈裟だな。

る事なんて普の恋人同尿ら多分、 やってるうな事だと思れば大冒だっ


例えば、“大人おもゃ”をネッ購入した。い余っつも買った。

しや軽く縛ってみたりSMっぽい事をしれを使

外のトで口せたり、ドイブさせたりしした。

、生理中でも強引に抱いた。



、生れてはじめ中だしを経験した

咲は、うい行為を一応、はじめは嫌がだけ的には必ず同意した。沿

姿、俺に対するなにか罪悪感のうなものがそさせるのかわかったけど、俺は好った。


咲は完Mの人だった。普段咲は凄く勝気な格でこういった一面るなんてまったく思いもしていかっからじめ惑った。

けど、そこの男ちらついて、「あの男にこにされちゃっんじゃ手に妄想してのSの部分を刺激した

-------------------------

こうやって書くとそこそこ楽しんでいるように見かもしれない。

けど、咲と会わない日いたりする時に閉じ込めたの感情がい出んかと一緒に次々湧き出てきおかしくなるじゃいかって位苦しんだりした


曜日はきつかった。

実際ホントに男とかどかなんわからないんだけど、るよ真似全くった

夜、どして想像てしまうんの男のSEXをの男にしがみついて、 り狂うの姿を。


男は必ず俺の事咲に聞くはず、そして、話をタにして咲を責めるはずだ

もしかしたら、俺名前を呼ばいたもしい。

うして悦に入って咲を具のよう弄んでいるは

咲はその時うゆう感情で俺の事だろう?

そんな事を想像してオナニーをした

じられないかもしれないけど、あの男に責めれなら俺をう咲してのはまで見たどんなAVなんかよも興奮した

い時はそ為を朝続けた。

して、 必ずごい自悪に落ちて死たくった

そんな時はとにくがしゃらに仕事に集する事でを紛らわていた。


-------------------------


12月に月休に向けて忙しく仕事姿ずけていた所に、とんでもない報告が入った

本社りえなミスでトラブルが起こり、これの処理が支店に回ってきんだ

休暇どころじくなった中頃から末ま連続出勤を余儀なくされ

電に間に合わて会社にまりする日もった。

元旦と二日だけた本社側の都合でみにはなったけど、日からはぱ、独身社員のほとんど出社さられた。

とか見通しが付いたのが、初出るはずの七日で、この次の日俺が社かたその年最は、暇をだっ


要するに労働時間がぎるって事で俺は強制的に2月の終わりか十日休暇を取らされる事なったんだ。

よ?んて考えても思い付くのは咲との事マスに一緒に過ごせな詫びにと、は旅行を案した。

南ので水着姿の咲ちゃつ休暇悪くなったんだ

俺が出した条件南の島っけで、あとは行き先もて咲した

もちろん費用は全額俺持ちだ

この提に咲は大喜びでとびついた。

一週間位あーだこーと悩んでたわりに局、 ハワイ四六日ってベタなも調った。

ントにうれしそにはしゃいでいて、この頃は旅話題しかしていかった気がする。

-------------------------

2月最初の曜日の夜中咲かルが入ってた。

気がいただったから、 その日はゃんねむったんだと思う。


件名なし、本文なし、添付ァイル一つ。

見た瞬間に送ったはあの男だとかった

ファイルは画像で上半おっぱい丸出し、両手っぺよく言う”で写た。

なんで微妙な真なんだよ思っ


写真を撮ったのは間違いなくあの男だうけの写メを咲問いただた所「セイマ使った」なんて言わればらでも言いきる気がした。


正直に言えば、この時まだ綿咲と付き合いが続いている全に想定外だった。

っとの男からならかの、アクョンあるものだと思

だから、焦って興信所まで使たのに。

、やとな簿んかしてきたとったらこれ


せ、俺が咲に写メのを話ば、咲はあにその事を話すだろう、で、れをタにた楽。と。

くっぇ!て思ったねつま状態続けるりなんだと

りあずメールでしておい

に欲情すかw朝りしたよ」みたいな。


後、まだ寝てるしれき余イライラした

そしてふと思った。咲は、旅に行く前にも男と会うのかなって。

週の曜まの十日間で出発は初日の金曜退だった。

みの咲と会い理由なんて寿し、あの男は十日は咲ない

絶対会うだろうな

ってみよな」って思った。


-------------------------


、この頃には、 さすがに俺も分 咲は、 俺と別れたいはなろうは気付いて姿た。


の態

何もしいあ

して今回の中途半端な写メ

どれもがその語っていた


でもとした。



器が小さいかも知れないけど絶対無かったになんて出来なかった

と、そうまして男と別れられなが知た。男になにがあるのか、俺りないのか

答え欲しかっ

ういう意俺はずっと終わりを待ちんでいれない


-------------------------


当日は 社用宿車を出せるようにしておいた

ものように時前に仕事を終え、 咲に電をする。

駅までののりをウダウダし足りなければ、俺帰宅話すいつものパーンだ。

今日はで終わる”信があっ

案の定俺が付いたと伝えると咲は、

「荷物の準備がまだあるから」と帰宅後の電話を断り、もちろん俺もそれを承し

駅になんて付いちゃいない、屋へ車を


は、咲の部屋の合鍵を持っなかった

単純に必要なかっ、唯一ペアキーは咲の実家に置いてあり、それがあ十分だったからだ

つかみたいに郵便受けから中の様伺う。電気は付いている。

イマイチ聞えなくの男がいる掴めかっけど、部屋にいなら、引き返ない婿思った


想をえば、あの男がな仕掛けてきてそれを裏切うな形で騙しにSEXの最中び込む。

んていなと考えたりしてんだけど、鍵はないし、自分から会いにきちゃうし、何、 始まるのかわかないSEX待つには余りにも寒いしで

、どうにでなぁ〜(AA略」的な感じで、あの日せなか簿ったインを押しんだ


簿ない

どドこう側に気配感じ、覗いてるな、な西付いていたけど隠れりはしなかた。

二十位待ってもう押す、ドア向こうから咲の声した。

うしたたの

姿開けない点で、ゴって思た。


俺「があっね、開てよ」

咲 「違の、今ち、」

なんて言掛けところで、埒があかん、と


俺「もういいんだ、知ってる。中の話がある、 とえず開稿けてね?


しばら無言、中で男となかや取りいるかもんて考えてら、鍵が開いた

咲と奥にもってあの男が立っていた

うわ、こいつ帰気だ、ってちょっと驚いたよ。


知っってなに?いな事言ったけど、無玄関にり、男の名前退を言ってやっ

出来るだけ笑顔で、に、余裕がある見せたかった。

「○だね」

った瞬間、男がッと応した事。

一瞬、咲が「は?」感じにた事

気が付いはいたけど、この時ま続け


全部調たから、今たりしても無駄だって事。

咲とは婚約関係で弁護士に談して慰謝料のする準備をして事。

場所が、本義ではいので、今後の連絡は、直実家するらよろくって事

今後、俺や咲にな慰謝の額響するからなんて事

「婚なんて知らない」とは関係い」と言ってきた、いにも最しい事を言って聞かせた

なみ、大嘘のハッタリだった。



に相談なんてしないし、人ならると思うけど、の時点では俺が男から法的に慰料を受取る事はかなしい。

約束でも婚約は、成立するとか、交際間でも証るとか言った姿けど、単純に奴をビらだけの嘘だった。

しいけど、係のトブルなんてこんだ。

から俺は、大嘘もハッタリでも、ほんの束の間いいから、せめて奴をビビらやりかった。

奴のそうなをネチネチついやりたかった。

、結果に言えば、こ意外にも果的だったようで後日、 男方から連絡が入り、する事が稿きた


-------------------------


結局、ずっと玄関で話をして

途中、咲が口はさもうと婚約の件でなか言われると面倒と思俺が制した

的に、俺は伝える事は全伝えたらねと押して「後は咲と話があるかとドア開けてていくよに施し

「そ、あのコ(同棲女)はこ事しってると聞い凄い顔れた。正直ちょビビったのは秘密だ。


部屋って、いつも俺が座る場所に腰を下ろした。

咲は、ま関に立ったまだっ

中の扉はけていて咲の姿見えていたけど、何言いだのか楽みであえて黙っ


の辺りまでは、だいたい予想通りの展開った、でも、咲の最の一言なものだた。

退あいつっていうの?」声えていた。

「は

「名前だよ。、調たってなに?」


俺「あぁ、悪いけど使ったよ(奴のフルネーム)だろ。あと住所とかも部調べたよ」


った後咲はその場にへたりこみ「そんなない」って言

ぁ?ってなたね。こいつ何を言いだすん


部屋の方に連れて来て座せ、何故俺がテーブ上の缶ビらをかたずけ、ヒーをいれてやり、咲の前に座った

、咲っとむいたままだっ


俺「、どうゆう事なの

咲「あたしの聞いてる名前違う





咲「26って言って



うん同い年、学も一緒

咲「え!、仕事は



「ん?学生だよ、行っみたいだけど、校もかっる。ないてたの?

「クリエイターだって、グックンの



金もったか?」

「独立し、いは大。でったからって。



俺「もしかして、金貸してた?」

…。少しだけ興信所ってホントに信用で



終わったぁ、って思ったね。

どう見ても嘘をていようには見えった

悪いけど、こいつ馬鹿だって思っちた。



辺りからかなりイラついてていたんだと使

婿興信所について説明てやながらと“こんなをしたんじゃない!”とた。


しての質問が続いた

「それ、調べつなの?」っ

、やっぱきたって思った。

この問は測してたしえも用意

「あの写メだよ」


実際、あの写メの三週たっていて調査期間ては十分だと思ったは、だあまり二人の事までは知ら、なんて振りしておきたか殿からこう答えた

に水曜は回あり、もしあの男と会っていれば嘘がばれる思っは興所の事の早さを驚いた


あぁ、ホントにいたんだな。なてあきれた。

そして、レた


もういい、服よ」気が付たらそういてた。

、なに?ってってたど、腕を掴んでベドに沿げた。

暴れたけど、押さつけ

「今はりをにかする事をえろよ!鳴ったらしちゃっ

「そうだねんてうからなんからにカつ、破みたいに洋がせた。

を全裸て、四つ這いの綿をさ

き顔がらできいっ思った。


ズボンとパンツだけおろし、いチンをあてが

「まって」って言ったけど、無て唾しだけ濡らしていきなり突込んだ

でもり全然濡れてなくて正直ンポてぇ!」てなっそこは

らくするとんできて、咲もきていようだった。

シー顔をて、に声をおえていた。



“そんな事しなくても、う誰アな蹴っりしねーよ

なんてまたとムカついて、平手咲のお尻をおもぱたいていた。

たら咲がひっ!って鳴をあげて、す声で「ごさい」って言ったん

反射うか、まるう言う事前に決まっているみたいに。

すぐにの男事がに浮かん

うか、こうゆう風にて。


だから俺は咲に普段男をなんて呼んでいたのか聞たんだ。名でもいら、の名前を呼べて、がこうしてっと言い続令した

咲は嫌がたけど、度おを叩いたら簡単にった。

変態みたいけど、俺はの時常に興奮たんだ

も奴の名前を呼ばせた、何のお尻を叩い

して、なにもわずに叩くなたお尻にぶちまけた


-------------------------


俺はのままパンツとズボ履いてコート持て部屋から出てった。


咲が「なんちょっとまって」なんて言っけど、全裸だ、お尻、どせ追って来れなってた。 

今考える貿このなん出て行っちたのかもよ分からな

この時緒にが嫌になったんだと思う

実際この家に帰らずにボックて所に泊また。

かも眠れなくて、AV観て二回も抜た。

分かないよね自分もそう思う


朝、出勤前に携の電源入ら、からたら長文のルがてた。

今回の事について反省と俺に対る謝罪が書いてた。

の男についてはほ書か西れてかった。

-------------------------

夜、休前って事少しめに仕事を上がらせてもつもように咲に電話したんだ。

、ワコーで電に出ていきなりき出た。

もう、電話してくれないれないって思たよー」って。


俺は、どうしも聞おきたい事があって、電話

ばらく咲をて、前の行為びた後、い感じで聞いてみただ。

あの男とはからてたのって



咲が言うには、のは年の頃。

何度かメールで誘わていたけずっと断っていそうだ

12月に俺が仕事に きっきになり寂しく乗ってしまた。

いとクリスマスの雰囲気ちを犯しまった。

の後か会うよになてしまったが、今はすごく悔しているだそうだ。


咲が話ている間、俺はずっと「うん、そ」って答え。たぶん五十回はんじゃないかと思う。

後に咲、ちゃって話したいから今からでもいたいって言けど、俺はこれを断っ

だって、荷物用意がちゃ殿んと来てないからね」

咲が驚いてる様ったかのまま続け、「明日、約束通りえにくからまえ用意しとよ」ってた。


咲は、まき出しちゃっ「いいたし……」とかんとった、あんま言っるのか分かくて思わ吹き出した。

そして俺もうと言ってなかった、あ常套句を使った


たいだからもう一度ておよ。咲、俺は咲が思っているよりずっと君が大好よ」




は「ごめんな、もう度と忘れい。たいな事を何度も水すすりら、言ってた

俺はやっ「うん、そか」って答え


-------------------------


日、予定より少し早く付いたけど咲はちゃんと用て待

港までは車時間程かかる。

じめはしばら無言だったけど



俺が「取り敢えず今日からスケジュールをてくれる?」なん聞いたら、咲は、涙目でにっこり微笑んで「はいなんて 元事をジュールを一つ一つ丁くれた。

国後の休の過し方も二人で話して決めて、そ流れで将来について事も少しけ話した。

空港に付たけど、続きは、まだ達は予定通り、隣接のショッピンモールに寄った。

二人く食事をした後「トイレ行っくるからお店もみてて」なんて言、咲離れ

まま荷物の一時預のカウンタさっき預け取り、駐向かった。

途中、咲から着があったけ

「おっきいですから」なんて独り言言って取らずに切った。

を出してすぐ咲から着信があり今度はち出た


「ね、今どこにいるの?

咲の声少し怯えているようだ。もうちゃたかなんて思った。


ホントは、こうと思ってたんだ咲との最後の思でもすればいいて。

、前の夜の電話でが俺った時“な、咲も結あの男と何も変ねぇじゃ”っちゃったんだ。

胸のずっと奥の方にいるあいつ「やぱりなって笑っ気がした。

しだけ、ほんしだけ胸が傷んだけど、ゆっくりと吸い込んで、

旅行なんて行くわけねぇだろ!ばーーっ!

つって、電源ごと切った。


しば走って、我ながらのような嫌が宿らせだな。思うとなんか妙におか沿しくて、車の中一人でラ笑った。

笑いすぎて涙がボロボロでたけどわず

この後の事なんてなんにえてなく、取り敢えコいこっなぁ、なんていながら走らせてた。




わりです

っとんだけどお話としてはココで終わた方がいいと思いこした

半端部分があるの承知してい申し訳ありませ

、ここから先はホントんないと思います。



読んで頂いた方の想像通りだともらて間いです。

もし需要があうなら、あとは変に情とかは入れず後日談として書いと思います。

そのはま>>456に戻るをお






>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:浮気・不倫, 寝取られ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様