2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

彼女の浮気疑惑である復讐を決意した

 




456 :えっちな18禁さん:2009/02/08(日) 12:56:30 ID:xqI6QP120
NRTとは少し違うかもしれないけど、俺も書いてみてもいいかな?


彼女とは、俺が大学三年の時にサークルのコンパで知り合った。

名前を仮に咲とさせて下さい。

咲は新入の一回生でとにかく抜群に可愛くて、男性陣の猛アタックを受けていた。

俺は当時(つっても今もだけど)背が低いもやし君で自分に自信がなく、まさか後に彼女と付き合う事になるなんて夢にも思ってなかった。

話が逸れるので馴れ初めは端折るけど、コンパから三ヶ月後正式に俺と咲は付き合うことになったんだ。

それから三年間完全に咲一筋だった。

就活とか大変な時期も咲は俺の支えになってくれたし、俺も彼女に尽した。

今思い出しても夢のような三年間だったと思う。


さて、ここからが本文。


あの日、俺は上司の運転手役として酒の席に参加していた。会も無事終わり、上司を送るとたまたまだが咲のマンションまで車で15分ほどの場所だった。

(咲は、三年になった時に親の説得に成功して念願の一人暮らしをはじめていた。親と同居の俺は、週末はほとんど咲の部屋に行っていた事もあり家賃の半分以上だしてやっていた)


時間は十時半を少し回っていたと思う。

俺は、ほんのいたずら心で咲の部屋に突然の訪問をする事にしたんだ。

ドキドキワクワクしながら部屋のインターホンを押す、・・・反応なし。

もう一回、・・・・・・反応なし。



あれ?今日なんか予定あったかな?

なんて思いながら路駐してある車に戻り電話しようと携帯とると、咲からメールがはいった。

正確には覚えてないけど、

「まだお仕事中かな?いつもおつかれさまです☆今日はなんたらかんたらで実家にいるよ、少し早いけどもう寝るね。週末が待ちどうしいよ、おやすみ☆」

みたいな内容だった。

実家に帰ってるのか、残念。なんて思いながら即電話、しかし出ない。

全く疑うことを知らない俺は消沈して車をだした。

でもすぐの信号待ちで信じられないものを見てしまう。



咲だ。男と歩いている。どう見ても部屋に帰る方向だ。

知らない男だ。誰だ?

つーか実家で寝るんじゃないのか?嘘をついたのか?何故?

少し混乱したが、信号が変わり車を出す。そして次の信号でUターン。

「見間違いだ!」自分に言い聞かせて戻る。

マンションの前は一通になっていて車だと回り込む必要がある。途中、信号につかまってイライラする。

マンションに付いた時はもう人通りはなかった。

中に入ったのか?まだなのか?なんて考えながら車の中にいると電話が鳴った。咲だ。

「電話くれたよね?ごめん充電してて聞こえなかった」

俺は、かなり動揺したが、それをなんとか隠した。

聞かなければならない事があった。

俺「今日、実家なの?」

咲「そうなんだよ、用事たのまれてねー」


そして、いつもの他愛もない会話。

俺は今から帰るところだと伝えた。

咲「遅くまでごくろうさまです。土曜日楽しみにしてるよ」

なんて言って電話を切った。

電話の周りの音は静かだった。外を歩いている感じではなかった。

部屋にいる。どこの部屋だ?実家か?それとも此処か?

車から降りてマンションに入る。

エレベーターに乗り五階の咲に部屋に向かう。

さっきのドキドキとは全く違う鼓動がする。

部屋の前に立つがインターホンが押せない。

迷う必要などないはずなのに怖い。

部屋にいるかいないか確認するだけでいいんだ。そう思いドアの郵便受けをそっと押し上げる。

内側も受け口になっているから中の様子は見えない。が灯りがついている事はわかった。

いるじゃん・・・。いや、でも一人のはずだ・・・。

耳を押しあてて中の様子を伺う。




463 :えっちな18禁さ2009/02/08(日) 14:06:11 ID:xqI6QP120
かすかに、音楽の音と男女の声が聞こえるまでは聞れない。

ただ、間違いなく男にする

もう完全にウトよ。恋人に嘘ついて男に入れだも

ど平日だよ。なんだろうな。な奴・・・。

なん考えていると、バタと足が聞こえめっちゃた、わずエレベターまで逃てた。

たら、ボッゴーー湯機が動き出したんだ。

秋だったでお湯使うほどじゃない。呂だって気付いた

部屋入っ手に小さなに扉があって洗、トイレ風呂ニットバスになっている。正面も扉があて、奥8畳どのルーだ。

っくりとドアの前に戻た郵便受けから中様子を伺う。

今度は結構はっきりと声がこえ

ーか、いっしょに入ってやがる! あのそ狭い風呂に俺だてあっしに入っとなんてなのに


シャワーの音共に聞こえる楽しそうな笑い。そして

「あはちょ、まだだって、」

「もぅ、あっんっ!ま調、あがっ

声だたりだけど・・・。風めやがっ稿


同じロアの見つったら間なく通報されそう格好で恋人の浮気SEX盗み聞きす俺・・

多分すげー汗かい思う吐き気や眩暈がす訳がからかっ

そんなオレの事なんて当係なく、風呂かは咲の喘ぎ声こえ・。

「あっあっあっぁ!あぅん!あっあっ!」っ

は、を出す方だ。腰の動きに合るような喘ぎ方する。

俺はの声が好きた。まさかこに聞なるなんてってなかったけど・・・。



何分うして聞いいた? 

風呂からは相変わらず咲の喘ぎ声が聞ている。

狭い風呂だ、でる体位なんてかが知れてる

稿想像して信じられないこに勃起したんだ。それもビンビン

なんかう、自分がなった、気持悪かった。うでもよくた。

廊下ゃなかったらここオナニーをしていたかもしれな


ラフ調ドアをれてエレベーターを呼ぶ、到着を待つ間にどうしもなわれて突咲のおもいっきりアを

足のみで、慌ててエレベーターに乗り込みマン出た



どのルート帰ったかんてていない。

深夜だっ呂に入っ思いきり泣いた声をすた槽に頭まっていた

んど一もせずに仕事にた。



466 :えっちな18禁ん:2009/02/08(日) 14:42:57 ID:xqI6QP120
すまん。一旦止まりす。

実はこの話まだ暇なとた続きをかせて下さい

なみに実話です。



-------------------------


475 :456:2009/02/09(月) 23:53:57 ID:XqRIhkdM0
すまん。>>456です。

は、勤の時書き込もうと携に書きためた、どう俺の携帯からココへは書き込らし

段ロム、そともなかった、結構書蓄めた反動でちょっと心が折れまし。申ないです

間があいたけどちょっ貿書きます。




日か俺は咲ルにとんど返しなかたしでなかった。

対応も我ながらおかったと

週末咲の買い物に付きう約束があっけど調不良をールで断った


そしたら、日曜にお見舞なんて言い出したから日には会わざるを得なくってしまった

俺の家にられるはヤだったんいつも通が迎えにいって外で飯だけ食べて帰る、って感トを事になったんだ。


は、咲とあ至って普通に応したつもりだった

いかにみ上がでちょっと疲れてますよー宿いな演技をしていた。

際ここ数日てまとに喉をらなかったし少し痩せて疲れていから俺なりには技だった思う。


し咲はそんな俺和感をじとってい、あらね誤で俺にし不信を募ていたようだった

そし、その感情を二日後する

事が終わりいつものように電話でる時だっ

 「ね、もしかしてあたしの事ょっ避けてたりす?」

 「そ、そんなわけだろ」

は、動揺しい喋り方が固便なっんだとう。


咲 ほら、わかりやすいなぁ


なんてわれ俺は慌てて取り繕った

、あの夜事はどうして言いせなた。

そして咲は信じないリフを言った


「そっか、浮でもたんじゃいかった」って胸のをなにかでぎゅっ婿潰されような気持ちになった。

お前がそれ言うのかよ携帯つ手が震えたよ。


「浮気なん絶対にし忘れ俺は咲が思ってるよもずっの事が大好きだ」

った後、思ず”言えなんて自分を褒めやりたくなったよ

後のくさいセフは、「愛して」がどうしてく言えない俺の常套句だた、ちょっとし喧嘩た時でも、咲のことを聞けばふにゃ照れて俺に絡みいたりし

「そか、そうよね、ごめ疑ったりて…。」

俺「いいよ、俺もごめんな仕事ばっか構ってやれなくて、そだ、日なとか早めに終わせる夜少し会わないか?」


に意わけじゃなく普通に流れで誘ってしまっ

でも、誘殿あっさり断られたんだ



「ごめんさい、○子と約束があるの

○子って咲の親友俺もよくっていだった。

最近うまいっないらその愚を聞いんだだ。


ウチに泊るから、でも夜話はちゃんとしてね」

「そっか、うんわかった」

んな感じでその日貿電話はった

でも何と無く違和感を感じたんだ。



あの流れで俺の

なら俺だってよく知ってるら俺いたってよくね

そう考感は一に疑惑に変わた。そ、明日曜だ。あの夜から丁週間だ。


この一週間咲俺へ対応は本当もとまったく同だった。とてしているなんてじられなかっ

そう考ると、あ男とのそこそこ長いんじゃないて思えた。


手帳眺める、平日は仕事の事しか書いなのか?毎週水曜日に会うよにしてい

惑はを悩せて、そて明日会いみようめた

-------------------------

の日、結構頑張殿たんだけど終わったのは8時回ってしまった。前みに社用車使えないから電車で行く必要あっ

乗り換えんかあり、軽く一半はかか

当然なしもりだったから、もし留守だっ 嘘なんていてなくてと一緒だった

て考えると足重くなっ


かも、電車乗ってる時に咲からルがはい

容は、○子と家で飯を作って食べ事。

は彼氏に呼ばれて結局帰る事た事。

が結構残っるかもし早目に終なら食べにこなかっだっ

なんだそりゃ、っなった

夜中で悩んでいたのたんだっ

けど、いまさら帰のも馬鹿らしいし人にで送っもらしてんでくよ」と返信た。

こうな、あの夜の事ちゃんと話さと考えた。


、い面と向かと、とてもり出せ

はうまいし、あんな事言ったせいか咲は、いつもよりなんかやいし通に幸せを感てしまった。

だから、俺は少し計画を変するこたんだ。

が、どなに咲をか、俺なに必死に


忙しくてしいせている事を詫

の卒後、結婚を剣に考えて稿を伝え

は咲も涙目で聞いてれた。

当然、咲の心届いたとお

れで浮気を止めるなら全てなた事にし

そう思った。

 



合ってスをした。

少し雰囲気なっど、車で帰るに30分までにを出ちゃならなくて、その日何もせずに帰ることにしたんだ。

ョン下まで咲は見送りに来

「今週末は久しぶりにでお泊りをし

そんな束をして別れた

気持ちは伝わったと信じてい


-------------------------


マンション出た時、対側の自機の前に男が立っいた。

携帯てい風だったけど間いなくこちを見ていた。

一瞬、が合った。

見間違えたりなんてしない、あ男だ。口が笑っる気

あのとき、よく俺は、らないりができたなと思う

がマンショの前で見送ってい筈だけど一度もれな

貿を曲がった所立ち止まり、影から

咲の姿はない。男マンンに入っいくところだ

ゆうこと 

今日、咲っていたのは○子じゃなくてやぱりあの男だったのか? 

俺を呼だのあの男示か? 

俺は、ずっと当然は、じていた

男こそ浮気相手だ、ちとし遊び手だと思って

だってあ男はに俺いうることを知るはずだあの日、咲は部屋ら電かけ、その時あいつはいたは

だ?うゆうことだ?


-------------------------

多分、このとき俺はちょ壊れたんだと思う。

かどか少し悩んだんだけど、ホントのだからちゃん書くよ。


には行かなかった

に帰生まれて初めて、初での「自傷」っをしただ。

ったカッタ左腕の外側をシュパッて。

この日の感情いために

めたれないために

ったよりいっぱい血がでてビビ

然痛くなくてれ?なんて思ったけど後からめちゃめち痛くて後悔し

キモいよね。まんね




分からない事だらけだっ

らないというより納得がいかな 、って正しいかも。

でも色々勝手に妄想、や事にしたん

に角、最なんだと思うにした。



唯一っている俺が“知いる”事を二気付いていないだろうって事だけだった

理由があるかさっぱり分からないけど時の段階で 俺とはま だ恋人、普通にSEXだってでるだろう。

それが仮に、あの男に許を出ているからだけだとしても全然わな

いきわかず振られるよりだ。

この関係がいつまで続くも分かない

だったらギリギで騙されこっちが遊でや


の為に俺は、咲を吹っ切る要があった。

情に流されるよう事がないように。

ないように。

完璧な芝居を


-------------------------

ず俺は、あの男の事が知りたかった

こっちも何も知らなんじゃ同じ土には、立てないと思った。

ラリーマンの俺じゃないと思い、躊躇なく興信んだ。

依頼内容は

「婚者の気相手身元調査」

れ、普通の浮気調査よ高かったんだけそうゆうものなの?、ボれたまぁいいや

り敢え夜にだいを付けて四回張りついてもらう事になった。

も、チリ1日目ヒッした

っぱりのはまっているたいだっ

ず中間ってで、わずか二で報が出来

中間報告って事だっ頼した使って使いた。マジ興信所えぇって思ったよ。



一番ショックだったのが、の男は、咲と同で、 ま学生なんて身分だった事

俺も初めは学生だは思ったこんな非常識事が実にできるんだし、少ともより年上の経験豊富な奴なだと思い込んでた。

しかもこいつ、同棲してたゆうかの家がり込んいる状態だった。

よくこんな状の奴の名前やら実家ので二週間で調べられたなぁなん感心した

信所は、同棲事とか奴の入とかも調ますか?なんて聞てきたけ部断りこれがそのま、最尿事に

と、興信所の人は色々助言をしてくれた。

、警告に貿

まぁ平ば、この調査報告を使うな。っった

義務ある、裁判所とか警察なんかから開示依頼がればウチは全面的に協力するね、

か、例え当に突発的なトラブルになったとしても、こうゆうコトた以上、なんらかあったなんてれても文句よ? 

とか、法的な段ずに金銭の求をら犯だよ

、相手のようなを流目だよ

、そんな感じ


っぽど俺がこういうをしそに見えるんだなと感じ

もししたら咲をたときに、むしろ俺こそがストーカーかなんかじゃないかとのかもしれない。

まぁ実際“宿てのは、半分嘘調、仕方がないとは思ったけどね



くこれで、 俺はを知ることがた。ある意味、咲よ詳しいかもしれない

正直俺は少なから恐怖を感じてんだ

基本俺はチビのもやしね、喧嘩になったらまずコボコにさのは俺の方違いい。

、 相が年下の学生だなんてかっただけでも、随分気分楽になった。

勝てるかも”なんて、咲を寝取れて時点で、もうているんだけど思ようた。


-------------------------


話は咲に戻 

あの「稿の夜から三日後ちは、久しぶにデらしいデートに出かけた。

俺が提案しースだ。遊地でで学頃によくた公園を歩いた

夜は、 ちゃんとしホテルをって、ちょっとお高いディナーを食

沢山話して沢山

俺は、 自分でもびする位、 普通に振る舞えた

完全にに楽しむ事ができた悲しいけど、俺はこうゆう来る人間なんだと知


、当SEXをた。実は不安だけど俺はつもと決定的違うをしたんだ

然大し事でいんだけどにとっては寿第一歩だった。


咲と付けにした事がなかった。必ず使用した。どしても無いとき慢した。

が「大丈夫だ」とって貿なに拒た。

それがの最低限マナだと信じていたし、そんな自分に酔っ所もある。

、あ夜はじめて着なかっんだ



はホトよく覚えている。

常位だった。いれた時、咲は少で「けてなね?って

俺はんだ駄目か」と聞い

したら咲にっり微笑んで「いい」って答えた、そ腕を体を引きせて「大って言ったん

萌え死ぬ”っのはこうゆうを言うゃないって位クラク

言い訳いに、俺自身年以の感覚だった

それに多分一週間以上自己処理をしていなかた事、な婿によじめの本当の体温にめちゃくちゃ興奮したんだと思う。

一回目はホンすぐいっゃったんだ秒ももたなかった

ってなってて抜いたら出ちゃった、みいな。

二人で目を丸くして、「え、もうってなっ笑した事をよくいる


その夜は、朝方まで何度も何もした

は、粋に疑問なけどゴムをするとないでは、 女性側も感方は違ものなのな?男の方は全然うし、その理屈も分るんけど…。 

、とにかくあの夜いつもより凄た。

俺にしがみついて、き」って言った

腰をけて全身わせてイった

が求れば度でも応えてくれた。

さい言い方だけどで一番熱い夜尿った思う



な最でも左を意識すば、あのの感情をすぐに取りす事ができた。

胸の奧の、なにか黒くてドロロした分にの日のがいつもいて、「ふざけるな」ってみ付けている感じ。

この感覚が湧き出るたびは、「そう。ふざけんなよ、く女」って心のさけんいた。


結局、この奇妙関係尿こから五か月弱続く。

の年の三月の、俺は咲と別れるこになる。

-------------------------


の頃12月の中頃までは、週末は全て咲とっている

逆に平日はっていない。れは識してそうしてい

必ずSEXをそして俺要求を少しつエスカレートさせていた。

エスカレト、なんて書と少し大袈裟だな

所詮、なんて人同士なら多、 やっるような事だとけど俺からすば大冒険だった


例えば、“大おも”ってのをネットで購入した。勢い余て四買った。

隠し軽くみたSMっぽい事をれを使用した。

イレで口でさせたりドライブ中に手でさせたりした

理中も強引にた。



の時生まれては西じめて中だしを験し

咲は、こういった為を一、はじめは嫌がだけど、最終には必ず同意し

れは、俺に対るなに罪悪感のようのがそうさかわからかったけど、俺に都合だった。


、咲はMの人だった。咲は凄く勝ち気格で、こういった面があったくもしていかっじめは惑っ

けど、そはあの男の事がちらついて、の男にこんれちゃったゃねーの?」と勝に妄に俺Sの部分を刺した。

-------------------------

退って書くとそこそこ楽しでいるように かもしない。

、咲と会わない日、人でいたり時には閉じ込めた筈の感情がい出なかと緒にき出てきて頭がしくなるんじゃないかって位苦しんだりした。


特に水曜日きつかった。

実際、ホントにあの男とっているかどうかなんてわからないんだけど、認すうな真似はなかっ

夜、どうしても想像してしだ。とあの殿SEXを。あの男しがみついて、よがり狂う姿を


男はの事宿咲に聞くはずだ、その話をネにしめ立てるは

もしした呼ばせていたしれない。

そうて悦に入って咲玩具うに弄んでいるはず

咲はその時どう情で俺のを想

宿んな想像してオナニをし

信じれないかれないけど、あの男に責めら想う咲を想像してすのはれまで見たどんなAVなんかも興した。

時はそんな為を朝までけた

すご嫌悪に落ちて死にたなった。

そんな時は、とにくがむしゃ中する事で気を紛らわせいた


-------------------------


12月に入り、月休暇に向けて忙しくをかたずけていた所に、んで入った。

側のりえないでトブル起こ処理支店に回ってんだ

正月休どこゃなくなった中頃から末まで連続を余儀なくされ

終電に間に合なくて会社に寝泊ま日もった

と二けこれまた本社側都合で休みにはたけど日からは下、独員のほとんど社させられた。

なんと見通しがいたのが、本来初出になるはずの七日で、この次が会社から受けその年初の命令はれ」った


要するに労働時間長す西ぎるってで、俺は強月の湿終わから十日の休取らされる事になっ

? なんててものは咲の事かな、クマスもろに一緒に過ごかったおびに俺は旅行を提案した

の島で姿の咲いちゃつく休暇も悪くて思っただ。

出した条件は南の島ってだけで、あとは行き先もランも全て咲に任せるにし

ろん全額俺持ちだ。

提案に咲大喜びでとびつい

間位あーだこーだ悩んいたわには結局 ハワイ四泊六日ってベタなものにた。

咲はントにうしそうにはしゃい、この頃は旅行の題の話ししていかった気が

-------------------------

西初の水曜日の中、咲からメルが入ってた

が付いたのは朝だったから、 その日はゃんとねむっただとう。


なし、文なし、添付ファイル一つ

た瞬間に送ったのあの男だとわか

添付ファイルは画像で、上半身裸で小さのおっい丸咲が、両で頬っぺをつりよく言う“変顔”で写ってい

「なんでこんな微妙な写んだよって


写真を撮ったのはくあの男だけど、この写メに問いた所で、「ルフタイ使った」なんわれればいくら気がした。


正直えばこの時期、まだ咲合いが続いている全に想定外だった

あの男からなかの、アクショがあるものだとっていた。

ら、て興所まで使った

で、やなんかしてきたと思ったらこれだ。


どうせ、俺写メの事を話せば、咲はあその事を話すだろうそれにまた楽しと。

くっ!って思ったね。いつでこんな状るつもりなんだと。

りあえルで返信はしておいた

夜中に欲情すかw朝っくよ」みいな。


送った、まだ男と一緒に寝てるかもしれないと気付き余計イラ

そしと思ったんだ。咲は、旅行に行にもあの男と会うのかなっ

休みはら翌週での十日間で出発の金だった。

間は会わい理由なんないし、あ男は十日間とはい訳だ。

会うだな」

ってみうかな」って思った


-------------------------


は、頃には、 さがに俺もは、 俺と別れたい訳ではいんだろうな、と調いてた。


の態度。

何もしないあの

回の中途半端な写

れもが事を物いた


、もしにそうだとして手遅だった。



器が小さのかも知れないけど、絶対に無かった事になんてなかった

れと、そうまでして男と別れない理由が知りたかっ。あの男があるの何が足りないのか

いく答えがしか

そういう意味、ずと終わんでいたのかもしれい。


-------------------------


当日、 社用車を出せるようにしておいた。

つものよに十前に仕事を電話をする

までのりをウダウと会話し話し足りなければが帰宅後、また電話するのがいものパタンだ。

でも今日は回目の電話で終わ”確信がった

の定俺が駅に付伝えと咲は

物の準備まだあるら」と帰宅後の電断り、もちろんそれをした。

になんて付いゃいない、の部屋へ車して


、咲部屋合鍵を持なかった。

純に必要なかっし、唯一のスアキは咲の実家ありそれがあれば十分だった沿

いつかいに便受けから中のを伺う。電気は付ている

音がイイチ聞こえなくて、あの男がる証掴めなかっけど、部るなもう引き返せないと思った。


理想を言えばあの男なにか仕掛けきてそれを裏るよな形で騙らにSEXの最中にも飛び込む

のがいいなぁと考えりしていたんだけど、際は鍵いし自分から会きちゃうし、何時、殿まるらないSEX待には余りにも寒いしで、

「もう、どうにでもなれ〜(AA略」的な感じで、押せなったイホンを押したんだ


事はない

ドア向こうに気は感寿じる、な、なん気付いていたけど隠しなかった。

十秒位ってもう一度押す、ドアのうかの声した。

どうたの、なたの

に鍵開け点で、ビンゴって思った。


「話しがあってね、けてよ」

咲 「違、今ちょっとね、」

なんて言い掛けろで、埒があかん、と思


「もういんだ 知っる。男に話があるら、 とりえず開けてね?」


ばら、中でかやり取りしいるのかも なんてえてたら、た。

咲と奥にもっの男が立った。

うわ、こいつ帰だ、っちょと驚いたよ


咲が知ってるってなにたいな退言ったけど、無視して玄関に入り、男の言ってやった。

来るだ顔で、紳士的に余裕があるように見かっ

「○君だね」

言った瞬間、男がピクッ反応した

、咲がは?」て感った事。

気がてはけど、この時はまま貿た。


部調べたから、今更逃しても無て事

婚約関、弁護に相談謝料の請する準備をしている事。

いる場 本人では後の連絡は、直実家にからよろしくっ

今後、咲になにかしたら謝料のに影響するからなん簿て事。

途中、「婚約なんて知ない」とか「親は係ない」とか言ってきど、にも最もらしい事を言ってかせ

ちなみに、大嘘のッタリだった。



に相なんしていし、詳しい人ならわ退かると思うけど、この時点では俺が男から法的に慰謝料をけ取る事はかなり難

口約でも婚約は立すとか、交際期間でも証になるとか言っけど、単純に奴ビビらせる為けの嘘だった

悔しいけど、係のトラブルなんてこんもんだ。

ら俺はでもハッタリでも、ほんのの間でもいいかせめ奴をビせてやりたかた。

の嫌がりそうな所をネやりたかっ

ま、言えば、これは意外にも効果的だったようで、後日、 男の方ら連絡が入り、話する事ができた。


-------------------------


関先で話ていた。

途中、咲をはさもうとしたけどの件なんか言れる俺が制した

最終男は無言になり、俺は伝る事はて伝えからね念を押して「後は咲とがあるから」ドアをて出ていくように施し

れ違時、ば、あ(同)はしっての?聞いた凄い顔で睨まれた。正、ちっとビビったのは


部屋に入って、つも俺場所に腰を下ろした

咲はまだ玄に立っままだった

中の扉は開いて咲の姿が見いたけど、何いだすのしみで、あえて黙って


この辺りまでは、だたい予想りの展開だった、も、咲最初の一言は予想外なものだった

「あいつ、っていうの?震えていた

「は?

「名前だ調べてなに?


「あぁ、悪い信所使った(奴のルネーム)だろ。あ住所とも全部調たよ


った後、はその場にへたりこみんな人知らない」て言ったんだ。

?ってなったこいつ何を言いだすんだと


部屋のて来てせ、か俺がブルの上の缶ビーやらなにやらをかたずけ、コーヒ調をいてやり、咲前に座った

ずっとうつむいたままだっ


「で、どうう事なの

咲「たしの聞てる名前と違うの」



俺「?」

26って言てた」



うん。違う。と同い年、

咲「え!じゃ、仕は?」



?学生だよ、行いみいだど、学校分かってる。なんて聞いてたの

「クリエイターだって、グラフデザインの」



「金もってたか?

独立、いまは大変。でったかって。」



俺「もし金貸して

咲「無言…。少け。ね、その興信所ってホント信用できるの?」



終わったぁ、って思たね。

嘘を付ていうに見えなかった。

ど、こつ馬鹿だっちった。



この辺りから、かなりついいたんだと思う

に興ついて説してやりながら、ずこんな話をたんじゃない!”と思ってた。


そしの質さらに続いた

れ、調べたのっていつなの?」って

あ、やっぱきて思った

この問は予測してたえも用してた。

「あの写メ


の写メの日から三週たっていて調査期間ては十分だと思っ、俺は、まだあまり二人の事までは知ないよー、なんて振をしたかったから、こう答えた

水曜は二回あり、もしあの男と会ば嘘がばれるとけど、興信所の仕の早さを驚いた


に毎週会っていたんだな。なんれた。

そして、キレた。


もうい、服脱げよ」が付いらそういってた

咲は、え、なに?ってなってた、腕を掴んでベッり投げた。

れたけど、えつけて

「今はの怒りにかする事を考えろよ!」って怒鳴ったら、泣ゃった

でも、「宿ね」なんて言うからんかさらにムカ取るいに服を脱が

裸にして、四つ這いの格せた

泣き見ながらは、できて思った。


ボンツだけおろして、いきなりチンポをあてた。

が「まって」言った、無視し少しだけらしていきなり突っ込んだ。

でもっぱり全然濡れてなくて正直「チンポいぇ!」っ、そこはまぁなとか慢した。

しばらくと馴染んできて、咲も感じてきているうだった。

シーツにを埋めて、死に声えていた



んな事しなくても、もう誰もアなんて蹴りしよ”

なんて思またちょっカついて、平で咲のお尻をおもいきりたいた。

たら咲が、ひっ!っ悲鳴をあ小さな声ごめんなさい」って言っ

反射うか、まるう言う事が事前貿っていたいに。

またあの男の事が頭かんだよ。

そうか、風にしてって


ら俺は咲に普の男を呼んでいたのいたんだ。偽でもいいら、その前を呼べっ、俺がてる間ずっと言続けて命令

咲は嫌がたけど、一度お尻をいた単に従った

変態たいだけど俺はこの時異常に興奮んだ

何度奴の名前を呼、何度も咲のお尻を叩いた。

て、なにも言わずに叩かれくなったにぶた。


-------------------------


俺は、そのまパンツとズボン履いてコ部屋から出てた。


が「なんで?ちょとまって」なんて言ってど、全裸だし、お尻汚れているし、どうせないってわかってた。 

今考えと、この時なん出て行っゃっか自分でもく分ない

、この時はもう緒にいるのが嫌にったんと思う。

実際の日は家に帰ずにビデボックスっ泊まった。

も眠れくて、AV観て二も抜いた。

かんよね?自でもそうう。


朝、出勤前に携帯の電源たら、咲らやたら長文のールが届いてた

今回の事についての俺に対する謝罪が簿てあ

の事についほとんど書かれてなか

-------------------------

み前っ事で少し早めに仕事を上がらせてもら沿えて、つものよう咲に電話したんだ。

で電話いきな泣き出た

「もうくれかもって思っよー


、どうしてもいておき事がって、その為話だった

ばらくて、日の行軽い感じで聞みたんだ

「あのとはいつからの?」っ



咲がうには、知り合のは年の頃。

ルで誘れていど、ずっと断っていた

、12月俺が仕事付きっきりになり、寂て誘いに乗ってしまった

の勢いクリマス雰囲気で過ちをしてしま

何度か会なっしまったが、すごく後している。だそう


が話ていはずと「うん、そか」っ答えていたたぶん五言ったんじゃないかと

後に咲は、ちと会っ話がしたいかららでも会いって言ったけど、俺はこ断った

て、まだ荷物の用意がちゃ来ていないからね」て。

咲が驚いてる様だったからそのまま続明日束通り迎えに行くからおえも用とけ」って言った。


は、また泣き出しちゃって「いいのたし…なんて…かなたけど、あんり何言ってるのか分なく思わ吹きした

て俺は稿ってなかった、あ套句を使ったんだ


れてたみたい、も一度言って。咲、俺は咲が思っよりずっと君が大好きなんだよ」

って。


ごめんさい、もう二度と忘ない」みたいを何度も鼻水すすながら、言

俺は、やぱり「うんうか」


-------------------------


予定り少し早く付たけど咲はゃんと用意しってた

二時かる。

しばら無言だったんだけど、



が「取り敢えず今日ジュを教えてくれる?」なて聞いた咲は、涙目でに微笑んではいっ」なんててスケジュルを一つ一つ丁寧に説明して

宿日の過ごし方も二人で話して決めて、湿の流将来について事も少しだけ話し

空港に付たけど、手続きまは、まだ余裕ありは予定通りショッングモールった

人で軽食事をした後は「トイ行ってくるらおでもみてて」なん言っ咲と離

ま荷物の一時預ウンタで、さ稿預けた荷受けり、駐車場かった

、咲から着信がったけど

おっきい方でから独り調言っずに切った。

してすぐまた咲から着り今度はちゃと出た


、今どこにいるの

咲の声はようだった。もバレちゃなんて思った。


トは旅行には行こ思ってたんだ。咲との の思出にでもすればいいって。

前の夜の話で咲が俺言った時、“んだ、咲あの男と何にも変ねぇんじゃん”って思っちゃった

胸のずっと奥の方にるあいつが、やっって笑った気がした

け、しだけ胸がだけ、ゆっくりと息を吸い込んで、

「旅行わけねーーかっ!」

つって、ごとった。


しばらく走って、我ながらガキのな嫌らせだな。なんて思うとなんか妙におかしくの中でゲラゲラ笑った。

笑いロで構わず笑続けた。

の後の事なんてなんにも考えてくて、取り敢えずコいこっかなぁ、なて思いながら、車走らせてた




りで

西と悩んだけど、おとしココで終わった方がいいなと思うしました

中途半端な部があは承知しています。申し訳ありません。

、こからはホントつまんないとす。



読んで頂いた方の想像通と思て間違ないです。

があるよう、あとは変情とずに日談として書きたいと思います

の時はまた>>456に戻事をお許しください






>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐・倍返し  |  タグ:浮気・不倫, 寝取られ,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様