2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

それなんてエロゲ?

 




377 名前:課長…。 ◆lWwXhOX8D6 投稿日:2007/01/23(火) 00:10:00 ID:NgtoOlDV0
クシー忘年会途についてた。

は夜の1時過ぎ、普タクシーなど使わずに電車で帰るだ。

忘年とはいえ、歩ないほど飲んだ訳はない


調まり飲めないので ほぼしらだ。

分の左側を見ると、性が寄りかたりとしている

と3事…

長!舞ちんがと…すよ?」

んは先月から同じで働いる1宿9歳の派遣でた女だ。

すぎたのラしている。


掛けてきた同僚の は酔っ払いを押し付て自二次会のカラオケにたそうだった。

「あ〜わった。わた。ちゃん

課長〜!変な事しちゃダメですよ〜

しねーよ!」(だったらお前が送っつーの

ぁしかしその…19歳の子に寄りれて帰のもくない。

自分は29。最長になってしったため、やっかも多いみた湿, 部下るみたいだ。囲気でそう感じてるだけだが

そんな彼女は寄かかるだ右手を俺の太もの上置いているその位置が微のだ。

指と薬指コーからではあっと当たってる。に。

しかし、まも到着しそうだったので彼女をり起こした。

ゃん、舞ちゃんろそろじゃないの

…んっ…

を上げたが ぼけーっしてる。ここがどこだわからないようだ。

っ…あそンビニ前で…」

転手んすいません。あそこビニの前で」いお。めゃくちゃご近所じゃねか)

タクシーを降りると彼女はフラフラがら出した

(なだかなー)

かしいので彼の腰に手をて支え

端からみた恋人どうしに見稿か。

んな事考えていら彼女が体を寄せてて民壁に押し付けられた使

「おいおい、大か?」

んー…大丈夫ですよぉ〜。全然〜」

「どう見ても丈夫ゃないだろう」

「課は〜そみんなに優しいですよねぇ〜」

の子はいたいも酔っいの

しかも〜なールですよ〜」

「そう?そのは今度ゆっく聞くから、ず家にろう

はーい

女の家に行くと、自分のから1分位で着いうような距離だっ(驚いな……)

ートの1階に貿女の部屋はありフラフラなが退姿かたどり着いた。

何とか鍵を開け、一人暮らの彼の部屋関に入った。

ゃあ俺で」

帰ろうたが、そまま部屋彼女込もうとし

てて彼女に手を回して支えとしたが そのまま2人で倒れてしまった

その際に床に頭を軽く打ってしまった。(いたたた……)

を失うほどではないが少しぼーっとしまった。

課長丈夫です

少し間の抜た声で彼女が訊くる

「ん〜

女が頬に手を添えてき

んの暖かく気持ちが良い

驚いたことに彼女がまま唇を重ねてきた。



って舌が入きた。応じるように舌を出すとに絡めてく

女の指先が綿びてき

うぅ

たまらすと、女はのまま跨ぐな形でっかってた。

舌先を首筋わしてくる

「んん……」

課長って〜調じやすいんでね〜フフフ

「おいおい、からかっ〜?」

ずかさと動揺から気が動転してまった

だってここはこんなに〜」

軽くを前に振た。

跨っている為簿トがり上ている。ストッキングに包まれた下着もわにている。

会社での彼底想像できない光景だった。


露わになてい簿彼女の下着の部分固くった分身にぴったりとしてり、その温もりは太ももの部分とは違う熱さを感じた

が乗っかったまま稿両脇に手をついてじってる。酔っいるのか欲情しいるかわからいが目つきだ。

女の少ウェーブがかた毛先が顔って少しくすぐい。かしいにおいもする

てる課長っていい〜」

確かに困っる…。あまり会内部の間とは このような事はけたい。

飲みすたんじゃない

当たり障ない事を言ってる。

「酔ってない

やってるっつ

「課長意地悪だか、もっと困ゃおうかな〜」

そういっくなった股 間に指をのばてきた。形を確るように握っ、裏筋の部分を指引っ掻くように刺を加えてきた。

おわっ………」

気持ちいい?

きっ……気……いい……」

女は体をずしてに座る形にな

してた両手を使って包む撫で

そしてついチャックのびてきた。

「ちょっ …おま…

止しようとたが、構わず下げられた。

のままが入ってきてペニスが引っ張りてしまっ

〜すご〜貿

そり立ったスを間いる。吐息がかか熱く感じた。(もーどうでも…)

彼女はチリとこちら見たあと、パとくわてしまった。

ぅ…

感が。口のに含ながらも舌を巧みめてくる。そて深ロークで奥くわえ込む

「課長のおいひ〜」

口に含らしってる。振動が気持ちいい。

しばくしゃると、口を離しのあたりに頭向きてした。

て静かな寝息が聞こえる。

はぁ……?ねったのか…?

変わらずかな寝息が

よ……お…まっいっか…)

かし このままの体制彼女が目覚めたきに変態扱いされてしまうろう

分覚えてないだろうし



とりった。

(さどうするかな

をずらし、立ちがった。

靴を入りりを見した。

ベッドを見つけが、運ぶのは大変そだ。

ちょっと頑張ってみるか…

女の靴を調トに手を掛けた。

コートの下は黒色のニのタトスカートと白毛糸のセーターを着てい

の膨みがになる

(結構でいんなぁ…)

セーターをているせいかが眩

のままコート脱がして姫様抱っをした

「ん…っ……」

を大きく動かしたで起きるかとったそのままだっ

体がしてのでに重く感じる。

なんドまで運び彼女に毛布を掛けた

今日はまま帰ろう

変なとろで紳士ってしが俺の悪いクセ

でも寝ている女性を襲気にはなれい。



鍵を見つけてそーっと外に出る

を掛てポストに貿

ちょっと勿体なかったかな…)

考えなが帰途ついた。

はいってもすぐ家にてしまったが…。



家につい部屋に入っ

っ越しの片けがまだ終わっていいたダンボールが幾か未開封のまま置てあ

っと頑ったマンョンだったが、同居定の性とンションが出上がる前に別てしまった。

仕事が忙しすぎてう時間ほとどなったのが主因だ。

その事があって以来仕事は程ようにしているもう遅いの


スー脱いでシャを浴びようとしたら携帯の着信なった。

女起きたのか?早いな…)

携帯を見るはなく、同じの奈美だった。

もし…

課長遅くにすせ〜ん舞ちゃん丈夫ですか

多分な。心配なら自分で送ればいいじゃないか」

「そうゃなくて課長心配で

「は…?」

舞ちゃん、課長の事結構好きみただったから

「責任もゃんと家まで送りた。寝ちゃっベッドまで運で毛も掛けときましこれでい?」

長襲寿しなかったんで

側から笑が聞こえる。


「襲うかよ!それよりに誰るのか?

「カラオケつまらかっ里美と抜け出して来ちゃっんです課長は何処ですか?

「もうだけ…」

え〜じゃこれら里美と二人で飲み直しに課長っていですか〜?」



「はぁ…?別構わないけどまだ引っ越しの終わっないぞ」

「大すよたら手伝いか〜?

…」

「きゃはは〜じゃほど…


簡単に場所を説尿話を切った。

どうしたか…片付ける気にはなれないしとりあえずシャワー浴びるか…)

シャを浴びてタオルで体を拭いた。

来るのでうわけにはいかいので長袖シャツンズを履いた。


髪の毛かしているとターホ鳴った。

オートロッエント解錠、二人き入た。

ばらくするとたイターホンがり、ドアを開ると奈美と里美が入ってきた

こんば〜おじゃまま〜す」

「結構素なマンションですね〜

ありう」

課長の私服初めて見た。結構若いじゃいですか」

失礼な。れでもギリ20代だ

「でよねもなかサパリしてる

待ってる間ワー浴びちったんだ

私もお入りた〜い。美は?」

いいね


と里美は共に25で、うこと良い。

「まじで…?じゃあおためからちっと待って

しばらく他愛のない話をしていお湯った

〜お広いよ〜一緒に入る〜?」

「ホントだ入ろろ!」

全く家来るなり風呂かよ…

ー課長したか

やーうぞごゆ。タ辺のを使って」

絶対いま聞こえな…)

は〜い!

(しか華やかだなぁ。人だか戒もしいで風呂なんか入ってるんだろうけどまぁいっか

になて そんな事考えいると、ついウトウトとまっ

課長

頬に冷い物を当られて、びくっと。バスタオルを巻ただけ里美が缶ールを手にいた

「カゼきま

「お前なんつう格好…」

く見ると奈美同じ好をしている

だって一度脱い着る気持ち悪いじないで〜」

「確かに…そうだけど

「何か着る服ないですか

「女性ものはない〜」

あ課長のYシャツ貸して下さいよ 男の人ってそういうの好きでよね」

「まぁ…稿そりゃぁ…ねぇ…でもなぁ…まずいだろ

「それ

美の見に美もした

「じゃあここに掛かってるのを御自由どう…」

「パツどうし

美がはっとしたように

で買ってくれば良かったねぇ〜」

と二っち見ている

えっ…俺…?」

いま〜ん」

婿かハモってる

「まじ……?勘弁してくれよ…」

「……

「わたよ…」

得ずいに行くこた。

「他のは退い?」

部買っちたんで

「ですよね……れではおとってきま

ンク〜」

奈美が声を上げ

ゾ」

「きーい。課長

マンョントボトと歩き出した。に入と確かにパツがいた

白とピクがあった。(…まさ中に女性物ンツう事ろうと使は…

ピンのパツを一つずに取り、カゴに入れた

あとペットボトルのジュとおを何本カゴた。

何だか初めてンタル店でAVりたようなった

に行くと店員は女性だっ。(まじかよ…)

レジ事務的にてくれたが、パン枚をに紙袋に入れてくのには参った…。

気が利い利いていないんだ



んとか難をクリアし、マションに帰った。

っていたがインターホンを押アをあけた


帰りなさいませ。御主人さま〜

人が出迎稿てくれた。

ただいまのど覚え…ホンまえら二ういうもり?」

「今テレビましよ〜ほら

「質問に答えなさい!まったく…」

確かに聞くとそんな特番組ってる。

二人シャを着ていた。ちょっと大きくて意外に可愛い。

ツの下のナマ足が妙に色っぽっくてドキドキしま

いうか今は二人はパンか?


ほらっ。買ってたよ

「ありがといま〜す」

があーっ便ったらッジ

はぁ…

「でも課長がパ買ってろ見たかなぁ〜」

がニヤニヤちを見てる。

ねぇよ…それより落ち着かない履いてきな

は〜い

揃ったのでしばらくった

(しかし今日は何なんだ?一体どうってうんだ…意味わから

たか?」

は〜い」

屋にるとテーに缶ビルが幾つかあり、すでに飲んでいるよだっ

。ちょっと寒かたんで暖房入いました」

たニニヤして

「寒から何着れ

「わいじわるこの格好嫌い簿か〜?」

「嫌いじゃいけど…」

「素なりましょう

にポ肩を叩かれた。

「さ課長も座て座っはトコン飲しょっ」



三人でテーブルについて飲みだした。前に里美、横に奈美が座った。

二人とも元が結構開いている

あのーっ。もう少しボタン止景色が良すぎ

二人が一緒に笑い

横の美がをのして太ももを軽く叩いた

「大丈夫ですよ〜誰もいないし」

「いや俺いるし…」

大丈夫、大丈夫」

が大丈夫なんだよ…全くそういうお店みたいだな…」

っ…行くすか…?」

ーよ

そう言いならも里美がビールをすすてく

ビールはあまりきではな飲まずはいれないシチュエ西ションだ

すると奈美がももーンの上撫でてきた

「それよりなんでジーンズなんか履いてるんすか〜毎晩ジーズで寝てんです

やっ…そんなわいだ。お客さんが来るからだよ」

「えっ…お客さんって私たち?なか かたっくるしい着替て下さいよ〜

「着替っていっても…じゃジャマ

「パジャマいいー」

奈美に促さ部屋でャマに着替えた。

「いいね〜

ニヤニヤ

「何がい

するとが急ちゃんのと聞いきた。

ント何にもなかったんですか〜。ベッドに運沿ぶとき触っりとか…ホンしたんないですか?あんとか…こんな事とフフ

いよ…

ういうと二ニヤヤしながら疑いの眼で見いる。

わかっよ…言うよ…俺が悪いじゃな姿簿らな

いうとさ出来事の一部始終を話した。

「えーっ

二人も一瞬絶句したが聞いてた。

長そこまでさて何もなかったんすか

ぁ…」

よく慢しましたねぇ〜」

「男の人ってそうう時 我慢んじゃないんですか〜

らあまり与えないでくれよ」

いって奈美をチラッ見ると、大きくあいた胸元ら豊かな膨みがのぞいた。

気のか膨らみの少色が変わっころまで見えたような気が

慌てを逸らし、前方にってい里美見るとYの前の部分が透けている。(も頭がラクラする…

さっきの回想と調シチュエーシンで、ペスに力がなぎってるのがわった

もう無無理ギンギンになよ」

一同大爆笑なった。

退しかしおまら なんつーんだ。まく。人がおとなくしてるからって」

「はいはいがな〜ギンギンになは、舞ちゃを思い出すか?目の前にいる二人が素敵だかです?」

「もちろ今目のいらっしゃるござ

「よろしい!

そううと奈美の股間をむぎゅっと握ってきた

「お西……」

そしジャマとパンツの隙からニスを出し、亀頭を手のらで包んでし

「おぉっ……」

思わず快感に身を委ねしまったが、ふと我えっ

まえ、それはまずいだろう…」

ですよ〜。美、課長のいよ。フフフ

奈美が里美を手招している。すると里美がテーブルの下をのき込だ。

「う〜すごい光景。んかエロい…


手はパャマのズボンツずらしてまい、下身を露出した状態った

を包でた手のひらは陰茎えられ、ゆっくりと上動を繰り返してい

そして折 玉袋を優しくみしだく。

下から見ている

でも興奮くる


里美きたのかそのまテーブルの下に潜り込み、かなり近い観察してようだ

手にの他熱い息が当たってるうに感じ



らくする奈美がちらに体を預けてきた

回して抱き寄唇を重ねた

も俺背中にを回し抱きつてき

のまお互貪りあっていると、指がペのびてき

一瞬っとしたがのま抱きていた

すると里美が今ペニスに舌を這きた

しばらく舌先でチロ筋や玉袋を舐め後、一気にを唇で包んだ。

んん……

思わず鼻を鳴らしまっめ、唇をて下腹部に目をやた。

元に笑み浮かべ、俺の手をり自の乳へ導た。


Yシで 柔らかい感触がモロ伝わってく先端の固く尖った部分手のひらの中に感じる事ができた。

乳房堪能しながら、胸ンを外生乳を露出た。


CカップかDカップはあそうな房を下から持ち上げるようながら親で乳首刺激すると、奈美はをよじって悶

が喘ぎ声をあげる里美のへの刺が強くなる対抗意識でるのだか。

っき おあずけだったらか、もう射精感が込みた。(…やい……

ッドにいこ…」

り直しには丁度いい。

このままではもたいな事にってしまう。奈と里美はゆくりと体離す上がった。

ームへ歩く間、人は両側からったりと体を擦寄せてた。

ドルーム着くと二人共Yシャツを脱いでベッに潜り込んだ。


俺も裸にの間に体を滑込ませた。

ベッので狭くが苦しくはなかった。

しろ密着感がして、心地よか

二人枕をて肩のあたに二人の頭感じた

なんごく幸せだけど…それに温か…」

そう思った。おらく生で一度あかな事だろう。

「もっと幸せになましょうよ…」

右側に首筋に舌を這わせてきた。

のまま両頬をのひらで包んだあと、唇を重ねた。唇を割て舌きた

奈美はというと首に舌を這わせてきた。時優しく、時に強く舌全体を使って愛撫しくれてる。(おいおい。こんな事てあるの

美のペニスにた。しとしく撫でる。全に勃起したのを確認すると ゆっくり扱き

その間も舐めけてい。そしてその下へ降りて行きペニを口にんだ

ぉぉ……」

窄めめ付けてくる。

をふ宿し、快感を与えてる。

里美が我慢来なってきたのか、自分の乳房を手で掴んで俺の口へ持きたを口に含んでやると溜め息のような声が漏れ

手が里美着にれたので股の触っていたにさっき履かりの下着がビショビになってい

(濡れやすいのか…?それとコン着は薄いのか…?)

指をの中に入れ直にに触た。えは両


着は確かに薄いが、濡すごここで濡れるとうれしんだ。指トリスに触れ

「あっ…ん……」

く仰け反ったあと頭を抱きめられた

リス刺激をける、その下の泉から女性の液がこんこんと湧出て

その泉のを持っていきゆっくりと挿入した。

「あぁぁっ…

俺の頭を抱きしめる手にが入る。胸膨らみに埋れて窒息しそ。まぁそれも悪くない

のまま指を入れしていると、もどかいのか自分しまった。


を出し入れするたびに柔な花びらがに絡み

「あん……課の…指…気持ちいい…

声をす。

「あ…里美ずる〜い」

奈美がペニスから口を離し、下着を脱い取った。

して自らの熱い場所へ導た。

奈美のそこもており、外陰部まルになっていた。

ごいな…)

クリりっとやや大きだが、ラビはそれほど大くなった

女性器にもいろいろあだな…)

ルヌルしたを掬い上げ、奈美のそぷりっとした簿リスに塗りけた。

ふぁぁ………」



かし側からぎ声がこえというのは本ない…ばっりは経験してみないとわらなろう。

美のクリスを触いる指をさらに奥に忍ばる泉へ挿入した。

「はぁぁん……気持ち…いい……

二人きつかれな指先を駆使し使撫に便頭した。



に奈美たまらなくなったのか上に上がってた。ちょうど こちらも制で指先を動かしてで指がつりそだった

奈美は元まがっきて膝を。陰毛が丸

美の陰毛割れにそって外に向かって生えてり、あり濃くはなかった。

「私も舐め

奈美顔を跨ごうとしので、里は体をずらして半身に動し

そして軽くしごく。

ぁ…おつゆがいっぱ…」

そういうと里美はペスを口に含ん

ぅ…

思わず声が出る。


すると奈が顔をで俺の顔にれた陰部を押し付てき

を大く使っ全体ひと舐めた。

「あっ…あぁぁ…ん」

奈美が腰をくねしたので、ヒを両手さえてこんリトを大きく舐めた。

舌先で小刻みにする。

「なっ……だめ〜…あぁぁぁ…」

美はかなり気持うだ。


するとは里美が下半身に跨っきた。

ペニるというか自分寿の腹叩きそうなほどに反り返ている。

そこに里美が陰部すりつきたく濡れたビラを往復する

(おーっ…ちい…)

敏感な所の刺に興奮きた。しかし目のには美の陰部が…

感を紛らため中でむしゃぶた。も声を


すると里がペニスに手添えてゆっくりと腰を沈めてきた

ペニスの先端が膣口に触れると、そのままずぶっとまで入された。

が2、3度腰下させ, 抜こに亀頭カリが捲り上げられるような快感におそわれた

れは気持い……

「あー…気いい」里美が声を上げ

「あずる〜い…」奈美体を捻ら言

機嫌損ねると面倒里美へ奉仕に力を入れる

右手でヒップをがっりとさえ、左手でクリトスの上の皮をち上

して舌先みに激動かた。

「い…んぅ…ぁ……あ…」

が悶えだした

里美は腰の動を上下から前後変え、擦りつけるようにかしている

かなりの快感だが、奈美へ愛撫に集てな気を逸らした。

油断すされしまそうだった。

「あん…はぁ…はぁん…

あぁぃい…はぁ…あぁぁ…」

二人の喘ぎ声がこだまする

の陰部からヌた液どんどん溢れてきた。

ヒッていを離し、ヌヌルした膣口へ近づ

そして中指をゆっくりと挿入する。

「はぁぁぁ……ん……」

り濡れてのだかちら狭くし入れ抵抗がある。かし多量の粘液おかげで滑は良い。

出し入れすると自分の下態とリンクて興奮が高てし

まずい…)

にもイキそうになってきたるとタング良奈美が腰た。

「私も欲し〜い!」

腰をしていた里美も動き止めくりと腰上げ、ペを引き抜いた。(ーっ…危なった…)


すぐ奈美が後ろにわり、ペニスを膣口にてがった

そして里と同じようにゆっくりと腰を沈めてきた。

途中馴染ませため多少下したが、亀頭に刺激が集中してそれ気持ち良い簿ま奥まで入いく…

ぁあ……奥まくる…はぁぁん……

奈美のけ反るよしてりつける。(うこちらもまた……

すると里美が俺の頭を両腕で包ように抱しめてきた

そして唇を重る。なく舌が液を送りんでくる

の唾液を全て受け止めみ干した。



もう何んだかわからなくなてきた。

顔抱締めれたまいまでも濃厚な口けが繰り返され、下半身はまく至福の時を迎えよう

気がなっいき回路働かなってきた。(うがめられようがどうもいいや…

だもっこの状できない、考るのをやめた。


美の声に余が無くきた。

頂が近いの腰の動がはやくなてきた。

んぁ…ん…んん……はっ…ぁぁぁぁ……」

奈美が先にようだ

ぅぅ……」

を里奈美が崩れけたペニスをみ、すぐ頬張た。

そし唇と舌全体を使って激く扱たてる

「うぉぉっ……

そのまま里の口ありったけのりをけた。

の快感は久し無いれないた。

はしばらく搾りようにペニスを吸い続け


しばらく横わっいたが、疲れ果てて体が重い。里美ティッシュ使って拭いいるうだが言うこと…。

心地い倦怠感の中、そまま三人で寄り添うように眠ってし簿まった



翌朝、ます裸の女性が両サイドに眠ってる。その沿を認識するのに少し時間がかかってしまっ

そして昨夜の事を思い出すとす勃起してしまった

な…俺も…)

あるだろ

人はまだ眠るが目覚めたきは どういう応をするのう。

酔ってないなんて言われら最悪だ…。

この態も悪くな湿宿 とりあえずことにした。ベッド降りる奈美にぶかってした。

「ん………」

奈美ががらも目を覚ましてまっ宿

はよう

疑の顔のまま小さ声をけてた。

奈美少し辺り見回しにっこり笑っ寿

はようごいます。そ簿だ〜寝ちですよ

奈美の反応婿っと

何にも覚え姿ないなんて言ら困ってし

「シワー浴びる

あっはい

二人裸のまバスルムにった

…朝か元気でね。フフ

ういえば勃起したまだった。

昨夜のことがあで そんなに気にはしなかった少し恥ずかしくもあった

ばか、朝ちだ知ってんだろ?」

「奈ちゃんウブだからわかんな〜い

「コロス

「きゃはは

中トイレ寄ったので少しおさまった

二人でーを浴びなら簡ボディーープを付けて洗いあった。

奈美が泡ま両手で玉袋を洗いながらペニスを擦っので, 気持ちなった。

たまらなくなってきので、両手泡だらけにしてまくった

「やばいよち良くなってきたよ…

「フスゴ固いよ…

「も〜、お前

ャワーでお互いの、奈美の腰をんで後ろ向きさせ

して, 腰手前引き、勃たペスにあてがった

「え…?

美は少しいたよ草をしたポーズかもしれな

てヒッ尿る。

そして そのまま後ろからペニスを突き刺した

構濡れてうで すんなり入っ

……」

美が少し仰け反て生々しい声をあげる。

構わずを振り続け、何ちつけ

あぁぁん……あぁぁぁん…尿ぁ…

奈美の胸に手をのすと一段と声きく湿俺の腰手を添てくる

らく続けているとイそうにてきのでさらはや打ちつけた。

てペニスを一気に引き抜き、奈美のヒップに精液をぶちまけた。

「ふぅ……」

長も積極的にてきましフフでも気持ちよかた…

「まぁ…」

れか どうなるか心配あるが今のところしまってる。

1回も2もやてしまったら同じだ

付き合う事なっしてれはそれでわなった

しかしどちらとだ…?まなるよるだ



ご飯どうします?」

〜ん。悪いけど何ないよ。ンビも買いに行っ

れでしたら私も一緒に行きますよ」

「おりがとう。里どう?」

寝てるだからおましょっ

「まぁ起こす便

をしてバスタオルで体を拭い


うする?

…!どうしよ」

「やり一人行ってくるよ」

「う〜ん…いけ大丈夫です!

「大て…えっ?」

大丈夫です

ーパ?まじっカゼひく

大丈です。ちょっとぐ

「俺のトンクスはくか?ははっ」

はははっ…面白そうだ今日は遠慮きます〜

「ホン大丈夫?」

「は

は。わかったよ。じゃあ洗濯だけ湿いくか」

「そうです



女達の下着を洗濯機に入れた

ベッドルームに行調くと美は爆睡中だった。

自分の分を入れようとした

「俺のも一緒ていい?

丈夫すよ〜なんそんな事聞くんで?」

「いや気にする人もたるみたいだから

「大丈夫すよ〜」

女は昨着ていた服を着ていた。化粧をしてので若違和感が



美と人で家を出てコンビニう。

んさ〜っぴんで かわいいね

「えっ…どですいきなり…」

化粧てるときは きい系で、すっぴんわいて感じだね

も〜おだても何もでせんよ〜

いや寿もうたくさん出さましたんで〜」

きゃは〜にそうですね〜」

そう言い婿ら頬に軽くキをしてきた。


「お〜…なこういうのいいね

「なんだっ会社でしてあげましょうか?」

あぁ、忙しくて頭がンクうな時いいね…なんかリセットうで

そんなうとホントにしちゃいますよ

はっ…まりが引いちゃうよ。きっ


いながら歩いた。いつのまか手繋いでい

こういいな…久しくなこんな空気…

うこして綿るうちにビニに着た。なサンイッチやラダを買った。

ンビニの店んは昨日のではた。もとも居たとし, むこうは覚えていないだうが…


帰り道帰った。

寒くない?特に半身…」

「きゃはは。大丈夫です。でもょっと寒いかな。後もら稿なぁ〜」

まじ?どんな風に

冗談です〜でいいかすね〜やっぱ摩擦熱が一番ですよね〜

「お前何言ってだ〜。まったく。でもーパンなよな想像すると少し興奮するか

「わ〜課長エロい〜」

「お前かてきたんだろうに

きゃはは」



そん話をしらマションに着た。

エレーターに乗っ使最上ボタンを押した

「えっ家って…」

美がちょと戸惑ったような顔を

が振り返ってニヤっとすると緩ん



最上階につい階段室へ向かっ

屋上へ向う階段がある。普段はだれ来ない。

まして休日朝だ。人が来る性は極めて

ンビニの置いて奈美を抱きしめてを重た。

奈美も すぐ舌をめてきた。

そのコートの下のストの中手をれると、すぐに陰に触た。

まま進めると、そこは熱を帯びており滑らかな液体が溢ていた。

あれ…?

あんなするからですよ

これじゃぁめる必要ないじゃん。むしろ俺の指が暖かいよ」

「もぅ〜課長〜」

そのまましがんでカーを捲った。いきなり陰毛び込んで来た。これはこれで奮ものだ。

のまま近づけて濡れた大陰唇をひ舐めした。

「きゃぁぁ…

に両手の指を使ってリスをせ、舌先で何か往復させた

の腰がってくる。

あぁぁぁぁ…ぁ

声を我慢ているようだがし漏れって


らく舐めていと奈美がの頭両手軽く押さえてきた

そのま時間にして4〜5分くらい舐め続けだろ頭を離した

西寒く殿いですか…?奈美さフ」

笑いながら立ち上がった。

奈美のはトロンとしており、答えるの時間がかかっ

抱きついて離れなった

「は…い。課長の舌っ…いいで…」

「ありとうぁ帰ろうか

「は…い」


し鈍なっていた。

レベターに乗分の階に降りて部に向かっ

ドアをそーっと開けた。

リビンコン荷物を置てベドルへ入って

里美調ている。寝姿が若ていて乳房が方露出いる

(おぉぉ…)

奮して見ている奈美が股間を ぎゅっと握ってきた。顔を見るとニニヤしいる。

まぁを襲う味はで そっとしておい

リビングにて買ってきたものを簡単にお皿に移し、てコーヒを入れた。

どうしうか…しかく寝てるね」

「ん〜…私起こしてきま

奈美少しやんでいた、結局寝室



しばくす、里美は昨日の夜Yシャツを着現れ

「おふぅぁようごじゃぃます

だ脳みの半分くらいな感じだた。

「す私寝起き悪いん…」

「それだったらシ浴びてきたら?サパリするよ」

うします…」

どう家にいう違和感はなうだ。

ャワーを浴ている間、しばらく奈美テレビを見ていた。

「課今日どうしす?

俺はに予はなど」

もないんですどっか行ましょうか?」

な。どゴロるくらいしかるこし」

「それは寂しいでよ〜」

事いわれてもなぁ…」

あドライブでも行きう!」

「い



、里美に聞います

「よろしく」

奈美はバスルームに駈けぐに帰ってき

「里美もO私、運転寿意だ運転しまよ〜」

それかるよ

ばらくすると里美がバームか出てきた。

どこ行きます?こ行きます

「な尿さっきと全然テンション違うな」

「お陰サッパリせてた」

そういと里美はぺこりと頭を下げ


「でもどこくか…

、横浜行きたい。中街で美味しの食て〜イブリッジ行っ〜そ

なんだかしそうだ

「そいい


里美も気に

便まえら これから朝ごはんなのに もう昼ごはんの話か

「はははっ」

食を食べた後替えと化粧がすんうなので部て駐車場へ向か

奈美に鍵渡して運をお願た。奈美が運転、里が助席、後部座席に自った

昨夜れと朝も頑ってしったで、車に乗るとすぐに睡魔に襲われてしまた。

らいのだう、女性の声にを覚また。奈美と美ががら話ている

かし声がもう一ある。

(ん?

に誰かいる。よーく見と、見たこのある顔だ。


いません。うるさかったですか?…あっいます

舞ちゃんだった。

「え〜なんで〜いつの間に?…あっ…おはよ

美が助からちらを向いた

「舞ゃん電話したらだし課長に続きじゃなくておびがしたいそう

「別にお詫びかはいい…」

じゃ続きですか

里美がニヤニている。

そうゃなくて!

ん、なくいんからね。本当に。お姉たちに比べたら…」

奈美がミラに話し掛ける。

「そうでね」

ちゃんは得しているだ。

まえ貿話したかっ

「もちろ昨夜の事何か何まで…

奈美がミラー越しにニヤした。

おいおいっ思ったがの事は話していようでほっ

れか。課長たら朝もねぇ〜お風呂でねぇ〜」

おーーーーーーいっ!

美!何それ!

に追求さ、奈美は全てを

「わーっ。課長エーい」

やい

あまりにもバツる。それにかなり恥ずかしい。

あっら入れたい…じゃなくて入い気


ゃんまでニヤニヤしてっちを見てる。

はミニのフカー履いており、トッキングでののだ

どちらもおな

俺はこの服装がたまらなくきだった。

今日ちゃんの可愛いよね〜」


里美がかしたように振ってきた。

は好きですか〜舞ちゃんの今の服

「結構好っす。うかたまんない

「本しいす」

ちゃん便ニコニコしてる。

特にこの愛いね〜」

いなら里美が助手席からのばてスカーをペラ捲った。

きゃっ…」

わっ…」

着までは見かったが太もがかなりた。

「ちょっとまでやてくれ。たまんねぇ」

朝出たばかというのが固くなっていくがわ

「なか楽う…」

がシトベルを外席に来

と大めのワンックで自由に来できる。

窓際に座り、舞ちゃん綿らに押し付けてき


美は度舞ちゃカートの裾を持上に捲り上げ

ち…ちょっ…里美さん…

舞ちゃんは一応抵ている時折上目使いでこちらをチラチラと見

がなんとも色っぽい。すると里美が舞ちゃんを揉みだした

「舞ちゃんのおっばいすご〜い

きゃっ

驚いた拍子にちゃん膝があがった。

その隙にが舞ちゃんの靴寿してた。

舞ちゃんは股を開便いた体育座りのような状態で横向にこちらを向ている。

して胸は後ろから里美に抱かえれるように揉れている。

っと…里美ん…

ゃん少し抵抗しが、ろから里美がっしと抑えられているめに身がとない


んな事より体育りで股を開いてため、白いレース着がえだった。

上の黒のストッキンと黒のフレアスカートの間に見る太ももスの限りなた、たまらなかった

「ちっと〜見て使たまないんだけ

あ〜課長奮しゃいた〜

美がニヤニしている。

「誰こんなの間近で見せられ興奮しちよ〜」

「じゃあ課長ばらく見ててくださなんだった分でしてもいいです

おいっ!」

そういうと里美は舞ちゃんのカットソーのを入下着の上ら胸を揉みした

んん……

んは もう抵抗する事を止めていた。

里美はままブラジャーのホックを外して生乳を揉み始めた

はぁぁぅ……」

ゃんは仰け反って体を完全に里美に便預けている。

ットソーを捲っれたブラジャら乳稿首が見

里美細い指がそんでいる。

そこを凝いると、ふ里美と目が合っ

ギラギラしていて欲情しだっ


ちゃもいいが、股間の白いぷっくりした部分もになった。

程良い肉が興奮を誘う貿い触ってみたくなった。

「舞ゃん、持ちいい?

里美はまだ胸を揉みている。

は……い……

長にも触欲しい…

そう言と舞ちゃんはトした目でこちらをチラ見た

調い……」

俺の股間は はちきれそうだった。いてジーンズにモッコてしって

「じあ私は上を触から長は下をお願すね…フフ

もう我慢出来て体を近けると、ちゃは いきなり俺の首に手をし唇を重ねてき

「おぉー!」

里美が驚嘆声を上げ

気になるの越しにこちらを見た


その稿なく舌が入さ激しく絡西んで。唾退次々と送込まれ、先は歯の裏側をめる。

も19歳のキスな味わた。

「うっ…

突然、股間に走った。

ジーンズをはち切に膨らましいたニスは存するりか、自み出てき液体って下着を少らしていた

そこ舞ちゃんの細い指先がのびてきたのだ

ジーンズ厚い地越しもどかしさはあったが、程よ感だった。


しばらくジーの上撫でた指先がのボタン外し、フスナ下げた。

そしンスのら侵入してくる。少ヒンヤリと指がを直とらえ寿

うぅ……」

思わぬ快感に体を硬直させてしま

は亀頭の端のルヌんでいる。

しかし, やられてばかりでい。

ちゃんの ぷくりとしみがたくてしょいのだ。

えながら指先を舞ちんのレー着の先をすす

ぁぁ…ん

舞ちゃんビクッとした。

こはふわりと柔ら、指が捉えた中心のくぼ湿らる体液が滲んで

指を上下してのくぼみと下着を染まる。なんいやらしい

のまま指を使上に滑らせてくとちゃんした

らクリトに当たよ

「ひゃぁ……」

便に爪でかくよう何度も刺激を与える。

「そこは寿……です…

足を閉じて逃れようとするがシートの上がっであ意味ない。

太ももが黒いストッキングとの対比でかなりエロチック感じる。

「は…あん……んんっ

ちゃんの喘大きる。

に没頭てペニから手を離してしまっ

ちょあんた!ずいじゃない!

が信まっタイミングでを向いて話し掛けてきた。

しょもない とり奈美のを見ヤリとし宿た。

奈美は頬を膨らましてたが信号が変わっしまい発進するかなかった



水を差されてたが気を取りして舞ちゃんの下着に手を貿けた。

そのまと脱がししまった

テカテカと濡れた陰部露わなる。たい…。大唇ま濡れテカに光っていた

まらなくなって俺は思わず そこにしゃいた

あぁぁっ…んぁぁ……はっ…あぁん…」

テカテカにるだけでなく既にそこは ぐちょちょにっており、その露退ててズルズル吸い

音を立てたびにビラビラが振で揺れていなんとも

固くし、掻き出すうにを出し入れし

「はぁぁぁ…ん。いぃ……」


美は相変らず舞ちゃんのを揉んいる。

舞ちゃんは時をピクピぐっして里美に体ている。

舌先移動しクリトを捉えた。

ん……いぁぁぁ……

舌先を痙攣させるようにかく動かしクリスを愛撫る。

たまに舌体でゆり舐めた後、また細く動す。

ちゃんはももに力を綿れてに耐えている。

顔が挟まれて苦しいがももがなんとも気持ちがい。ちなみに俺はMでは…。


トリを舌で愛撫がら、をそー簿っと口に当てがっゆっく挿入

「んぁぁぁぁはぁ…はぁっ…っぁぁ

ちゃんのなり口をパクせてが少し痙攣し

うやらうイッてったよ

舞ちゃん。もしかしてイッちゃ?」

美が後ろからやんわりと締めながらを掛る。

舞ちゃんコクリと頷いた。だらりを閉じている。

「じあ次は課長を気持ちよくさせなきゃ」

里美そううと、舞ちゃんはまたコクリと頷いらペニスに近づけきた。


そし調て先端に唇を付けて垂れいた露を舌で掬っ

して亀頭をペロペロと舐めた後、一まで口に含んだ。

「うぉぉ…」

を漏らしてた。

い顔してる〜気持ちいの〜?」

そういうと里美顔をづけてきて唇重ねてきた

ゆっくりねっとりと舌を動かてくるニスと唇への刺激に、の力が抜け


ぼーっとしてると車所へ入ったどうやら地下車場へ入ってったいだ。

奥の方の所に車は止まった。

「ちょっと〜どいよ〜

美が満げに後部に来た。

「私仲間れてよ

車の中は結構広すがに4人は無理ある。シートを後ろに目一杯下げて、スペースを保した。

夢のような光景で社の女のが3人もここにる。

社の人間にばれたら袋叩きだな。こり

と逆に興奮した。

ちゃんが跪くようなペニを舐めている。


左に美、右だ。

は隣りに座るなり、手を取スカーの中導いた。

着はすでに湿てむわちていた。

無理も無いだろう。自分け運転して後部座席はこ事になったのだから。

奈美りやすいように座りながら腰前に出てきた。

その陰でをずらして部に触れる事ができた。

もう十分に濡れてお、するっと膣内に指が滑り込んだ。

はぁん……あっ………」

今ま我慢して快感いよだ。

里美はというと俺のシのボ調ンをして乳を弄ってきた。そして顔を近付けてきて舌わしてた。

やばいな…ちょっと気持ち良すぎる…)

ちゃんのフェラチも力が入てきて快感がまってくる

するとゃん座ってるい合う形で跨た。

してゆっくりと腰を沈め。ペニスせな温まれてい

(お

んっ…はっ…あぁぁぁん…

〜ん。舞ちゃんた積極〜」

がニヤニヤし西て冷やかしてくる。


ちゃんはを前に振り続いる

スカ隠れて結を確認する事は出来ないが、ねっとりとペニスに感触は伝わっくる。

あたるスカの生地良い

なにより俺の両肩に手を置いて、一心不乱にを振り続ける舞ちゃの喘ぎ声と顔がいい。

と腰動かすスピ落ちてき。さがに疲れてきたのだろう。

構長時間腰を振っていうに思快感もあるだろうがをして貿いる。

わろう

「あっ…い……

ゃん腰をかせてペ簿抜いた。

天井に気を付けなら立ち上がったところで、腰を掴ルッと180度回転させた。

て俺も腰を上て後ろから一にブと挿入

「うぐっぅ…ぁぁ

井に気を付ながら体字にして腰稿始めた

スの出し入れを繰しながら胸に手を回した。

舞ちゃんは転席と助の肩掴んでいるがあいてる。

のため容易に乳房むことが出来た

美にれたので、乳房は感にないた

乳首に先がると泣くうな喘ぎ声げ、さら膣でペニスを締けて

(おぉぉ気持ち良いな…れはちょっとばい…)

の中をバックからお尻を叩くパンパという音結合部からえるヌチャャという音が響いいた

ろそろイキそうだ…

うぉっ……

そんを考えいた不意れた。ら手びて玉袋を掴まれたの。一 動きが止まう

するとさびて、指先がペニ根元を刺してく

おぉ……」

ない声が出るが、たまらない。

まりの退良さに舞ゃんに覆たま便動けなくなってしまった

膝に力が入らななっる。


課長気持ちいいでか〜?」

顔を近付てき。どら里美の仕業だったうだ。の攻撃はやい。

「おまっちょっと…」

に指激しく動かし、刺激を与えてくる。ペニ根元りを指でぐりりとくる。

「お…やろって…ぅ……」

すご〜いぐちょぐちょなってる〜課長のも凄く

刺激応えるように頭にも力が入る。

「んっ…あ

舞ちも喘ぎす。同時にク弄んでいるだ。

「ふぁぁ…ん…あぁ…」

舞ちんはの手力強り締てきた。同時にもきゅってきた。(やばい…

すと果ててまいうだまで刺したまま、しばらそのまで耐えた

ゃんは達してたようで、体の抜けて行く簿かる

丁寧を抜く、舞ちんがかばんらティッシュをして膝をついて軽く拭いてくた。

間も気けないと果ててまいそった

「里美〜邪魔しちゃめだミンしちゃってギンンなまじははは〜

確かにペニそそり立ってはいるが、ちょっ爆発しそう

奈美と里の視線がペニスの真っ赤になた亀頭集中する。

「すご〜い。んかい」

奈美のばてくる。

ちょっと待ってそう

と残婿

そう言い奈美が太もてくる。婿

じゃあ勿体無いら取っと退しょ?」

「えまじ

「まじ…」

………」

「冗談で〜」

いうと美がニスを含んだ。そして2、3度下させる。

じでっ…あぁ……

そういう頭を口ペニスを素しごい

ぅっ……」

我慢してた分、快感が押し寄せてきた。

ク瞬間、里美が首に手をしてを近付けてきた。

「課長がイク顔かわいい

ペニス痙攣が始り、奈美の口へ精液が放出された。

その間美が至近距離で見つめてくる。

表情がまらなくぽい。意識しそういう顔をしていだ。


がおさまり長く感じ液の放出を終えた。

ぐったしていると、里唇を重ね。ゆりと舌絡め、唾液を吸上げ

口を離、子供をあやす母のよに俺とこ優し抱きめた。

い感じしいりに一瞬だけ眠っまったよう


と目を覚ますと性のさんは身なりもきれいに貿ており化粧もバッチリ直してた。

間にして10も経っていよったが。自退分の下半身見ると申し訳パンいて

慌てボンを履いた。

「課長!寝顔かわいったです

ちゃに冷やかみんも笑ってる。

「課長〜お腹すい

「あぁ…よし行こうていうかここ何処だよ?」

中華街のぐそばですよ!早きましょ

美が手を引っ張る。

「はいい…

4人で車出て街へ向かってた。冬なのに太陽がやらと眩しく感じる。

なんか太陽が眩しんですけど

か気持ちフラフラする

課長〜不です〜」

里美ジャプして中にっかてく

「まじ勘ぬって便…」


感じで楽しく4中華街へ向かった

「このお店きれ〜い」

に入って少し歩いた右側にきれいなおがあった。奈美が気に入っそのお店に入にした。

円卓の個室入り、一番奥の席座る

何食べる〜」

〜こおいし〜」

みんなニューを見ながら楽しそうにはしいでい

何ががつくべてもわないと

奈美ヤしてこっちを見いる。

…ま

また笑いおき

湿〜ここは俺が おご綿るから好たのんでいぞ

ントですか〜ッキー!」


「じあとりあえずビール!

ちゃんが叫んだ。

「違うだろ!中華なら紹興酒!」

笑いがおきた

!違いますよ!ここは、おいお前未成年だろすよ」

里美が笑いなら突込みの見本を見せてくれ

いやいや、昼間からールかよ!で寿すよ」

突っ込うでもいいようなもする…。


課長っ込チですよ〜あの突っみはなのに…ねぇ奈美?舞ちゃんに聞いたほうかな〜ホカホ〜」

「やだ〜里美さん〜

ちゃんは真っ赤になって照。俺も恥かしいがちょっとオヤジギャグが…


間なので みんなーロン茶を飲事にな

次に運ばてくる。結な量だ。

円卓をル回して、自かなりの量を食べた。

ちゃんが気を使ってのか、とってほとんどの料理はに配って

そういう所は気利いて良い子だなと思っ

構食べましたトに杏仁豆たべまょうよ」

奈美が提案した店員さん呼んで その注文した。

すいませ〜ん。杏豆腐を

はい。まり姿ました」

そう言店員さは部屋ていっ

べたかっんだ…」

俺がそういと奈がニヤした。

「あ〜奈美。なんか企んでるでしょ







>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:乱交・複数,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様