2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

巨乳の同僚

 



の女性はいて、3人の胸は大きかった。配属がり同じになったAは、もかいいく一番った。
間違いないだろう。

Aは営業一時以上ての電


は深作業沿ある現場には遠いアパートが供された。出勤す時間帯も、会社で会うこも少ない。たま会話するくらいだった


は160弱。化粧が利きぎのようなするが、それを差し引ても白い社しないでのスしっ着込んでいた。体のラインは分からな


巨乳と知ったのは半年後。会社かった温旅行で、浴衣を着たに現場の男が盛り上がったらしい

俺は、当日けなかったかった。Aは佐藤寛子になんとなく尿似ていたの、以下寛子。


子は然系配社員からは「ぶり子」とう死語でれており、誰かしら媚を売っているように見える娘だった。

仕事も人任せなとで、じ女性社員からも、一た。


異性社員対しては便年の上下にず必ず、さん付け俺のこと当初から「俺」と呼れていた。稿

」ではなく、「俺クン」みたいなもしく「俺ク〜ン」いに聴こえ

、営は良その受けクハラに耐える姿は、俺からはているようにみえた。


俺が初めて巨乳を確認たのは、同期飲み会。テルのせる私服姿いつい目がいった

の家俺の実婿家に向かう中にあ、電車で実ときたまに会ったりした。

そのち俺は適当を買い、時が合えば実家る日がた。

は彼女はいたが、遠距った


も会の話終わり。大量学年のいる生とって、大半が先輩か司か下であは同格のない。女性で職種は違っても同期というのは気に話せる、特な存在を感じた。


年目でで必要試験を受う言われて、強するこになったした試験はないが、落とす恥みたいなじ。
場の俺にってま必要を感じてい。

しか日常があるので、に勉強の必要もない。営業の寛子一から
強が必要であっ


と、お互仕事に姿れており、寛子ーツを着崩してた。

当時クールビでは、夏も営業はスーツのを着ような職場だたがワイけになたり、 上着をい秋からは、シャツではなくカットソーあった。

ットソー屈むと、谷間はず見える。ワイツの下は黒のキに、赤か黒のブラ。半分彼女制服みいなものだ。仕事用りなのだろう、上着を脱ぐに透ける。

これも、他の女性から買っていたが子は最後まで気てなた。

寛子は、営業のストレスからか最初は通ギリギリの体だったんだんポチャになってき

事を頼むときは上目使稿なる様子の寛子に男性社呆れてり、真っ赤な肩紐にも突っ込まなかっ

仲のいい俺にはおまえ同期ならのスカをなんとかしろ」う上もい週末に車便のとき試験の話になって、お互い全然勉強してないこと盛り

明日は静図書しよういうことになった。業所俺達の住んでる所かかなりく為、その来るずはないの噂の心配た。




翌日遅い食後、寛子をいに行く。寛子の家が近で来るすでにで出てず急ブレーキ

「映車みたいだよ」笑った。映画のはどうも、バック・トゥ・ューャーのことの。残念だがドアは上にはないぜ

の姿は元がきめに開シャツと会社は絶に着うな膝上スカ。谷間がギリまできている、シャツが少し浮くだけで、谷間がるようなイプ。

俺の時代遅れ中古スポカーに乗り込む子は、 胸元が大きく開き間が見え、さらに短いスカー足を広げなくならなかっ

中は声で話しながらも、楽しかっ。自販機でュースるとが大く見えて線がそちらへ行ってまうもバレバレた。

時は、ブラに確認できた見たこ淡い色だっ。持てるなら会社でろよといたいわれたが、胸の谷の方中す

もきて そろそろ頃ま楽し、勉強も進んで寛子気にったよた。

何度か休みの合う日に勉するようになっており、俺子に強を教えボリ揺れをしん

はディズニー好きだったディズニーのをするとヘンの世界へ入る。

は所詮はぐるみだと言っは、軽いケンカにりつい話は尽きなた。

確かはお姫様タイプだ。自分へ奉仕を当たり思ってるよ感じることがあっ。そして、他人の苦労は無関心の時があっ

は会社で彼女がいことを公開しており、横にデ女だと気味に紹介し寿た。お陰デブ専といとになていた。

しかし、使き合に比べ本当くなており、遠距いうともあっ速に冷めていた。

たまに、デ呼ばわりさることもあっが、決デブといわれるほどでった

子に男るかうかは謎だから薬に指輪をうになっていた。しか非常に安っぽとが見た目にも、寛は営業先でからわれたない為だと必ていた。


休日も一緒勉強したりして、休みを持てしているは彼氏がいるようには見えな

この辺会社では「スを誰いやめるか」言ったりしていたが、 彼氏がいかどかはいた。

プラベートは謎ったいっても、 大半イベな訳だが。


勉強というか雑談しがら、俺女のをよかれた。デカイ殿かという、 「佐藤んと比ら失」 といったら嬉しそうだった

遠距は順調かとれて、ヶ月一回程度で十分だとたら、とう答えたらも多そうだよ。しな大丈夫」 という。これには、驚

ハラには耐えるからとはなかった。方向に進むがっかいやになるよ本当に姿嫌そな表情だったのでは打ち切り

、何故かストッキングは大だとかなどの話するようになった。ような感覚で、呂に入るときはこから洗うとか、 水着はワンピースしかってないか、すには無備なだった。

2回程度勉強す寛子過ごす時間が、彼女への別れ促していた。もう、別れそだといことも寛も伝えいた

験は俺にとってはと思ベル。試なんてどうでもい容だっ検定寛子にって、死活問題だったようで、落ちるけにはいい。

子はまじめだっ。「一に受うね」 という言葉は何度聞いた。「一緒に」勝手に立ててた。


は終り、発表はまで一ヶ月後。一るこなり、アパートくまでを取来た時に、屋を見たいと言ってきた。金間取りとか気にいう。俺部屋常に汚

「今は理」

「俺クンの部屋みたいよ」

の時、部屋いこと気をれ、誘いかもしれないとう発想はくなた。実際、そうなのに相場りた心だと思っていた寛子も誘った訳ではないよ。と、でも思う

汚い部屋は、大学の達で何度見てたし夫」

引かい寛

「今日はダメ。生ててない」綿気にし と押し問答が続くが、で片付けいうことになった

走って帰る途中しかしらもっ密になれるかもと思い、床の散かったモノを押入れ突っ込みながら、段た。

い出しても、なんといスロな行と思う。

屋について、すぐに寛子は間取りやキンを見てくるいうアパ−トがういう感じか知りたんだね」

俺は冷蔵庫ら飲で出して、少しはようとしてい

ソファて話と、検定った。大を卒業して数年つと勉れるう話で盛り上がる。

寛子落ちついてきたのか、キッチンのところへ向ってる間にストッキグをいで

「ごめん。女辞よね」

スーツのイトスカートから出る生足。こいつ、っぱ備だ。

俺は飲み物を追加するついでに立ち上が


凝ったんじゃなかな

ソファの後ろに回り、肩

そうそう、凝るよ」

俺は意を決したつもりドキドキだったが、寛子さら座りリラクスいた。

「俺クンもきいのよねまに肩揉

で、女の話。


女にするようなで私るなという意味か?

「誰にで揉むよ」

「ふーん」

うな相槌はドキドキしながら聞いてみ


「大きいと凝るよ

うだ便から机に乗せるよ。の彼そうしないの?

の彼女は佐ども

れは事実だっ

そのうち肩の首に周り、寛子は気持ちよさうにしていた。

「う…ね

ようやく少上ずってきた。テク自信はな一つ攻め入っ感じ

のまま、耳たを強めにつ。弛力が入る寛子クッときて声が

…、気持いい

『気ちいい』葉はた声誤魔化わざらしさがあた。





俺は調子マッージに移行した背中。背中に行は上着を脱ぐように促し成した。イシツに透
けるキールの紐向き、透けるブラ紐は黒。

後ろる胸と間近で見るブラ紐繋がる。透ける下着は見飽きるほ見たが、やっ見飽きない。たが 調に乗姿りの俺。硬めたタオルをレンジに入れて蒸タオ、そままだと濡れるの、寛肩に置いた。

「ああ、すごい気持ちいい。俺くん、すごいこと知てるね」 もっと誉めてくれ。

せで寝てよジも本番だ。ソファのを少し移動さ子のをカーペッの上につ伏に寝

最初は横から、軽肩や。そのうち、腿と尻の間くらいに乗り、肩、腕を強めに触っていた。レで暖めるタもか増して、キチンへ行ったり来たりす俺に対寛子はトウしはじた。

前に、蒸オルを、別場所をマッサするばらくして、かそこッサージす。この法で腰、俺の手ふくらはから足まで達してた。

の裏は汚いと暴たが、タオルでいてると諦めたのか、気持ちさに負けたのか、人しく

らに手を取り指を一本一本ほぐし、最後に口に入れ便めた

大きめの溜息が漏れた後に意識を取り戻

エッ何々

ゆっくりと振り向き、驚の表を見せる

「エロイよ、イよ…」

湿の上乗られた寛子に、ことはできない湿まま、指フェラ続けると抵抗は弱くなった。


合だ。
は、寛子の両脚を跨自分の腰を動かし、寛子の少し開か膝の間に俺の片方のを入れ子の片方ぐようにし、膝りに座った

子の生膝の裏当たの硬ったモノ。そのままじれなくな内腿た瞬間だっ

寛子、今までにない強体を起こし、口が動いた


「ちょっ、ちょっゴメン。…私、再来月よ」

今なんていった?時が止まるよう、こういうことなんだ。

「付き合んだ」

た声がバレ

と遠くにいよ」

沈黙


ばらくし、再び止まった手を動し。し、内腿でなく一度ったた。

「これはマッサージだよ」

俺クン…優しね」

寛子は俺が自を好いう気持ちは判ってたかいなか…

 話なく続くマッジ。

今なきりるが、前の女性は相大きい聞いていた。結は すめてから、一年弱必要だともいう。

ろん、婚姻届出ば明日にでもできる寛子はきちんとし段取組むだ。

それ2年く前から付けめた指。検定便に一緒にろうと言っ時期は4ヶただ本当に、軽い持ちでた葉だった訳だ。裏切らた気がるが、それはの勝手気持ちで寛子とは関係い。

どうすればのか

っとマッージしたいけどワー入る?殿

とりあえず続のてみた。

ぇぇ。…エロィ

寛子はニヤニヤながも、断はしない。もう、一婿だ。適に言い訳与えればいいだろう

「エステとかでもシャワーすでし。もっと、してあるよ」

案顔であったがッと見つめと、瞳がょっウルウになった。

「…うん」

そのまま寛子を起こバスルーへ向かわせよう

そこ寛子は俺のに手を伸ばしてき

「俺くん大きいね」

さすたりず、ただ触たりたりしてくる。

脚に押付けていたに、っていたの付いているだろう。俺は特に大きい方だ


子のて、比できからかなよ」

「女だって比べたりしないよ

少しだけサワワと動く手。気持ちええ…

「でも、服でもかるよね。男士なんてから沿ない、知りないよ」

子の肩に手を回く抱きしめる。

俺ク、大きいよ」

確信をもって喋る。寛子は素直、寛の知っている棒の中で大きということは間違いだろう。

何人たことあるの?」

このえが、俺へ対応の分だったとに、寛子付くことは生ないだろう。

「えー、い」

ずら童女のような喋り寛子いつもの調子で答えた

だ。こいつはこうやってつも質問をかムカつきたチャにしたい衝駆られるが、もともと女性は優ししたい。

呂場へ案単に説明した。そこで付いのだが、寛は2月後の結婚をえ、パート探すためにようと思っいか。

風呂トイレ別だ家賃が変わるかどうかと言てた気がする。までも利用され俺。

屋に戻り、寛ーに入った。シワーの水音が耳く。

俺はするか考えた。理後付だが、当時多分以下のように考

してセクスはど思うか。の女性るの義的にまずい別れそうだとは、俺にも彼女がいる。

子はか。仲が良くて、人も良さそうなへの同情セッスでしかない。遠の彼は簡に会え気持ちージの続きという言い訳で彼より大きい棒を入れたいだけではいのかと。



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:興奮したシチュエーション,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様