2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

ずっと様子がおかしかった妻に問いただした

 



http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1280932333/


1 :1:2010/08/04(水) 23:32:13
2010年8月2日夜

ずっと様子がおかしかった妻に浮気をしていないか問いただしたら

「一人になりたい」という言葉が帰ってきた。


俺、友達いないからさ。聞いてくれる人がいないんだ。

だから、悪いんだけど、書かせてくれないか。



2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/08/04(水) 23:33:37
まあ、とりあえずkwskしてけ


6 :1:2010/08/04(水) 23:44:24
軽く紹介

俺 31歳 社内SE 大阪出身


大学を出た後、通信会社に勤務。

プログラマやテスターをして、お金を貯め、電気系の専門学校へ。

その後 電機メーカーの修理会社へ就職。

労働基準法違反で会社は捜索を受け、人員削減。

システムベンダーに転職し、名古屋で働く。

その後大阪の本社に戻り、ハード部門へ異動。

経営難により人員削減。

転職し、今に至る。



8 :1:2010/08/04(水) 23:47:02


39歳 ×1 カメラ屋でバイト 兵庫出身

大学を出た後、一回目の結婚。

妊娠後、流産。

それがトラウマとなり、離婚。


そして、広島へ行き一人暮らしを始める。

カメラの仕事をするようになり、地元の兵庫に戻る。

そこで修業をし、お金を取れる写真家に。


地元の不動産管理会社に就職し、経営のやり方に疑問を感じ、退職。

以後、バイトやら突発の撮影の仕事で食いつないでいる。




11 :1:2010/08/04(水) 23:52:31
ここからは、時間を追って書いていくよ。

妻とどうやって知りあい、結婚し、今に至るのか。

俺の視点で書くから、あくまでも主観になるけど勘弁してください。

じゃ、書いていきます。



14 :1:2010/08/04(水) 23:59:48
妻と知り合ったのは、2006年の初夏のころ。

当時、俺はMSNスペースでブログを開設していて、日記をずっと書いていたんだ。

固定で遊びに来てくれていた人も何人かいて、その人達と、メールでやりとりをしたりとかしてた。

で、紹介のところにも書いたように、電機メーカーの修理会社に就職をして、毎日毎日重労働で大変だったってことをブログに書いてたんだ。

そしたら、ある日、妻がそこに書き込みをくれた。

「面白い記事なので、ついコメントしてしまいました。仕事、頑張ってください。」

正確には覚えてないけど、そんな感じのコメントをくれたんだ。



15 :1:2010/08/05(木) 00:05:58
コメントに対して、レスを返したんだけど

「まぁ、適当な感じでやってますわー。アッヒャッヒャ!」とかなんとか、書いたと思う。

なんか、妻には、そういう適当な俺のレスが面白かったみたいで、時々、ブログに来ては、コメントを残してくれるようになった。

当時妻には恋人がいて、俺は恋人は無かったけれど、すごくすごく好きだった人がいたんだ。

なので、この時点では、お互いはブログで適当に話をする、ぐらいのもので、まさか結婚なんて思ってもいなかった。



16 :1:2010/08/05(木) 00:11:09
少し況がのは、妻からのールだっ

hotmailで、hotmailにメルが来たの

か、パソコンのことで分らないことがあ ちょっと、教えほしいとうことで、なんが途から、なでだろうね。

たいな内容だようう。

メールじゃ冗長なので、チで話そというこなったんだ

妻のPCの問は、すぐに解決したんだけど、そで世長時して、その日は終わった。



18 :1:2010/08/05(木) 00:18:56
次のも、は俺しかけてくた。

他愛しょうもない話ばかりだったけれど すごく俺も楽くて、つい今度、お茶でもする?と軽いノリを誘た。

そしたら、二つ返事、うん、いい宿ってことで そ週の日曜に、初めて会うことなっただ。

初対面の会うのは、に抵抗は無ったれど今考れば、の人見知りの激しい妻、よく応たなう。

俺は、家の阪、岡山、兵庫の端にい

互いの真んいってことで、宮ありで会おうってこなり

、何にも考えだ、面白そうな姉ちゃんと一日遊で帰る。ぐらいにしか思らず

妻も当は恋人がいで、年下の弟みたいなヤツに会って遊で帰。ぐしかってなかったみた

その日がやって



21 :1:2010/08/05(木) 00:27:01
ょっと早に集合場所に着いたので、行きう人を見て

でもはきり覚てるよ。

の前、ひらひらした、細かい花びら描かれた、紺色のスカートをはいて、上は白っぽ姿ラウスをた痩た、の低い女が2たの

りあえず会う前に連絡先だてことで、俺だけ携帯番号を教えておいんで鳴った。

もしもし?今どこですか?」

ちょっと張気味の、今では聞き慣れた妻の声湿を初て聞いた瞬間だった。

前を何度していた、電話をしなら、俺にいてきて、ぺと、お辞儀をした

っと長め、真黒で癖る髪を後ろで結え、細くて小さい妻がそこにいた



20 :名無さん@おい。:2010/08/05(木) 00:22:43
随分年上の妻なんだ

まえんのセックスが気良かったのかな?





23 :1:2010/08/05(木) 00:36:52
>>20
8つ離れてるよ。セックスに関しては、さぁ、どうだろう。

やってる最中は、気持よさそうだったけども。

初めて会ったとき、何でかわからんのだけれど ものすっごいイラっとしたのを覚えてるんだ。

何に対してイラついてんのか、何がどうってこともない、妻が何かしたわけでも、俺が何かに対して怒っていたわけでも 妻に対して、何かしらの期待をしていたわけでもない。

なんか知らんけど、そんな気持ちに一瞬だけど、なったんだ。

今思えば、そのイラっときた勘のようなものに、従っておけばよかったのかもね。


横に逸れてしもた。

最初の初めましてのあいさつに始まり、妻が行ってみたかったという カフェに一緒に行った。

その時には、もう、イライラは無くなってたけどね。

ご飯を食べ、馬鹿話に花を咲かせ、俺も久々に笑った笑った。

なんか、すごく楽しくて、あっという間に時間が過ぎてしまった。

その日は、それでお開きになって、正式にお互いの携帯の番号とメールアドレスを交換した。



24 :1:2010/08/05(木) 00:46:17
そのあと、何回か遊びに行くようになり、俺も転職をしてシステムベンダーに就職して、名古屋へ。

その名古屋へ行く前に、俺は大好きだった人に、こっぴどく振られてでも、まぁしょうがないかという感じだった。

名古屋で一人暮らしを始めて、3か月ぐらいして、ずっと連絡を取っていなかった妻から電話があって、元気にしてる?から始まり、まぁ、人生いろいろだね。みたいな、いつものとりとめも無い話をしてた。

そしたら、妻が、名古屋に遊びに行ってもいいかい?と聞いてきた。別に構わんよ。案内するよ。って話になり、宿はどうするの?ってことになった。


俺は、会社が用意したマンションに住んでいて、一部屋空いていたので 独立した部屋が一つ空いてるけど、貸してやろうか?と冗談半分に言ったら、

わかった。心配するな、襲いはせん。と、妻も笑いながら言ってた。

そして、妻が名古屋にやってきた。



25 :1:2010/08/05(木) 00:52:43
名古屋観光ってこ、いろんなころを見て回湿

大須の商店街をえらい気に入て、すごいねぇ噌カくったり、手羽先食ったり、名古のテレビ塔を見たり

まぁ、なんてこないただの観光で、いろいろ話をしながだ、を見て回た。


の晩は、妻飯を作ってくれた。泊めてくれるお礼って

お酒も結構飲んもべろんべろんになっもう、寝るかってことでた。

朝になって帰るってことになりは弁当を作、妻に持たせた。

はそれをにしまい、出て行こうた。


その時、てキスをした。

勢いんだうか。なんだっんだか。

と、お互い見めあってたら、自然にそん感じになてた。

はいけないのは、このとき、には恋人がいたんだ



27 :1:2010/08/05(木) 01:01:28
妻曰く

その時に付き合っていた恋人とは別れたり、くっついたりを繰り返している人だったらしい。

その時は、実は彼氏のほうには好きな人がいてたらしく、ちょっと、待って欲しいと言われてたんだと。

待って欲しいってのは、結婚を含めてね。


で、一度別れた彼氏で、自分も彼氏を待たせていたようなものだから、待つって決めて付き合っていたんだって。

でも、二股をかけられている状態で、大丈夫だよと笑っていられる精神状態は、異常ってことで、別れることを決意しかけていたらしい。


俺は、その悩んでいた妻を見ていたので、妻が名古屋から地元に帰って行ったあと、ずっと考えていた。

好きになってしまってたんだね。俺が。


その日から1週間ぐらいしてから、妻に電話で、今の彼氏と別れて、俺と付き合おうよ。んで、結婚しよう。

と、今思えば、まぁなんと短絡的で、後先考えない発言だったんだろうと反省してる。

反省したところで、どうにもならんのだけど。



28 :1:2010/08/05(木) 01:10:52
電話口で妻は、分かった。ありがとう。

そう言ってくれた。

今の彼氏さんは、君には関係ない話だから、気にしないで。私が、自分で後始末をつけるから。

とも言ってた。


何日か後に、妻から連絡があって、後始末をつけてきたと。

別れを告げても、あ、そう。わかった。程度だったってことも言ってた。


そんな妻が、小さくて、細くて、折れそうな妻ががんばって、決着付けたんだなぁって思うと、ますます好きになっていく自分がいたんだ。


それが、2007年の3月ぐらいだったと思う。

で、今度は俺が、妻の地元へと、行くことになったんだ。



29 :1:2010/08/05(木) 01:17:43
新幹線を乗り継ぎ、妻の地元まで行くと、妻が車で迎えに来てくれてた。

地元を案内してもらって、妻の住んでいたアパートへ。

そこで、妻の作ってくれた夕飯を食べ、お酒を飲んで たくさん話をした。


そして、お互いの距離が縮まり、キスをし、妻の目がトロンとなったのを覚えてる。

俺は、妻の秘部を愛撫し、妻はそれに応えてくれた。

そして、フェラをしてくれた。

普通だったら、そこから一気に最後までやるんだろうけど、俺は、そこでストップした。

ちょっと、急すぎってのと、あんまり慣れてないので、引いてしまったという 情けないことになったんだ。


でも、それが逆効果だったのか、妻のスイッチが入ってしまったようだった。




>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:浮気・不倫, メンタル, 修羅場・人間関係,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様