2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

巨乳の同僚




期入女性4人い3人の胸は大きかっ配属まり同じ営業なったAいいく一巨乳だった
間違いろう

Aは営業。間以上掛けての車通い。


俺は深夜作業もある現場。には遠のでアパートが提供た。出勤する時帯も違い、会社で会うことい。まに会話する


160弱。漆黒髪と化粧が利きのような気もが、それをし引も白い。入社して間もなでのスーツはしっかり着込んで体のラインからない。


と知ったのは半年。会社から行った温泉旅行着た時に現場の男が盛上がったらしい。

俺は、当けなかったかった。Aは佐藤寛子になんとていたの以下寛子


寛子天然、年配社からは「ぶりっ子といで呼ており、誰かしっているように見える娘った。

事も人任せなこと、同じ女性社員からも、一部疎まれていた。


異性の社に対しては、年に関わらず必ず、さんけなだがことは入当初クン」と呼ばれていた。

俺君」でく、「俺ク」みたな語。もしく「俺ク〜ンみたいに聴こえる

ただ、営業成績は良く、その巨乳から受けるセクる姿、俺らはがんばるよにみた。


俺が初めて巨を確認したのは、同期み会テーブ上に胸を載姿についついいった。

の家は実家向か途中にあ、電車で家に帰きたまに会ったりた。

のうち適当な中古車を買使、時が合えば実るつでに送日がった。

俺にいたが、遠距離だった。


いつも会社の話て終り。大量に学年のる学生と違って、大半が退か後輩か上か部下ある会格の者は少ない。性で職は違っも同期といのは軽に話せる、特別な存


3年目で会必要検定試験を受けるようれて、勉強することになった大し試験いが、落すと恥みな感じ。
俺にってまあまり感じてない

かも、務と連があ、特に勉強の必要もない。だた営業の寛子は、一から
が必要た。


の頃になると、お互い仕事にスーツを着崩しいた

当時ルビズではなく、夏でも営業スーツの上着を着るようなだったが寛子はワイシャツだけに貿ったり、 上着を脱がない秋口から春は、ワイシャくカットソーの日もあった。

ーで屈むえるイシャツ下は必ずキャミ赤かブラ分彼の制服みたいなったつもりなのだろうが、を脱ぐと普通に透ける

これも、他宿性社員から不興って、寛後ま気付いてなかった

子は、営のストレスか最初普通ギリの体系だが、だんポチャになてきた。

仕事とき使いなる様子の寛性社ており、真っな肩紐にも突っ込まなかった。

のいい俺には、「まえ同期ら、あスイカをなとかろ」という上司もいた。に車で送り、のと稿き試験の話て、お互強しないことに盛り上

日は静かな図書館で勉強しようというとになった。営業俺達の住でいる、そはずはなで噂の心配はなかた。




日遅い、寛子を迎いに行く。の家が近くまで来ると、す通りで出てお思わず急ブーキ

画の車みたいだよ」笑っ映画というのはども、ックゥ・・フーチーのことのよ。残念だがドアは上にはいぜ

子の姿胸元が大に開たシャツと社では絶対に着て寿ないような膝上のスート。谷間がリギまでャツは、シャツ少し西けで簿、谷間が見えるタイプ

の低い時代遅れの中古ポーツ乗り込む寛子は、 胸が大く開き谷間がえ、さらにトの足を広なくてはならなかた。

勉強中は声で話しならも、楽しった。ュースをきに谷大きく見え、視線がそちらへ行寿しまうだっ

の時は、ブを完全に確認できた。のない淡い色のブラだった。持てるら会社で着ろよ、とい気分に襲われたがの谷間のに集中す

時間もきて そろそわりいう楽し勉強も進んだので寛子に入ったうだた。

休み合うに勉強するようになっており、俺は寛子に勉強を、そ胸のューム揺れを楽んでいた。

子はディニーきだっ。ディニーの話をすると、メルヘンの世界へる。

俺は所詮はるみだと言っ、軽いカになりつもい話は尽った

寛子は姫様プだ。自への奉仕を当たり前のように思っているうに感じことったして、他人の苦労は無関心があった。

は会社で彼女がいることしてり、イ女だと紹介していた。陰で、デ専とうことにってい

しか 付き合に比べ本当でかくなており、遠距離ということもって速に冷めた。

もたまに、デブ呼ばされることもあったが姿決してデブいわれるほなかった。

がいるどう謎だが、一年過ぎから指輪をようになっいた。しし、その指輪は常に安っぽいことが見たも分かり、寛子は営業先でからかわない為だと説明してい


休日に勉強したりして休みを持て余いる様子は彼氏がいるよは見えな

便の辺り、西会社は「スイカを食べる、舐とか言ったりしていたが、 彼氏どうは分れていた。

イベーは謎だた。いっ、 大半の女性社員プラートは謎だが


勉強というしなが、俺彼女のカイのかいう質問には、 「佐さんと比べたら失礼だ といったらそうだっ

遠距離は順調かれて、一ヶ月に一回度で十分答えたら、とたら多分うだよ。くても丈夫」 という。これには、いた

セクハラには耐えるが分からそういう話を振ると思わなかったロい方向に進姿んな私胸ばっかり話していやなるよ」本当に嫌そう表情だったので打ち切り。

後、何故ストッや化粧は大変とかなどの話をするようった。友達のような感覚で風呂に入るときはどこ、 水婿ンピしか持ってなか、男すには無防備内容だった。

月に2回程度勉強するとの楽しく過間が彼女へのれを促した。もう沿別れうだいうことも寛子にも伝えていた

試験は俺にとっては受かるだろうとえるベル。試験なうで容だっ。検定は営業の寛子に、死活題だったよ、落ちるわけにはかな

もと寛子はまじめだった。に受かうね」 というは何度いた。緒にの言葉ににフてていた


試験は終、発表まで。一緒に帰ることになり、アパー近く車を取に来た時に、突然部屋を見たい言ってきた。金宿取りとかなるとの部屋は非常にい。

「今は無理」

俺クンの部屋みたいよ」

この時、部との気をられ、誘いかもれないとう発想は全くなかっ実際なのだが当に相場を知奇心だとってい。寛子も誘た訳ではいようだ。思う。

「汚学の友達で何度も見てきし大丈夫

かな寛子。

「今日はメ。生をしば捨ててない」 「気しない」 と押貿問答が10片付というこになた。

走って帰る途中にもしか密になれるか稿もと思い、床らかれにっ込がら、段取りを考えた。

今思いても、んとスロー行動かと思う。

部屋についてすぐ寛子は間やキチンを見てくるこういうアパ−がどうい知りたいんだよ

は、冷蔵庫から飲物で出し、少しは引きとめようしていた。

ファに座て話すと検定なった。大学業し数年経つと勉強はれると話で盛り上がる

寛子落ちついてきたのか、俺がッチンのとろへ向かってる間にストッキングを脱いいた

ごめん。女辞めるよ

ツのタら出る生こいつ、やっぱり無防

は飲を追加すに立ち上がる。


凝ったんじゃなかな」

ろに回、肩を撫でた。

「そそう、凝るよ」

俺は意を決したつったが、寛子はさらく座りラックスしてい

俺クンも彼女も胸大きいだよね?たに肩揉む

ここで、彼話。


女にするような手で私に触るなという味か

にでよ」

ん」

探るうな相槌。俺はドドキしながら聞てみた。


大きいと凝るよね」

「そうだよ机に乗せるよ俺クンもその?

「俺の彼さんほどもないよ」

は事実だっ

そのうち肩の手は首に周り、寛子は気持ちよさそうにしていた。

うまい…

ようやくが上ずっきた。テク自信はない一つ攻めた感じ。

そのま、たぶを強めにまむ。した全身に入る寛子の体は、クッと起きて声た。

「ああ…持ちいい

『気ちいい』葉は漏れたを誤うな、ざとらしさがあった。




調子にのって、耳のマッサーした。そして背中。背中に行くときに上着脱ぐよに促し成功した。シャツに
るキャミールの紐向きに透けるブラ紐

後ろら見る胸と間近簿見るブラ紐が下着は見飽ど見が、やっぱり見飽きない。 調子乗りくりの俺。硬めにったオルをンジに入て蒸タオにしままだと濡れるのでップに包み、寛肩に置いた。

「ああ、すごい気ちいい。俺、すごいことね」 も、誉めてくれ

「うつ伏てよ」 さマッサージ本番ソファの前机を少し移子の体をカーペットのにうつ伏せに寝かせた

からく肩首。そのうち、と尻の間らいに乗り背中、っていたンジで暖めるタオルもかり増して、キッチン行ったり来 俺に対、寛はウトウはじめた。

触る前に、蒸タオルを乗、別の場所ージる。しくして、からそこをマージするこの方法で腰手はくらはぎから足先の方していた

裏はいと暴れた、タオルで拭いてやると、気よさに負けたのか、大人しくなった。

さらを取り指を一本、一し、最後に口に入宿れて舐めた。

大きめの溜めれた、急意識り戻す。

ッ、何々

くりと振り向き、驚き情をせる

エロイよよ…

上にた寛子、起きるこはできない。そのまま、指綿ェラを続けと抵抗は弱くなった。



俺は、子の脚を跨ぐ自の腰を寿動かし、寛子の脚を少し開か。開いの片脚をようにして、膝上辺に座

子の生膝のる俺の硬ったモのまなった手が間だった。

は、にない強い力で体をこし、口が動


「ちょっ、ちょっン。…私、再来結婚するんだ

なんていた?時が止るよことって、こううこと

「付合ったんだ」

かすれた声がレバレ。

「うん。彼っと遠るんだよ

沈黙


ばらくして、再びまった手を動した。内腿でなく度触った腰

「これはマッサージ

「俺クン…優しね」

寛子が自分を好きだという気持ちてたかいか…

た、会話く続くッサージ。

ならはっきりとるが、結婚の女性のストレスは当大きいていた。結は すると決めてから、一必要だともいう。

ちろ、婚姻届出せば明日にでも結婚るが、寛子はきちんとした段取り組むタイプだ。

れに年近く前から付けめた指。検一緒に受かろ言った時期は4ヶ月前。あただ励まし。本当に軽い気持でた言葉だった訳だ。裏切られた気がするが、それは俺のな気持ちで寛子とは関係な

はどうすればか?

っとサージしたいけど、ャワー入る?」

あえ、継続方向で聞いてみた

「えぇぇ…エロィよ」

寛子はニヤニヤらも、断りはしない。もう、一押しに言いを与えばいいだろ

「エテとかシャワーるんでしょ。もっとてあるよ」

ょっと顔であたが、俺がジッと見つめるとっとウルウルになっ

ん」

のま寛子を起こし、バスルームへ向かわせようとした

そこで、寛子は俺のモノに手を伸ばしてきた。

「俺くん大きいね」

すったりはせず、ただ触れたり握ったりして

脚に押しいた時に、ていたのは気付いている。俺に大きいとは思ない。


と違って、比べるできないからわかないよ」

「女て比たりし使

少しだけ、サワサワく手。気持ちえ…

「でもらでも分るよね。男士なから、知りくもないよ

の肩に手し、軽く抱る。

俺クン、大きいよ」

確信宿って喋る。寛子は素直なので寛子の知っで大いうこと間違いだろう。

何人したことあの?

この答えがへの応の分か目だっとに、寛子付くことは一ないろう。

えー知らない」

いたずらな童り方。寛子っはつもの調子答えた。

そうだ。こいつはこやっていつも質問をかわす。なんかムカつてきた。メャクチたいに駆もともと女性には優しくたい。

風呂場へ案内て、簡単した。そこで気付いた、寛ヵ月後婚を控え、新ートを探ために俺の部屋を見ようとたのではなか。

イレ別だと家賃が変わるかどうかた気がする。どこまでも利用される俺。

は部屋に戻り子はシャワーに入った。シャワーの水つく

俺はどうするか考えた。理後付けだが、当時も多分以下のように考えた。

俺とセックスはどう思う約中の女するの道義的にまずい。別れだとはいえ俺にも彼女がいる

寛子はどか。が良くて人も良さそうな俺へ同情セックスでしかない距離はと単に会えず、気よいマッサージの続きという言い訳より大きい棒を入たいではのかと。



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:興奮したシチュエーション,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様