2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(104)

 




126 :おさかなくわえた名無しさん:2011/11/15(火) 01:14:50.64 ID:vGXQr4GZ
どっかに書いたかもしんないんだけど。


学生時代の友人A。自称鬱病。

数年前に「鬱が治った!!」と吹聴しまくっていたくせに「体調が悪いから」と言ってヒキニート。26になるのに働いたことがない。

体調が悪い割には、毎日誰かと遊ぶ、バーゲンには行く、趣味に金はじゃんじゃんつぎ込む。

極めつけは、1回5000円ほどする婚活パーティーや合コンにも毎週のように喜んで出向く。

そんな生活なのに「働かないとダメだって焦ってる」というAを見かねて 誰かが仕事の話を持ってきても、面接に行くのに道に迷って「縁がない」「働く気がなくなった」と結局ニートのまま。

そんなAが私と共通の友人に合コンに招かれたのだが、この友人悪い意味で天然でAが鬱持ちだと言うことを、相手の男C男にばらしてしまった。

これを聞いたC男(自称毒舌らしい)がアピールかなんかしらんが、Aに張り付き

「えっ?何で鬱なんかになったのー?」

「合コン来れるのに鬱なの?似非鬱病(笑)」

「ってか働かないの?働けないけど合コン来れるんだね」

…と言い続けたらしい。

Aは号泣、場は大修羅場になったと、この場にいた友人談。

C男はDQNきわまりないし、バラした友人もDQNだけど正直私はC男GJと思った。

127 :おさかなくわえた名無しさん:2011/11/15(火) 03:04:23.99 ID:FXBW6GLL
うん、GJだねw


128 :おさかなくわえた名無しさん:2011/11/15(火) 03:27:00.29 ID:5kd9kTzA
普通にGJw

でもメンタルの病は下手に素人判断できないからねえ。

>>126の女みたいなのが病気と言われたら耳疑うけど





162 :おさかなくわえた名無しさん:2011/11/15(火) 15:36:51.57 ID:i6wAkGV9
武勇伝、と言えるほどのもんじゃないけど、他に該当スレが考えつかなかったので。


高校三年生の夏休み、前半でアルバイトして貯めたお金で、後半、福岡から神奈川に越してしまった友人に会いに行った。

その帰りの新幹線で。

席の隣には、朝丘雪路からケバさを削いで、さらに上品にしたような40代後半くらいの奥様が。

小説を読んでいるようだったけれど、小説を持っている手が、ずっとぶるぶると震えている。

確かに、新幹線車内は冷房効き過ぎで、冷蔵庫並に寒かった。

ふと、荷物の中にかっこつけ用の無駄ジャケットが入っているのを思い出し、それを出して

「よかったらこれを着てください。席も替わります。そちらの方が冷房が直接当たって寒いですし」

と言って渡した。

奥様はびっくりしていたけれど、素直に受け取って羽織ってくれ、席も私の窓側と替わった。

そこへちょうど車内販売のワゴンが来たので、熱いお茶をふたつ買い、ひとつは奥様に「これ飲んだら暖まりますよ」と渡した。


163 :おさかなくわえた名無しさん:2011/11/15(火) 15:37:36.07 ID:i6wAkGV9
そこから先は、奥様のターン。

「ありがとうありがとう。本当に寒くて寒くて死にそうだったの助かったわ。

私はこれから静岡の同窓会に行くところなの。

え?あなたはまだ高校生?え?大学生かと思ったわ!

じゃあ、卒業したらぜひ家に遊びにいらして。

家は東京の青山というところにあるの。

大学生の息子が2人いて、都内どこでも車で案内させるから!交通費だけ持ってくればいいから。

家に泊まってね。

連絡先渡すから、絶対に連絡ちょうだいね。絶対よ」


(本当はこの3倍くらいしゃべってたけど、昔のことであんまり覚えてないから割愛)


となんだか一気にまくしたてつつ、手帳を取り出して住所、名前、電話番号を書き記して渡してくれた。

私は「え…あ…どうも」としか言えなかった。

奥様は浜松で降りるときも、ずっと手を振って「電話してねー」と絶叫していた。

これで終わりです。

奥様は、知らない人に親切にされて一時的にテンションが上がってるだけだろうな、日常に戻ったら、いろいろ忙しくて連絡もらっても迷惑だろうと思って連絡しませんでした。


164 :おかなくわえた名無ん:2011/11/15(火殿) 15:38:19.06 ID:i6wAkGV9
私はもとしい間じない

またその とても儚げで上品で守っなくちゃ思わせるよな人だった。

それに、自分母親が人障害ったので、こ親だっ たら…とふっただけ。

私としては、あんなにんでらえよかっだけで足。


在の私は そ年齢に近づつつある

の時代だっら、メルアドえあって、年の離た友人して楽しくやり取りたのかな…と思うちょっと寂しい気持ちに。

今もお元気で、優しい子さんと孫に囲まれて幸に暮らしていればと思宿


166 :おさかなくわえた名無しさん:2011/11/15(火) 15:54:52.54 ID:+9GIqc47
>>164
胸がほっこりしました


325 :おさかなくわえた名無しさん:2011/11/25(金) 14:16:42.59 ID:CF0iKStL
かなり昔の話ですが…。

とある専門誌系メインの編集プロダクションにて。



私「あれ?そういえば今日Mさん来ませんね」

先輩Sさん「Mなら辞めたよ」

私「え?辞めたんですか?知りませんでした。私にいろんな仕事を振ってくれるいい先輩だったのに」

先輩Sさん「は?お前いじめられてたんだぜ?」

私「ええ? 私、いじめられてたんですか?」

先輩Sさん「自覚ないの?土日も仕事押しつけられてたのに?ここの全員が知ってるよ。でも、下手に庇うと余計悪い方向に行くんじゃないかってことで、みんなで様子観てたんだよ」

私「そのおかげでいろんな仕事を高速で覚えられましたよ」

先輩Sさん「でもお前のアイデア、ほとんどあいつにパクられてただろ」

私「それはMさんが気に入って採用してくれた、と単純に喜んでました」

先輩Sさん「お前バカじゃね?手柄横取りされてたんだぜ?」

私「でも会社名義の仕事だから、出版社や読者からすれば誰のアイデアかなんて どうでもいいですよね。面白ければ。それより、なんで急に辞めちゃったんでしょう?」

先輩Sさん「出版社から、Mの原稿はつまらないから全部お前に書かせろって指令が下ってて、Mは仕事が減って居づらくなって、ここの男全員に好きでしたとかなんとか言って関係を迫ってたんだ」

私「えええ?社長は?」

先輩Sさん「とにかく全員。男だけで飲みに行ったとき発覚した。それを社長が問い詰めたら辞めたんだ。自分から辞めてくれてよかったよ。そのぶんお前が大変になるけど、まあ、頑張れ」



まったく何の自覚もなく、糞ビッチの仕事をほぼ全部取り上げて追い詰めて辞めさせた、という話でした。


326 :おさかなくわた名さん:2011/11/25(金) 14:21:49.39 ID:rcMdBFS/
>>325
GJ!
やっぱり天然は強いな





380 :おさかなくわえた名無しさん:2011/11/27(日) 21:27:33.06 ID:DmOzppr6
ガキの頃、仲間と駄菓子屋に入り浸っていた。

10円の飴やお菓子、甘納豆を頬張りながら銀玉鉄砲とビー玉を調達して空き地で遊ぶのが定番だった。

その店の人気商品にクジ付きのお菓子が何種類もあって1等の景品はどれも非売品で、子供の目からはどれも宝物のように見えてなけなしの小遣いをそのクジにつぎ込んでは「またはずれた〜」なんて笑っていた。

1月のある日、俺たちは お年玉で少しだけ金持ちになった気分でいつもの様にその駄菓子屋であそんでいた。

仲間の一人がなにか真剣な顔してクジを睨んでいる事に気づいた俺は「どうしたの?」と聞いてみるとソイツは意を決した様に言った「俺はやるよ」

続く


384 :おさかなくわえた名無しさん:2011/11/27(日) 21:54:44.11 ID:DmOzppr6
顔を上げたソイツは駄菓子屋のオバちゃんにむかって静かにそしてやや緊張した顔で「オバちゃん、このクジの一等は間違いなくアレだよね?」

指差したその方向には大きなジョーズの模型があつた。

「オバちゃんこのクジ一回引くよ」と言って引いたらハズレだった。

「もう一回」またハズレ。

「もう一回」またハズレ。

このへんではガキをナメてたオバちゃんも50回目を超える頃にはイラつきだした。

俺には そいつが英雄に見えてきた。

とうとう最後の一本、当然ハズレだった。

問い詰めた俺らに余裕の表情で「あら、メーカーさんに文句言わなくちゃね」なんて白を切ったもんだから、俺らの英雄は更に本気を見せて

「んじゃ次はこっちのクジやる」

と言って次々と引き始めた。

「オバちゃん用事があるから今日はお店閉めていいかい」

「だめ、先生とお母さんに言うよ、インチキだって」

なんてやりとりしてる間に7種類のクジ全部引いてしまった。

結果は全部一等なし。

睨みつける英雄にオバちゃんはバツが悪そうに、一等景品の中から一つ差し出した。

「いらない」そう言って英雄は満足気に言って帰っていった。

続く


389 :おさかなくわえた名無しさん:2011/11/27(日) 22:12:13.56 ID:DmOzppr6
>>384の続き

翌日 顔を腫らして現れた英雄は、笑いながら「無駄遣い父ちゃんにばれたへへ」

それからも変わらず その駄菓子屋でクジを引き、駄菓子頬張りながら オバちゃんとも今まで通りに接した。

まるで何も無かったように。

一度聞いてみたことがある。

「どうして、オバちゃん責めなかったんだ?」

英雄は言った。「気がすんだからいいんだよ」

俺「今は一等入ってるかな?」

英雄「入ってるわけ無いじゃん」

俺「じゃあなんで今もクジ引くの?」

英雄「一等のクジなんかどうでもイイじゃん、それよりみんなとダベれる場所はここしかないからさ」

そう言って笑う英雄は僕よりも遥かに大人に見えた。

(コイツ絶対大物になる)

そう思った遠い昔の思い出でした。


英雄は今チンピラやってる。


391 :おさかなくわえた名無しさん:2011/11/27(日) 22:17:52.32 ID:x8dG+xnb
最後の一行で泣いた


395 :おさわえた名無しさん:2011/11/28(月) 04:11:42.97 ID:F/Qsicff
勇伝っ程ではけど一度だ人前で怒鳴っ事がある。

年ぐい前、金曜んだ帰りに京浜東北線の終電に乗った時の話

横浜たりにる人は分かると思うけど、金曜の終電は東北線もかなり混み、あが降ない区間で身動きがくなる事もある。

く、俺が乗る後ろ来た押されて、い勢いで反側のドア付近までやられた。

と、反対側ドア手前に妊と旦那らしき男が立ってた

れも、もうまれるんじのってぐらいおった婦。

すし詰めの中、俺と その妊におたん妊婦たらないようにの十字懸垂状で体を、後ろら来る人をロッる。

のでスペース取訳なと思、俺もを入ておっさを支

稿な俺に十字っさ付いたようらっこっちを向いて、目で「どうも」俺いやいや、頑張りましょう」みたいなにw

正直、金曜の混む分かんだかそんパンのでノコノ車乗ってんじゃねーたくったが、ま仕方ない。

おっさんだけでなく、妊婦番近い場所いるは皆、妊婦周りにペースをやろうとでブロしてた。

旦那除いて・・・

らないけど、ホ旦那は明らってて、不機嫌そうに退ねーんよって態って人を睨んでた

もふててしい態度、こいつもアホだ。

譲ろも、入れ替わるス無いぐらいギュウギュウな上、乗るば殿で降り人がない区間。

婦横の座に座っねーゃん、妊婦に気付いてるも便の、き取れずに凄く申し訳な、困っしてた。使


396 :おさかなくわえた名無しさん:2011/11/28(月) 04:12:27.76 ID:F/Qsicff
そんな状態が暫く続き、俺も腕パンパン、おっさんは脂汗で襟首がびっしょり。

ようやく そこそこ人が降りる駅に着き、出る人の流れに合わせて妊婦横の何人かが席を立ち、おねーちゃんが「すいません、動けなくて・・・どうぞ」って席を譲ろうとした。

すると何を思ったかアホ旦那は「もう着くんで!今更いいです!」

嫁もフンって顔してる。

おいおい、次の駅で降りるのかどうか知らないけど、ギュウギュウ詰めがギュウ詰めになったぐらいで、ブロックしてるこっちの身にもなれと、流石に頭にきて一言文句言ってやろうと思った瞬間、俺よりも大変だっただろう十字懸垂おっさんが凄い剣幕で怒鳴った。

「あなた達の為にだけ言ってるんじゃない!周りの人が気を使ってるのが分からない!?そんなお腹でずっと立っていられると、こっちが迷惑するんだよ!いいから座りなさい!」

俺も含めて、車内は一気に「そらそうだよなぁ・・・」って雰囲気に。

流石にバツが悪くなったのか、何よって感じでふてぶてしい態度のまま席に移動するアホ妊婦。

すると、妊婦がどうするのか分からないので、周りの人も座るに座れず、2人分席が空いてた所にアホ旦那も仲良く一緒に着席。

その時 何かプチっと来て「あんたは座る必要ないでしょ!そっちの人に座ってもらえよ!」と汗だくの十字懸垂おっさんを指差してしまった。

旦那は言い返す言葉もなかったようで、顔真っ赤にして何とも言えない顔して席を立った。

ちょっと言い過ぎたかなと思ったけど、周りで見てた人は皆、ざまぁwって顔してた。

俺は次の駅で降りてしまったけど、その後 電車を降りるまでアホ夫婦がどんな顔してたかと考えると少し笑えた。

多分、降り際に「ありがとうございました」の一言も無かったんだろうけど・・・

e



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:武勇伝  |  タグ:すっきりした話,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様