2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

自業自得

 

\ シェアする /



結婚8年38、妻 桜子33歳娘 麻衣5の3家族

の悩みは妻がセックに消極的

妻はセックスては幼い感毎晩手繋いでるのですが、セッきではようです

に子供がまれらは断多くり、今では月に良いとこくても3回ほどしか応え

それもどんなに感じていも後ろからどはてもらえず、以前、妻がイク直前で我れている時にバに変化させましました後までいきたい気持ちよりも恥ずかしさが勝てしまうのか、怒っやめしまいました。

てやなどはもっての他で、そのような事をようとすれば、怒ってしまって口も利いてませ

ラも自分からはした事てしってる時に口に当てると、口の中に入れせてくれるという程舌など使った事はあ

ですら、 妻とセックス ほとんどパンが決まってしっていて、しばらくキスをしてからオッ、次にオッイを舐めながら妻感じてきろで、下に手を持て行くのですが、まだ感いとを押て拒否さてしまありま

首をいながらも敏感な部分って、ようやく正上位で交わって、妻にタイミングせて出します。

のタイミンしく妻が先イクと私まだでもてしまう事があのです


でも私惚れてて、る気などは全く無く、私の望みは 妻とクスをなので



の愛車の検が近付き、もう一度検を受けようか思い切ってに変えようた頃買い物出掛けた妻がケーキを提げて帰って来ました。

ケーキをてくるのは珍しくあませんでしたがなのに この日は4個入ってます。

「3個だと箱がし大きい感じがして、中に動いてしまれそたか

かし、私は、妻が4買ってき訳が分かっていました。


、今では芸能界に興味を示さなか妻がぜか韓流ームまっまい、買いえて欲しく ここのところよく来、今もおなったディーラー新しく係りになった若い男好きに似ていると、以前が嬉しそに言ったことがあり、そのが今日カ来る事なってたのです


論、男性に興味がい訳でいのでしょうが、今まで一度もそのよ素振りを見た事はありません。

、 彼が来る日は今までと違、心ときめくのか普より念入化粧をし、彼が来時間近付く今度姿姿見に全身をックを始ます

「甘い物目で

「いいえ。どかと言うお酒が好きで、普段あまりは食べ無いのですがだけは物です

「良かった」

『何が良かっただ。前 彼ーキは好きだと言のを覚えていて、わざて来

しか、 妻には浮気でする気は見られず、ちょっとした恋心だと分かっ私は微笑ましく見いましたが、その時恐ろしい考えが頭浮かびます

『もしもと桜子浮気したらうする?

離婚するか?それも弱みに付け込、今までさせてもらえなかった事を色てみ

衣はおいて出て行けと脅せば、きっと子はするぞ』


しかし、から浮気す事など絶対有り得ないで、万が一そなったら私も嫉妬に それどころではいでょう。





の日はが来た事で恋している少女のような気になっていて、夜って誘ってみると、や断わられてしまいました

このまの状態いのか?桜子に弱たら変わるぞ』

いくのよな事考えてみても、結局、妻に限って浮気る確率は限りなく0に近くて現実ではありせん。

それに妻は しっかで優して、ックスを除けば私とって申し分のない妻なののような事になっ妻との関が壊れ危険性を考えれば、まの暮が一番良いと 直しました。

より像の中だから良いものの、実際にそのな事をせる、私大では無いょう。

私は、このような事を真考えていた自分が可笑しくなり、笑い飛ばたがと彼が抱ている姿を想像すると、不議な興奮があった実で

この時は、それが何から来る奮なのかは分かりせんでしたその3日後に私が意先から帰るとの車止まいての時にまた同じ様な興奮覚えてしまいます

その時、人は事所にいて、の車って来たのにも気付かずに話していまた。

し背伸びをし、下分が擦りガラスの窓からを出て覗く、妻はテーブルを挟んで向側にいたのでを幼園に迎え行く前で、今日たま短いカートを穿いていで、彼から見えてしまわないよスカーの裾に置いて仕切にしていました


しかし、そがか分に気を惹いてし彼の視線が々下がるのかります。

司さ恋人がいのでょ?

「いませんよー。30も手前になると友達が次から次へ結婚るので、少し焦ってしまいす」

「うそー。そんなに格いいのに?健んはどのうな女の子が好みな

「優愛く奥さんの様な性が良いが、かな縁が無くて」

流石営業口が手いのだからーそれしても主人いわね」

も、使妻が個室で男と2けでしてを初て見、私は不思議な興奮覚えていした


『俺は男と馴れ馴く話す桜子に嫉妬してい

嫉妬から怒りだけを覚えるものだと思っていましたが、下半身がなるうな興覚える事もるのだと知り


その夜、ミニスカートの裾を押さえ仕切にす姿を思い出しいると、奮を覚え妻に覆い被さりましたが やはりられてしまます。


「どして駄なん最近然してなぞ」

願い。来週の週末ないから」

それ生理にあたり、のよ振りはせまんが、唯この時期もしたくなるか、月に2回受け入れてくれる内の1回は必ずこの時期です


理前の来週末、夜に彼ときりなっ妻はどうするだろう?

営業リップサービスだったとしても彼もではないうだったし彼にれれ関係を持ではいかなくても、キスぐらいは受け入れてしまかも』


に断 事で、まそのうな恐ろい事え始めていました

『桜子に不など出いから大丈夫だ

らいはするかも知れないが、そだけでも十分な負なる。

みが出、これか一生きにセック


彼が訪れた時私はわと席を外してみました。

銀行にのを忘ていた。あとの細か桜子が聞いていてくれ」

れは妻と彼させるただったので、喫茶店で時潰して帰るとまだ彼はが事務所にると急には話をめ、湿おかしな空気がっています。


『何のをしまさか抱ってたのか?それともキスを?妻に限ってそれはないか


り、私には耐えうに無いで、週末に妻と彼を2人けに事はやめめてベッドに入るっている妻の唇が気になります。


唇と唇が触れたかも無い、無


かし私の身は嫉妬で痛いいに硬くなっていて、眠っている妻に襲かっていました

うして無理やりしたの?夫婦でもこれは強姦だわ」

「そういと桜子は」

「だから週にと。明日か私は衣の部貿寝ます」

のあまりの言葉の治まらない私は翌朝 妻が娘を送っ行った隙に彼に電話してました。

曜のられ?出来れば金曜にに契と思っ

本当か?ありがとうござい必ず伺い

「その時一杯付き合わないか?美味があ

「良いのか?じゃ言葉に甘えて、車は置いて邪魔します」

「それは便だ雑魚寝良けれっていけばいじゃない


そし当日の夜、妻が上機嫌で娘とお風呂に入っている間は釣りの用意をしていました

釣りにくの?すぐ健司さがみえるょ?

忘れていた。急に取に夜釣りに行と誘われて、っかり約束してしまった


の時チャイムが鳴りました

気にしないで下さい。僕は帰りますから」

「いこれ俺のミスだ。本当にすまない事をした。

あとはオーどを決めるのと判を押すだだから女

それと契約がったら これを飲んでくれ


には、入手し難い清酒の握られてます。




「ありがいま図々しく泊めうつもりで、車で来てったのでお酒はまたにな


それなら得釣りを断わから誘っておいてその様な事は嫌だから


分かりました。ご馳走になって、帰りますれなら良いですか?


「そう言わずに、ゆっくり飲んでっていけよ。女が相手では嫌か?」


「あなた私は飲めないから」


応妻そう言いましたどこか嬉しそうでした

「桜子も健真面目だ、麻もいるか心配はてい、ゆっくりいってくれ」

は顔を見合わせ殿が、これ返っ互い識してしまうでしょう。


帰り姿翌日の昼頃にと言出て行き、マンガ喫茶で間を潰していましたが勢いで このようなしまっ悔やみ始ていまた。


と桜子が最後ましてしまったら。

いや、セクス関しては堅過ぎるほど堅い

てもせいぜいキス止まり


しかし、マンガを読んでい裕もネッをしている余殿くなて、ただ目を瞑ってが、浮かんでるのは妻と彼がき合ってスをしている姿かりです


やはり駄だ。でも堪えられそうにない。

に酔それ以上の行為してて、飲手をて少し酔ってまっいたとし


彼が仕を終て、に来たのが8時った当初の定で稿は妻が娘寝かせるの貿0分、娘が眠っゆっくり手が出切ようになって打ち解けに2、何か起こるとすれば その後、30分以上は掛かだろと思っていたので、

得意社長の体調不良を理由に1家に戻って、2人の様子を伺おうたので配に私はンが喫飛び出していました。


生理前でいる桜子、キをされたらそれだで済むの?』


き地に車を家にいたのは、局予定よりも1時間も早い10た。

私はへの居間を選んだのは、れて中を覗き易い位置に窓があったからで、この時間では まだ何もていないだろうと思いながも、の様子うと思って一合ほどか減っいない一升瓶と、あまり手付けられていないの肴が数品置いてあるだけでそこに2人の姿はあません


てて玄関に回ると鍵が掛けられてので、棟続きの事務所のドア鍵で開けてってくと、奥の和から篭っ声が聞ます


奥さ最後の声は、凄く可愛かったすよ」


恥ずしいから言わ


瞬間?最でしてしまった?本当最後で』


は怒です下半身興奮で熱くなっていました

なのいや。いからさせいで

「ほら、こうやって」

よ」


まっしまうと思っ私が勢いよくけると、暗い室内に明かりが入り、パツ一枚で仰向けに寝た横に同じョー姿で添い寝した妻が右首を掴まパンの上ら触らされていました


「あなた!」

部屋りをつけるとは起き上がってし、今まで彼の下半身を触っ手で胸を隠して泣きしまた。

「い続けよ」殿

「ご主下さい。つい出来心で

「おまえは出来心、お得意さんの女房に手を出すか!明日支長を連れて来い!


てて着ると飲酒運転を気する余裕く、逃げるように帰いきま


「あ、私」

て行けよ。今すぐ出て行けよ。麻衣は俺が育てる」

勿論気ではありまん。

妻が恋心を抱いているのを知っいながら注意するどころか、このようになるよう仕向けたのはなのすから。

妻はショーツ一枚も忘れて続けていまた。

後までししまったんだな

「していません。たれただけです

「嘘け。最後表情ったが言ったを、俺はっかりと聞いてまっ!」

だから、られて、つまり、最

「はっきと言え!れたのか入られ婿いのか!

「入られません。つまり、触れて最後ま


確かとも、下は裸ませした。

かし度終わてから穿いた事も考えられ、他にも妻が恥ずかしが寿全て脱ぐ事を拒んだたに、宿横にずらしてし事も考えられま

最後までするは」



>>次のページへ続く


 


\ シェアする /


関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐・倍返し  |  タグ:浮気・不倫, 寝取られ,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様