2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

巨乳の同僚

 



同期入社女性4人いて、3人の胸大きかった。配がきまり同じになったは、いい一番の巨乳た。F
間違いないだろう。

Aは営業。一時間以上掛車通


深夜作業ある現場。俺には遠いのでパートが提供された。出勤する時帯も違い社で会ことも少ない。たまに会くらだった


身長160弱。漆黒髪と化粧がき過ぎのような気もすが、を差も白い肌。入社て間でのーツかりいた。体のラインは分かい。


巨乳と知ったのは社かった泉旅行で浴衣を着た時に現の男が盛り上がっらしい。

は、当日行たかった。は佐藤寛子になんと似ていたので、以下寛子


子は天然系で、年配社「ぶりっ」という死語で呼ばれて寿売ってい宿うに見える娘った。

仕事も人任せなことで、同じ社員か、一ていた


異性の社員に対は、年の上下に関わらず必ず、さ付けなのだが、俺のことは入社当初からクン」と呼ばれいた

「俺君」ではく、「俺クン」み語感。しくは俺ク〜ンたいに聴こ宿

だしく、その巨乳受けるハラに耐え姿は、俺からはがんばっているようた。


が初めて巨を確したは、同期の飲み会テーブルの上に胸を載せ私服姿についつ目がいった

寛子の家に向かう途中にあり、電車でに帰る会ったりした

のう適当な車を買い間が合えば実に帰ついでに日があた。

俺には彼はいが、遠距離だ


話はいも会社の話をし終わり。量に同学年のいる生と違って、半がか後輩司か部下である会には同少な。女性で職種は違っも同期というのは気軽話せるな存在を感じた。


3年要な検定試験を受けるよ言われて、することになった。大した試験ないが、落と恥み感じ
の俺にまり必要を感じてない

も、日常業務と関連があるの、特に必要ない。だた営業の寛子はから
要であっ


と、事に慣れて子はスーツを着いた

時クビズはな、夏でもはスーツの着を着る場だったが、寛子はワイシになっり、 上脱がない秋口から春、ワイシャツカッソーのあっ

ソーで屈むと、谷は必見える。ワイシャ稿ツの下は必ず黒のキャミに赤か黒のラ。半分彼女服みたいなものだった。仕事用りなのだろ上着と普通ける。

これも、他の女性社員ら不を買っていたが、寛は最まで気付いてなった。

寛子は、のススか退最初は普通ギリギリの体系だったが、ポチャってきた。

むときは上目使なる様寛子には男性社員もれて、真っ赤な肩紐にも突っまなかった。

俺には、まえ同期なら、あのスイカをなんとろ」とう上司もいた。ある週末に車で送り、そとき試の話になってお互い全然強してなとに盛り上が

明日は静かな図書館で勉強うことになった。営業所達のでいる所からかなり遠、その図書来るはずはないのでの心配はなかった




日遅い朝食後、寛寿子を迎いに行寛子の家が近来ると、でに表通りまで出てきており、思わず急ブレーキ

の車みたいだと笑ってい。映画というのはどうも、バク・ザ・フューチャーのことのようだ。残念だがには開かぜ。

子の姿は胸元が大きめに開いたシャ会社で絶対いよ膝上のスカート。谷リギているシャシャツが少し浮くだで、谷えるよタイプ

の背のい時代遅れの古スポーに乗、 胸く開が見え、さらに短いスカの足を広げなくてはならなかっ

勉強中は小声で話しながらもしかった。自販機でジュースを取るとき谷間が大く見えて、線がそちらへ行ってしうのもバレバレだっ

の時は、ブラを全に確できた。たことのない淡い色のブラだ持ってるな会社ろよ、とたいに襲われたが、の谷間の方に集中する。

時間もきて そとい頃まで楽しめて、勉も進んだ子は入ったよった。

度か休みの合日に勉るよになおり、俺は寛子に強を教え、その胸のリュームや揺れを楽しんで

子はデズニ好きだっニーの尿する、メの世界へ入

所詮は着ぐるだと言っは、軽いケンカりつつもお互い話尽きなかった

かに寛子はお姫様タイプだ。分への奉仕を当た前のようように感じ るこった。そして、の苦関心の時がった

会社で彼がいるこを公開しており、横にデカイ女気味にいたお陰、デブ専というとにって

、付き合った頃に比べ本当にでかり、遠距離とうこともあって急速にた。

寛子も、デブ呼ばわりともたが決しデブいわれるほどかっ

寛子がいるかどうかは謎だったが、一年過指に指輪をするようになていた。しかその指非常に安っぽいこが見た目にも分かり、は営でかかわれたない為だと必ず説てい


日も一緒に勉強したりして、みをて余る様子は氏がいるよには見えない。

この辺り会社でイカを誰が食べるか、いや、舐めるか」言ったりしていたが、 彼氏がいるかどうかは分かれた。

イベ謎だった。といっも、性社のプベートは謎な


勉強うか雑談しながらの彼よくかれた。カイのかとう質問には、 「佐藤さんとたらだ」 といだった。

距離は順調かと聞かれ一ヶ月に一程度十分だと答えたら、という答えら、「私も多分そうよ。しなくても大丈夫」 とこれには驚いた。

セクラには耐が自分かいう話を振るとわなかった方向進むの胸話してなるよ」本当に嫌そうな情だったのは打ち切り。

その後、かストッキや化粧は大変だとかなの話をするうにな達のよな感覚で入るときこからとか、 水尿はワンピスしか持ってないとか、男にすには無防備な内容

月に程度勉強る寛子との楽しく過時間が、彼女への別れを促していた。う、別れだというこも寛子にも伝えてい

は俺にとっては受かるだろうとるレベル試験なんてどでもいい内容だった。検定は子にとって、死活問ったで、落ちるわけにかない

ともと、寛子はまめだった。「一かろうね」言葉何度も聞い「一の言葉勝手にフラグ立いた


試験終わり、発表までヶ月の週緒に帰ることに、アパート近くまで車を取りに来時に屋を見たいと言ってきた。金額や間取りと気になるという。俺の部常に汚い

「今は無理

「俺クン屋みたい

の時、部の汚との気をられ、誘いかもしれないとい発想は全った実際、そうなのだが本当に相場を知り好奇だと思って。寛子た訳ではないよう、今も思う。

い部屋は、大で何度見てきたし大丈夫」

引か子。

「今日はダメ。生ゴミをしらくない 「気」 と押し問答がくが、10分でけるということになった。

走って中に、もしかしたらもっと親れるかもと思い、床の散らたモを押に突ながら、段取考えた。

今思い出しても、なんというな行動かと思う。

部屋いてすぐ寛子は間取りやキチンを見てくる「こういう−トがどういう感じか知たいんだよね

俺は、冷蔵庫から飲物で出して、少しは引きとた。

ァに座って話すと、検定のにな卒業して数経つと勉疲れるというで盛る。

寛子ちついてきたのか、俺がキチンのところへかってる間にッキンを脱いでいた

めん。女めてるよね」

スーのタ出る生足。こいつ、やっだ。

は飲追加いでに立ち上がる


「肩凝じゃないかな

ァのに回り、を撫た。

るよ

俺は意を決したもりでキだったが、寛らに退く座りラッしていた

「俺ンも胸大のだよね?たまに肩揉むの?」

こで、彼女の話


女に貿するような手私に触る、とい意味か?

誰に揉むよ」

「ふん」

よう槌。俺はドキキしがらてみた。


「大きいと凝西るよね」

「そうだ。重いら机るよ。クンの彼女もうしない

彼女は佐藤さんもないよ

事実だった。

のう手は首に周り、寛子は気持ちよさそうにしいた。稿

うまい…ね」

うやく少し声が上た。テに自信はない一つ攻めた感じ

のまま、耳たにつまむ。弛緩し身に入る体はクッときて漏れ

「ああ…気持ちいい」

『気持ち言葉は漏れた声を魔化すよな、わざとらしがあっ





俺は調子に耳のマージ移行した。そ背中。背中に行くとき着をように促し成功し。ワイシツに透
けるキじ向きに、透けブラ紐は黒。

後ろから見る間近で見ブラが繋がる。透ける下着見たが、やっぱり見飽きない。た、 調乗りくりの俺。硬めに絞ったタオをレン入れて蒸にしそのままだるのでラップに包、寛子の肩にた。

あ、すごい気持ちいい。ん、すいこと知ってる もっ尿と、誉めて

「う伏せで寝てよ」 さあサージも本番だソファの前を少し移動せ、子の体カーペッ上につ伏せ寝かせた。

最初は横から、や首。そのうち、腿の間らいに乗肩、背中、腕を強めにっていた。レンジ暖めるタもかなりして、キッチたりりする俺にし、寛はウはじ

触る前に、蒸タオルをせ、別の場をマッサージしばらくして、からこをマッサージす婿方法腰、俺寿はふくらはら足先方ましていた。

足の裏は汚いとれたが、タオルで拭いてやると諦めたの持ちよさに負たのか、大人しくなった

さら手を取指を一本、一本ほ、最後に口にて舐めた。

きめのめ息が漏れ、急に意識を戻す

、何々!」

ゆっくりと振り向き、驚きの表情を見せ

「エロイエロイよ…」

腿のに乗られた寛子に、起きるこできい。そのまフェけると抗は弱くなた。


頃合だ。
は、寛子の両脚を跨ぐ自かし寛子し開かせる。開いた膝の間に婿俺の片方の膝を入、寛子の片方の脚を跨ぐうにして、膝上辺りに座った

子の生膝の裏に当便俺の硬くたモ。そ、閉じれくなった内腿手がり触れた瞬間だった

子は、まで体を起こし、口が動い


ょっ、とゴメン。…私、再来結婚するんだよ

った?時が止うなこと、こういとなんだ

付き合ってたんだ」

かすれたがバレバ

「うん彼、ちょくにいるよ」

沈黙


しば、再び俺は止まった手た。しかし、内腿く一度触っ腰だった

「こッサージだよ」

「俺クン…優しね」

寛子は俺が自分好きという気持は判ってたのいないのか…

また、会話なく続くジ。

今ならっきり分かのストレスは相当大きいと聞いていた。結婚は すると決てから年弱必もいう。

もちろん、婚出せば明日に結婚できるが、寛子はきちんとした段取りを組むタイプだ。

に、2近く前から付け始指輪。検に受うと言った時は4ヶ月前。あれはただの励し。本当に、軽い持ち言葉だた訳だ。られた気が、それの勝手な気持ちで寛子とは関係ない

はどればいいのか

もっとマッサージしたいけど、シャワー入

あえず、続の方向で

ぇぇ。…エロィよ」

寛子ニヤニヤしながらも、断りはしない。も、一しだ。適当言い訳を与えればいいだろう。

エステとか婿ャワーるんでしょ。もっと、してげる

ちょっ顔でったが、俺がジッ見つと、瞳がとウルルにな

…う

その寛子を起バスルームへ向わせとした。

そこで、寛子はに手を伸してき使

「俺大きいね」

すったりは、ただ触握ったりてくる

に押していた、立ていたのは気付ているだろ俺は特に大きい方だは思わない。


「女の子の胸と違って、比べるこいかかないよ

だって比しなよ」

け、ササワと動く手。気持ちええ…。

「で服の上からでも分よね。男同士なんてわか、知りたもな

寛子の肩に手を回し、軽くる。

クン、大きいよ」

って喋は素直なで、寛の知っている棒の中で大きといとは間違いだろう。

としたことある?」

この寿が、俺への分目だったこと寛子 は一生ない尿

い」

たずらな童ような喋り。寛子っはいつもの調子で答えた。

だ。こいつこうやいつも質問をか。なんついてきた。メチャクチャい衝動に駆られるがと女性には優しくしたい

場へ案して単に明したそこで気付いたのだが、子は2ヵ月後の控えパートを探すために俺の屋を見ようと思っか。

風呂トイレ別だと家賃が変わかど退かとてたる。ども利用される俺

俺は部屋り、寛子ャワ入っ。シャ水音がつく。

はどうするか考由は付けだが、当時も以下のように考えた

としてセックスはどう思うか。約中の女性るの道義的にまずい。別だとはいえも彼女が

寛子はうか。仲が良くて、人も良な俺の同情ックでしかな遠距彼はとは簡会えず、気持ちよいマッジの続きという言い訳で彼より大き入れたではかと。



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:興奮したシチュエーション,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様