2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

妻が出会い系サイトに登録していた。なりすましで釣りを仕掛けたところ、、、

 



皆さん初めまし私は、地方の中小業に勤めいる49歳の会社員です。

家族K子」43歳で、近所のスーパーで社員をしていて、何処にるような普通の奥んで

子供は3人。妻の母(義)と同居しています。


ところで、男も年がありますよね

男は、数えでの42歳が厄年といますが、本当に厄年だな思った私の経験を話したいと思いま。何処でもあるような話しですが、聞いくだ西さい。

--------------------

今から8年前のこと

時は、の勤てい湿会社も不況の中で もがいいる状態も減れ、賞 ほとんど期い状態が数年続いてい

下の供が小学校に入した事と、家庭の経済ため、2年ら妻は、某険会社のセールて勤めてす。

当初は毎日定時に出勤遅くとも夕方6時は帰宅言う勤務状で、これが約年ほど続いていま



一年ほ頃から、契約のを貰めということで夜になってから出かる事があるよになりました

妻の母()が同居して世話はしらえるのです。

契約してくれる人の中には、昼間は仕事が忙から自宅に来て欲しいというがいあり簿と思いまが。

この頃の私は小企業の業課長として得意先よりの受注を確保するため、日のよう事をしてり、土日は待だとか、張だとかでほとんど家族をみない人間でした

の交渉も結婚後10年とマンネリしてきていて、それこそ子供の休みので1学期に一回、年3〜4回位しかない態でした。

で分かったことですが、女盛妻に辛いだった退


つの間にか、夫婦寝室るクロゼットはの着もので いっぱにな来ていまし

『おい前の着るうしてこなに増えていだ?、妻に言う

『生セールレディーなからあまり見っと無い格好はでしょ?れに周りの女性の目もあるので同じ服行けないもの。』言います。

それも、もっともだなとローゼなかの9割以上妻の服

の頃ら以前は履かないような、膝上10cmのトスカー深くスリットの入ったスカート等が、胸の大きさを(妻は160cm、55kgでバト92cmのFカップ)強調すようブラウタンクトップもした

妻がの良でないその給細からも分かますが、分以上が洋服やアクセサリー等に消えていくのはどってはたが・・。

時の私は事が忙し妻が出勤する前に私出勤しに帰宅する毎日んな妻の変化を見てい


そん中、私の厄年になる1999年の3月に事故がきてしいまた。

信号で停車中のが後ろか突されたもので

は軽、少鞭打ち気だけなので、念のため一日だけ入る事になりました

入院の手きをいるとこへ妻て、『おとうさん、大丈夫?』と聞いて殿た。

者から聞いた察の結果を話し、怪我が軽い事をとほっとした情にりました。


れよりも私びっくりしたのは妻の姿す。

のストッキングにっ白なタイとスカートを穿き、ピンの薄セーターを着いて大きな胸退っていました




右手にはドバックち、左手黒い皮のロングコートを持ってした

どれも私にの無ものばりです。

普段ノーメー妻しかいなで自分の妻なら、怪しい色気を感じてまい、間が熱くなるえらませした

『いつんな格好で事しているの?』・・・私。

そうよ、大体こんな格で出かけているわ』と妻

『ふーーーん』・・・

私が良く知っる妻とは、なんとなく違った雰囲気ありまし

このが厄年1件目の事件でした。

--------------------

故の後遺症も無く、仕事に励んでいたそのの初夏のこです

が近づと、私の仕事もいくら着き、週 に何かは早く帰るようなりました


の頃にな、いくら鈍感でも妻の行動に不信が沸いてました。

頻繁に会社の同僚との飲み婿があり、毎週末夜は、ほとんど家にいまん。

相変わらず、約のためなが夜の出もあり結構薄着出かけてい

『そんなで、男も会いに行くか?・・・』の中で思っていま

にか、その頃の格好は、体のラインがはっきり分かるうな服着ていて、夫の私見てもいい女にたものです

も、少前まで穿いた木綿、原色手なでレスのついているものばかりになっていました。


日の休の日に、妻の守を狙ってクーゼットの中を認したの

りしたは、の下着が入っているタンスの引き出しの一番下に、黒々とした、見たともなバイブレターが隠れていたこ

々に使があり、こ いつ使だろうと、そのときは少奮ししまっました


妻は、以前ら男性の数人持っおり、そで一番長い人はもう半年以上もメールのをしているよう

初めの頃は、メルと交換したメ見せてくれたの、この2〜3ヶ月あまりせなくってす。

その長く続いていメル、仮シ』さんとます

私に見せら寿よう内容での換をしてい思っ宿いましトモは、他県住でれているため会う事も無いだろうと考えてした

の考かったのは、すぐに分かりました。

--------------------

殿でも使はっきり覚えています。

年の8月7日(土)は朝かられていまし

日は、私も久しぶ完全日で朝から のんびりしていて、供の夏休みの宿見ていました

3人共小なので、宿題の内容簡単でを思い出しながら見いました。

昼前の11時が、

れじゃ、友と買いに行ってきま、お昼はおばあちゃんと食べださ。』

言って出かけていきました


昨夜、誰かはかりませんが妻の携帯にメールが来した

ぐに妻はのメに見られなようにして読みおえから、

日、お昼ごろ友達の A子 とって来てもいい?』聞いてきまし

『明日は、俺もみだ、子供は俺見ているから良いよ』と返事をしまし

のときの、妻の申し尿訳なそうな情は、子供を置いに出かけることけでは、無い心の揺を表して沿を見抜けませんした。


のショターい物なので2時間でるとので出て行きましたが、3時を過って来ませ

私は、昨夜のメーが気いて本買いのか?との疑念がわいてき


んな時に妻ってきました。

遅かったな』と聞くと、

『ただ今、なってごめい、おで偶然知いの「B」さんと「C」さ合ったのでお茶を簿ていた

すぐ脇を抜け2階のかう妻は、ほのりシャンーの香りがしまし

『ん?・・・』うしてシンプーの香がす

こん暑い日に出かけていたのだかくら店中はエア涼しいと言っても多少の汗をかくと思います

朝シャンし時のりが この時間まで残っているわけはあり

の中で少し湿なって行まし



2階の寝で着替えをしる妻に、義母が

K子んでいた薬は買ってきてくれた?』と聞きました。

あ!ごめん、忘れていた、すぐにってくるね。』と返事をし、てて普段替えをからおりてきて、近くの薬出かした。

の気なしの寝室行くと、ドレッサーのに妻の携置き忘れてました

普段は自分のから離ず持ってて、入るきでさえ脱衣所で持って行き誰にも触らせ使ているの、どしたのでょう。

多分、着替え中に義母から買い物のこと言われあわてたう。

の時、私の心の中では、遇のチャス』と魔がていた。


妻の帯を開き、メールの送信と着信録を確認しまた。

『やぱり!・・』

妻は、メ『ト逢ってたこと分かまし

、妻が出会い系のアダルトに登録しているこも こ使の記で発見す出来ました




これが、後々大威力を発揮しくれすがこのときは それほど考えはありませんでした


5分どで、妻の車が帰きたので、確もそこそこを元に戻し階下りてきました

ルの内容に少し興奮しか、帰た妻から、『どうしたの?顔が少し赤いれました。

子供と庭で遊んでいたで、少し陽に焼けかな?』と、ごま、心の中は激しい動揺?怒り??喜?の複覚が渦巻いいたのです

て、私の股間は熱くはちんばていました。



認できたルトモ『シ』の交信録はのようなのでした。

『ト』:K子さん久しぶメールありがが来ない日はとも落でしいます。、旦簿さんと嘩したのすか?

僕でければ相下さ、僕も二人の子親なで、しは旦那さ気持ちかるかも沿知れせん。


『K子』:返事ありがとう。

供の育について考えが違ってんです。でもうしまた。心けて御免宿さい


『トそうです、それはったですね

ろで、先から話していまた私すが、月の8月4日〜6日ました。

てもらえるなら、もう一泊ますので、金曜日の夜か土曜日の昼間に会えまんか

にホルは「T」に泊まりま


K子』すね

綿は出かけるのが難しいので、何とか土曜日に都合つくうにしてみます。


』:ありがとう。嬉しいで

間後が楽しみ

でも僕K子さに気に入ってもらえる?少し心配です


K子』:トシさんは素敵な方だ想像しいます

こそトシさんに気に入ってもらえ

安です、気に入っくれら楽い時間をましょ


『トシ』:お互い逢まではド退ドキ

それで週メールします。おやす


K子』:おやすみい。


シ』:K子さん、おはようござ土曜日の件夫ですか


『K子:大丈夫です予定通りか都合をつけ逢えしま


トシ』分かました、になったらメーます。


K子』ます


シ』:K子、こにち

ち合わせ場所と時間決めたいのですが、ここは出来ただけなので分かりません

貴方う場所と決めてくださそこへようにし


『K子』:トシん、こんにちは。

せ場所ファミレスでどうでしょうか?

時間お昼近くが一緒に食事しましょ


『トシ』:分かりました具体な場所を教えてください。


K子』:便ファは、貴方の泊まっているホテルの前の道路方に進で行、駅を過ぎてから500mくらい先の左ある「G」しまょう、間は11時半に待ています。


『トシ』K子、今晩は

絡が遅くめんい。場所と時間OKです。明日しみです。おやすさい。


おそらールが来てから土曜の外出を話したのでしょう


『K子』:トシおはようございす。今家をました、約束どお11時半にはきます


シ』:分かりました。先に行って待っていす。



ここまでのやり取りを見メルトモトシ』さんとは初めて逢うの不分かります。

妻のうは食事Hするが十分のようす。

そうすると、で感じていた妻に対疑惑は彼ではないよう気がます

それは妻はいったい誰のにあのよう着、服をたの

なくとも、のようなもの趣味では有りませので、私の為ではなょう

又、新たな疑問が出てきまし



妻と『トシ』さんが初めた後のメールです。


『トシ』:K子さん、今日はしい時間をありがと

想像り貴方は素敵な女性でした。



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐・倍返し  |  タグ:浮気・不倫, 寝取られ,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様