2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

さよなら、青い鳥。

 




1 :失業者:1999/12/06(月) 22:13
小さい頃は近所の駄目人間おじさんをバカにしてたっけ・・・。

よれよれの紺のビニールジャンパー、べた付いてそのままよりも少なく見える髪の毛。猫背。生気のない瞳。

ただその存在そのものを見下してたね。

将来自分は絶対に出世するんだって何の根拠もなく思ってたね。

小さい頃からの日々の積み重ねが大人になるまで続いてくなんて夢にも思わなかったよ。

中学生の頃通っていた塾の先生が言ってたな。

「俺はあんまり頭良くないから法政にしか行けなかったんだ、ははは。」

クラスのみんなで大笑いしてたっけ。

あの内何人が法政以上の大学に行けたというのだろうね。

毎日会社に通って夜遅くまで働いてるお父さんがいかに大変で偉大かって、やっと分かりました。

転職を繰り返して人に馬鹿にされて初めて分かりました。

生きるって本当に大変。

何をやっても後悔が待ってるもんね。特別じゃない。

自分は特別な人間でも何でもないんだって、20代後半になってやっと分かりました。

あの頃、白い眼で見てしまったおじさん、ごめんね。あなたのぶんまで生きようと思います。

でも、時間が必要だったことだけは分かって欲しいんだ、おじさん。



3 :未社会人:1999/12/07(火) 02:24
肺腑をえぐる・・・。

しかし、私はまだ達観できない、いやしない。

もう少しだけあがきます。


5 :> 1:1999/12/07(火) 03:05
すごいよくります。

高校、くらいの時、まだなにないの、すべてを手に入れたよな気になっていた。

手を伸ばせ何でも入るって

通の生活なにあやういものなんて想像もかった

学電の背の袖がテテカになってるおじさん見るたび、なんいえない悲しちになったけ自分殿が違う人思ってた


7 :>1:1999/12/07(火) 03:53
共感


8 :むかし:1999/12/07(火) 03:58
競馬新聞を持って耳に赤鉛筆を刺した親父を汚いものを見る目つきで「ああはないたくないね。」と思っていたのだが今は自分がそうなりつつある。




9 :竹林の七賢:1999/12/07(火) 04:02
学歴社会に溺れ、日々の生活に追われて、何も考えられなくなるなら まだ無職・ダメの方がマシだ。


17 :AN1999/12/07(火) 15:16
私もうでし

学校の頃、通って婿の講師の学「??大だったらたいしたこといよね」とか言てしま

??大って、元の普通レベルの国立。んでもこすら入れない徒の方が圧倒的知らかった

学生、医学部して下さいまでい出すと冷や汗が出る

の学生、きっいいっただろなバってみんだら。


言い訳すれば、戚に現役東大文Ⅰがいたからんても入れると思ってだよ。

とり秀才いるもんから、親戚も集然と学歴談義ばっかりしてたしね。

!!のレこれく大学とかもの頃れを聞されて育っがよなかったんだよ

私自身もそのころは勉強しか取り柄なく、田舎校では1ったしね。


いちお、世間ではといわに入たけどいまはひっきー。

ずし湿ず叩き込まれた学の洗脳から逃れるには、自らここまで身を落ばなった。

どう有効で、どう無のか、をこうして身を持って知る羽目になるとは。

になっ絶対の前学歴なんしないんだ

い学に入れるに越したことはないけど、人間それだけじゃない。

人と、人でなくうまくつきあこと

で考えて、自分で判断するこ

以外る趣味・特技・教養の大切さ。

それらがわかる子どもにって欲しい

の子だと期待してい口が滑るからの子がい

とか言っけど、家なんか持つこともないなあ調、今のまじゃ。

は、持っても、無意識うちしろ」とか「あの学校は姿とか言ってしまいそう

ぱりなんない方がだ・・・



19 :18:1999/12/07(火) 15:23
わかるわかる!!君に動し綿た!>17

もし私者なら、君くら湿いしっかりした考しいと思よ。


23 :>1:1999/12/08(水) 00:44
>小さい頃からの日々の積み重ねが大人になるまで続いてくなんて夢にも思わなかったよ。

これ、今、身にしみて実感しています。

小さい頃から堕落してきた自分に、一生後悔するでしょうね。


24 :2さ1999/12/08(水) 00:55
1さの言ってることがちょっとはわかりうな日この


26 :武田鉄也:1999/12/08(水) 01:09
「生きるってことはかっこわるいことだ」

っておちゃらけているが、自分が親になるような歳になって初めて自分の親に感謝するようになった。

子供を 成人するまで頭を下げ借金してでも育て上げ、大学にまで出す。

こりゃ今の俺にはできねぇ。自分一人が生きていくのが精一杯だ。


27 :名しさ:1999/12/08(水) 02:09
父親がと西時期が誰にもあう。

も、父親は夢や望をすべて自分にいでたことにづいたとその存在は俄然大きなものにえてくる。

自分ここまで育ててれた年が途方もなてしなく遠く長い道たことにあらためて気づく。

て、そはこれ自分である

なぜせめあと10早くそのことに気づかかった悔やまれる

父親いいたかった


32 :俺も39歳大学中退:1999/12/09(木) 11:17
会社でこのスレッドを見て、涙があふれてきて急いでトイレに行った。

俺もそうだった。

高校までなまじ成績が良かった分、自分は他人とは違う、必ず成功者の人生を歩むんだと思っていた。

現在の自分は本当の姿ではなく、頭の中に描いた理想的な自分が本当の自分だと思い込んでいた。

何の裏付けも無い自信と万能感、「青い鳥」って、こういうのを言ってるんだよね?(違ってたらゴメン)


俺は違う名前で呼んでたけど、そいつに さよならできるまで30年かかったよ。

現実の人生を「普通に」生きていくこと、地道な努力を続けていくことがどれだけ大変か、気づいた時には、俺の人間関係は壊滅していた。

友人も恋人も、家族との良い関係も。

絶望だけが心の中を占めていた。


ただ、自活しなければならなかったため、職にはついていた。

何度もめようと思ったけど、今さら求職する気力もなく、また、ホームレスにる勇気も根性もなかったので、ずっと同じ会社にいた。

今思うと、昔自分が馬鹿にしていた「普通の暮らし」にとどまろうと必死になっている。

普通と言っても、もう結婚する気はないし、友人との交流を楽しむなんてのも無理だろう。


とりあえずこの先一人でも生きていけるように、健康・貯金・人として最低の礼儀の3つはキープできるよう努力しているし、今後も努力し続ける。

「普通」を馬鹿にして努力を放棄したバチが当たったんだと思って。

でも、何でこんなに時間がかかったんだろうね...

#偉そうなこと言ってすみません。実際の俺は、職はあってもだめだめです。

#でも、1さんの文章を読んで、本当に心を動かされたもので、書込まずに

#いられませんでした。 こういう文章を書けるのは凄いことです>1さん



33 :いくら四谷大塚で:1999/12/09(木) 12:44
トップだったとしても、その後そのまま秀才でいられるかどうかは疑問ですね。

私の兄も四谷大塚→私立御三家に進んだまではいいものの、中高で友人ができず大学受験に失敗し、二流大学中退。

一応地方公務員にはなったのですが その人間関係で精神分裂になり、今では精神病院で暮らしています。

本当にひとの人生なんてわからないですよね・・・






38 :>33:1999/12/10(金) 02:46
そんなに分裂病になるような人間関係なの?

地方公務員って。


44 :33:1999/12/10(金) 09:00
>38
いや、もともと精神科にも通っていたんですよ。

それが世間への体裁のために働き始めたものですから、人間関係で躓いたんだと思うんですよね。

地方公務員っていっても都内の庁舎勤務だったから、同僚も多かったみたい。

だけどいつも被害者妄想入っていて、そのストレスを家庭にぶつけてくるので、両親も兄妹も大変でした。

入院は自分からしたものだけど、兄もこの板みたいに自分の意見を言えて、自分の感じているモヤモヤを理解してくれる仲間を作ることができたら、そこまで症状が悪化することもなかったのかな・・と思いますね。



34 :TAN:1999/12/09(木) 13:34
>本当にひとの人生なんてわからないですよね・・・

本当にそう。

他者との出会いにおいてもそう。

高校の頃、尊敬できる友ができたんだけど、今にして思えば、かなり悪影響をうけていたとにも気づいた。

凄いパワーのある人で、ひきずられ過ぎ、人生をって無駄にすることになった。

失恋した彼女とも、私が情緒不安定でがいていた頃に出会ったばかりに嫌われちゃった。

でも、他者のせいにしてもしようがないな。

他者にひきずられる(あるいは、う思いこむ)のは、自分が弱いから。

「青い鳥」を求めていた時代が忘れられないのも、いまを生きていないから。

自己形成の問題点の根源は、せいぜい家庭どまりだと思う。

それすら気にらなくなる日が、早く来るといいのにな。


37 :自己形成かー。:1999/12/10(金) 01:18
中2か中3の、自分は勉強ができるんだと思い込んでた時期に、このスレッドで語られているようなことを自分に説いてくれる大人が周りにいたら、今の自分はこんなになっていなかったかもな(無職・だめ)。

当時の自分がそれに聞く耳を持たなかったかもしれんが。

カウンセラーとか塾の講師ではなくて、利害抜きで将来とかを相談できる大人がまわりにいたら、といま強く思う。


私の場合、親は「好きなようにしなさい」の一点張りだったし。

好きなようにしろって言われても、子供だったから現実の厳しさなんて知る由もなかったし。

親戚づきあいもなかった上、親に話が筒抜けになりそうだったし。

もし自分に甥や姪ができたら、信頼できる相談相手になってやりたい。


このスレッドに感銘を受けた人はみんなその資格アリでしょう。

うまくいえないけど、家族や学校・塾以外の大人と話すことが自分の自己形成に必要だったな、ということです。

今だったら2ちゃんねるもそういうことに役立つかな?


46 :aco:2000/01/28(金) 20:34
下に見ていたものが上に見える瞬間てありました。

家出して車中生活してた頃、朝コンビニで 土木作業員のおじさんたちをみて、朝、自分の行くところがあるのは 幸せなことだと。


51 :1234:2000/01/29(土) 16:03
井の頭公園で、鳩にえさをやりながら、俺も同じだと思った。


54 :31歳:2000/01/29(土) 20:49
ッド泣いた。

の頃に描いたビョンとるでかけれた所に今いる

「遠回りして良いや」とっていた西が付いた処に行きたかったのかも忘れてしまった気がする

日の生に追われてして景色も見れななってた。

い鳥は捕まらないし、ピーにもなれない。

歳をとれば色な事かっろうと思ってたけど、どんど わからなくなってし・・・怖くて蓋を閉めて見ない様にしていたのけら

ちょっとしかりしなゃな



56 :星空:2000/01/30(日) 01:08
僕もそうです。

中学生くらいから今の自分は本当の自分ではなくて大人になればいつかきっと変われると信じていました。

ただ今は本気を出していないだけで本気をだせばいつでもすぐに自分なんてものは簡単に変われるはずだと。

でも現実には めんどくさいし明日から変わればいいやと思ってました。

どんどん先延ばしにして、ずっとずっと本当の自分を受け入れる事から逃げてきました。

でも遅すぎますがやっとこの年になって気がつきました。

幻だと思っていた僕の弱さもずるさも情けなさもすべてが僕そのものだったんですね。

そして それはイヤでも死ぬまで付き合っていかなければならないものだと。

普通の人はそんな事は当たり前の事なのでしょう。

でも僕は幼い頃から漠然としか自分の未来を考える事が出来なくて将来何になりたいとか夢などもありませんでした。

だから将来のために人並みの努力を怠り自分を正当化するために勉強やスポーツなど努力していた他人を内心軽蔑したりしていました。

愚かだったと思います。

今現在の自分はなるべくしてなったというか自業自得だと思っています。





>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:ためになる話, 雑談,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様